追いつけ ない まま 大人 に なっ て 歌詞 付き。 【ただ君に晴れ/ヨルシカ】歌詞の意味を徹底解釈!まさかの正岡子規との関連性が!?

伊東歌詞太郎 公式ブログ

追いつけ ない まま 大人 に なっ て 歌詞 付き

だけ 鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる 大人になるまでほら、背伸びしたままで 遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう じきに夏が暮れても きっときっと覚えてるから 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ 俯いたまま大人になって 追いつけない ただ君に晴れ 口に出せないまま坂を上った 僕らの影に夜が咲いていく 俯いたまま大人になった 君が思うまま手を叩け 陽の落ちる坂道を上って 僕らの影は 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せなくても僕ら一つだ それでいいだろ、もう 君の想い出を噛み締めてるだけ だけ 夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた 海月と書いてくらげと読みますがこちらには他にも次のような意味があります。 海上の空に出る月• 海面に映っている月の影 これがどのような意味を持つのか、次の歌詞を見てみましょう。 バス停の背を覗けば あの夏の君が頭にいる あの夏の君が頭にいる、とありますがこれはバス停の背を覗いているのが現在(イマ)にいる 僕であり覗いた先にいる 君は過去(あの夏)の人物なのがわかりますね。 先ほどの 海月も 海上の空に出る月が 僕であり 海面に映っている月の影が 君を意味しているのだと思います。 だけ 彼にとって 君は思い出す だけなのです。 鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる 大人になるまでほら、背伸びしたままで 遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう じきに夏が暮れても きっときっと覚えてるから 遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう じきに夏が暮れても きっときっと覚えてるから 冒頭の歌詞にもありましたが バス停は思い入れのある場所なのでしょうね。 そして夏の終わりを感じながらもこの思い出は大人になっても覚えていたいという強い思いを感じます。 サビ1 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 追いつけないまま大人になってとありますがこれは 僕の心を表しているものだと感じます。 僕は大人(現在)になっても 君がいたあの夏を思い出しています。 これはきっと彼の時間はあの夏で止まっているから、体は成長しても心が囚われているからでしょう。 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる そんな現在(イマ)を彼は諦めて受け入れています。 だけ 彼にとって 君は諦めた だけなのです。 2番 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 山桜桃梅(ユスラウメ)とは花の名前ですね。 晩春に咲く花で花言葉は 「郷愁」 「輝き」 の二つがありますね。 晩春に咲く花なので 僕がいる現在(イマ)は春が終わり夏が近づいている季節です。 そして 山桜桃梅の花言葉である「郷愁」は故郷を思い出して寂しく思うといった意味ですがここでは記憶の中にいる 君を思い出して寂しさを感じている様に感じます。 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 写真や思い出なんてゴミだと、そう感じているのに 僕は違和感を抱いていて、それが何なのか分からないから言葉にできないのでしょう。 そして綴られる 絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ これは明治時代の俳人、 正岡子規の俳句がモデルになっています いこふとは休息するという意味です。 夏野の石とは広い野原にある石を指しているのだと思います。 全体の意味としては いつもそこを通る君がそこにある石に腰を落として休憩をしているといった意味になりますね。 彼は現在(イマ)でそこにある石を見て 君がいた夏を思い出しているのです。

