デイン属性 ドラクエウォーク。 【ドラクエウォーク】ガチ検証データで考える7章レベリング最高効率の出し方

【ドラクエウォーク】光装備ガチャの性能予想!ギガソードは単体デイン属性攻撃?

デイン属性 ドラクエウォーク

各モンスターには系統が振り分けられている。 振り分けられた系統のダメージアップ効果を持っている場合、その系統に対しての与えるダメージ量がアップする。 メタル系には無効化される メタルスライムやはぐれメタルなどのメタル系の特性を持っているモンスターには、 属性攻撃は無効化される。 弱点を突くことはできないので、メタル斬りなどメタル特攻のある攻撃をしよう。 弱点を突くメリット テクニカルボーナスを達成できる 試練の扉の中のテクニカルボーナスには、「〇〇匹以上の敵の弱点を突いて倒す」などの条件がある。 通常通りにプレイするなら、モンスターの耐性を把握しておく必要がある。 効率よくダメージを与えたいならば、弱点を突き続けることが重要だ。 弱点判定の条件について検証! 弱点判定の仕組みを調査 同じ属性攻撃を使っていても、弱点になる場合とならない場合がある。 その条件が何なのか攻略班が検証!弱点の判定方法について意外な結果が判明した。 属性ダメージアップの場合 検証場所 3-10 モンスター ベロニャーゴ 対象属性 デイン・イオ 耐性を持たないモンスターに対して属性攻撃を行った場合、属性ダメージアップの量で弱点判定が出るかを検証。 呪文でもやってみた シャインスコールは"デイン属性斬撃"のため、じゅもんダメージでも同様の結果が得られるか調査。 系統ダメージアップの場合 モンスターに対応する系統のダメージアップを持ったスキルを使うと、弱点をついて大ダメージを与えられる。 汎用的に使うのは難しいが、上手く利用できる場合は有効活用してみよう。

次の

【ドラクエウォーク】バトルマスター最強のこころセットと入手方法【6/28更新】

デイン属性 ドラクエウォーク

ムチではあるものの、攻撃魔力は110となっておりラーミアの杖と変わらぬ攻撃魔力を持っています。 メインスキル「聖女の恵み」は通常の回復力なので、全体回復をするというポイントでは一番の効果を発揮することができます。 バギクロスといった攻撃呪文も使えるので、上げでも十分に使えるといえるでしょう。 全体攻撃としては、一番の火力となっており、こころでも補正のしやすい属性で評価が高いです。 また、単体呪文のライデインは、呪文特大ダメージとなっており、単体での戦いでも火力が出せる優秀なといえるでしょう。 今まで、回復役を二体編成しないと厳しかった敵も、いやしの波動があれば対応ができます。 またバギクロスでダメージとしても期待できますし、蘇生魔法「ザオラル」も使用できます。 回復型の賢者に最も持たせたいといえるでしょう。 さらにバフ効果を持つスキルも持っており、使いやすい性能となっています。 スキルにはデバフを付与するものも多いので、デバフを狙えるといえるでしょう。 デーモンハントは猛毒が付与されていれば420%という火力を出すことができます。 また超まわしげりも全体に190%と威力が低くありません。 上げにも使えますし、汎用性の高いとしておすすめです。 さらにギガソードに関しても、倍率が350%となっており、条件なしの倍率では、などを抜き、最大の火力となっています。 全体攻撃スキルもバギ属性という評価の高い属性なので、使いやすさも抜群です。 スキルも単体火力が最強のスキルと、全体攻撃最強の火力となっており、抜け目のない性能が魅力です。 また悪魔系に特攻を持っているため、使うべきタイミングが必ず訪れるです。 バトマスへの得意性能も持っていますが、出来ない場合は武道家に持たせるのもありです。 武器 評価 評価ポイント 9. さらに、属性がついていないことから、ダメージが安定するので汎用性は高くなっています。 全体攻撃も無属性170%の火力で攻撃できるため、汎用性も高いです。 と比べると、全体攻撃の威力が低い分、少し評価は低くなっています。 ロトシリーズと揃えて装備することで特攻となれるのもおすすめの理由です。 しっかりをすることで敵全体を殲滅することが可能となります。 一定確率で敵を防御ダウンさせることができる『かぶとわり』は強力なモンスターに対して有効です。 守備面を自己完結できるためを他のへのヒーラーとして立ち回ることができ、サポート的なとしておすすめになります。 反対には230%の全体攻撃ができるギガスラッシュがメインスキルで、天空のつるぎの全体攻撃は170%の超ぶんまわしとなっています。 上げなどの時はがおすすめですが、戦では天空のつるぎの方が役立ちます。 どちらもにとって最強ですが、状況によって使い分ける必要があるでしょう。 の方が、ミラクルソードが使えるので自己回復が可能な分、汎用性は高いと思えますが、特殊効果で大きな違いがでます。 斬鉄丸はけもの系と植物系へのダメージを10%高めるという効果をもっているのです。 多くのモンスターに対し、火力を上げることができるので、汎用性は斬鉄丸の方が上といえるでしょう。 単体火力としては やしゃのの氷結らんげきが強く、こころなどをしっかり持たせることで、天空のつるぎ並の火力を出すこともできます。 相性さえ合えば、こちらもなみの火力を出せます。 武器 評価 評価ポイント 9. 上げや、敵を〇匹以上まとめて倒すなどのミッションの時には、黄竜のがおすすめです。 属性の違いもあるので、上手く使い分ける必要があります。 特に『ゴットスマッシュ』は威力がかなり高いため、沸きモンスター戦では敵を殲滅、強力モンスター戦では左右の雑魚を弱らせることが可能となります。 合計4回攻撃できる『超さみだれ突き』はボスモンスター単体となった際にかなりダメージを与えられるスキルです。 電光さみだれ突きはデイン属性になるため、デイン属性を弱点とするモンスターに対してかなりダメージを与えることができます。 黄竜ののメインスキル「龍牙疾風拳」は 全体にバギ属性の245%の体技ダメージとなっています。 それぞれ得意分野が違いますし、イオ属性とバギ属性という違いもあるので、どちらが強いとは一概にはいえません。 ただ、平均的に能力が高くなるのは 黄竜のです。 全体攻撃ができれば、上げにも役立ちますし、基本となる攻撃力も黄竜のの方が上回っています。 火力は全く同じなので、属性に左右されないという面ではの方が強いように見えます。 ただ、デイン属性という縛りがあるので、弱点を突きやすく、こころなどでもしやすいというメリットもあります。 防御力が低い武道家の弱点をかばうこともできます。 火力で見るなら、汎用性を考えるならといえるでしょう。

