六世占星。 細木数子先生の六星占星術について~2020年の運勢は?~ 無料占い

六星占術 無料で自動計算【2020年】あなたが何星人(運命星)か六星占術で自動算出します

六世占星

記事の目次• 六星占術はどんな占いなの? 六星占術は、細木数子氏によって編み出された占いです。 さまざまな占いの要素を持つことが特徴で、生年月日から人を6つの星人に分け占います。 1年ごとに12の運気が巡ってくると考えられているのも特徴と言えるでしょう。 易学・万象学・算命学を基に細木数子氏によって編み出された 六星占術を生み出したのは、 占い師であり作家、タレントとしても活動していた細木数子氏です。 一時期は、メディアで見ない日がないなど、非常に精力的な活動をしていました。 四柱推命や易学、万象学、算命学、統計学などをベースとして確立された占いです。 生年月日から人を6つの星人に分ける 六星占術では、 生年月日を用いて人を6つの星人に分けています。 土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人となり、これらの運命星から運勢や性格を占うのです。 また、生まれ年の干支から運命星がプラスかマイナスかが決まります。 1年ごとに12の運気が巡ってくる 六星占術では、 1年ごとに12の運気が巡ってくると考えられています。 種子、緑生、立花、健弱、達成、乱気、再会、財成、安定、陰影、停止、減退となります。 有名な大殺界は、 陰影と停止、減退の周期に該当します。 土星人に共通している性格 ここでは、土星人に共通している性格的な特徴についてピックアップしました。 理想がとても高い傾向にあり、現実を見ないことが多いことが挙げられます。 また、潔癖で正義感が強いのも土星人に見られる特徴と言えるでしょう。 理想がとても高い とにかく 理想が高いのが土星人の性格的な特徴です。 何に対しても理想が高いため、実現するのに時間がかかってしまうことも多いでしょう。 恋人の候補にも高い理想を求めているので、 なかなか恋人ができないということも珍しくありません。 仕事や私生活などにも高い理想を持っています。 潔癖で正義感が強い性格 潔癖な部分があるので、 間違ったことや乱れたことを嫌います。 正義感も強いため、見て見ぬふりをすることもできません。 こうした性格のため、周りからは信頼もされていますが、トラブルを起こしてしまうこともあります。 正義感が強すぎるゆえ、融通が利かないところもあるのです。 水星人に共通している性格 水星人には、どのような共通する性格上の特徴があるのでしょうか。 クールで他人に感情移入しないのは、水星人の特徴と言えます。 また、集団行動を苦手としており、1人で行動することが多い傾向にあるのも特徴です。 クールで他人に感情移入をしない クールな性格で、 いつでも冷静に物事を考えることができます。 あまり感情を表に出すことがないので、周囲からは 冷たい人だと思われてしまうこともあるでしょう。 周りの人が感動して泣いているようなシーンでも、まったく感情移入できず冷めた態度をとってしまうことがあります。 集団行動が苦手 協調性がないわけではありませんが、 基本的に集団行動は苦手としています。 集団の中では居心地が悪いと感じていますし、すぐ1人になろうとします。 周りの人と同じことをしなくてはいけないということが苦痛で、1人だけ違ったことをしてしまうこともあるでしょう。 周りからは多少浮いてしまうようなこともありますが、別に嫌われることはありません。 金星人に共通している性格 金星人は、基本的に目立ちたがり屋な性格をしています。 ムードメーカーになることもありますが、悪目立ちすることもあるため注意が必要です。 社交性は高いため、誰とでもすぐに打ち解けることができるでしょう。 目立ちたがり屋 目立つのが大好きです。 人から注目を集めたいと考えていますし、自ら進んでピエロを演じることもあります。 