シーゴ ホラー ゲーム。 そのサイレンを聞いた者は死ぬ「未確認生物 サイレンヘッド」のホラーゲーム ゆっくり実況

【特集】『Steamのホラーゲーム』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

シーゴ ホラー ゲーム

夏といえばホラー、冬といってもホラー。 つまり万年ホラー!! どうもこんにちは、ホラーゲームが大好きなあきもぐといいます。 今回は、今までユーチューブでいろいろなホラーゲームを見てきた私が、特におすすめするホラーゲーム実況者とゲームのタイトルをご紹介していきたいと思います。 どちらかというとフリームなどでダウンロードできる フリーホラーゲーム関連のものが多いです。 多少のネタバレは含むのでご注意ください。 また、特に探索型のフリーホラーゲームを多めにしていて、バイオハザードやサイレントヒル、青鬼などのビッグタイトルは省いています。 おすすめのフリーホラーゲーム実況者 プレーが上手かったりする人もいれば、ビックリするくらい下手だけどそれがもはやブランドになっている人もいて、話がうまい人もいます。 ゆっくり実況者というと、 ゆっくりにしゃべらせる内容がつまらない人とおもしろい人がいる!と思いますが、この人は面白いです。 しかもよくいるゆっくり実況者さんと違って、ゆっくりたちはギャグやコントをあまりしません。 わりと淡々と感想を言いながらゲームを進めていきます。 なのに、そのトークはなんだか安定感があり、見ていて飽きません。 基本的にプレーは上手で、見ていてストレスが溜まりません。 ただ、別名で「エッチマン」と呼ばれるほど下ネタを随所に含ませてくるので注意です。 ちなみに遊ぶゲームはフリーホラーゲームも製品版もあります。 特におすすめなのが以下でもご紹介している「SCP」や「影廊」です。 両方ともフリーホラーゲームですが、うまさあり怖さありエロありの楽しいプレーをたくさん動画にしてくれています。 サイコマンといわれることも多くあり、襲ってくる恐ろしいはずの敵を逆に襲ってなぶり殺しにすることから、動画の安心感はずば抜けています。 ホラーに興味があるけど、怖くてちょっと尻込みしてしまう・・・という方には一番おすすめの実況者さんです。 たくたく いくつかチャンネルを運営していますが、基本的に「たくたく」と検索すればこの実況者さんが出てきます。 今回ご紹介する実況者さんたちの中でもダントツに漢字が読めません。 しかしそこがもはや愛されているところでもあります。 昔の動画は基本的に暗くつぶやいているような実況なのですが、最近の実況は元気そのもの!その変わりようも楽しめるはずです。 基本的にフリーホラーゲームが多いです。 最近は新製品版も遊ぶようになってきました また、スマホアプリなどもしっかり画面をキャプチャして動画にしてくれています。 声が高いのが苦手な人は無理かもしれませんが、動画数は多く、投稿頻度もほぼ毎日あげてくれているため長く楽しませてもらうことができます。 この方もかなり叫びます。 主にフリーホラーゲームを実況していて、「じんたんのゲーム実況ながら見部」という部も運営しています。 ただ、動画から伝わってくるはものすごいいい人感! 脅威や怨霊、ゲーム特有のツッコミどころある事象に対するツッコミも光っています。 本人の言にイラっとすることなく楽しませてもらえる、私の一番?お気に入りの実況者さんです。 ひゃくえん もとは日本人ですがアメリカ国籍を取得してアメリカで暮らしている方で、基本的に英語字幕を翻訳しながら実況してくれるいいお父さんです。 ただ、このひゃくえんという名前はそのプレーの華麗さをもとにつけた名前なので、そうとうにゲームオーバーやリトライは多く、コメント欄が荒れていることもあります。 しかし本人はなんのその。 そういった人には関わらないというスタイルのもと、マイペースに実況してくれています。 最近はあまり見なくなってしまったのでどんなのがあるかわかりませんが、アメリカ在住という点を活かし、「エイリアン アイソレーション」という最恐ホラーゲームは日本人実況者さんの中でもかなり最初のほうにアップしてくれたかたです。 けい 「けい」というチャンネルを運営しているけいさんは、ホラーゲーム専門というわけではないのですが「アウトラスト」「のび太のバイオハザード」など、怖いホラーゲームやおもしろいホラーゲームまでいろいろと完結させてくれています。 「I wanna be」シリーズは恐らく日本人実況者さんで一番たくさんアップしてくれているのではないでしょうか。 ホラーを題材にしたワナビーシリーズもあり、けいさんの絶叫が光り輝いています。 イケボでプレーもうまく ミスを検証して修正するのがめちゃお上手)、絶叫もしてくれ、本人もネタやストーリーに対して気持ちよく笑います。 