下半身 痩せ トレーニング。 沖縄の下半身痩せ那覇パーソナルトレーニングジムkinari

太もも痩せストレッチ&筋トレ!おしりと太もも痩せしたい人に [下半身ダイエット] All About

下半身 痩せ トレーニング

下半身痩せを大阪で 下半身痩せのニーズが多い!!最近テレビの影響もあってとにかく多いですね。 良い事だと思います。 ですが先日テレビで下半身痩せについて特集があり、見てましたが『怖い・・・』これが感想です。 フォームを伝わりやすくテレビで下半身痩せトレーニングについて教えていますが、トレーニング方法を少し間違うだけで下半身痩せが下半身太りをより確固たるものにする内容でした。 正確なフォームは非常に大切です。 テレビのトレーニングですが内容は『内もものトレーニング』ですが多くの人が殆ど間違ってるフォームでした。 youtubeなどで最近は多く情報を得られますが本当にそれが正解かどうかは不明です。 下半身太りは目の錯覚にも原因が! 下半身痩せで重要な事があります!なぜ下半身が太いのか!意外と知られていない事実があります。 下半身太りなのは視覚の問題でもあります。 イメージしてほしいことが、細長い長方形のビルを想像してください。 正面からの断面は間口が狭く奥行きが長いそんなビルをイメージしていただければいいです。 正面から見るとそのビルは間口は狭いので細く見えます。 ですが斜め45度の方向から見ると断面積は広く見えませんか?? 実は足も同じです。 足を輪切りにするとわかるのですが丸ではありません。 どちらかと言うと長方形です。 正面からは細く側面の内側が大きく筋肉が付着しています。 実は骨盤やつま先の方向一つで足の細さの見え方が変わります。 つま先を外側に広げると骨盤も広がり、ビルを斜め45度から見るように側面の断面積が増える分太く見えます。 いわゆるこの状態が下半身太りと呼ばれるものです。 これを改善するには内ももを締める動きや『斜めになってるのを矯正するため』腹筋などを使い骨盤を締めて膝の方向をきっちり正面に向くようにしていきます。 下半身痩せでトレーニングするのは下半身だけではない! お客様によく内ももを締めてくださいとお伝えします。 その時に意識してほしいことがあります。 実は『下腹部、お尻に力がはいってるのを』そう実は内ももを鍛えたいとなると下腹部とお尻を鍛えるだけでも内ももは鍛えることが出来ます。 もちろんこの3点セットを鍛えることによりより効果が発揮しより綺麗な体つくりが可能となります。 普通下半身なら足を鍛えると思うのが実は全然違うところアプローチすることで最高の効果が発揮されます! もちろん専門的な知識が必要です。 お尻や下腹部もどの部位をトレーニングするかで下半身のトレーニングアプローチが変わります。 正しい知識で確実に下半身のトレーニングしませんか?.