次の

伊東歌詞太郎 公式ブログ

追いつけ ない まま 大人 に なっ て 歌詞 付き

緊急事態宣言が延長されることがほぼ確定化した今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 こんなにも静まり返ったGWは初めてという大型連休をお過ごしでしょうか。 私はろくに大学院にも行かない、行けないままに迎えることになった5月という時間の過ぎるスピードの速さに恐れおののいています。 そして今回、お話に来たのは、去る3月末に、 おれらのがマジでやってくれた 「Johnny's World Happy LIVE with YOU」についてです。 ネタの新鮮味がすでに失われていることは百以上も承知です。 責任はすべて、この私の進まな過ぎたペン?にあります。 年明け間もなく、日本のみならず世界各地で猛威を奮い始めた。 きっとみなさんもそうでしょう。 もちろんそれ以降のジャニオタ予定は立つことも、立つ見通しすらありません。 私含め、そんな悲しい思いをしているジャニオタ、そしてジャニオタじゃなくても不自由を強いられているすべての人々に向けて、 おれらのがという誰でも観られる形で提供してくれた「 Johnny's World Happy LIVE with YOU」、もはやこれは現場と言っても過言ではなかったように思います。 私ももちろん?、大して片付いてもいない新居で、パソコンにかじりつくようにして全ステしました。 …よく考えたら全ステできたのなんてこれが初めてだし、きっとこんな機会でもなきゃない気がするなぁ…。 私以外のジャニオタにとっても、めったにない全ステ、そしてアリーナ最前列的良席に入るまたとないチャンスだったと思います。 そう考えると、決してありがとうなんてことは思わないけれど、こんな時でもできるだけ前向きなコンテンツを提供してくれるおれらの、そして前向きなとらえ方をするおれたちジャニオタまるごと愛してる… (重) なんか記事の締めみたいな挨拶してしまいましたけど(?)、これから私が「 Johnny's World Happy LIVE With YOU」で感じた、萌えた場面を時系列とかではないけれどかいつまんで、 できるだけかいつまんで(意志)、お話したいと思います(前置き長) ・から功労賞もらお(?) 私が今回のこの試み「 Johnny's World Happy LIVE with YOU」にそもそも感動しているというのはまぁそうなんですけれども、 本番?が始まって最初にわかりやすく感動を覚えたのはでした。 彼らのデビュー曲「ええじゃないか」を楽しく歌うところまではいつも通りの彼らなわけですけれども、それをこちらも楽しく聞いていたところに不意に衝撃の歌詞。 「1つひとまず 手を洗おう 2つこまめに うがいしよう 3つみんなで マスクしよう」 もうね、マジでパソコン越しに口に手をあてて 「いや~~~~!(いい意味の悲鳴)」を上げた私がいましたね。 えぇ、こちとら1人暮らしは今年で5年目になるので特に誰の視線も気になりません(何の話) めちゃめちゃ自然な流れで、替え歌という手段でこの Johnny's World Happy LIVE with YOUを観ているすべての人に、感染予防を訴えかけたという意味で彼らの功績はめちゃめちゃ大きい。 こんなん聴いちゃうとやっぱり、私にとっての初めての君たちのコンサートにいって、君たちをもっと好きになりたかったよ~~!(涙) てかそもそも、ジャニストはこういう形で分かりやすく感染予防の手段を示してくれたわけだけれども、 その大前提としてが会社一丸となって感染拡大予防を訴えかけてくれたことがマジでデカい。 なぜならオタクは、親の言うこと、先生の言うこと、偉い大人の言うことは聞かなくても、推しの言うことは聞くからです。 これはジャニオタのみならず、すべての推しを持つ人間に当てはまります。 そしてジャニーズは、そんなオタク心理、顧客心理もちゃんとわかっていて、推しの対象であるジャニーズタレントたちに感染拡大予防を訴えかけさせたのだと思います。 一大学院生が考えるリアルな話で言えば、感染拡大が一刻も早く終息すれば、ジャニーズはガンガン、中止・延期になっているコンサート等を打ち出したり、発売が延期になっているたくさんの円盤等を発売できるようになるので、シンプルに収益になるし、こういう社会貢献活動をやることで世間体もよくなるという効果?