龍 が 如く 7 ネタバレ。 【龍が如く7】評価・感想の掲示板|ゲームエイト

『龍が如く7』新主人公“春日一番”という男とは!? 一番の生い立ちや序盤のストーリーと舞台、新バトルシステム“ライブコマンドRPGバトル”の情報が公開

龍 が 如く 7 ネタバレ

龍が如く7のサブストーリー攻略 龍が如く7のサブストーリー一覧です。 クリア報酬やイベント発生条件も記載しています。 古びた万年筆• 花山選手 会社経営 19 ミステリアスチーク 20• マキシマムミトン• ノボル 会社経営 21• 漢気の教本• シゲさん 会社経営 22 パールイヤリング 23 恵 デリバリーヘルプ 24• 極楽昇天のローブ• 牧之原聡太 25 イ・リュウジョン デリバリーヘルプ 26• 鬼のリストバンド• ジェイさん デリバリーヘルプ 27 ウメ子 会社経営 28• ファンシーマイク• テクニック・アッパー• 石田綾美 会社経営 29• 小野ミチオのフィギュア 30• 広中 会社経営• 小野ミチオ デリバリ-ヘルプ 31 宮廷のトング 32 なし 33 年季の入った数取り器 34• 剣客の長タスキ• ぶっこみの鷹 デリバリーヘルプ 35 お掃除丸 会社経営 36 解放 周家龍 デリバリーヘルプ 37 親方のタオル 38 名誉の記章 39 クララちゃん 会社経営 40 解放 41 ランブルクラッシャー ドラゴンカート 42 ラピッドファントム ドラゴンカート 43 イグニッションシャドー ドラゴンカート 44 300リング 45 ドラゴンカップ ドラゴンカート 46 ライジングドラゴン ドラゴンカート 47 なし 48 なし 49 宮越愛恵 会社経営 50 柳いろは 会社経営 51 里々佳 会社経営 52 守備力アップ 龍が如く7の最新情報 プレミアム・マスターズパックの配信が決定 配信日時 4月9日 価格 7円 5月6日以降は980円 龍が如く7の有料DLC「プレミアム・マスターズパック」が4月9日 木 に配信予定です。 強くてニューゲーム機能や最難関ダンジョンが実装されるほか、やりこみ要素が拡張されます。 紗栄子の特別衣装「中華パブ店員」や素材、回復アイテムなどが入手できます。 ユーザー間の交流にご活用ください。 龍が如く7とは 龍が如くシリーズの最新作 龍が如く7は、龍が如くシリーズの正統ナンバリングタイトルです。 主人公は、シリーズお馴染みの「桐生一馬」から今作初登場の「春日一番」に変更され、春日の周りに集う多数の主要キャストも一新されています。 バトルは従来のアクションからコマンドRPGに 龍が如く7は主人公だけに及ばず、バトルシステムも従来のアクションからRPGへ変更されています。 ライブコマンドRPGと呼ばれる今作のバトルは、コマンド式でありながら、リアルタイムで戦況が変化する仕様も取り込まれています。 舞台の横浜は前作の3倍以上に及ぶほど広大 今作の主要な舞台である「横浜・伊勢佐木異人町」は、前作の東京・神室町と比較して3倍以上に及ぶほど広大です。 多数の区画を持つ横浜は、その時々で異なる顔を見せ、物語をより濃いものとしています。 新たに人間力や絆システムが追加 人間力は主人公「春日一番」の人間性を表すパラメータで、情熱・メンタル・陽気・優しさ・知性・お洒落の6種類で構成されます。 特定キャラの会話や転職、サブストーリー進行などに必要な重要な要素です。 絆は、主人公と仲間の親密度を表すステータスで、戦闘や食事、遊びで絆を深められます。 絆を深めると転職できるジョブや使用できる技が増えたり、主人公の攻撃に追撃を入れたりするようになります。 龍が如く公式Twitter.

