ゆで卵 置き換えダイエット。 ゆで卵ダイエットのやり方と効果|1日何個まで?コレステロールは大丈夫?

置き換えダイエット1週間で何キロやせるか実験

ゆで卵 置き換えダイエット

ゆで卵ダイエットとは ゆで卵ダイエットは、ただゆで卵だけを食べるダイエット方法なのか。 また、ゆで卵を三食の中の一食を置き換えるダイエット方法なのか気になりますよね。 そして、ゆで卵ダイエットはやる期間によって食べ方も変わると言われています。 では、ゆで卵ダイエットのやり方と注意点についてお伝えしていきます。 ゆで卵ダイエットの方法:基本的に1食置き換え 他のダイエット方法と同じようにゆで卵ダイエットも朝昼晩の食事のうちどれかをゆで卵に置き換えるのがおすすめです。 また、たんぱく質をたくさん取って運動をして筋肉をつけて、代謝をあげていきます。 さらにほかの食事では炭水化物を控える糖質制限ダイエットも併せて行うと効果が出やすいと言われています。 ゆで卵ダイエットの方法:3日間で体に変化が!? ゆで卵ダイエットは3日間や1週間などの短い期間で効果を実感しやすいと言われています。 2週間以上の長い期間ゆで卵ダイエットをする場合は食事の置き換えで3食のうち1食をゆで卵にするというやり方があります。 ゆで卵ダイエットで3日間など短い期間で行う場合は3日間全ての食事をゆで卵のみにするというやり方にすると効果をより実感することができます。 ゆで卵ダイエットを3日間ゆで卵のみしか食べることができないので、あまりおすすめはできません。 ゆで卵ダイエットは必要に迫られていない限りは3日間という短い期間ではなく2、3週間などの期間のなかで食事の置き換えで試みた方が良さそうです。 ゆで卵ダイエットの方法:期間はどれくらい? ゆで卵ダイエットはどれくらいの期間行うものなのでしょうか。 ゆで卵ダイエットは基本的に長い期間続けるものではありません。 ゆで卵ダイエットは短い期間で効果が出やすい人もいるようですが、ゆで卵を過剰摂取することでアレルギーになってしまうこともありますので注意が必要です。 ゆで卵ダイエットをする場合は期間として長くとも3週間までにしておいて下さい。 ブログでも話題のゆで卵ダイエット ゆで卵ダイエットは海老蔵さんのブログでも紹介されていました。 ゆで卵ダイエットは大抵の家庭の冷蔵庫にある「卵」を使うためすぐに始められる、簡単に挑戦できるダイエット方法としてブログなどでも話題のダイエットです。 調理方法も簡単で、ゆで卵にはたんぱく質はもちろんビタミンやミネラルも豊富で栄養価も高いのでダイエットにもおすすめです。 海老蔵さんが実践したゆで卵ダイエットの方法は? 海老蔵さんのブログではゆで卵ダイエットで1日8個食べて20キロの減量に成功したと書かれています。 海老蔵さんがゆで卵ダイエットをはじめたきっかけは映画の撮影で役作りのために減量ダイエットをする必要があったからだそうです。 海老蔵さんのゆで卵ダイエットのやり方としては、一日の食事の中にゆで卵を3個~6個ほど、多い時で8個食べるというものです。 海老蔵さんの場合は栄養士の方と相談しながらゆで卵ダイエットを取り入れているとブログにも書かれているので個人でやる場合は注意が必要です。 また、海老蔵さんのゆで卵ダイエットの場合、適度な運動や食事制限も一緒に行っているので、「ゆで卵だけを食べれば痩せる!」という単純なダイエットではないということも忘れないようにしましょう。 ゆで卵ダイエットで知っておきたい卵の糖質 ゆで卵ダイエットは糖質制限ダイエットと同じで、炭水化物をカットして糖質を抑えることができます。 続いてはゆで卵ダイエットで知っておきたい卵の糖質についてご紹介します。 ゆで卵の糖質(1個当たり) まずはゆで卵の糖質について。 サイズによってもちろん糖質が変わってきますので今回はMサイズとLサイズの卵の糖質をご紹介します。 ゆで卵の糖質(1個当たり)• ゆで卵Mサイズ(50gほど):15g• ゆで卵Lサイズ(60gほど):18g 卵1個当たりの糖質はとても低いことが分かります。 ゆで卵ダイエットでは1食置き換えることで大幅な糖質カットができるようですね。 ゆで卵・食パン・白飯の100g当たりの糖質比較 続いては、ゆで卵ダイエットで1食置き換えた際にどれくらい糖質がカットできるのか、白米や食パンの糖質と比べてみましょう。 ゆで卵・食パン・白飯の100g当たりの糖質比較• 食パンの糖質:3g• 白飯の糖質:8g• ゆで卵の糖質:3g 食パンは6枚切り1枚60g、白米は小さなお茶碗1杯150gほどです。 ゆで卵を2個食べてもこの糖質量ですので、食べ応えがあって糖質が低いゆで卵はダイエット向きと言えそうです。 ゆで卵ダイエットのメリット(効果) ゆで卵ダイエットは海老蔵さんのブログだけでなく、坂東英二さんなど他の有名人もダイエットに取り入れていて、実際にダイエットを成功されています。 そんなゆで卵ダイエットですが、ダイエットをするにあたってメリット・デメリットもあるようです。 