周りにいる人を元気にできる、ムードメーカーでもありますが、悪目立ちになってしまうことも少なくありません。 目立ちたがり屋ゆえにスタンドプレーに走ってしまうこともあります。 社交性が高い 初対面の人にもすぐ心を開けますし、 社交性が高いです。 誰とでもすぐに打ち解けることができますし、関係性を築くまでにさほど時間も必要ありません。 ビジネスでも役立つスキルです。 社交性の高さゆえ、交友関係も広く、 いつもたくさんの人に囲まれているようなタイプでしょう。 黙っていても、周りに人が集まってくるタイプでもあります。 火星人に共通している性格 火星人に共通しているのは、プライドが高いということです。 プライドの高さゆえに損をしてしまうことも少なくありません。 また、人に心を許すまでに時間がかかるため、よい関係性を築くまでにも時間がかかります。 プライドが高い プライドが高いため仕事もきっちりこなし、やるべきことはきちんとやります。 プライドが高く、人を見下してしまうようなこともあり、周りからよく思われないこともあるでしょう。 プライドを傷つけられてしまうと落ち込むことがあります。 落ち込んだらしばらく立ち直れないことも。 人に心を許すまで時間がかかる 基本的にあまり人を信用していない部分があります。 そのため、心を許すまでに時間がかかってしまいます。 相手の方が心を開いてくれていたとしても、自分はなかなか開きません。 ある意味臆病ですし、傷つくのを怖がっているのです。 心を開いたあとは、割とスムーズに関係性を築けます。 恥ずかしがり屋な一面もあるので、それも原因かもしれませんね。 木星人に共通している性格 木星人は、コツコツと努力を続けられるようなタイプです。 地味な努力を積み重ね、いずれ成功を掴むこともできるでしょう。 また、安定を好み、変化を嫌うのも木星人の特徴と言えるでしょう。 コツコツとした努力が苦にならない 地道な努力ができる人です。 人が見ていないところで、着実に努力を積み重ねることができますし、いずれそれが花開くときが来るでしょう。 そうした努力がまったく苦になりませんし、 むしろ楽しみながら努力をしています。 そうした姿勢は周りからも高く評価されていますし、職場の上司からも信頼されやすいです。 安定を好み変化を嫌う 安定を好む傾向にあり、変化を嫌います。 できればずっとこのままでいい、と考えてしまうタイプでしょう。 そのため、引っ越しもあまりしませんし、転職をすることも少ないです。 一度入社した会社でずっと頑張れるような人ですし、 安定と平和をなにより望んでいます。 天王星人に共通している性格 天王星人は、争いを苦手とする平和主義者です。 争いの種を自らまくようなことはありませんし、いつも平和に過ごしたいと考えています。 また、寂しがり屋な一面もあり、恋人に依存してしまうようなことも少なくありません。 争いが苦手な平和主義者 争いごとは苦手です。 自分はもちろん、周りの人が争いを起こすことも苦手としていますし、なるべくそのような場にいたくないと考えています。 平和主義者ですし、トラブルの種を自らまくようなこともいっさいありません。 トラブルになりそうなときは、 自ら争いを治めるべく事態の収拾に動くこともあります。 寂しがり屋 寂しがり屋なので、 恋人に依存してしまうこともあります。 かまってほしいという気持ちも強いため、周りからはかまってちゃんと思われてしまうことも。 こうした性格のため、年下よりは年上の人とお付き合いした方が、 うまくいきやすい傾向にあります。 母性本能の強い人、甘えさせてくれる人がベストでしょう。 まとめ 六星占術の基本的な知識や、それぞれの星人の特徴などについてまとめてみました。 最近では細木数子氏を以前ほどテレビで観なくなりましたが、未だに六星占術は高い人気を誇る占いです。 当たる確率も高いと言われているので、ぜひ自分の性格や運勢を占ってみましょう。 ネット上には、生年月日を入力するだけで占えるサイトもたくさんありますよ。

