ほっけ 焼き 方。 ほっけの干物を自宅で作ろう!美味しい一夜干しの作り方

ほっけ 一夜干し

ほっけ 焼き 方

北海道は、ほっけの水揚げ量日本一 農林水産省の発表によると、ほっけの 漁獲量の一位は北海道でした。 シェア率は99%と 国産ほっけは、ほぼ北海道産と言っても過言ではないでしょう。 また、世界を見ると、 アメリカ、ロシアに次いで三位という結果でした。 しかしながら、魚の自給率は50%程度になっており、国産が足りず、輸入に頼っている背景があります ほっけの旬 続いて、ほっけの旬の時期についてです。 ほっけは一夜干しなどの干物にし、冷凍することで一年中流通していますが、特に夏場はたくさんの餌を食べ、晩秋では産卵に備え、丸々として脂ののりがピークになるため、旬のなかでも 産卵前の 秋が最もおいしい時期と言われています。 また、栄養価を見てみると、 魚の中でもほっけの一夜干しは 高たんぱく低脂質になっており、 生活習慣病や日々の 健康を意識した食事にはオススメです 干物の歴史について 日本の食卓をにぎわせてくれるほっけ一夜干しを始めとする干物ですが、保存の技術や輸送の手段が発達する前は干物が重宝されていたことが想像できます。 その歴史を遡ってみると、始まりは奈良時代とされています。 献上物の一つとして、干物が納められていたそうです。 また平安時代、鎌倉時代と伝承され、江戸時代になると幕府への献上物として、各地の大名が干物づくりに励み始めます。 干物づくりはそれぞれの藩の産業振興としても奨励され、現在の名産としても多く残されています。 このような歴史をたどり、昭和になると一夜干しの製法が生み出され、ほっけの一夜干しも出回り始めました。 ほっけ一夜干しのように、和食には様々な歴史があり、日本文化の大切さを考えさせられます ほっけ一夜干しの作り方 ほっけ一夜干しの作り方についてです。 開き方は背開き、腹開きもありますが、ここでは腹開きの手順についてご紹介します 1. エラに指を入れ、引っ張り出して取り除きます。 お腹に包丁を入れ、中骨の上側に沿ってを皮だけを切り、内臓を取り出します。 頭を半分に切ります。 頭が半分に割れたら、中骨に沿って丁寧に開いていきます。 血合いが残ると生臭くなる原因になるので、流水で綺麗に洗い流します。 最後にお腹のところにある腹ヒレを包丁で切り落としたら腹開きの完成です 塩漬けの仕方 次にほっけの開きが出来たら、塩漬けです。 干物作りにおいて塩による味付けは重要な工程です。 その後網にあげて一晩干したらほっけ一夜干しの完成です。 塩分濃度や漬け込み時間によってほっけ一夜干しの味わいや風味が決まります ほっけの一夜干しの焼き方 ほっけの一夜干しの焼き方についてです。 七輪 環境や器具を整えないといけないので、ハードルが高い焼き方にはなりますが、七輪と炭火が生み出す、強烈な赤外線がほっけ一夜干しの表面をいち早く硬化させ、風味を閉じ込めて中心部にまで火を通します。 焼くときは身の方から強火でしっかり焼きましょう。 目安として、白くなってきたら、裏返しにし、皮を上にして焼きます グリル グリルは庫内温度を上げておき、焼き網も熱しておくとこびりつき防止になります。 また、強火にしてしまうと焦げてしまうので、弱火から中火にします。 また、焼き目をつけたい時はハケなどで酒を塗っておくと焦げずに程よく焼けます その他、大量調理にはスチームコンベクションやオーブンを使用してじっくり焼き上げることも可能です。 ほっけ一夜干しは塩焼きと比べてパサつきが少なく、身も柔らかく、旨味が濃縮し居酒屋メニューから高齢の方まで幅広い方にお召し上がり頂けます 干物の干し方の製法について ほっけは一夜干し、天日干しなどがありますが、魚によってそれぞれの特徴を活かした干し方があります。 そこで、干し方の製法についてご紹介したいと思います 一夜干し 日光に当てず、夕方から明け方にかけて一晩温度が低い状態で干します。 生魚に近いやわらかい食感に仕上がります。 ほっけ一夜干しによく使われる製法です 天日干し 天日干しされることで、魚肉のたんぱく質やミネラル分が結びつき、旨み成分のグルタミン酸や、アミノ酸が多く生成されて旨味や風味豊かな干物になります 素干し 風にさらし続けることで、長い日数をかけて水分を飛ばしていくような感覚です。 塩や調味料を一切加えずに、シンプルに干すという昔ながらの製法で、スルメなど固めの製品に適しています 灰干し 紙にくるんだ食材の周りに火山灰を敷き詰め、水分を吸収させることで乾燥させたもの。 他の干物よりも比較的長い時間をかけて均一に魚の水分を飛ばすため、食材本来の成分変化を少なく抑えることが可能となっています。 鮮度が落ちず、魚の色味がほとんど変わりにくいのが特徴です 寒風干し 塩を擦り込んだ食材を、潮風に当てて干す方法で、独特の旨味とコクが特徴です 丸干し 内蔵を取り除かず、そのまま干したものです。 内蔵に含まれる栄養素をきちんと摂取することが出来ます このように、製法にこだわると、ほっけ一夜干しや干物の奥深さが分かります.

