トイ ストーリー。 ハワイアン・バケーション

トイ・ストーリーシリーズ

トイ ストーリー

1995年に全米で公開されて以降、「トイ・ストーリー」シリーズは数々の華々しい功績を上げています。 まず、シリーズ第1作目『トイ・ストーリー』は、全世界で約3億6200万ドルの興行収入を上げ、当該年度の映画の興行成績第1位を獲得しています。 また、第1作目は、初のフルCG長編アニメーションを生み出した功績が称えられ、監督ラセターはアカデミー特別業績賞を受賞。 初のフルCGアニメ作品ということで、製作には莫大な予算が必要だったようで、『トイ・ストーリー』制作当時のピクサーのCEOスティーブ・ジョブズが公開までの4年間で5000万ドルも投資し、本人は「こんなに金がかかるなら投資しなかった」と語っています。 しかし、第1作目のヒットにより、ピクサーの株は高騰し、ジョブズの資産は4億ドル増加する結果に。 本作の成功なくして、フルCG長編アニメ映画の未来はなかったのではないでしょうか。 ウッディの妹分であるジェシーや愛馬のブルズアイ、金鉱掘りのプロスペクターや悪の帝王ザーグが登場しました。 ウッディが家の外に出ることで、新たな仲間たちとアンディのおもちゃたちの間で揺れ動くことに。 新たにヴィランとして立ちはだかるおもちゃや、以降のシリーズにも登場する人気キャラ・ジェシーが登場するなど、個性豊かな面々が新たに加わりました。 ペンギンの人形ウィージーがガレージセールに売りに出されるのを阻止しようとしたウッディは、偶然その場にいたおもちゃ量販店店主アルにより持ち去られてしまうのです。 アルの部屋へ連れてこられたウッディが出会ったのは、「ラウンドアップの仲間」たちでした。 最初こそ、アンディのもとへ帰ろうとしていたウッディでしたが、ジェシーの悲しい過去やプロスペクターの必死の説得を聞くうちに、彼らと共に日本の博物館へ行くことを決心するのでした。 シリーズ3作目となっており、当初最終作として製作されました。 次第に遊ばれなくなっていくおもちゃたちの悲しみと、別れが描かれています。 親子で観ることで、それぞれ違った視点からメッセージを受け取ることのできる作品です。 17歳になったアンディが大学進学の準備中、屋根裏部屋に行くはずだったウッディ以外のおもちゃたちが誤ってゴミとして捨てられそうに。 パニックになったおもちゃたちはウッディが誤解だと主張しても聞かず、サニーサイド保育園へ行くことを決意するのでした。 最初はおもちゃの天国に見えたサニーサイド保育園でしたが、実はロッツォの独裁政治によって支配されており、敵にコントロールされているバズによって、おもちゃたちは監視下に置かれることになります。 ネタバレを見る ウッディの説得で考えを改めたフォーキー。 ボニーの元へ戻ろうとしていると、ある骨董店に離れ離れになったボー・ピープのランプを見つけ、探しに訪れます。 そこで出会ったのはギャビー・ギャビーという女の子のおもちゃ。 彼女はボイスボックスがないために子供に遊んでもらえておらず、ウッディのボックスを奪おうとします。 ウッディは逃げることができましたが、フォーキーが捕まってしまうのでした。 その後、ウッディは偶然ボーと再会し、フォーキー救出へ向かいます。 しかしボーと喧嘩し1人になってしまい、自分のボイスボックスを差し出すことでフォーキーを取り戻しました。 フォーキーを無事に送り届けたウッディはボニーの家へは帰らず、ボーと同じように自由に生きることを決めるのでした。

次の

トイ・ストーリー : 作品情報

トイ ストーリー

