千羽鶴 の 折り 方。 千羽鶴の折り方と作り方、つなげ方と束ねるコツを徹底解説

千羽鶴の折り方と作り方、つなげ方と束ねるコツを徹底解説

千羽鶴 の 折り 方

千羽鶴とは? 千羽鶴とは、折り紙で作った千羽の鶴を糸などに通して束ねたもので、 病気平癒祈願や必勝祈願、平和祈願などさまざまな願いが込められたシンボルとして用いられるものです。 千羽鶴に使われる鶴は、昔から「鶴は千年亀は万年」ということわざが示すとおり、寿命が長く、縁起が良い生き物とされてきました。 千羽鶴の「千」は「たくさん」という意味合いで、厳密に千羽の鶴でなくてもいい、という説もあります。 千羽鶴の起源 千羽鶴のはっきりとした起源はわかっていませんが、おそらく江戸時代ではないかと言われています。 江戸時代に庶民に和紙の折り紙が広まり、折り紙を折って楽しむ文化が浸透していきました。 そんな中で 「鶴を折れば寿命が延びる」という考えが庶民に広がっていき、庶民がたくさんの折り鶴を折るようになったことが、千羽鶴の起源になったようです。 千羽鶴が病気平癒祈願に用いられるようになったのは、広島原爆で被爆した佐々木貞子さんの闘病時のエピソードがきっかけだと言われています。 佐々木禎子さんは、自身の急性白血病平癒を願い、闘病しながら懸命に鶴を折り続けましたが、病気平癒の願いもむなしく、12歳でこの世を去りました。 この一件以来、病気平癒を願い、闘病中の人へ千羽鶴を贈る習慣ができました。 また、佐々木禎子さんのエピソードをきっかけに、千羽鶴は平和や不戦を誓うシンボルとしても用いられるようになったのです。 千羽鶴はどんな時に贈るもの? 千羽鶴は、病気平癒を祈る時以外にも、部活動やスポーツの必勝を祈る時、被災地の復興を祈る時など、さまざまな場面で使われます。 長寿を願って、七夕飾りに千羽鶴が使われることもあります。 また、平和を願い不戦を誓うために千羽鶴が奉納されることもありますよ。 広島の平和記念公園や長崎の平和公園、沖縄の平和祈念公園などへは、たくさんの千羽鶴が奉納されていますね。 千羽鶴を贈る時の注意点 さまざまな祈りが込められた千羽鶴ですが、贈り物にする場合には注意が必要な場合もあります。 人によっては、扱いに困る(かさばる、処分しづらい)、善意を押し付けられているような気持ちになる、などと感じる場合もあるようです。 千羽鶴を贈る前に、相手が快く受け取ってくれるかどうかをよく考えてみることをおすすめします。 千羽鶴に必要な材料は? 準備するもの• 折り紙• 糸(たこ糸や釣り糸、テグスなどの丈夫なもの)• 針(ぬいぐるみ針などある程度太くて長く丈夫なもの)• ビーズorボタン(ストローでも代用可能)• リング(金属製のものがおすすめ)• はさみ• 木工用ボンド 千羽鶴を繋げる糸でミシン糸を使う場合は、2本取りにすると強度が増します。 ビーズやボタンは折り鶴列の一番下の留め具に使うので、ある程度大きいものを糸の本数分準備しましょう。 千羽鶴の束をまとめるためのリングは、1つ用意しましょう。 準備する折り紙の大きさ、糸の長さの目安 折り紙の大きさ サイズが大きい折り紙を使って千羽鶴を作ると、想像よりも全体が長くなってかさばり、重量も増すので、扱いにくくなってしまいます。 千羽鶴は、市販の折り紙のサイズ(1辺15cm)で作るか、市販の折り紙を4つに分けた1辺7. 5cmサイズの折り紙で作るのが一般的です。 糸の長さ 千羽鶴の列は、数が多すぎる場合は束が広がってしまってかさばり、少なすぎる場合は一列が長くなるため扱いづらくなるので、 1本の糸(鶴の列)に40~50羽くらいの鶴を通すのがおすすめです。 一列40~50羽くらいならば、見た目もきれいに仕上がります。 一列40~50羽にする場合、糸の長さは以下を参考にしてください。 