必須アミノ酸は主に筋肉で代謝されるエネルギー源となり、コンディションをサポートしてくれます。 筋肉量が増えることによって、身体の代謝も上がりやすくなるので自然と痩せやすい体質になっていくのです。 ゆで卵ダイエットの場合はとにかく腹持ちが良いので空腹のストレスをあまり感じないのもメリットと言えるのではないでしょうか。 パサパサして食べくいために逆によく噛んだり水分を取ることで空腹感を満たしてくれるのです。 空腹を感じたらゆで卵をゆっくり食べることによって満腹中枢も満たされて余計なカロリー摂取をすることなくダイエットできます。 卵は家の冷蔵庫にも高い確率で常備されているものでもあります。 卵もスーパーやコンビニなどでも10個入りでも数百円ですぐに購入できます。 また、卵をゆでるだけですぐに始められるので手間なく気軽に始められのも卵ダイエットのもつメリットです。 ゆで卵ダイエットのデメリット メリットに引き続き、ゆで卵ダイエットのデメリットをご紹介します。 ゆで卵ダイエットでおならが臭くなるのは女性にとって大きなデメリット。 おならの臭いの原因として悪玉菌が挙げられますが、悪玉菌はたんぱく質を餌にして有害物質や腐敗物質を作り出すので、ゆで卵ダイエットをするとおならが臭くなると言われています。 ゆで卵ダイエットでおならの臭いが気になる場合は、腸内環境を良くするヨーグルトや漬物などの発酵食品や食物繊維が多く含まれる玄米や野菜を一緒に食べることをおすすめします。 ゆで卵ダイエットでおならが臭くならないように便通を良くするような食事との組み合わせや運動も取り入れるようにすると良いでしょう。 ゆで卵ダイエットは長期間続けるダイエットではありません。 「卵は一日一個まで」と一昔前までは言われていました。 その後の研究で「人は体内のコレステロール値を一定に保てる」ことがわかり、卵の摂取を制限する人は減っていきました。 それでも、既にコレステロール値が高い方が長期に渡ってゆで卵を過剰に摂取することはバランスも偏ってしまうので体調不良の原因にもなり兼ねません。 せっかくゆで卵ダイエットを始めても、味に飽きて続けられないのは勿体無いですよね。 ゆで卵ダイエットのようにある程度の期間続けて食べる場合は味付けの工夫が必要です。 ゆで卵は味が淡白なので、意外にどんな料理にも合わせやすく、調味料を変えるだけでも一味違ったゆで卵を味わうことができます。 ゆで卵ダイエットにおすすめの味付け ゆで卵ダイエットを続ける秘訣は味付けの工夫ではないでしょうか。 ゆで卵ダイエットにおすすめの味付け・注意したい味付けについてご紹介していきます。 ゆで卵ダイエットに意外に合う味付けとは? ゆで卵ダイエットの味付けに飽きてしまうというデメリットを回避するために味付けの工夫が必要です。 ゆで卵ダイエットを飽きずに続けるための味付けとして塩・マヨネーズ・味玉が思い浮かぶ方は多いと思います。 ただ、それだけのレパートリーだとゆで卵ダイエットをするのに味付けに飽きてしまう可能性があります。 ゆで卵ダイエットをしている時は他に食物繊維や発酵食品と一緒に摂取することで便秘も予防できるので、たっぷりの生野菜サラダに茶こしなど網目状の調理器具の上でゆで卵を擦ることで、パラパラふわふわのトッピングになります。 ドレッシングにも色々な種類があるので、同じサラダでも色々な味付けが楽しめるので、パサパサ感もなく飽きずにゆで卵ダイエットを続けられるのではないでしょうか。 ゆで卵ダイエット中にマヨネーズは大丈夫? ゆで卵ダイエットでゆで卵を美味しく食べるならマヨネーズでしょうと思う方も多いはず。 ただし、マヨネーズは高カロリーな調味料になるのでゆで卵ダイエットに不向きな味付けのようにも思います。 ですが、マヨネーズは糖質制限ダイエットをしている場合でも摂取可能な糖質の低い調味料ですので、ゆで卵ダイエット中にもおすすめです。 ただカロリーは高いので一日の摂取カロリーの目標を決めてオーバーしないように気をつけましょう。 ゆで卵ダイエット中に一緒に摂ることで、血糖値の上昇を抑え脂の効果で便秘解消というメリットもあるようです。 ゆで卵ダイエットの体験談 実際にゆで卵ダイエットをされた方の体験談を見てみましょう。 実際にゆで卵ダイエットで成功した有名人の歌舞伎俳優の海老蔵さんや元プロ野球選手の元木さんも40代です。 40代でもゆで卵ダイエットで痩せることができているので、ブログでの体験談も参考になりますよね。 40代のゆで卵ダイエット体験談 40代になると加齢と共に代謝も落ちてくるので、食事量が変わっていないのにお腹周りにお肉が付いてきて、体重も増えやすくなりました。 ゆで卵ダイエットは、日頃仕事で忙しく運動する習慣のない40代でも手軽に始められるのでおすすめです。 また、普通の糖質制限などの食事制限だと、ランチにサラダを持っていったり料理を工夫しなくてはいけない印象でしたが、ゆで卵ダイエットなら卵をゆでるだけでお弁当として会社に持っていけます。 