新幹線 グリーン車 料金。 グリーン券:JR東日本

新幹線のグリーン車料金を格安にする手段いろいろ。

新幹線 グリーン車 料金

新幹線のグリーン車に格安に乗りたい! この新幹線グリーン車の料金を格安にするには、いつくかの手段があります。 あくまでも通常料金より安くなる方法であって、画期的に安くなるわけではありません。 しかし、チケットの購入方法によっては 普通車の通常きっぷより安くなることも! では、新幹線のグリーン車に格安に乗る方法をいくつかご紹介しましょう! グリーン車用の回数券・新幹線格安チケット JRでは新幹線の回数券を販売していますが、その中にグリーン車のがあります。 設定区間は限られており、東海道・山陽新幹線でも、東京からは名古屋~博多の「のぞみ」停車駅の回数券がありますが、名古屋や京都からは小倉・博多と東京のみの販売。 (東京との往復はこだま限定のグリーン車用回数券も有り) 回数券は全国の各新幹線で販売されていますが、グリーン車用回数券の 設定区間についてはそれぞれ確認が必要です。 また、金券ショップでも回数券を1枚売りにしたが販売されています。 グリーン車用回数券の販売がある区間なら、グリーン車用の新幹線格安チケットを購入することもできますが、安くなるのは東京~大阪で500円から1,000円程度です。 なお、回数券・新幹線格安チケットは、グリーン車の切符であっても年末年始やお盆などには利用できず、有効期間も決まっていますので、利用できる期間については注意が必要です。 往復割引等の割引を使う JRでは新幹線でも使えるがあります。 特に、新幹線のグリーン車で使いやすいのは。 片道の営業距離が601キロ以上の区間を往復する時、同一区間の乗車券を往復分同時に購入すると、乗車券は1割引になります。 往復割引で割引になるのは乗車券だけですが、もし株主優待券を持っている方は、株主優待を利用すると乗車券・特急券の両方が割引になります。 会員制の新幹線割引サービスでネット予約 全国の新幹線は会員制の割引予約サービスでネット予約することができます。 新幹線予約サービスなら、普通車と同じく グリーン車料金を格安にすることができます。 しかし、新幹線予約サービスはいくつかありますので簡単にご紹介しましょう! エクスプレス予約・スマートEX どちらも、の予約ができるサービス。 エクスプレス予約の利用には年会費が必要ですが、通常予約も料金は格安。 それに対して、スマートEXは年会費もかかりませんが、通常予約時の料金は普通のグリーン車料金より200円安くなるのみです。 ところが、このエクスプレス予約・スマートEXには「早特」というのチケットがあり、これを利用するとグリーン車の料金もさらに安くなります。 例えば、東京から名古屋まで通常14,960円のところ、スマートEXの通常予約なら14,760円、エクスプレス予約では通常予約で13,970円。 そして、3日前までに予約する「EXグリーン早特」(朝6時台出発のぞみと終日ひかり)と「EXのぞみファミリー早特」(2名以上で土休日限定)で12,050円まで安くなります。 エクスプレス予約には、ポイントが貯まると普通車料金でグリーン車に乗れる特典も! JR九州インターネット列車予約 また、九州新幹線も同じようにグリーン車を格安料金で予約することができます。 「」を使えば、九州新幹線も九州新幹線&山陽新幹線のグリーン車も通常料金より安く予約することができます。 例えば、博多~熊本間のグリーン車料金は通常6,800円です。 これが、JQカード会員限定の「eきっぷ」を使うと6,700円。 九州ネットきっぷで5,670円、九州ネット早特3なら5,060円になります。 e5489 北陸新幹線と山陽・九州新幹線のグリーン車はe5489を利用しても安くなります。 グリーン車料金が安くなるのは「eきっぷ」というJ-WESTカード会員限定のきっぷ。 特急券部分のみ安くなるきっぷで、JQカード会員もJR九州インターネット列車予約から購入することができます。 例えば、新神戸-博多間の「のぞみ」グリーン車料金は20,140円です。 この料金は「eきっぷ」を利用すると17,680円になります。 