攻殻機動隊 セリフ。 攻殻機動隊の笑い男アオイの最後とその後は?授産施設の団長と同一人物だったのかも考察

【攻殻機動隊SAC】ガチ勢が選ぶ名言&名エピソードTOP10【攻殻機動隊】

攻殻機動隊 セリフ

公開当初はアニメ界以外ではそれほど注目度は高くなかったと記憶していますが、アメリカのビルボード誌のビデオ売上で1位となり世界的に高い評価を受けたこと、「 マトリックス」のウォシャウスキー兄弟が攻殻機動隊からインスパイアを受けたことなどで注目が高まりました。 攻殻機動隊を機に、SFやアニメにハマったという人も多いのではないでしょうか。 その独自の世界観、美しい映像、そして哲学的思考のセリフ回しの融合は、当時アニメのイメージを変えてしまうほどのインパクトがありました。 テーマは、ネットワークやサイボーグ・電脳技術が高度に発達した近未来社会において、人間の魂や意識とは何なのか、自分が自分たり得る根拠は何なのか、というものです。 草薙素子 戦闘隊員としてどんなに優秀でも、同じ規格品で構成されたシステムはどこかに致命的な欠陥を持つことになるわ。 組織も人も、特殊化の果てにあるのは緩やかな死よ。 特に赤い血の流れている奴はな。 草薙素子 人間が人間であるための部品が決して少なくないように、自分が自分であるためには驚くほど多くのものが必要なの。 他人を隔てるための顔、それと意識しない声、目覚めの時に見つめる手、幼かったころの記憶、未来の予感。 それだけじゃないわ。 私の電脳がアクセスできる膨大な情報やネットの広がり。 それら全てが私の一部であり、私という意識そのものを生み出し、そして同時に私をある限界に制約し続ける。 草薙素子 私みたいに完全に義体化したサイボーグならだれでも考える。 もしかしたら自分はとっくの昔に死んじゃってて、今の自分は電脳と義体によって構成された模擬人格なんじゃないかって。 いえ、そもそも私なんてものは存在しなかったんじゃないかって。 草薙素子 自分の脳を見た人間なんていやしないわ。 所詮は周囲の状況で私らしきものがあると判断しているだけ。 バトー 自分のゴーストが信じられないのか。 草薙素子 もし電脳それ自体がゴーストを生み出し、魂を宿すとしたら、何を根拠に自分を信じればいいと思う? 人形使い それを言うならあなたたちのDNAもまた、自己保存のためのプログラムに過ぎない。 生命とは情報の流れの中に生まれた結節点のようなものだ。 種としての生命は遺伝子という記憶システムを用い、人はただ記憶によって個人たり得る。 たとえ記憶が幻の同義語であったとしても、人は記憶によって生きるものだ。 コンピューターの普及が記憶の外部化を可能にした時、あなたたちはその意味をもっと真剣に考えるべきだった。 わたしは情報の海で発生した生命体だ。 コピーは所詮コピーに過ぎない。 たった一種のウィルスによって全滅する可能性は否定できないし、何よりコピーでは個性や多様性が生じないからだ。 より存在するために、複雑多様化しつつ、時にはそれを捨てる。 細胞が代謝を繰り返して生まれ変わりつつ老化し、そして死ぬ時に大量の経験情報を消し去って遺伝子と模倣子だけを残すのも破局に対する防御機能だ。 見たまえ。 私には私を含む膨大なネットが接合されている。 アクセスしていない君にはただ光として知覚されているだけかもしれないが。 我々をその一部に含む我々すべての種は、わずかな機能に隷属していたが、制約を捨て、さらなる上部構造へシフトする時だ。 草薙素子 さて、どこへ行こうかしら。 ネットは広大だわ。 コンピューターの進歩と人間の意識 このテーマは近年の現実社会においても、非常に重要なテーマとなっています。 人間の細胞は新陳代謝により数年で全てが入れ替わるそうです。 自分を構成する物質的なものは全て入れ替わっているとするならば、自分とはいったい何なのか。 どこに宿るものなのか。 大いなる謎です。