を狙っているという目的もあると思います。 感染予防には人と2メートル以上の距離をあけると効果的だと。 そしてそれを調べて紹介し、実際にのステージ上で実践するきっかけをくれたのが大倉氏でした(という認識です) その時の私「ソーシャルディスタンスねぇ、初めて知ったわ(他人ごと) 大倉くん物知りだなぁ~~(さらに他人ごと) 別にステージ上で2メートル以上あいてても特に違和感感じないし、それを定着させようとしてるすげぇな」 くらいだったわけです。 私はその時新天地である新潟においても、特にまだ友達がいるわけでもないし(笑うところ)、外に出るったって日用品の買い物に行くくらいだったので、ソーシャルディスタンスとか意識するほど人とのかかわりがなかったので、ソーシャルディスタンスを提唱されてもどこか他人ごとみたいな感じだったんですね。 そ・れ・が。 私はその時、櫻井キャスターの顔を観ているはずなのに、一瞬にして頭の中に大倉氏の顔がよみがえりましたよ、これホントに。 誤解のないように言っておきたいのは、大倉氏が言ったからソーシャルディスタンスを軽視していたとかではないんですが、テレビのニュース番組で取り上げられるほど、大倉氏の提唱していたソーシャルディスタンスってガチで感染予防に効果があったんだということに驚きました。 私はニュース番組のことは割と信用していて、公共の電波を使って発信するくらいだからその情報の信用性はあるんだろうと思っています。 それからというもの、例えばスーパーに行って買い物している時、平時ならば何も気にしなかった、何もなかったであろうお客さんや店員さんとの距離を嫌でも気にするようになりました。 レジ前とか一定の間隔を空けて並ぶように言われるしね。 なんとも言い方が難しいけれど、まぁまとめると 誰が何と言おうと私の中でのソーシャルディスタンスの提唱者はの大倉氏です(冒頭と同じ) あと、めっちゃ関係ない話なんですが、 が来てたライブグッズかな?のスウェットがシンプルにかわいい。 ほしい。 普段私はコンサートにいっても服系のグッズは、その時のノリで買ってもその時しか着ないことになるので買わないんですが、これはシンプルに欲しいなと思いました。 グッズのオンライン販売であるかな…?買おうかな…?(チョロい) 最後に、自分たちの出番とかマスク作成のシーンとかで、すぐに「バイバーイ!」って、画面越しだけどファンと別れた過ぎる横山氏が最高。 彼はいつもあんなにすぐに、屈託のない笑顔で別れを告げてくるの??結構辛辣じゃね?? ・2020未音源化部門1位「Wash Your Hands」 これはもう間違いないでしょう。 少なくとも私はこのように投票するほど、この曲に思い入れ?感謝の念?があります。 待ちに待った Johnny's World Happy LIVE With YOUの初日、トップバッターのが終わり、この後は誰かな、何かな~~?と画面越しにウキウキしていたであろうすべての視聴者の目と耳に不意に飛び込んできた、聞き覚えの無い曲とダンス。 そう、それが 「Wash Your Hands」です。 マジで私も、の出番のあとに. とともに観たその衝撃は大きく、終始固まっていて、この曲は一体何なのか、. は一体何をしているのかということが分からなかった。 その歌をとりあえず固まったまま見聞きし(見聞きさせられ?)、ようやく咀嚼したこととしては、 ・これはどうやらジャニーズが総力を挙げて急ピッチで制作したであろう手洗いソングであること ・もしかしたら自分の推したちの手洗いダンスが観られるかもしれないこと ・ジャニーズはこの事態を重く見ていて、そしてジャニオタはジャニーズ側からガチで感染予防を求められていること でした。 最初こそ、まるで私たちジャニオタを幼稚園児か何かのごとく扱う事務所、そしてその扱われ方に戸惑いはしたものの、ジャニオタは推しが絡むとすべてをポジティブシンキング化する。 推しが 「Wash Your Hands」を歌って踊れば「かわいい~~」と悶え、画面の前で自分も見様見真似で手洗いダンスを歌い踊る。 最初こそ「なんじゃこりゃ(謎)」と思っていた歌でも、何公演か参戦するうちに「そろそろ 「Wash Your Hands」か…?今日はどこのグループがメインなんだ…?」とその登場を待ちわびるようになる。 