ゆで卵ダイエットは忙しい40代でも続けやすいダイエットだと思います。 夜ご飯の置き換えがおすすめ! ゆで卵ダイエットで朝昼夜のどの食事が効果を感じられたかと言うと、やはり夜でした。 夜ご飯は食事後に運動もしないので、食べたものが脂肪になりやすいからです。 夜ご飯は脂肪になりやすいと分かっていてもついつい量を取りすぎてしまうので、朝昼よりも夜ご飯をゆで卵に置き換えたほうがいいのかなと思います。 また、ゆで卵ダイエットだけでなく運動や筋トレを取り入れていて筋力アップもおすすめですよ。 飽きちゃって痩せないという体験談も ゆで卵ダイエットはやっぱり味が飽きてしまい3日坊主で終わってしまいました。 ゆで卵ダイエットを始める以前に卵が元々好きな方なら続きそうですが、普段から食べ慣れない人にとっては途中で卵自体が嫌いになりそうでした。 パサパサした食感なので、飽きずに続けるためには工夫が必要ですね。 まとめ ゆで卵ダイエットは決められた期間で行うダイエットなのでやり方や期間などは自分で決めて行うことができます。 何より太りやすい40代でもゆで卵ダイエットの成功例があるので、体験談などもご参考にしてチャレンジしてみて下さいね。

次の

【ゆで卵ダイエット】驚異的な効果!痩せる方法を知って痩せちゃおう

ゆで卵 置き換えダイエット

目次 ゆで卵ダイエットとは? ゆで卵ダイエットとは、いわゆる置き換えダイエットで、実はかなり昔から実践されています。 1日3食のうち1食をゆで卵にするという方法で、摂取カロリーを調整しつつ栄養もしっかり取れるという利点があります。 卵は手に入りやすい食材であり、ゆで卵もとても簡単な調理法なので、とても取り組みやすいダイエット法ですね。 いくつか注意点はありますが、卵は栄養・コストパフォーマンスともに優れていて、ダイエットにも節約にもおすすめな食材です。 うまく付き合っていくことで、無駄なお肉と、無駄な出費を抑えましょう。 栄養満点の卵 卵には栄養満点なイメージがあります。 事実、身体にとって必要な栄養素はビタミンCと食物繊維以外ほぼすべて含んでいるという、大変優秀な食材です。 つなぎやわき役に使われることも多いですが、食卓で主役を張れるポテンシャルは十分にありますので、レシピにも事欠きません。 気になるカロリー 心配になるのはカロリーだと思いますが、こちらも心配することはなく、大玉の卵1個につき90キロカロリー程度です。 カロリーだけで見ても、ゆで卵はダイエットにとても向いている食材と言えそうです。 それでは、次に、ゆで卵の栄養素について見ていきましょう。 卵に含まれているたくさんの栄養素。 代表的なものはたんぱく質で、そのほかにも豊富なビタミンを含んでいます。 そのなかでもダイエットに良い効果をもたらす栄養素について見ていきましょう。 20代30代の方にとって、「卵は高コレステロール食品だから、1日1個までにしておくとよい」などといった言葉を耳にした機会は多いはず。 2015年に厚生労働省が4月改訂の「食事摂取基準」でコレステロールの基準を撤廃。 続いて日本動脈硬化学会も「食事で体内のコレステロール値は変わらない」という声明を出しました。 実は、「コレステロールの多い食品を食べてもコレステロール値が上がるわけではない」ということです。 コレステロール値は体内で調整されるものであり、食べたものには左右されないということなのです。 つまり、卵は確かにコレステロールを含んでいますが、卵をたくさん食べたからと言って、コレステロール値が上がるわけではない。 つまり、コレステロールを気にして、卵の量を制限しなくてよい、ということなのです。 たんぱく質 タンパク質は筋肉を作るもとになるなど、人の体には必須です。 卵には良質なたんぱく質が多く含まれており、毎日卵を食べることで、ダイエット中の食事制限などで不足しがちなタンパク質不足を防ぐことができるのです。 たんぱく質に期待できるダイエット効果 タンパク質は筋肉を作る際に必須の栄養素です。 いくら筋肉トレーニングをしても、タンパク質をしっかりとっていないと、思うように筋肉はつきません。 ダイエットには筋肉をつけることが非常に重要になってきます。 それは、筋肉をつけることで、基礎代謝をあげることができるからです。 基礎代謝とは、何もしていなくても消費していくカロリーのことで、体温が一度上がると、10%~12%程度上昇すると言われています。 基礎代謝を挙げることで、日常の消費カロリーを上げ、痩せやすい体を作ることができるのです。 タンパク質をしっかりとることは、基礎代謝をあげる、第1歩となります。 私自身も週3日のペースで行っているのですが、朝食をゆで卵に置き換えています。 体内でゆで卵が消化される際、卵自身のカロリーよりも数キロカロリー多くエネルギーを消費するらしいです。 また、筋肉により脂肪燃焼されるので、筋肉は大事です。 筋肉量を維持・増加させるためにもたんぱく質は必須なのです。 