ぶ ひ どう 五 等 分 の 花嫁。 【五等分の花嫁本誌ネタバレ120話最新話確定速報】2人の結婚までの道のりはどうなる?|ワンピースネタバレ漫画考察

【五等分の花嫁】ランキングに不満の声が続出!?人気投票ランキングの結果は?意外過ぎる五姉妹の順位とは?

ぶ ひ どう 五 等 分 の 花嫁

『五等分の花嫁』は単行本の累計発行部数が1000万部を超えることは間違いない大ヒット作。 明らかに「単行本の売り上げ不振」ではありません。 ではなぜ『五等分の花嫁』が14巻で終わるのでしょうか? これは作者の春場ねぎ先生と担当編集で話し合い、 無理に引き延ばさせず終了させる方針を取ったからです。 もともと春場ねぎ先生は「面白く引き延ばすことができない」らしく、無理に延ばして評価を下げるよりも人気のまま終わらせることを選んだということでしょう。 「5人のヒロインのうち一人と結婚する」という設定である以上、読者が「結婚相手は誰なのか」を早く知りたがるのは当然のこと。 結婚相手が明かされないまま長々と連載を続けていたら飽きられてしまう可能性もあります。 『五等分の花嫁』が終わってしまうのは悲しいですが、引き延ばさずに終わらせたのは英断だと思います。 アニメーション制作は「手塚プロダクション」が担当だったのですが、 作画の評判が悪かったのです。 個人的には次クールの『八月のシンデレラナイン』のがよっぽど崩壊していたように思えますね…… とはいえ打ち切りにはなっておらず、予定通り12回きちんと放送しました。 2期の放送も発表済みです。 また、アニメ最終回の 結婚式のシーンのせいで打ち切りになったと勘違いした人が「五等分の花嫁 打ち切り」と検索したことで未だにサジェストに表示されてしまっているのもありそうです。 アニメファンの中には原作を読んでいない人もいるので仕方ないでしょう。 まとめ 『五等分の花嫁』は打ち切りになっていません。 最終巻の前の巻となる13巻は1月17日発売です。 最終14巻は4月17日発売とのこと。 『五等分の花嫁』原作や掲載誌の「週刊少年マガジン」を読んでおきたい人は以下のサイトをおススメします。 『五等分の花嫁』を読むならeBookJapanがおススメ! は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回ログインで 50%OFFクーポンが貰えます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされるクーポンです。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば、 6回までの購入に使用可能なお得なクーポンとなっています。 eBookJapanは他の電子書籍サイトと違って「背表紙機能」があるのも特徴です。 さらに 2000冊以上もの漫画が無料で読み放題となっています。 ヤフープレミアム会員ならポイントの還元率が上がるというメリットもあります。 eBookJapanで『五等分の花嫁』を読みましょう!.