メイキング映像みたいなやつで、各グループの 「Wash Your Hands」の映像を、太っ腹にもおれらのはみせてくれましたが、 贅沢を言うならば、あわよくばワンコーラス1つのグループで歌い踊る映像も欲しい…。 この歌の収録をしているメンバーたちは年齢が上がるにつれて恥ずかしそうなそぶりが隠しきれてなかったので、ジャニーズ達にとってはワンコーラスもずっと出ずっぱりなのはいやかもしれませんが、そこはお仕事という風に割り切っていただいて…(急にシビア) あと、今はまだいつになるかわからないけれど、 無事にジャニーズのコンサートや舞台なんかができるようになったとしたら、きっとその時も開催はできてもまだまだ感染予防厳戒態勢だと思うので、会場のトイレとかでこの 「Wash Your Hands」を無限ループで流してほしい…。 みんなトイレでしっかり手を洗うようになると思うし、猛者は周りの目なんか気にせずにフリ付きで手洗いすると思うよ…。 そしてこの 「Wash Your Hands」のトがデカすぎて影に隠れがちですが、 各グループ各メンバーのオリジナルマスクもよかった…。 もはやマスクは高級品、予約販売でないと買えないようなご時世になってしまった今、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」のマリーアントワネットのごとく、「マスクが売ってなければ作ればいいじゃない」なわけですが、なかなか素人にはマスク手作りは厳しいだろ…という声も否めない…。 そんな時にジャニーズが提案してくれた、この簡単オリジナルマスクのありがたみ…。 動画で見る限り(だいぶ作り方は端折られていたが)、確かに簡単に作れそうではあった。 そして私のように、グッズは基本的にコンサート後も使える物しか買わない民にとっては、コンサートグッズのバンダナなんかをジャニーズたちが「綺麗に保管してる人もね、こういう時こそ使ってみてはいいじゃないでしょうか!」なんて提案してくれたのがナイスアシスト…。 そうだね、私も仮にこれからジャニーズ現場にマスクしていくような事があれば、君たちジャニーズにコンサートグッズを活用しようかな…。 やりなれてんなこいつら…(いい意味で頭抱える) そして私が今回、「KAT-TUNは治安が悪い」という周知の事実以上に言いたかったのは、 そんな自分たちの治安の悪さをしっかりと自覚してネタに落とし込んでいるKAT-TUNがもっと好きという話です。 「We are 」という曲、初めて聞いたんですが、 もしかしたらいろんな意味で、私の知っているKAT-TUNの楽曲の中で1番好きかもしれない。 シンプルにギャップ萌えというやつになりました。 私はKAT-TUNのライブに行ったことがないので何とも言えませんが、 漏れ聞こえてくる?ささやかれる?KAT-TUNライブあるあるが詰め込まれてて、面白すぎて何回聞いたかわからない。 私が特に好きなのが、 「ライブの登場 上から出がち」(聞いたこともイメージもある) 「ペンライトがほぼ武器」(聞いたこともイメージもある) 「特殊効果で火を出しすぎ 消防法は厳守」(聞いたこともイメージもある) 「上田氏はムービングステージでヤンキー座りしがち」(イメージしかない) 「騒がないと命無し(CV:)」(シャレにならない) ですかね。 そして、自分たちのことをネタにして面白くするだけじゃなくて、掛け声ありきの曲にすることで、オタクも無条件で楽しめる、盛り上がれる曲になってるところがこれまた素晴らしい。 「すきすき大好きすごい好き」「偶然出会えた王子様」「私がここに来た理由」「それはKAT-TUNに出会うため」「この世で1番好きだから」…、 今、一時的にジャニーズの、ひいてはKAT-TUNの気持ちになりきってみたんですが(?)、歌詞であり、決まっていることを言っているとはわかっていても、こんなことをたった3人の自分たちのために何万人っていうファンが歌ってくれたらそりゃうれしいよな、何度だって聞きたいよなと、まるでジャニーズ本人みたいなことを思いました(?) そうなんだよ、私たちジャニオタにとってそれぞれの推しジャニーズは、「偶然出会えた王子様」であり、「この世で1番好きだから」、大枚をはたくんだよ…(生々しい) 私もこの曲に参加するためだけにKAT-TUNのライブ行きたい…(?) むしろこの曲だけでいいからKAT-TUNのライブに行きたい…。 普段絶対出さないようなボリュームの大声で、めちゃめちゃ我を忘れて掛け声パートやりたい…。 早くコロナ終息して…(すべての願い) ・ 高橋海人爆イケパーマ これはどうしても個人を限定して言及せざるを得ない。 