次の

【ドラクエウォーク】デイン属性スキルと強化するこころ一覧|ゲームエイト

デイン属性 ドラクエウォーク

今回は武器の組み合わせが大事なのでおすすめ武器セットも紹介しています。 ドラクエウォークのレベリングの基本 「1ターンで敵の攻撃を受けずに倒し切る」 これがドラクエウォークレベリングの基本になります。 その上で、 ・3キャラで倒す ・2キャラで倒す 2パン ・1キャラで倒す ワンパン ・呪文で倒す ・カットイン特技 ギガスラなど を使わない ・メタル処理キャラを入れる などなど各個人の好みに応じてレベリングパーティを組んで行きます。 ただ… 上級者は皆口を揃えて「最強のレベリング構成はゴシパラ2」と言います。 りゅうき兵やゴールドオークといったモンスターはガード率 攻撃を弾く確率 が高く、弾かれて0ダメージにされた場合1,000ダメージ近く失うことになります。 そのためミスやガードを念頭に「追加で1,000ダメージ出すカバー用のキャラ」を入れる必要が出てくるので、必中の呪文を使った快適レベリングが好まれているのです。 ひとつめピエロやりゅうおうのこころを組み込めば、ひたすらマヒャドを打ち続けることも追い風となっていました。 アームライオンは出現率が低すぎて無理でした!シルバーデビル調べたので許してください! ざっくりとした感想は「デコボコがすごい!」だと思います。 6章では幅広い武器が活躍できるように 後発のメラ,ジバリア,イオは露骨な耐性持ちがいましたが 、極端な弱点・極端な耐性持ちモンスターはいない設定がされていたのです。 幸い1本持っていれば相方は『ゴシックパラソル』で良いのが救いでしょうか? なお、新武器『バロックエッジ』の全体スキル「ラッシュバースト」はイオ属性でモーションが非常に早いので、物理で考える場合優先して使いたい武器になります。 バギの代表といえば『黄竜のツメ』 リリース初期からカットイン大火力として常に第一線で活躍してきた武器です。 他には、• しかし、このカップルどちらも鈍足なため素早さについては気をつける必要があります! 特に夜出現のマッドフィンガーは推奨素早さ450なので要注意です。 最後にデインですが個人的に感動したのが『りゅうおうのつえ』とのコラボで確定2発できることです。 ゾーマS手に入ったら全敵行ける可能性あり。 検証データから各属性「通りの良さ」の配点を決めた上で、シールドオーガの守備力 468 を基準に算出した等倍与ダメをもとに数字を出しています。 ざっくり1,600ほど出せば7章モンスターは倒せるので、 大火力:ラーミア・ボル鞭・黄竜・ロト 中火力:アリ剣・バロック・冥獣など この大火力+中火力で2パンできないか?を考えていく形になります。 7章レベリング2パン狙える組み合わせ表 「こんな構成いいよー!」というおすすめあったらTwitterでリプもらえると嬉しいです!.

次の