昨今、広告費や人気などを維持するために毎日動画を上げ続ける実況者さんが多い中、けいさんは平気で数か月いなくなることもあります(笑) しかしそこで再び動画をあげれば一瞬で人が戻ってくるほど人気のあるかたで、「視聴者に媚びない」姿勢も人気の理由の一つです。 これは1人の殺人鬼vs最大4人のサバイバー側に分かれてプレーするゲームで、殺人鬼はサバイバー側の殲滅、そしてサバイバー側は脱出を目指して協力しあいます。 この、「目的は同じなのだけれど、毎回人や場所、キャラ、スキル パーク が違うので飽きない」という点でDBDは大人気を博しており、もはや日本人の中でもトップクラスにうまいであろうべるくらさんのプレーには毎回楽しませてもらえます。 実況の中でボイスチャットをするという点も珍しいかもしれません。 兄者・弟者・おついち おそらくゲーム実況者さんとしては一番有名な方々なのではないでしょうか。 ただしこの方に関しては実況ではなく、字幕です。 音声や顔出しもなくどんな方なのかはわかっていませんが、先にあげたけいさんと同じで視聴者に媚びる様子は一切なく、強い女性という感じです。 それが人気の一つで、アップ頻度が少ないため他の実況者さんと比べて登録者さんは少ないですが、 何よりも「SIREN」という超人気超怖いホラーゲームをいち早くユーチューブの視聴者さんたちに広めた方なのではないかと思います。 なんと2007年。 ユーチューブの設立は2005年 それも動画本数はSIRENだけでなんと100本で、一本一本の動画時間は短いものの、それが逆に見やすさの理由になっています。 あいろん 「癒しのあいろん雑学ゲーム実況」というチャンネルを運営しているこちらの方は、なんといっても癒しボイスを持っています。 そのうえ毎回の動画冒頭で癒し雑学や映画に関する雑学を教えてくれるので、それもまたたまらなく楽しいひと時になります。 実況は基本的に製品版のゲームが多いですが、ホラーからアドベンチャーまでジャンル問わずたくさんのシリーズを投稿しています。 また、基本的にプレーがうまいのでその点でもスカッとさせてもらうことができます。 おすすめのホラーゲーム 今まで自分が見たものだけを抜粋しました。 ・・・が、意外と多い 笑 内容は忘れているもののあるので詳しくは書け き ませんが、興味のあるものをどうぞご覧になってください。 「感動します」や「絶望します」は盛大なネタバレになりかねないので自粛します。 オロホスの夢 主人公がショタのフリーホラーゲームで、最初から思わせぶりな発言をすることからその段階で挫折してしまう人もいそうな作品ではあります。 しかしイラストが可愛いんだ!! また、探索系なのでそういったものが好きな方にはおすすめです。 内容自体もそこまで長いものではないので、気軽に楽しむことができるでしょう。 登場人物はこのキャラだけではありません。 何人かのキャラを好きに操作できる探索系なので、飽きずに楽しむことができると思います。 また、予測できない即死トラップや死亡ルートなど、エンド分岐がたくさんあるのでいろいろな結末が楽しめます。 見たのが少し前なのであまり覚えていないのですが、結構ストーリーが長かった気がします。 例に漏れずイラストが綺麗で、探索型フリーホラーゲームです。 超大物製作者のカナヲさんの作品で、ぜひ見るべきものです! 被虐のノエル 手足を奪われた少女の復習譚・・・。 カナヲさんが虚白の夢のあとに制作、公開を始めたシリーズで、ホラー色は強くなく、どちらかというとストーリー重視のシリーズものです。 ただしシリーズは現在シーズン8まで来ているほどの超大作で、どのシーズンも秀逸としかしえないくらいストーリーに熱くなれます。 ほぼホラーではありませんが当ブログで1位、2位を争うおすすめ度のゲームです! 今は「殺戮の天使」はアニメ放送されていますが、そのうちこれもアニメ化するんでなかろうか。。。 Ib 少女が美術館で怪奇に巻き込まれる探索型のフリーホラーゲームで、後述の「魔女の家」と同じく、フリーホラーゲーム界でお手本とされるほどの傑作です。 ストーリー自体はそこまで長くないので楽に見れると思います。 ゲーム全体に漂う不気味さは秀逸そのものです。 魔女の家 「the フリーホラーゲームの巨匠」でもあり、パイオニア的存在の作品です。 なので公開日は少し古いのですが、その怖さ、難易度、衝撃のストーリーなど、全てがフリーホラーゲームの100点満点のお手本ともされる、Ibと並ぶ神ゲーです。 なので大まかなストーリーや真相に変更はないのですが、トラップや謎解きが少し変わっていたり、グレードアップしたおどろおどろしい演出が待っています。 どちらを観てもいいのですが、まずは初代を遊んで(観て)からこのリメイク版を楽しむのが一番です!! かみさまの心臓 どうやら記憶を失っている少年を主人公として捜査する探索型フリーホラーゲームで、キャラデザはどれもきれいで素敵です。 いくつかエンド分岐があるのでこれもいろんな結末を拝むことができますね。 