私が週3日で摂取している理由としては、口が飽きないように継続させるためです。 ゆで卵の代替食品として、同じく低カロリーでたんぱく質を大量に摂取できる鶏肉 むね肉など があります。 人間が一回の食事量で吸収できるたんぱく質は20g程度なので、300gの鶏肉を食べるとちょうど20g摂取できます。 ゆで卵と交互に取ることで、食の変化も楽しむことができ、長くたんぱく質を取る習慣ができるのでおすすめです。 あやみさんを 2人が応援しています!• SNSでシェアすることで、モデルの表示順位がアップします。 カルシウム カルシウムもダイエット中に不足しがちな栄養素の一つです。 カルシウムは骨等を作るために必要な栄養素ですが、こちらも食事制限によって、不足しがちな栄養素といえます。 ダイエット中でなくとも、20代後半以降の女性は徐々に骨密度が落ちていく時期でもありますので、カルシウムの接種は日常の課題であると認識してください。 カルシウムに期待できるダイエット効果 カルシウムには脂肪の吸収を妨害する作用があることがわかっています。 カルシウムには体を温める作用もあり、代謝をあげてくれるため、ダイエットの助けとなってくれるのです。 反対にカルシウムが不足することで、脂肪を蓄えやすくなることも分かっているため、ダイエット中には意識してとっていきたい栄養素です。 アミノ酸 アミノ酸には脂肪燃焼効果があります。 アミノ酸には「リパーゼ」という脂肪の燃焼を高める効果を持った酵素が含まれており、運動によって活性化されます。 つまり、アミノ酸を摂取したのちに運動をすることで、脂肪の燃焼を促進することが出来るのです。 アミノ酸に期待できるダイエット効果 上記のようにアミノ酸には運動と合わせることで、脂肪を燃焼してくれる働きがあります。 タンパク質も運動によって筋肉へと変わり、その結果基礎代謝が上がり、ダイエットに効果がでます。 これは卵と運動の相性の良さを物語っています。 卵と運動、この関係はゆで卵ダイエットには欠かせないものとなります。 ゆで卵ダイエットの方法 ゆで卵ダイエットはとても簡単なダイエット法です。 基本的にはゆで卵をいつもの朝ごはんの代わりに食べるだけ。 これだけでカロリー調整になるので、十分なダイエット効果が期待できます。 さらに運動を加えることで、さらにダイエット効果を高めることができるのです。 茹で卵ダイエットに必要な3つのステップ 1. 卵を茹でる際はなるべく「固ゆで」 まずは卵を用意します。 卵といっても種類はいろいろあるのですが、ここではスーパーで売っている、一般的な無精卵をイメージしましょう。 この卵をゆで卵にするのですが、この時は固ゆでにする方がおすすめです。 固ゆでにした方が、食べごたえがあり、満足感が得られやすいため、ダイエットには向いています。 卵を固ゆでにする方法もあります。 お鍋に卵がかぶるくらいの水を張り、卵を入れます。 火をつけ、沸騰したのち13分ほど茹で続けると、ほぼ間違いなく固ゆでの卵ができあがります。 できれば朝食を卵に置き換える ゆであがった卵はきれいに殻をむいて食べます。 ゆで卵のからは、一か所剥いたところに水をかけると、殻と卵の間に水が入って、殻が剥きやすくなります。 ゆで卵ダイエットは1食置き換えダイエットなので、3食のうちいずれかをゆで卵に置き換えるとよいのですが、できれば朝食がおすすめです。 タンパク質は朝にとることで、1日のうちで自然に運動をし、筋肉に変えていけますし、朝ごはんをゆで卵にすることで、朝食の支度がかんたんになり、忙しい朝の時間の慌ただしさを軽減できます。 たんぱく質を筋肉に変える運動を ゆで卵ダイエットをするのであれば、同時に何か運動をすることで、ダイエット効果をさらに高めることができます。 ゆで卵に含まれるたんぱく質を筋肉に変え、アミノ酸に脂肪を燃焼させるためには、運動が最も適しているからです。 ダイエットには有酸素運動をしたほうがよいと言われることが多いですが、ゆで卵ダイエットと相性が良いのは筋トレです。 筋トレというとダンベルなど、何か道具が必要なイメージがありますが、筋トレは体一つでかんたんにできるものでOKです。 おすすめは、太もも部分を鍛える「足上げ」です。 まっすぐ立って、後ろに足をけり出すように上げます。 この時のポイントは、太ももの裏側を使っていることを意識して、ゆっくりゆっくり足をあげることです。 ゆっくりと筋肉を使うことで、負荷がしっかりと掛かり、筋トレの効果が出やすくなります。 ほかの筋トレもゆっくり行うことで、回数は少なくてもしっかりと効かせることができますよ。 ゆで卵の種類とカロリー ゆで卵といっても、いろいろな種類があり、栄養価やカロリーも異なります。 今回は多くの卵の中から、手に入りやすくおすすめなものを見ていきましょう。 無精卵のゆで卵 一般的なスーパーで売られている卵です。 カロリーは大玉の卵1個につき90キロカロリー程度です。 手に入りやすさと1パック200円未満のものもあり、コストパフォーマンスも素晴らしいです。 