ハッピーアイランドデザイナー 自分の島。 【あつ森】島クリエイターの構想やマップまとめ!設計図のコツや初心者でも簡単に作れる地形も紹介♪

タルティーン司令部戦略課室長日誌

ハッピーアイランドデザイナー 自分の島

金融危機迫るギリシャで、都会から移住して幸せな島暮らしを追い求める若者のリアリティ溢れる物語。 でも、そんなに楽じゃない。 島ではヒトもモノも限られている。 島は人生の学校。 幸せに生きていくのに必要なのは、豊かな土地ではなく自分自身の価値観だった。 これは僕自身の人生を見ているようだ。 阿部裕志(島のベンチャー企業 株式会社巡 めぐり の環 わ 代表取締役) 土地が豊かなわけでも、大きな産業があるわけでもない小さな島で、 人々は元気で幸せで長生きするという。 その秘密は、日本にもかつて豊かにあっ たものであり、いま各地でふたたび見出され、実践が始まっているものだった! 若者たちの等身大の姿を通して、新しい時代の懐かしいキーワードを発見できる 映画だ。 日々の幸せを感じ、自然の恵みを享受する。 私たちの経済主導の暮らしに、本当の生きがいは、もっともローカルな暮らしの中にあり、持続的な社会を生むのだと、足元から問い投げかけてくる。 島の人々の一言一言には計り知れない学びと発見がある。 ギリシャにも行ったことがあり、長寿の島・奄美諸島徳之島にも住んだことがあり、100歳のインタビュープロジェクトを行ったこともある私にとって、とても興味のある映画だった。 食環境ジャーナリスト 金丸弘美 この映画に登場するギリシア国内の離島移住を選んだ若者たちは、震災後に沖縄へ移住した僕やその周りの人間たちと恐ろしく似たシチュエーションにある。 九州や、中国、四国の田舎でも、同じような事がたくさん起きているはずだ。 放射能の問題か、国がデフォルトを認めたかどうか、という若干の差はあるが。 田舎暮らしの長寿や豊かさとは何なのか?いや、それ以前に都会の発するチャネリングで、多くの人は何を失い、何を追い求めているのだろうか?食っても稼いでも道楽っても旅しても埋め合わせられないそれは、沖縄の北部へ暮らして4年。 ようやく分かって来た。 地球や太陽、月、海、風、山、木、石、獣、虫、植物。 そして、わずらわしさとありがた味の半々になった濃密な人付き合い。 言うなれば、ムラ社会。 これらは、まさにこの100年ほど、人類が旧い体制として放逐し、脱して来たもののはずだった。 ところがTPPなどによって、遂には農業も工業化しようとしている世界の現実において、それらは見直されつつある。 確かに田植えは機械のほうが早いが、みんなでワイワイとやったら素人でも1反が3時間ほどで終わったりする。 人間が手で植えたほうが、食べる時にも美味しいと感じる。 「想い」が入っているから。 人力と、コミュニティの力に勝る合理性はないのではないか?と思う事がある。 何より、その術を取り戻した人たちは、何はなくとも「豊か」だし、物質的な動乱にたじろぐ事はないだろう。 その「豊かさ」がポイントである。 映画は、52分と短いし、豊かさそのものについては深く描写しない。 むしろ取り立ててカメラに映すほどの事もない、日常の他愛もない空気、会話の流れにこそ、この「ミエナイ豊かさ」、言い換えるなら「地球に暮らす意味」が存在するから、それは映画には映らない。 沖縄の田舎町の市場で人々と話し、お茶をすると午後があっという間に過ぎていく。 畑の世話を気にしだすと、1日はすぐに足りない。 まともに地域の行事につき合ってると、年がら年中イベント続きでてんてこ舞い。 それでも、都会の空虚な忙しさとは全く趣きが違う。 20年東京に暮らしたが、豊かな時間に憧れてきた。 移住して4年になるが、そうしたライフスタイルや心の引っ越しはまだ、途上である。 映画の登場人物たちは、今、全地球的に起きている「移住者」たちであるように思う。 僕は別に予言者ではないが、都市人口の3割ほどが田舎へ引っ越す事で、地球はうまく回るようになるはずだ。 先見の明ある人は、いま野に還っている。 