総合点の高いおすすめゲームです。 神童ノ哥 「しんどうのうた」と読むフリーホラーゲームです。 いくつかエンド分岐があり、毎回楽しませてもらえるつくりになっています。 また、いろいろな 本当に色々な フリーホラーゲームのパロディーが入っており、フリーホラーゲームファンであればいくつもピンとくるようなセリフがあってそこも楽しむことができます。 ただ、「なんか難しそうなこと言ってるしきっとストーリー上重要なことなんだろうなー」と思いきや、他作品で使われている重要なセリフの丸パクリだったりもするので、そこが残念でもあります。 雰囲気やストーリー、サウンドなどは秀逸なので、よければ見てみてください。 YUPPIE PHYCHO こちらはフリーホラーゲームではありませんが秀逸なので上げています。 この画像だけを見ると、『5 minutes to kill yourself』のような、操作キャラクターがポンポンポンポン死亡していくゲームなのかな?と思ってしまうかもしれません。 いわゆるバカゲーかな?と。 しかし蓋を開けてみるとどっこい。 今回挙げているゲームのなかでもトップを争う陰鬱な雰囲気が味わえます。 また、恐怖演出もうまくできており、ドッキリ系ではないのに常にひやひやしながら進むということもできます。 タイトルにあるpsychoが完璧に表現されており、ストーリーや世界観もずばぬけて重厚。 女性視聴者にも大人気という珍しい作品であるのには理由があり、それがストーリーの肝にもなっています。 不気味さの演出はよくできており、エンド分岐もいくつかあるのでしばらく楽しめます。 まだ見たことがないという方には是非見ていただきたいですね! 包丁さんのうわさ 今まで挙げてきたものと違い、ほぼ文章を目で追って読むだけのノベライズ型フリーホラーゲームです。 なのでどちらかというと怖さよりもストーリーが重視されており、実況者さんの絶叫などは期待できません。 ただし包丁さんのうわさと違いボイス付きの箇所が多分に含まれているので、ストーリーの長さに飽きずに楽しめるでしょう。 まずはカクサンキボウ。 そして続編が拡散「希望」です。 また、怨霊はランダムに表れるので、一度現れなかったからといってまたそこを安心だと思って歩くと痛い目を見るという点でも飽きを緩和してくれています。 死幻の蝶 赤髪の怨霊の続編です。 赤髪の怨霊を見た後でみたほうがいいでしょう。 あまり覚えていないのですが、ストーリーが良かったです。 寄生ジョーカー 少し前のフリーゲームで、残念ながら公開、配布はもう終わっており、再開の予定も皆無です というか期待はできません。 どちらかというとのび太のバイオハザードに近く、アドベンチャー寄りの作品です。 そしてボス戦はかなり難しいものの、やりこみ要素に富んでいて、縛りプレイでボスを軽々撃破する動画も上がっています。 ただ、上記にあげた事情やエンドの多さのせいもあり、最初から最後まですべての分岐やストーリーを余すことなくアップしてくれている実況者さんはあまりいません。 断片的にいろんな人の動画を見ることになるでしょう。 のび太のバイオハザード 2005年にAAA氏が公開してから爆発的な人気を博してたくさんのシリーズが生み出された作品です。 ただその分、あたりもあれば外れもあるので注意が必要です。 なかでもおすすめはAAA氏の第1作 本家 と、その後編であるのび太のバイオハザード2です。 なので、今後またのびハザシリーズを見たり遊ぶことはできなくなるようです。 一世を風靡したのびハザシリーズの終焉とはなんとも悲しいですが、致し方ありませんね ポケ呪・ポケ呪2 現在、2まで公開されており、続編も製作中 らしい フリーホラーゲームです。 このとおり、とある化け物ポケモンから逃げつつ脱出を目指す探索型ホラーゲームで、 難易度はめちゃめちゃ高い初見殺しゲーです。 突然おどろおどろしいサウンドで化け物が襲ってくるもので、実況者さんだけでなく。 油断してみていればこちらまで驚いてしまうものです。 しかし世界観はポケ呪よりも不気味でおどろおどろしく、サウンドやビックリ度もポケ呪に負けず劣らずです。 ポケ呪よりも内容は長くないので、一気に実況動画を見きることができると思います。 とにかく逃げなくては!! こちらの作品はだいたい30分もあれば終わる短編ホラーゲームで、難易度もそこまで高いわけではありません。 さくっと観たい方には、ぜひシーゴさんの実況を観ていただきたい! ミガカミカガミ 鏡の世界で恐怖に襲われる探索型フリーホラーゲームです。 そしてその華が何を意味するのか、もうおわかりですよね? 登場人物は数人いますがどの子もかわいく作られていて癒されます。 (笑) これも探索型なので、好きな方は是非どうぞ! 蛍火の庭 「ほたるびのにわ」と読ませます。 着物を着ていることもあり、どこか昔の時代をほうふつとさせます。 