【1辺7. 5cmの折り紙で千羽鶴を作る場合】• 1列に鶴が40羽、合計25列なら90cmくらい• 1列に鶴が50羽、合計20列なら110cmくらい 【1辺15cmの折り紙で千羽鶴を作る場合】• 1列に鶴が40羽、合計25列なら180cmくらい• 1列に鶴が50羽、合計20列なら220cmくらい 千羽鶴の折り方• まず折り紙を半分に折って三角形にして、さらに三角形に折る。 三角形を開き、四角形にする。 裏側も同じように四角形にする。 四角形の折り目の付いた対角線を中心として、左右を対角線に合わせて折り、折り目を付ける。 コーンに入ったアイスクリームのような形になるので、上の三角形部分を下に折り曲げ、折り目を付ける。 折り目が付いたら、元の四角形に戻す。 四角形を開き、左右を中心の線に合わせて折り、ひし形にする。 裏側も同じように折り、ひし形にする。 この時、下側が分かれて2本の足のようになっていることを確認する。 ひし形の左右をさらに中心の線に合わせて折る。 裏側も同じように折る。 全体が細長いひし形になる。 下側の分かれている部分を1つずつ中割り折りして、首としっぽを作り、形を整える。 千羽鶴の場合は、重ねづらくなるため、出来上がった鶴の羽を伸ばしたり羽を広げたりせず、そのままにして完成。 折り鶴の折り方に厳密なルールはありません。 ただ、 鶴の首を折るかどうかは意見が分かれていて、首を折ることは死や挫折を意味して縁起が悪い、という考え方もあります。 千羽鶴の場合は、首を折らずに鶴を作った方が無難と言えるでしょう。 千羽鶴をきれいに作る時のポイント 千羽鶴を見栄え良くきれいに作るポイントを確認しましょう。 折り紙の角と角をしっかりと合わせて折る 折り紙の基本でもありますが、角と角をしっかり合わせて丁寧に折っていくことが大切です。 鶴を折る場合、対角線に折り三角形を作る工程がありますが、この時も三角の山がずれないようにきれいに合わせて折りましょう。 折り目をしっかり付ける 折り紙を折った時、上から力をかけ、しっかりと折り目を付けましょう。 特に、ひし形を作るため折り目を付ける工程を丁寧に行うことで、ひし形がきれいにでき、鶴の仕上がりもきれいになります。 2ヶ所だけ、少し隙間を空けて折る 鶴を折る時は角と角をぴったり合わせるのが基本ですが、例外の場所があります。 ひし形を作った後、さらに左右を折りたたみ細長いひし形にする工程では、中心線に合わせて左右を折る時に、真ん中に1~2mmくらい隙間を空けて折りましょう(裏も同様)。 わずかに隙間を空けることで、最後の中割り折りがしやすくなり、きれいな鶴に仕上がります。 千羽鶴のつなげ方 鶴を千羽折り終えたら、一列何羽にするかを決めて、鶴をつなげる作業に入ります。 1羽だと軽い折り鶴も、一列に40~50羽をつなげると思った以上に重くなります。 せっかくつなげた千羽鶴の紐が抜けたり切れたりして鶴が落下しないように、1つ1つの作業を丁寧に、しっかりとつなげていきましょう。 手順1.一番下になる折り鶴には留め具を付ける まずは、折り鶴列の一番下に留め具を付けます。 折り鶴の落下を防ぐため、とても重要な作業です。 針に糸を通したら、直径1cmくらいのビーズやボタンに通し、2回ほど通して固結びにします。 留め具としてビーズやボタンなど適当なものがない場合は、1cm程度の長さに切ったストローでも代用できます。 固結びした後、下に飛び出している片側の糸は、見栄えが悪いため、後ですぐ上の鶴の羽に隠しましょう。 手順2.紐を通した針で1束40羽ずつ折り鶴をつなげていく 1羽目の鶴の下側(お腹側)から針を刺し、上側(背中側)に貫通させます。 続いて、2羽目の鶴の首としっぽの向きを1羽目にそろえ、下側から上側に針を通します。 