キラリナ 京王 吉祥寺。 キャラメル ゴースト パーティー キラリナ京王吉祥寺店 (CARAMEL GHOST PARTY)

ピカール キラリナ京王吉祥寺店 (picard)

キラリナ 京王 吉祥寺

南口側にあり、のほか、および駅ビルにも直結する。 現在の駅ビルは(平成26年)に竣工。 キーテナントは京王電鉄運営の「 キラリナ京王吉祥寺」で、2014年に開業した。 (45年)に完成した旧駅ビルはにより(22年)に取り壊され、その後を経て2014年4月に新駅ビルが完成した。 歴史 [ ] ターミナルエコー時代 [ ] 、吉祥寺駅南口にあった旧の跡地を「富士ビルディング株式会社」が取得し、・・に挟まれた三角地帯にショッピングビルを建設する予定だったが、中央線のに合わせて、京王帝都電鉄と提携、の余剰地を買収してビルを建設する計画に変更 し、(45年)、「 ターミナルエコー」( Terminal ECHO、ビル名称: 吉祥寺エコービル)の名称で、地上8階・地下1階からなるビルとして開業した。 主に中・高層階をとなどで構成しており、屋上には遊戯施設も兼ね備えていたほか、夏季にはも開設されていた。 しかしながら、駅に直結する一等地であったにもかかわらず、駅周辺からのアクセスが不便であったことや、競合する商業施設の開業が相次いだことなどにより苦戦を強いられる。 さらに中・後期(前期)には、エコービル側の値上げに対して当時入居していたテナントが抗議して店舗が順次退去し、ビルの大部分が長らく空白の状態(後期までは食品スーパーの が地下1階で営業していたほか 、フロアの一部はゲームセンターとしてひっそりと営業していた)となっていた。 このため、地元住民や買物客らから「ビル」とまことしやかに囁かれる [ ]までになり、いわゆるとなってしまった。 一時期、のを駅ビルに誘致することが検討されたが、地元住民の反対により撤回している。 [ — ] ユザワヤ開店から京王電鉄所有へ [ ] (7年)、ターミナルエコー跡に・用品の専門店、の出店が決定、翌(平成8年)、 が開店した。 当時としてはまだ無名だった手芸・ホビー専門店においては最大級の店舗であった。 ユザワヤの出店により、長い空白の時代にようやく終止符が打たれ、20年以上掲げられていた「ターミナルエコー」の看板が消滅した。 またこれにより、長年にわたりシャッターが閉められていた2階連絡口も再開され、かつてシヅオカヤがあった地下1階はユザワヤの売場となった。 核テナントとなったユザワヤ吉祥寺店は、延べ9,780m 2と、当時のユザワヤ全店の中で最大の売り場面積を誇り、ファンや愛好家らに重宝され、ユザワヤのブランドネームを全国に轟かせるきっかけともなった。 (平成15年)には、地上2階・地下1階の駅直結専門店フロア「 吉祥寺」が名称を「 」と改めリニューアルオープン。 翌(平成16年)には地下1階部分を改装し、のがオープンした。 同年にはが約120億円で全館を取得(ユザワヤが引き続き貸借)、駅ビルは京王電鉄が所有する形となり、ビル名称も 京王吉祥寺駅ビルに改称した。 (平成21年)にはビル完成40年目を迎えて老朽化も著しくなったため、翌(平成22年)から4年近くかけて改築工事が行われることになった。 ユザワヤの閉店と駅ビル改築 [ ] 京王吉祥寺駅南口入口(現在。 2014年4月27日撮影) 工事着手の時点で、京王吉祥寺駅ビルには地上1 - 8階にユザワヤ、下層階にフレンテ吉祥寺、地下1階に啓文堂書店がそれぞれ入居していた。 また、現在の駅ビルが開業する前の井の頭線吉祥寺駅は地上2・3階部分に相当し、3階が改札・ホーム、2階がを設置したの広場という特殊な形態であった。 この広場はJRの公園口改札やJR側の駅ビルである「アトレ吉祥寺」に直結していたが、構造が複雑になっていた。 また、JR側も京王に間借りする形でこの広場部分に券売機等を設置し、JRと京王の券売機が並ぶ形になっていたため、切符の誤購入が絶えなかった。 ユザワヤはをもって閉店し、吉祥寺店7・8階へ縮小移転してより営業を開始した。 啓文堂書店も同年をもって閉店し丸井へ移転した。 そしてフレンテ吉祥寺は同年を最後に閉業した。 