次の

加圧トレーニングで脚痩せするなら知っておきたい下半身太りの原因と対策

下半身 痩せ トレーニング

部位別筋トレ 【女性のジム下半身痩せ筋トレ】マシン中心のダイエット方法をミスボディフィットネストップ選手が解説 女性がジムで筋トレして下半身を綺麗に痩せるダイエットトレーニングと、そこからのヒップアップ方法について、ミスボディフィットネスで全日本トップクラスの実績を持つ選手であるMIKIKOさんに解説していただきます。 初心者もチャレンジしやすいマシントレーニングを中心に、本格的なバーベルトレーニング、そしてジムに行けない日の自宅筋トレまで、とても詳しく執筆してくださいました。 国内でもトップクラスの美しい下半身を持つ女性選手のトレーニングテクニックを、日々の筋トレに取り入れれば、非常に効果的・効率的にダイエット&ヒップアップが可能です。 ・ お尻の筋肉:臀筋群|脚を後ろに上げる作用があり、大臀筋、中臀筋、小臀筋の三層構造をしています。 ・ 太もも 前 の筋肉:大腿四頭筋|膝を伸ばす作用があり、大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋に分けられます。 ・ 太もも 後ろ の筋肉:ハムストリングス|膝を曲げる作用があり、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋から構成されます。 ・ 太もも 内 の筋肉:内転筋群|脚を閉じる作用があり、長内転筋、短内転筋、大内転筋、小内転筋から構成されます。 ・ ふくらはぎの筋肉:下腿三頭筋|爪先を伸ばす作用があります。 また、この筋繊維をターゲットにしないかぎり、ムキムキになることもありません。 この場合の負荷設定は、20回以上の反復で限界がくる重量で行います。 この場合の負荷設定は15回前後の反復で限界がくる重量で行います。 わかりにくい方は仁王立ちで両手を腰におき、ウェストではなく骨盤を左右から掴んでみてください。 少し膝を緩めて、骨盤を前や後ろに倒すことができるか試してみましょう。 猫背がちな方は骨盤が後ろに倒れています。 逆に反り腰の方は骨盤が前に倒れています。 正しい骨盤の位置に今すぐ直して下さいと言ってるのではありません。 「今の自分の傾き加減を自覚した上で、自由に股関節を動かすことができるか?」ということが大切なポイントだと考えています。 その分ターゲットの部位に全神経を集中して、安全に行うことができます。 ただ、外国製マシンの場合、どうしても体の小さな日本人女性には合わない 支点・力点がずれてる 場合がでてきます。 これは効きにくいばかりか、傷めてしまう原因にもなるので、パッドを利用するなど微調整してみて下さい。 この調整の作業も「効かせられるているか?」という感性を育てる作業になります。 座る、脚でプレートを押すというシンプルな動作なので筋トレビギナーの女性陣もとっつきやすいマシンだと思います。 シートに座ったら、まず骨盤の角度を意識してみて下さい。 腰が丸まったまま 骨盤が後ろに倒れた状態 プレスする癖がついてしまうと、重量が重くなってくるにつれ、腰への負担が大きくなります。 注意して下さい。 プレートを押す足の位置・背もたれの角度で効く箇所が変化します。 いきなりメインセットに入らずに、まずはゆっくり動作して、効いてる箇所を確認してみましょう。 一番最初に「重さが乗ってるな、ここ使ってるな」と思った箇所に、そのセット間は効き続けます。 私は脚トレの一種目めに持ってくることが多いです。 膝を曲げて伸ばすだけのように見えますが、足先を内股気味にするか外股気味にするかで、効く場所が違います。 まず最初は真っ直ぐのまま、脚を伸ばしきる、力を込めて脚全体を硬直させる感覚を掴みましょう。 戻す時も力を抜き切らないように、スピードをコントロールしながら行ってみてください。 シートの角度に股関節をぴったりとあわせてうつ伏せになります。 膝下の部分の長さ調整も大切です。 膝を曲げてかかとをなるべくお尻に近づけてくる動作の時に、しっかり力が入るように調整してみましょう。 そして戻し過ぎないこと。 スタートポジション手前で切り返し、お尻・ハムストリングスがカチカチに硬くなるのを感じながら繰り返します。 ふくらはぎのピークが高い位置にあると、膝下が長く見えます。 レッグプレスマシンを使ったカーフレイズをおすすめします。 脚の位置はプレートから足裏半分がはみ出すところ 踵が出てる状態 に置き、膝は伸ばし固定した状態で足首だけを動かします。 ふくらはぎがリンゴのように丸く収縮するのを感じながらプレス動作を繰り返します。 筋肉の大きさとパワーは比例します。 自分が思っているよりもけっこう重いものが扱えるかもしれません。 バーベルを担ぎ、しゃがみ、立ち上がるというシンプルな動きの中に、トレーニングから得られるたくさんの恩恵が詰まっています。 視線は正面を見たまま、床を見つめないように。 太腿が床と平行になるぐらいの深さまでしゃがんだら、足裏で床を押すイメージで立ち上がって見ましょう。 基本的に深くしゃがむと脚の根元、内転筋に効きます。 バーベルを担ぐ位置、足幅、つま先の向き、しゃがむ深さ、スピード、回数など自分の目的に合わせてカスタマイズを楽しめる種目です。 ただ、ある程度背中の筋力が発達していないと姿勢の保持が難しい種目でもあります。 バーベルを下げていく時に腕が先行して背中が丸まってしまうという方は、逆手でバーベルを握り背中の緊張を保ったまま、お尻を後方に突き出すというイメージで行ってください。 バーベルは脚前面スレスレの軌道です。 お尻とハムの境目が伸びているなと感じたら、恥骨を前面に突き出すイメージでバーベルを引き上げます。 視線は正面です。 パワーグリップなどを使用すれば、ターゲットとなる筋肉の動きに神経を集中させやすくなります。 片脚の甲、足首をベンチ台などに置き、内転筋のストレッチを感じながらできるだけ深くしゃがみ、床を押すように片脚でグッと立ち上がります。 前に置いた脚の膝がつま先より前に出ないように、視線は前を見据えたままです。 この時にお尻の筋肉をギュッと硬くすることが大切です。 まずはウエイトなしで深くゆっくりしゃがむ練習をしてから、徐々にウエイトを増やしていきましょう。 ・ますは限界までヒップリフト 仰向けになり両膝を立てたら、容赦なくお尻を締め突き上げます。 股関節が平らになり、お尻のほっぺがカチカチになるのを感じて下さい。 あえて回数は決めずにお「尻に効いている」と感じるまで行います。 物足らない方はシングルレッグで行います。 限界を感じたら立ち上がり、ワイドスタンス自重スクワットに移りましょう。 ・仕上げのワイドスタンススクワット 常に脚の付け根、つま先、膝の向きが一直線上にあるように気をつけましょう。 膝だけ内に絞ることのないように注意してください。 手は胸の前で肘をあげクロス、もしくは前に伸ばします。 ここでしっかり胸をはり背中のアーチを作りましょう。 股関節からゆっくりしゃがみ、背中のアーチが崩れそうになる手前の深さまで下ろします。 この時にお尻のストレッチを感じることが大切です。 それは主に「身体活動・運動」 レジスタンストレーニング・ウォーキング・筋繊維・超回復・エネルギー代謝 および「栄養・食生活」 三大栄養素・水分摂取 の項目です。

次の

【保存版】下半身痩せに効果的な筋トレはコレ!女性でも簡単にできる鍛え方を厳選してご紹介!