追いつけないし、を開くたびに新たなV6を発見する日々だよ…。 「自分の推しはいつ出るのか」 そして戸惑ったことでしょう。 どのグループが出演できないのか、できることならすべてのグループに出演してほしいけれど、それが無理ならばせめて推しだけでも観せてくれ…(懇願)と。 まぁ蓋を開けてみれば、31日は1公演だけになってましたし、そもそもスケジュールの都合上、どうしても参加が無理なグループがあったわけです。 まぁ急遽決まったことだし、それはもうどうしようもない。 コンサートなどに関わる収益がまるっとなくなったにもかかわらず、横アリを貸し切り、無観客ライブを無料で観せてくれた時点で、には感謝してもしきれない。 てか今さらですが、今までずっとしゃべってきた Johnny's World Happy LIVE With YOUという最強コンテンツ、これすべて無料ですからね!?ファンクラブにも入らず、チケット争奪戦も経験せず、もちろんチケット代も払わず、遠征もせず、それぞれの自宅というスーパー最高に快適な環境で様々なジャニーズのミサートが観られる、観せてもらえるんですよ!?いい意味で、頭おかしいでしょ…(ほめてる) むしろ金を払いたい…(??) いつもの事ながら話がそれましたが、アラシックの私で言えば、名実ともに事務所の屋台骨であるはずの嵐が出演しない、できないことがちょっとだけショックでした。 前述したように、急なことなのでスケジュールの都合上、参加できないグループがあるのは仕方ないけれど、やっぱり推しがでないのはショック、しかも勝手に出演すると思ってただけにショックは地味に大きい…。 と思いながらも、基本的には前向きに Johnny's World Happy LIVE With YOUの3日間に参戦し、オーラスの31日、「あぁ楽しかったな…、やっぱりジャニーズはやべぇ組織だよ…」と1人で悦に入っていたところに、 「調整完了」 「ARASHI」 の文字。 そしてに出席して、の方向性をただ見守りたいと思います(想像力豊か) そのほかにも嵐は、嵐だけで名曲 「Wash Your Hands」をフルコーラス?で歌い踊ったり、嵐が 「Wash Your Hands」を活用せずにしっかりと推奨の手洗いをしている動画だったり(嘘だろ)など、明らかに事務所の屋台骨としての仕事をしていました。 こういうファンだけではなく、世間一般に影響を及ぼすとか及ぼしたいようなことを担うのは、担わせるのは、そりゃ事務所の顔、屋台骨的存在が適任なのは間違いない。 でも気の弱いアラシックこと私は、嵐がいろいろなコンテンツに出てくれるのはうれしいし、正解だと思うけど、他グループのファンは嫌な気持ちにならないのかしら…、たぶんジャニーズタレントたちは仕事みたいな感じで割り切ってるような感じがするけど、ジャニオタを敵に回しちゃ危ないからね、そこら辺のさじ加減はうまくやってくれよ…とも思いました。 私は嵐以外の他のグループも好きですし、前述したようにもはや事務所担みたいなところがありますけど、やっぱり嵐ファンとしての見方が先行してしまうので、その他大勢の他グループファンの皆さんに、明らかに特別待遇されている嵐が嫌われていなければいいなと勝手に思っています…(尻すぼみ) 今回の Johnny's World Happy LIVE With YOUは、楽しかったことは楽しかったけれども、本来ならばなかったことであり、むしろなかった方がよかったことでもあります。 楽しみにしていた現場がことごとくなくなり、悲しみに暮れているわたしたちジャニオタはもちろん、ジャニーズタレントたちにとってもそれぞれ準備してきたことが、このような不可抗力で泣く泣く中止にせざるを得なくなり、その悔しさ、やるせなさは計り知れないと思います。 そんな計り知れない悔しさややるせなさなどを抱えているだろうけれども、それでも自分ジャニーズに出来ることをと、きっと経験したことないだろうし経験する必要もなかったかもしれない無観客ライブという形で笑顔を届けてくれてありがとう。 ないだろうけど、万が一が赤字になるとか倒産危機になるとかなっても、きっとジャニオタが総力を挙げて助けるよ!とかしたらジャニオタの底力を、いい意味では思い知ると思う!そんな縁起でもないことはないのが1番だけれどもね! いつかはまだわからないけれど、この困難を乗り越えたらまたどこかで会おうね。 この記事を全体を通して、結局何が言いたいかというと! おれを早く現場に行かせぇ! CV:千鳥・ノブ氏 pushushu.

