米津玄師 馬と鹿 類似の曲。 「2019 HOT・米津玄師」米津玄師のオススメ人気曲Top10まとめ!

(おまけ付)馬と鹿(初回限定映像盤)(CD+DVD) / 米津玄師 (CDS+DVD) SECL2495

米津玄師 馬と鹿 類似の曲

ミュージックビデオ - パプリカ (Foorin バージョン) 歌手 作詞者 米津玄師 作曲者 米津玄師 編曲者 米津玄師 映像 実写 1 2 映像制作者 振付:+ 1 2 初放送月 - その他 1 ダンスVer. (Foorinの歌とダンスのパフォーマンス) 2 マスコットVer. (が登場) 「 パプリカ」(英題: Paprika)は、の作詞・作曲、プロデュースによる小中学生 の「Foorin」(フーリン)の楽曲。 「〈〉2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングとして製作された。 公認プログラム。 『』8月・9月の曲。 2018年にからリリースされ翌に入ってロングヒットとなり 、再生回数が1億回を超え 、ダンス動画が投稿されるなど、子供から大人まで幅広い年代にわたるとなっている。 受賞曲。 「 パプリカ 米津玄師バージョン」として米津がセルフカバーし『みんなのうた』2019年8月・9月の曲 として発表、2月にリリースされるほか 、2019年12月・2020年1月の曲として発表されたFoorin team Eによる全編英語歌詞の「 Paprika Foorin team E version」 、Foorin楽団による「 パプリカ Foorin 楽団バージョン」 などさまざまなバージョンが制作されている。 「〈〉2020応援ソングプロジェクト」の一環として、音楽ユニット・Foorin(フーリン)歌唱バージョンが7月19日よりYouTubeにてダンスバージョンのPVを、2019年8月9日にはセルフカバー版ミュージック・ビデオのフルサイズを公開。 同日にFoorinダンスバージョンが1億回再生突破した。 にのセルフカバーバージョンが配信された。 概要 [ ] が「とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクト」として開始した「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングとして、米津の作詞・作曲、プロデュースにより製作された。 により「東京2020公認プログラム」として認証された。 より開催予定であったのに採用され 、にはの編曲、の指揮、の演奏による行進曲の録音も行われた が、の影響により開会式、後に大会自体が中止されることが決定した。 これにより入場行進曲としての使用は幻となった。 制作 [ ] 「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」の打診を受けた米津は、それまで制作してきた自身の楽曲は「わかりやすい応援ソング」と対極だったことから「果たして自分でいいのか」との疑問を抱きつつも、「それを作ることによって新たな場所に行けるのかな」と話を受けることを決意。 与えられた「歌って踊れる応援ソング」「歌う人は自分以外の人間」「名の売れている人ではない」といったキーワードから、自分以外の名前の売れてないアーティストが歌う「子供たちが歌って踊れる応援ソング」をテーマに制作を開始した。 米津はこれまで「」()、「」()、「」()などの提供楽曲はアーティストありきで制作してきたため、本楽曲を歌うアーティストが身近に思い浮かばなかったことからオーディションを実施。 当初より小学生ユニットをプロデュースする発想はなかったものの、小学生から18歳くらいまで約150人が参加したオーディションでカラオケ風の歌い方や身振り手振りに染まらない子どもたちのほうが美しく魅力的に映ったことから、まずは無垢かつワイルドでいぶし銀な声質のひゅうが()と、優等生で度胸があり声質も良いもえの()の対極的な2人を選出。 続いて、自分の原体験の漫画やバンドで「5人くらいが一つのチームになって、いろんなキャラクターたちが相互作用を起こしていく」様子をイメージしつつ、「」を選ぶようにメンバーのキャラクターを考えて残る3人(たける〈楢原嵩琉〉、りりこ〈池下リリコ〉、ちせ〈〉)の選考を進めていった。 オーディション時点で楽曲のデモや原型は一切なく、オーディションで選出した5人を通じて、米津が5人と同じ小学生だったころにの山中にあった祖父母の家で、山で遊び回り、川で泳いだときの記憶を思い浮かべて自己投影をしていった。 米津が小学生だったころに聴いていた、あらためて聴きなおすと決して子供におもねることなく制作者が面白いと感じるものをきっちり提示していた音楽に思いを馳せ、「果たして子供に歌えるんだろうか」「子供が歌うんだったらこのくらいにしておいたほうがいい」と子供におもねることなく、「27歳の自分がいいと思えるもの」をそのまま表現していった。 