六角 穴 付き ボルト ザグリ。 ボルト用のザグリ加工とは?ザグリ加工の寸法表記方法

キャップボルト(六角穴付きボルト)ザグリ穴加工寸法一覧

六角 穴 付き ボルト ザグリ

JPH0735814U - 六角穴付きボルトの六角穴部及びザグリ穴のキャップ - Google Patents JPH0735814U - 六角穴付きボルトの六角穴部及びザグリ穴のキャップ - Google Patents 六角穴付きボルトの六角穴部及びザグリ穴のキャップ Info Publication number JPH0735814U JPH0735814U JP073021U JP7302193U JPH0735814U JP H0735814 U JPH0735814 U JP H0735814U JP 073021 U JP073021 U JP 073021U JP 7302193 U JP7302193 U JP 7302193U JP H0735814 U JPH0735814 U JP H0735814U Authority JP Japan Prior art keywords hexagon socket socket head cap head cap disc Prior art date 1993-12-08 Legal status The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed. Classifications• F— MECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING• F16— ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL• F16B— DEVICES FOR FASTENING OR SECURING CONSTRUCTIONAL ELEMENTS OR MACHINE PARTS TOGETHER, e. NAILS, BOLTS, CIRCLIPS, CLAMPS, CLIPS, WEDGES, JOINTS OR JOINTING• 【0003】 【考案が解決しようとする課題】 ザグリ穴の状態(深ザグリ等)で3種類(A,B,C)のキャップ、(図1) 、(図2)、(図3)を使い分けホコリ等の侵入を防ぐ、又図2,3,4,のよ うに下円板(3)は六角穴部の内接円より少し大きくし六角穴部に喰い込み歪み その反発力で抜けにくくし、上円板(1)は逆円錐状の形をしていてザグリ穴に 入りやすくしている、又Aキャップ取り外すときは上円板(1)の中心部に当て 金(クギ状)を当て、金づちでP方向にたたけば(図5〕六角穴付ボルトの六角 穴部の底よりスキマのある長さのため又、図2、に於てわ周辺部をたたくと上円 板(1)が変形するので、ネジ回し状のもので、簡単に脱落出来る。 【0004】 【作用】 図1の上円板(1)の中央部を打ち込むことにより、下円板(3)が六角穴付 ボルトの穴角穴部に固定される。 【0005】 【実施例】 図面を参照して説明する、図1のAキャップはザグリ穴の深さが通常六角穴付 ボルトの頭高さ+0.5mmである、だから上円板(1)の厚みは0.5mmで 上円板(1)の中央部をたたき、止まったところで上面と面一になり、下円板( 3)は六角穴付ボルトの六角穴部に喰い込み固定(図4)される。 【0006】 図2のBキャップはザグリ穴が深い場合で、鍔(4)が 六角穴付ボルトの頭 部に当たるまで、円板(1)をたたくことにより下円板(3)が喰い込み上面と 面一に固定される。 【0007】 図3のCキャップは図2と同じく深ザグリ用で、ザグリ穴の径より少し大きく 、もう1段、上円板(1)の厚み部分をザグリしたもので(斜線部)上円板(1 )の中央部をたたき、止まったところで上面と面一になり、下円板(3)は六角 穴付ボルトの六角穴部に喰い込む長さにして固定される。 【0008】 【考案の効果】 本考案は上述のとおり構成されており、又ザグリ穴されたものと同一材料(鉄 、ステンレス等)で、又同一表面処理(メッキ等)で出来ているので美しく、目 立たない外観を得て確実に固定され、ホコリ、土、等を防ぐことができる。 【0009】 【図面の簡単な説明】 【図1】本装備のA、キャップを六角穴付ボルトの六角 穴部とザグリ穴に装着する直前の図と装置のA、キャッ プの拡大図。 【図2】深ザグリ穴用のB、キャップを装着した図。 【図3】深ザグリ穴にC、キャップ用のザグリをして装 着した図。 【図4】本装置のA、キャップを六角穴部とザグリ穴に 装着した図。 【図5】本装置のキャップを脱着するときに中央部をた たき歪を起し、ねじ回し等ではずしている図、なお一度 使用したキャップは再使用出来ない。 【図6】 【図7】 【図8】一般にあるキャップの方法の図。 【符号の簡単な説明】 A、キャップ姿図。 B、キャップ姿図。 C、キャップ姿図。 1、上円板。 2、上円板と下円板をつなぐ軸。 3、下円板(喰い込み部)。 4、深ザグリ用のストッパー鍔。 Claims 1 【請求項1】 六角穴付きボルトのザグリ穴に上円板 (1)と六角穴部に内接する下円板(3)とつなぐ軸 (2)とで構成され、又上円板(1)と下円板(3)の 間に鍔(4)が設けられた、ザグリ穴及び六角穴部のキ ャップで樹脂又は金属で形成されたもの。 1993• 2002-10-29 Screw retention device having a hook 1989-05-24 Handle assembly 1980-08-13 Locking device for threaded fasteners 1999-10-03 Screw for use as a fastener in fibrous material such as wood 1981-06-01 Gecombineerd bevestigingsmiddel.

