眉ティント 危険性。 日本製じゃないから危険!?眉毛のない私が眉ティントを試した結果

リップティントって色素沈着する危険性ある?体に悪いって本当?

眉ティント 危険性

美容大国と言われる韓国で発売されてから人気を集め、 日本でも話題となった眉 ティント。 1度使うと3日~1週間は眉毛がキープできるという便利アイテムです。 10代の女性に爆発的な人気がが出て、多くのモデルや美容家の方々も使用してます。 アートメークは怖いと思っている方には嬉しい眉 ティント。 今では10代~年齢に問わず必須アイテムになっています。 手軽に購入できるけど危険性は無いのか、不安になる方も多いと思います。 今回は、眉ティントの危険性の有無、失敗しない眉ティントの正しい使い方や 選び方などを解説しています。 是非参考にして下さい。 スポンサードリンク ティントとは ティントの意味とは何かご存知でしょうか? 「ティント tint 」とは訳すと 「染める」という意味で、染めるように色がつく意味の化粧品などに 良く使用されている言葉です。 元々は韓国発祥のコスメで、ティント化粧品とは 韓国を中心に多く発売されており、若い女性の間で使用率が高い化粧品となっています。 眉ティントとは 眉ティントは簡単に言うと眉に塗って数時間放置して 乾いたティントを剥がすだけ。 一度、眉ティントしておくと 眉ティントは洗顔をしても3~7日間落ちないので 通学、通勤、休日のお出かけの時に眉を描く時間も短縮できるし 急な来客にも恥ずかしく無くないです。 また、お泊りや海やプールなど水がかかる場所へ行くときなどに、 メイクを落として眉毛がない!水がかかって眉毛消えちゃう! などの眉メイクの落ちる心配まで減らせますので 遊びに出るのも楽しくなります。 眉ティントの危険性は? 今のところ大きな事故とか問題になったというニュースやうわさはありません。 但し、眉毛ティントの危険性としては色素沈着。 また、韓国製が多いので配合成分などにも不安があります。 眉毛ティントはまだまだ販売されてから間もない製品ですので 配合成分が本当に大丈夫なのかは ある程度時間がかからなければわからないと思います。 敏感肌の方は手の甲などで一度チェックしておいたほうが良いです。 眉ティントの選び方 眉ティントを眉毛に塗る筆には、平筆タイプを細筆タイプの2種類があります。 その反面、眉尻など細かい部分は描きづらいので、はみ出しを修正するために、 綿棒を使う必要があります。 他にチップタイプや、ペンタイプもあります。 筆が苦手だったり 初心者には良いと思います。 眉ティントは、ドラッグストアでも気軽に買えるプチプラなものがたくさんあります。 なかには肌への刺激が強い成分が配合されていたり、 すぐに色が落ちてしまう商品もありますので注意してください。 1週間以上落ちないと言う商品は、強い着色料を使っている 可能性があるので、避けたほうがいいです。 成分表のチェック 天然成分をメインに使っているものが多です。 石油由来の着色料や防腐剤、エタノールなどの、 肌への刺激になる成分が含まれている商品もありますので注意してください。 たとえ微量でも肌への刺激になりますので避けましょう。 成分表の見方は、含まれている量が多い成分から順番に 表示されていますので必ず見るようにして下さい。 眉ティントはまだ新しい商品なので できるだけ信頼できるメーカーの商品を選ぶことが良いです。 海外の物は成分に何が入っているか解らないので 心配なら日本製を選ぶ方が安心です。 価格 1000円~2000円位の物を選ぶと安心出来ます。 1000円以下の商品でも良い製品はありますが なるべく信頼できる商品を選ぶようにして下さい。 色の選び方 自分の髪の毛の色に合わせて色を選ぶとナチュラルに仕上がります。 普段使っているアイブローの色に合わせてもOKです。 「眉プレートが付属している商品」などがありますので そんな商品を選ぶのも良いです。 付属品が入っていない商品には 今人気の眉テンプレートを使用してもOK 美眉 眉毛テンプレート 24枚 テンプレート使用しない場合はアイブロウペンシルを使って、 なりたい眉毛の形を描いて下さい。 眉頭の上の方は塗らないようにするのがポイントです。 眉頭をしっかり塗ってしまうとくっきり眉になってしまうので 「描いてます」イメージが強くなります。 「描いてます」の方が好きな人は失敗を無くすために化粧でした方が良いです。 眉毛ティントは5分位したら徐々に乾いていきます。 一度塗って乾いてから二度塗りすると、より濃くなることで長持ちします。 眉尻など自眉が薄い部分や落ちやすいところだけ二度塗りするのもおすすめです。 商品によって乾かす時間は異なりますが、 2時間から一晩かけてしっかり乾いてからゆっくり眉頭側から剥がしてください。 起きた後ゆっくりはがします。 剥がすのが怖い方はぬるま湯ではがすタイプもあります。 出来れば、眉ティントをはがした直後は洗顔をしない方が 持ちが良いので出来れば休みの前に 何も予定の無い日を選べばよいですね。 洗顔のたびに徐々に色は薄くなりますが、1週間程度持ちます。 肌荒れの原因になる可能性があるあります。 長めに置く方が持ちが良いです。 眉メイクが消えるのは嫌だけど アートメークまではちょっと・・・ と思われている方は眉ティントはおすすめです。 女性はスッピンになった時、眉があるのと、 眉が無いのでは、顔の印象が変わってきます。 眉ティントをしておけば、時短メイクにもなるし、 これから旅行やレジャーなどで眉毛のことなど気にせず楽しめます。 手軽な価格で始められるのも良いですね。 今回は失敗しない眉ティントの正しい使い方、選び方などを書いて見ました。

