コロナマスクいつまで。 マスクの効果は? 感染予防には? いつまで行動変えるべき? ウイルス学専門家インタビュー|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞

マスクの効果は? 感染予防には? いつまで行動変えるべき? ウイルス学専門家インタビュー|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞

コロナマスクいつまで

声を集めたのは今月中旬。 回答した54人のうち「悪くなった」と捉えたのは41%、「良くなった」は22%だった。 「安堵(あんど)感がすごい」(福岡県・高校3年男子)、「友達と会え、勉強する気になった」(同県・高校2年女子)など前向きに捉える声もあるが、感染対策に神経をとがらせる学校の風景は以前とは大きく違う。 高校3年男子が通う北九州市の工業高校では、段ボールの枠に透明のビニールを張り付けた特製の間仕切りを机に設置。 毎時限、授業途中に鳴る「換気チャイム」とともに全員で窓を開け、一日の行動履歴の提出も求められる。 それでも昼休みは生徒同士で集まり、教室は「密」の状態。 「いろいろ対策をしているけれど、本当に意味があるのだろうか」と懐疑的だ。 福岡県の中学2年女子は「いつもマスクを着け、何を言っているか分からず、クラスメートの顔も覚えにくい」と漏らした。 同県久留米市の高校では、体育の授業は接触を制限し、サッカーはリフティングとパス練習だけ。 他の授業も原則発表は許されず、英語の音読は自宅でする。 3年男子は「できれば普通に授業を受けたい」。 一方、始業時間を午前10時に繰り下げた福岡市の私立高では、教室の机の間隔が狭く、マスクを着けずに会話する人も多いという。 2年男子は「いつ集団感染が起きてもおかしくない。 もっと対策をしっかりしてほしい」と訴える。 休校による遅れを取り戻そうと、時間割はぎっちりだ。 福岡県の進学校に通う高校3年女子は、毎朝6時すぎに家を出て朝と放課後の課外を含め、1日9こまの授業を受ける日々。 ラグビー部に所属する横浜市の高校2年男子は休校の間、テレビ会議で顧問の教師と試合映像を見ながらルールの確認をしてきた。 学校が再開されても部活動はできないまま。 「接触の多いスポーツでいつから再開できるか分からない。 ボールの消毒などをする予定だが、感染への恐怖はある」と打ち明ける。 吹奏楽部に所属する福岡市の高校3年女子はコンクールが中止に。 「全国大会に行くと決めて入学したのに」と肩を落とす。 部活動は再開されたが合奏はできず、パート別の音合わせをする程度。 演奏の機会が減ったため、に投稿し、見てもらう機会をつくっているという。 茨城県の中学3年男子は将棋部に所属。 他の部活動は再開されても、石や駒を使う囲碁部や将棋部は不特定多数の人が触れるのが理由からか再開は難しい。 「駒を一つずつ消毒するのも大変で、消毒液も足りないので仕方ない」と話した。 大学や高等専門学校などでは、対面の授業が再開されていないところもある。 今春、大学に入った東京都の男性は、同級生に直接会ったことがない。 大学構内に入るのは許可が必要でサークルも活動停止。 「同級生より教授が身近な存在です」と苦笑した。 (金沢皓介、本田彩子) 「あなたの特命取材班」とは? 西日本新聞「あなたの特命取材班」は、記者が読者と直接つながり、双方向のやりとりと新聞社の取材力を生かした調査報道で、地域や社会の課題解決を目指します。 あなたの「知りたい」にこたえ、深く正確に報じる「オンデマンド調査報道」(ジャーナリズム・オン・デマンド=JOD)に挑んでいます。 暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正まで、調査依頼や情報をお寄せください。 全国各地のローカル・メディアとも連携し、情報や記事を共有したり、協働調査報道に取り組んだりしています。 ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。 で取材班と直接やりとりもできます。

次の

【コロナウイルス】マスク売り切れ(品薄)はいつまで続く?どこで買えるかも調査!

