お手間を取らせてしまって。 「わざわざ」の敬語の使い方(謙譲語/尊敬語/類似語)

【お手間を取らせ】の例文集・使い方辞典

お手間を取らせてしまって

「手間」とは、仕事を仕上げるのにかかる労力や時間のことを言います。 つまり、「手間をかける」とは、仕事を仕上げるために、自分自身が労力や時間をかけることを指す言葉です。 相手に対して手間をかけさせてしまったことを敬語表現にする場合は、「手間をかける」ではなく、「手間を取らせる」が正しい使い方です。 似たような言葉に「手数(てすう)」という言葉があります。 手数とは、「他人のためにことさらかける手間」という意味があります。 手数(てすう)には他人のために手間をかけるという意味がありますので「手数をかける」という使い方になります。 「お手間をおかけして~」という使い方をすることがありますが、相手に対して手間をかけさせてしまったと言う意味で敬語にする場合は、「お手間を取らせてしまい~」もしくは「お手数(てすう)をおかけして~」という使い方が正しい使い方です。 「手間をかける」のは自分自身? 「手間暇(てまひま)をかける」という言葉がありますが、手間暇をかけて何かを成し遂げるのは自分自身です。 つまり、「手間暇かける」とは、時間や労力を惜しまないという意味がありますが、時間や労力を惜しまないのは、自分自身ということです。 たとえば、「手間暇をかけて友達のためにたくさんのパーティー料理を準備しました」や「手間暇をかけて、おそろいの浴衣を作りました」などのように自分が時間や労力を惜しまずに何かを作った場合に「手間暇をかける」という言い方をします。 「手間をかける」のは自分自身であって、他の誰かにかけてもらったというときに使う言葉ではないというのが、この言葉からもわかるのではないでしょうか。 「手間をかける」の敬語での使い方 上記でご説明のとおり、「手間をかける」のは自分です。 敬語表現にする場合は、相手がかけた手間つまり相手に対して「手間をかけさせてしまった」という意味の言葉を敬語にしなければなりません。 「手間をかける」という正しい敬語表現は、「手間を取らせる」です。 これを敬語にした「お手間を取らせる」が正しい敬語表現ということになります。 また、相手がかけた手間のことを表現する言葉に「手数(てすう)」があります。 これは他人に対してかけた手間という意味がある言葉なので、「お手数をおかけする」ということは、相手に対して、「手間をかけさせてしまって」という意味になります。 この2つの言葉が混同してしまい「お手間をおかけしてしまい~」という使い方をする人がいますが、これは敬語の使い方として間違いということになります。 敬語の種類 敬語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」といった種類があります。 「手間をかける」というのは自分の仕事に対してかけた手間を表す言葉なので、相手が仕事に対して手間かけたという意味を表す言葉ではありません。 つまり、相手に対して、「手間をかける」という表現はそのまま敬語にしてしまいますと、誤りということになります。 相手に手間をかけさせてしまったという意味を敬語にする場合は「手間を取らせる」という表現になります。 この言葉を敬語にする場合は、「お手間を取らせる」になるということです。 使い方 相手に対して手間をかけさせてしまったということを伝えたい場合は、「お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした」のような使い方をします。 また、自分のために労力を費やしてもらわなければならない場合は、「お手数をおかけしますが~」のような使い方をします。 「お手間をおかけしますが~」という使い方は間違いですので、間違えないように注意しましょう。 メールでの使い方 メールなどで「手間をかける」ことに対して申し訳ないということを伝えたい場合や、「手間をかける」必要のある作業を依頼しなければならない場合に、「手間をかける」ということを敬語にする必要があります。 はっきりとした使い分けに決まりがあるわけではありませんが、相手のところに訪問するためのアポイントなどを取る場合は、「来週、出張で東京に参ります。 お手間は取らせませんので、ご挨拶の時間をいただきたくご連絡いたしました」のように使うと良いでしょう。 また、相手が「手間をかける」作業をしなければならない場合は、「お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします」といった使い方をすると良いでしょう。 上司への使い方 上司に対して「手間をかける」という言葉を敬語にする場合も、メールでの使い方と同じように使うと良いでしょう。 報告するのは、自分なので、どれくらいの時間がかかるか予測することが可能です。 この場合は、相手にそんなに時間をかけずにお話しすることが可能ですと伝えても失礼にはなりません。 手間を取らせないは失礼になる? 上司に対して何かを依頼しなければならない場合は、「手間をかける」ではなく、「手数をかける」を敬語にし、「お手数をおかけしますが~」という表現を使う方が良いでしょう。 