キュレル シャンプー 詰め替え。 キュレル / シャンプー/コンディショナーの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

花王 キュレルシャンプーの評価

キュレル シャンプー 詰め替え

カテゴリ 容量・参考価格• ポンプ 420ml: 1,000円• ボトル 200ml: 600円• 健やかな頭皮のために必須の成分「セラミド」を守り潤いを保ちながら、皮脂や汚れをスッキリ落とします。 フケ・かゆみを防ぎます。 植物由来の消炎剤(有効成分)配合。 きめ細かい豊かな泡立ちで、からまずスムーズな洗い心地。 赤ちゃんのデリケートな肌にもお使いいただけます。 つめかえ用• ボトル シャンプーの特徴は? フケ・かゆみ、乾燥などの頭皮トラブルを防いで、指どおりなめらかな髪に仕上げます。 健やかな頭皮のために必須の成分「セラミド」を守り潤いを保ちながら、皮脂や汚れをスッキリ落とします。 フケ・かゆみを防ぎます。 植物由来の消炎剤(有効成分)配合。 きめ細かい豊かな泡立ちで、からまずスムーズな洗い心地。 赤ちゃんのデリケートな肌にもお使いいただけます。

次の

キュレルシャンプーの口コミに「かゆい・合わない」の声!抜け毛の効果についても成分を解析評価

キュレル シャンプー 詰め替え

キュレルのシャンプーは「乾燥肌な方」におすすめ! 顔と同じく、季節や体質によって 頭皮も乾燥することは実はあまり知られていません。 頭皮の乾燥はかゆみやフケの原因となり、悪化するとシャンプーがしみたり、最悪の場合湿疹ができて出血する恐れも。 頭をポリポリと掻くクセのある人や肩周りがフケで汚れやすい人は、乾燥頭皮である可能性が考えられます。 キュレルのシャンプーには、乾燥肌や敏感肌に不足しがちな保湿成分が配合されているので、気になる頭皮トラブルの改善にも優れた効果を発揮します。 これらの症状が気になる人は、キュレルのシャンプーでトラブル知らずの健やかな頭皮ケアをしてみてはいかがでしょうか。 そもそもキュレルとはどんなブランド? 画像引用: キュレルは、化粧品メーカーの花王が乾燥性敏感肌向けに製品化したスキンケア・ヘアケアブランドです。 全ての製品にセラミドを配合し、 赤ちゃんから高齢の方までどんな肌質でも安心して使える点で長年にわたり高く評価されています。 キュレルの開発がスタートしたのは1980年頃。 当時はまだセラミドの価格が非常に高価で、化粧品として製品化することはあまり現実的ではありませんでした。 そこで、花王の研究チームは、天然のセラミドと同じ性質を持つ成分を作り出すことを考え、さまざまな研究を繰り返しながら独自の「セラミド機能成分」を開発したのです。 その後、12年の時を経てキュレルが正式に製品化され、今では乾燥肌や敏感肌に悩む全ての人の救世主とも言われる存在となりつつあります。 キュレルの概要 キュレルの商品は、化粧水や乳液などの基礎化粧品をはじめ、シャンプー&コンディショナー、ボディケア用品、ベースメイクアイテムなど、実にさまざまな商品が展開されています。 ショッピングサイトやコスメの口コミサイトでは常にランキング上位を占め、その使い心地の良さからリピーターが急増中。 ドラッグストアで気軽に購入できることもあり、スキンケアやヘアケア用品にこだわりがある人なら誰でも一度は興味を持ったことがある商品かも知れませんね。 また、どのアイテムも1本1,000〜2,000円程度で購入できるリーズナブルな価格設定もキュレルの魅力の一つです。 毎日使うものだからこそ、満足できる品質と手の届きやすい価格が求められますが、キュレルはそのどちらの条件も十分に満たした商品であると言えるでしょう。 キュレルの代表的な商品ラインナップ 以下の表は、キュレルの商品ラインナップをシリーズごとにまとめたものです。 