次の

JIS B 1176 六角穴付きボルト の2D,3D CADデータ

六角 穴 付き ボルト ザグリ

私も現役ばりばりですけど・・・ 回答 8 さんの回答に概ね賛同できます。 バネ座金は強度区分4. 6or4. 8のクラスのものにしか使わないです。 既に言われている通りに緩み止の効果が期待できないからです。 六角穴付ボルト は一般に強度区分が10. 9以上なので十分な締付け力が得られるから良く使います また場所的な問題から自動機には好んで使われると思う。 JISB1180の六角ボルト の強度区分10. 9も使いますが平座金には非締結物の陥没防止にハイテンワッシャ を使っています。 最後に・・・>塑性域締付の場合はもはやバネ力もありません。 この部分のみ、どうーーーしても引っ掛かります。 知らないから頭ごなしに否定するのは少し 技術者としては如何なものか?と思われるが、まぁ許してあげましょう。。。 私も嘘は大ッ嫌いで許せません。 回答 8 です。 間違った回答なので指摘しました。 批判に聞こえたのであればすみません。 ここは回答欄であり、質問する場でも意見する場でもありません。 間違った認識のままでもいいと納得している方は技術者ではありませんので、わたしの回答を理解しようともしないような方と技術以外の議論するつもりもございません。 私は現役技術者で、この質問者様と同じ疑問を抱き、検索してこの質問・回答を読みました。 質問者様は納得できる回答が無いので締切れないのかも知れません。 私なりにその後真剣に調べてわかった結果を回答しました。 私はねじの専門家ではないですが、間違っている部分はわかります。 サイト管理者には回答を締め切らないようシステムの改善を提案しました。 ここは技術的な質問に回答する場ですので、不毛なやりとりはこれで終わりです。 回答覧で質問されたので、回答しました。 回答 8 氏 10年以上も前の質問に対し、だらだらと要領の得ない回答を書き連ね、 挙句の果てに「知恵袋同様に間違った回答"ばかり"で終わってますね」 と批判をするとは如何なものか。 回答に対しレスのない質問者故に、質問を締め切っていないのは単なる 放置であり、新たな回答を求めているわけではありません。 このサイトは退職エンジニアの暇つぶしの場ではありませんので、こん な調子で古い質問をサルベージするのは止めて頂きたい。 今まさに困っている質問に対し、タイムリーに的確な回答を望みます。 もちろん、間違った回答に対しては、リアルタイムで指摘なり議論なり するべきです。 自己主張をダラダラとする似非技術者には困ったものですね。 誰かさんの二の舞にならぬことを祈るばかりです。 昔から「緩み止めのためにバネ座金を使用する」が常識とされ、これを正式に覆す証明が乏しいため、未だにこれが常識と誤解されている方が多いようです。 専門店でさえ「1巻コイルの形状をした座金で、切れた部分が締め付けられ平らになる際のばね作用により緩み止め効果を発揮できます。 ばね作用を利用し、高いゆるみ止めの効果を得ることが出来ます。 」などと書いていますし、六角穴付ボルト用ばね座金〇号などというものが市販されていますので、尚更ですよね。 1、バネ座金のバネ作用=バネ力は、強度区分12. そんなバネ力は緩み止め効果を発揮しません。 2、またバネ座金は切り口が直角ではなく斜めにカットされており、右ネジが緩もうとする場合にエッジで引っ掛かるような形状になっています。 しかしこれも、柔らかいボルト・締付物でなければ引っ掛かりません。 