この項目では、シリーズ第1作について説明しています。 シリーズ全般については「」を、その他の名称については「」をご覧ください。 概要 配給の作品。 劇場用長編映画としては世界初のフル作品であり、全世界で約3億6200万ドルの興行収入を上げた。 これは、当該年度の第1位である。 日本での公開は。 日本でのセルビデオ出荷本数は190万本。 制作は。 監督(ピクサー)。 長編フルCGの作品を生み出した制作チーム統括の業績に対し、監督ラセターはを受賞した。 他に候補として、脚本賞ノミネート(アンドリュー・スタントン)、オリジナル主題歌賞ノミネート(" You've Got a Friend in Me")、作曲賞(コメディ部門)ノミネート(ランディ・ニューマン)。 (日本では)には続編『』が公開され、以降として続編や関連作品が発表されている。 10月2日には、『トイ・ストーリー2』との2本立てで版が2週間限定で全米公開、日本では2月6日に公開された。 に発表されたでは99位にランクインした。 にはアメリカのTotal Film誌で行われた「史上最高のアニメ映画50」にて第1位に選ばれた。 ストーリー のは、古めかしいおしゃべり人形。 背中の紐を引っぱると、パンチの効いた「カウボーイトーク」を聞かせてくれる。 そんなウッディは アンディ少年の大のお気に入りで、彼は毎日のように、いろいろなを取り混ぜながらカウボーイごっこに興じるのだった。 そうしてアンディが楽しく遊ぶおもちゃ達には、とても大きな秘密があった。 彼らは実は生きていて、話したり自由に行動したりできるのだ。 しかし、それを人間に知られてはいけないというのが「 おもちゃのルール」なのだ。 ウッディは、アンディの一番のお気に入りのおもちゃで、おもちゃ達のリーダーでもあった。 そして、今年もアンディの誕生日がやってきた。 おもちゃ達はこれから共に過ごすことになる新顔に興味津々。 ウッディがおもちゃ仲間の グリーン・アーミーメンにプレゼントを偵察させたところ、プレゼントの中から現れたのは、最新の、だった。 技術の粋を結集したようなバズに、アンディは案の定夢中になってしまう。 また、バズ自身も自分が本物のスペースレンジャーだと信じて、飛行能力を証明するため高みから飛び降りたりするが、飛びはしなかったものの、派手な動きで恰好よく落ちたことから、これにはアンディのおもちゃ達までが心を奪われてしまう。 そんな中、デイビス家が引っ越すという新たな問題が持ち上がる。 その騒ぎの最中、バズのことが面白くないウッディは、バズにちょっとしたイタズラを仕掛けるが、アクシデントが重なったことでバズはアンディの部屋の窓から転落するという大事故に見舞われてしまう。 しかし、他のおもちゃ達は、ウッディが自分に取って代わりそうなバズを突き落としたのだと誤解しはじめる。 一方ウッディは、アンディに連れられて「ピザ・プラネット」というレストランに連れて行かれる途中、二人を尾行してきていたバズに会って喧嘩となり、夢中になるうちでアンディとはぐれてしまう。 必死に彼を追う二人だったが、道すがら「おもちゃ殺し」と称される隣家に住む少年 シドに発見され、そのまま連れ去られてしまう。 彼の部屋に閉じ込められたウッディとバズは、もうすぐ引っ越してしまうアンディの家へ戻ろうと試みる。 しかし、テレビで流れていたバズ・ライトイヤーのを見たバズが自分がおもちゃであることに気づき落ち込み、さらにはシドがバズにロケット花火を括り付け爆発させようとする。 ウッディはシドのおもちゃたちの協力を得て、バズを救出することに成功する。 だが、デイビス家が乗った車やアンディのおもちゃたちを乗せた引っ越しトラックが出発してしまう。 ウッディとバズはトラックを追いかけるが、間に合わなかった。 そんな中、ウッディがバズに括り付けられたロケット花火の存在を思い出す。 2人は、ロケット花火を利用してアンディの元へ戻ることが出来た。 その後、アンディ達は引っ越し先でを迎える。 おもちゃ達は、新しいおもちゃがプレゼントされないか心配していたが、プレゼントの中身は子犬(バスター)だった。 そして、冒険を共にしたウッディとバズは固い友情を誓ったのだった。 登場キャラクター 詳細は「」を参照 主要キャラクター (Woody Pride) アンディのオモチャたちのリーダー的存在のカウボーイ人形。 お調子者で明るい性格。 背中についたひもを引くと、内蔵されたレコードで「を捨てろ、手ぇあげな。 」「やられたぜ! 」などとランダムにしゃべる機能が付いている。 アンディの一番のお気に入りだったが、バズがやってきてからはそのポジションが怪しくなっていく。 