ゆで卵ダイエットをとりあえず試してみたい方にもっともおすすめです。 有精卵のゆで卵 有精卵とは受精済みの卵のことで、理屈上は温めればひよこが出てくることもあります。 無精卵より栄養価が高く、味も濃厚です。 一方でカロリーは同程度かやや低めという報告もあり、ダイエットにはこちらの方がおすすめです。 お値段はやや高く1個100円以上するものもあります。 ウズラのゆで卵 お弁当に入れる時にはとっても便利なウズラの卵です。 小さいですが、栄養価は卵より高く、カロリーは1個あたり16キロカロリー程度です。 うずらの卵は小さいのでひとつでは物足りなく感じると思いますので、5~6個食べるくらいがちょうどよいでしょう。 ゆで卵ダイエットのおすすめレシピやメニュー ゆで卵ダイエットの一番の難点は、シンプルな食材ゆえの飽きやすさにあります。 ゆで卵は塩だけで食べてもおいしいのですが、毎日だと飽きてきてしまいますよね。 そこで、ゆで卵をおいしく食べられるレシピをいくつか見ていきます。 めんつゆ味玉 めんつゆ味玉はいわゆる味付け卵です。 このレシピは味玉をとっても簡単に作れるように工夫しましたので、ぜひ、お試しください。 めんつゆ味玉に必要な食材 ・ゆで卵 ・めんつゆ ・クッキングペーパー ・適当な容器 めんつゆ卵の作り方 1. まずは固めにゆでたゆで卵の殻を丁寧に剥きます。 次に卵の周りにクッキングペーパーを巻き付けて、タッパーなどの容器に入れます。 その上からめんつゆをドボドボかけるとクッキングペーパーがめんつゆを吸って、うまく卵に張り付いてくれますので、めんつゆをたくさん使わなくても、卵にしっかりと味が付きます。 このまま一晩おけばおいしい味玉のできあがり。 めんつゆを使っているので、味付けの失敗がなく、簡単に作れます。 カレーうずら うずらのゆで卵にカレー味をつけたものです。 かわいらしいうずらがカレー味でおいしく食べれます。 カレーうずらに必要な食材 ・うずらのゆで卵 ・カレー粉 ・めんつゆを水で薄めたもの ・フライパン カレーうずらの作り方 ・まずは固めにゆでたうずらのゆで卵を丁寧に剥きます。 ・フライパンに水少しとめんつゆを大さじ1程度とカレー粉小さじ半分程度を入れ火にかけます ・そこにうずらの卵を入れ転がしながら味をつけていきます。 水分が飛んだら出来上がりです。 スパイシーでおいしいカレーうずらの出来上がりです。 卵サラダ ゆで卵にどうしても飽きてきたときはマヨネーズの力を借りましょう。 マヨネーズを入れることでカロリーが上がってしまいますが、マヨネーズは太りにくい低GI食品でもあります。 低GI食品とは、食べた後の血糖値の上昇が遅い食品のことで、血糖値が早く上昇する食品に比べ、太りにくいと言われています。 このため、マヨネーズはダイエット中に食べても支障が少ない食品ということになります。 卵サラダに必要な食材 ・固ゆで卵 ・マヨネーズ ・アボカド又はサラダ菜 固ゆで卵とマヨネーズ以外はお好みのものを使用してください。 トマトでもきゅうりでも、お好みのものでなるべく旬のものを選んでください。 旬の野菜は栄養分が通常よりも高く、ダイエット中の栄養補給にぴったりです。 卵サラダの作り方 ・固くゆでた卵を剥いて、細かくつぶします。 ・マヨネーズを混ぜれば出来上がりです。 ・好みの野菜にかけていただきましょう。 かんたんすぎますが、朝食に取り入れると、朝から野菜とタンパク質をしっかりとれる理想的な朝食になります。 野菜には卵に含まれていないビタミンCと食物繊維が含まれており、卵との取り合わせも抜群です。 特に夏場にお試しください。 生野菜には体を冷やす効果があるため、夏の朝におすすめなのです。 一方、冬は体を冷やさないように、同じ野菜でも火を通したものと合わせるとよいでしょう。 例えば、ゆでたブロッコリーなど、火を通した野菜は生に比べ、体を冷やす効果が低いため、冬の朝にお勧めです。 ゆで卵ダイエットで気を付けること 卵は茹でると賞味期限が短くなる 実は卵は生の状態の方が賞味期限が長く、ゆで卵にした後はせいぜい3日程度しか持ちません。 ゆで卵ダイエットをする際は、ゆで卵の作り置きは極力やめて、つどつど茹でるようにしましょう。 ゆで卵ダイエットは1日1食まで 卵は栄養価の高い食品ですが、そればかり食べてしまうのはよくありません。 どんなに優れた食品でも、偏った食べ方をすると、体に悪影響がある場合がありますので、ゆで卵ダイエットは1日1食までにしましょう。 ゆで卵でカロリー制限 ゆで卵ダイエットは手に入りやすく、とても手軽に始められるダイエット方法です。 また、注意点を守ることで、健康的にダイエットを行うことができます。 ぜひ、無理なく生活に取り入れて、理想の体を目指してください。 当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

次の

ゆで卵ダイエットの効果的な方法|1日の内いつ何個食べるべきか?