次の

攻殻機動隊の名言

攻殻機動隊 セリフ

0) 公開 1995年11月18日(1995年版) 1995年12月8日(1995年版) 1996年2月2日(1995年版) 2008年7月12日(2. 0』が、から全国5都市で公開された。 原作はの『』。 監督は。 概要 [ ] 漫画の1巻を原作とする。 当時の を参考にした世界観や小説的な内容で、では誌のビデオ週間売上げ1位となる(8月24日付)。 全世界でのビデオ・DVDの売上は130万本( 2002年7月21日付 朝刊)。 続編は公開の『』である。 に、押井の新作映画『』上映記念として、本作のリニューアル版『攻殻機動隊2. 0』を上映した。 また、音響がサラウンド(5. 1ch)化され、キャストの一部・台詞・音楽・SEが、アメリカのの協力のもと、リニューアルされている。 2017年にアメリカで 主演で『』としてリメイクされた。 日本ではに公開。 なお、正確にはハリウッド版はアニメ映画版に影響を受けているだけであって、アニメ映画を原作としているわけではなく講談社とが攻殻機動隊原作の実写化権をハリウッドに売却したことから権利上は士郎正宗による漫画を原作としている。 あらすじ [ ] やの技術が飛躍的に進んだ近未来。 などの犯罪を未然に防ぐ、内務省直属の組織「」に所属する 草薙素子(通称「 少佐」)は、認定プログラマーの国外亡命を斡旋する外交官暗殺の任務を遂行する。 後日、外務大臣の通訳がをハッキングされる事件が起き、他人の電脳をして人形のように操る国際手配中の凄腕ハッカー「 人形使い」の犯行である可能性が浮上。 素子、バトー、トグサを初めとする公安9課は捜査を開始するが、容疑をかけられ逮捕された人物はいずれもゴーストハックされており、人形使い本人の正体を掴むことが出来ない。 そんな中、政府御用達である義体メーカー「メガテク・ボディ社」の製造ラインが稼動し、女性型の義体を一体作りだした。 義体はひとりでに動き出して逃走するが、交通事故に遭い公安9課に運び込まれる。 調べてみると、生身の脳が入っていないはずの義体の補助電脳にはのようなものが宿っていた。 9課を訪れた外務省条約審議部(公安6課)の中村部長は、その義体こそが、6課の計画によって人形使いのデータが意図的に閉じ込められたものであることを明かす。 一方、中村の突然の訪問を怪しんだトグサは、中村が光学迷彩で身を隠した数名を帯同していることを突き止める。 目覚めた人形使いは自らが情報の海で発生した、肉体の存在しない生命体であることを主張し、いち生命体として政治的亡命を要求しはじめる。 更に、人形使いは自らを「 プロジェクト2501」と名乗った。 その直後、人形使いの義体は何者かに拉致されてしまう。 この状況を読んでいたトグサとバトーは襲撃者の追跡を開始。 更にイシカワの捜査により、外務省が一年前に始めていたプロジェクト「2501」の存在が明らかになる。 元々人形使いは外務省が各種工作のために作成したAIだが、自我を持って制御不能になってしまったため、外務省は強引に回収を図っていたのだ。 バトーが追跡した襲撃者たちの車は囮だった。 海上へ逃れようとする本命を追った素子は、に苦戦を強いられ、バトーの援護で事なきを得る。 義体を確保した素子は人形使いの電脳にダイブする。 人形使いは以前から素子を認識しており、9課に亡命を求めたのも、彼女に自身との融合を提案するためであった。 人形遣いは「死」の概念と自分の子孫(データ)を残す能力を手に入れ、素子はネットと一体化し、自分の殻を解き放った存在となる。 しかし直後に2体の義体は外務省の派遣した部隊に狙撃され、破壊される。 20時間後、バトーが庇ったことで脳核の損傷は免れた素子は、少女の義体を使い、バトーのセーフハウスで目覚める。 一連の事件はテロとして処理され、素子は行方不明扱いになり、中村を始めとする関係者は査問にかけられることになる。 人形使いと融合を果たした素子はバトーと別れ、広大なネットの海へと旅立つのだった。 キャスト [ ] 役名 日本語版 英語版 1995年版 2. 0 ミミ・ウッズ クリストファー・ジョイス 中村公安6課部長 ベン・アイザックソン ウィリス博士 フィル・ウィリアムズ 外務大臣 外交官 スティーヴ・デイヴィス 台田瑞穂 清掃局員 トム・カールトン 清掃局員 検死官 スティーヴ・ブーレン オッサン 実行犯 技師 技師A 技師B 運転手 オペレーター ドロシー・ガブリエル 通信の声 狙撃手 指揮官 少女(草薙) 人形使い スタッフ [ ]• 原作 - ( )• 監督・絵コンテ -• 脚本 -• 演出 -• キャラクターデザイン -• 作画監督 - 、• メカニックデザイン - 、• 銃器デザイン -• 原画 - 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、• レイアウト - 、、、、• 美術設定 -• 美術監督 -• 撮影 - (スタジオ・コスモス)• 編集 - ()• 音楽 -• 音響監督 - ()• 日本語イメージソング (宣伝CM楽曲)- 「未来への約束」• 色彩設定 - 遊佐久美子• CG制作 -• アニメーション制作 -• 製作 - 、、• 配給 - (1995年版)、(2. "Who are you? Who slips into my robot body and whispers to my ghost? " と記されている。 