えきねっと 「」を利用すると、「トクだ値・お先にトクだ値」で東北・上越・北陸新幹線のグリーン車に格安に乗ることができます。 グリーン車が安くなる列車は限られ、東北新幹線「やまびこ・なすの」、上越新幹線「とき・たにがわ」、北陸新幹線「あさま」。 「えきねっと」で安くなるのは、乗車当日の午前1時40分までに購入する「トクだ値」と、乗車日13日前の午前1時40分までに購入する「お先にトクだ値」。 「トクだ値」は10%または15%の割引、「お先にトクだ値」は30%または35%の割引でグリーン車に乗ることができます。 新幹線パックでグリーン車に乗る 往復新幹線と宿泊をセットで予約する。 新幹線で往復・宿泊する方なら、グリーン車に最も格安に乗れるのは新幹線パックです。 普通車指定席を利用するパックも安いですが、グリーン車利用のパック料金も格安! 特に、東海道・山陽新幹線の料金は格安で、往復割引やエクスプレス予約・スマートEXより間違いなく格安にグリーン車に乗ることができます。 以上がグリーン車料金を格安にする方法です。 日帰りの方は、金券ショップの格安チケットや新幹線予約サービス。 泊まりの方は、新幹線ホテルパックを使うとグリーン車料金が格安になります。 新幹線のグリーン車が最も格安な方法は? ご紹介した通り、グリーン車に格安に乗る方法はいくつもあります。 しかし、それぞれ利用できる路線も区間も違うので、料金は利用する区間ごとに比較しなければなりません。 例えば、東海道・山陽新幹線なら、往復割引・回数券・新幹線格安チケット・エクスプレス予約・スマートEXと新幹線ホテルパックを比較します。 東北新幹線などは、回数券・新幹線格安チケットと、えきねっと・新幹線ホテルパックの料金を比較しなければなりません。 では、実際に例を挙げて区間ごとに料金を比較してみましょう。 東海道・山陽新幹線(例:東京~広島) 東海道・山陽新幹線「東京-広島」のグリーン車料金は片道26,700円です。 このグリーン車料金はいくつかの方法で安くすることができます。 まず、往復割引を利用すると25,510円、回数券なら25,290円。 スマートEXの通常予約で26,500円、往復割引を使えば25,310円。 エクスプレス予約なら、通常予約で24,590円、往復割引で23,200円です。 そして、エクスプレス予約・スマートEXでは早特を利用すると安く、この区間で使える「EX早特」なら平日22,790円、土休日20,580円。 新幹線料金だけの比較は以上で、最も安いのはエクスプレス予約・スマートEXの「EX早特」。 しかし、往復+宿泊で新幹線に乗る場合、新幹線ホテルパックを含めて料金を比較しなければなりません。 これを入れて「往復+1泊」で料金を比較します。 東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線(例:東京-青森) 東北・山形・秋田・上越新幹線の場合、回数券・格安チケットなどと、えきねっと・新幹線ホテルパックの料金を比較します。 北陸新幹線の場合は、これにe5489の料金を合わせて比較します。 例えば、東京-新青森のグリーン車料金は片道22,380円です。 この料金は、新幹線eチケットサービスで200円安くなり22,180円。 そして、往復割引を使えば片道21,340円になります。 なお、この区間には回数券の販売はなく、新幹線格安チケットも購入できません。 また、えきねっとでは「トクだ値」で普通車料金は安くなりますが、グリーン車は安くなりません。 したがって、東京-青森間のグリーン車が安くなるのは、新幹線eチケットサービス・往復割引・新幹線ホテルパックのみです。 これを同じように一覧にして比較してみましょう。 なお、東北・・山形・秋田・上越新幹線でも、多くの区間でえきねっと「お先にトクだ値」を利用してグリーン車に乗ることができます。 もし、グリーン車に設定がある区間なら、1人で往復する場合には「お先にトクだ値」を使った方が安いです。 普通車指定席はすぐ満席になりますが、グリーン車の場合はそれほど完売は早くありません。 ただし、2人以上での往復には新幹線ホテルパックを使った方が安いです。