シリーズ アイテムの種類 潤浸保湿 フェイスケアシリーズ メイク落とし・洗顔・化粧水・乳液・保湿クリーム・美容液・目元専用美容液・リップクリーム 潤浸保湿 ボディケアシリーズ ボディウォッシュ・拭き取りシート・ローション・モイスチャーバーム・クリーム・入浴剤・ハンドソープ・ハンドクリーム 潤浸保湿 頭皮&ヘアケアシリーズ シャンプー・コンディショナー・頭皮用ローション 皮脂トラブルケアシリーズ 洗顔・化粧水・保湿ジェル 美白ケアシリーズ 化粧水・美容液・乳液・美白クリーム エイジングケアシリーズ 化粧水・クリーム・ジェルクリーム UVカットシリーズ ローション・エッセンス・ミルク・クリーム ベースメイクシリーズ BBミルク・BBクリーム・パウダーファンデーション・おしろい 乾燥性敏感肌向けのシリーズながら、キュレルにはバラエティに富んだアイテムが充実しています。 最初はスキンケア用品から使い始めて、気がつけばボディや頭皮など全身キュレルでお手入れしていたという人は少なくないようです。 さらっとしたテクスチャーは乳液特有のベタつきがなく、スキンケアの後のメイクを邪魔することはありません。 それでいて保湿力は長時間持続するので、季節を問わず使える乾燥肌に嬉しいアイテムです。 キュレルのシャンプーの特徴と魅力を徹底解析 キュレルのシャンプーは、乾燥肌や敏感肌はもちろん、何らかの頭皮トラブルを抱える人から多くの支持を集めています。 フケやかゆみに悩まされていた人が、 キュレルを使い始めてから頭皮トラブルが全く気にならなくなったという声は非常に多いです。 中には、アトピー体質で何を使っても肌荒れを繰り返していたのに、キュレルのシャンプーなら問題なく使えるといった声も。 地肌の潤いを守りつつ、頭皮を優しく洗い上げるキュレルのシャンプーは、肌が弱い人でも安心して使える敏感肌の強い味方と言えるでしょう。 さっぱりとした洗い心地ですが、すすいだ後も髪のまとまりが良く、手ぐしを通すとスムースな指通りが実感できます。 消炎剤(有効成分)配合なので、かゆみやフケなどの頭皮トラブルをお持ちの方にオススメです。 子供や赤ちゃんも使える!?キュレルのシャンプーの魅力 赤ちゃんの肌に触れるものは、肌に負担のかかる成分は避け、できるだけ低刺激なものを選びたいという人が多いはず。 無香料・無着色かつ弱酸性のキュレルのシャンプーは、そんなパパやママの願いも叶えてくれる赤ちゃんの肌に優しい商品なんです。 肌質は遺伝することも多いので、これ一本で家族全員の頭皮ケアができればみんなが健やかな肌を維持できそうですね。 キュレルのシャンプーの成分から見る3つの特徴 キュレルの魅力をより具体的に探るため、ここからはキュレルのシャンプーに配合される成分とその特性について紹介します。 ここで紹介する成分の働きにより、キュレルにはある3つの特徴があることがわかりました。 1、優れた抗炎症作用 キュレルのシャンプーには、「グリチルリチン酸2K」という有効成分が配合されています。 グリチルリチン酸2Kとは、生薬の一種である甘草の根茎から抽出したグリチルリチン酸にカリウムを結合し、他の成分と混ざりやすくしたものです。 抗炎症作用に優れていることから、化粧品はもちろん医薬品にも配合されることが多い成分で、肌への刺激性やアレルギー反応もほとんどなく、その安全性の高さから 厚生労働省が管理する「医薬部外品抗炎症有効成分」にも承認されています。 2、かゆみを軽減 グリチルリチン酸2Kには、 炎症や刺激によって起きるかゆみを軽減する効果もあります。 私たちヒトの肌には、「ヒアルロニダーゼ」と呼ばれるヒアルロン酸の量を一定に保つための物質があるのですが、皮膚に炎症や刺激が起こると、このヒアルロニダーゼが活性化します。 ヒアルロニダーゼが活性化すると、肌のヒアルロン酸量が減少し、水分やハリが失われたり、かゆみや痛みの原因となるヒスタミンが多量に放出されます ヒアルロニダーゼが活性化するのを抑制することは、つまりかゆみや痛みの緩和につながるということ。 この一連の流れが、キュレルのシャンプーがかゆみを軽減するのに効果があると言われる理由です。 3、植物性オイルで髪と地肌を清潔に保つ キュレルのシャンプーには、洗浄作用に優れたオレンジ油とユーカリ油が配合されています。 どちらのオイルも 肌を引き締めながら髪を清潔に保ってくれるので、使い続けることでトラブルが起きにくい健康な地肌へと生まれ変わります。 キュレルのシャンプーの香りは「無香料」! キュレルのシャンプーには、もう一つ「無香料」という大きな特徴があります。 