そして、野に生きる自分を獲得していく事が、最大の豊かさである事に気づき始めている。 「離島に移住して暮らすと、いいこともあるし悪いこともある。 で、あなたはどう思った?」とだけ問いかけてくるような。 都会の住みにくさと田舎の素晴らしさばかりを強調されるよりも、深い問いかけになっているといえよう。 山崎亮(コミュニティデザイナー/studio-L代表) 経済成長システムに乗り遅れた人に仕事辞めさせ田舎に移住させるのが、我が趣味だ! だから確信して言おう、大丈夫! 笑顔が増えた人はいても、笑顔に飢えた人はいない。 都会で人間関係に悩むのは「生き残り競争」。 田舎で人間関係に悩むのは「助け合い共奏」。 「幸せだから、長生きする」という一般的には逆説的でありそうな事実を、世界の研究から証明した画期的な論文だ。 この映画で描かれている、ミニマムでも満足する、感謝して、笑顔で過ごす島の人々のその表情はまさに、Happy People Live Longer! を彷彿とされる笑顔だった。 若者がイナカに行く理由は様々だ。 されど移住すればこれまでとは違う環境のなかで自らと向き合い、一つ一つ答えを見つけていかなければならない。 その過程で「幸せ」の意味をそれぞれに見出すのだろう。 移住者とそれを受け入れるイナカにとってとても共感できる映画だ。 千田良仁(一般社団法人 村楽 代表理事/株式会社アイファイ代表取締役/東京大学大学院農学生命科学科特任研究員) 一八四〇年にフランスで出版された本に、カベの書いた『イカリア旅行記』があった。 誰もが誇りをもって生きている理想の平等社会、イカリアを訪れたとする見聞録である。 この本は19世紀の社会改革運動に大きな影響を与えることになったが、イカリアはカベが創りあげた架空の島だった。 ところがこの映画が描いているのは、実在するイカリア島である。 しかも生きる理想とは何かを提起してくる。 カベの本と同じようにイカリアは自由な世界なのだ。 その自由は人間がつくりだすものなのか。 それともイカリア島の大地や海、自然がつくりだしているものなのか。 そこにあるのは、無事な自由である。 内山 節(哲学者) グローバリゼーションは細部に宿る。 そこから「離」れることは決して容易ではない。 空間的につながっているからだ。 その点「離」島は、社会的経済的にグローバリゼーションから距「離」を置くことができる。 しかし、そこでの生活は決して容易ではない。 がゆえに、人と人、人と自然はつながらなければならない。 空間のつながる都市ではあらゆるモノが「離」れ、「離」島にはつながりが生まれる。 僕たちは、豊かさの源泉たるつながりを取り戻すため、一度、「離」れてみる必要があるんだ。 この映画の若者たちのように。 竹本 吉輝(トビムシ代表) 行動と行為の違い、 表現と体現の違いを垣間みる映画。 イカリア島民は、祝い、踊る。 息の長い幸せとは、得るものではなく、至るものだ。 ただただ、BGM的に繰り返し流しておきたくなる様な映画。 一番憧れるのは、80歳のおじいちゃん には全く見えない。 しかもブルースウィルス似のイケメン が、島のお祭りで若い女性と楽しそうに踊っている姿。 僕もそんなおじいちゃんになりたい。 以前、放浪の途上でキューバの日系家族の家に転がり込んだ。 キューバの人達は貧しいし、国外に出る自由も無いけど、正に足ることを知る人達で、やっぱり呑み屋に行けば、老も若きも関係無く混じり合い、和気あいあい、とても楽しそうだった。 僕は今年の春から、かつて炭鉱が栄えた頃は7万人、今は1万人が暮らす北海道の三笠市に引っ越した。 足ることを知る生活、自分の足元にある土で食べ物を育てる暮らしを夢見て。 実際やってみると、思うペースでは進まないことが多く、だからこそ、この映画の主人公の苦悩も良く理解出来た氣がする。 ボブ マーレーがかつて日本に来た時に、田舎に散らばれ。 という名言を残したそうだけど、この映画を観て、益々その言葉に真実味を感じる。 田舎で楽しく、ハレの日には若い姉ちゃんと踊り続けるおじいちゃんを目指すぞっと。 中渓宏一 ミカサスカサ合同会社代表.