次の

東海道・山陽新幹線グリーン車料金表【東京から/まで】総額表示でわかりやすい|新幹線旅行研究所

新幹線 グリーン車 料金

東海道新幹線建設の目的が、限界に近づいていた在来線の輸送力の救済であったことから、開業当時より新幹線の電車は、従来の特急より一回り大きな車体など、輸送力の確保には意を注がれていた。 その一環として、1列5席の普通車が導入されたのだ。 ただ、やはり当初から「狭い」という評判はあり、現在に至るまで様々に改良されたものの、根本的には「5人掛け」がずっと続いている。 そうなると、「グリーン車が利用できれば、どれだけいいか…」と思うようになるのも当然かと思う。 東海道新幹線の場合、グリーン車は8~10号車に連結する グリーン車は「ゆったり」だけじゃない グリーン車は通常、1列が4席で横幅がゆったりしているのはもちろん、座席の間隔も普通車が1,023~1,040mm N700系の場合、以下同じ なのに対し、グリーン車は1,160mmある。 背ずりも高く、ゆったりと頭をもたれかからせることもできる。 グリーン車は座席の間隔をはじめ、全体的にゆったりしている 付帯設備も充実している。 車両により多少の差はあるが、角度が深いフルリクライニングシートのほか、テーブルが前席の背面と肘掛けの中の両方にあったり、読書灯がついていたりする。 足乗せ フットレスト も前の席の下にある。 N700系などの場合は、電源コンセントが全ての席に付いている。 長時間乗り続ける時、身体を休めたい時、あるいは新幹線の車中で仕事をこなしたい時に、グリーン車のありがたみを感じる。 N700系のグリーン車の全席には、座席間の肘掛けの先に電源コンセントが付いている また、東北・北海道・北陸の各新幹線には、さらにグレードが高い「グランクラス」もある。 一般のグリーン車を上回るサービスが受けられるが、そちらについては、また改めて紹介しよう。 特急料金は割安になるが、やはり高い 普通車よりいいサービスが受けられ、インテリアも高級感があり、車内の雰囲気もより落ち着いたものとなるだけに、グリーン車の利用には、それなりの料金が必要となる。 N700系グリーン車には、背もたれにさりげなく読書灯がある 例えば、東京=新大阪間で「のぞみ」を利用する場合、普通車指定席だと運賃8,750円+特急料金5,700円で、合わせて1万4,450円となる。 グリーン車だとさらに、グリーン料金5,300円がかかる。 東京=仙台間の「はやぶさ・こまち」だと、同様に普通車指定席では1万1,200円のところ、グリーン車だと1万4,790円だ。 「エクスプレス予約」ももちろん使える! ただし、グリーン車に安く乗る方法がないわけではない。 複数の人数または、複数回乗るのであれば、6枚つづりの「新幹線回数券」のグリーン車用を利用すると、1枚 1人あたり が割安になり、東京=新大阪間だと1万8,920円となる。 もちろん、この連載で紹介してきたように、「エクスプレス予約」や「モバイルSuica」を利用すると、グリーン車も通常の運賃+料金より割安に利用できる。 これらを利用した場合、東京=新大阪間は1万8,140円、東京=仙台間は1万4,080円となる。 利用したい列車で実施されているのならかなり安くなるので、まずは空席検索を。 適用がある場合、自動的に表示されるので、見落とさないよう選択しよう。 さらに、「エクスプレス予約」の「グリーンプログラム」を利用すると、貯まったポイントによって、普通車指定席と同じ料金でグリーン車に乗ることができる。 筆者は月に1~3回程度、新横浜=新大阪間を中心に東海道・山陽新幹線を利用するが、そのぐらいのペースでも、年に最低1回は「のぞみ」のグリーン車が利用できるポイント 1,000ポイント が貯まる。 グリーン車には、普通車とはひと味違う落ち着きがある 「こだま」なら安い 東海道新幹線では、「のぞみ」「ひかり」にこだわらず「こだま」でのんびり旅をするつもりならば、「ぷらっとこだま」のグリーン車用が安い。 列車、区間、席数限定だが、例えば東京=新大阪間が通常期で1万2,000円になる。 駅の「みどりの窓口」では販売されておらず、JR東海ツアーズあるいはJTBの窓口、あるいはインターネット予約で、前日までの予約、購入が必要な点には注意しよう。 その他、「こだま」専用の商品としては、「エクスプレス予約」でも「EXこだまグリーン早特」などがあり、空いている「こだま」のグリーン車がかなり安くなるから、チェックしておきたい。 「EXこだまグリーン早特」だと東京=新大阪間は1万1,200円で、普通車指定席より安いが、列車や席数は限定で、3日前までに予約する必要がある。 東海道新幹線の「のぞみ」「ひかり」「こだま」にはグリーン車が3両、連結されている 余談だが、東海道新幹線の列車のグリーン車がそれまでの2両から3両に増やされたのは、バブル景気の時代から。 以後、それが定着したが、「こだま」に使われる編成は「のぞみ」「ひかり」とは共通で、グリーン車を3両連結しているため、どうしても利用率が低くなる。 その分、割引した商品を提供して、利用してもらおうという姿勢である。 本文とは関係ありません。 筆者プロフィール: 土屋武之 1965年、大阪府豊中市生まれ。 鉄道員だった祖父、伯父の影響や、阪急電鉄の線路近くに住んだ経験などから、幼少時より鉄道に興味を抱く。 大阪大学では演劇学を専攻し劇作家・評論家の山崎正和氏に師事。 芸術や評論を学ぶ。 出版社勤務を経て1997年にフリーライターとして独立。 2004年頃から鉄道を専門とするようになり、社会派鉄道雑誌「鉄道ジャーナル」のメイン記事を毎号担当するなど、社会の公器としての鉄道を幅広く見つめ続けている。 著書は「鉄道員になるには」 ぺりかん社 、「まるまる大阪環状線めぐり」 交通新聞社 、「新きっぷのルール ハンドブック」 実業之日本社 、「JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科」 JTBパブリッシング など。 予めご了承ください。 連載一覧 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回.