バズを驚かそうとイタズラをするが、不幸な事故でバズが窓から落ちたため、仲間達から「オモチャ殺し」と疑われ、バズ本人とも当初は喧嘩が絶えなかった。 しかし互いの本心を知って和解してからは二人で協力し、アンディのもとへと向かう。 (Buzz Lightyear) アンディの誕生日にプレゼントとしてやってきた、体にいろいろな仕掛けがある流行のオモチャ。 発売されたばかりで、自分が子供向けの大量生産された玩具ではなく本物のスペースレンジャーだと信じており、空も飛べると考えていた(実際は飛んでいないが、本人は目を瞑っているため気づいていない)。 しかし、シドの家に連れて行かれた際、テレビCMで自身の正体を知り、一時意気消沈するもウッディの説得と本心を知り、彼に協力する。 アクションボタンを押した際に再生される"To infinity and beyond! "(日本語版では「無限の彼方へ さあ行くぞ! 」)が決め台詞。 仲間のおもちゃたち レックス(Rex) 恐竜のオモチャ。 見た目とは裏腹に臆病で、自分より怖い恐竜が来るのではないかと思っている。 当初はスリンキーやボーと共にウッディを信用していたものの、誤解によって信用できなくなってしまう。 しかし、真実を知るとウッディに和解する。 ミスター・ポテトヘッド(Mr. Potato Head) 組み付けパーツ付のオモチャ。 口が悪く皮肉屋。 バズに嫉妬したウッディを最後まで見下したものの、真実を知った時は和解した。 妻のミセスに会うのが夢でラストでそれが実現した。 ハム(Hamm) ブタの貯金箱のオモチャ。 ポテトヘッドと同様、ウッディを疑っていた。 後に、真実を知ると描写はないがウッディと和解した。 スリンキー・ドッグ(Slinky Dog) 体がバネでできた犬のオモチャ。 オモチャの中では最年長でウッディとは長い付き合い。 ウッディが疑われた時も信用していたものの、誤解によって信用できなくなり、ウッディを見捨てざるを得なくなってしまう。 しかし、終盤で真実を知ると罪悪感と後悔を感じ、誰よりも彼らを助けようと奮闘する。 ボー・ピープ(Bo Peep) 電気スタンドの人形。 アンディのオモチャ達の中では紅一点。 最後までウッディを信じており、ウッディとバズの活躍を見て誤解であった事実を伝えた。 3匹がくっついているため首が3つあるようにも見える。 名前は「ビリー・ゴート・グラフ」。 グリーン・アーミー・メン(Green Army Men) リーダーの 軍曹(Sarge)率いる、小型の兵隊たちの集団。 ウッディの命令には忠実だが、ウッディがバズを突き落とした時は「おもちゃの面汚し」と言い放った。 RC バギーのラジコンカーのおもちゃ。 ウッディに操作ミスで、誤ってバズを落とした。 引っ越しの時に、ウッディとバズを乗せて、引っ越しトラックまで走った。 ロッキー・ジブラルタル(Rocky Gibraltar) 力持ちのおもちゃ。 その怪力でウッディを投げ飛ばしたが、事実を知るとウッディとバズを助けるために協力した。 エッチ・ア・スケッチ(Etch A Sketch) スケッチボードのおもちゃ。 ダイヤルを回すことで絵を描くことができる。 早撃ちも得意。 レニー(Lenny) 双眼鏡のおもちゃ。 おもちゃたちが遠くを見るのに使う。 終盤ではウッディとバズが追いかけるのを目撃し、それをみんなに報告したことでウッディの疑いが晴れる。 ミスター・スペル(Mr. Spell) 文字を押すと声が出るオモチャ。 一応喋れるが、リアクションなどは文字で表す。 バズを救出しようと出されたが、人数が足りなかった。 サルの鳴き声しか発さない。 ミスター・シャーク(Mr. Shark) 笛付のサメのオモチャ。 ウッディの物真似をして、本人からダメ出しを食らう。 ロボット(Robot) 足がキャタピラのロボット。 ロッキーと共にウッディを投げ飛ばした。 スネーク(Snake) ヘビの人形。 ウッディがバズやRCを落とした時に足に巻き付いた。 占いボール(Magic 8-Ball) ビリヤードのように8と書かれた黒いボール。 