ゆで卵 置き換えダイエット

置き換えダイエットが注目されていますが、最強にダイエット効果のある食材はなんでしょうか? 最近では、ダイエット効果がないにも関わらず、置き換えダイエットと勘違いされている食材もあります。 「ダイエット効果があると思って食べていたら、どんどん太ってしまった」なんてバカらしいですよね。 何でもいいから置き換えればいいわけではありません。 しっかりと、置き換えダイエットに向いている食材を選びましょう。 置き換えダイエットで成功するには、「太りやすい身近な食材」を「太りにくい身近な食材」に変える必要があります。 コニの記事では、置き換えダイエットとして最も効果がある最強のダイエット食材とは何か、を比較してご紹介します。 Contents• 置き換えダイエットとは? 置き換えダイエットとは、主食を置き換えるだけのダイエットです。 今になってこそ世間的にも理解されていますが、 糖質(炭水化物)は太りやすい食材です。 もともと食料の少ない昔に、「少しでもカロリーや糖質の取れるものを」として作られたのが小麦やお米などです。 そして、それらを 「主食」としてきました。 しかし、現代(特に先進国)では、食材は余っています。 コンビニ・スーパーなどもできて、空腹とは無縁な社会になりました。 おかずにも脂質が高くておいしいものが選択できる時代となったからこそ 「主食でカロリー摂取を控えよう」という流れが出てきたのです。 健康的に痩せることが幸せと認知されてきた現代では、「置き換えダイエット」が主流となるのは当然のことです。 「ダイエット」と聞くと聞き苦しいですが、カロリーを過剰に取りすぎていた食生活を「正す」ものだと理解しましょう。 置き換えダイエットで炭水化物(糖質)は食べては行けない 炭水化物(糖質)というのは、• 小麦粉(うどん、パン、お好み焼き、スナック菓子など)• 甘いもの全般 です。 「日本人だから白米はやめられない!」という気持ちもわかりますが、白米を他の食材に置き換えればすぐに痩せます。 実は、白米や小麦粉には、食欲を高める効果もあるのです。 当たり前に食べてきたものですが、「炭水化物」なんて百害あって一利なしです。 白米やパンは、外食時の贅沢品としましょう。 まずは、その「当たり前」を変えないと一生ダイエットには成功しません。 また、糖分を含んだ甘いものも危険です。 砂糖を食べる習慣があると、どんなに激しく運動しても痩せません。 飴、ケーキ、チョコレート、すべて砂糖の塊です。 砂糖は、食欲を満たさずにカロリーだけを取る悪の権化です。 痩せられない原因はいつもの食事にあった! 置き換えダイエットは何がいい?オススメ食材のポイント では、どんな食材が「置き換えダイエット」に向いているのでしょうか? 「置き換えダイエット」は、白米やパンを食生活から抜くことだけではなく、何に置き換えるかが重要です。 食材選びのポイントとして、• 腹持ちが良い• タンパク質が豊富• 栄養価が高い• コスパがいい・安い• 身近で買える• おいしい• 調理が簡単 などが挙げられます。 ダイエットを続けるには腹持ちがよくてタンパク質が豊富な食材がオススメ! ダイエットでもっとも大事なのは、継続できることです。 無理な食事制限は、長期的なダイエットに効果がありません。 あまりカロリーが高くない食材で置き換えてもどうせ長続きしません。 リバウンドするのがオチです。 「置き換えダイエット」のコツは、腹持ちがよくてタンパク質が多い食材を選ぶことです。 タンパク質は、食欲を抑える効果があります。 また、タンパク質でカロリーを摂取しても体重は増えません。 タンパク質が豊富で腹持ちがいい食材は、後述します。 置き換えダイエットとして利用できる食材は限られています。 低コストで栄養価が高い身近な食材がオススメ! 「置き換えダイエット」の食材は低コストで安いものを選ぶ必要があります。 高い商品を買っても、長続きしません。 「置き換えダイエット」を謳った、市販で売られている高い商品がありますね。 お金に余裕があるならいいのですが、コストをかけすぎると金銭的な余裕がなくなります。 形から入りたい気持ちもわかりますが、ダイエットになにかを買う必要はありません。 身近な食材のほうが長く続けられます。 また、無理な「置き換えダイエット」で、栄養失調になってしまうヒトもいます。 前置きが長くなりましたが、これから「置き換えダイエット」に効果の高い食材をご紹介します。 ダイエット効果は食材によって差がありますので、自分が好きで続けられそうなものを選びましょう。 オーツ麦は置き換えダイエット史上最強の食材 置き換えダイエットとして一番オススメできる食材は、 「オーツ麦」です。 オーツ麦は、栄養価も高く、太りにくいし、腹持ちもよく、消化にもいい最強の「置き換えダイエット」なのです。 