六角穴付ボルトは固いですし、アルミ等の柔らかい締付物であれば平ワッシャーを使いますので、引っ掛かりも期待できません。 このようにほとんど効果としては無いのに対して、逆に軸力と摩擦力によって維持している締結を、ボルト座面に疑わしい形状のスプリングワッシャーを挟むことによって、摩擦力低下させてしまうかもしれません。 緩む危険性が増しますので使わないほうがむしろ良いのですが昔からの誤解と、使ったからといって不具合につながらないことから、未だに使い続けられているのが実情といったところだと思います。 この技術の森も、答えを締め切ってしまい間違いを指摘できなくなってしまうので、知恵袋同様に間違った回答ばかりで終わってますね。 六角穴付ボルトは省スペースであり、頭を埋める場合も省スペースしやすいと理解しています。 しかし、それが原則というのは初耳です。 もちろん被締付物残り肉厚が薄くなっての挫滅には要注意です。 締結がボルトのバネ力という表現もちょっと違和感があります。 バネは伸びたり縮んだりするものですが、ボルトは伸びたそのままで維持する必要があります。 塑性域締付の場合はもはやバネ力もありません。 ばね座金が機能するまで締結力が減少したら疲労破壊につながるというのも意味がわかりません。 ボルトのゆるみと疲労破壊に関連はありません。 たまたまこの質問は締め切られていませんでしたので、ずいぶん年月が経ちましたが回答させていただきました。 締結ボルトは構造的にはそれ自体、バネと認識されています。 ばね座金を使うと、ボルトの堅いバネにフニャフニャのバネを重ねた状態になります。 堅いバネは、軸方向のわずかな変位で、荷重が大きく変化しますが、柔らかいバネは、 軸方向に少しぐらい変位しても、荷重が大きく変化しにくい特徴があります。 これにより、部材の伸び縮みなどで緩んだときに、締結力が、完全に無くなるのを防ぎます。 これが、ばね座金の機能です。 しかし、高度に振動が予想されるような機械では、締結強度や、部材、ボルトの疲労面から必要な締結力を計算し設定していますので、 ばね座金が機能するまで締結力が減少したら疲労破壊につながるわけで、ばね座金があっても何の意味も無いことになります。 これが、ばね座金を使わない理由です。 すみません、便乗質問です私にも教えて下さい JISやUL,CE,DIN,IECとかの規格で 「第**条 この場合はスプリングワッシャを入れなければならない」 とかの規格名、規格番号を教えて下さい 忘れた頃思い出しては検索してるけれど何処にも無い Level1 スプリングワッシャを入れなければならない Level2 スプリングワッシャを入れたほうが良い Level3 スプリングワッシャを入れなくても良い Level4 スプリングワッシャを入れてはならない とかの公的規格は何処かに有りますか? よく振動する機械にはスプリングワッシャを入れるとか言いますよね でも自動車エンジンやバイクのエンジンにはほとんどワッシャは使いませんよね シリンダヘッドの締め付けボルトは大抵ワッシャは無い クランクシャフトやカムシャフトのメタルベアリングの締め付けボルトもワッシャ入れない また、本当に脱落してはいけない重要個所にはスプリングワッシャは入れない 割ピンや、爪型ワッシャ?(ワッシャの爪を折り曲げる)でナットを完全に固定する 航空機のエンジンやF1のエンジンはボルトの頭に穴を明けてそこにワイヤを通してたり その割ピンやワイヤを使わなければならない規格は何?.