しかしストーリー、キャラデザどれをとっても良くできており、彼女ら彼らが織り成す物語にはかなりの人間臭さを感じさせられます。 イラストはそこまできれいでないものの、ストーリーはよくできており、ホラーゲームながらも泣けます。 あまり深くは覚えていないのですが、続く作品「ヒメゴト」「イミゴト」と関係のある部分もあるのでおすすめです。 「まともなやつはいないのか?」とは思ってはいけません 笑 登場人物一人一人が魅力のあるキャラクターです。 陰鬱な雰囲気が大好きな人におススメです。 SCP セーブ不可能や進行不可能など致命的なバグの多いフリーホラーゲームですが、怖さは随一です。 海外のフリーホラーゲームなので確か日本語字幕がなかった気がします あるかも。 プレイヤーは無力な死刑囚となって、ただひたすらに施設からの脱出を目指します。 しかしストーリーは細かく作りこまれており、登場人物たちの心情には絶対に共感できるはずです。 いくつかエンドがあるので、全てを見ましょう。 夕暮れ叙事詩 雨宿バス停留所は、とある事情があり続編は期待されていませんでした。 しかしその期待を嬉しくも裏切ったのが今作です。 この画像の新キャラクターがカギとなり、ストーリーを進めていく探索型フリーホラーゲームです。 雨宿バス停留所を見て速攻でこれに移れば大いに楽しめることでしょう。 クチダケ とある星でこの化け物から逃げて脱出を目指すというフリーホラーゲームです。 癖のあるキャラクターや納得のできるストーリーなどで、個人的に総合点は高い方です。 あんまり怖くないエイリアンを想像してみてください 笑 サウンドなどの音響効果もいいですよ! らせんの宿 最初から最後まで意味のあるセリフやイベントなどで、最後に一気に真実を知らせてくれる作品です。 赤おばさんから逃げ回って脱出を目指す探索型フリーホラーゲームで、「魔女の家」などと同じくらいに評価が高いように思います。 ストーリーは結構長く、なにより深いです。 また、サウンドやイラストなどもうまく使われており、特にお父さんの笑い声は面白いの言葉につきます。 気を楽にして、頭を空っぽにしてみたいという方はおすすめですね。 操 「みさお」と読みます。 「いじめ」と「復讐」、「呪い」が描かれていますが、ゲーム中には様々な突っ込みどころがちりばめられており、それだけで楽しむことができます。 おすすめはじんたんの実況プレイです。 断罪の檻 裁かれるべきは誰なのか。 そんなことを考えさせられる作品です。 いくつかエンド分岐があるので、絶望からハッピーまで、いろんなエンドを楽しみましょう! 人間臭い登場人物が多いのも高評価です。 四奇ノ檻 あなたは霊というものを信じますか? この作品は製作者が音声を吹き込んでいるという珍しい作品で、やはりプロの声優さんたちと比べると少し見劣りするものの、十分によくできておりストーリーも面白いです。 分岐はいくつかあり、また、制作者さんたちは次回作の開発に勤しんでいるそうです。 FS 探索型であるのは覚えているのですがなぜかまったくストーリーを覚えていない本作です。 ただ、ストーリーは非常によくできており、泣きそうになるということは覚えています。 僕もまたもう一度見直してみようかと思います。 ホラー色の強いシーズンもあるものの、どちらかといえばストーリーに重きが置かれていてどのシーズンも圧巻に一言です。 紛うことなき神フリーゲームです。 狂い月 徐々に解けてくる謎にゾワッとする良作です。 探索型のフリーホラーゲームですがストーリーは作りこまれており、驚きの展開が随所で引き起こされます。 多くの実況者さんに実況してもらっている作品で、一見の価値があります。 サウンドやその他の効果が随所で使われており、フリーホラーゲームとは思えない臨場感があります。 パクリやパロディではないので、気を楽にしてご覧ください。 サイレン yukigekkouさんをはじめとするゲーム実況者が次々に挑戦していったことで今では「最恐のホラーゲーム」として言わずと知れたサイレンですが、発売当初は放送禁止になるほど恐ろしいCMを流していたそうです。 今なら流す前からムリだとなりますが昔はまだ緩かったのですね。 自由だった、ともいえるでしょうか。 そんなサイレンですが、怖さだけでなく難易度の高さもファンを虜にする要素のひとつでした。 また、作品の舞台である羽生蛇村の不気味さも驚くくらいよく表現されており、「怖すぎる」仕上がりになっています。 怖さも雰囲気も楽しめる。 そんな作品が今では自分で恐怖体験せずとも動画でみれてしまいます 笑 海底脱出 正直なところいろいろと惜しい部分の多かった作品がこちらです。 しかし「怪物から逃げる」という、ネタ的には王道を行っていて楽しめるものです。 一度、確認がてら見てみるのもいいでしょう。 影廊 和風のホラーゲームで、ランダム生成されるマップを、ランダムに襲ってくる怪物から逃げながら進んで脱出の手がかりを集めるゲームです。 