次の

無料で「デザイン アイランド:夢のお家を作ろう」アプリの最新版 APK3.9.0をダウンロードー Android用「デザイン アイランド:夢のお家を作ろう APK」の最新バージョンをダウンロード

ハッピーアイランドデザイナー 自分の島

画面左のツールボックスから、テントや木々など自由にパーツを選んで設置し、島の構想を練ることができます。 使い方 各種ツール 地形ツール 草地、川、浜、岩などの色を選択して塗り潰します。 道ツール 土、レンガ、コンクリートなど色を選択して塗ります。 ミスしたら消しゴムツールで修正可能。 建物ツール テント、家。 果物の木、針葉樹などアイコンを選んで設置します。 施設ツール 飛行場や案内所、各種施設、橋や階段などアイコンを選んで設置します。 非常にシンプルな操作。 英語が苦手な人も直感で扱えるかと思います。 画像保存と読み込み Save as Image 島の状態を画像ファイルとして保存します。 Load Map 作成した島の画像ファイルを読み込みます。 New Map 島をリセットします。 メインメニューです。 作成中の島の画像を保存したり、読み込んだりします。 島の状態をリセットする際には、英語で確認のメッセージが出ます。 ショートカットキーを開く 以上、 島の設計図作成に役立つ島構想サイト「Happy Island Designer」の紹介でした。 島の地形にはクリエイト不可な部分もあります。 最初の島・地形選びの段階で、ある程度、理想に近い地形を厳選しておくと良さそうです。