その栄養価の高さからも欧米では 「完全食(スーパーフード)」とも言われています。 美容にも効果的です。 数ある「置き換えダイエット食材」の中で、コスパ・作りやすさ・栄養価・タンパク質量などを含めトータル的に一番優れているのはオーツ麦です。 朝食に限らず、昼食でも、夕食でも、置き換えダイエットとして活躍してくれるはずです。 オーツ麦と牛乳だけだと味がなくて食べられないということがあれば、バナナやヨーグルトなど、糖分を含んだ食材と合わせて食べましょう。 また、フルーツグラノーラを少し混ぜて食べてもおいしく食べられます。 わたしは、オーツ麦を8ー9割に対して、グラノーラを1ー2割を混ぜて食べています。 おいしいし、毎日食べられますよ。 置き換えダイエットで大事なのは、簡単に作れる食材選びです。 毎日継続できないと、ダイエット効果は持続しません。 オーバーナイトオーツ 豆乳 バナナ グラノーラつけ置き まずは、 オーバーナイトオーツです。 朝食や間食にもっともオススメな食べ方です。 横文字で面倒くさそうですが、 オーツ麦を豆乳・牛乳に漬けて、冷蔵庫に一晩入れて置くだけのレシピ です。 それだけで、オーツ麦本来の旨味が出てきます。 カレーと同じで、オーツ麦は一晩寝かせるとさらにおいしくなります。 でも、豆乳・牛乳とオーツ麦だけだと味気がないので、グラノーラを少し混ぜてもおいしいです。 わたしは、オーツ麦に豆乳とバナナ、ときどきグラノーラを入れて毎朝食べています。 オーツ麦で置き換えダイエットをしてから、全然太らなくなりました。 常に、いちばんいい体の状態でいることができます。 腹持ちもいいし、繊維質が豊富なので快便効果もあります。 オーツ麦には、ダイエットに必要な要素がたっぷりと含まれているのです。 豆腐は白米に置き換えられるダイエット食材 オーツ麦の次に置き換えダイエットとしてオススメな食材は、 豆腐です。 豆腐は主食になりやすいし、おかずとの相性もいいので、白米の代わりになる「主食」です。 食べすぎても太りません。 豆腐が置き換えダイエットとして非常に効果が高いのは、• 豆腐1丁 150—200kカロリー• 白米1杯 360kカロリー と、そもそもカロリーが低いです。 食べ応えの割りに、熱量(カロリー)が少ないのです。 また、 炭水化物含有量は、• 白米 37g と、その 糖質の低さは、白米と比較するほどでもありません。 白米や小麦粉が太ると言われているのは、その糖質の高さです。 豆腐置き換えダイエットが、いかに糖質制限ダイエットに向いているかを示す数字となっています。 夕食や昼食には、白米の代わりに豆腐を置き換えて食べると確実に痩せます。 一丁食べても太らないのが嬉しいですね。 注意点として、豆腐にはたくさんの水分が含まれているので、 食べるまえに、フタから取り出してしっかり水切りしましょう。 夜食には、豆腐ごま油とポン酢とカットわかめ 「料理なんて作るのダルい!」と言うときには、さらにラクなレシピをご紹介します。 必要な食材は、• カットわかめ• ポン酢• ごま油(あれば) だけです。 豆腐に、水でふやかしたわかめをのせて、ポン酢をかけるだけ。 ごま油もあれば、アクセントになります。 元恋人に教えてもらったレシピで、フラれた後はこればかり食べていました。 おかげさまで、ダイエットには成功です・・・。 夜食にもオススメな簡単レシピです。 豆腐は、夜中に食べても太らないので安心です。 最近では、キムチを豆腐にのせて夜食に食べています。 ヘルシーで、健康的で、おいしいので最高です。 「置き換えダイエット」で我慢できなくならないように、はじめは少しずつ置き換えてもいいですね。 現在、わたしはラーメンを全く食べません。 体が、健康で太らない食材に慣れてきたのです。 サラダチキンはコンビニ最強の置き換えダイエット食材 コンビニでも買える「置き換えダイエットと」して効果的な食材に豆腐がありますが、サラダチキンも侮れません。 鳥の胸肉をボイルして味付けしただけのものですが、その分お肉をコスパ良く食べることができます。 また、サラダチキンの成分表示を見るとわかりますが、本当に高タンパクです。 脂質や糖質もお肉にしては控えめです。 コンビニでも買える食材で「置き換えダイエット」を試したいのであれば、サラダチキンはかなりオススメです。 最近ではたくさんの種類のサラダチキンが出ていますね。 わたしは、スモークサラダチキンが大好きです。 夜バナナは置き換えダイエットに不向き!朝食に食べよう 「置き換えダイエット」と聞いて、真っ先にバナナを思い浮かべる方もいると思います。 たしかに、バナナひとつは白米一杯に対してカロリー約半分です。 バナナは、昔からダイエットに用いられてきました。 