子供のころから不信感、嫌悪感を抱いていたわかりやすい、壮大な応援ソングに対し、森で駆け回る子供たち、田舎の日常の中で遊ぶ子供たちの情景を描いた「小さな物語」が童謡、風土感、ノスタルジーなどを介しNHKという大きな背景で結果として拡大していくのが自身が作れる応援ソングであり 、大人になった時に子供の頃この曲を歌っていたことを思い出して子供のときの自分に応援される「応援ソング」としている。 「ユニット名は仰々しい名前ではなく小さなものでいい」という発想から、からっとした感じがちょうどいいと、歌い踊る5人の姿を風鈴に例えて「Foorin」となった。 曲名は語感に加えてそのものの持つポップさ、かわいさから「パプリカ」となり、特にわかりやすい意味はなく、子供向け絵本の中のどこか荒唐無稽なイマジネーションの世界のような、理論的な思考で説明できないようなところから音楽のエモーションが生まれるとしている。 メンバーのボイストレーニングはスタッフが担当し、米津はレコーディングより参加している。 練習の成果と成長スピードの速さから、サビの「パプリ〜カ」の部分を指導した以外は特に直すところもなく、レコーディングは滞りなく終了した。 振付はかねてより親交があり信頼を置くとに依頼し、デモをもとに曲の説明した後、2人の思うようにと委ねられた。 サビの「パプリ〜カ」の部分は「おばあちゃんでもこたつに入りながらできるように」など、「子どもからお年寄りの方まで踊れること」を意識して振付されている。 「小さな空気感」を演出するため、ダンスレッスンにて密かに録音されたなどの会話の音声が曲の前後や曲間に用いられた。 Foorin [ ] Foorin ジャンル 活動期間 - レーベル ソニー・ミュージックレレーベルズ 公式サイト メンバー ひゅうが() もえの() たける(楢原嵩琉) りりこ(池下リリコ) ちせ() Foorin(フーリン )はNHK主催の「2020応援ソングプロジェクト」による応援ソングを歌うためにオーディションによって選出された5人の 男女で構成されるユニット。 ユニット名は、グループの楽曲を手がける米津がメンバーの歌い踊る姿をに例えたのに由来する。 2019年12月には平均年齢11. 2歳で「」にて日本レコード大賞を受賞し、もえの、りりこ、ちせの3名は同賞史上初の小学生での受賞者に 、また受賞時に9歳のちせは、史上最年少での同賞受賞者となった。 メンバー [ ]• ひゅうが() - メインボーカル• もえの() - メインボーカル• たける(楢原嵩琉) - ダンス・コーラス• りりこ(池下リリコ) - ダンス・コーラス• ちせ() - ダンス・コーラス 出演 [ ]• (2018年10月23日、2019年6月4日、)• 2019年6月14日、2019年8月30日、)• (2019年5月1日、NHK総合)• 第5話(2019年8月11日、) - 試合の観客 役(エキストラ出演)• 2019 -THE LIVE-(2019年9月18日、)• (2019年11月8日、)• 2019(2019年11月13日、)• (2019年11月19日、)• 2019 (2019年11月27日、日本テレビ• 2019年12月4日、フジテレビ• 2019 2019年12月27日、テレビ朝日• (2019年12月30日、TBS)• (2020年3月24日、NHK総合)• 2020年3月30日、TBS• 米津のライブ映像やミュージックビデオを手がける映像作家の加藤隆がジャケットのイラストを手がけている。 初回限定盤は付属DVDに2種のミュージックビデオならびに振付担当の辻本知彦と菅原小春によるTeacher Video(教則ビデオ)を収録し、あわせてポスター型歌詞カードと『みんなのうた』の楽譜が付属する。 営利目的で発売できないことから、CD販売の収益や米津の印税などは内の「スポーツ振興基金」へ寄付され、次世代アスリートの育成などに使われる。 リリース後はにてリリース週に23位を記録した後は100位圏外が長く続いていたが、末の『』の企画コーナーへの出演をきっかけに人気に火が点き、1月に圏外から一気にランクインして以降は(ダウンロード、ストリーミング)、、と長期に渡ってチャートにランクインを続けるロングヒットとなっている。 収録内容 [ ] 全作詞・作曲・編曲: 米津玄師。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「パプリカ」 「」タイアップ曲 米津玄師 米津玄師 3:28 2. 「パプリカ(Instrumental)」 米津玄師 米津玄師 3:16 合計時間: 6:44 DVD(初回盤のみ収録) タイトル 作詞 作曲・編曲 1. 「パプリカ Music Video」 2. 「パプリカ Teacher Video」 3. 