次の

【五等分の花嫁】 未来の嫁は一体誰???5人のうちから上杉の花嫁を推測

ぶ ひ どう 五 等 分 の 花嫁

Contents• 五つ子を見分ける風太郎 披露宴では、風太郎の挨拶が終わり、新婦・四葉から父親へのメッセージが読まれます。 お父さん、そして天国のお母さん。 私が今日、この日を迎えられたのは二人がいたからに他なりません。 お母さんは私が小さな頃にいなくなってしまいましたが、その教えと愛はいつまでも私の中に残っています。 そしてお父さん。 幼い私は突然のことに気持ちの整理がつかず、反抗してしまう時もありました。 あの時はごめんなさい。 ですが、時間をかけてお父さんの気持ちを知ることができました。 お父さんが私のお父さんになってくれてよかった。 今ではそう思います。 改めて家族に感謝します。 今日の私があるのは、父、母、そして・・・姉妹の皆のお蔭です。 ここからは、披露宴前の五つ子ゲーム・ファイナルの回想と、四葉の姉妹へのメッセージの同時進行で描かれます。 (五つ子ゲーム・ファイナル) 四葉以外の四人が、遊びでウェディングドレスを着ていることに、馬鹿か!と驚く風太郎。 何してるのかわかってるのかと風太郎は言いますが、五人は、たしかにちょっと複雑だけど・・・思いついちゃったもんね・・・。 それに、お遊びじゃないよ、これでも花嫁の親族だからねと風太郎に言います。 風太郎は、少しは分別のつく大人になったかと思えば、相変わらずのようで安心した、俺を舐めんなと言い、一人ずつ名前を呼んでいきます。 一花 (披露宴での四葉のメッセージ) 長女の一花は個性豊かな私たちを優しくまとめてくれるお姉さんです。 ご存知の通り大活躍の女優さんで、私の憧れの存在です。 (五つ子ゲームの風太郎) 一花を指差し、お前が一花だ。 懐かしいな、お前には随分手を焼かされた。 クールビューティーなんて世間は謳ってるが、俺は騙されねぇ。 自堕落・ノロマ・惰眠を貪る・怠惰だ。 それでも、強くあろうとする姿は俺には眩しく見えた。 大した長女だよお前は。 二乃 (披露宴での四葉のメッセージ) 次女の二乃はちょっぴり怒りん坊だけど、強くて厳しくて私たちの背中を押してくれるお姉さんです。 女子力抜群で私も見習わなくっちゃいけません。 (五つ子ゲームの風太郎) 次はお前だ、二乃。 二乃は、そうよ正解!と言います。 はいはい、よかったわね、次どうぞと強がりながらも、涙を浮かべます。 なんでこんな時に・・・四葉だけ当ててればいいのよと二乃は言いますが、お前の強さはその人一倍の弱さの裏返しだと風太郎。 厳しさもそれだけ大きな愛情があるからなんだろうな。 あの頃の俺は、その答えを見つけることができなかった、すまん。 涙を拭いながら二乃は言います。 いいわよ・・・私は・・・後悔してない・・・。 その言葉を聞き、安心したような表情で「そうか」と答える風太郎。 三玖 (披露宴での四葉のメッセージ) 三女の三玖は不思議とお姉さんという感じではありません。 同じ立場で接してきた親友に近いかもしれません。 だからこそ自分の夢を叶えた三玖を尊敬しています。 (五つ子ゲームの風太郎) 三玖だな。 三玖は「うん」と静かに答え、風太郎に抱きつきます。 風太郎に抱きつきながら三玖は言います。 たまに不安になる・・・私・・・うまくやれてるかな・・・。 風太郎は、俺が答えるまでもないと言います。 お前はそうやって常に自分の不安と戦ってきた。 そうして勝ちえた結果は、間違いなくお前の戦果だ。 自分を信じろ、お前は昔からできる奴だ。 三玖は笑顔で答えます。 そう言ってくれると思ってた。 ありがとう、フータロー。 五月 (披露宴での四葉のメッセージ) 五月は私が唯一お姉さんをできる可愛い妹です。 実際は、私なんかよりずっとちゃんとしてるんですけどね。 私がどうしていいか悩んでいる時、背中を押してくれたのも五月でした。 (五つ子ゲームの風太郎) 残るはお前だ、五月。 五月は、「えっ、私が四葉だけど・・・」と言いますが、すぐに、「なーんて」と言い、自分が五月であることをバラします。 「どう?うまくなったでしょ」と言う五月に、一瞬、焦った風太郎は、この際だから言わせてもらうが、お前に会ってからだ!俺の人生が狂い始めたのは!諸悪の根源!妖怪カレー喰い女!と言います。 五月も、私だって!あなたと会うまで、こんなにデリカシーのない人がいるなんて想像もつきませんでした、あたまでっかち!天然キス魔!と言い返します。 やっぱりあなたとは一生馬が合いそうにありません!と、昔の口調に戻る五月に、四人は、風太郎が相手だと仕方がないと言います。 四葉 そして最後は四葉ですが、「余ったお前が四葉な、はい全問正解」と、あっさりと終わらせる風太郎。 披露宴では四葉のメッセージが続きます。 姉妹の皆がいなかったら、私の人生は全く別のものになっていたでしょう。 五つ子ということが負い目に感じたこともあったけど、その何倍、何百倍も楽しかった記憶が残っています。 私は皆と五つ子の姉妹として生まれることができて幸せでした。 ここで場面は変わり、五つ子ゲーム・ファイナルを終えた風太郎が五人に言います。 これだけ長く付き合ってりゃ嫌でも覚える。 