工事期間中は2階・3階の一部とそれ以外のフロア(地下一階 - 屋上、ユザワヤ等が入っていた)がすべて閉鎖されていた。 ユザワヤ時代の屋上にはユザワヤのがあり、ユザワヤのである金色の「ゆう太」の像が置かれていた。 これはユザワヤ開店時にから譲り受けたものであり、(平成22年)にはの『 中央線沿線スペシャル』にて紹介された。 「ゆう太」像はユザワヤ移転後の行先が決まっておらず、同番組放送後も引き取り手を募集していた が、放送の同番組特番にて「ゆう太」の引き取り手が現れず、撤去することが決まった旨を発表し、結局ビル解体と同時に撤去された。 また、放送の同番組で当ビルが改築工事中であることを紹介した際に「ゆう太」の撤去前後も紹介された。 京王電鉄はビル南側の井の頭線の買収も進めており、主導による駅南口周辺のと連携して一体的な整備が行われてきた。 旧駅ビルは2010年(平成22年)秋から解体に着手、改築工事に入った。 同時期の2010年(平成22年)にも閉店し、同年に一部が「吉祥寺」として生まれ変わった。 アトレはリニューアル工事を終えて同年に全面開業し、現在の形となった。 同時にJR吉祥寺駅も京王と足並みをそろえる形で改築工事を進めた。 (平成19年)から行われてきた井の頭線の改築工事は(平成23年)春に完了し、ホーム・壁面ともリニューアルされた。 2010年3月31日のフレンテ吉祥寺閉業時に出店していたテナントは以下のとおり。 スイーツモード()• リモーネ()• リモーネ2(・)• 吉祥寺店• ミスターミニット()• (ファッション・雑貨)• 七匹の子ぶた 吉祥寺店()• スーペルバッコ()• まぐろ人()• ラ・メゾン アンソレイユターブル() 新駅ビルの完成、キラリナ京王吉祥寺開業 [ ] 新築された京王吉祥寺駅ビルは(平成26年)に完成し、に商業施設「 キラリナ京王吉祥寺」を開業した。 新駅ビルの規模は地上1 - 10階・地下1 - 2階、高さ53m、延床面積28,000m 2と、旧駅ビルよりさらに大きいものとなり、テナントとしてはユザワヤ吉祥寺店が丸井から再移転したほか、啓文堂書店も再出店している。 なお8・9階に出店した現在のユザワヤ吉祥寺店は3代目で、大型店舗だった初代より規模は小さいものとなったが、現在もユザワヤの主要店舗として重きをなしている。 沿革 [ ]• (42年)頃 - 吉祥寺駅南口駅ビル(仮)着工。 (昭和45年) - 吉祥寺エコービル竣工。 11月、 ターミナルエコーとして開業。 その後、入居していた店舗などが、ビル側の値上げに抗議して退去したため、長期にわたり閉業状態となる。 (7年) - がターミナルエコー跡に出店を決定。 (平成8年) - ユザワヤ吉祥寺店開店。 (平成15年) - を改装し、 フレンテ吉祥寺開店。 (平成16年)• - 吉祥寺店開店。 - が全館を取得、ビル名称を 京王吉祥寺駅ビルに改称。 (平成20年) - 京王電鉄が新駅ビルの基本設計・施工計画を策定。 (平成22年)• - ユザワヤ吉祥寺店(初代店舗)が閉店。 - 啓文堂書店(初代店舗)が閉店。 - フレンテ吉祥寺が閉店。 よりユザワヤ・啓文堂書店が丸井吉祥寺店にて新店舗オープン。 - 京王吉祥寺駅ビルの改築工事に着手。 (平成23年)春 - 井の頭線高架橋の改築工事が完了。 (平成26年)• - 新京王吉祥寺駅ビルが完成。 - 新商業施設「 キラリナ京王吉祥寺」開業。 フロア構成 [ ] キラリナ京王吉祥寺 [ ] フロア詳細はを参照。 3階:京王井の頭線、1・2番、駅事務所、、、売場• 2階:吉祥寺駅公園口(南口)及び、に直結• 1階:南北自由通路 駅ビルが登場する作品 [ ]• 『』 - 吉祥寺を舞台にした。 エコービルが劇中に登場する。 『』 - 吉祥寺を舞台にした学園漫画。 ユザワヤ時代の本ビルが登場する(第7巻など)。 『』 - 物語序盤で吉祥寺が舞台となる。 ゲーム中で、魔物が登場するビルという設定としてエコービルが登場する。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 吉祥寺駅北口のステーションビル。 現:吉祥寺。 - 女優・モデル。 キラリナ京王吉祥寺のイメージモデル。 脚注・出典 [ ] [].