次の

六星占術・火星人マイナス(−)の2020年の運勢を徹底解説

六世占星

冬の季節、つまり大殺界を乗り越えた次期で、恋愛や結婚、就職など、新しい物事のスタートに適しているとされ、この年に始めた事象は大きな実りを結ぶとされています。 したがって、冬の時期に貯金や学習などで蓄積を行い、この種子の時期にチャレンジをはじめのが、六星占術の基本的な使い方ということになります。 緑生 六星占術では、緑生は「春」にあたるとされています。 蒔かれた種が芽吹くときで、イメージとしては「種子」で始めた事柄が、よい方向に動き始めるという感覚です。 芽が出るという意味から、この時期に得た愛情は本物であると細木数子さんは書いており、恋愛や結婚のチャンスです。 結婚相手や恋愛相手を探している人は、今以上に、お見合いや合コンなどにチャレンジしてみてください。 また、仕事やその他でも同様のことが言えるでしょう。 新しいプロジェクトや新人の指導に成果が出たり、転職先に馴染めたりといった効果が期待されます。 ただし、新芽は新芽であり、耐久性は弱いとも細木数子さんは説いていますから、注意して物事を進めてください。 立花 六星占術では、立花は「春」にあたるとされています。 そして「春」の中でも、「立花」は運気の盛り上がりがピークに達する運命周期であると細木数子さんは説いており、この時期に得たものは「生涯不動である」としています。 つまり、結婚や起業、転職のチャンスということです。 この時期に行った結婚は長く続き、始めた仕事も長く続く、という感覚でしょうか。 従って、この年は「チャンス」がキーワードであり、強気に出て、自分からチャンスをつかみ取りに行かねばなりません。 この年を消極的に、受け身に過ごすというのは人生の無駄遣いであり、もったいないことです。 健弱 小殺界 六星占術では、緑生は「夏」にあたるとされています。 大殺界に対応する「小殺界」はこの健弱の時期に始まります。 どうして夏が「小殺界」なのか。 それは運勢が中だるみになり、健康方面でも問題が起りやすい時期だからであると、細木数子さんは書いています。 また、この運勢の中だるみは、前年までの強い運気であれこれ頑張った結果、蓄積した疲労であるとも説いています。 従って、前年に大きく動いた方は、休憩が必要であると言えます。 とはいえ、細木数子さんの言を信じれば、蓄積した疲労が出てくる年ということなので、前年あまり動かなかった方は、それほど気にされることもないと思います。 達成 六星占術では、達成は「夏」にあたるとされています。 12ある運命周期の中で、「達成」はもっとも運気が強い年だとされており、愛情面でも家庭面でも、全てうまく行くと言われています。 細木数子さんは「勝負の年です。 ここを逃す手はありません」と説いており、前年ゆっくり休んで得た体力で、一気に勝負をかけるのが得策と言えそうです。 達成の時期を見越して、健弱から体制を整えていかれてはどうでしょうか。 それこそが、六星占術と運命周期の適切な使い方だと言えます。 乱気 中殺界 六星占術では、乱気は「夏」にあたるとされています。 前年の絶好調から一転して、運気が下がるとされています。 この年を細木数子さんは「中殺界」としており、休養に心がけ、無理をしないで休むことが必要です。 精神面での不安定がうっかりミスや、イライラを産むとも細木数子さんは説いています。 こういった精神面での乱調は、仕事のミスなどで具現化しやすいというのもあるのですが、実際に運勢を落とす原因ともなります。 無理や喧嘩をしないで、精神的な落ち着きを大事にしていきましょう。 再会 六星占術では、再会は「秋」にあたるとされています。 ここからの三年間は、ふたたび運気が上昇する運命周期であると、細木数子さんは説いています。 特に人間関係の面で大きな変化があり、メンターなど、人生に影響を及ぼす出会いが期待されます。 