この場合、作業を行うのは自分ではなく上司です。 依頼した仕事の作業時間がどれくらいになるかは、依頼した本人にはわからないため「手間を取らせない」という言い方は失礼になることがあります。 「手間を取らせない」という言葉には、そんなに時間はかかりませんという意味合いがあります。 相手の「手間」に対して、第三者がそんなに時間はかからない仕事ですという言い方は失礼になります。 何かを依頼する場合は、「お手数をおかけしますが~」を使うようにしましょう。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーンで相手に対して「手間をかける」ということを敬語にするシーンは、ほんの少しでかまわないので会う時間がほしいということを伝えたい場合や、不手際や予測できなかった事態が発生してしまい、説明などをする際に予想以上に時間がかかってしまった場合などです。 このようなシーンでは「手間をかける」を敬語表現にした「お手間は取らせませんので~」や「お手間を取らせてしまいまして~」のような使い方をします。 上記でご紹介のように「手間をかける」は、基本的に自分が仕事などに対して、どれくらいの時間と労力をかけたかということを表現する言葉です。 「手間を取らせる」という言葉には、労力に対する意味合いよりも時間に対する意味合いが強いので、自分で時間をコントロールできる場面の場合に、「手間をかける」を敬語表現にした「手間を取らせる」を使うようにしましょう。 たとえば、挨拶に伺いたいというのであれば、意識をすることで挨拶にかける時間を短縮することは可能です。 しかし、相手に何か作業をお願いしたい場合は、相手の作業にかける時間を依頼した本人にはコントロールすることができません。 このような場合は「手間を取らせる」と言う敬語は使わない方が良いでしょう。 【例文】 ・お手間は取らせませんので、本日担当者交代のご挨拶に伺う時間をいただくことは可能でしょうか。 「手間をかける」の別の敬語表現例 「手間をかける」は、自分が作業を行う際に、自分に対して表現する言葉です。 相手が「手間をかける」ことを表現する場合は、「手間を取らせる」を使います。 お手間を取らせる お手間を取らせるという言葉は、相手が「手間をかける」ことを敬語表現にした使い方です。 しかし、「手間を取らせる」という言葉には、時間に関する意味合いが強いため、相手に対して、時間をかけませんということを伝えたい場合や、時間がかかってしまい申し訳ありませんということを伝えたい場合に使うと良いでしょう。 何かをお願いする場合は、「手間をかける」という言葉を敬語にするのではなく「手数をかける」という言葉を敬語にした「お手数をかける」という言葉を使う方が印象が良くなるでしょう。 「お手数をおかけする」は二重敬語? 「お」や「ご」を言葉の前につけることで丁寧な言葉にすることがあります。 本来であれば、1つの文章に対して、2回以上の敬語を重ねることを二重敬語と呼び、このような使い方はマナー違反とされています。 つまり「お手数をおかけしますが~」という使い方は、二重敬語になり、マナー違反ということがいえます。 しかし、この言葉は、「手数をおかけしますが~」や「お手数をかけますが~」という使い方ではなく「お手数をおかけしますが~」という使い方をしている人が多いです。 そのため、「手数をおかけしますが~」という使い方は、マナーとしては正解なのですが、やや丁寧さに欠ける印象になるため、一般的には「お手数をおかけしますが~」という使い方をする方が良いでしょう。 「手間を取らせる」と「お手数をかける」の使い分け 「手間をかける」という言葉を敬語表現にする場合に「手間を取らせる」と「お手数をかける」という言葉をご紹介しました。 では、この2つの言葉はどのように使い分ければ良いのでしょうか。 「手間をかける」という言葉を敬語にした。 「手間を取らせる」は、時間に関して相手に何かを伝えたい場合に使うと良いでしょう。 相手に対して時間は取らせませんのでといった時や、時間がかかってしまってすみませんでしたということを伝えたい時に、「お手間は取らせませんので」や「お手間を取らせてしまい」といった使い方をすると良いでしょう。 「お手数をかける」を使う場合は、相手に何かを依頼する、お願いする場合です。 作業にかかる時間は相手次第ということになりますので、「お手数をおかけしますが~」という使い方をすると良いでしょう。 お手を煩わせてしまい~ 「手間をかける」のは、自分自身であって、他の誰かではありません。 つまり「手間をかける」という表現をそのまま敬語にするのは間違っているということになります。 相手に対して使う場合は、「手間をかける」ではなく、「手間を取らせる」が正しい使い方です。 「手数(てすう)」をかけるという言葉があるため、混同してしまい、間違った使い方をしている人も多いですが、相手に対して使う場合は、「手間をかける」のではなく、「手間を取らせる」になりますし、「かける」という言葉を使うのであれば、「手数をかける」が正解です。 このように敬語の中には、似たような表現があるため知らずに間違った使い方をしていることがあります。 「手間をかける」のように意味を理解し、正しい敬語を使えるように心がけましょう。