それを振ると「望み薄」などと書かれた運勢が出る。 ウッディがそれを見て机の下に落としたが、これが事件の始まりとなってしまう(幸い下には誰もいなかった)。 ほかにもやブロック人形、ホッケーパックのオモチャなどがアンディのおもちゃとして登場している。 エイリアン(Aliens) ピザ・プラネットのクレーンゲームの景品のエイリアンの人形。 集団で行動しており、クレーンを神と呼ぶ。 そのうち一体はシドのオモチャとなり、スカッドによって無残な姿にされたが、終盤でシドに復讐した。 ミュータント・トイ(Mutant Toys) シドによって改造され、奇妙な姿にされたオモチャたち。 赤子の人面を持つ金属のカニ、人形の足を付けた釣り竿、人形の代わりに手のついたびっくり箱、後ろ足がタイヤのゼンマイガエル、スケボーに付けられた上半身だけの人形、アヒルのレスラー、焼き焦げた人形、の片手が付いた人形など。 全員不気味な外見とは裏腹に優しい性格で、他所者の片腕を失くしたバズを修理したり、終盤ではウッディに協力してシドに復讐した。 人間 アンディ・デイビス(Andy Davis) ウッディたちの持ち主の少年。 当初はバズばかり遊んでウッディに興味を示さなくなったが、引っ越しの際にはウッディとの興味を取り戻す。 モリー・デイビス(Molly Davis) アンディの妹。 引っ越しの際にオモチャが動くのを目撃した。 シド・フィリップス(Sid Phillips) 本作の。 よくオモチャを改造したり、破壊したりするのでアンディのオモチャ達から恐れられている。 わがままで子供とは思えない乱暴者。 あまりの乱暴者で、サマーキャンプを追放されている。 母親の前では良い子を演じている。 乱暴な性格から、友達が出来ず、友達が一人もいない。 ピザプラネットにも一人で遊びに来ていた。 ウッディの作戦でおもちゃ達から復讐され、妹の人形でさえも怖がるほどおもちゃ恐怖症となる。 ハンナ・フィリップス(Hannah Phillips) シドの妹。 年相応にわがままだがシドと比べておもちゃに対しては優しい。 片腕の取れたバズを人形達のお茶会の相手にしていた。 動物 スカッド(Scud) シドの飼い犬。 獰猛な性格でよくシドが購入したオモチャを無残にする。 終盤でウッディとバズを追いかけるが、車に囲まれて動けなくなってしまった。 バスター(Buster) アンディの飼い犬でママからのプレゼント。 ラストのみの登場。 キャスト 役名 原語版声優 日本語吹替 レックス ハム ボー アンディ・デイビス 市村浩佑 シド・フィリップス 堀裕晶 アンディーのママ (デイビス夫人) 軍曹 (グリーン・アーミーメン) 部下 (グリーン・アーミーメン) ハンナ 笠原清美 エイリアンたち レニー バズ・ライトイヤーのCMナレーター ピザ・プラネットの音声案内 デビ・デリーベリー 不明 ミスター・スペル ジェフ・ピジョン 不明 ロボット 不明 MR. また別の業界者によればバズは玄田哲章ではなくであるとの証言もあるが 、この初回収録版は2020年現在関係者以外には公開されていない為、真相は不明である。 日本語版制作スタッフ• 演出:• 翻訳:いずみつかさ• 訳詞:• 音楽:深澤茂行(ミュージッククリエイション)• 録音:伊藤恭介• 調整:井上秀司• 録音スタジオ:• 日本語版制作:スタジオ・エコー スペシャル・エディション• 日本ではが劇場公開した2000年3月に「メイキング・オブ『トイ・ストーリー』」を収録したスペシャル・エディション版VHSが発売された。 トリビア• 本作は、アメリカの中流家庭の子供部屋が主な舞台となっており、実際にアメリカで売られている、または売られていたおもちゃが多数登場する。 、See'n say、バケット・ソルジャー、スリンキー、 、トロール、バレル・オブ・モンキー(つなぐでござる)、Majic8Ball、エッチ・ア・スケッチ、リトルタイクスなどがそれである。 また、本作に登場した実在するおもちゃが映画公開後に爆発的に売れた事から、では更に多くの実在のおもちゃが登場し、中には「ツアーガイド・バービー」のように目立って自己アピールするキャラクターも多数登場する。 