「パプリカ Music Video 2」 参加ミュージシャン [ ]• 厚海義朗: 全曲• 堀正輝: 全曲 プロモーション [ ] リリースに先立ち、2018年7月24日に放送されたNHKの特番『内村五輪宣言! 〜TOKYO 2020開幕 2年前スペシャル〜』において、オーディションで選出された小学生5人により結成された歌唱を担当する新ユニット「Foorin」 により、・の公式マスコットキャラクターであるとの共演により初披露された。 また、にはにてダンスミュージックビデオが、には世界観ミュージックビデオと称したドラマ仕立ての映像が公開された。 2018年8月にはNHKの『』で2018年8-9月の曲として同期間に放送、映像はFoorinのダンスによる「ダンスVer. 」と、マスコットのが登場する「マスコットVer. 」がある。 「パプリカ Foorinバージョン」として8月-9月の曲として同期間に再放送された。 2018年より各都道府県で「みんなでパプリカダンスを一緒に踊ろう!」というコンセプトのイベントを開催している。 にて『 〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト「パプリカ」』と題しから毎週月曜日から金曜日の午後4時44分から<NHK>2020応援ソングプロジェクト「パプリカ」で、Eテレ番組の出演者によるコラボレーションバージョンが放送されている。 詳細は「」を参照 パフォーマンス [ ] 2018年12月31日に放送された『』の「夢のキッズショー〜平成、その先へ〜」コーナーにてFoorinと『おかあさんといっしょ』、『』、、、、、、らのメンバーによりコーナー最終楽曲として披露され話題となった。 2019年12月31日に放送された『』にFoorinが紅組から正式枠で出場し 、全編英語詞の「Paprika Foorin team E version」を歌う「Foorin team E」との共演により、「パプリカ -紅白スペシャルバージョン-」 として披露された。 「Foorin team E」のは6歳で、の『』に7歳で初出場したの最年少記録を更新した。 2019年11月18日にノミネート作品が発表され、優秀作品賞にノミネートされ 、日本レコード大賞のノミネート作品となる優秀作品賞を受賞。 同年12月30日に放送された『輝く! 第61回日本レコード大賞』()で中継された「第61回日本レコード大賞」において日本レコード大賞を受賞 、歌唱したFoorinは史上最年少での同賞受賞者となった。 受賞歴 [ ]• 2019 特別賞「MTV Breakthrough Song」• 米津玄師バージョン [ ] 「 パプリカ」 の 初出アルバム『』 リリース 規格 米津玄師• ゴールド(有料音楽配信、日本レコード協会) シングル 年表 2019年 パプリカ 2020年 ミュージックビデオ - パプリカ 米津玄師バージョン 歌手 作詞者 米津玄師 作曲者 米津玄師 編曲者 米津玄師 映像 映像制作者 加藤隆 初放送月 8月-9月 再放送月 2月-3月 「 パプリカ 米津玄師バージョン」と題して米津がセルフカバーし、『』にての「8-9月のうた」に採用されから放送 、の「2月-3月のうた」として再放送。 また、にリリース。 映画『』の主題歌「」のオーケストラ編曲を手掛けたが、「」に続き本作の編曲を米津との共作で手掛けている。 Foorin「パプリカ」 のシングルジャケットを手がけた加藤隆が映像を担当したミュージックビデオが2019年より公開され 、公開より4日と9時間で1,000万回を超える再生回数を記録している。 2020年に1億回再生を記録した。 前述の通り、にのセルフカバーバージョンが配信 された。 Foorin team E バージョン [ ] 「 Paprika」 Foorin team E の リリース (配信) (CD) 規格 時間 3分28秒 Kenshi Yonezu Kenshi Yonezu この節のが望まれています。 ( 2019年11月) 「 Paprika Foorin team E version」と題して、英語ネイティブの子どもたち5人により結成された「Foorin team E」(フーリン・チームイー)が歌う全編英語詞バージョンが、『』にて「2019年12月-2020年1月の曲」としてより放送 、12月2日にデジタル配信で、にCDシングルでリリースされた。 「国境を越えて『パプリカ』で世界中のみんなと繋がってひとつになる」をテーマに、「日本のこども達から、世界のこども達へ、大きな輪をひろげていきたい」と世界への輪の拡大を意図して制作された。 歌詞の英訳は が担当し、原曲の旋律を崩すことなく、原詞にできるかぎり忠実に、韻を踏みつつ翻訳を行っている。 また、メンバーオーディションおよびレコーディング監修にも携わっている。 