次の

キラリナ京王吉祥寺駐車場|Parking NAVI(パーキングナビ)

キラリナ 京王 吉祥寺

[屋内機械 普通車] 車高:2,000 mm 車長:5,050 mm 車幅:1,850 mm 重量:1,800 kg 最低地上高:120 mm• 周辺イベント情報• お得な利用情報• 地下平置き自走式駐車場• 地下機械式駐車場• 入出庫ゲート有• 駐車場スタッフ常駐• 駐車場予約可• 優先駐車スペース有• 千円札使用可• 5千円札使用可• 1万円札使用可• 領収書発行可• 電子マネー可• クレジットカード可• トイレ有• 電気充電スタンド有• コインロッカー有• サービス券(割引券)取扱い有• パスカード取扱い有• ポイントカード対応• 車庫証明の発行•

次の

京王吉祥寺駅ビル

キラリナ 京王 吉祥寺

南口側にあり、のほか、および駅ビルにも直結する。 現在の駅ビルは(平成26年)に竣工。 キーテナントは京王電鉄運営の「 キラリナ京王吉祥寺」で、2014年に開業した。 (45年)に完成した旧駅ビルはにより(22年)に取り壊され、その後を経て2014年4月に新駅ビルが完成した。 歴史 [ ] ターミナルエコー時代 [ ] 、吉祥寺駅南口にあった旧の跡地を「富士ビルディング株式会社」が取得し、・・に挟まれた三角地帯にショッピングビルを建設する予定だったが、中央線のに合わせて、京王帝都電鉄と提携、の余剰地を買収してビルを建設する計画に変更 し、(45年)、「 ターミナルエコー」( Terminal ECHO、ビル名称: 吉祥寺エコービル)の名称で、地上8階・地下1階からなるビルとして開業した。 主に中・高層階をとなどで構成しており、屋上には遊戯施設も兼ね備えていたほか、夏季にはも開設されていた。 しかしながら、駅に直結する一等地であったにもかかわらず、駅周辺からのアクセスが不便であったことや、競合する商業施設の開業が相次いだことなどにより苦戦を強いられる。 さらに中・後期(前期)には、エコービル側の値上げに対して当時入居していたテナントが抗議して店舗が順次退去し、ビルの大部分が長らく空白の状態(後期までは食品スーパーの が地下1階で営業していたほか 、フロアの一部はゲームセンターとしてひっそりと営業していた)となっていた。 このため、地元住民や買物客らから「ビル」とまことしやかに囁かれる [ ]までになり、いわゆるとなってしまった。 一時期、のを駅ビルに誘致することが検討されたが、地元住民の反対により撤回している。 [ — ] ユザワヤ開店から京王電鉄所有へ [ ] (7年)、ターミナルエコー跡に・用品の専門店、の出店が決定、翌(平成8年)、 が開店した。 当時としてはまだ無名だった手芸・ホビー専門店においては最大級の店舗であった。 ユザワヤの出店により、長い空白の時代にようやく終止符が打たれ、20年以上掲げられていた「ターミナルエコー」の看板が消滅した。 またこれにより、長年にわたりシャッターが閉められていた2階連絡口も再開され、かつてシヅオカヤがあった地下1階はユザワヤの売場となった。 核テナントとなったユザワヤ吉祥寺店は、延べ9,780m 2と、当時のユザワヤ全店の中で最大の売り場面積を誇り、ファンや愛好家らに重宝され、ユザワヤのブランドネームを全国に轟かせるきっかけともなった。 (平成15年)には、地上2階・地下1階の駅直結専門店フロア「 吉祥寺」が名称を「 」と改めリニューアルオープン。 翌(平成16年)には地下1階部分を改装し、のがオープンした。 同年にはが約120億円で全館を取得(ユザワヤが引き続き貸借)、駅ビルは京王電鉄が所有する形となり、ビル名称も 京王吉祥寺駅ビルに改称した。 (平成21年)にはビル完成40年目を迎えて老朽化も著しくなったため、翌(平成22年)から4年近くかけて改築工事が行われることになった。 ユザワヤの閉店と駅ビル改築 [ ] 京王吉祥寺駅南口入口(現在。 2014年4月27日撮影) 工事着手の時点で、京王吉祥寺駅ビルには地上1 - 8階にユザワヤ、下層階にフレンテ吉祥寺、地下1階に啓文堂書店がそれぞれ入居していた。 また、現在の駅ビルが開業する前の井の頭線吉祥寺駅は地上2・3階部分に相当し、3階が改札・ホーム、2階がを設置したの広場という特殊な形態であった。 この広場はJRの公園口改札やJR側の駅ビルである「アトレ吉祥寺」に直結していたが、構造が複雑になっていた。 また、JR側も京王に間借りする形でこの広場部分に券売機等を設置し、JRと京王の券売機が並ぶ形になっていたため、切符の誤購入が絶えなかった。 