次の

【あつ森】HappyIslandDesignerの使い方画像付きまとめ!あつまれどうぶつの森

ハッピーアイランドデザイナー 自分の島

私たちアクアマリンのアイランドツアーでは、ヒルトガンという島へ向かいます。 空港があり、ビーチリゾートが立ち並ぶマクタン島の沖合いには、 オランゴ環礁といわれる大きな珊瑚礁に囲まれた幾つもの島々があるんです。 ヒルトガン島はこの島々の中のひとつです。 30分くらいあれば歩いて一周できるくらいの小さな島で、 1000人ほどの島民が、漁業をしながら暮らしています。 ヒルトガン島はフィッシュ・サンクチュアリをうたうだけあって、透明度の高い綺麗な海に囲まれています。 島に上陸する前に、このサンクチュアリでシュノーケリングをしますよ。 島に近いところは遠浅でたくさんの珊瑚があります。 深さは3~4メートルくらい。 ギリギリ足は着かない深さですが、ライフジャケットをお渡ししますので、 泳げなくてもプカプカ浮いていられます。 海底をのぞき込むとまるで自分が竜宮城の中にいるかのように熱帯魚の大群を見ることができます。 もちろん、大きい魚が悠々と泳いでいる姿も見られますよ。 干潮時には、足が着くくらい浅くなりますが、珊瑚の上に立ったり、触ったりしないでくださいね。 ここでは珊瑚が保護されています。 そのおかげで、たくさんの種類の魚や綺麗な珊瑚が見られるんです。 島には、桟橋から上陸します。 桟橋の上は、絶好の写真撮影スポット。 青い空とエメラルドグリーンの海と一緒に素敵な写真を撮れますよ。 桟橋の上からは、小さな魚やヒトデ、ウニなどが見えます。 島に近づいていくと、海草の養殖をしているところも見えますよ。 ランチは、ヒルトガン島の海上レストランで。 バーベキューを中心としたフルーツもたっぷりのランチを召し上がれ。 気持ちいい海風を感じながら食べるランチは最高! レストランからは、セブ島やマクタン島が一望できます。 島でのお飲み物は、ビールやコーラ、サイダーなど。 昔懐かしい、レトロな瓶に入ったドリンクです。 島の近隣は漁業が盛んなので、新鮮な魚介類を販売していることもあります。 興味がある方は、せひ勇気を出して挑戦してみてください。 レストラン脇には現地島民が運営する簡易マッサージがあります。 ここでは超格安で足マッサージができますよ。 ニワトリどうしを戦わせる闘鶏のデモンストレーションなどもあるので のぞいてみてくださいね。 食後は、島内を散策しながら島の反対側にあるホワイトサンドのビーチへ向かいます。 ヒルトガン島のいいところは、現地に住む島民のシンプルな暮らしが見れること。 ヒルトガン島には人口1000人足らずの小さな村があり、 島の反対側にあるビーチへ行くには村内を通ります。 飾らず、急がず、最小限の物しか持たないアイランドライフは ある意味で現代人の理想の生活なのかもしれませんね。 リゾートホテルや観光ツアーでは絶対に感じられない 本物のフィリピンの空気に触れてみてください。 山があるセブ本島と比べて、ヒルトガン島はあまり雨が降りません。 セブ島やマクタン島で強い雨が降っていても、 ヒルトガン島では晴れているということも、よくあります。 島民の生活を横目に見ながら、歩くこと約15分。 「アイランド&サン リゾート」に到着です。 目の前に広がる景色は、まさに南国のリゾート! 干潮になると、隣のナルスアン島へ歩いていけそうなほど、広大な砂浜が現れます。 この青と白の自然の美しさはまるで魔法のよう。 ちょっと文章では表現しきれませんね。 旅の思い出に写真を撮るもよし、木陰でお昼寝するもよし。 ビーチマットをご用意しています。 このアイランド&サン リゾートのビーチに入れるのはアクアマリンのお客さまだけ。 (2015年4月現在) ビーチの所有者であるリゾートオーナーが観光シーズンの大混雑を嫌っているので アクアマリンのお客さまだけが例外的にこのビーチを堪能できるんです。 他社さんのツアーでヒルトガン島に行っても、このビーチには入れないので注意ですよ。 ちょっとコラムです。 さっきから出てくるサンクチュアリとは? これはフィリピン政府または地方政府が定めた海洋保護区のことなんですね。 入域料金を払わないと入れない海洋生物たちの楽園のことです。 以前、フィリピンでは長い間、ダイナマイト漁が横行してきました。 ダイナマイト漁とは、海の中にダイナマイトをほおりこんで、 爆発の衝撃で死んだり気絶して浮かび上がってきた魚を捕るという、荒っぽい漁の方法です。 長い間続いたこのダイナマイト漁により、 多くのサンゴが死滅し熱帯魚の数も激減しました。 現在、フィリピンではダイナマイト漁を法律で禁じ、少しずつサンゴと熱帯魚を育てる政策がとられています。 この一切の漁を禁じた サンゴ、熱帯魚保護区がマリンサンクチュアリです。 そこは熱帯魚とサンゴたちの楽園。 色とりどりの魚たちが集まっています。 アクアマリンのアイランドツアーにご参加いただいた方は、 このマリン・サンクチュアリへご案内いたします。 お知らせ: ツアーは原則的にヒルトガン島に向かいますが、強風や天候の状況により、 やむをえず行き先の島が変更されることがございます。 天候の理由によりヒルトガン島に上陸できなかった場合でも料金の返金は致しかねます。 ご了承ください。 ペダルボート 日本だと白鳥の形をしているペダルボート。 セブ島では太陽をいっぱいに浴びて漕ぎましょう。 (暑いかも?) 力をあわせて漕ぐことで、2人の、家族の絆がいっそう強まりますよね。 こういう一つ一つの小さな思い出の積み重ねって大切ですよね。 いつもの穏やかなセブの海でも、ビーチから少し離れただけで、そこは大きなプライベートな空間に早がわり。 喧騒をはなれて、足元の波音だけに耳を澄ませてみましょう。 カヤック 「あそこまで行ってみよう。 」沖に出て見上げてみれば、どこまでも突き抜ける青い空。 ペダルボートより自由度が高いシーカヤックなら、誰にも邪魔されない空間が2人だけのものです。 アクアマリンのカヤックは長時間漕いでいても疲れにくい形状と扱いやすく軽いパドル。 そして高い直進性がウリです。 ジェットスキーやバナナボートのような派手さはありませんが、きっとセブ島の海を身近に感じられますよ。 