次の

「龍が如く7」感想のネタバレ追記

龍 が 如く 7 ネタバレ

龍が如く7のあらすじ 主人公、春日一番 かすがいちばん は東城会荒川組の下っ端極道。 組長の荒川真澄 あらかわますみ は古参ながら、荒川組は冴えない三次団体。 でも春日一番はそんな荒川を父親のように慕っていました。 また、荒川も病気で車椅子がないと動けない息子、荒川真斗の世話を任せるなど、春日のことをカワイが割っていました。 そんなある日、春日は荒川から 「身代わり出頭」 を依頼されます。 そして15年 刑期が伸びて18年 経って出所し、かつての組長である荒川真澄に会いに行くと、「荒川組」はなぜか東城会ではなく近江連合に。 しかも、弱小団体だった荒川組、そしてカシラの荒川真澄は近江連合の実質的なNo. 2になっており、かつて可愛がっていた春日が挨拶に来ても目もくれませんでした。 ・荒川真澄は東城会を売り、近江連合で一気に上り詰めた ・病弱だった息子の荒川真斗はすでに死んでしまった ・東京都知事が、東城会の殲滅を行った 近江連合の進出の背景には、警察トップとの癒着があるのではないか…そう考えた刑事の足立 現在無職 と、春日一番で真相を探るべく動き始める…! 龍が如く7のネタバレ ここから、一気にザックリとストーリーをネタバレします。 ネタバレ反対主義の方はスクロールしないでください。 ・・・ ストーリーを結論から言うと「東城会&近江連合」が解散して終了。 極道への締め付けが厳しくなってきたご時世、東城会の堂島大吾と近江連合の若頭の渡瀬勝は、「もう極道なんてやってられる時代じゃねぇ!」と組をたたむことを計画。 ただ、いきなり「組を解散する!」なんて言ったら組員からの猛反発でどちらも生きて帰れないのがオチなので、長大な「東城会&近江連合の解散計画」を発案。 きっかけとなったのが、実は名前を変え東京都知事になっていた荒川真斗 荒川真澄の息子 が神室町から東城会を一掃しようと計画し始めたこと。 そして最後はラスボスの東京都知事こと荒川真斗をぶっ飛ばして終了!というストーリーです。 いや、肝心の異人町での出来事全部省いたけど、大筋のネタバレとしてはこんなものということで スポンサーリンク 続編「龍が如く8」発売の可能性は? 龍が如く7をプレイした後、 「東城会潰れたら、もう龍が如く終わりじゃん!!」 と思った人も多いはずです。 近江連合含めて解散してハッピーエンドみたいになってるし…ついでに、異人町もなんか一致団結した感を出してしまってるし。 ただ、続編「龍が如く8」はあるでしょうね。 「 こんなドル箱人気シリーズを終わらせるわけがない!」 というメタ的な考えもありますが、たぶん龍が如く8では「解散して行き場を失った近江連合と東城会の残党が~」的な感じでストーリーを作るはずです。 もしくは、日本の二台極道組織が消えたことで海外連中が入り込んで来るとか。 中華系や韓国系はだいぶマンネリなので、大穴でロシアンマフィアとか そして、主人公は春日一番で継続でしょう。 我らが桐生一馬さんは、死産となってしまった龍が如く6で「最終章(ドン!)」と銘打ってしまっただけに、いまさら大々的な活躍をさせるのは難しいでしょうし。 ただ、龍が如く5みたいに複数主人公の1人として桐生さんが主人公復活する可能性ならあるかなと思います ただ、主人公が固定化されるとマンネリ化が怖いですねー。 桐生さんも最初は錦山とか風間のおやっさんとか、堂島の龍に至るまでの話とか、主人公周りが中心になって楽しかったんですが…ナンバリングが進むにつれて、桐生さんの設定を盛るにも限界が出てきたというか。 結果として、主人公以外の部分で話を進めていくしかなくて、段々と物語が尻すぼみになりやすいというか…まあ、春日一番くんもキャラとしては好きですが。 スポンサーリンク 過去キャラの登場について 桐生一馬、真島吾朗、冴島大河など過去シリーズのキャラも龍が如く7には登場します。 …ただし、ちょっとだけ。 でも、不思議と龍が如く6ほど不満はないんですよね。 龍が如く6は、「桐生一馬伝説、最終章!」みたいに銘打っておいて真島さんとか伊達さんとかほぼ出ないし、おまけにストーリーにもほぼ影響せず最初と最後にチョロっと出てくるだけだから「とりあえず出しました」感が強かったのですが… 龍が如く7だと、桐生一馬も冴島大河も真島吾朗も「真相」を知っていた者として出てきて、終盤の大局面で大活躍してくれるので、出番が少ない割には満足のいく演出になってます。 あと、なぜか出てくるハン・ジュンギ 韓国の人) キミ、龍が如く6で死んだよね…?どうやら「ハン・ジュンギは影武者がいる」らしく、今のハン・ジュンギは影武者のほう 龍が如く6とは別)らしい。 影武者だから生きてた!なんて言い出したらどのキャラでも復活させられる気がしますが、あえてハン・ジュンギを影武者として生き返らせたあたり、おそらく続編の龍が如く8でも登場する可能性は高いです。