そして面白いことに、愛情面では復活愛の可能性が高まるとされています。 恋人を探している人は、過去の恋人と再会する可能性があります。 また、昔からの知人や、最近連絡を取っていなかった人などに、再度アプローチしてみる時期だと言えます。 仕事に関しても同様で、過去の人間関係や人脈を再評価してみたり、過去の仕事で共同作業をしたパートナーに連絡を取ってみてはどうでしょうか。 財成 六星占術では、財成は「秋」にあたるとされています。 字の通り、財産面での収穫が大きくなりますが、その他の面でも好調を持続します。 仕事などでも大きな成功を得やすいと言われます。 安定 六星占術では、安定は「秋」にあたるとされています。 ただし、この次の年から三年間、運勢は下降運に入ります。 従って、この年は幸運や金銭の蓄積を心がけ、体力の回復に努めるべきです。 資格を撮ったり、手に職をつけたり、副収入が得られるよう、準備するのもよいでしょう。 そうすると波風にも耐えられますし、精神的にもかなり楽になります。 トータルすると、「悪い年ではないが、来年はから苦しくなるので、チャレンジせずに守れ。 凶運に立ち向かう準備をしろ。 そうすれば大丈夫」といったところでしょう。 陰影 大殺界 六星占術では、陰影は大殺界とされる「冬」にあたります。 ここからは我慢の三年間がはじまる、と細木数子さんは説いています。 特に陰影は下降運の始めということで、裏切りや詐欺など、人間関係での禍が多くなると言われています。 結婚や起業などは要注意で、パートナーの浮気や裏切りに気を配る必要があるでしょう。 大殺界の期間は長く、その間、何もしないというわけにもいきません。 どうしても行わないといけないことがあれば、細木数子さんのアドバイスを聞いて、しっかり警戒して、慎重に物事を進めましょう。 停止 大殺界 六星占術では、停止は大殺界とされる「冬」にあたります。 運気が落ち込んでいる年で、何をやっても良い結果が出ない、と細木数子さんは説いています。 新たな収穫や実りを得ることは難しく、過去の蓄積を食いつぶすという時期です。 従って、この年までに十分な蓄積を行えるかが、大殺界の三年間の最後である、次の「減退」を乗り切れるかの鍵となるでしょう。 減退 大殺界 六星占術では、減退は大殺界とされる「冬」にあたります。 この年が、12ある運命周期のなかで、運気が最も落ち込んでいる時期です。 人によっては、陰影からの三年間ではなく、この「減退」の年をもって「大殺界」と呼んでいるようです。 事を起こせば間違いなく災いが起るので、とにかく堪え忍べ、と細木数子さんは述べており、これに従うのであれば、辛い一年間となりそうです。 しかし現実的には、一年間何もしないというわけにはいきません。 なるべく保守的に行動し、保険かリカバリープランをしっかり立て、人にだまされないよう警戒して、外見上は明るく振る舞うことで、凶を払いのけましょう。 運命周期について、プロの占い師から一言 以上、12ある運命周期について見てきました。 「何もするな」という年がことのほか多く、これに従っていては生きていられないのではないか…という気もしますが、この周期の通りに運勢の流れが進んでいくのであれば「来年は悪いから今年で蓄積を作れ」「去年は忙しかったはずだから今年は休め、来年大変だから」という、真っ当なアドバイスになっているというのが、正直な感想です。 しかしながら「この年はこうだから来年はこうしろ」式の蓄積がこの運命周期ですので、「この年がこうでなかった」のであるならば、次の年にどうすれば良いかは当然、違ってくるはずです。 例えば「健弱」は「立花」で蓄積された疲労を落とす年とされていますが、「立花」で何も起っていない、起こしていない、疲労していないのであれば、好運期にあたる「夏」の初めの年を無為に過ごすのは勿体ないとも言えます。