香料とは、読んで字のごとく化粧品類に香りづけするためのものですが、どの化粧品の成分表を見ても、その原料や種類については触れられていません。 種類によっては複数の成分が混ざっている場合も多く、ひと口に香料と言っても具体的な安全性はわからないのが実情です。 その点で言うと、香料を一切使用していないキュレルのシャンプーは、肌への安全性が高く余計なトラブルを心配する必要がありません。 このことからも、キュレルのシャンプーが 肌への優しさを追求した製品であることがわかりますね。 口コミで見るキュレルのシャンプーの実力! 画像引用: キュレルのシャンプーに関する基礎情報を紹介したところで、次は実際に使用したことがある人たちから寄せられた口コミをチェックしてみましょう。 キュレルのシャンプーの洗浄力に関する評価・口コミ ふけ・かゆみ対策に購入 1週間でほどで効果が出ました 今はふけもかゆみもほとんどなくなりました どうやら私の体質にぴったり合ったようです 使用感は少量でもよく泡立ちます 少しきしむ感じもありますが、トリートメント、コンディショナーを使えば大丈夫です 洗い上がりは頭皮がサッパリします 無添加・安全・安心というところもいいと思いました 家族みんなで愛用してるシャンプーです。 とてもスッキリするということで評判も上々。 頭皮の臭いもしっかり抑えられるのでオススメです。 洗い上がりはさっぱり感が高めであまり潤う感じはないので、乾燥しやすい髪の方だと別に保湿用のトリートメント等も併用したほうが良いかもしれません。 近所で手軽に購入できるという点も助かります。 低刺激のヘアケア用品は洗浄力に不安が残るものが多いですが、キュレルのシャンプーは頭皮の汚れをしっかり洗い流すことができ、洗浄力は申し分ありません。 人によってきしむ感じが気になる人もいるようなので、しっとりさせたい人はコンディショナーを併用する方がいいかも知れません。 キュレルのシャンプーの使い心地・泡立ちに関する評判・口コミ 夏が終わったくらいから、地肌がすごく乾燥して、痒みとフケで、悩んでました。 使ってみたら、びっくりする程泡立ちが良く、洗った後の痒みがなくなった気がします。 確かに刺激が少ないです。 泡立ちも良いし地肌に優しい感じがします。 かゆみもおさまりました。 洗い上がりはすっきりするし、良い製品だと思います。 キュレルのシャンプーで泡立ちを疑問視する口コミはほぼ見られませんでした。 むしろ、泡立ちの良さを高く評価する人の方が多いようです。 キュレルのシャンプーの気になる口コミ 硫酸系なので洗浄力が強い。 殺菌などでスポット的に使うにはいいけど、毎日使うと頭皮の脂が削られすぎて、僕のような肌の弱い人に向かない。 フケが増して、おでこの辺りも粉吹きました。 頭皮の乾燥から、お試しサイズを購入。 シャンプーのみだと、キシキシ感がすごく コンディショナー無しでは無理。 コンディショナーは、サラサラというよりトゥルンといった感じのまとまりのある髪に。 ただ、香りは良くなくて日常的に使いたい感じではないかな。 乾燥性敏感肌向けのキュレルですが、肌状態が極端に悪い人が使うと、逆にフケやかゆみが悪化することがあるようです。 また、普段香り重視でシャンプーを選ぶ人の中には、無香料ならではの原料の独特な香りが合わなかったという人もいました。 キュレルのシャンプーのサイズ展開 キュレルのシャンプーは、髪の長さに合わせたり、家族と併用する人のために3種類のサイズを用意しています。 それぞれの容量と価格は以下の通りです。 トライアルセットには、シャンプーとコンディショナーがそれぞれ45ml入っており、短髪なら約1週間、ロングヘアの方でも2〜3回使えます。 持ち運びに便利なサイズなので、旅行用に購入するのもおすすめです。 キュレルのシャンプーに関する気になる疑問 画像引用: この記事ではキュレルのシャンプーに関するさまざまな魅力を紹介してきましたが、この商品にまつわる疑問はまだまだたくさんあるはずです。 キュレルのシャンプーはかゆみの原因でもある乾燥やフケは抑えられる? キュレルのシャンプーは、かゆみの原因でもある乾燥やフケなどを抑えることが期待できます。 