次の

ただ君に晴れ 歌詞「ヨルシカ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

追いつけ ない まま 大人 に なっ て 歌詞 付き

伊東歌詞太郎です! いやー、日本シリーズで日本が盛り上がっていますが、 みなさんはいかがお過ごしでしょうか。 僕は本当に夏前の生活に戻ったというか、 やっとペースをつかんだ感じです。 僕はすぐに曲ができるタイプの人間ではないので、 それこそ24時間体制でメロディーを考え続けています。 夜中、ふと夢でいいメロディーが浮かべば、 寝ぼけたまま枕元にある携帯電話に録音してまた寝る。 電車の移動中、いいメロディーが浮かべば録音する。 一人で歩いている時にいいメロディーが浮かべば、道のはじっこによって録音する。 そうやって常にメロディーを追っていないと、 追いつけないんです。 先日久しぶりに川に行って作曲をしていたら、 まぁいつもの2倍くらいメロディーが出てきてたまりませんでした!! 僕は川が好きであることは確かなのですが、 なぜ川が好きなのか、と考えた時に、 僕は生まれてからずっと、 川のほとりにある家に住んでいたからだということに気が付きました。 東京都足立区に生まれて荒川のほとりに住んで以来、 次は隅田川、 次は多摩川、 そんなふうに順調に川のそばの家を選んできていたのです。 これにはちょっとびっくり!! 僕は今年の3月にお引越しをしまして、 生まれて初めて、川のほとりではない家に住んでいるのです。 あわただしい夏が過ぎて久しぶりに川に来たら、 なんか訳わからない気持ちになり、 とってもギター弾いて歌いながら作るのが楽しかった。 やはり子供の時に経験したことは、 その人の人生に大きな影響を与えているのかもしれません。 そんなに川が好きだなんて思わなかったけど、 それはいつも当たり前にあったものだから意識しなかっただけなのかもしれない。 いやー、人生何が勉強になるかわからないもんですね... ! 僕は思春期を江東区ですごし立派な常識のある大人になりました。 立派な常識のある大人になりました。 そう、立派な常識のある僕は江東区、東京の下町の雰囲気がとても好きです。 好きな漫画の中の一つとして、「三月のライオン」をあげることがあるのですが、 これは舞台が東京月島。 下町の風情と、人情と、開発による近代化、昔ながらの町並み、 これらが品よく混ざりあっていて面白いところなんです。 その月島から隅田川を挟んだ反対側の江東区の門前仲町、 ここで僕は思春期を過ごし、立派な常識のある大人になったわけです。 え?なんか言いたいことある? ないよね? 門前仲町は三月のライオンの舞台、月島に比べたら もっと人情寄りで、いい意味でごちゃごちゃしている町なんです。 富岡八幡宮があり、5のつく日は縁日が開催され、 僕は毎回あんず飴を買いに行っていた。 あんず飴って、300円でルーレット回せるんですよ。 大当たりは5本もらえるんですけどね、 生まれてこの方1本しかあてたことない。 富岡八幡宮はじつは非常に由緒ある神社であり、 みこしは深川(富岡八幡宮)山車は神田(神田明神)広いのが山王様(日枝神社)、 というように江戸三大祭にあげられるほどです。 4年に一度、やけにお神輿が町をめぐるなぁ、なんて思っていたら、 三大祭の一つがここで行われていたとは知らなかった。 やはりこういう気取らない下町で育ったからかもしれません。 全国をまわると、気取らない素敵な町がたくさんあって、 そういうところはなんだか呼吸がしやすいです。 さて、本日は新しい動画をアップロードいたしました! 天月君と一緒に歌った「タイムマシン」。 大好きな作曲家40mPさんの大好きな歌。 ついにアップロードできてうれしいです!!! 虹色オーケストラだけでなく、 いろいろな場所でうたった思い出のたくさん詰まった曲です!!!!! でももし、タイムマシンがあっても、 僕はいまが一番大切に思えるので乗らないかもしれません! 頭の中身がこのままで子供になれるなら、 うん、乗るな。 頭の中身は立派な常識のある大人ですからね。 