次の

細木数子と六星占術 細木数子の無料占い

六世占星

六星占術 運命数早見表 運命数の早見表を用意しました。 該当する生年と月から、あなたの運命数を算出することができます。 表を横に動かすと、見切れている箇所も見ることができます。 昭和生まれの人の運命数早見表 和暦 西暦 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 昭和元年 1926年 27 58 26 57 27 58 28 59 30 60 31 61 昭和2年 1927年 32 3 31 2 32 3 33 4 35 5 36 6 昭和3年 1928年 37 8 37 8 38 9 39 10 41 11 42 12 昭和4年 1929年 43 14 42 13 43 14 44 15 46 16 47 17 昭和5年 1930年 48 19 47 18 48 19 49 20 51 21 52 22 昭和6年 1931年 53 24 52 23 53 24 54 25 56 26 57 27 昭和7年 1932年 58 29 58 29 59 30 60 31 2 32 3 33 昭和8年 1933年 4 35 3 34 4 35 5 36 7 37 8 38 昭和9年 1934年 9 40 8 39 9 40 10 41 12 42 13 43 昭和10年 1935年 14 45 13 44 14 45 15 46 17 47 18 48 昭和11年 1936年 19 50 19 50 20 51 21 52 23 53 24 54 昭和12年 1937年 25 56 24 55 25 56 26 57 28 58 29 59 昭和13年 1938年 30 61 29 60 30 61 31 2 33 3 34 4 昭和14年 1939年 35 6 34 5 35 6 36 7 38 8 39 9 昭和15年 1940年 40 11 40 11 41 12 42 13 44 14 45 15 昭和16年 1941年 46 17 45 16 46 17 47 18 49 19 50 20 昭和17年 1942年 51 22 50 21 51 22 52 23 54 24 55 25 昭和18年 1943年 56 27 55 26 56 27 57 28 59 29 60 30 昭和19年 1944年 61 32 61 32 2 33 3 34 5 35 6 36 昭和20年 1945年 7 38 6 37 7 38 8 39 10 40 11 41 昭和21年 1946年 12 43 11 42 12 43 13 44 15 45 16 46 昭和22年 1947年 17 48 16 47 17 48 18 49 20 50 21 51 昭和23年 1948年 22 53 22 53 23 54 24 55 26 56 27 57 昭和24年 1949年 28 59 27 58 28 59 29 60 31 61 32 2 昭和25年 1950年 33 4 32 3 33 4 34 5 36 6 37 7 昭和26年 1951年 38 9 37 8 38 9 39 10 41 11 42 12 昭和27年 1952年 43 14 43 14 44 15 45 16 47 17 48 18 昭和28年 1953年 49 20 48 19 49 20 50 21 52 22 53 23 昭和29年 1954年 54 25 53 24 54 25 55 26 57 27 58 28 昭和30年 1955年 59 30 58 29 59 30 60 31 2 32 3 33 昭和31年 1956年 4 35 4 35 5 36 6 37 8 38 9 39 昭和32年 1957年 10 41 9 40 10 41 11 42 13 43 14 44 昭和33年 1958年 15 46 14 45 15 46 16 47 18 48 19 49 昭和34年 1959年 20 51 19 50 20 51 21 52 23 53 24 54 昭和35年 1960年 25 56 25 56 26 57 27 58 29 59 30 60 昭和36年 1961年 31 2 30 61 31 2 32 3 34 4 35 5 昭和37年 1962年 36 7 35 6 36 7 37 8 39 9 40 10 昭和38年 1963年 41 12 40 11 41 12 42 13 44 14 45 15 昭和39年 1964年 46 17 46 17 47 18 48 19 50 20 51 21 昭和40年 1965年 52 23 51 22 52 23 53 24 55 25 56 26 昭和41年 1966年 57 28 56 27 57 28 58 29 60 30 61 31 昭和42年 1967年 2 33 61 32 2 33 3 34 5 35 6 36 昭和43年 1968年 7 38 7 38 8 39 9 40 11 41 12 42 昭和44年 1969年 13 44 12 43 13 44 14 45 16 46 17 47 昭和45年 1970年 18 49 17 48 18 49 19 50 21 51 22 52 昭和46年 1971年 23 54 22 53 23 54 24 55 26 56 27 57 昭和47年 1972年 28 59 28 59 29 60 30 61 32 2 33 3 昭和48年 1973年 34 5 33 4 34 5 35 6 37 7 38 8 昭和49年 1974年 39 10 38 9 39 10 40 11 42 12 43 13 昭和50年 1975年 44 15 43 14 44 15 45 16 47 17 48 18 昭和51年 1976年 49 20 49 20 50 21 51 22 53 23 54 24 昭和52年 1977年 55 26 54 25 55 26 56 27 58 28 59 29 昭和53年 1978年 60 31 59 30 60 31 1 32 3 33 4 34 昭和54年 1979年 5 36 4 35 5 36 6 37 8 38 9 39 昭和55年 1980年 10 41 10 41 11 42 12 43 14 44 15 45 昭和56年 1981年 16 47 15 46 16 47 17 48 19 49 20 50 昭和57年 1982年 21 52 20 51 21 52 22 53 24 54 25 55 昭和58年 1983年 26 57 25 56 26 57 