難易度が高いですがどこかはまる要素があり、ガッチマンがいくつも動画をあげてくれています。 とにもかくにも和風の雰囲気が抜群に癒しになるゲームなので、一度確認してみるのをおすすめします。 恐怖の森 これは知っている方も多いのではないでしょうか。 フリーホラーゲームを語る時、「魔女の家」と同じでかなりの確率で出てくるのがこの作品です。 現場から逃げ出すための道具を森の中で探しつつ、おってくる顔 ヨシエ から逃げ回ります。 いくつかバージョンがあり、その度に実況者さんの絶叫がきけます。 主人公のレイチェルとザックは建物からの脱出を目指しますが、その間に何人もの殺人鬼に襲われることになります。 歪に狂いあった二人の逃走劇をぜひ見てほしいです。 斧鬼~魍魎の棲む家 初見でこの漢字が読める人ってけっこう少ないんではないでしょうか(笑) 「魑魅魍魎」と書けばあ~~となる人も出てくるとは思います。 タイトルからして物騒そうな雰囲気ですがその通りで、探索型阻止系系イベントの多くあるフリーホラーゲームです。 ただ、僕は探索型のゲームが好きなのでこの作品もけっこう肌になじみました(笑) 村雨 修学旅行中のトラブルで助けを求めに立ち入った村で殺されるかもしれない恐怖と闘います。 人の世界の悲しい一面がリアルに描かれており、そこだけでもご飯三杯はいけます。 「真・村雨」というモードもあり、そこでは物語の真実に迫ることができるので、長く視聴(プレイ)を楽しめます。 ヒトミサキ 両親を火事で亡くした少年が主人公の作品です。 「村雨」の続編で、「村雨」が探索パートや回想などで物語の真実を教えてくれていたのに対し、本作では自分で推理しなければならないことが多くあります。 しかも無理がある設定は一切なく、前作以上に綿密にできあがった世界観に引き込まれること間違いなし。 誰が犯人なのか、どういった真実が待っているのか。 まとめ ではここまでありがとうございました。 僕自身、こんなに実況を見たのかと今になって驚いています 笑 ここで今回あげたものの中でおすすめ度トップ3だけ発表しておこうと思います。

次の

【PS4】ホラーゲームのおすすめソフト25選。和風ホラーからゾンビまでご紹介

シーゴ ホラー ゲーム

最恐ホラーゲームをピックアップ 【Outlast Trinity】 発売日:2017年 4月25日 機種:PS4 価格:4,500円 「概要」 前作「Outlast」と、その拡張コンテンツである「Outlast: Whistleblower」、そして「Outlast 2」の、計3タイトルが1つにまとまったお得な作品。 国内版は現在では発売されておらず、販売は北米版のみとなります。 ちなみに「Outlast 2」は日本語の字幕対応がされているので安心して楽しめます。 敵への対抗手段が逃げるか隠れるかしかないのが特徴的で、とにかく敵に発見されないように立ち回り、施設の探索をしつつゲームを進めていくことになります。 そしてとにかく暗いのでビデオカメラの暗視モードを利用して視界を確保するのですが、バッテリーを消費するので安易には使用できません。 更に「Outlast 2」では前作「Outlast」と比べて敵のグロ表現がパワーアップしており、そこに「エロス」の要素も混ぜ込んできています。 国内版ではないと言うのもあり、かなりの表現で描かれていますので苦手な方は注意して下さい。 「システム」 前作からの変更点としてはスティックを押し込むことで走るようになり、体力が減っても自動で回復しません。 このマイクを使用することにより壁越しでも敵の気配を感じれるようになったので、ホラーゲームで大切となる「恐怖感」が増しています。 【死印】 発売日:2017年 6月1日 木 機種:PS4、PS Vita 価格:4,800円 「シルシ、それは【死】へのカウントダウン」 ある郊外都市にて奇妙な噂が蔓延します。 それは突然体に現れて噛まれたような痣となり、その者には原因不明の死が訪れるというものです。 ー「シルシを持つ者は死ぬ」ー この町では現に不審な死を遂げる事件が多発。 人々はその話で持ち切りとなり都市伝説、呪い、などと様々な憶測で語られながらその話は更に広がりを見せます。 そんな中、主人公であるあなたに「シルシ」が刻まれてしまいます。 ですが「シルシ」を持つ者を守ってくれる「九条館」と言う洋館に辿り着きました。 恐る恐る扉を開くとそこには美しい人形がぽつり。 「あなたは数日後に死を迎えますが、助かる手段がないわけではありません。 」 「死」へのカウントダウンに抗う主人公の物語が始まります。 「ゲームの流れ」 まず拠点となる九条館から「印人」と呼ばれるパートナーを選択します。 選択した印人と共に探索を進めていくこととなり、印人によって探索に大きな影響を与えるのでプロフィールをよく読んで慎重に選択しましょう。 印人を選択したらいよいよ「探索・調査」に向かいます。 