2019年に東京・で開催された「ABUソングフェスティバル in TOKYO」で初披露。 同年にミュージックビデオが公開され 、公開から5日間で180万回を超える再生回数を記録した。 同年にNHK総合ほかで放送の『』でもFoorinによる「パプリカ」とともに披露される。 2020年1月22日のCDリリースにあわせて新たなミュージックビデオ「Paprika world video 」が公開、Foorin Team Eに加えてフランス、ギリシャ、シンガポール、オーストラリア、南アフリカ、アメリカ、ブラジルなど全27か国29都市の子供たちが各地の名所で「パプリカダンス」を踊る映像が収められている。 Foorin team E [ ] オーディションによって選出された6歳から12歳の英語ネイティブの子どもたち5人により結成された。 ユニット名の「team E」(チームイー)はEnglish nativeチームの意である。 メンバー(Foorin team E) [ ]• Jasmine(ジャスミン、10歳) - メインボーカル• Corban(コールバン、8歳) - メインボーカル• 初回盤は7インチの紙ジャケットはFoorin「パプリカ」ジャケットを手掛けたが担当し、ポスターサイズの歌詞カード、ミュージックビデオを収録したDVD、折り紙を同梱する。 Foorin「パプリカ」と同様に、本作における米津の印税は全額が内の「スポーツ振興基金」へ寄付され、次世代アスリートの育成に用いられる。 Foorin 楽団バージョン [ ] パプリカ Foorin 楽団バージョン 歌手 Foorin楽団 作詞者 米津玄師 作曲者 米津玄師 編曲者 映像 実写 映像制作者 藤代雄一朗 初放送月 12月-1月 その他 指導:山田俊之 この節のが望まれています。 ( 2019年11月) 「 パプリカ Foorin 楽団バージョン」と題して、「Foorin」メンバー5人と病気や障害を持つ子たち10人により結成されたバンド「Foorin楽団」が演奏するバージョンが、『』にて「2019年12月-2020年1月の曲」としてより放送されている。 歌やダンスに加え、、、ガラクタ楽器、、などメンバーそれぞれが好きなこと、得意なことで演奏に参加し、さまざまな音楽表現を織り交ぜた新たな形の「パプリカ」となる。 通常は接点が少ない異なる病気・障害を持つ子どもたちがFoorinメンバーたちと一緒に「ごちゃまぜ」となって「パプリカ」を合奏することで、「共生社会」へ向けた試みの一つと位置づけられている。 2019年11月8日開催の「第46回」授賞式で初披露された。 関連番組 [ ] 製作過程を3か月にわたって記録したメイキング映像が、1話5分のミニドキュメント番組としてNHK Eテレにて2019年12月23日から12月27日に放送、続いてのNHK公式チャンネルにて配信される。 〈NHK〉2020応援ソング「パプリカ〜Foorin楽団」• パプリカ 『上白石萌歌』バージョン(2018年11月5日動画公開、編曲:、歌:)• (『みんなのうた』2019年4月 - 5月)• 中国地方・広島県バージョン(『みんなのうた』2019年6月 - 7月 2019年5月4日広島放送局「パプリカをおどろう!」)• 東北地方・福島県バージョン(『みんなのうた』2019年6月 - 7月 2019年6月23日福島放送局「NHK公開復興サポート 明日へin相馬」)• 北海道バージョン(『みんなのうた』2019年12月 - 2020年1月 2019年8月ロケ撮影 なお全国でパプリカ映像には収録されていないものの8月7日札幌ドームでの北海道日本ハムファイターズ対オリックスバファローズ戦にFoorinメンバーが出演。 九州沖縄地方・大分県バージョン(『みんなのうた』2020年2月 - 3月 2019年10月27日大分放送局「NHKパラスポ広場in大分」)• 東海北陸地方・愛知県バージョン(『みんなのうた』2020年2月 - 3月 2019年11月4日名古屋放送局「Foorinと「パプリカ」をおどろう!~みんなのグローバル「パプリカ」~」イベント時)• バージョンI(『みんなのうた』2019年6月 - 7月)• バージョンII(『みんなのうた』2019年6月 - 7月)• バージョンIII(『みんなのうた』2019年8月 - 9月)• バージョンIV(『みんなのうた』2019年8月 - 9月)• バージョンV(『みんなのうた』2019年10月 - 11月)• バージョンVI(『みんなのうた』2019年10月 - 11月)• バージョンVII(『みんなのうた』2019年12月 - 2020年1月)• パプリカ 手話バージョン(『みんなのうた』2019年8月 - 9月) - 東京都立立川ろう学校専攻科の生徒を中心に考案された、手話とダンスを組み合わせた振付によるバージョン• パプリカ 吹奏楽バージョン(『みんなのうた』2019年10月 - 11月) - Foorinとによるバージョン• Eテレ内での編曲で放送された。 