次の

眉ティントの危険性

眉ティント 危険性

EDTA-2Naは食料品や化粧品の保存料、安定化剤として使用されるほか、医薬品として金属中毒の治療にも用いられている。 身体への影響としては、 「皮膚への刺激、発疹」「ぜんそくの症状が悪化」。 さらには、 発がん性の疑いもあるといわれています。 含まれている量は少量ですので、眉ティントを少し使うくらいなら問題ないでしょう。 また眉ティントは落ちにくいので、1週間くらい眉毛に悩む必要がありません。 水に塗れても落ちにくいので、 お泊りの時や夏のシーズン中などに便利なアイテムです。 今のところ眉ティントの口コミに「体に影響がでた」という報告は見当たりませんでした。 むしろ、便利なコスメアイテムとして人気を集めています。 でも眉ティントが流行り始めたのは2016年ごろから。 体に影響が出るのは、眉ティントが流通し始めて数年後かもしれませんね・・・。 あなたの体に影響があるかもしれない眉ティントを何年も使い続けますか? お泊りの時や夏のシーズン中は眉ティントを使うのも アリだと思います。 しかし1年間に何度も眉ティントを使い続けるのはオススメできません。 参考: これから先、何年間も眉ティントを使い続けて眉毛をごまかすなら・・・。 あなたの地毛の眉毛を濃くしていく方が安全です。 地毛を活かしたナチュラル眉毛はモテます。 危険を犯してまで眉ティントを使い続ける前に、濃い眉毛を手に入れてみませんか? まとめ 眉ティントは韓国から輸入されたコスメアイテムです。 韓国で販売されている眉ティントの中には、 日本では認可されていない成分が使われていることも珍しくありません。 日本国内で販売している眉ティントは、日本の基準をクリアしたうえで販売が許可されていると思います。 しかし日本国内の店舗で眉ティントを手に入れようとしなくても、 ネット等の通販やオークション、フリマアプリで購入できます。 この場合は日本の安全基準を満たしていない可能性があるので、日本のものより危険な物質が入っているかもしれません。 参考: 体への影響を心配されるなら、眉ティントを使わないのが一番です。 使い捨ての眉毛を手に入れたところで、あなたは眉毛を取り戻したわけではありません。 ハリボテの眉毛で喜ぶよりも、 死ぬまでモテる地毛の眉毛を手に入れた方が幸せになれますよ。