これは、シャンプーに配合されている肌の必須成分セラミドが肌に潤いを与え、頭皮の皮脂バランスを整えてくれるからです。 かゆみやフケなどが気になる人ほど、キュレルのシャンプーで健やかな頭皮ケアがおすすめです。 キュレルのシャンプーはノンシリコンシャンプーなの? キュレルのシャンプーの成分表には「POE・POPジメチコン共重合体」という成分が入っています。 この成分は、いわゆるシリコン系の界面活性剤のことで、洗い上がりの髪をサラサラにする役割を担っています。 つまり、 キュレルのシャンプーはノンシリコンシャンプーではないということです。 ただ、この成分が肌や髪に悪影響を及ぼすことはありませんので、安心して使えます。 キュレルのシャンプーで抜け毛の予防はできるの? キュレルのシャンプーは、残念ながら抜け毛予防に直接効果があるとは言えません。 あくまで「フケやかゆみ、乾燥を防ぐ」ためのものですから、抜け毛の悩みが一番に気になる人は、専用のヘアケア用品を使った方がより高い効果を実感できるはずです。 ただ、抜け毛にはさまざまな原因があり、 キュレルのシャンプーがその原因の一つを和らげてくれる可能性は期待できます。 抜け毛の原因の一つであるストレスを例に挙げてみましょう。 過剰なストレスを感じると、ヒトの体は「コルチゾール」と呼ばれるストレスホルモンを分泌します。 実はこのホルモン、肌の潤いを支えているセラミドを分解してしまうことがわかっているんです。 キュレルのシャンプーにはセラミドが配合されていますから、ストレスでダメージを受けた頭皮を元の健康な状態に戻すことは不可能ではないと言い換えられます。 また、スタイリング剤の洗い残しも抜け毛の原因となりますが、キュレルのシャンプーは洗浄力に優れているため、洗い残しを防ぐという点から抜け毛を予防することができます。 キュレルのシャンプーを使うと髪がパサパサになるの!? キュレルのシャンプーを使ったからと言って、必ずしも髪がパサパサになるとは限りません。 どんな製品も肌に合う合わないはありますから、こればかりは一度使ってみてから相性を確認するのが一番です。 頭皮トラブルは改善できたけど、髪のパサつきが気になるという人は、 シャンプーと一緒にコンディショナーを使ってみることをおすすめします。 キュレルのシャンプーを使うと色落ちはしないの? キュレルのシャンプーは、カラーを長持ちさせるのに特化したシャンプーではありませんので、使い続けることで色落ちが気になることがあるかと思います。 あくまで「頭皮トラブルを和らげる」ためのシャンプーですから、どうしても色落ちが気になる人は専用のヘアケア剤を使うことをおすすめします。 キュレルのシャンプーでくせ毛は治る? キュレルのシャンプーを使ったからと言って、劇的にくせ毛が改善するということは考えにくいです。 そもそも、シャンプーは頭皮や髪に付着した汚れを落とすためのアイテムですから、シャンプーをしたからと言ってくせ毛が落ち着くことはほぼありません。 むしろ、髪を保護してまとめやすくするためのコンディショナーの方がくせ毛を落ち着かせるのに効果的なので、くせ毛が気になる方はキュレルのコンディショナーをセットで使うことをおすすめします。 キュレルのシャンプーを手に入れられるお店 画像引用: キュレルのシャンプーは、薬局・薬店、ドラッグストアなど多くのお店で取り扱いがあります。 最近では、 ヨドバシカメラなどの大型量販店でも購入できるので、欲しいと思った時にいつでも手に入るのが嬉しいポイント。 万が一お店で見つけられない時は、花王のオンラインショップやAmazonなどネットでも購入できますので、気になる方はぜひ一度チェックしてみて下さい。 まとめ 低刺激で優しく頭皮ケアができるキュレルのシャンプーは、フケやかゆみに悩む人たちから根強い人気を誇る人気のヘアケア用品です。 頭皮トラブルを抱えている人や、今お使いのシャンプーに満足できない人は、さっそくキュレルのシャンプーを試してみてはいかがでしょうか。 きっと、毎日のシャンプーやヘアスタイリングが今よりずっと楽しくなるはずですよ! オススメの関連記事はこちら.