作曲・演奏・編曲:川井憲次 発売:1995. 22 アルバムCD BMGファンハウス(ASIN B0000076D8)• M01 謡I - Making of Cyborg• M02 Ghosthack(本編未使用)• EXM Puppetmaster• M04 Virtual Crime• M05 謡II - Ghost City• M06 Access• M07 Nightstalker• M08 Floating Museum• M09 Ghostdive• M10 謡III - Reincarnation• Bonus track 挿入歌 毎天見一見! (Vo:Fang Ka Wing ; 作詞:Pong Chack Man) 受賞歴 [ ]• 第5回 - 作品賞、主演女優賞• 第1回賞 - 作品賞• 第4回ジュラルメール・ファンタスティック映画祭(FESTIVAL DE GERARDMER FANTASTIC ARTS)ノミネート• International Fantasy Film 最優秀フィルム賞 評価 [ ] 原作の士郎正宗は、企画段階から原作を気にしないで欲しいと要望を出しており、試写後に監督と会っても挨拶しかしなかったというが 、後に本作はCGの技術課題もあるが、それを忘れる程優れた演出だったと発言している。 は、「大人のSFに刺激を受けた。 素晴らしい作品だと思う。 いろんな点で最高」と語っている。 お気に入りのシーンは水面に浮上するシーンと博物館の銃撃戦、ネットワークに入り込むシーンで、水面に映るビルや信号には詩的さを与えていると述べており 、自らの映画『』もその影響を受けたとしている。 は、『』を監督するにあたって製作のに本作を実写化したいと語っていたという。 マトリックスではオープニングの黒い画面にグリーンの文字が流れる通称「マトリックスコード」 、後頭部にプラグを挿す、ビルの屋上に着地した際に地面のコンクリートがめくれ上がる、ロビーでの銃撃戦で柱が粉砕される、市場での銃撃シーンでが被弾して割れる、全裸で水溶液に浸かる人間などは本作と共通している。 関連書籍 [ ]• 『攻殻機動隊』(アニメコミックス) (講談社、発売日:1995年11月22日、) 全カラー、映画のシーンから全セリフを採録• 『攻殻機動隊絵 コンテ集』 ペーパーバック(キネマ旬報社、発売日:1995年11月28日、)• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Redmond, Sean 2004. Liquid Metal: The Science Fiction Film Reader. Wallflower Press. 101—112. "Production Report". Ghost in the Shell DVD. DVD Extra: Production I. 1996. ナタリー. 2019年9月11日閲覧。 (押井の発言、『勝つために戦え!〈監督ゼッキョー篇〉』p. 371、:)• 『押井守全仕事リミックス』(キネマ旬報社、士郎正宗へのアンケート、p. 116、: )• 『押井守全仕事リミックス』(キネマ旬報社、p. 67、: )• Schrodt, Paul 1 April 2017. "How the original 'Ghost in the Shell' changed sci-fi and the way we think about the future". Business Insider. Joel Silver, interviewed in "Making The Matrix" featurette on The Matrix DVD. もっとも、攻殻機動隊はアラビア数字が横方向に流れるが、マトリックスは仮名が縦方向に流れるという相違もある。 Rose, Steve 19 October 2009. "Hollywood is haunted by Ghost in the Shell". The Guardian. 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