27 58 29 59 30 60 昭和59年 1984年 31 2 31 2 32 3 33 4 35 5 36 6 昭和60年 1985年 37 8 36 7 37 8 38 9 40 10 41 11 昭和61年 1986年 42 13 41 12 42 13 43 14 45 15 46 16 昭和62年 1987年 47 18 46 17 47 18 48 19 50 20 51 21 昭和63年 1988年 52 23 52 23 53 24 54 25 56 26 57 27 昭64年 1989年 58 29 57 28 58 29 59 30 1 31 2 32 平成生まれの運命数早見表 和暦 西暦 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 平成元年 1989年 58 29 57 28 58 29 59 30 1 31 2 32 平成2年 1990年 3 34 2 33 3 34 4 35 6 36 7 37 平成3年 1991年 8 39 7 38 8 39 9 40 11 41 12 42 平成4年 1992年 13 44 13 44 14 45 15 46 17 47 18 48 平成5年 1993年 19 50 18 49 19 50 20 51 22 52 23 53 平成6年 1994年 24 55 23 54 24 55 25 56 27 57 28 58 平成7年 1995年 29 60 28 59 29 60 30 1 32 2 33 3 平成8年 1996年 34 5 34 5 35 6 37 7 38 8 39 9 平成9年 1997年 40 11 39 10 40 11 41 12 43 13 44 14 平成10年 1998年 45 16 44 15 45 16 46 17 48 18 49 19 平成11年 1999年 50 21 49 20 50 21 51 22 53 23 54 24 平成12年 2000年 55 26 55 26 56 27 57 28 59 29 60 30 平成13年 2001年 61 32 60 31 61 32 2 33 4 34 5 35 平成14年 2002年 6 37 5 36 6 37 7 38 9 39 10 40 平成15年 2003年 11 42 10 41 11 42 12 43 14 44 15 45 平成16年 2004年 16 47 16 47 17 48 18 49 20 50 21 51 平成17年 2005年 22 53 21 52 22 53 23 54 25 55 26 56 平成18年 2006年 27 58 26 57 27 58 28 59 30 60 31 61 平成19年 2007年 32 3 31 2 32 3 33 4 35 5 36 6 平成20年 2008年 37 8 37 8 38 9 39 10 41 11 42 12 平成21年 2009年 43 14 42 13 43 14 44 15 46 16 47 17 平成22年 2010年 48 19 47 18 48 19 49 20 51 21 52 22 平成23年 2011年 53 24 52 23 53 24 54 25 56 26 57 27 平成24年 2012年 58 29 58 29 59 30 60 31 2 32 3 33 平成25年 2013年 4 35 3 34 4 35 5 36 7 37 8 38 平成26年 2014年 9 40 8 39 9 40 10 41 12 42 13 43 平成27年 2015年 14 45 13 44 14 45 15 46 17 47 18 48 平成28年 2016年 19 50 19 50 20 51 21 52 23 53 24 54 平成29年 2017年 25 56 24 55 25 56 26 57 28 58 29 59 平成30年 2018年 30 61 29 60 30 61 31 2 33 3 34 4 六星占術 1. 六星占術とは 六星占術は細木数子さんが提唱した占いです。 現在では後継者として細木かおりさんが指名されています。 六星占術では運命星ごとに占われ、運命星としては土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つがあり、それぞれにあてはまる人をその星の星人と呼びます。 この運命星は、生年月日から算出される運命数をもとに決定されます。 この運命数と星人によって、あなたの運命や運勢を知ることができると言われています。 六星占術は中国で編み出された占いをベースに統計的に出された資料を基に作られています。 その点でスピリチュアルな占いとは一線を画しています。 中国4,000年の歴史に裏打ちされた占いと言えるのです。 また、六星占術では人生にも四季があると考えています。 それを運命周期と呼んでおり、12年の1つの周期としています。 四季の様に波があることを六星占術により事前に把握しておくことで、自分の人生における行動を最適なタイミングですることができると考えられています。 六星占術における運命周期とは 六星占術では12年を1つの周期としています。 そして運気を下記の12個に分けています。 新しい事をするチャンス。 小殺界。 中殺界。 大殺界の始まり。 大殺界のピーク。 大殺界の終わり。 各運気は上から順番に起こります。 この様に運気には山や谷があることを知っておき、その時に合った行動をしていくことが大切です。 六星占術における運命星の種類 六星占術はその名の通り、六つの運命星に分けられます。 それぞれ土星、金星、火星、天王星、木星、水星です。 そして、この運命星を持つ人のことを土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼びます。 更に特別な条件によって霊合星人となることがあります。 これは、火星人の霊合星人などのように六つの運命星と組み合わさるものになります。 こうした自分の星を割り出すことによって、過去から未来までの運命などを知ることができると言われています。 各星人にはそれぞれ特徴があり、それぞれの星人ごとの相性などもあります。 六星占術で算出される運命星人の詳細を知ろう 六星占術の自動計算は、プログラムによりあなたの生年月日を入力することにより自動であなたの運命星を算出します。 自分の運命星が分かった後には、その運命星の特徴を知りましょう。 占い王子では、それぞれの運命星の特徴の詳細を書いた記事をご用意しています。 六星占術にまつわる記事一覧•

次の