左上のマップを参考にしながら1ブロックずつ進み、「調査モード」で詳しく調べていくと物語が進展します。 探索の途中で手に入る道具などを使うことも頭に入れながら状況に対応することも大切です。 また、調査を進めていく上で「恐怖イベント」が発生し、プレイヤーはこの「恐怖」に耐えながら探索を進めていくことになります。 恐怖イベントの他にもさまざまな怪奇現象が発生するので、怖くてなかなか探索が進まないなんてこともあるかもしれませんね。 更に「死」に繋がる選択、運命の分岐点である「デッドリーチョイス」というシステムが存在します。 イベント発生中は「霊魂」が常に減少していくので、プレイヤーは迅速な選択を迫られることとなります。 もしも間違った選択をしてしまった場合には死のタイムリミットが目前となるので、リアルな緊迫感を味わうことができるでしょう。 探索を進めていき、手がかりが揃った際には人知を超えた存在である「怪異」と遭遇し、対決の瞬間を迎えます。 怪異は不気味にゆっくりと近づいてくるので、パートナーとの連携により適切な行動を取ることが鍵となります。 もし連携が上手くいかず選択を誤った場合は、もうお分かりですよね? 「死」が待っています。 【WHITEDAY~学校という名の迷宮~】 発売日:2017年 8月24日 木 機種:PS4 価格:4,800円 「八城高校は呪われた学校だ。 」 八城高校に転校してきた2年生である主人公「山本勇人」は、学校でたまたま見かけた「四宮しずく」に一瞬で心を奪われてしまいます。 偶然にも忘れ物である彼女の日記帳を拾い、ホワイトデーにプレゼントのついでに日記帳を返そうと考えた山本勇人。 そして前日「3月13日」の深夜に一人で学校に潜入を開始。 噂では八城高校は呪われていると語られていたが、それは実話だったのです。 恐ろしい幽霊、何故か襲ってくる学校の守衛。 山本勇人は脱出を試みますが、扉は固く閉ざされ閉じ込められてしまいます。 そこに同じく閉じ込められた「藤ノ井さやか」と「富永ひかり」、そして心を奪われた「四宮しずく」を発見し、彼女達と共に八城高校の秘密に迫ることになるのでした。 「恐怖」 八城高校の怪談に登場する幽霊はあなたの命を脅かす存在なので、それらの幽霊を封印して進んでいかなければ脱出は不可能でしょう。 しかし幽霊を封印する為には学校に隠された怪談にまつわる文書を探し出さなければいけません。 恐怖に耐えながら文書を探し出し、幽霊を封印しましょう。 また、何者かに操られているように狂った守衛がプレイヤーを襲います。 バットを片手に追いかけてくるので捕まったらひとたまりもありません。 守衛には攻撃を加えることは出来ないので、基本的に見つからないように立ち回るのが必要になってきます。 「探索」 呪われた学校から脱出するためにはやはり調査が必要です。 ライターで火を灯して真っ暗な校内を隅々まで調べたいところですが、守衛の存在を忘れてはいけません。 守衛は光に過敏に反応するので使いどころを見極めて探索を行いましょう。 探索を進めていくと校内にさまざまな仕掛けが見つかります。 直感で解ける簡単な仕掛けから難易度の高い仕掛けまで種類は豊富に用意されています。 知恵を絞って仕掛けを解き、物語を進めていきましょう。 「恋愛」 このゲームの特徴として、ホラーに恋愛というジャンルを混ぜ込んだものとなります。 彼女達との会話からプレイヤーは返事を選択し、それによって好感度が変動。 恋の行方だけではなく物語にも大きく関わってくる要素となっており、なんと選択次第で結末が変わる「マルチエンディング」に対応しています。 「ハッピーエンド」として幕を閉じるのか、はたまた「バッドエンド」として幕を閉じてしまうのか。 それは全てあなたの選択次第です。 ふたりの少女は裏山へ、花火を見に出かけました。 しかし、夜が更けるにつれ、帰り道がわからなくなってしまいます。 繋いだ手を離した際に、ふたりははぐれてしまいました。 ふたりの少女は何者かが潜む不気味な夜の街を、 お互いを探して、勇気を振り絞って冒険します。 出典元:引用- ふたりの少女が夜の街を探索する夜道探索アクションとなっており、ふたりの少女が交互に入れ替わりながらゲームが進行します。 懐中電灯の光を頼りとして、闇に溶け込む「お化け」から知恵を絞って逃れましょう。 マップの広さは前作である「夜廻」の倍以上の広さとなっており、グラフィックも大幅に強化され、奥行きを感じるサイドビュー演出が特徴的です。 「物を押す・隅々まで調べる」 新たな要素として、対象を「押す」というアクションが追加されています。 このアクションにより物を動かし、通れない道を通れるようにすることが出来るようになりました。 パズルゲームのように道を確保する楽しみが増えましたね。 また、懐中電灯の光を頼りにゲームを進めていく上で頭上に「?」マークのアイコンが出るので、付近を調べ近付くと「!」マークに変化します。 