Eテレ内で2020年1月6日ザ・ぶどうかんずの編曲で放送された。 パプリカ ABUバージョン(『みんなのうた』2020年4月 - 2020年5月) - 「ABUテレビソングフェスティバル2019」出演時の映像。 カバー [ ] 以下のカバー音源が発売されている。 (版カバー音源。 2019年1月9日発売のオムニバス盤『こどものうたコレ〜歌って、遊ぼう〜』に収録)• スマイルキッズ(版カバー音源。 2019年1月9日発売のオムニバス盤『こころの応援歌〜合唱版 ダイナミック琉球・パプリカ・YELL〜』収録)• コロムビア・オーケストラ(版カバー音源。 Osaka Shion Wind Orchestra(第92回選抜高等学校野球大会の入場行進曲用に録音された音源。 大会自体は中止になったが、CDは発売された。 RIAJ 2019年8月認定• RIAJ 2019年11月認定• 産経ニュース. 2018年7月24日. 2018年9月22日閲覧。 2019年12月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年8月10日. 2019年12月9日閲覧。 2019年8月9日. 2019年12月9日閲覧。 石黒隆之 2019年8月7日. 2019年12月9日閲覧。 兼松康 2019年5月15日. 2019年12月9日閲覧。 ネットネイティブ. 2019年9月12日. 2019年12月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年12月30日. 2019年12月30日閲覧。 オフィシャルサイト 2019年7月19日. 2019年11月5日閲覧。 ナターシャ. 2019年7月18日. 2019年12月8日閲覧。 ナターシャ. 2020年1月31日. 2020年2月1日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年1月31日. 2020年2月1日閲覧。 ナターシャ. 2019年11月14日. 2019年11月14日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2019年10月23日. 2019年11月12日閲覧。 2020年1月31日閲覧。 Tokyo2020 NHK情報サイト. 2018年9月22日閲覧。 センバツLIVE!. 毎日新聞社. 2020年1月14日. 2020年1月14日閲覧。 、毎日新聞、2020年1月28日 20時09分。 インタビュアー:. 2019年12月1日閲覧。 2018年8月15日. インタビュアー:. 2019年12月1日閲覧。 インタビュアー:. 2019年12月1日閲覧。 2019年9月26日. インタビュアー:. 2019年12月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年7月20日. 2018年9月22日閲覧。 music. jpニュース. エムディーアイ 2018年8月14日. 2018年9月8日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2019年12月30日. 2019年12月30日閲覧。 2019年12月30日. 2019年12月30日閲覧。 2019年12月30日. 2019年12月30日閲覧。 MANTANWEB. 2019年8月4日. 2019年11月12日閲覧。 2019年9月19日. 2019年11月12日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年9月13日. 2019年11月12日閲覧。 ナターシャ. 2019年11月1日. 2019年11月12日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク. 2019年10月7日. 2019年11月14日閲覧。 「夢のキッズショー〜平成、その先へ〜」のラストに歌唱した• ナターシャ. 2018年12月27日. 2019年11月11日閲覧。 ネットネイティブ. 2019年1月3日. 2019年11月11日閲覧。 出場歌手・曲目. 2019年12月24日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年11月14日. 2019年11月14日閲覧。 2019年11月14日. 2019年11月14日閲覧。 ニュース. 2018年8月14日. 2019年12月9日閲覧。 オンライン ニュース. 2018年7月24日. 2018年9月22日閲覧。 