次の

キュレルの通販

キュレル シャンプー 詰め替え

・肌への負担を抑えた洗浄成分を配合。 ふわっと軽く豊かな泡で皮脂や汚れを落とします。 顔や体についても低刺激です。 ・弱酸性 無香料 無着色 ・赤ちゃんにもお使いいただけます。 はたして、本当にこのシャンプーは良いシャンプー なのでしょうか!? まずは成分をチェック 【成分】 水、ラウレス硫酸Na、ラウリルヒドロキシスルタイン、デシルグルコシド、グリチルリチン酸2K、水酸化Na、EDTA-3Na、ココイルグルタミン酸Na、安息香酸Na、エタノール、ラウラミンオキシド、クエン酸、コカミドMEA、ラウレス-16、ジメチコンコポリオール、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、ビスメトキシプロピルアミドイソドコサン、PPG-7、エチドロン酸、ユーカリ油、オレンジ油 『 デシルグルコシド』 『 グリチルリチン酸2K』 『 ココイルグルタミン酸Na』 『 ユーカリ油』 『 オレンジ油』 『 ラウラミンオキシド』 『 クエン酸』 『 コカミドMEA』 『 ポリクオタニウム-10』 『 ポリクオタニウム-7』 などは、あまり問題ない成分です。 「 ビスメトキシプロピルアミドイソドコサン」 「 PPG-7」 この2種類の成分に関しては、かなり調べたのですが 安全性に関しては不明でした。 「 ラウレス硫酸Na」 「 ラウリルヒドロキシスルタイン」 「 水酸化Na」 「 安息香酸Na」 「 エタノール」 「 ラウレス-16」 「 ジメチコンコポリオール」 「 エチドロン酸」 などは、少々問題ありな成分です。 成分をかいつまんで説明しますと・・・ 問題ない成分として 『 デシルグルコシド』は、ヤシ油やトウモロコシ、ジャガイモなどから抽出した植物系の界面活性剤です。 比較的肌に優しく気泡力や洗浄力があります。 『 グリチルリチン酸2K』は、抗炎症、抗アレルギー作用から慢性、急性の皮膚炎に対して効果があり、ニキビや肌荒れのケアなどにも効果がある成分です。 『 ココイルグルタミン酸Na』は、グルタミン酸と脂肪酸からなるアミノ酸系の界面活性剤です。 適度な起泡力と洗浄力を持っていて比較的安全性の高い洗剤と言われています。 『 ラウラミンオキシド』は、ヤシ油から抽出される植物系の洗浄成分です。 他の洗浄成分と配合することで刺激を弱める働きがあると言われています。 『 クエン酸』は、有機酸の一つで、主に柑橘類などに酸味成分として含まれています。 アルカリ性物質の中和(ph値調整)や髪をサラサラにする効果もあります。 『 コカミドMEA』は、ヤシ油から抽出される植物系の成分で製品を安定化させる働きがあります。 乳化作用もあるので乳化剤の役割もする成分です。 『 ポリクオタニウム-10』は、トウモロコシなどの繊維よりつくられる成分で毛髪などに付着して保護し薄い皮膜を作り、コンディショニング効果を出す働きがあります。 