は当初、本作から登場する予定になっており、シドの家からウッディとバズを救出するためにバービーが大立ち回りを演じる脚本が用意されていたが、販売元のの許可が出なかったためお蔵入りとなった。 公開に合わせて発売したおもちゃの大半を、当時無名だったカナダの玩具メーカー が製造・販売していた。 トイ・ストーリーのヒットによりシンクウェイは業績を著しく上げた。 その後、や、など大手玩具メーカーが相次いで参入し、莫大な利益を生んでいる。 ディズニー関連商品を扱うでも定番商品として扱われている。 元々は、に制作された短編『』の主人公のおもちゃ「ティニー」が、仲間を探して旅をするという内容で、30分のクリスマスTV番組として企画されていた。 しかし、ディズニー側が「30分番組が作れるなら映画も作れる」と説得、劇場用作品として制作される事となった。 これには、当時ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの会長だったジェフリー・カッツェンバーグが何度もラセターを引き抜こうとして失敗し、それならピクサーにディズニー映画を作らせようという思惑があったという経緯がある。 本作の着想のきっかけを作ったのはおもちゃコレクターのである。 監督のジョン・ラセターがので北原が運営するを訪問したことで本作の構想が生まれた、という証言がある。 エンドロールにて、アニメ製作スタッフ内には「ケン・ウィラード」 1959年生 - 1995年没 の名が入っている。 ピクサーのCEOであるの資産がなければ、本作の制作は不可能に近かった。 公開までの4年間の投資額は5000万ドルにも及び、ジョブズは「こんなに金がかかるなら投資しなかった」と語っている。 しかし本作のヒットによりピクサーの株は高騰し、結果的にジョブズの資産は4億ドル増加する事となった。 詳しくはの項目とを参照のこと。 ウッディがバズをおもちゃ扱いするシーンで「他にも呼び名があるが、この映画を見てる子供の前じゃ言えない」とをしている。 『』及びにて、劇中のダイナコ石油が登場する。 また、『カーズ』のラストシーンで『トイ・カー・ストーリー』として本作の玩具の車版が上映され、ウッディがの模型、バズが玩具の宇宙自動車、ハムが風のブタ貯金車となって登場した(ハムの日本語声優はカーズ本編のマックやのイエティに従い)。 さらにジョー・ランフト追悼シーンではレニーが登場する。 又、同じくハスブロ製品であるの使用許可がなかなか取れずに苦労したと後日ラセターが語っている。 『』の待合室にある賞状の上部中央にある丸い部分にはエイリアンが隠し画像として描かれている。 本作のヒットを受けて、本作に出てきたピザ・プラネットのデリバリートラック(GYOZAバン)は、以降ピクサー作品のほぼ全てのどこかに登場している。 の内のピザ・プラネットにはかつて4代目ベースのGYOZAバンが展示されていた。 には、まで日本で唯一のトイ・ストーリーのグッズを扱う専門店があった。 2006年-2007年に自動車レースのGT300クラスに於いてから「TOY STORY apr 」という名称のマシンが参戦していた。 カーナンバーは「トイ」の語呂合わせで101番。 アンディのママの車のナンバーにはピクサートリビアではお馴染みのが使われている。 バズ玩具のCMでの玩具屋は2作目のの悪役、アルが運営する「アルのトイバーン」である。 映画公開前、アメリカとカナダの小売業者からシンクウェイ社へのトーキングバズの総発注数は6万体だったが、映画の爆発的人気で商品が枯渇し、増産に増産を重ねて全世界で900万体以上も売れて、今も増え続けている。 2008年5月31日に打ち上げたにのおもちゃを載せて、(国際宇宙ステーション)で長期間、無重力訓練などの様子が撮影された。 これはが子供達や学生達に宇宙に関心を持ってもらう為に企画された。 の一つ、ではコードネームに本作の登場人物名を付けている。 アンディの部屋に貼られているポスターの内、バズがスペースレンジャーへの入隊を募る物が有る。 