コロナマスクいつまで

厚生労働省などによれば、3月8日午後9時15分時点の日本国内の感染者は1190人(うち死者14人)。 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)などの集計によると、日本時間の3月7日午後、世界の感染者は10万3735人、死者は18カ国・地域で計3519人となった。 新型コロナウイルスは一体いつになったら終息するのか。 一般的にコロナウイルスは寒さに強く、暑さに弱い。 新型コロナウイルスも、気温の上昇とともに私たちの周りから消えていくと考える専門家は多い。 ただし、もし4月ごろに気温上昇で感染拡大が収まったとしても、気温が下がる秋には再び流行する恐れがある。 今年10月ごろから来年3月ごろにかけ、第2波、第3波の流行がやってくる。 写真=時事通信フォト 新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で発言する安倍晋三首相(左手前から5人目)=2020年3月7日、首相官邸 - 写真=時事通信フォト だから春に流行が収まっても安心せずに、秋からの流行に備えるべきである。 通常、大勢の人々が免疫を獲得していくことによってその病原体は力を失っていくが、一度の流行だけでは免疫をもつ人が足りない。 これは過去の新型インフルエンザの流行を考えてみると、よく分かる。 これまで新型インフルエンザウイルスは、スペインかぜ(1918年)、アジアかぜ(1957年)、香港かぜ(1968年)、さらにアメリカ南部で発生したとみられるブタ由来の新型インフルエンザ(2009年)と、過去に計4回出現した。 いずれも第2波、第3波と流行を繰り返し、免疫をもつ人が増えることで徐々に力を失っていった。 これまで見つかっている人に感染するコロナウイルスは計6種類。 人間界に常在化して人に感染する4種類と、コウモリなどの動物を自然宿主としていたものが、突然変異を起こして人に感染するようになり(初めから人に感染する性質を持っていたとの説もある)、重症の肺炎を引き起こす2種類だ。 後者の2種類は、2002年〜2003年にかけて中国を中心に流行した重症急性呼吸器症候群のSARS(サーズ)コロナウイルスと、2012年以降に中東で確認され、いまも流行している中東呼吸器症候群のMERS(マーズ)コロナウイルスである。 新型コロナウイルスはSARSやMERSの仲間で、武漢(ウーハン)市の海鮮市場のタケネズミのような動物を宿主としていたものが、人の世界に入り込んだとみられている。 感染者は8096人(うち774人が死亡)だった。 病院や介護施設など人と人とが密接に接触する場所で集団発生が次々と起き、1707人の医療従事者も感染した。 1人の感染者が多くの人に感染させる「スーパー・スプレッディング」と呼ばれるケースも確認された。 結局、WHO(世界保健機関)が終息宣言を出したのは、最初の発生確認から半年以上経過した2003年の7月5日だった。 SARSの症状は発熱、筋肉痛、咳、呼吸困難、下痢。 飛沫感染と接触感染で感染していく。 新型コロナウイルスとよく似ている。 しかし、SARSの致死率は9. 6%と、新型コロナウイルスの致死率(約2%)よりもかなり高い。 患者・感染者を特定しやすいうえ、発症して初めてほかの人に感染する。 発症前から感染する新型コロナウイルスとは違う。 感染源と感染ルートを把握しやすい。 このため防疫がしやすく、SARSコロナウイルスは人間の世界から忽然とその姿を消したように思われている。 それに比べ、新型コロナウイルスは大半の感染者が不顕性感染と呼ばれる無自覚症状だったり、感染しても軽症で済んでしまったりしている。 そうした患者・感染者が知らぬ間に感染源になっている。 新型コロナウイルスの感染源と感染ルートは非常に見えにくく、防疫が難しい。 しかし、新型コロナウイルス感染症は、WHOによれば致死率は低く、多くの人々にとって死に至る病ではない。 病原性(毒性)は弱く、患者感染者の8割以上が軽症だ。 感染力もインフルエンザと同じか、少し低いぐらいである。 いまのところワクチンや特効薬はないが、熱を下げたり、咳を止めたりする対症療法で十分に治る。 新型コロナウイルスは、毎冬のインフルエンザや風邪とあまり変わらないと考え、落ち着いて行動すべきだと沙鴎一歩は強調したい。 にもかかわらず、新聞やテレビなどの報道は私たちの不安を煽るようなものばかりに思えてならない。 この社説は「新型肺炎とマスク 製造と配分の努力不足だ」との見出しを付け、こう訴える。 「デマの拡散に端を発して、各地の小売店でトイレットペーパーやティッシュペーパー、生理用ナプキンなどの紙製品が買い占められた」 「政府や自治体、関係業界は、生産や在庫の正確な情報を繰り返し国民に伝え、供給にも力を入れることで混乱を回避してほしい。 国民の側もデマに踊らされない冷静な行動が求められる」 製造を中国に依存しているマスクの供給がストップするのはよく分かる。 しかし、トイレットペーパーやティッシュペーパーまでどうして店頭からなくなるのだろうか。 産経社説はこの疑問に答える。 生活必需品の急な品薄を知った消費者は不安を募らせ、買いだめに走る連鎖が起こった」 そこで産経社説は主張する。 「だが、日本家庭紙工業会や政府が説明するように、生産量も在庫も十分だ。 ほとんどが国内で生産され、原材料も中国に依存していない。 最初に誰がどのような意図でデマを流したのか、経緯を解明しなければならない」 ここまでは問題ない。 十分、納得のいく主張である。 問題はマスクについての以下のくだりである。 「消費者がデマに乗せられたのは、マスクを容易に入手できない状況も影響している」 「3月中にマスクの国内製造は月産6億枚になるという。 政府はメーカーの製造ライン増設の補助金を設けたが、先週の段階で3件の決定では到底足りない。 増設のインセンティブを強める思い切った手を打つべきだ。 マスクは感染症流行時の必需品だが、中国からの輸入に7割も依存する状況を放置し備蓄も十分でなかった。 平和ぼけであり政府は反省すべきだ」 産経社説は「マスクは感染症流行時の必需品」とまで言い切るが、これは間違いである。 感染症の問題に疎い論説委員が知ったかぶりで書いたのではないか。 こうした間違いがマスク不足を助長し、人々の不安を募らせてパニックを呼ぶのである。 脱着を誤ると、感染を広げてしまう危険性がある。 とくにインフルエンザウイルスと同じように飛沫感染したり、接触感染したりする新型コロナウイルスには、マスクよりも手洗いのほうが効果的だ。 マスクは「着用しないより、着用したほうがベターだ」ぐらいに考えたい。 詳細は2月12日の記事「新型コロナには効果の薄いマスクを、なぜ人々は必死で求めるのか」で書いたので、ここでは繰り返さない。 産経社説は「緊急時に政府は、国民のために権限をふるうことをためらってはいけない」とも主張するが、これにも驚かされる。 「国民のために権限をふるう」という表現自体がおかしい。 読者も納得しないだろう。 現在の安倍政権は、自らの権力維持のために新型コロナウイルスを逆手に取っている。 新型コロナウイルスに対する一連の政策を見ていると、「首相の決断」が人々の不安を煽る結果となっている。 安倍晋三首相が私たち国民のことをどこまで本気で考えているのか、疑問に思う。 (ジャーナリスト 沙鴎 一歩) 外部サイト.