これを40羽(場合によっては50羽)繰り返していきます。 この時、鶴と鶴の間に隙間ができないようにぴったりと重ねてつないでいくのがポイントです。 隙間があると、鶴の列の長さがバラバラになってしまい見栄えが悪くなるので気を付けましょう。 規定数の鶴をつなげたら、一番上の糸を洗濯ばさみなどで仮止めしておきましょう。 鶴の列の一番下だけでなく、一番上にもビーズなどの留め具を使えば、鶴が抜けづらくなり、しっかりと固定できます。 こうして鶴の列を25本(50羽の場合は20本)作ります。 まず、5本を1セットとして鶴の高さをしっかりとそろえて、上に出ている糸を5本束ねて結びます。 この時、結び目はなるべく鶴の近くに来るようにしますが、結び目が近すぎて鶴の下がり方が不自然にならないように気を付けましょう。 同じように5本セットを5つ作ったら、この5つの束をひとまとめにして糸を結びます。 まとめた糸を二手に分けて、左右の糸の束を何度も結び、結び目の長さが5cmくらいになるまで固結びを繰り返します。 続いて、リングに糸を取り付けてまた何度も結び、結び目が外れないように木工用ボンドで補強します。 最後に余った糸を切って仕上げましょう。 千羽鶴を使うシチュエーションに合わせて、千羽鶴の束の一番上に大きなリボンを結んだり、ボールなどのチャームを取り付けて飾ったりするのもいいですね。 千羽鶴でグラデーションの作り方は? 千羽鶴を作る際、使う折り紙の色や並べ方に特に決まりはありませんが、色の並びをグラデーションにして千羽鶴を作るやり方がおなじみですね。 色合いがグラデーションの千羽鶴は、仕上がりが華やかで美しいです。 グラデーションの色の並べ方にも特に決まりはないですが、 上から明るい色を使い、下にいくにつれて徐々に暗い色にしていくやり方が一般的です。 グラデーションの色の順番として、一例を以下にご紹介しますので、参考にしてください。 【折り紙を10色使いたい場合】 白、ピンク、赤、橙、黄、黄緑、緑、水色、青、紫の順番にする。 【折り紙を20色使いたい場合】 白、薄ピンク、ピンク、濃いピンク、濃い赤、赤、茶、橙、薄橙、山吹、黄、明るい黄、黄緑、緑、濃い緑、薄い水色、水色、青、紺、紫の順番にする。 千羽鶴は捨ててもいい? お焚き上げがいい? 病気が治ったり、試合で勝利を収めることができたりして千羽鶴が役目を終えた時は、神社で千羽鶴を引き取ってもらいお焚き上げをしてもらいましょう。 燃えるゴミとして処分することもできますが、作り手の思いがこもった千羽鶴は、簡単にゴミとしては捨てられないですよね。 お焚き上げしてもらう方法ならば、気持ち良く千羽鶴を手放すことができます。 お焚き上げは、お札やお守り、絵馬などむやみに捨てられないものを神社におさめ、まとめて焼却してもらうことを指し、千羽鶴も一緒にお焚き上げしてもらうことができます。 ただし、お焚き上げ自体を行っているかどうか、 千羽鶴のお焚き上げも受け付けているかどうか、料金がかかるのかどうかなどは神社によって異なりますので、千羽鶴のお焚き上げを考えている場合は、事前に最寄りの神社に問い合わせしてみましょう。 まとめ さまざまな祈りや願いが込められた千羽鶴は、日本ではおなじみですよね。 学生時代に修学旅行などで広島平和記念公園などを訪れ、たくさんの千羽鶴を見た経験がある人も多いでしょう。 千羽鶴を作る時は、ぜひご紹介した鶴の折り方やつなげ方などを参考にしてみてください。 千羽鶴を贈り物にする場合は、千羽鶴の作り方に明確なルールはないので、折り紙を柄ものにしてみたり、千羽にこだわらずコンパクトに作ったりなど、贈る相手やシチュエーションによって相手が喜ぶようにアレンジして作ってみるのいいですね。