次の

【みんなが作ってる】 ほっけ フライパンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ほっけ 焼き 方

ホッケといえば今や居酒屋の定番メニューである。 熱々の脂がのったホッケをつつきながらの一杯は、なんとも言えない至福の時間だ。 ホッケは身が大きく、一匹開きがあれば長いこと味わえて楽しめる。 その大きさが原因してか、ホッケを家で調理するのは面倒に感じ、外で食べるものとする人も少なくないようだ。 しかし大きければ切って焼けばいいのだ。 旬の時期のホッケは特に脂が乗って美味しく、他の魚同様、ぜひ家でも調理して味わってほしい。 ホッケは漢字で「魚へんに花」という字をあてるが、「北方」と書かれることもあり、字が示すごとく北の海に生息する魚である。 稚魚から成長していく間に呼び名が変わり、体調4〜15cmほどのものをアオボッケ、20cm前後になるとロウソクボッケ、20〜25cmほどをハルボッケ、それ以上になるとネボッケと呼ばれ60cmほどにまで成長する。 一番体が大きいネボッケは脂が乗って美味しいが値段も高くなる。 スーパーで見かけるホッケは「真ホッケ」と「シマホッケ」の2種類あり、日本でとれるホッケのほとんどが「真ホッケ」である。 北海道より更に北のロシア近郊の海では「シマホッケ」がとれ、日本に輸入されている。 シマ模様が特徴のシマホッケは低温かつ深海を好み、体を守るために体内にたくさん脂を身にまとう。 一般にシマホッケは脂の乗りがよく、真ホッケは脂が少ないが深みのある味を持っている。 どちらのホッケも大きいものほど脂が乗り旨味が増す。 美味しいホッケを食べたいときは体の大きいものを選ぶと良いが、その分値段も上がる。 ホッケは鮮度が落ちるのがとても速い。 漁獲地である北海道では鮮度の良いホッケの刺身が食せ、その美味さから「白身のトロ」と称されている。 しかし北海道以外の地域では生食は難しく、ホッケは開いて干物にされることがほとんどだ。 家庭でホッケの開きを調理するのは決して難しいことではない。 ホッケが手に入ったらぜひグリルかフライパンで焼いてみよう。 ホッケが大きすぎる場合は、ホッケを半分か4つに切り分け、残りは味が落ちないように必ず冷凍保存するようにしよう。 次回調理するときには、冷蔵庫に移し3〜4時間ほど待てば、良い具合に解凍できる。 冷凍保存した干物は、室温で解凍すると旨味が失われてしまうので、必ず冷蔵庫で解凍することが肝心だ。 ホッケはやはりグリルを使って直火で焼くのが美味しい。 グリルには片面焼き、両面焼きと2つのタイプがあるが、上方から火がでるタイプの片面焼きグリルを例に、焼き方の手順と目安時間をご説明しよう。 焼く時間はホッケの大きさや厚さによって変わるので、途中確認しながら調節する。

次の

ホッケ開きは家でも焼ける!?グリルとフライパンでの焼き方徹底解説

ほっけ 焼き 方

ほっけの干物と言えば居酒屋の定番メニュー。 お酒のつまみにもよく合い、皆でわいわい言いながら分けて食べるのは実に楽しい。 ほっけは北海道の近海で多くとれる。 特に5~7月にかけてとれるほっけは脂がのっていて最高に美味しい。 今ではすっかりポピュラーなほっけも、食卓の常連になったのは比較的最近のことだ。 実はほっけは鮮度が落ちやすい魚で、冷凍技術や輸送手段が発達していない頃は、広く流通させることができなかった。 全国的に広がったのは第二次大戦後の食糧難の時代で、塩漬けされたほっけが東北~関東地方に配給された。 しかし当時は鮮度も味も落ちていたことから、人気はなかった。 その後、技術改良が進み、新鮮なほっけの開きの干物が流通し始める。 ほっけは干物にすると独特の食感があり味も深くなる。 鮮度を保ったまま食卓に並ぶようになると、好んで食べられるようになった。 ほっけは干物で売られていることが多いが、現在は冷蔵、物流の技術が発達しているため、全国どこでも生のほっけを手に入れることができる。 スーパーの鮮魚売り場で目にすることも多いだろう。 ほっけの干物は買ってくるのもよいが、生のほっけがあれば自分で作ることもできる。 自宅で作ると一際新鮮で美味しいので試してみて欲しい。 一夜干しで完成するので作った日の翌日には食べられる。 新鮮なほっけが手に入ったら、次の方法で作ってみよう.

次の