次の

コロナウィルス:マスク着用はいつまで?

コロナマスクいつまで

関連記事: マスク不足の解消はいつ 政府は当初、2月17日以降に品不足は解消に向かうと発表しました。 ただし、海外から、特に中国からの輸入は引き続き難しく、4月に入っても、店頭には十分並んでいない状況が続いています。 そもそもマスクは、今までのような状態に戻るのは難しいという意見も見られます。 マスク値上げの注意点 ネット通販では定価の10倍以上まで、便乗値上げしたケースがあります。 これらのマスクを買うべきかは悩ましいところで、高くても買う必要があるのか、と思われる方もおられるでしょう。 マスクの効果というのは実際どのくらいなのでしょうか。 コロナウイルス予防にマスクの効果は? 専門家は、コロナウイルスの感染予防にはマスクの効果がないということを話しています。 2月22日の朝日新聞「マスク依存社会」のコラムで、内科医の久住英二さんはこれについて つまり、マスクは予防策ではありません。 と結論付けています。 マスクは人に移さないために有効 では、マスクは何のために必要なのかと言うと、病気にかかった人が咳などで菌やウイルスを外部に出さないために、他人に感染させないための道具としては有効であるということです。 新型コロナウイルスは感染しても症状がないことが多いため、気が付けない間にウイルスを広めないようマスクをつける意味はあるといいます。 高額なマスクを買う意味はない しかし、逆に、他人への感染予防のために、マスクをつけるという人はそれほどいないと思われます。 少なくても、医師の見解を聞く限り、定価よりも値上がりしている高額なマスクを慌てて買う必要があるとは思われません。 どうしても、気分的に、マスクがないと心配だっていう人は手作りマスクなどで対応をするなどして、マスクが店頭に並ぶのを待つことが賢明です。 マスクの予防効果は限定的 週刊朝日でも、 「マスクの予防効果は限定的なので無理して買わない。 店頭で見つけたら必要な部分だけ購入しよう」 と呼びかけています。 マスク代金の公的補助は? 医療費が高額になった場合には、通常公的な補助が出ますが、 マスクの代金についての補助は基本的にありません。 結局、高いマスクや消毒薬を買うと、家計を圧迫することになります。 マスクが所得税控除の対象となる場合 新型肺炎やインフルエンザなどにかかり、医療機関からマスク着用を指示された場合は所得税控除の対象になります。 しかしその場合でも税金を取り戻せる効果は限定的だということです。 マスク詐欺の被害に遭わない ネット上ではマスクを無料送付と言った偽情報をもとに、不正サイトへ誘導したり添付ファイルを開かせようとしたりする詐欺が広がります。 世界保健機構や保険所を語って信用させることもあるので、このような不審なメールが来た場合は、開かないようにしましょう。 また公務員等を装って電話での勧誘も予想されるため、マスクをめぐる詐欺には注意をすることが必要です。 ネットでマスクを高額で転売することはそれ自体違法ではありませんが、上記のような情報を元に、自身の正しい判断のもとに購入するようにしましょう。 マスクはどこで買える? マスクを売っている場所や時間帯のヒントについては、前の記事にご紹介している通りですが、以下にも再度記します。 マスクの入荷は通常通り マスクは上に述べたように現在増産体制に入っており、実は通常通りの入荷があるということです。 ただし、需要が供給をはるかに上回る状況となっているために、マスクが店頭に置いてもすぐになくなってしまうのです。 店にある時間がわずかなのです。 特に、コンビニにおいては通常通り供給がされているということで、マスクが並べられる時間を狙ってお店に行ってみるのが一番いいようです。 開店時間がわかっているお店については、開店時間すぐにチェックをしてみるのがいいと思われます。 その他の24時間開いている店については、いつが入荷ということが特定できませんが、粘り強くお店を覗いてみるのが良いと思われます。 詳しくは、をご覧ください。 夏のクールマスクが出ました!.

次の