俺は家庭教師だったが、お前達からも多くのことを教わった。 お前たち五つ子に出会えたこと、数少ない俺の自慢だ。 再び披露宴の四葉のメッセージ。 他の家とはちょっと違って、人から見たら奇妙なのかもしれませんが、私はそんな家族が大好きです。 五年か・・・と考えながら、これでようやく一段落だなと言います。 隣りにいる四葉も、私も緊張の糸が解けて一気に疲れがきたよ・・・と言います。 風太郎は四葉に、やっぱお前も緊張してたんじゃねーかと言い、風太郎ほどじゃないけどと笑う四葉。 誓いのキスの時、手ブルブルだったもんと四葉は言い、あれは仕方ねーだろ!と風太郎は言い返します。 皆見てるし、お前とだって・・・と言い、何かを思い出す風太郎。 風太郎は、五年前を思い出せって言ったよな?と四葉に聞きます。 パニクって記憶が不確かだったが、お前に言われてハッキリ思い出した。 五年前の春の旅行、あの鐘がある見晴らしのいい丘でのこと。 68話で登場した鐘キス。 当時のことを思い出す四葉。 全員が五月の格好をしていたあの日、上杉さんが付いてきてないよと四葉は五月に言います。 どうしたんだろと心配する四葉は、見に行こうとしますが、この姿じゃややこしいから五月本人が行ったほうがと言いますが、大丈夫ですよと五月。 きっと、上杉君は気づいてくれるはずです。 そしてあの鐘キスとなります。 回想が終わり、風太郎は四葉に、もしかしてあの時・・・と言いますが、式場スタッフが四葉に忘れ物ですと、リボンを持ってきます。 四葉は一瞬考え、もう要らないので捨てておいてくださいとスタッフに言います。 風太郎は、いいのか?トレードマークだろ?と聞きますが、四葉は、いいんだよと答えます。 母親の言葉を思い出す四葉。 (あなたたちは一人一人特別です) そして四葉は風太郎に言います。 どんなにそっくりでも・・・私に気づいてくれる人がいるから。 風太郎は照れくさそうに、どうしてももっと早く言わなかったんだと言い、ごめんねと謝る四葉。 風太郎には伝えたいことがもっとたくさんあるんだと、嬉しそう四葉は言います。 五つ子めんどくせー 場面はかわり、風太郎と四葉が来るのを待っていた四人。 何してるんだ?と聞く風太郎に、二乃は、式が終わればやることはひとつ、新婚旅行よ!と言います。 新婚旅行に付いてくるつもりか!?と焦る風太郎に、「当然」と二乃。 四人は、行き先に悩んでるところと言います。 こいつら・・・めちゃくだ・・・と風太郎は言いますが、「あはは、いいじゃん」と笑う四葉。 みんな一緒の方が、もっと楽しいよ、ね?と四葉は言います。 四葉は四人に、行きたいとこ指さそと提案します。 四人は、四葉がそう言ってくれるならと準備をしますが、前にも同じことで揉めなかった?と高校の卒業旅行の行き先を決める日のことを思い出します。 場面は、その日の回想になります。 中野家のマンションのソファで寝ている風太郎。 五人は風太郎を起こします。 いつまでも寝ぼけてないで、さっさと決めるわよと二乃。 ん?何をだ?と聞く風太郎。 卒業旅行、フータローが提案してくれたんでしょと三玖。 そ、そうだったなと風太郎。 と、とりあえず五人で指差ししようかと四葉。 俺の意見は?と風太郎。 結果は知れてるけどねーと一花。 俺もやめといた方がいいかと・・・と風太郎。 じゃあ、せーのでいきますよと五月 おっ、おいっ!と風太郎。 そうだ、あの時も同じことを思ったんだと回想する風太郎は、今の五つ子を見て言います。 五つ子って、めんどくせー・・・ 五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで五等分の花嫁の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらに五等分の花嫁のアニメも 全て「見放題」です!! おそらく二期も見放題と思われます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 五等分の花嫁122話最終回の感想 五等分の花嫁、122話が最終回で終わりましたね。 わかっていたとはいえ、寂しいです。 最後に、鐘キスの相手が四葉で確定しました。 前回の121話では、32話の「結びの伝説2000日目」を読み返すと凄く面白かったのですが、今回の最終話は、68話の鐘キスの話を読み返すと凄く面白いです。 68話は、最終話でも話に出た誓いのキスからはじまります。 当時、戸籍の改ざんという犯罪ギリギリの手を使ってでも自分の妹にしたいです!と四葉は言ってましたが、本当に四葉の妹になりましたね。 さらに68話の最後は、結婚式での誓いのキスと、鐘キスの両方が描かれるのですが、五つ子ゲーム・ファイナルの準備をしながら、四人は会話をしています。 「こっそり聞いたんだけど、五年前のあの日、二人は既に・・・」 誓いのキスをしながら風太郎は考えます。 鐘キスのあの日、きっとあの日からだ、彼女を特別に感じたのは、あの瞬間から。 もう一度、一話から読み返したくなります。 改めて、よく考えられた面白い漫画だったなと実感します。 そして本当に面白い漫画でした。 あとはアニメの二期に期待です。

