アッコ に お 任せ。 和田アキ子謝罪。宮迫博之への「アッコにおまかせ!」スタッフの質問で

「アッコにおまかせ!」で露骨に排除されはじめた峰竜太

アッコ に お 任せ

日曜お昼の顔となっているTBSの番組『アッコにおまかせ!』。 和田アキ子さんのワンマンな司会が魅力の長寿バラエティ番組です。 そんな『アッコにおまかせ!』ですが、どうやら番組の打ち切り話が持ち上がっているとかいないとか…。 まぁ、あの『笑っていいとも!』ですら番組終了となっています。 どんな長寿番組にも、いつかは終わりがくることは、十分にありえることだとは思います。 しかし、なぜ今になって『アッコにおまかせ!』の番組打ち切り危機の話題が浮上したのでしょう? 真相が気になるところなので、当記事では、『アッコにおまかせ!』の番組打ち切りが噂される理由などを調べてみることにしました! [adsense] 『アッコにおまかせ!』が番組打ち切り危機!?視聴率は? 和田アキ子さんが司会を務める日曜のバラエティ番組『アッコにおまかせ!』。 1985年からスタートしており、実に 30年以上もの歴史を誇る長寿番組 でもあります。 確かに、さすがに30年も放送していれば、和田アキ子さんが 『日曜お昼の顔』 と言われるのも不思議ではないでしょう。 番組内容としては、芸能界のご意見番となった和田アキ子さんの毒舌を活かし、スタジオでのトークが中心。 芸能ニュースだったり、クイズコーナーだったりと、バラエティ番組としては尖ったところのないコーナーばかりです。 しかし、和田アキ子さんが司会として回している点が、他のバラエティ番組とは違った特色を演出しているのでしょうね。 また、 生放送 ということもあって、時折ハプニング要素もあり、それが面白いと好評だったようです。 レギュラーは和田アキ子さんと峰竜太さんで、このほかにも準レギュラーが数名。 勝俣州和さんや出川哲朗さん、松村邦洋や、ますだおかだ、サバンナなど、実に多数の出演者がいて、スタジオ内は非常ににぎやかです。

次の

和田アキ子「アッコがおまかせ ~和田アキ子50周年記念トリビュート・アルバム~」特設サイト

アッコ に お 任せ

もくじ• アッコにおまかせ!アシスタント女性のプロフィールをまとめてみた! 前身の番組を含めると 30年以上の歴史がある「アッコにおまかせ!」。 今回の記事では、2018〜2019年頃の 「アッコにおまかせ!」に出演していた アシスタントの女性をまとめてみました! 特に、「可愛すぎる」と評判の ツインテールの女性についても 色々と調べてみました! アッコにおまかせ!アシスタント藤田舞美(29) ダンサーとして活動中の高学歴女子。 女性歌手グループ(ダンスボーカルユニット) SHAKEの元メンバーであり、 ホリプロアナウンス室に所属されています。 アッコにおまかせ!アシスタント三田寺理紗(27) ホリプロのガールズ演劇ユニット 「ガールズアクトリー」に所属し、 bayfm「パワカン」レポーターとしても活躍中。 2016年5月から「アッコにおまかせ!」に出演していた ツインテールがとても似合うアシスタントです。 2012年からは、アシスタント仲間でもある「日野麻衣」さんとの お笑いユニット 「しーくいーん」の活動をスタートしており 2018年には、千葉市動物公園のPR大使 「特任広報宣伝部長」に 就任していたそう。 下北沢カレーフェスティバル ミスカレー2017にも 選ばれており、 TBSのバラエティ番組「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー」には 人気企画「保護にゃんハウス」のメンバーとして 出演していました。 アッコにおまかせ!アシスタント日野麻衣(24) 「ミスヤングチャンピオン2011」の セミファイナリストに選ばれた過去を持ち 「三田寺」さんも所属している 演劇ユニット「ガールズアクトリー」で 活動されています。 現在はアイドルとして、 ラジオやバラエティ番組などで 活躍されている日野さんですが、 2019年には、ホリプロ女子フットサルチーム 「XANADU loves NHC(ザナドゥー ラブズ エヌエイチシー)」に加入。 2016年5月からアシスタントをつとめている アッコにおまかせ!には ツインテールの髪型で出演しています。 アッコにおまかせ!アシスタント横山愛子(27) 板野友美さんなどが所属する ホリプロのフットサルチーム 「ザナドゥ」のキャプテンであり、 FC東京のサッカースクールコーチも つとめています。 アッコにおまかせ!には、 「松本美佳里」さんの卒業後 アシスタントとして9年ほど出演され、 2017年10月からは 産休に入っていたそう。 昭和の大スター山口百恵さんとは、 同姓同名であるものの 全く関係がないそう。 なんでも、父親が山口さんの 大ファンだったそうです。 以前はOLとしても 活動していた山口さんですが 2016年6月からホリプロに所属。 過去には、浅井企画所属の タレント女子によるフットサルチーム 「ASAI RED ROSE」に所属、 「恋するフットサル」などの番組に 出演していました。 ホリプロに所属しており、 趣味は、古着屋めぐりに、 カラオケだそうです。 女性ファッション誌non-no(ノンノ)のWEBサイト 「ノンノウェブ」での、 「カワイイ選抜」(読モ組織)にも入っていました。 アッコにおまかせ!のアシスタントが可愛い 今回の記事では、「アッコにおまかせ!」に 出演していた 女性のアシスタントをご紹介しました。 かわいい女性ばかりで、 目移りしてしまいますね。 (笑) 特に、ツインテールの女子(日野さんか三田寺さん)には 目を奪われる男性が 多いみたいです。 ちなみに、アッコにおまかせ!初代のアシスタントは、 タレントで芸能事務所「タイタン」代表の 「太田光代」さんでした。 今後も彼女たちの活動を 応援していきたいと思います! というわけで今回は、「アッコにおまかせ!」に出演している アシスタントの女性をまとめてみました! おすすめ記事とスポンサーリンク この記事は役に立ちましたか? もしあなたの役にたっていたのなら 下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。