2018年7月25日. 2018年9月22日閲覧。 みんなのうた. NHK. 2018年9月2日閲覧。 eテレ番組表2019年12月27日閲覧• 2018年12月30日. 2019年12月9日閲覧。 第70回紅白歌合戦出場歌手2019年11月14日閲欄• 2019年11月15日. 2020年1月11日閲覧。 rockin'on. com rockin'on. com Inc. 2019年11月18日. 2019年12月30日閲覧。 2019年11月16日. 2019年11月16日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年12月30日. 2019年12月30日閲覧。 坂東祐大 2019年12月13日. インタビュアー:児玉澄子. ORICON NEWS. 2019年12月16日閲覧。 blueprint. 2019年8月9日. 2019年11月5日閲覧。 2019年8月14日. 2019年11月5日閲覧。 2020年1月31日閲覧。 NHK2020応援ソング プロジェクト. 2019年11月14日. 2019年11月14日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年12月2日. 2019年12月2日閲覧。 2019年12月3日. 2019年12月9日閲覧。 、 2019年12月1日閲覧。 、 2019年12月2日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年11月20日. 2019年12月2日閲覧。 RBB TODAY. 2019年12月7日. 2019年12月8日閲覧。 blueprint. 2020年1月21日. 2020年2月1日閲覧。 ナターシャ. 2020年1月21日. 2020年2月1日閲覧。 NHK2020応援ソング プロジェクト. 2019年11月8日. 2019年11月12日閲覧。 佐藤正和 2019年9月26日. インタビュアー:中野渡淳一. Mugendai(無限大). 2019年12月1日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年12月21日. 2019年12月24日閲覧。 NHK2020応援ソング プロジェクト. 2018年11月5日. 2019年11月11日閲覧。 MANTANWEB. 2018年11月5日. 2019年11月11日閲覧。 、ホフディラン公式サイト、2018年12月31日。 、岩見十夢 - Tom Iwami Official Website、2020年1月5日。 、『毎日新聞』2020年5月30日付大阪朝刊。 外部リンク [ ]• - Tokyo2020 情報サイト• - NHK• - NHK みんなのうた• - NHK みんなのうた• - NHK みんなのうた• - NHK みんなのうた• (パプリカ【初回生産限定盤】)• (パプリカ)• - 米津のYouTubeチャンネルにおける、米津によるセルフカバーバージョンを収めた動画。

次の

音痴でもカラオケで歌いやすい曲はコレ!男女別まとめ40選!NG例あり

米津玄師 馬と鹿 類似の曲

馬と鹿 まず肝心の表題曲に関する率直な印象を言えば、個人的にはあまり好きでは無い。 だが当時から米津玄師名義でデビューしてしばらく経っても、彼の音源の全てを漏らさず味わいたいという程の思い入れは持てずにいた。 それが決定的に変わったのは割と最近のこと。 昨年のシングル 「Flamingo」だ。 これはトラップを通過したクールなビート感覚と サザンオールスターズ「愛の言霊」の頃の 桑田佳祐を彷彿とさせるスリリングな譜割りと詞作のヴォーカルが実に切れ味鋭く完璧な1曲と言っていい。 この曲にググッと惹き付けられ、さらなるダメ押しを喰らったのは本作にも収録されているが配信限定で先にシングルが切られていた 「海の幽霊」。 この曲に関する詳細は後述するが、これにより米津に対する私的な印象は一気に日本で最も注目すべきアーティストとまで高まった。 と、期待値が最高水準まで来た中のこの 「馬と鹿」はスッキリしない出来だ。 いや、この曲とて米津の造詣とセンスはそれなりに反映されてはいる。 腰を砕くようなBメロの譜割りや 「海の幽霊」に引き続きダイナミックに響くサブベース等は、少なくとも私的には数年前より質においてもバラエティにおいてもグッと高まったと思っている現在のヒットチャートにあってなお耳を惹くトリッキーさだ。 しかし、メロディ展開が所謂J-ROCK、 BUMP OF CHICKENや ASIAN KUNG-FU GENERATIONあたりで定型化したそのフォーマットをあまりにそのままなぞり過ぎているように思える。 