次の

眉ティント10選|【長持ち検証】おすすめランキング発表!使い方や失敗しないコツも

眉ティント 危険性

pakutaso. com まずティントリップとはどんなリップなのかをご存知でしょうか? ティントリップはこれまでのリップ(口紅)とは全く違う物だと言っても良いでしょう。 では簡単に違いを説明したいとおもいます。 ティントリップとは ティントとは英語で「染める」という意味です。 通常のリップは皮膚の表面から色をのせるものが一般的ですが、ティントリップは唇の皮膚の角質層へ浸透させ、唇自体を染めて色付けをしているのです。 唇自体を少し染めているので従来のリップコスメよりも格段に 落ちにくいという特徴なのです。 「塗る」グロスや口紅は、いくら落ちにくい事を売りにしていても、どうしても食べたり飲んだりしたら大抵は落ちてしましますよね。 「ティントリップ」は染めるので本当に落ちにくく、メーカーによっては半日落ちないものやリップ専用リムーバーを使わないと落ちないものもあるようです。 従来の口紅のように色をのせるわけではないので、ティントリップはナチュラルに仕上がります。 そしてティントリップは最近のトレンドメイクの グラデーションリップを作ることができます。 グラデーションリップとはオルチャンメイクでも人気のグラデーションリップ。 唇の内側を濃く外側に向かって薄くしてグラデーションを作るリップメイク。 グラデーションにより立体的になるので女性っぽさが増すボリュームのある唇を可能にします。 その理由は「皮膚を染める」という事や「なかなか落ちない」便利さに抵抗がある方も多いからでしょう。 多くの化粧品には色素が配合され、殆どは顔料と染料の2種類に分けられるため、まずは 顔料や染料を調べてみました。 顔料は普段のメイクで使われているフェイスパウダーやファンデーションや一般的なリップにも使われている顔料でした。 染料も色素の微粒子も皮膚に吸収されるほど小さくないので皮膚の表面に付着するだけです。 ネイルカラーやヘアカラーリング剤などにも使われている染料でした。 次に心配されているのは 色素沈着です。 そもそも国内の化粧品は厚生労働省の条件をクリアしなければ販売される事はないので、その点でも危険は特に少なく、ある程度の安心をしても良いと思います。 それにティントリップは皮膚の表面のみを染色しているので唇自体に 色素沈着を固定化させる可能性はそこまで強くないと考えられます。 しかしデリケートな唇を染めるわけですから毎日必ずしっかり落とし、色素沈着をしないよう気をつける必要はあるかと思います。 それでも気になる方は、最近日本製のティントリップも充実してきているのでより安全基準の厳しい日本製をお勧めします。 これらの理由からティントリップの危険性に関してはさほど気にしなくても良さそうです。 関連記事: ティントリップの塗り方のコツ ティントリップには色々な機能を追加されている商品が次々と発売されています。 種類によって使用感や仕上がりも違ってきます。 ティントリップの種類• リキッドタイプ• 水のような軽いテクスチャーのウォータータイプや、とろっとしたやや重みのあるリキッドタイプ。 ティントリップのなかで一番種類が多いです。 固形タイプ• 一般的なリップと同じように使えるスティックタイプやバームの形が多いです。 スティックタイプが初心者には一番おススメです。 綿棒型ティント• 綿棒型の使い捨てティント。 使い捨てなので衛生的でコンパクトなので化粧ポーチに入れて持ち歩くこともできます。 綿棒に色が染み込ませてあり、その綿棒で色付けするタイプ。 ティントパック• ティントを塗ってしばらく置いてから乾いたらティントをそっと剥がすと唇に色がついている。 新感覚のリップティントで、持続時間が半日ともいわれている。 オイルティント• どうしても乾燥が気になるティントリップのデメリットをカバーするため美容オイル配合のティント。 うるおい成分が配合されており乾燥や荒れを防ぐことができます。 ティントリップの塗り方にもコツがある! 口紅やグロスと違いティントリップのには綺麗に塗るコツがあります!• 唇をリップクリームでしっかり保湿します。 【ティントリップは乾燥しやすいのと、ツヤを出すため】• リップコンシーラーで唇全体か、唇の輪郭を均一に塗って唇の色を薄くする。 もしリップコンシーラーをお持ちでない方は通常用のコンシーラーかファンデーションを使っても構いません。 【綺麗に発色させるため】• ティントリップを唇の中央にのせていく。 【一気に塗るよりも綺麗な立体的な唇に見せるため】• 中央から放射線状に外に向かって塗る。 【グラデーションのようにするため】• 乾くまで数分待つ。 最後につやを出し良い方はグロスを塗る。 これで完成です!! まとめ• ティントリップの危険性は低いようです。 どうしても不安な方は海外製ではなく日本製のものをお勧めします。 ティントリップを塗る前にしっかりリップクリームで保湿をしてから塗りましょう。 コンシーラーを使ってからティントリップを塗った方が断然発色が違います。 専用リムーバーでしっかりと落とす。 夜もしっかり保湿する。 今回ティントリップの成分を調べてみてもおかしなものは特に見つからず、果物の成分が入っているのもありました。 なので危険性はそこまで感じられませんでした。 日本製は今のところ特に危険性はなさそうです。 私の使った感想はやはり乾燥が気になるのでリップクリームと通常のメイク同様1日の終わりには唇もしっかりとクレンジングが必要だと感じました。 それとティントリップを使った日はたっぷりと保湿をしてあげましょう。

次の