次の

六角穴付きボルトの一般的なザグリ寸法と加工方法の情報

六角 穴 付き ボルト ザグリ

金属加工をしていると、油のニオイが体に染み付いてしまうのがちょっと悩みだったりする Akimaru です。 町工場で金属加工をする人は、たぶん同じような悩みを初期の頃に抱えるのでは? って私だけかな。 さて、今回は個人で部品加工の依頼をしたいなぁと思った時によく登場するのが、六角穴付きのボルトを入れるための ザグリ加工について。 ザグリ加工ってそもそも何ですか? そんな右も左もわかりません!という方のためにザグリ加工とは何ぞやということと、その加工指示の方法について紹介します。 そもそも、ザグリ加工とは六角穴付きボルトの頭が出っ張らないように締め付けするための加工のこと。 (後で絵に描いて説明します) その前に 「六角穴付きボルト」って何ですか? そんな質問があっては、話が前に進まないのでちょっとだけ説明をしておこう。 まず、こんな六角レンチが売られているのは知っていますか? これを使ってボルトを締めたり緩めたりするのだ。 見たことあるよって人が多いとは思いますが、六角形をした形の棒です。 で、これを使うボルトが「六角穴付きボルト」です。 ホームセンターでもネジコーナーに置いてあって、ボルトの頭の部分に六角形の穴が空いているボルトですね。 わざわざ六角レンチを使わないと強く締められないボルトなんて使いにくいだけやん!と思うでしょうけど、そんなこともない。 頭の形が六角形になった六角ボルトはスパナを使えば簡単に締められるのですが、締め付けた部品から出っ張りますよね。 出っ張りが気になる! 出っ張りが邪魔! という場合には、六角穴付きボルトを使い、部品にザグリ加工をすれば問題は解消するのです。 ザグリ加工とは ボルトが出っ張るとか、ザグリ加工でボルトが沈むとか意味わかんないんですけど!! と言われると、さらに話が進まないので、どういうことかを絵に描いて説明しておきますね。 まず、ブロックにザグリ加工をするというのは、ボルトの頭が座面から出っ張らないようにするための加工です。 例えば、M8ボルトを使って2枚の板を固定することを想定してみた場合。 ザグリ加工がない場合は以下のようになります。 M8ボルトのネジ径は8mmなので、上側の板はM8ボルトが通るように9mmのキリ穴を開けておきます。 さらに、ボルトで締め込みができるように、下側の板にはM8のネジ穴(雌ネジ)を加工しておきます。 それらを2枚重ねて9mmのキリ穴を開けた方からボルトを入れてネジ止めすれば2枚の板は固定できますね。 でも、この場合だとボルトの頭が出っ張っています。 この飛び出たボルトの頭が邪魔だな!って場合にはザグリ加工をするのです。 ザグリ加工をした板を使えばこのようになる。 スッキリとボルトの頭が板に沈み込みました。 このザグリ加工を図面の形で見た場合は以下のようになります。 ついでに、M8ボルト用のザグリ寸法も記入しておきましょう。 立体的に見ればもう少し分かりやすいかもしれませんので載せておきます。 このように、ザグリ加工をしておけばボルトを締め込んでも、頭が飛び出ることなく邪魔にはならないですね。 ちなみに、ボルトの頭が沈む部分のことを ザグリ(座ぐり)と呼びます。 なので、部品加工依頼で「ザグリ(座ぐり)」と書けばこのような加工をしてもらえることになります。 このザグリ部分にボルトの頭が沈み込むので、最後までしっかりとネジを締め込むためにボルトの頭に六角形の穴が空いたボルトを使うのだ。 もし、頭の形が六角形の六角ボルトを使用してしまうと、ザグリにボルトが沈むとスパナでネジが回せないよね。 標準のボルト穴加工とは 部品加工の個人依頼や初心者の場合、ザグリ加工というものが分かったところで、どんなサイズの穴の加工をするのか指示を図面に書く時に困る場合がある。 え~っと・・・キリ穴は9mmで・・・・、ザグリは14mmで深さが8mmで・・・・ というように、これで合っているのか、間違っているのかさえもわかりません。 でも、実はザグリ加工って深さがいくらだとか、キリ穴の径がいくらだとかを細かく指示しなくてもある程度標準の加工をしてもらえることを知っていますか? 例えば「M8ボルト ザグリ」と図面に明記するだけでよいのです。 楽でしょ。 これだけで、加工屋さんは大体「9mmのキリ穴と14mmのザグリ深さ8~9mmね」って判断します。 これがある程度標準なんです。 もちろん、ボルトの首下部分に座金を挟む場合は寸法が若干変わりますけど。 その場合は、明記しましょう。 座金とは、ボルトの頭の下にかます薄いリングのこと。 指で挟んでいるやつです。 さて、標準のザグリ穴加工ってどうやって決めているのかと疑問に思いましたか? その答えは、ボルトの大きさに標準サイズがあるからです。 六角穴付きボルトにおいて、各ボルトの頭のサイズが決まっているのだ。 例えば、M8ボルトなら頭の径は約13mm 頭の長さは約8mm そして、ネジ部は当然M8なので8mmなんです。 このように、規格があってサイズは統一されている。 なので、加工依頼において「M8ザグリ」と書くだけで加工内容が決まるってわけです。 ただ、時々ボルトの頭を深めに沈めたいという場合もあるだろうから、その場合は例えば「M8ザグリ深さ10」とか書けばよい。 そうすると、ザグリの深さ8mmではなく10mmで加工してくれます。 で、実はザグリ加工って六角穴付きボルトのためだけの加工ではないのです。 皿ネジ用のザグリ加工だってある。 その場合は「皿ザグリ」と明記しますが、一応、自分が使いたいネジの頭のサイズ等は調べておくのが無難でしょうな。

次の