シャボン 玉 童謡。 シャボン玉 歌詞 童謡・唱歌 ※ www.kickstartjobs.in

しゃぼん玉の楽譜や歌詞とボカロ歌入りmp3やmidi試聴と無料ダウンロード

シャボン 玉 童謡

前々々回歌の都市伝説である「おお、スザンナ」についての記事を書かせて頂きましたが、今回は日本の童謡「シャボン玉」についてかいていこうとおもいます。 「シャボン玉」とは? 「シャボン玉」は作曲、野口雨情作詞の知る人ぞ知る名曲です。 また作詞作曲のお二方は童謡におけるゴールデンコンビなんだそうです。 シャボン玉の歌詞は シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こわれて消えた シャボン玉消えた 飛ばずに消えた 産まれてすぐに こわれて消えた 風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ とあり一見シャボン玉について歌った曲のようです。 しかしこの歌詞に鎮魂の意味が込められているという都市伝説があります。 「シャボン玉」のどこが鎮魂歌なのか? 1908年、雨情は後に協議離婚に至った妻のひろとの間に、長女をもうけた。 人形のように愛らしい赤ん坊であったが、産まれて7日目に死んでしまった[3]。 当時は、乳幼児が死ぬのはさほど珍しいことではなく、2~3割の子供が学齢前に死亡していた。 そのため、夫婦は子供を何人も産み、一所懸命育てた。 雨情もその後何人かの子供を授かっているが、長女の死を後々まで悔やんでいたという。 雨情は後に生まれた娘・恒子も亡くしている。 当時、2歳。 ()9月のことである。 そしてある日、村(多賀郡磯原村)の少女たちがシャボン玉を飛ばして遊んでいるのを見た雨情が、娘が生きていれば今頃はこの子たちと一緒に遊んでいただろうと思いながら書いた詩が、この「シャボン玉」だというのが最もよく知られる説である[3]。 しかし、これを裏付けるような決定的事実は無く、説の段階を越えていないとも言われている[4]。 しかしその他にも、時期的な観点から実子ではなく親類の子への鎮魂歌であるという説や、特定のモデルはなく子どもの死一般を悼んだものとする説、特に鎮魂の意は無いという説など、諸説存在する。 なお、雨情自身が子どもの死との関連について触れている資料は一切無い。 現状では鎮魂歌説を含めいずれの説も確たる根拠を欠いていると言える。 より引用 このようにで詳しくは解説されている通り鎮魂歌という説は確かにあるものの根拠はないみたいです。 しかし「シャボン玉」というすぐに消えてしまうものと当時死亡率が高かった子供の命はどちらもとても儚いものであり、また シャボン玉が屋根まで飛んで壊れて消えたという歌詞は大人になれなかった子供を連想させます。 また 産まれてすぐにという表現もシャボン玉を擬人化しているように感じられます。 結論 真偽は定かではないが死を連想させる歌詞がミステリアス。 そして日本人なら誰でも知っているメジャーな童謡なので都市伝説としてのウケもいい!また野口雨情の子供のエピソードも都市伝説の真実味を増している。 akideldel1989.