次の

【五等分の花嫁】ランキングに不満の声が続出!?人気投票ランキングの結果は?意外過ぎる五姉妹の順位とは?

ぶ ひ どう 五 等 分 の 花嫁

かてきょーエリート風太郎がREBORN!! 風太郎は模試にて、五つ子パパが送り込んだ刺客・武田祐介を倒しました。 その結果、五つ子パパからその実力を認められて、再び五つ子姉妹の家庭教師の仕事を受けることになったのです! やったー! 風太郎と五つ子パパとは、姉妹の関係をめぐり深い因縁のある相手でした。 このような形で長い因縁に終止符が打たれて和解したとなると、感慨深くなりますね。 そして風太郎は家庭教師の仕事を笑顔で引き受けます。 物語初期の彼は、親父の持ってきた仕事だからという理由もありますが、姉妹の指導なんてやりたくないと思っていました。 しかし姉妹と触れ合うことにより、みんなでいることの大切さや、夢についてなど、人生において大切なことを学んでいきます。 風太郎は新たな発見が見つかるたびに、どんどん姉妹のことが好きになってしまったのです。 今回の風太郎の笑顔は、作中の出来事を通じての彼の成長が見られた、最高の笑顔です! かわいい女の子が登場するラブコメなのに、主人公の成長に胸が熱くなる。 『五等分の花嫁』は最高の漫画です。 五月=零奈だった件 ここで話の話題を、零奈の正体が五月だった事に戻して行きましょう。 五月が修学旅行の時に風太郎に会ったことに気付いたのはいつ? ここで気になるのは、五月がいつ風太郎と京都の修学旅行で会っていることに気がついたのかですね。 それはやっぱり、風太郎が二乃に眠らされた時でしょう 五月はタクシーで風太郎を家まで送り届けたのですが、その時に生徒手帳を見て住所を確認しました。 その時に零奈の写真を見たのでしょう。 あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛なんでこんな単純な伏線をぉ!!しかもコメント欄で教えてもらっているのに、否定しちゃったしぃ! コミックス5巻の林間学校編終了間際、病室で風太郎の過去について尋ねたのは、自分が京都で会っていたのが本当に彼だったのか確かめるためだと思えば辻褄は合います。 零奈という名前が伏線だった もともと零奈という名前は、五月たち五つ子姉妹のお母さんの名前でしたね。 五月はお母さんをとても尊敬しています。 彼女が教師を志した理由の一つとして、亡き母が教師をしていたからというものが上がります。 五月は零奈という名前を使っていたのは、亡き母への憧れの気持ちからだったのではないでしょうか。 風太郎の目の前に現れた理由 コミックス6巻の期末試験の時に一度、風太郎の目の前に零奈が現れたことがあります。 その時の風太郎は家庭教師の仕事が全然うまくいかず、自信が持てなくなり、絶望しきっているような状態でした。 五月が零奈として風太郎の目の前に現れたのは、風太郎に過去の自分を思い出してもらい、自身が成長を実感してもらいたかったからだと思います。 要するに風太郎を励ましたかったのです。 しかし五月は、零奈の姿で風太郎と話すことで、彼が自分の思っている以上に過去に固執していることを知ります。 風太郎に現在の自分と向き合って欲しいと思ったので、零奈という女の子を忘れてもらうために、生徒手帳の写真を没収したのかなと思います。 四葉には秘密があるはず 四葉といえば物語初期から謎が多く、零奈である可能性が最も高いヒロインでした。 今回零奈の正体が五月だとわかってしまったのですが、それでも四葉が謎を多く持つヒロインであることには変わりありません。 風太郎の仕事に協力していたのはなぜ? 風太郎が家庭教師に任命されたばかりの頃、他の姉妹たちが風太郎のことを拒絶していたのに対し、四葉は初めから協力的でした。 彼女は他の人の力になるためには労力を惜しまないので、困っている風太郎の力になりたい理由で協力したという線もあります。 しかし、それだけの理由で他の姉妹から嫌われている風太郎を庇うとは到底考えられません。 物語が始まる前から風太郎のことを知っていたのではないのかと思ってしまいます。 いつ風太郎を好きになったの? 