ライン 友達 追加 url。 LINE(ライン)友達追加の方法【完全版】 おすすめ順にご紹介

LINE(ライン)友達追加の方法【完全版】 おすすめ順にご紹介

ライン 友達 追加 url

アカウントURLで友達追加を行うメリット 前述のとおり、LINEの友達追加の方法はいくつかあります。 しかし、その中でIDと電話番号による追加は、年齢確認を行ったうえで18歳以上しか行うことができません。 (連絡先に登録されている電話番号であれば場合によって追加できます) QRコードを読み込む追加方法はそういった制約はありませんが、その場にお互いが対面しているか、1度画像を端末に保存しなければいけないという手間がかかります。 アカウントURLは、作成してあらゆる方法で共有するだけです。 受信した相手がそのURLをタップするだけで友達追加画面に移動します。 また、URLの作成元はQRコードなので、URLを悪用されていると感じたらQRコードの更新をすることで新しいURLを生成して、簡単に今までのURLを無効にできます。 自分のURLを取得して共有する 自分のURLを取得して相手に共有する手段として、QRコードの共有から行う方法と、招待から行う方法の二通りがあります。 順番に見ていきましょう。 QRコードから共有する方法 URLは、QRコードのメニューから共有するときに、QRコード画像とともに送信することが可能です。 具体的な方法をみてみましょう。 「ホーム」タブを表示• 右上の「友達追加」をタップ• 「QRコード」をタップ• 場合によってはカメラへのアクセスを求めるダイアログが表示されるので許可をする• こちらはQRコードの読み取り画面。 「マイQRコード」をタップ• 右上の三角ボタンを押してメニューを出す• 「共有」をタップ• 手段と相手を順番に選択して共有する 日常的にQRコードを用いて遠方の人とLINEの交換を行っている人たちには特別なことはないので、ぜひ利用してみてください。 招待から追加 もう一つ。 招待という機能で、連絡先に登録している相手にURLを送って追加してもらう手段があります。 この場合、共有方法はe-mailか、SMSに限られます。 まずは手順を確認しましょう。 「ホーム」タブを表示• 右上の「友達追加」をタップ• 「招待」をタップ• ダイアログが出るので、SMSかメールアドレスのどちらを使うかを選択• 連絡先一覧が表示されるので、招待したい相手の右側にある「招待」をタップ• SMS、またはメール作成画面になるので必要に応じて編集してから送信 こちらも、特別なことがなければ手順に合わせてタップしていくだけです。 アプリのダウンロードリンクも同時に送信されるので、LINEを持っていない友達に勧めるためにも便利です。

次の

LINEの友達追加をURLで送る方法!やり方解説(2020年5月時点)

ライン 友達 追加 url

自分のLINEアカウントをURLで送る裏技 どんなSNSよりも知名度があり、日本で爆発的に人気となっているコミュニケーションツールと言えば LINEですよね。 とても人気があり、多くの人がはまっている代表的なSNSとなっています。 使い方は簡単で、高齢者の方でも利用されている人が多いと言われています。 そんなLINEには裏技が多く隠されていることをご存知でしょうか?今回は、LINEの裏技についてご紹介したいと思います。 今回紹介する裏技は、自分のLINEアカウントをURLで相手に知らせる裏技になります。 自分のLINEアカウントをURLで送る裏技 この裏技を利用することにより、相手に気軽に友達を追加してもらうことができます。 LINEは実名登録ではありませんが、電話帳でLINEに登録している人が一覧として表示がされるようになります。 さらに、友達の友達までもが表示されますので、一気にグループの輪というものが広がっていきます。 そこに利点があり、注意点があります。 つまり、この利便性がある関係で、 思わぬ人間関係のトラブルなどが発生する可能性があるのです。 そこをしっかりと把握しておかなければいけません。 では、自分のLINEアカウントをURLにして相手に知らせる裏技のやり方を紹介していきます。 まず、LINEアプリ内の「友だち追加」から「QRコード」をタップします。 「QRコードリーダー」を起動したら、右下の「自分のQRコードを表示」をタップします。 そして、バーコードが出てきたら、右上にある「下矢印ボタン」をタップしましょう! すると「メールで送信」というボタンが出てくるので、ここをタップします。 naver. それをメールに貼り付けるかメッセージに貼り付けることにより、 自分のURL(アカウントID)を教えることができるのです。 続きます・・・ スポンサーリンク このURLをタップすることにより、一発でLINEが起動し、 「友達追加」の画面が表示されます。 知らない人に送ることは要注意ですが、相手が知っている人であれば簡単に送ることができますので、使い道は広い裏技になります。 LINEでは、電話帳に登録している人で、LINEをしている人がいるならばすぐに友達候補として表示されることになるので、すぐに理解することができると思います。 この裏技は知っておいて損はない方法ですから、しっかりと把握しておくことが求められます。 LINEは使い方によっては便利な道具です。 しかし、使い方を誤ればトラブルの原因にもなります。 この裏技も使い方を誤れば危険なものにもなりかねませんので、裏技を使う場合には 十分に注意して利用することが求められます。

次の

【2020年最新】LINEで友だち(友達)を追加・登録する9の方法。注意点もしっかりチェック!