次の

新幹線グリーン車料金表【総額表示】|新幹線旅行研究所

新幹線 グリーン車 料金

東京〜広島の新幹線グリーン車料金はいくつかの方法で安くなります。 その種類は、普通車指定席と同じですが、料金自体が違いますので、改めてご紹介しましょう。 料金は6枚で148,980円、1枚当たり24,830円なので片道1,380円安くなります。 回数券の販売があるので、金券ショップでグリーン車用のが販売されていてもおかしくはありませんが、それほど多く出回ってはいないようです。 往復割引 を利用する場合、割引になるのは乗車券のみ1割引。 特急券の料金は関係がなく、安くなるのは片道1,170円、往復で2,340円。 この差額はも指定席も同じで、グリーン車だからといって余分に安くはなりません。 往復割引適用後の片道料金は25,040円、往復で50,080円です。 エクスプレス予約 会員専用の「」で切符を購入すると、通常のEX予約で24,140円。 また、往復分を同時に購入するEX予約サービス(往復割引)なら片道料金は22,770円。 EX早特で3日前までに購入すると、さらに安く平日22,380円、土休日20,200円。 EX予約なら通常料金より2,090円、EX早特3,830円〜6,010円安くなります。 新幹線ホテルパック 東京〜広島を往復&1泊するなら、グリーン車に乗っても安いのは。 1泊料金が5,200円のホテルを利用する新幹線ホテルパックの料金は、グリーン車を利用すると往復+1泊で 40,100円。 (2人で利用すると1人31,900円) このプランを利用した時の片道料金は実質17,450円。 通常なら普通車とグリーン車の差額は片道7,130円のところ、新幹線ホテルパックでは片道4,600円。 元々安い料金設定の普通車プランとの差額が少ないので、通常料金との差額はさらに広がります。 なお、新幹線ホテルパックは2人で利用するとさらに安く、同じプランでも1人の料金は 31,900円。 2人利用なら普通車プランとの差額もさらに小さくなるのでさらにお得です。 東京〜広島でグリーン車パックを利用すると、通常のグリーン車料金より安くなるのは 17,000円以上。 2人で利用すれば1人約 25,000円、2人で 50,000円安いです。 グリーン車も安い新幹線ホテルパック.

次の