最後のシーンでアンディのママが運転していた車でモリーが聴いていた曲はの「ハクナ・マタタ」。 」「Red's Dream」「Tin Toy」「knick knack」と背表紙に書かれた本が置いてあるが、これらはいずれもピクサー(及びその前身)が本作以前に制作した短編作品のタイトルである。 特に、本作の原点となった『ティン・トイ』は、背表紙に書かれた著者名が「LASSETER」()となっている。 日本語吹き替え版でウッディを演じたが、よくウッディと顔立ちが似ているため「リアル・ウッディ」と言われている。 バズ役のが『カーズ』のイベントにゲストとして参加した際、ラセターから「バズ・ライトイヤーをやってくれてありがとう。 これからもよろしく」と言われ、「『トイ・ストーリー3』があるんですか!? 」と応じていた。 なお、実際に『』は2010年7月10日より、日本でも公開された。 初めはディズニー主体で作業が進められていたが、ピクサー買収により関係が修復したことで、ピクサーにより制作された。 本作以降、日本語吹き替え版でウッディとバズは唐沢と所が一貫して演じているが、の一部やのアトラクションおよび各種パレードではバズの声を、ウッディを2018年頃までが声を当てている。 先述の通り、当初ウッディの吹き替え担当だったは、公開直前で声優を変更された事が、後に彼が自身の知名度アップの為にメディアへの露出を増やすきっかけになったという。 テレビ放送 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 (なし) 19:00 - 20:54 114分 不明 地上波初放送 ナビゲーター: 2 2000年 19:00 - 20:54 不明 最新作『』の最新映像初公開 3 20:00 - 21:54 不明 4 TBS 21:00 - 22:54 9. 5 6. 6 金 21:00 - 22:54 9. 2010年6月23日閲覧。 TotalFilm. com、2015年7月10日閲覧 [Interntet Archive]のキャッシュ。 『別冊映画秘宝 吹替洋画劇場』洋泉社、2003年6月。 『ピクサー 早すぎた天才たちの大逆転劇』(デイヴィッド・A・プライス著、、2015年2月)214-215ページ。 20180511. 2018年8月1日閲覧。 エキサイトニュース. 2019年8月5日閲覧。 テレビ欄• テレビ欄• ビデオリサーチ. 2020年3月6日閲覧。 関連項目• 外部リンク• (英語)• - (英語)• - (英語).

次の

ハワイアン・バケーション

トイ ストーリー

すべての子ども、もしくは昔は子どもだった大人たちを夢の世界に誘う「トイ・ストーリー」シリーズ。 1996年に1作目、1999年に2作目が公開され、いずれも大ヒットを記録しました。 そして、10年ぶりに公開された続編『トイ・ストーリー3』でこれ以上ない完璧なエンディングを迎え、ファン達は「トイ・ストーリー」シリーズの終幕を確信したものです。 それいったいどんなものなのでしょうか。 この記事では、『トイ・ストーリー4』のあらすじやキャラクターとともに、隠されたトリビアも紹介。 さらに、本作のテーマやメッセージを徹底解説します。 未鑑賞の方はご注意ください! 本作の監督ジョシュ・クーリーは、これまでも『Mr. インクレディブル』 2004 や『レミーのおいしいレストラン』 2007 、『カールじいさんの空飛ぶ家』 2009 など、多くのピクサー作品でストーリーボードアーティストとして活躍。 そして、2015年には『インサイド・ヘッド』で脚本家を務めています。 そんなクーリーが初めてメガホンを取り、『トイ・ストーリー4』を完成させました。 また、もともとラブストーリーになると言われていた本作は、当初脚本家としてそのジャンルを得意とする女優ラシダ・ジョーンズとウィル・マコーマックのコンビを招きました。 しかし、「哲学面での相違」が原因で、彼らは降板してしまいます。 その後任となったのは、ノンクレジットではありますが『マイティ・ソー バトルロイヤル』 2017 の脚本に参加していたステファニー・フォルサム。 