そこを調べる事により「落とし物」を拾ったりすることが出来るので、探索がとても楽しいものとなるでしょう。 「落とし物」には投げる、置く、身に着けるなどといった使い方が可能で、ゲームを進める上で鍵となるとても重要なアイテムです。 「おまもり・サブイベント」 物語を進めていくと「おまもり」といった物が入手できます。 おまもりを身に着けることでさまざまな効果を得ることが出来るので、積極的に活用していくのがおすすめです。 攻略に必須な要素と言えますね。 「サブイベント」も存在し、本編とは別物の多種多様な物語になっています。 達成することで「収集アイテム」を獲得できるので、不気味な夜道を隅々まで探索すればこのゲームがよりあなたにとって楽しいものとなっていくでしょう。 探索を楽しみながら、ホラー体験が同時に展開するおすすめの作品です。 【PsychoBreak 2】 発売日:2017年 10月19日 木 機種:PS4 価格:7,980円 「悪夢を生き延び、最愛の娘を救い出せ」 主人公である「セバスチャン・カステヤノス」は最愛の娘であるリリーを失い、絶望の淵に立っていました。 この悲劇から逃れるには自分の人生を破滅へと導いた組織「メビウス」に協力し、悪夢の世界に入る他に選択肢はありません。 自分の人生、何より大好きな娘を取り戻すために立ちはだかる異形な敵から生き延び、恐怖と危険が潜む世界へと旅立ちます。 「闘争か、逃走か。 」 サイコブレイク2ではプレイヤーが広大なワールドで生き延びる為にいかに立ち回るか、いかに作戦を組み立てるかなど、自分の行動全てを入念に計画することが出来る自由度を実現しています。 ー「全てはプレイヤー次第」- 多種多様なカスタマイズが可能となっており、プレイヤーの数だけプレイスタイルがあるといっても過言ではありません。 今作ではセバスチャンのカスタマイズだけではなく、武器のカスタマイズも出来ます。 カスタマイズを行うことによって攻撃力、装填数、リロード時間、速度向上などが強化され、絶体絶命の危機を回避出来る可能性が広がるでしょう。 また、セバスチャンのカスタマイズについててですが、体力、スニーク、戦闘能力、回復力、身体能力の5つのカテゴリに分類され、それぞれ強化が可能です。 武器とセバスチャンを自分好みにカスタマイズしちゃいましょう。 更にマップのいたるところに配置されてる素材を入手し、クラフトシステムにより弾薬、回復アイテムなど、攻略に必要な物資を生産することが可能です。 過酷な環境である今作ではクラフトを活用して物資を常に充実させておくのも大切ですね。 「あらゆる場所に潜む危険」 今作ではありとあらゆるものが脅威となり、プレイヤーに襲い掛かります。 街中を徘徊するおそろしい姿をしたクリーチャー、己の都合に合わせて世界を歪める者たち、そして謎の組織「メビウス」などです。 特にクリーチャの容姿は見るに堪えないほど恐ろしく不気味なので、ホラーゲームの醍醐味である「恐怖」をひしひしと感じることができるでしょう。 と言うわけで、いくつかクリーチャーを紹介します。 「難易度選択・周回要素」 サイコブレイク2は決して楽なゲームではありません。 よってプレイヤーには慎重なプレイや思考力が求められますが、難易度選択が可能となっているので各々のレベルに合った難易度で遊べるので安心です。 更にサイコブレイク2をクリアすると新たな要素が解除され、最も難しい難易度である「CLASSIC」が登場し、セバスチャンの新しい装備や衣装なども追加されます。 それらは「NEW GAME PLUS」として使用することが可能と同時に周回プレイが出来るということです。 周回を重ねれば重ねるほどより多くの「グリーンジェル」や「ギア」という強化に必要なアイテムを集めることができるので、やり込み要素もたっぷりの作品ですね。 【バイオハザード リベレーションズ コレクション】 発売予定日:2017年 11月30日 木 機種:Nintendo Switch 価格:4,990円 「概要」 シリーズ第1作目「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」と、第2作目「バイオハザード リベレーションズ 2」コードがセットとなった作品です。 もちろん両作品の別売りDLCも完全収録しています。 Switch版の特徴は何といっても「Joy-Con」を使った直感的な操作性。 「Joy-Con」を敵に向けて狙いを定めたり、銃弾をリロードしたりとホラーへの没入感を更に高めてくれますね。 何重にも張り巡らされた謎を解き、物語をとことん楽しむモード。 更に新難易度ステージである「HE GHOST SHIP HELL」も収録されています。 もちろんオンラインでの2人協力プレイも可能です。 「ミニゲーム」 今回の新要素であるロード中などで遊べるミニゲームが追加されます。 待ち時間をミニゲームで楽しく過ごすことができますね。 