西成 ホルモン やまき。 西成「島ホルモン」噂の 女やまき とはこの店のことだっ!!

西成「やまき」これが西成の立ち呑みだっ!!

西成 ホルモン やまき

Thank you for your support. はい、こんにちは。 今回、2018年6月9日(土)に西成にあります、 へ行って来ましたよ。 ここはこれまでに散歩で前を何度も通ったことがあります。 食べに行くのは今回が初めてです。 通る度にお客さんが増えていて驚いているんですけどね。 やっぱり口コミとか、ネットの影響なんだろうと思いますね。 この 「今池ホルモン やまき」の近くには、 など、個性的なお店が目白押しです。 アクセス 電車 阪堺電気軌道 阪堺線 今池駅 徒歩1分 大阪メトロ 堺筋線 御堂筋線 動物園前駅 9番出口 徒歩10分 JR環状線 南海電鉄 新今宮駅 10分 南海電鉄 萩之茶屋駅 5分 バス 大阪シティバス 今池駅前バス停 徒歩2分 駐車場 近隣コインパーキング 営業時間等 営業時間:月~金 14時~21時 :土・日 11時~21時 :祭日 ? 定休日 :不定休 喫煙 :OK 持ち帰り:あり 現地 今回は珍しくバスで来ました。 土曜日という事もあるのでしょうが、人だかりがすごい。 久しぶりに来ましたが、今まで見た中で一番混んでいますね。 日曜日や連休だと、もっとなのかもしれません。 行列が出来ている訳ではありませんから、最後尾もありません。 隙間が出来たら入っていく感じです。 待っていたけど、諦めて別の店に行く人もいます。 人だかりがすごいので、向かいの壁、別のお店の横にしゃがんでいる人に、 「お店の邪魔になるから」 と、「のけ」という感じで現場を仕切る人がいます。 「関係者の人?」 と注意された人が聞くと、 「通りすがりの者です」 別に邪魔になってるように見えないし、いいんじゃないかなぁと思うんですけどね。 よく分からない正義感を発揮する人を、この辺ではたまに見る気がしますね。 険悪なムードにはならなかったので、良かったですが。 10分ほど待って、なんとかスペースを確保できました。 さてと、 何にしますかね。 今日はお酒は飲めませんからね。 飲物はお茶にします。 右にほとんど隠れて お茶(100円)の表示が見えます。 まず、それを頼みますが、誰もお茶を頼まないのか、たまたま冷えたものが無いようです。 仕方がないので、常温のものをもらいます。 食べ物は ホルモン(70円)と、 キモ(70円)しか表示がありませんが、裏メニュー?として 脂身(70円)もあります。 安いなぁ。 ホルモン2つと キモ2つ、それに 脂身1つを頼みます。 飲物を冷やしているあれは冷蔵庫なのかな? クーラーボックス? 鉄板上。 中々インパクトありますね。 キモは出来たものが横に置かれています。 2か所に置かれています。 もちろん二度付け禁止です。 早く出来ないかな。 と思いつつ、期待と不安?が膨らみます。 不安は、あまりに安い値段や衛生面、臭み、味などですね。 まぁ、不味かったりしたら人は来ないですから、大丈夫なんでしょうけども。 他の客を見てみると、大抵は顔を赤らめニコニコ顔で談笑しています。 ドヤ街の沈んだ空気のようなものは感じませんね。 一人で会話もせず、無表情で飲んでいる人もいますね。 若い女性も単身ではありませんが来ています。 実食 ホルモンと キモが来ました。 まずは ホルモンから。 どれどれ~・・・ まぁまぁかな 食べた瞬間、うまっ! ってことはないですね。 でも、出来立てだし、安く飲むにはいいですよね。 続いて キモです。 キモは串に刺さっていません。 ここは串で料金を勘定するので、カウンター上にある串を注文数に応じて使用します。 今回は キモ2つですから、串を2本使います。 串に刺さっていないものはある意味申告制です。 しっかりと申告しましょう。 で、お味の方ですが・・・ まぁまぁ美味しい ですね。 値段から考えるとすごく美味しい感じです。 しかし、安いですわ。 立地から考えても、客が多いのは納得ですね。 あとは、 脂身が出来るのを待ちますよ。 おっちゃんはひたすら一人で ホルモンを焼き続けます。 むっちゃ忙しそう。 週末はずっとこの調子なのかな? トイレに行きたくなったらどうするんだろう? 誰かのお持ち帰り。 パックに入れて、新聞紙で包んで、ビニール袋に入れます。 さぁ、 脂身が来ましたよ。 これも、 まぁまぁでしたね。 アテには十分です。 増え続ける空き缶。 盛り上がっております。 白いのは、新たに追加された脂身。 まとめ いっや~、いろんな意味で良いですね。 お店やメニューもそうだけど、周囲の雰囲気もかなりのものがあります。 最近は聞き飽きた感がありますが、まさに ディープな大阪を堪能できるお店だと思います。 このお店に来るためには、衛生面や客層、立地、それに地面に寝ている人が文字通りハードルとなって立ちはだかりますが、障害が多いほど楽しめるというものです。 是非、来てみて下さい。 やっす! おまけ やまきを離れ、次は新世界に向かって歩きます。 途中、 の前を通りました。 空いていたら寄っても良かったのですが、 とてもそんな気にはなりませんでした。 新世界に行きますか。 お気に入りの動画を適当に紹介するコーナー パラグライダーで瀬戸大橋往復!!.