最近では、夕食をバナナに置き換えてダイエットしよう、というのがブームになってきていますね しかし、夜バナナは危険です。 バナナは腹持ちはいいですが糖質が高いです。 夜に食べる食材としてはオススメしません。 しかし、栄養価も高く手軽に食べられるものではあるので、 夜バナナではなく朝バナナダイエットを実践しましょう。 バナナだけではお腹が空いてしまう方は、ヨーグルトやオーツ麦と混ぜて食べても効果的です。 わたしは、オートミールにバナナと豆乳を加えて朝食を食べています。 かれこれ一年は続けていますが、まったく飽きません。 朝起きてプロテインも飲んでいるので、お昼までお腹が空きません。 朝にダイエットしても、すぐにお腹が減ったら意味ないです。 夜バナナダイエットよりも、朝バナナダイエットです。 また、バナナには利用作用があるので、夜食べるとおしっこが近くなります。 夜バナナにいいことはありません。 プロテインは置き換えダイエットよりも食前に飲もう プロテインは、「太る粉」と勘違いされていますが逆です。 食欲を抑える効果があり、ダイエットにかなり効果的です。 「プロテインダイエット」と言うのは10年ほど前から長く支持されています。 それは、本当にダイエット効果があるからです。 しかし、プロテインを飲んでも「置き換えダイエット」として利用してするのは難しいです。 それは、プロテインが水で飲むものだからです。 食欲を抑えることはできますが、それで一日を過ごすのは大変でしょう。 なので、プロテインは食前に摂取することをオススメします。 プロテインは食欲を抑える効果があるので、食前に飲んでおくと食べる量を減らすことができます。 また、間食にプロテインを飲む習慣もいいですね。 小腹が空いたらお菓子に手を伸ばすのではなく、プロテインを飲みましょう。 わたしは、毎朝起きてからプロテインを飲みます。 また、寝る前に空腹の場合にも、プロテインを飲んでいます。 最近では、プロテインもかなり安く買えるようになりました。 空腹対策として、プロテインをダイエットに利用しましょう。 一番安いホエイプロテイン(3kg)ニチエーのホエイ wpc プロテイン 置き換えダイエットとして、プロテインは効果的です。 朝起きてすぐでも、食前でもいいです。 しかし、そのためには安いプロテインを買う必要があります。 コスパが悪いと、ダイエットが続かなくなるからです。 今、ネットで買える一番安いプロテインは、 SCU ホエイプロテイン NICHIGA ニチガ WPC ハイスペックプロテインです。 巷では、友近などを使って「プロテインで置き換えダイエット」を宣伝していますが、あれは辞めておきましょう。 プロテインダイエットには、普通のプロテインを購入しましょう。 テレビCM を打っている商品は、コスパの悪いものです。 ダイエットするなら牛乳より豆乳がいいよ 置き換えダイエットで、よく牛乳が利用されていますね。 しかし、牛乳を飲むのであれば、豆乳のほうが脂肪分が少ないのでダイエットに効果的です。 また、牛乳の口に残る臭いが嫌だという「牛乳嫌い」の方もいると思います。 その点、豆乳はスッキリと飲めます。 そして、豆乳は大豆から作られているので、大豆レシチンや大豆イソフラボンが含まれています。 大豆レシチンは、美容効果や動脈硬化の予防、さらに 脂質の代謝を促進させる効果もあるのです。 大豆イソフラボンは、ホルモンバランスを整えたり、 自律神経を安定させる効果もあります。 毎朝飲めば、穏やかに一日を過ごせます。 朝食に、オーツ麦に豆乳をかけて食べれば、置き換えダイエットとしては極めて効果の高い「最強のダイエット食」となります。 栄養価にも優れて、なにより味がおいしいのが嬉しいです。 豆乳は一度飲みだすと、ヤミツキになる飲み物です。 豆乳を買う際には、砂糖が入った「調整豆乳」ではなく、無添加の「無調整豆乳」を選びましょう。 ダイエットには牛乳よりも豆乳がオススメ プレーンヨーグルトで置き換えダイエット? 最後に、「置き換えダイエット」としてヨーグルトが人気がありますね。 体にいいし、おいしいし、快便効果もあるヨーグルトは「置き換えダイエット」には向いている食材にも思えます。 しかし、市販のヨーグルトは砂糖をたくさん入っています。 食べるほど、糖分を体内に吸収してしまっているのです。 バニラヨーグルトでも、アロエヨーグルトでも、 いわゆる「お菓子のようにおいしいヨーグルト」は、砂糖だらけです。 なので、ヨーグルトで置き換えダイエットをする際は、砂糖の少ない「プレーンヨーグルト」を選びましょう。 「プレーンヨーグルト」は、大容量なのに100円ほどから買えますね。 コスパの良さは、ダイエット継続の秘訣でもあります。 ただ、ヨーグルトは咀嚼を必要としない流動体なので、腹持ちはよくありません。

次の