導かれるまま主人公=イーサン・ウィンターズは遠くルイジアナへと自動車を走らせ、荒れた邸にたどりつく。 妻の痕跡を求め、異様な気配が漂う邸内を捜索するが、突然何者かの襲撃を受け、意識を失ってしまう…。 目覚めたイーサンを待っていたのは、狂気で満たされた邸の住人ベイカー一家だった。 出典元:引用- 2017年1月26日に発売された「バイオハザード7」本編はもちろん、現在も配信中のDLCコンテンツ「BANNED FOOTAGE Vol. 1」、「BANNED FOOTAGE Vol. 2」を収録。 更に12月14日に配信される新DLC「エンド オブ ゾイ」も収録されるなど、正しくゴールドエディションの名に恥じない内容です。 バイオハザード7をまだプレイしたことがない方は、この機会にプレイしてみるのもいいかもしれません。 「戦闘」 FPS視点になったことにより臨場感が格段に増しました。 更にバイオハザード7の為に開発されたエンジンである「REエンジン」によるフォトリアルな表現での戦闘は、プレイヤーに圧倒的な恐怖を感じさせます。 プレイヤーのライフは腕時計型デバイスである「コデックス」で表示され、ダメージを受ければ視界に血が溜まり視界を遮断するため、プレイヤーはパニック状態に陥りやすくなるというのも特徴的です。 「探索」 バイオハザードシリーズと言えば、さまざまな謎解きや探索しがいのあるマップです。 もちろんバイオハザード7にもこれらの要素は備わっており、隅々まで探索することで道を切り拓いていきます。 探索で見つけた素材を「CRAFT」することで、弾薬や治療薬などのアイテムを生成することも可能です。 「アイテム管理」 バイオハザード4以降のナンバリングタイトルではアイテムの入手制限は緩めでしたが、原点に戻り、1、2、3のような従来の入手制限が課せられています。 その為どこでどうアイテムを拾い、使い、管理していくのか、プレイヤーの判断力が求められます。

次の

ホラー好きライターがオススメするホラーゲーム5選。夏の暑さは恐怖感で乗り越えよう!

シーゴ ホラー ゲーム

もくじだよっ!• ホラーフリーゲームおすすめ8選 ホラーのフリーゲームを、おすすめ順に8種類ご紹介します。 主人公は寂しさと期待を胸に、両親の面影を探すため『阿座河村』へと向う。 2013年公開のホラーフリーゲーム。 制作は星屑KRNKRNの真田まことさんです。 恐怖というよりもシナリオメインの感動作。 終盤に向けて、主人公の知られざる過去がどんどん明かされていきます。 登場人物である須賀孝太郎のキャラが非常に魅力的で、True endを迎えた後はほっこりとした気持ちになりますよ。 ノベルゲーム要素も有りますので、小説など好きな方にも特におすすめです。 哲志たちは元の世界へ戻るために探索を開始するが、やがて数々の怪奇現象が5人に襲い掛かる…。 1996年公開。 チームグリグリ制作の、RPGツクールDante98で作られたホラーゲームです。 リメイク版の「コープスパーティー BloodCovered」がかなり有名ですが、私はやはり初代派です。 恐怖とシナリオのバランスが非常に優れていて、初期のコープスは音楽もかっこいいですよ! 特に、ホラーは好きだけど過激な絵は苦手という人は初代をプレイしましょう。 かっこいいBGMとマルチエンディング仕様で、その完成度に驚きます。 2012年公開、ふみーさん制作。 RPGツクールVX製のホラーゲームです。 ギミックなども凝ってますので、ぜひご自身でプレイなさってみてくださいね。 なかなか驚きの展開もあるので、序盤からハラハラさせられます。 その途中で出会ったナゾの少女は……。 2001年公開。 08さん制作で、コンテストパーク(コンパク)金賞を受賞した作品です。 RPGツクール2000作品で、かなり古い作品。 感動的なストーリーがとても良く、レイラさんが萌えです。 マテリアル-カルチアの詩-のDLはハガネヤドットネット様のサイトで可能です。 通称のびハザ。 著作権の問題で、残念ながら2018年に一斉消去が行われました。 派生作が多く、本家も2まで出ており、シナリオも優れている名作なだけに惜しいですが、二次創作ゲームなので仕方ないところです。 のびハザについて詳しくは『』で書いているので、ぜひご覧ください。 まとめ 恐怖・感動のホラージャンルおすすめフリーゲームを、ランキング形式で8つご紹介いたしました。 夏はもちろん、冬でもおすすめです!• 霧雨が降る森• コープスパーティ• 柳太郎伝記 ~古宮村編~• 魔女の家• マテリアル-カルチアの詩-• のびハザ 懐かしい+感動+恐怖の名作を取り揃えたつもりですので、ぜひともプレイしてみてください! オールジャンルのおすすめフリーゲームについては『』でご紹介していますので、ぜひ併せてご覧になってみてくださいね。 フリーゲーム好きの方であれば、ゲームブログを始めてみるというのもおすすめです!.

次の