次の

【お手間は取ら】の例文集・使い方辞典

お手間を取らせてしまって

「手間」の意味と使い方 「手間」の意味は、 ・ある事のために費やす時間、労力 ・手間賃(仕事にかかった時間や出来高に応じて支払われる代金)の略 ・手間賃をもらってする仕事。 また、その職人 となります。 「手間」は「ある事のために費やす時間、労力」という意味で使われることがほとんどです。 「手間」を使った言い回しを紹介します。 ・手間がかかる:ある事をするのに、時間や労力が必要とされる、費やされる ・手間のかかる:ある事をするのに、時間や労力が必要とされる、費やされる ・手間をかける:そのために、時間や労力を使う、つぎ込む ・手間取る:ある事をするのに、予想以上に時間や労力がかかる ・手間いらず:時間や労力がかからない、容易に事が運ぶ ・手間を省く:時間や労力をかけない、減らす ・手間だ:時間や労力がかかって、面倒である ・手間を惜しまない:時間や労力がかかる事を嫌がらずに進んでやる 「手間がかかる」はある事を、時間・労力を惜しまずに達成した場合に使います。 例えば、「意外にも課題に手間がかかってしまった」「手間をかけて、誕生日会のために色々と準備をする」といったように用います。 「手間を省く」はある事を、時間や労力をかけずに行うときに使います。 例えば、「わざわざそこへ行く手間を省く」「注文するたびに個人情報を入力する手間を省く」といったように用います。 「手間」を敬語表現にするには、尊敬を意味する接頭語の「お」を付けて 「お手間」とします。 「お手間を頂戴する」「お手間をとらせる」などと使います。 「お手間を取らせる」は相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 「手数」の意味と使い方 「手数」の意味は、 ・それに施すべき手段の数 ・その物事または他人のために特に力を尽くすこと となります。 「手数」は前者の意味では 「てかず」、後者の意味では 「てすう」と読みます。 「手数」は「ある物事を達成するために必要な労力」を指します。 ですので、 「お手数おかけしますが」は「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせますが」という意味になります。 「お手数おかけしますが、明日またご連絡いたします」などと、自分に対しては使用できないので注意しましょう。 「お手数をおかけします」は「お手数」と「おかけする」の「お」が尊敬語なので、 厳密には二重敬語ですが、一般的に使われているので使用しても問題ありません。 「それに施すべき手段の数」という意味で「手数」を使う場合は、「手数(てかず)と報酬の割りが合わない」「手数(てかず)のかかる料理」などとします。