次の

和田アキ子が謝罪「アッコにおまかせ!」宮迫会見でスタッフが不適切質問「ふざけるな」/芸能/デイリースポーツ online

アッコ に お 任せ

TBS系情報番組「アッコにおまかせ!」(日曜午前11時45分)のディレクターが、「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)らの謝罪会見で不用意な質問をしたとして、番組司会の和田アキ子(69)が21日の生放送で激怒&謝罪したことが、大きな波紋を呼んでいる。 その後の取材で、和田がオンエア当日早朝の局入りの時から大荒れだったことが判明。 「ふざけんな!と。 そんなこと聞きますか!?」 和田がブチギレたのは、21日に生放送された「おまかせ」でのこと。 きっかけは、前日20日に都内で行われた宮迫と「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)の謝罪会見だ。 100人超も詰めかけた報道陣の中から「おまかせ」の男性ディレクターが「今のお気持ちを色で表すことは可能か」と質問した。 宮迫が2017年、不倫疑惑を追及され、白でも黒でもなく「オフホワイト」と弁明したことに引っかけた質問だったのだろうが、宮迫は謝罪会見の趣旨に反するとして「申し訳ないです」と答えなかった。 ネット上ではこの男性ディレクターへの批判が殺到した。 和田も相当腹が立ったようで、21日の生放送ではカメラを通して男性ディレクターにカミナリを落とした。 また、あまりに憤慨したため「(前夜は)一睡もできませんでした」と告白。 不用意な質問については「厳重に注意します」と声を震わせながら怒りをにじませた。 宮迫と亮、詐欺グループにだまされた被害者、そして視聴者には「申し訳ございません」と頭を下げて陳謝した。 問題の質問は、2時間半に及んだ会見の終盤に飛び出し、同業である報道陣でさえもシラけさせたものだった。 和田がキレるのも無理はなく、ネット上では激怒&謝罪を支持する声があふれた。 吉本興業の芸人による闇営業問題が、34年の歴史を誇る長寿番組に飛び火した格好だ。 ここまではオンエアされたが、複数の関係者の話を総合すると、その怒りは放送後までハンパないまま続いた。 和田は毎週日曜、「おまかせ」のために午前6~7時ごろに東京・赤坂のTBSに入り、局内で朝食をとっている。 21日も同時刻ごろにやって来たが、本人も後の生放送で明かした通り、一睡もしておらず目が充血していたという。 早朝にもかかわらず、局入り後、いきなり「(あの男性ディレクターは)何やっとんじゃ!! プロデューサー呼んで!!」と声を荒らげたようで、その怒りはハンパではない。 放送前の打ち合わせでもピリピリムードが漂い、そのままオンエアに突入。 くだんの「ふざけんな!」が飛び出したというわけだ。 生放送が終わっても和田の怒りは収まらない。 和田は「おまかせ」に強い愛着と責任感を持っている。 また、質問された相手が交流のある宮迫だったため、あの質問はとても看過できなかったようだ。 複数の関係者によれば、当の男性ディレクターは制作会社から出向して「おまかせ」に加わっているが、VTRの編集や原稿書きが不得手といい、評判は芳しくない。 今回の問題で番組スタッフから外される可能性も浮上している。 「イベントの囲み取材なら、そんな質問も許容範囲でしょう。 しかし、今回の会見は特殊詐欺の被害者への謝罪が目的ですし、吉本興業のパワハラ問題まで飛び出した極めてデリケートな場です。 アッコさんがキレるのも当然です」(芸能プロ幹部) 今回は闇営業に端を発した騒動だが、本質から外れて余波が拡大している。

次の