次の

千羽鶴を野球部の高校生へ!デザインの画像の例、野球ボールの作り方やマナーは?

千羽鶴 の 折り 方

確かに。 実を言うと私はいつも頭と尻尾がヨレヨレになちゃうのよね^^; 折り紙と言えば 「鶴」と言うくらい、折り紙の代名詞と言えます。 では、実際に折ってみて下さいと言われたらどうでしょうか? なかには怪しかったり、なんとか折れても、春菜さんのように頭や尻尾がヨレヨレになってしまうという人もいるのではないでしょうか。 そこで、今回は、日本人なら知っているはず。 知らないとちょっと恥ずかしい折り紙の鶴の折り方をわかりやすく説明していきます。 頭や尻尾をきちんときれいに仕上げるのは、ちょっとしたポイントを押さえれば簡単で す。 この記事ではそのポイントをしっかりお伝えしますが、その前に・・・ 折り鶴の基本的な折り方を再確認しておくことも重要です。 ということで、この記事では、まず基本的な折り鶴の折り方を画像でお伝えし、その次 に、きれいに仕上げるためのポイント解説と進みます。 Sponsored Link 点線部分に折り目をつけます。 ここで折り目をつけるときのポイントがあります。 きれいに折ることを意識して、折り目をピッタリ合わせすぎると逆に折りづらくなってしまうんです。 何だそれ〜って思いますよね。 詳細は、後述しますが、 折り目の手前で隙間を開けて折ると楽にきれいに折れます。 裏返して表面同様に裏面も折り目をつけます。 そして、頭とシッポを折ります。 この時点では、頭とシッポの区別はつきません。 頭にする方をさらに写真のように折り込みます。 羽を広げて完成!パチパチパチ👏 頭とシッポがヨレヨレにならないコツ 小学校の頃図画工作が好きだったので、きれいに折る自身があったのですが、久しぶりということもあり頭と尻尾の部分がヨレてしまいました。 きれいに折り目に合わせてピッタリ折ったはずなのになぜ? でも、これって当然といえば当然なのです。 なぜ、折り目をピッタリ合わせるとNGなのか? 折る回数が多い部分は、厚くなります。 この厚みが重なり合うと衝突しあって折れなくなるのです。 強引に折ることもできますが、ヨレちゃって折り目がきれいに仕上がらないんですよね。 じゃあ、折り目の衝突をしないためにどうすればいいの? 簡単です。 折り目の手前で隙間を開けて折るだけです。 目安としては、だいたい 1mm程手前で折ると丁度いいです。 たったこれだけです。 折り目が楽に、きれいに折れますよ! ちょっと変わった折り鶴 実は折り鶴には、他にもいろいろな種類の折り方があるんです。 お正月の時期に飾ると見た目もおめでたくなる 祝い鶴。 折り方は、別記事で解説する予定です。 興味がありましたらまたチェックしてみて下さい。 千羽鶴の鶴 入院したときに、早く元気な姿を見せてほしいという願いを込めて千羽鶴を贈られることがありますね。 鶴は長寿の象徴とされて縁起が良く、おめでたいときに登場する生き物。 「鶴は千年、亀は万年」と言われます。 他の動物と比べても寿命が長く、千羽の鶴を折ってたくさんの良いことが起こることを込められていると考えられます。 回復祈願、お祝い、喜びを表現するのにはピッタリの生き物ですね。 といっても、実際に千年も寿命はありませんが…^^; 日本語がそのまま英語になったORIGAMI 折り紙は、英語で何と表現されるでしょうか? そう、 「origami 」です。 日本語がそのまま英語になった言葉の一つですね。 日本の言葉がそのまま海外の人たちの言葉でも表現されるのは、日本人として誇らしくなります。 私が、何かした訳ではないですが^^; 先人たちが、残してくれた伝統に感謝ですね。 気品のある折り鶴は優雅さも感じられます。 紙を折るだけで鶴を表現する技術はどのようにして思いついたのかなって興味が湧いてきます。 まとめ 今回は、鶴の折り方と楽にきれいに折るポイントをご紹介しました。

次の

折り紙☆連鶴の折り方☆三連鶴の花見車(はなみぐるま)を詳しく解説!