次の

「お手数をお掛けして申し訳ありません」の意味と正しい使い方

お手間を取らせてしまって

「お手を煩わせる」という言葉はよく使いますか?どういう状況のときに使うのでしょうか。 相手に迷惑をかけるときや、面倒をかけるときに使うことがあると思います。 「手を煩わせる」というのは「面倒をかける。 手間を取らせる。 」という意味があります。 「手を煩わせる」の丁寧な言い方が「お手を煩わせる」という言葉になるのです。 日常的にも使われていますが、ビジネスシーンにおいて、会話やメールでもよく目にする言葉でしょう。 相手に何か頼み事をするときにも「お手を煩わせて申し訳ございません」という言い方をすると思います。 具体的にどんな状況で、どういう使い方をするのでしょうか。 ここでは詳しく調べていきたいと思います。 お手を煩わせるの使い方 「お手を煩わせる」は、上記でも少し説明しましたが、相手に迷惑をかけたときや、何か頼み事をするときに使われています。 直接相手に使い場合もありますが、第三者に対して使うことも出来ます。 「〇〇さんにはお手を煩わせてしまって、大変申し訳ございませんでした」というような使い方もします。 もう済んでしまったことに対しても使いますが、これから迷惑をかけるだろうという予想される出来事があるときにも使います。 「弊社の者がお手を煩わせるかもしれませんが、宜しくお願い致します。 」というような使い方も出来ます。 それと誤解が生じたときにも、「お手を煩わせる」という言葉が使えます。 誤解を解くことができたときに「お手を煩わせてしまってすみません」と一言付け加えると良い印象を持たれます。 敬語表現? 「お手を煩わせる」は敬語表現なのでしょうか。 「お手」と「お」と付けているので丁寧語ではあります。 この言葉と合わせて敬語を使うことができます。 「面倒かけてすみません」というよりは「お手を煩わせてしまって、申し訳ございません」という言い方をした方がより丁寧な印象を持ちます。 きちんとした文章を書くときにも、この表現を使った方が良いでしょう。 少し長い文章になってしまいますが、全体でみると綺麗な表現になっています。 丁寧な表現ですが、意味もよく分かる簡単な言葉なので、ビジネスシーンにおいてはよく使われています。 相手にも誠意が伝わりやすい言葉です。 日常生活でも誰かに迷惑をかけてしまったときに使ってみると良いでしょう。 「お手を煩わせる」は英語に訳するとどう表現するのでしょうか。 「お手を煩わせる」は「give somebody trouble」または「give 主語 述語 trouble」若しくは「cause 主語 述語 trouble」と表現します。 また「お手を煩わせて、申し訳ございません」という表現だと「Sorry for bothering you」や「Thank you for your trouble」という風にも言います。 「trouble」は問題や心配事という意味がありますが、「面倒なこと」や「困ったこと」という意味もあります。 日本語でもそうですが、英語表現においても、謝罪の言葉や感謝の言葉と合わせて使われています。 ビジネスメールでどのように使われているのでしょうか。 例文を上げて詳しく説明していきます。 」 これは見積もりの訂正を依頼したが、まだ届いてないときに早く送ってもらうように催促するメールです。 面倒なことではありますが、約束していることなので送ってもらうのは当たり前のことです。 ですが、「お手を煩わせる」という言葉を使うことで柔らかい表現になっています。 」 これは謝罪するときに送るメールです。 本当に相手に面倒なことをしてしまい、謝らなければいけない状況のときにも「お手を煩わせる」という言葉が使えます。 基本の意味になるのですが、「迷惑をかける」の丁寧な言い方が「お手を煩わせる」なのです。 会話における「お手を煩わせる」例文 会話の中ではどのような使い方がされているでしょうか。 ここでも例文を見ていきましょう。 」 これは、相手に謝罪している状況です。 こちらの不手際で、相手に迷惑をかけてしまったときに使える言葉です。 特に〇〇様にはお手を煩わせてしまって申し訳ございませんでした。 」 これは取引先の会社の人に対して、仕事が終わったときにかける言葉です。 特に迷惑をかけた訳ではなくても、仕事で特にお世話になった人に対して「お手を煩わせる」という言葉が使えます。 メールにおいても会話においても「本当に迷惑をかけたとき」と「迷惑をかけた訳ではないとき」の両方とも「お手を煩わせる」を使います。 状況によって意味合いが異なりますので、使うときや受け答えをするときには注意しましょう。 何か協力をしてもらって「お手を煩わせる」ことになったときは感謝の言葉も一緒に述べましょう。 「お手を煩わせて... 」の後に続くのは謝罪の言葉になりますが、その後にも「ありがとうございました。 」と感謝の気持ちを伝えましょう。 申し訳ないという言葉でも感謝の意味にも捉えることはできるのですが、言葉ではっきり「ありがとうございます」と伝えた方が相手にも気持ちよく聞こえます。 「申し訳ございません」というような謝罪の言葉はマイナスのイメージがあります。 それに比べると「ありがとうございます」という言葉はプラスのイメージがあります。 プラスのイメージがある言葉を添えるだけで明るい気持ちにさせてくれるのです。 相手も「今後も協力し合ってもっと良い仕事をしよう」と思ってくれるでしょう。 希望を持って仕事を進めるためにも「ありがとうございます」と感謝に気持ちを表していきましょう。

次の