構造的にはJ-POPの典型を著しく逸脱したものでは無いにも関わらず商業面でもグローバルな展開の可能性すら匂わせ出した近作から、一気にドメスティックに、 「Flamingo」以前に揺り戻されてしまった印象がある。 未だアルバムというフォーマットに思い入れが強い身からすると「Flamingo」と「海の幽霊」(および 「パプリカ」)が共存するはずの次のアルバムはいったいどんな物になるのだろうかと期待が強かったが、この曲の内容および、配信限定とはいえ先にシングルとして切られていた「海の幽霊」をカップリングとして収録した事で、そっちはアルバムには収録されないのだろうかという思いとともに少し先行きへの不安が強まってしまったのが正直な所。 海の幽霊 とはいえ、配信のそれも圧縮音源でしか聴けなかった 「海の幽霊」がより高音質で聴けるだけでもこのシングルの価値は大きい。 無論ヴァイナルや24bitデジタル(所謂ハイレゾ: 注1)のようなより高音質のフォーマットを出してくれるに越したことは無いのだが… それはともかく、名曲だ。 最も大きな特徴はその プリズマイザーサウンドのフィーチャーだろう。 プリズマイザーとは主にヴォーカルに施すことを目的としたエフェクターの一種。 Francis And The Lights『Farewell, Starlite! 米津がこのようなサウンドに手を出すのは初めての事では無いがここまで大々的に使用した事は無く、この完成度に至るにおいては実践的経験値の蓄積よりも Bon Iverや The 1975といったフランシス・アンド・ザ・ライツ以降に プリズマイザーサウンドをアルバム全編に使用してきたアーティストの作品をかなり丹念に研究した結果の方が大きいのではなかろうか。 特にボン・イヴェールに関しては、プリズマイザー導入以前の作品 『Bon Iver』の冒頭を飾る名曲 「Perth」に本楽曲サビ導入部のメロディと類似した部分があり、かなり意識的なオマージュであるとさえ言える。 いや、本楽曲においてプリズマイザーがかけられている部分のサウンドの練度も凄まじいレベルに達してはいるのだが、むしろ作編曲の流れに沿ってエフェクトのプレゼンスが強まったり弱まったりするその ダイナミズムこそが最も技巧的に優れている部分かもしれない。 「海の幽霊」は冒頭から強烈にエフェクティブなヴォーカルが炸裂する。 少々あざとくさえあるサビ前のストリングスの煽りから開ける煌びやかなオーケストレーションと、センターの確かな技術を持ったヴォーカルによるポップなメロディ。 オーケストラと共にヴォーカルを取り囲む調性を危うくさせるギリギリまで攻めたプリズマイザーと、ウーファーを震わす強烈なサブベース。 いかにもポップな要素と、それとは時に水と油のようにも思えるアヴァンギャルドな要素が見事に溶け合っている。 このサビ開始2小節の美しさで感涙ものだが、米津の声はビートが入る所から数えて3小節めに一瞬エフェクトを振り払って曲中初めて"素"の声一本の姿を見せる。 ここでググッと立体感が増すのは、まあここまで触れてきた要素も全てエンジニアのスキルあってのものではあるが、ミックスの 小森雅仁最大の見せ場だろう。 しかしその素顔は一瞬で再びプリズマイザーの波に飛び込む。 そしてまたしばしその時間が続き、7小節めで再度プリズマイザーの装飾を脱いで、ここでようやくありふれたポップスめいた音像に着地。 この手法自体を批判するつもりは無い。 これはこれで攻撃的なセクションとポップなセクションのミスマッチが脱構築的な面白さを獲得する場合もあるし、どこかの魅力がどこかのイビツさを覆い隠すバランスで全体に良い印象が勝つ場合もある。 一方この 「海の幽霊」は、王道的ポップと攻めたサウンドアプローチが少しずつ形やバランスを変えながらも常に同居して展開していくのが素晴らしい。 この、違う価値観の並走、とでも言い換えられよう構造は、主題歌として使われた 渡辺歩監督映画 『海獣の子供』と併せて考えるとまた魅力が増す。 五十嵐大介の漫画を原作として スタンリー・キューブリック『2001年宇宙の旅』を少しミクロに テーマは人類の進化から思春期の成長に、舞台は宇宙から深海を含めた地球の海に 仕立て直したようなこのアニメーションは、思春期の疎外感からスタートして人のようで人ならざる存在との出会いと別れを描いた作品だ。 それは思春期の疎外感を受け止められないし、顕然と存在するボーダーラインを乗り越えんとする行動のサウンドトラックにもならない。 その点「海の幽霊」のサウンドアプローチは完璧だ。 プリズマイザーの使い方以外にも、サビ4小節めで耳を惹き聴き手の調性感覚を狂わせるテープストップ効果のような下降するポルタメント等随所に違和感を与える音を散りばめているが、それがむしろなにか疎外感を受け止めてくれる異質さとして響く。 しかしサウンド面を深く聴いていく事でここに対する違和感も和らいだ。 そもそも作詞家としての米津玄師は、本楽曲でも2番Aメロあたりにその片鱗が垣間見えるように、基本的に通り一遍な言葉を避けたがる作詞家だ。 