次の

龍が如く7の感想(お話ネタバレなし)|roken|note

龍 が 如く 7 ネタバレ

龍が如く7のあらすじ 主人公、春日一番 かすがいちばん は東城会荒川組の下っ端極道。 組長の荒川真澄 あらかわますみ は古参ながら、荒川組は冴えない三次団体。 でも春日一番はそんな荒川を父親のように慕っていました。 また、荒川も病気で車椅子がないと動けない息子、荒川真斗の世話を任せるなど、春日のことをカワイが割っていました。 そんなある日、春日は荒川から 「身代わり出頭」 を依頼されます。 そして15年 刑期が伸びて18年 経って出所し、かつての組長である荒川真澄に会いに行くと、「荒川組」はなぜか東城会ではなく近江連合に。 しかも、弱小団体だった荒川組、そしてカシラの荒川真澄は近江連合の実質的なNo. 2になっており、かつて可愛がっていた春日が挨拶に来ても目もくれませんでした。 ・荒川真澄は東城会を売り、近江連合で一気に上り詰めた ・病弱だった息子の荒川真斗はすでに死んでしまった ・東京都知事が、東城会の殲滅を行った 近江連合の進出の背景には、警察トップとの癒着があるのではないか…そう考えた刑事の足立 現在無職 と、春日一番で真相を探るべく動き始める…! 龍が如く7のネタバレ ここから、一気にザックリとストーリーをネタバレします。 ネタバレ反対主義の方はスクロールしないでください。 ・・・ ストーリーを結論から言うと「東城会&近江連合」が解散して終了。 極道への締め付けが厳しくなってきたご時世、東城会の堂島大吾と近江連合の若頭の渡瀬勝は、「もう極道なんてやってられる時代じゃねぇ!」と組をたたむことを計画。 ただ、いきなり「組を解散する!」なんて言ったら組員からの猛反発でどちらも生きて帰れないのがオチなので、長大な「東城会&近江連合の解散計画」を発案。 きっかけとなったのが、実は名前を変え東京都知事になっていた荒川真斗 荒川真澄の息子 が神室町から東城会を一掃しようと計画し始めたこと。 そして最後はラスボスの東京都知事こと荒川真斗をぶっ飛ばして終了!というストーリーです。 いや、肝心の異人町での出来事全部省いたけど、大筋のネタバレとしてはこんなものということで スポンサーリンク 続編「龍が如く8」発売の可能性は? 龍が如く7をプレイした後、 「東城会潰れたら、もう龍が如く終わりじゃん!!」 と思った人も多いはずです。 近江連合含めて解散してハッピーエンドみたいになってるし…ついでに、異人町もなんか一致団結した感を出してしまってるし。 ただ、続編「龍が如く8」はあるでしょうね。 「 こんなドル箱人気シリーズを終わらせるわけがない!」 というメタ的な考えもありますが、たぶん龍が如く8では「解散して行き場を失った近江連合と東城会の残党が~」的な感じでストーリーを作るはずです。 もしくは、日本の二台極道組織が消えたことで海外連中が入り込んで来るとか。 中華系や韓国系はだいぶマンネリなので、大穴でロシアンマフィアとか そして、主人公は春日一番で継続でしょう。 我らが桐生一馬さんは、死産となってしまった龍が如く6で「最終章(ドン!)」と銘打ってしまっただけに、いまさら大々的な活躍をさせるのは難しいでしょうし。 ただ、龍が如く5みたいに複数主人公の1人として桐生さんが主人公復活する可能性ならあるかなと思います ただ、主人公が固定化されるとマンネリ化が怖いですねー。 桐生さんも最初は錦山とか風間のおやっさんとか、堂島の龍に至るまでの話とか、主人公周りが中心になって楽しかったんですが…ナンバリングが進むにつれて、桐生さんの設定を盛るにも限界が出てきたというか。 結果として、主人公以外の部分で話を進めていくしかなくて、段々と物語が尻すぼみになりやすいというか…まあ、春日一番くんもキャラとしては好きですが。 スポンサーリンク 過去キャラの登場について 桐生一馬、真島吾朗、冴島大河など過去シリーズのキャラも龍が如く7には登場します。 …ただし、ちょっとだけ。 でも、不思議と龍が如く6ほど不満はないんですよね。 龍が如く6は、「桐生一馬伝説、最終章!」みたいに銘打っておいて真島さんとか伊達さんとかほぼ出ないし、おまけにストーリーにもほぼ影響せず最初と最後にチョロっと出てくるだけだから「とりあえず出しました」感が強かったのですが… 龍が如く7だと、桐生一馬も冴島大河も真島吾朗も「真相」を知っていた者として出てきて、終盤の大局面で大活躍してくれるので、出番が少ない割には満足のいく演出になってます。 あと、なぜか出てくるハン・ジュンギ 韓国の人) キミ、龍が如く6で死んだよね…?どうやら「ハン・ジュンギは影武者がいる」らしく、今のハン・ジュンギは影武者のほう 龍が如く6とは別)らしい。 影武者だから生きてた!なんて言い出したらどのキャラでも復活させられる気がしますが、あえてハン・ジュンギを影武者として生き返らせたあたり、おそらく続編の龍が如く8でも登場する可能性は高いです。

次の