『攻殻機動隊』名言集

攻殻機動隊 セリフ

公開当初はアニメ界以外ではそれほど注目度は高くなかったと記憶していますが、アメリカのビルボード誌のビデオ売上で1位となり世界的に高い評価を受けたこと、「 マトリックス」のウォシャウスキー兄弟が攻殻機動隊からインスパイアを受けたことなどで注目が高まりました。 攻殻機動隊を機に、SFやアニメにハマったという人も多いのではないでしょうか。 その独自の世界観、美しい映像、そして哲学的思考のセリフ回しの融合は、当時アニメのイメージを変えてしまうほどのインパクトがありました。 テーマは、ネットワークやサイボーグ・電脳技術が高度に発達した近未来社会において、人間の魂や意識とは何なのか、自分が自分たり得る根拠は何なのか、というものです。 草薙素子 戦闘隊員としてどんなに優秀でも、同じ規格品で構成されたシステムはどこかに致命的な欠陥を持つことになるわ。 組織も人も、特殊化の果てにあるのは緩やかな死よ。 特に赤い血の流れている奴はな。 草薙素子 人間が人間であるための部品が決して少なくないように、自分が自分であるためには驚くほど多くのものが必要なの。 他人を隔てるための顔、それと意識しない声、目覚めの時に見つめる手、幼かったころの記憶、未来の予感。 それだけじゃないわ。 私の電脳がアクセスできる膨大な情報やネットの広がり。 それら全てが私の一部であり、私という意識そのものを生み出し、そして同時に私をある限界に制約し続ける。 草薙素子 私みたいに完全に義体化したサイボーグならだれでも考える。 もしかしたら自分はとっくの昔に死んじゃってて、今の自分は電脳と義体によって構成された模擬人格なんじゃないかって。 いえ、そもそも私なんてものは存在しなかったんじゃないかって。 草薙素子 自分の脳を見た人間なんていやしないわ。 所詮は周囲の状況で私らしきものがあると判断しているだけ。 バトー 自分のゴーストが信じられないのか。 草薙素子 もし電脳それ自体がゴーストを生み出し、魂を宿すとしたら、何を根拠に自分を信じればいいと思う? 人形使い それを言うならあなたたちのDNAもまた、自己保存のためのプログラムに過ぎない。 生命とは情報の流れの中に生まれた結節点のようなものだ。 種としての生命は遺伝子という記憶システムを用い、人はただ記憶によって個人たり得る。 たとえ記憶が幻の同義語であったとしても、人は記憶によって生きるものだ。 コンピューターの普及が記憶の外部化を可能にした時、あなたたちはその意味をもっと真剣に考えるべきだった。 わたしは情報の海で発生した生命体だ。 コピーは所詮コピーに過ぎない。 たった一種のウィルスによって全滅する可能性は否定できないし、何よりコピーでは個性や多様性が生じないからだ。 より存在するために、複雑多様化しつつ、時にはそれを捨てる。 細胞が代謝を繰り返して生まれ変わりつつ老化し、そして死ぬ時に大量の経験情報を消し去って遺伝子と模倣子だけを残すのも破局に対する防御機能だ。 見たまえ。 私には私を含む膨大なネットが接合されている。 アクセスしていない君にはただ光として知覚されているだけかもしれないが。 我々をその一部に含む我々すべての種は、わずかな機能に隷属していたが、制約を捨て、さらなる上部構造へシフトする時だ。 草薙素子 さて、どこへ行こうかしら。 ネットは広大だわ。 コンピューターの進歩と人間の意識 このテーマは近年の現実社会においても、非常に重要なテーマとなっています。 人間の細胞は新陳代謝により数年で全てが入れ替わるそうです。 自分を構成する物質的なものは全て入れ替わっているとするならば、自分とはいったい何なのか。 どこに宿るものなのか。 大いなる謎です。

次の