え?何か言いたいことある?????????? 伊東歌詞太郎です、こんばんは! コンビニ、ポプラグループとのコラボレーション企画、始まりましたね!! ぼくはもう嬉しくて、毎日興奮してます!! 全国に620店舗もあるチェーンにて、僕の曲がかかるなんてことはありがたいと同時に、 驚きを隠せません!! しかしながら、30分くらいどの店舗で粘ってもなかなかかかりませんので、 まだ僕は放送内で聴けておりません 笑 !! そして改めて、鎌谷悠希先生の描かれたイラストがすごく素敵で本当に感無量です...。 僕は作曲において、ギターのコードと歌詞を手書きでレポート用紙に書き込んで作るのですが、 それがこう、たんまりと机の中でばっさりと束になってるわけですね。 それをファイルに入れて管理してやろうと思ってるわけです!! ちょうどいいサイズなんですもの!! もうね思わずキャンペーン当日に広島県にいってしまいましたよ!! せっかくですから、ポプラグループ本社がある広島の本店で引き換えたくて!! 思いつきで言ったんですが、広島の方が暖かくて、なんと前日に僕が言い出したにも関わらず、 RCCという広島のラジオ、テレビを扱う会社の方が掛け合ってくださり、 なんとラジオの生出演まで取り付けてくださり...。 広島日経新聞にも取り上げていただいたようで、聞いてないからこそすごいうれしい!! まぁなんとも感謝感激の連続です!!! もともと偶然からこのようなことになったわけですが、 日々どこでどんなことが起こるのかわからないので、 ほんとに毎日真面目に生きていこうと気が引き締まりました。 真面目に生きてると、確実にいいことが起こる。 これは僕の中でけっこう確信に近いものを感じるようになってまいりました。 昔だったら、うまくいけばなんでもいい、 最終的に成功すれば、途中はどうだっていい、 むしろ不真面目に手を抜いて、成功してるやつの方がかっこいい、 なんて気持ちや考え方に毒されかけた時もあったけれど、 たぶんどれも的外れなんだと思います。 たまたま運が良くて、手を抜いていてもうまくいく瞬間があるかもしれない。 そうやって成功するためには、きっと「運が一番大事」なんでしょうね。 たまたまではなく、確実にチャンスをつかむためには、 出番が回ってきていないときから常に真面目に取り組むことが大切ではないか。 しかしながら僕は、 出番が回ってきていないときに真面目にやることのつらさを知っています。 報われないんですもの。 真面目に努力しても、その時はいっさい報われない。 だからこそ、途中でやめてしまうのは仕方のないことです。 その結果、 たまたま運が良くてうまくいく人の方が多くなり、 巷で言われている 「成功で一番大事なのは運」 という話が流布するのではないでしょうか。 僕は地道に頑張っている人間が一番報われるべきだと思っているし、 僕自身、 武道館でライブをしたいという子供のころからの大きな夢があります。 僕はひたすら真面目に頑張って、 「自分はどんなことを言われても、どんな誘惑にも負けず頑張ったら夢はかなう」 という過去の自分と約束したことを果たしたい。 音楽に毎日触れて、本当に幸せです。 でも僕は歌をうたうことが好きすぎて、 たとえば歌をお金を稼ぐ手段でしかないと考える人や、 別に好きだけど、そこまで深いもんでもないだろ? みたいな考え方をする人を見ると、必要以上に傷ついてしまうんだな、 ということが他人の指摘でわかりました。 いちいち傷ついていたら、前に進むことなんてかなわないくらい、 そういう人は多いんです。 だったら、気にしないで、耐性をつけて、 前に進むことしかできない。 そして、そうじゃない人が周りにいて、 音楽が本当に本当に好きで愛しくてたまらないんだなっていう人間は、 やっぱりとても魅力的に感じます。 僕もそうなりたいと願うので、 もっと深く歌について考えたい。 聞いてもらいたい曲がたくさん出来上がってきたので、 最大限努力して早く聞いてもらいたし!!!!!!!!!!!!! 伊東歌詞太郎です! 歌ってみた動画は久しぶりでした! 本日の18時にアップロードいたしました動画がこちら!! 