次の

シャボン玉

シャボン 玉 童謡

童謡『シャボン玉』の歌詞 作詞・野口雨情さんと作曲・中山晋平さんの2人によって制作され、発表された1923年からずっと伝わり続けている有名な童謡『シャボン玉』。 幼稚園や小学校で一度は歌ったことがあると思うのでご存知かと思いますが、まずは『シャボン玉』の歌詞から見ていきましょう! 童謡『シャボン玉』の歌詞 シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こわれて消えた シャボン玉消えた 飛ばずに消えた 産まれてすぐに こわれて消えた 風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ 誰でも一度は、口ずさんだ歌ですよね! この曲を聴くと、まだ幼少期だった子供の頃に『シャボン玉』を吹きながら何気なく歌っていたのを思い出します。 さて、『シャボン玉』の歌詞に隠された悲しい意味とは一体何なのでしょうか? 童謡『シャボン玉』は子供の例えだった?歌詞に隠された悲しい意味は? 童謡『シャボン玉』の作詞を担当した野口雨情さんは、1908年3月に後に離婚協議に至った妻のひろとさんとの間に、長女のみどりちゃんが生まれました。 しかし、長女のみどりちゃんは、生まれてからわずか7日で亡くなってしまいます。 その当時では、2~3割の子供が学齢前に亡くなっており、決して珍しいことではありませんでした。 1924年9月に、野口雨情さんは作曲家の中山晋平さんと歌手の佐藤千夜子さんとともに演奏旅行で徳島県に訪れていたのですが、その演奏旅行中に今度は2歳になる次女の恒子ちゃんまでもが早くに旅立ってしまったのです。 野口雨情さんの目の前で起きた悲しい想いが、童謡『シャボン玉』の歌詞に残し、亡くなった子供の例えになっていると言われています。 子供を失った野口雨情さんの情感が『シャボン玉』の歌詞に強く込められていると思ったのですが、次女の恒子ちゃんが亡くなった時と作詞を手掛けた時期が違ったりと、特に鎮魂の意はないという説があるなど、決定的になるような記述が残っていないんだそうです。 つまり、一種の都市伝説のようなものになっている訳なんですね。 ただ、『シャボン玉』の歌詞をもう一度振り返ってみると、 『飛ばずに消えた』『産まれてすぐにこわれて消えた』というのは、生まれたばかりの子供の幼き命を連想し、命の儚さを訴えているように感じられました。 まとめ 今回は、 『シャボン玉 童謡 は子供の例えだった?歌詞に隠された悲しい意味は?』と題して、有名な童謡『シャボン玉』の歌詞に隠された悲しい意味について調べてまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 現状では、『シャボン玉』の鎮魂歌説など、他のいずれの説も決定的な根拠に欠けていると言われているので、実際に歌詞に込められた詳しい想いは分かりませんでした。 ですが、子供の頃に何気なく口ずさんで歌っていた『シャボン玉』は、命に関する大切さや儚さなどを感じさせられる、深く意味のある歌詞だなと個人的に思います。 それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。 最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました! Rui。

次の

シャボン玉 童謡 歌詞情報

シャボン 玉 童謡

曲は日本に輸入された最古の賛美歌 "Jesus Loves Me,This I Know"()を改変したものであるとする指摘がある。 雨情とゆかりの深いの最寄駅であるでは、にこの歌が使われている。 また、のの下り線には、この作品のが建てられている。 (平成15年)にNPO「日本童謡の会」が全国約5800人のアンケートに基づき発表した「好きな童謡」で第9位に選ばれた。 作詞に関する説 歌詞にはで子どもが遊んでいる様子が描かれているが、これに夭逝した子供への鎮魂の意を見出す説もある。 、雨情は後に協議離婚に至った妻のひろとの間に、長女「みどり」をもうけた。 人形のように愛らしい赤ん坊であったが、産まれて7日目に死んでしまった。 当時は、乳幼児が死ぬのはさほど珍しいことではなく、2~3割の子供が学齢前に死亡していた。 そのため、夫婦は子供を何人も産み、一所懸命育てた。 雨情もその後何人かの子供を授かっているが、長女の死を後々まで悔やんでいたという。 雨情は後に生まれた娘・恒子も亡くしている。 当時、2歳。 1924年(大正13年)9月のことである。 そしてある日、村()の少女たちがシャボン玉を飛ばして遊んでいるのを見た雨情が、娘が生きていれば今頃はこの子たちと一緒に遊んでいただろうと思いながら書いた詩が、この「シャボン玉」だというのが最もよく知られる説である。 しかし、これを裏付けるような決定的事実は無く、説の段階を越えていないとも言われている。 しかしその他にも、時期的な観点から実子ではなく親類の子への鎮魂歌であるという説や、特定のモデルはなく子どもの死一般を悼んだものとする説、特に鎮魂の意は無いという説など、諸説存在する。 なお、雨情自身が子どもの死との関連について触れている資料は一切無い。 現状では鎮魂歌説を含めいずれの説も確たる根拠を欠いていると言える。 人の死を表現している説をとる場合、シャボン玉は人間、屋根まで飛んだり飛ばずに消えたりするように人の寿命はそれぞれという意味があるとされる。 歌詞 の規定により、1995年12月31日をもってが失効している。

次の