次の

大正「ホルモンちから」ここが西成やまきの原点の店なのかっ!?

西成 ホルモン やまき

西成区三角公園あたり。 一番のディープゾーンと言われる中、「秘密のケンミンショー」で取り上げられて以来、昔では考えられない程の大人気店になったホルモン串屋がある。 【外観】 商店街の入口あたりにお店を構える「今池ホルモン やまき」さん。 屋台風の店舗にお父さんがひとりで連日ホルモン串を焼き続ける。 【外観】 【店内】 お店のメニューはホルモン串、キモ、そして裏メニューのアブラがすべて1串70円。 酒は缶ビール、もしくはハイリキレモンの缶酎ハイのみ。 このシンプルイズベストなメニュー構成、そしてディープゾーンで呑むというちょっぴりと冒険感が人々が嵌るポイントなのかもしれない。 【鉄板】 オーダーは特にしなくても鉄板においてある串を自由にとってOK。 横にあるタレにつけてそのまま頂く。 もちろんタレは二度漬け禁止。 【ホルモン串】 ニンニクが少し聞いたタレ。 何が調合されているのかはわからないし決してきれいとは言えない屋台を知らない者同士囲んで頂くホルモンは潔癖な方には向かないだろう・・・。 最後に串の本数でお会計するためホルモンを食べ終わった串は捨てずにカウンターの上へ。 【缶ビール】 缶ビールと濃いめの味付けホルモンを頂いてサクッとお会計がかっこいい。 この日はありませんでしたがメニューにはない「アブラ」という部位もおすすめ。 お持ち帰りもひっきりなしにオーダーが入ってお父さんも大忙し。 西成にいかれた際にはぜひ。 コメント: 関連記事一覧.

次の

西成「やまき」はホルモン焼きの有名店!ディープなメニューや常連さんを紹介

西成 ホルモン やまき

こんにちはまつゆーです! 今回大阪西成にある、ホルモンやまきさんについてお話ししていこうと思います。 私がやまきさんを知ったきっかけはYouTubeで やまきさんのところに食べにいったYOUTUBERがみな、口を揃えてハマる美味しいと口にしていたのを見て、1度たべてみたい!と思い足を運び今では常連になってしまった、 一客の感想をきいてください笑 やまき やまきは今池駅から徒歩1分のところにあり 平日昼間から大変混雑している大人気店です! 私がまずついて頼んだのが、ホルモンです。 やまき秘伝のタレに唐辛子、ニンニクが大量に入っており、一度食べてしまうと、病みつきになる、とても美味しいタレです! ホルモンが進みなにかたりないな〜と思っていたらそうです、飲み物です! やまきのドリンクは主にビール、熱燗、レモンチューハイの3点です! この写真は税金改正前なので、これより10円ほど高くなっていますが、メニューはこのままです!私はレモンチューハイを頼みました。 ホルモンの味の強さに釣られてチューハイが、よく進みます笑 続いて、キモを注文してみました。 肝は一つの固まりを焼いて、注文をしたら店主が切ってくれます、とても食べやすく、肝は個人的に苦手だったのですが、ホルモンに比べて脂感がまったくなく、肉がぎっしり詰まっており、タレにつけて食べるとやみつきになってしまいます。 肝が苦手な方でもパンチの効いたタレと一緒に食べるとハマるかもしれませんよ! とっこんなかんじで飲んで食べたりしていると周りにいる方たちとら仲良くなり、裏メニューの存在について教えていただきました。 店主にアブラって言ってみーと言われ。 店主アブラくださいといえば、メニューには載っていないアブラをだしていただきました。 こちらのアブラも80円でした。 ホルモンとはまた違う食感で本当にプリプリのあぶらをいただきました。 やまきの良さはもちろんホルモン、肝、アブラの3種類のメニューしかないのですがどれも本当に美味しく大変満足したところですが、周りの方達の優しさも伝わりました。 あの少ない時間でこれほどお腹も心も満足させていただいて、ホルモン3本、キモ2本、アブラ1本、チューハイ1本で何と700円でお釣りが来ました。 こんな安くで儲けになるのか心配ですが、これほどお客さんが来ていると心配ないのでしょう!またホルモンやまきさんに行きたいとおもいます!.

次の