ユザワヤはをもって閉店し、吉祥寺店7・8階へ縮小移転してより営業を開始した。 啓文堂書店も同年をもって閉店し丸井へ移転した。 そしてフレンテ吉祥寺は同年を最後に閉業した。 工事期間中は2階・3階の一部とそれ以外のフロア(地下一階 - 屋上、ユザワヤ等が入っていた)がすべて閉鎖されていた。 ユザワヤ時代の屋上にはユザワヤのがあり、ユザワヤのである金色の「ゆう太」の像が置かれていた。 これはユザワヤ開店時にから譲り受けたものであり、(平成22年)にはの『 中央線沿線スペシャル』にて紹介された。 「ゆう太」像はユザワヤ移転後の行先が決まっておらず、同番組放送後も引き取り手を募集していた が、放送の同番組特番にて「ゆう太」の引き取り手が現れず、撤去することが決まった旨を発表し、結局ビル解体と同時に撤去された。 また、放送の同番組で当ビルが改築工事中であることを紹介した際に「ゆう太」の撤去前後も紹介された。 京王電鉄はビル南側の井の頭線の買収も進めており、主導による駅南口周辺のと連携して一体的な整備が行われてきた。 旧駅ビルは2010年(平成22年)秋から解体に着手、改築工事に入った。 同時期の2010年(平成22年)にも閉店し、同年に一部が「吉祥寺」として生まれ変わった。 アトレはリニューアル工事を終えて同年に全面開業し、現在の形となった。 同時にJR吉祥寺駅も京王と足並みをそろえる形で改築工事を進めた。 (平成19年)から行われてきた井の頭線の改築工事は(平成23年)春に完了し、ホーム・壁面ともリニューアルされた。 2010年3月31日のフレンテ吉祥寺閉業時に出店していたテナントは以下のとおり。 スイーツモード()• リモーネ()• リモーネ2(・)• 吉祥寺店• ミスターミニット()• (ファッション・雑貨)• 七匹の子ぶた 吉祥寺店()• スーペルバッコ()• まぐろ人()• ラ・メゾン アンソレイユターブル() 新駅ビルの完成、キラリナ京王吉祥寺開業 [ ] 新築された京王吉祥寺駅ビルは(平成26年)に完成し、に商業施設「 キラリナ京王吉祥寺」を開業した。 新駅ビルの規模は地上1 - 10階・地下1 - 2階、高さ53m、延床面積28,000m 2と、旧駅ビルよりさらに大きいものとなり、テナントとしてはユザワヤ吉祥寺店が丸井から再移転したほか、啓文堂書店も再出店している。 なお8・9階に出店した現在のユザワヤ吉祥寺店は3代目で、大型店舗だった初代より規模は小さいものとなったが、現在もユザワヤの主要店舗として重きをなしている。 沿革 [ ]• (42年)頃 - 吉祥寺駅南口駅ビル(仮)着工。 (昭和45年) - 吉祥寺エコービル竣工。 11月、 ターミナルエコーとして開業。 その後、入居していた店舗などが、ビル側の値上げに抗議して退去したため、長期にわたり閉業状態となる。 (7年) - がターミナルエコー跡に出店を決定。 (平成8年) - ユザワヤ吉祥寺店開店。 (平成15年) - を改装し、 フレンテ吉祥寺開店。 (平成16年)• - 吉祥寺店開店。 - が全館を取得、ビル名称を 京王吉祥寺駅ビルに改称。 (平成20年) - 京王電鉄が新駅ビルの基本設計・施工計画を策定。 (平成22年)• - ユザワヤ吉祥寺店(初代店舗)が閉店。 - 啓文堂書店(初代店舗)が閉店。 - フレンテ吉祥寺が閉店。 よりユザワヤ・啓文堂書店が丸井吉祥寺店にて新店舗オープン。 - 京王吉祥寺駅ビルの改築工事に着手。 (平成23年)春 - 井の頭線高架橋の改築工事が完了。 (平成26年)• - 新京王吉祥寺駅ビルが完成。 - 新商業施設「 キラリナ京王吉祥寺」開業。 フロア構成 [ ] キラリナ京王吉祥寺 [ ] フロア詳細はを参照。 3階:京王井の頭線、1・2番、駅事務所、、、売場• 2階:吉祥寺駅公園口(南口)及び、に直結• 1階:南北自由通路 駅ビルが登場する作品 [ ]• 『』 - 吉祥寺を舞台にした。 エコービルが劇中に登場する。 『』 - 吉祥寺を舞台にした学園漫画。 ユザワヤ時代の本ビルが登場する(第7巻など)。 『』 - 物語序盤で吉祥寺が舞台となる。 ゲーム中で、魔物が登場するビルという設定としてエコービルが登場する。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 吉祥寺駅北口のステーションビル。 現:吉祥寺。 - 女優・モデル。 キラリナ京王吉祥寺のイメージモデル。 脚注・出典 [ ] [].

次の