下半身 痩せ トレーニング

「下半身痩せを意識したことのない人はいないのでは?」というくらい、下半身太りに悩む人は多いですよね。 ヒップと脚のメリハリをつけたい、太ももやふくらはぎにスキマが欲しいなど、それぞれ気になる所があるかと思います。 あなたはどのタイプ?下半身痩せを邪魔する原因3つ 下半身が太ってしまう原因は大きく分けて3つあり、それぞれに合った方法を選ばないと下半身痩せは成功しません。 オフィスワークで長時間座りっぱなしだったり、立ち仕事で立ちっぱなしだったりすると、血行不良になってむくんでしまいます。 私もオフィスワークなため、朝起きた時と仕事帰りではむくみで足の太さが変わってしまいます。 by mpori2 エクササイズ、筋トレ、骨盤矯正…下半身痩せには何が効果的? 下半身太りにはさまざまな原因があるので、対処も原因に合わせて行うのが効果的です。 モチベーションの上がる「ビフォーアフター写真」にもご注目ください! 下半身痩せ成功者のビフォーアフター写真満載!簡単エクサ方法5選 筋肉衰えタイプには、自宅でいつでも取り組めるエクササイズを紹介します。 下半身に溜まった老廃物を血液やリンパ液に乗せて排出すれば、パンパンになった脚も見ちがえるようにスッキリします。 ライターは体が温まっている入浴後に行ったそう。 肌の滑りを良くするために、クリームを塗ってから行ってくださいね。 腰に痛みや違和感があってこの姿勢がツライ人は、無理しないようにしましょう。 ちなみに、写真の枕はライターが100円ショップで購入したものだそう。 たった100円のアイテムで、最終的に-18kgというから驚きの効果ですよね。 産後の骨盤の歪みや、ウエスト周りのお肉が気になる方は、試す価値のあるダイエット法と言えそうです! 夜寝ながら履くことができ、翌朝には脚がすっきりしているというキャッチフレーズが魅力的。 2000円ちょっとと安くはありませんが、即決で購入しました。 by こめこ デスクワークなどでむくんでしまった脚を寝ている間に解消できるのは、忙しい女性にとって非常に便利です。 写真はフルレッグタイプですが、ふくらはぎまでのタイプや、骨盤サポート機能付きタイプなどもあるので、自分の目的別に選んでみましょう! メディキュットは「痩せる」わけではない? メディキュットを使うとき注意しておきたいのは、「むくみを取る」=「脂肪が落ちる」ではないという点。 ライターにも、むくみ解消効果は高いけれど痩せたわけではない、という意見が多数でした。 ぱっと見たところの筋肉はムキムキしていません。 ボディビルダーのようになってしまうかと心配していましたが、第三者から見て私がボディパンプをしていると気づく人はさほどいないだろうな、という印象です。 by マギー ボディパンプの注意点 ボディパンプは正しいフォームで行わなかったり負荷をかけすぎると、腰痛や膝を痛める原因になってしまいます。 トレーナーの指示に合わせて適切な重さで行うことが大切です。 トレーナーがいない公共のジムに行く場合は、動画などを良くチェックして「正しいフォーム」「重りは軽いものから」というルールをしっかりと守りましょう。 しかしライターは正しく行えば、かなり効果の高い下半身痩せ方法だと感じたそうです。 そこで、代謝をアップさせるためにプロの手を借りるのがおすすめ。 エルセーヌの体験コースなら、ツボ・遠赤外線ドーム・イオンパック・リンパ流しなど、代謝を徹底的にUPさせる本格施術なのに、なんと500円! しかも、体験コース1回で、全身合計「-8cm」が達成できなければ返金保証がついています。 1回の体験でも、体質が変わることが実感できると評判です。 心当たりはありませんか?すぐにむくみ、手足が冷えやすく、下半身はセルライトでボコボコ…。 そんな方は、まずはセルライトケアを受けるのがおすすめ。 むくみ解消の効果も期待できます。 BTBの「全身痩身体験・5部位セルライトケア」なら、ヒップ・お腹・二の腕・脚全体・背中と、気になる部位のセルライトケアをまとめて受けることができます。 吸引・ローリング・ラジオ波のトリプルアタックで、しっかり効果を実感できる!と評判です。 これだけ充実しているのに、価格はなんと2000円!どうしてもセルライトが落ちない、むくみがひどい、という方は試してみる価値ありです。

次の