枝豆 茹で 方 クックパッド。 歩くクックパッド

【感動のおいしさ】枝豆は「水100 CCで蒸し煮」が合言葉!

枝豆 茹で 方 クックパッド

枝豆がおつまみに良い理由! 出典: お酒を飲むのは楽しくても翌日の二日酔いは勘弁してほしいですよね。 その 二日酔いの原因といわれているアセトアルデヒドを分解してくれるお助け食材の一つが枝豆なのです。 枝豆のたんぱく質に含まれるメチオニンが、 アルコールの分解を助け肝臓の働きを軽減させてくれるのだそう。 また同様にアルコール分解に必要な ビタミンCも含んでいるため、お酒のおつまみにはイチオシなのです。 枝豆には健康効果がいっぱい! 出典: 枝豆は、良質なたんぱく質やカルシウム、鉄分、ビタミンB1、B2、そして大豆には含まれていないビタミンCも豊富ですから、 疲労回復や美肌効果が期待できます。 葉酸も豊富で 貧血気味の方の強い味方でもあります。 他には、イソフラボンやイソフラボンの一種のダイゼンには女性ホルモンのような作用があるので、 更年期特有ののぼせや、骨粗鬆症の予防、免疫機能を高める作用も!取りすぎた塩分や水分を追い出すカリウムも豊富なので むくみの解消にも一役買ってくれるのです。 枝豆のおつまみレシピ10選! ガーリック枝豆 出典: ガーリック味の枝豆は根強い人気があるようでレシピサイトには思い思いのお気に入りレシピが並んでおります。 ここでご紹介する一品はおつまみ用にゴマ油やガーリックの他にステーキ用スパイスを使ったもの。 ビール、酎ハイ、ハイボール何でも合いますってことです。 家のみや晩酌にお試しあれ! レシピは 枝豆とチーズのおつまみホットケーキ 出典: 茹でた枝豆をマヨネーズ&チーズで和える、それだけでおつまみになりそうですが、さらにホットケーキの種に投入するのです。 そしてさらにブラックペッパーを投入する、と。 一度作ってみたくなる組み合わせですね。 バリエーションとして黒豆やカッテージチーズなども面白そうです。 レシピは 枝豆のごま油炒め 出典: 塩茹でに飽きてしまったらぜひ試してみてほしいのがこちらのレシピ。 簡単に出来てしかも美味しいのでぜひお試しを。 枝豆をゴマ油で炒めて仕上げに七味を振るだけなので、枝豆が手に入ったらいつでも試せる一品ですね。 お弁当の箸休めにも良さそうです。 レシピは 枝豆のペペロンチーノ風 出典: ペペロンチーノ風はたいていの食材に応用ができますね。 枝豆も例外ではありませんよ。 食べ始めると手が止まらなくなってしまうほどにはまってしまいます。 少々手が汚れるなんて何のその。 繰り返し作りたくなる味ですね。 レシピは 枝豆と海苔佃煮の和え物 出典: 茹でた枝豆を海苔の佃煮で和えるだけなのに不思議な美味しさ!簡単だけれどなかなか思いつかない組み合わせかも。 栄養たっぷりの枝豆をさらに海苔佃煮で和えるなんてヘルシー過ぎます。 枝豆をひよこ豆など別のお豆にしてもイケますよ。 レシピは ココア枝豆 出典: おやつなら甘く、おつまみにするならビターで味わう簡単枝豆レシピです。 甘くてもビターでもどっちでもいけてしまうなんて。 しかもココアの粉に合うなんて。 枝豆って栄養たっぷりなうえに調理法も選ばない超お助け食材ですね。 レシピは 枝豆はんぺんのマヨチー焼き 出典: リーズナブルでお手軽なお助け食材・はんぺんと枝豆でお手軽なおつまみが出来ました!食材の組み合わせもさることながらマヨチーのコクと香ばしさはやはりおつまみにピッタリですね。 あまり台所を汚さずにできてしまうところもオススメです。 レシピは 枝豆チーズ餃子 出典: 枝豆とチーズを餃子の皮で包んだプチ春巻きはいかが?枝豆は少々塩加減を濃くして茹でておくと、枝豆の塩味とチーズのまろやかさが絡み合って美味です!冷凍の枝豆を使えばいつでもさくっと出来ちゃいますね。 ビールにとっても合いそうな一品です。 レシピは 枝豆のオリーブオイル和え 出典: 冷凍枝豆を凍ったままオリーブオイルで炒めるだけ。 簡単、一手間加えるだけで枝豆の甘味が増して美味しくなるうえにちょっとオシャレな一品にグレードアップしてくれます。 ちょっと焦げ目がついているくらいが美味しいです。 ぜひお試しあれ。 レシピは 枝豆ポテト 出典: ホクホクのじゃがいもに枝豆を絡ませて、オリーブオイルと白ワインビネガーで仕上げしてます。 粉ふきいもをちょっと洋風にした感じです。 じゃがいもがやや煮くずれたくらいが美味しいかも。 これもまたお箸が止まらない一品です。 レシピは いかがでしたか。 おいしい枝豆の食べ方といえば基本はやはり塩茹でですが、ちょっと手を加えるだけで居酒屋風な宅飲みおつまみに早変わり。 ぜひお試しくださいね。

次の

【感動のおいしさ】枝豆は「水100 CCで蒸し煮」が合言葉!