ライン 友達 追加 url

今回は「LINE ライン 」の友達追加の方法を、 使いやすい順に紹介していきます。 QRコードで確実に 一緒にいる相手を友達追加する場合、QRコードを使うのが間違いなく王道です。 便利さ、簡単さ、確実性、どれをとっても一番です。 外部のリーダーを使う必要もありませんし、 生成も読み取りも一瞬でできてしまいます。 ショップやレストランのアカウントを友達追加して お得情報をもらう、という場合もこの方法が一般的ですので、この際しっかりと覚えて使いこなせるようにしておきましょう。 たとえばコンパで誰かと意気投合し、今度2人で遊びに行こう、みたいな展開になった場合、あなたがQRコードを作成し、相手にそれを読み取ってもらって、まわりにそれと気づかれる前に友達になれてしまいます。 位置情報が・・、年齢認証が・・、ともたつくこともありません。 方法は下記の通りです。 まず QRコードを作成する手順ですが、1の 「友達」から右上の 「友達追加アイコン」をタップし、3の 「QRコード」から、遷移したページの右下の 「マイQRコード」を選ぶだけです。 5に表示されたシンボルがあなたのQRコードになります。 何が撮れるかはお楽しみです。 続いて QRコードを読み取る方法ですが、画像の2枚目までは作成と共通です。 3枚目、中央のファインダーに目当てのQRコードを映すと、4枚目の確認画面に遷移しますので、忘れずに 「追加」をタップしましょう。 また、 スマホの画面に表示されたQRコードをそのスマホのLINEアプリで読み取りたい場合は、QRコードそのもの、もしくはQRコードを含む画像を長押しして、表示されたメニューから 「LINEで開く」を選択してください。 友達追加の確認画面に遷移しますので、同じく 「追加」をタップして作業を完了させてください。 画像として保存したQRコードから友達追加の設定を行うには、上の画像の左から3番目、QRコードの読み取り画面で左下の 「ライブラリから読み込む」を選択し、「写真」の中からその写真を選びます。 やはり友達追加確認画面に遷移しますので、「追加」を選択します。 友達追加したい相手が近くにいない場合でも、QRコードを利用できます。 下の画像、自分のQRコードが表示された画面で、右上の1のボタンをタップし、表示されたメニューから 「共有」もしくは 「メールで送信」、を選択します。 共有であれば他のSNSや共有ファイル等を使って、メールであれば、相手を入力して送信するだけです。 メールの場合、LINEアプリのインストールの段階からスムーズに誘導してくれますので、この手の操作に不慣れな方でも友達追加までたどり着けると思います。 なお、何らかの原因でQRコードが拡散してしまうと厄介です。 今回の相手と友達追加が完了した段階で、ご自身の QRコードを更新しておくことをおすすめします。 コードが新しくなれば、古いコードは使えなくなります。 上の画像で3の 「QRコードを更新」を選択します。 続く画面で 「OK」をタップするだけです。 ふるふるでまとめて たとえばコンパで盛り上がり、今度みんなで遊びに行こう、みたいな展開になった場合、あなたが代表でQRコードを作成して・・という方法もありはありですが、何となく作業っぽくなって、場がしらけるおそれがあります。 そこでふるふるを使うと、友達追加が さらなる余興となって、一層盛り上がるわけです。 物理的にも各人の距離が縮まり、そのまま2次会へ、とテンションが上がるはずです。 1対1の場面でも、LINEでつながるという少々気恥ずかしい空気を、 「話のタネ」として打ち破ってくれるでしょう。 方法は下記の通りです。 まず、LINEの友達追加の画面で1の 「ふるふる」を選択します。 位置情報の共有をLINEに許可していない場合、ここでポップアップが表示されますので、 「設定」を選び、遷移した画面で 「常に許可」か 「このAppを使用中のみ許可」のどちらかを選択して、LINEの画面に戻ってふるふるしてください。 面倒なら画面をタッチするだけでも事足ります。 相手の情報が表示されたら 「追加」をタップします。 双方が「追加」することで初めて友達登録が完了となりますので注意してください。 実はこのふるふるの機能、GPSの位置情報を使ってざっくりとその辺にいる人のアカウント情報を取得しているものなので、離れた場所にいる 無関係な人の情報まで表示されてしまう場合があります。 