マーメイド 海外ならではの解放感。 セブ島の美しい海をバックに憧れの人魚に変身。 人魚衣装のレンタル。 アクアマリンのアイランドツアーで行くヒルトゥガン島のプライベートビーチにて撮影ができます。 撮影はお客さま自身のカメラ、携帯にて行います。 スキムボード スキムボードは浜辺から波に向かって走り込み、その勢いを利用して波に乗るマリンスポーツです。 1920年頃にラグナビーチ(カリフォルニア)のライフガードの遊びから始まったと言われています。 砂の上を繰り返しダッシュし、パワフルなショアブレイクと格闘するようなハードなスポーツですが、浜辺から10m前後の場所で行うのでサーフィンほどの泳力は必要とせず、 マリンスポーツの経験のない人でも比較的始めやすいでしょう。 水牛 あまり知られていませんが水牛はフィリピンの「国の動物」に指定されています。 島々の浅瀬をつなぐ手段として、水田の耕作として、非常に強力な四肢をもつ水牛は古くからフィリピンでは重宝されてきました。 ヒルトガン島では牛車をつかって海岸を散策できます。 のんびり、ゆったりと進む「島の時間」を体験できますよ。 では、2島巡り、3島巡りをすればいいとこ取りになるのでは?チェックして欲しいのは工程です。 多くのアイランドピクニック業者の場合、2島巡りといっても1島は泳ぐだけで上陸はしないというケースが多いので注意が必要です。 2つの島を巡るのと2つの島に上陸するのでは内容が異なります。 申し込み前に確認しましょう。 またあまりに多くの島を巡るのも考えものです。 一見お得なような気がしますが、次々とスケジュールをこなさなければならないために上陸してもほとんど時間が取れず、1日の大半が船上での移動で終わってしまう可能性があります。 できるだけたくさんの島を見てまわりたいという人には良いかもしれませんが、ビーチでのリラックスが目的ならばスノーケリング1ヶ所、上陸1島くらいがおすすめです。 アクアマリンだけのアイランドツアーの特典 特典1. バナナボート アイランドツアーの1日のところでバナナボートがスケジュールに入ってるのに気が付きました?25ドル相当のバナナボート。 実はこれ無料で乗れるんですよ。 特典2. 日本人スタッフがツアーに同行 日本人のガイドがツアーの行程やスノーケリングのやり方など日本語で丁寧に説明します。 英語が苦手な方でも安心して参加できます。 特典3. 白砂のビーチ貸しきり 島の奥にあるアイランド&サン リゾートのビーチに入れるのはアクアマリンのお客さまだけです。 他社さんのツアーでは入場できないんですよ。 2015年4月現在 特典4. バスタオルの無料貸し出し いがいに盲点なのはお部屋のバスタオルは持ち出し禁止のホテルが多いこと。 アクアマリンでは無料で貸し出していますよ。 特典5. 熱帯魚のエサ スノーケリング前に全員に配りますよ。 現地で買うとちょっと高いので。 朝食時のパンのあまりを持ってくるお客さまもいらっしゃいますが、保護区内ではパンによる餌付けは禁止されています。 特典6. 7Dのマンゴージュース 有名なのになかなか売ってない7D。 濃縮マンゴーを絞ったネクターです。 よく冷やしてありますからすぐに飲んでも持って帰ってもオーケー。 特典7. ココナッツジュース ビーチまで到着したら1グループで1つ、今朝採ったばかりのココナッツを割って飲むジュースを配りますよ。 特典8. ビーチマットの貸しだし 到着したビーチではビーチマットを無料で貸し出しています。 子供用に砂遊び用のシャベルもあり。 有料ですがゴーグルやフリスビーなんかもあります。 特典9. 島で遊べるアクテビティが無料 下記のアクテビティが無料でご利用頂けます。 アクアマリンはホテルでお迎えした後、ショップにご来店いただき受け付け後にボートに乗ります。 ショップを経由することでいろいろな利点があるんです。 アクティビティの追加ができる たくさん遊びたい人、海遊びは1日でまとめたい人には嬉しい。 アイランドから帰ってきた後もマリンアクティビティで遊んじゃおう。 自由度の高い送迎 ツアー終了後はホテルではなくショッピングモールや空港、マッサージやスパなどへお送りすることもできます。 プランの幅が広がりますよね。 ビーチ ツアー後もショップ前のプライベートビーチで遊んでから帰れます。 ホテルには随時、好きな時間にお送りできますよ。 必要なものがそろう 日焼け止め、サングラス、水着、サンダル、浮き輪、防水バッグやTシャツまで。 ショップではツアーで必要なものは全てそろいます。 貴重品お預かり お金を持ったままツアーに参加したり、スノーケリング中に船に置いておくのは不安ですよね。 出発前に貴重品はお預かり。 金庫にて施錠しお帰り前にご返却します。 ドリンクなどツアー中に追加料金があっても後から清算できるので安心です。 シャワー&更衣室完備 セブ市内など遠方のホテルまで濡れた水着のままで車で30分以上かけて帰るのは嫌なものです。 シャワーを浴びて着替えた後にお送りできます。 そのままショッピングモールへお送りするのもOKです。 両替所が併設 アクアマリンには高レートの両替所があります。 ツアー代金はもちろん、夕食や翌日のツアーなどまとめて両替をされる方が多いです。 どのくらい両替したらよいかなど日本人スタッフが丁寧に相談に乗りますよ。 シーウォーカー&アイランドツアーに参加したいのですが、バナナボートは乗らないので割引してくれませんか? シーウォーカー&アイランドツアーのバナナボートを取りやめることは可能です。 ・・・が、申し訳ございませんが料金は同額になってしまいます。 もともとこのツアーはシーウォーカーとアイランドツアーのでスタートさせたのですが、 予想外に人気ツアーとなり、多くのお客さまからご予約をいただくようになりました。 しかしながら、島へのボートの出航時刻の関係で無用な待ち時間が出てしまい、 お客さまからお叱りをいただいてしまいました。 そこで、島に出発される方のうち半数はシーウォーカーに先に潜っていただき、 別の半数は 待ち時間を退屈しないですごしていただくように、無料でバナナボートを始めたしだいです。 ご理解のほど、よろしくお願いします。

次の