『 ユーカリ油』は、オーストラリア原産のフトモモ科の植物、ユーカリノキの葉から抽出した成分です。 芳香作用があり抗炎症作用、抗菌作用、血行促進作用、収れん作用があります。 『 オレンジ油』は、オレンジの果実から抽出した成分です。 疲れや緊張を解きほぐす作用のある天然の香料で保湿効果、皮膚の活性化作用、洗浄効果があります。 「 ビスメトキシプロピルアミドイソドコサン」は、感触改良剤として感触を和らげたりしますが保湿成分としても使用されています。 私なりに調べてみたのですが安全性に関しては不明です。 「 PPG-7」は、非イオン系の界面活性剤で、可溶化力が高く化粧品の可溶化剤として使用されたり保湿剤として使用されていますが、これも安全性に関しては不明です。 問題ありな成分としては 「 ラウレス硫酸Na」は、陰イオン性の界面活性剤で、非常に脱脂力が強い成分で必要な皮脂まで落としてしまうという欠点があります。 「 ラウリルヒドロキシスルタイン」は、両性界面活性剤で起泡性、洗浄力は陰イオンに劣りますが皮膚や目に対する刺激が少ない成分だと言われていますが、極まれに皮膚に刺激を与えピリピリ感が出る場合もあります。 「 水酸化Na」は、水酸化ナトリウムの事で乳化剤や変性剤などに使われる代表的なアルカリ剤です。 pH調整剤としても使用されますが、アレルギーを起こすと言う報告も出ているので問題ありな成分とさせていただきました。 「 安息香酸Na」は、殺菌作用は弱いのですが、強い抗菌作用があり、防腐剤として使用されている成分です。 安定性があまりよくないので、パラベンと併用されることが多いようです。 皮膚、粘膜、眼、鼻、咽喉に刺激があり、アレルギーなどを起こすという報告があります。 「 エタノール」は防腐剤で有名な「パラベン」の代わりに防腐効果を高める為に配合されています。 頭皮に炎症を起こさせ、ささくれ立ったように傷めてしまう可能性が高い成分です。 「 ラウレス-16」は石油系の合成界面活性剤で有害物質管理法では公開すべき有害物質として指定されている成分です。 「 ジメチコンコポリオール」は化粧品やヘアコンディショニング剤などとして使用される界面活性剤で、柔軟性のある皮膚を保ち髪のダメージを修復して、しなやかでつやのある毛髪にするために用いられますが、毛穴をコーティングしてしまうという弱点があります。 頭皮ケアの事を考えるとオススメできない成分です。 「 エチドロン酸」はキレート剤で、シャンプーなどの品質劣化を防ぐ働きをします。 毒性があるという報告も出ています。 ジメチコンを使用している割には、かなりキシミが 気になりました。 しかも、思ったより毛穴の汚れも落ちておらず、頭皮が カサカサになっていました。 乾燥性敏感肌用のシャンプーなのに「 安息香酸Na」 「 エタノール」「 ラウレス-16」などの成分を使用していて 本当に敏感肌の人の為に考えたシャンプーなの!? と疑ってしまいました。 やはり、大手企業さんの考える事は理解できません。

次の