椎名林檎あたりからの影響もあろうか、率直な所たまにベタを避け過ぎてしまうあまり逆にスベってしまう事すらある。 一聴して耳目を惹く凝った言葉遣いや、あるいは言葉がいらない事を表現するために不自然な歌メロの空白を作ったり唐突にスキャットにするなどしてしまうと、逆にリードヴォーカルにウェイトが寄り過ぎてサウンドとのバランスが崩れてしまう。 ベタな言葉選びで歌謡曲〜J-POPの文脈に自ら埋没する事で耳をサウンドにフォーカスさせる。 発表から数ヶ月して印象の変化を見つけたこの曲を、私はきっとこれから先何度も聴き返すだろう。 そして5年後10年後と、その度に違う姿を見せてくれるに違いない。 一生モノの1曲だ。 でしょましょ さて。 当然シングル盤を評価するにおいて重要な表題曲と、その完成度と思い入れ故に随分長くなってしまった 「海の幽霊」に言及した後だとどうしても余談めいてしまうが、もう1曲のカップリング 「でしょましょ」にも触れておかねばなるまい。 そこを明かしきらない世界観構築にまず惹かれるし、それがこれまでも米津が時折披露してきた歌詞カードにも表記してしまう決め打ち的スキャットとの相性も良い。 Vincentも思わせる。 弾き語りで成立する楽曲でありながらもDAWネイティブ世代らしいヴォイスサンプルをランダムに配置したパートもまた米津の音響感覚の鋭さを端的に掴める部分で、見識深いリスナーにはこの曲こそが最も、米津が1曲2曲のまぐれ当たりでなくパーマネントに良質な作品を生み出せる知識とスキルを持ったクリエイターという事を示す最良のサンプルに成り得るかもしれない。 「海の幽霊」を聴いてその後にこの「でしょましょ」を聴くと、やっぱり米津は凄いなあと、表題曲を聴いた後に感じたアルバムへの不安はどこへやら吹っ飛んでしまうのだが、はてさてどうなるのか…… 注1:ハイレゾとはハイレゾリューションオーディオ=Hi-Resolution Audio=高解像度オーディオの略語で…というのはもう説明する必要も無く広まっているが、個人的にはあまり使いたくない。 というのも、一応Hi-Resolution Audioおよびその略Hi-Resも英語圏でもある程度使われてはいるものの、そのスペックは規格化されておらず、呼び名もStudio Qualityだとか単に24bit ないし32bit float Audioだとかバラツキがある。 ハイレゾという統一された呼び名及びそれが指すオーディオファイル File のスペック基準は国内限定のものに過ぎない。 大体ハイレゾ対応も何も、普通のスマホやPCのステレオミニジャックにそのまま挿しただけでは大した音質向上は見込めない。 そんなマークの無いものをきちんとしたDACやオーディオインターフェースを通して聴いた方がよっぽど良い。 これも推測になるが本作における米津も含め最も多く使われている類似した効果を持つエフェクターはiZotope社のソフトウェアVocalSynthだと思われる。 故に今後その傾向を持つサウンドを指して使われる言葉が変わってくる可能性は十分にある。 本作においてもほぼ…いやそんな保留もいらないだろう、確実にそれらは使用されているが、プリズマイザー(系)を通したトラックのように極端に加工されたものとわかりやすく区別するため便宜上この表現を用いた。

次の

米津玄師『馬と鹿』mp3フル版を無料ダウンロードする方法は?【ノーサイドゲーム主題歌】

米津玄師 馬と鹿 類似の曲

『STRAY SHEEP』CDには、新曲8曲に加え、菅田将暉に楽曲提供し、ミュージックビデオが1億再生を突破している「まちがいさがし」のセルフカバーバージョンの収録が決定。 「LOSER」や「ピースサイン」など、ライブでは定番の盛り上がる曲を始め、「amen」「Undercover」など演出で鮮烈な印象を残したブロック、代表曲「Lemon」、会場と一体になった「ごめんね」など、アンコール、MCを含む全21曲が完全収録される。 ライブ映像全編が収録されるパッケージは、米津玄師史上初めてとなる。 また、「Lemon」「馬と鹿」「パプリカ」を含む全6曲のミュージックビデオが収録されることもあわせて決定。 収録されるミュージックビデオのYouTube上での総再生数は10億再生を突破しており、待望の初商品化となる。 ライブ映像だけでなくミュージックビデオも収録され、96Pの豪華アートブックが付属されるアートブック盤は、米津玄師楽曲の世界観を余すことなく体感できる1枚となっている。 期待の高まる『STRAY SHEEP』。 ライブ映像が全編収録される「アートブック盤」は初回生産限定盤となるので、早めに予約しよう。 リリース情報 2019. 11 ON SALE SINGLE「馬と鹿」 2020. 03 ON SALE DIGITAL SINGLE「パプリカ」 2020.

次の