隣の部屋でコンパをしているアカの他人の情報が紛れ込む可能性もあるのです。 大勢でふるふるする時など、知らない人のアカウントまで友達追加しないよう、どれが誰のアカウントか確かめてから追加するようにしましょう。 こちらで追加しただけでは、こちらの情報が先方に伝わることはありませんが、気持ちが悪いのは確かですので。 LINEの友達追加 その他の方法もどどっと解説 友達追加専用のURLを送る 【必要なもの】「 連絡先」の情報共有をLineに許可。 特にURLを送られた側は、それを タップするだけで友達追加画面に遷移しますので、相手が近くにおらず、かつiPhoneやスマホの操作に慣れていない場合は、この方法がベストかもしれません。 友達追加の画面で「招待」を選択し、ポップアップメニューで「 SMS」か「 Mail」を選択。 相手を選んで送信します。 電話番号で検索 【必要なもの】「 電話番号登録」「 年齢確認」「 18歳以上」 「電話番号登録」は、LINEアカウントの作成時にほとんどの方は済ませていると思います。 facebook経由でアカウントを作っている場合この方法は選べません。 友達追加の画面で右上の「検索」を選択し、「電話番号」にチェックを入れた状態で、相手の電話番号を入力、虫眼鏡をタップします。 友達追加の画面で右上の「検索」を選択し、「ID」にチェックを入れた状態で、相手のID番号を入力して検索します。 電話番号を知らない、あるいは相手が電話番号を登録していない場合に使える方法です。 ただし、相手が「IDによる友達追加」を許可していないと友達追加できません。 LINEグループのメンバーと個別に友達になる方法 同じLINEグループに属していても、全員と友達になっているとは限りません。 そのうちの 誰かと個別に友達になりたい場合の方法を説明します。 まず、グループのトークルームで、画面上部のグループ名をタップ、表示されたメンバーのアイコンをさらにタップすると、メンバー一覧が表示されます。 友達になりたい相手の名前をタップし、下部に表示されたメニューから「追加」を選びます。 これで、相手の「友達かも」の欄に自分の名前が表示されます。 あるいは、追加した友達にこちらから個別にメッセージを送ると、相手側にあなたの名前とアイコンが表示され、友達に追加するかの確認が行われます。 友達が追加をすると、お互いの友達追加が完了し、個別にメッセージをやり取りできるようになります。 友達Aと友達Bを友達にする 友達の友達は~というのもそのうち死語になりそうですが、LINEでつながっていないAさんとBさんが、どちらもあなたのLINE友達である場合、簡単に 両者をつなげることができます。 Aさんとのトーク画面で左下の 「+」ボタンをタップし、表示されたメニューから 「連絡先」を選択、「LINE友だちから選択」を選び、Bさんにチェックを入れ、右上の「OK」をタップするだけです。 Aさん側の画面にBさんの名前とアイコンが表示されますので、それをタップして友達追加。 あとはBさんがAさんを友達追加すれば完了です。 友だち自動追加をどうするか LINEには「友だち自動追加」という、便利というより 少々困った機能があります。 ほとんどのユーザーはアカウント作成時に電話番号で登録を行います。 するとLine側は、電話番号に紐付いた「連絡帳」に勝手にアクセスし 拒否もできます 、そこに載っているLINE利用者を片っ端から友達追加してしまうのです。 連絡帳に登録したすべての相手とLINEでつながりたいわけではないので、これはとても迷惑な話です。 すみやかに 解除の設定を行いましょう。 もちろん、すべての人と繋がりたい、という方はこの限りではありません。 方法は簡単です。 アプリ内の設定(左上の歯車マーク)から「友だち」を選び、「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」どちらもオフにするだけです。 友達への追加の方は、自分の電話番号を連絡帳に登録した人が、自動的に自分をLINEの友達として追加しないようにする措置です。 LINEでは、双方が友達追加して初めて個別のメッセージを送り合えるようになります。 相手が自分を自動的に友達追加しても、「友だちかも?」の欄に名前が表示されるだけで、害があるわけではありません。 とはいえ、やはり気持ち悪いのは確かなので、友達追加は上述のQRコードやふるふるで行うようにして、自動の方は解除しておくことをおすすめします。

次の