自分の進化が怖い。 もはやブログに動画を貼り付けることは何度目だろう。 もう検索などしなくてもできちゃいます。 冗談はさておき、聞いてくださってありがとうございます!!! さてさて、僕は最近、 ライブを見る機会が増えてきました。 自ら望んで、勉強のためにという気持ちが半分、 残りの半分は単純に楽しむため 笑 !! ライブをやり、ライブを見て、 ライブっていったい何なんだろう、 生で、声帯から出た声を、歌を聞いてもらうって何なんだろう。 そういう考え方を深く追究するきっかけになります。 昨日、僕は憧れのバンドであるスピッツさんのライブを見ました。 ライブって、見なかったら、どうやっても伝えられない気がします。 良いライブ、悪いライブ、様々あると思いますが、 誰がどういったところで、 見なきゃいいか悪いかも言葉では伝わっても本当には伝わらない。 だからここで詳しく書けないのが悔しいですが、 僕はとっても満足しました!!!!! いつまでも変わらない、素晴らしい音楽だった!!!! いろんな人のライブを見て最近自分の中で出かけている結論があります。 歌が、音楽が好きな気持ちが強い人は、愛されるのではないか? あと付け加えて、真面目である、というところもあるのかな、と。 歌が、音楽が好きな人って、 好きだからものすごい真面目に取り組むと思うんです。 それがステージから伝わる瞬間が、客席から見ていて多々あります。 逆に言うと、 真面目に取り組んでないな、とか、 歌を伝える気持ちがなく、ステージで決まったことをやってるんだな、 と感じることもかなりあります。 それはメジャーだから、プロだから、歌い手だから、インディーズだから、 バンドだから、ソロだから、無名だから、100万枚売ったから、 そんなこと一切関係ない!!!!!!!!!!!!!!! 歌をうたう人間は、 そのステータスにかかわらず、 取り組み方がはっきり出てしまうのではないだろうか。 僕はいままで、こんなことも言われてきました。 「ボーカリストは女で遊べ。 」 「時には不真面目になれ」 「悪いこともしてみろ」 よく聞く話だと思いますが 笑 、 ほんとにこういうことを言われた経験、僕にはあるんですよ。 いまから159年前、僕が20歳のとき。 一度メジャーに行き、今では裏方にまわった人から 「なに?女遊びしたことないの?それはボーカリストとしてまだまだだな。 俺はお前くらいの時はもうやりたい放題だったぜ?お前もそのくらいでいいんだよ。 芸の肥やしだとおもっとおけよ!いい歌うたえないぞ?」 といわれたことがあります。 これを言われたときに、 あ、やっぱり真面目にやらなきゃいい歌がうたえないんだ、と確信しました。 逆説的ですが。 なぜなら。 これを僕に言った奴の歌が、いっさい魅力がなかったからです。 こいつは20歳の時に、 歌に向き合う時間を遊び呆けたからこの程度なんだな。 なるほど、まさにいい証拠だ! と感じたことを今までずっと僕は大事にしてます。 真面目に向き合わなくても、 運が良ければ聞いてもらえてしまうのが歌の世界かもしれません。 そう、よく言われるのは、 歌で成功するのに一番必要なのは、「運」だ、ということです。 これは、多くの人が教えてくれること。 でも、真面目にやってれば、 遅くなってもいつか必ず聞いてもらえる順番がまわってくる。 その時に中身と想いがたっぷり詰まった歌を聞いてもらえれば、 多くの人に聞いてもらえる。 だから、辛くても順番が来るまでは歯を食いしばれ! これは誰も教えてくれなかった。 なぜだろう。 僕は後者の方が真実なのではないかと思っているのですが、 運も大事ですが、真面目にやることはもっともっと大事なのではないでしょうか!! だれもこれを言わないということは、 僕の考えが正しくないから、という可能性があります。 間違ってるか間違っていないかは、 進んでみないことにはわからない。 僕は自分が信じた道を迷わず進んでいきたいと考えてます! ライブをたくさん見て感じたことを文章にまとめると、 ちょっと長くなってしまいましたが、 見てくれて今日もありがとう!!!.

次の