四葉がいつ風太郎を好きになったのかについても疑問です。 本作の初期、三玖や一花が風太郎を好きになるまでの過程を、丁寧に描写していたのに対し、四葉はアッサリと風太郎のことを好きになってしまいました。 本作はヒロインたちや主人公の風太郎を始め、主要キャラの心情を丁寧に描写しているという特徴を持ちます。 それなのに 四葉が風太郎を好きになった過程はしっかりと描写されていないのです。 四葉が風太郎を好きになるまでの過程には、誰にも言えないような秘密が隠されている予感がします。 これからの『五等分の花嫁』はどうなってしまうの? 五月はいつ自分の正体を伝えるのか? 今回五月は風太郎に自分が零奈であることを伝えようと思いましたが、野暮用が入ったために伝えられずにいます。 風太郎は五月が伝えようとした秘密は、有名レビュアーMAYの正体だと勘違いしております。 五月が零奈であることは、自分の口で風太郎に言わないと伝わらないはずです。 今回五月は自身の正体を風太郎に伝えようと思いましたが、その勇気をもう一度持てるかどうかは不明。 風太郎は零奈の正体に気が付かずに一生を終えてしまうのでしょうか?それとも五月は自身の正体を伝える事が出来るのでしょうか? 風太郎は零奈を好きになってしまうのか? 昔の風太郎は恋愛なんて不毛だと考えていたのですが、二乃に直球すぎる告白をされた影響で、恋愛に対して肯定的な意見を持つようになりました。 そのような状態の時に、自分の憧れの女性である零奈が現れたらどうなるのでしょうか? 風太郎は零奈に対して恋心を抱いてしまうと思います。 告白をもしてしまうかもしれません。 しかし肝心の零奈 (=五月)は風太郎を「友達」としか見ていなく、恋愛対象から外しているのです。 そのような状態で風太郎が零奈 (=五月)に告白しても、正直勝算がないような気がします。 あるいは、風太郎が二乃の告白で恋愛を良いものだと捉えるようになったように、零奈 (=五月)も風太郎に告白されたことをきっかけに彼を恋人候補として意識するかもしれません。 ひとまず風太郎が零奈 (=五月)に告白した場合、以下の2パターンが考えられます。 普通にフラれる• 零奈 (=五月)が風太郎を異性として見始める よく考えてみたら、ヒロインが主人公に告白してフラれる事はあります。 しかしその反対の場合、主人公がヒロインに告白してフラれる展開なんてよっぽど無いですよね。 暗躍しそうな一花 最近他のヒロインたちへの嫉妬心のあまり、ヤンデレ化しそうになっている一花お姉さん。 彼女はこれからのストーリーの台風の目となる存在です。 そういえば1年ぐらい前に、こんな文章をブログにアップしました。 わたしは以前、 主人公の恋人が消えてしまい、その恋人に瓜二つの女性が入れ替り、主人公と結婚してしまった、という展開の小説を読んだことがあります。 その小説を読んだ時は高校生だったんですが、あまりにも衝撃的な展開だったので戦慄しましたね。 (ネタバレになるので、その小説のタイトルは伏せます。 ) 本作も同じような展開になり、 風太郎と結ばれるはずのヒロインが何らかの事情で三玖と入れ替わり、そのまま結婚してしまうという可能性も考えられます。 この文章は、他の姉妹に入れ替わる能力を持った三玖が他の姉妹に化けて風太郎と結婚するのではないか、という可能性を考察した文章です。 実際のところ、三玖は恋愛に対してはド直球なくせに不器用なので、他の姉妹に化けて風太郎を攻略しようとは思わないと思いますが…。 一花も三玖同様に高い演技力を持っていました。 その上一花は風太郎を落とすためならばどんな手段でも使う覚悟を決めています。 ですので一花が零奈になりすまし、風太郎に接近するという展開になる可能性が非常に高いですね。 最後に|修学旅行は頂上決戦になりそう! 零奈の正体が五月だと判明して、驚きを隠せませんでしたね。 今回の話を見る限り、一花と二乃そして三玖の3人は、修学旅行で勝負に出ると思います。 零奈 (=五月)はどのような形で風太郎と接するのでしょうか? また、謎を多く残したヒロイン四葉はどうなってしまうのでしょうか? 『五等分の花嫁』が面白すぎて続きが気になって仕方がありません。

次の