千羽鶴 の 折り 方

糸尻に付け鶴が落ちないよう留め具の役目を果たします。 千羽鶴全体を上でまとめるために使います。 千羽鶴のまとめ方の手順2:数と配分と糸の長さの目安 千羽鶴をまとめる際、 1本の糸に40~50羽を目安に鶴を配分するときれいな仕上がりになります。 以下に 折り紙のサイズ別に1本あたりの鶴の数と糸の長さの目安をご紹介しておきますので参考にしてくださいね。 まず、鶴を通す前に留め具の役目を果たす 大き目のビーズを上の動画のように糸の端に通しておきましょう。 ビーズ無しでいきなり折り鶴を糸に通すと、 重みで鶴が外れて落ちてしまうため、面倒でも一番下に留め具をつける手間は省かないことが大切です。 続いて折り鶴を糸に通していきますが、動画のように 鶴のお尻の部分から針を刺して背中の山に抜けるようにするのがポイントです。 糸に数羽通すごとに、 折り鶴同士を等間隔に整えるときれいに仕上げることができおすすめですよ。 尚、所定の数を通し終えた束は、 上にも留め具としてビーズをつけるか、動画のように洗濯ばさみで仮留めをしておくといいですね。 また、鶴の首を折る場合は、 首と尾の方向を合わせるのも糸を通すときのポイントです。 千羽鶴は様々な願掛けをして作る縁起を担ぐアイテムなので、 折り鶴の首を折ると縁起が悪いと耳にすることもありますよね。 ですが、折り鶴の首を折るのは絶対にNGというわけではなく、 首を折ってこそ折り鶴としての形が完成するというとらえ方もあります。 なので、千羽鶴の首を折るか折らないかは、 個人的の捉え方や状況に応じて臨機応変に判断するといいですね。 千羽鶴のまとめ方の手順4:束ね方のポイント 千羽鶴をすべて糸に通し終えたら、いよいよ束ね方の最終段階で、出来上がった束をまとめていくことになります。 まず、折り鶴の束を 4~5束ごとにまとめ、前項の動画 3分30秒頃~で視聴可能 の通り、適当な位置で糸を結んでいきましょう。 束ね方のポイントは、各束の 鶴の高さを均一にすることなので、糸を結ぶ前にしっかり高さをそろえておくのが大切です。 全ての束が4~5本の大きな束にまとまったら、 全部を一つにまとめて結びんでいきます。 最終的に束をまとめる際、 先端の糸を2つに分け何度も真結びにしてボンドで補強してからリングにつなぐといいですね。 尚、先端部の糸の補強は、 瞬間接着剤を使うと糸を劣化させる可能性があるため、木工用のボンドなどを使うのがおすすめですよ。 折り鶴の色の配分は同色を2~3羽連続に! 千羽鶴でグラデーションを作る場合、全ての束で同色の鶴が同じ順番で並んでいることが当然、重要なポイントです。 尚、横のグラデーションにするのが面倒なら、上の画像のように同色の束を作り、 隣り合う束同士のグラデーションを作ってもきれいですよ。 色相を考慮しながらきれいなグラデーションになるよう、折り鶴の束のまとめ方を工夫するといいですね。 スポンサードリンク おしゃれで可愛い千羽鶴のまとめ方・束ね方~上の飾りのアイデア~ 全ての千羽鶴を一つの束にしたら、上の部分に飾りやメッセージをつけて総仕上げになります。 色々、デザインを工夫するとより見栄えがするので、 贈る状況に応じたアレンジのアイデアもご紹介しておきましょう。 千羽鶴の上の飾りのアイデア1:リボン 上の画像のように 大きなリボンの飾りを千羽鶴の上につけるのは、幅広いシチュエーションで使えるおすすめのアイデアです。 作業も簡単で見栄えもバッチリなので、メッセージカードなどと共に千羽鶴の上につけてもいいですね。 千羽鶴の上の飾りのアイデア2:折り鶴 千羽鶴の上の部分には、 羽を広げた形の折り鶴を何羽か飾りとして、上の画像のように付け足すのもおすすめです。 因みに、 千羽鶴の千羽というのは沢山という意味なので、折り鶴が千羽以上になっても全く問題ないので安心してくださいね。 多少手間はかかりますが、大勢で手分けして千羽鶴を作る場合などは、上の動画の折り方を参考にして役割分担し、くす玉の飾りをプラスするのもいいですね。 尚、くす玉と千羽鶴の束ね方ですが、 千羽鶴の上部の一束にまとまった糸をくす玉の下から上に通せばきれいに一つにつなげられますよ。 千羽鶴の上の飾りのアイデア4:ボール.

次の