彼女が執筆した脚本はハリウッドのブラックリスト 映画化されれば必ずヒットするとされる脚本のリスト に選出されるほど。 今回、初めて長編作品の脚本を担当することで、注目が集まっています。 「でも、私たちはそこに新しい始まりを見てもいました。 アンディとウッディの物語は終わりましたが、彼のその後については、まだ語るべきストーリーが残っていると感じたのです」とプロデューサーのマーク・ニールセンはピクサーの試写イベントで語りました。 新しい持ち主・ボニーの手に渡ったウッディと仲間たちの状況は、どんなふうに変わったのか。 それによってウッディはどんな影響を受けるのか。 それを探索したのが本作です。 また、ボー・ピープをウッディの人生に再び登場させるというアイディアも、製作の大きな動機づけになったのだとか。 観客が気になっていたのは、やはりボー・ピープがいなくなった経緯ではないでしょうか。 それについては、本作でやっと知ることができました。 ウッディは新たな冒険とボーとの再会を通して、世界は自分が思っていたよりもずっと広いものだと知ります。 1作目ではバズが自分はおもちゃであると気づき、その役割を受け入れました。 2作目では、年代物の貴重なおもちゃであるウッディがアンディのそばにいることこそが自分の役割だと信じ、博物館行きを逃れます。 そして3作目では、大人になったアンディにはおもちゃが必要なくなったことを受け入れ、ウッディは新しい持ち主ボニーのもとへと移りました。 本作でそんなアイデンティを探索するのはフォーキーです。 彼は先割れスプーンとして本来の目的を果たすことができず、おもちゃとしての役割を押し付けられてしまいました。 自分は場違いだという違和感を抱えながら多くのおもちゃたちと出会い、彼は居場所と役割を見出していきます。 ネタバレを見る しかし本作のもうひとつのテーマは、「生き方はひとつではない」ということ。 本作で再登場したボー・ピープは、決まった持ち主のいないおもちゃです。 しかし、彼女は決して不幸ではありません。 決まった持ち主がいないからこそできる、そんな生き方はウッディにとって衝撃的でした。 彼女やその仲間たちの生き生きとした様子を見たウッディには、ある変化が訪れます。 そして、ボニーのもとを去り、ボーたちとともに広い世界に飛び出すことを選んだのです。 ネタバレを見る まず紹介したいのは、アンティークショップのピンポールマシンに隠れているおもちゃたちのひとり、ティニーです。 彼は「トイ・ストーリー」シリーズの原点となった1988年の短編映画『ティン・トイ』の主人公。 第1作目の『トイ・ストーリー』にもカメオ出演していましたが、今回はしっかりと登場しています。 アンティークショップのシーンには多くの遊びが隠されていますが、ティニーの他にも「トイ・ストーリー」シリーズに2度目のカメオ出演となったキャラクターが。 それは、『バグズ・ライフ』 1998 と同時上映された短編『ゲーリーじいさんのチェス』の主人公ゲーリー。 彼は『トイ・ストーリー2』におもちゃの修理人として登場していました。 本作では、アンティークショップのカウンターの後ろに彼の白黒写真が飾られています。 店主のマーガレットとの関係が気になりますね。 「MCU」、「スター・ウォーズ」、「ハリポタ」などの大作洋画系が基本的守備範囲な30代編集者です。 学生時代は、サッカーに勤しみつつ、空いた時間に貪るように映画を鑑賞。 海外サイトをこまめにチェックして、日本に出回っていない映画情報をいち早くキャッチアップすることが密かな喜びに……。 近年は、ブリーフ一枚のニコラス・ケイジがトイレで暴れ回るシーンが拝める「マンディ」、女性主人公がランボーばりに自ら傷に治療を施すシーンが最高の「リベンジ」 etc 強烈な場面が1シーンある映画に強く惹かれてしまうようです。 近年最もハマった映画は全シーン名場面の『バーフバリ 王の凱旋』!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!カッタッパ!!.

次の