枝豆 茹で 方 クックパッド

家が旅館をやっていたこともあり、冷蔵庫を開ければなんでも食材が入っていたので、お腹が空いたときはその食材で勝手に作っていました。 料理に関しては特に誰かに教えてもらった記憶はないので、きっと母が料理しているのを見たり、聞いたりしているうちに自然に身についていったのだと思います。 大人になってからはレシピ本を参考にしたり、居酒屋やレストランなどで食べたものをマネして作ることもありました。 お弁当作りを始めたのは、早くに事故で妻を亡くし、子供達の運動会や部活の大会、上の子が高校に通う様になってからは毎日と、必要に迫られ必然的に。 初めのころは、とりあえずは玉子焼きは手作り、あとは冷凍食品を使っていましたね。 「パパのお弁当は世界一」という映画があり、それを娘と一緒に見て、参考にしながら作りました。。 それから少しずつレシピを増やしていきました。 甘い玉子焼きが好きで砂糖を入れるのですが、砂糖と塩の容器を間違えてしまったのかもしれません。 それからは間違えないように、塩の入れ物に「しお」って書くようにしました。 そのきっかけは、居酒屋やレストランで食事をしているときや、テレビの旅番組を見ているときなどさまざま。 そのほか、子どもたちが食べたいと言ったものを、家にある材料でアレンジしてできないかなぁと想像してレシピを考えます。 分量や調味料は適当なので、あとで投稿レシピ用に材料の分量を書くのが大変です。 自分の料理を配信することで、さまざまな反応をいただけるので、それがレシピを考える際の参考にもなっています。 朝の時間の過ぎ方は早く、いくらあっても足りません。 メニューもワンパターンになりがちなので、そうならないためにもいくつかメニューを持っておくことをおすすめします。 例えば… お弁当の定番 レンジで簡単!薄焼き玉子が2段になった、チキンライスのオムライス弁当です。 薄焼き玉子も100均グッズでレンジで簡単調理! これもレンチンだけで簡単に作れます。 ポイントは、100均の薄焼き玉子を作るグッズを使うこと。 卵1個で2枚出来るので、お弁当では薄焼き玉子を2段にしてます。 鶏肉をソーセージにして、アレンジしても美味しく仕上がります。 お弁当箱にご飯を詰めて、冷凍おかずを解凍して詰める。 詰めるだけでも、容器ごと入れられる物、おかずカップに移す物、マヨネーズやソース、ケチャップなどが必要なもの、いろいろ考えることも多く、時間がかかり大変です。 だから、初めは冷凍食品を詰めるところから始めて慣れていきましょう。 それから「玉子焼き」などを作ったりしていけばいいと思います。 前もって自分で作った物を小分けにして冷凍しておいて、それを解凍して詰めるのでもOKです。 嫌になってしまっては続かないので、できる範囲で少しずつレベルアップして、頑張っていけばいいと思います。 賞味期限が近いソーセージ等を大量消費出来ます。 これだけでご飯が進みますよ! 具だくさんでおいしく、栄養もバッチリ。 なんと言っても余った材料を消費できるのもお気入りポイントです。 娘はこれにパスタを合わせて食べるのが大好きで、今ではその食べ方が我が家の定番になってます。 もちろん、自分だけでなく、子どもたちが喜んでくれるようなものを作る、そして肉、魚、野菜などバランス良く作るのが理想ですが、毎日3食プラスお弁当となると、なかなか難しい。 ある物で、手早く、おいしく、余らせないというのが一番ですかね。 そのために、おかずは基本大皿で、個別に好きなだけ取るようにして、余らせない工夫をしています。 多く作ったときは、次の日にアレンジしたり、小分けで冷凍してお弁当に入れるなどできるだけ余らせないようにしています。 今回ご紹介した「クックまいななパパ」さんのキッチンはこちら 毎日お弁当を作り続けている「クックまいななパパ」さん。 クックパッドへの投稿を始めたきっかけは、それまで目分量で作っていたレシピをきちんとわかりやすく記し、娘さんたちに自分の料理レシピを残してあげたいと思ったのがきっかけだといいます。 そのレシピはすでに1000近くあり、お弁当おかずだけでなく、主食・主菜・お菓子などあらゆるジャンルを網羅しています。 これからの暑い時期は火を使わない「レンジで簡単系」のレシピがおすすめですよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

次の

枝豆ごはん クックパッドで紹介された簡単人気レシピ!保存期間は?

枝豆 茹で 方 クックパッド

私が一番美味しいと思う枝豆の茹で方です。 れぽありがとうございます ゆでるのではなく蒸す!? 枝豆は枝からはずし、両端をカットします。 サッと洗ったらボウルに入れ、塩で汚れと産毛をとります。 水で流して水けをきり、フライパンに入れ、塩を全体にまぶします。 水を加え、フタをして5分加熱します。 中火〜強火で30秒ほど待ち、枝豆のいい香りがしてきたらざるに上げ、塩少々を振ります。 冷めたら出来上がりです。 いかがですか? 枝豆をゆでるときはお湯をたっぷり沸かして……と思っている人が多いと思いますが、フライパンでも美味しくできるなんてびっくり! フライパンは鍋より熱伝導率がいいので、短時間でしかも少量の水で美味しくゆでられるのです。 そう、ゆでるというより蒸す感覚! これからは、枝豆はフライパンで蒸すのが定番になるかも。 さっそくお試しあれ。 TEXT:森智子.

次の