フレンチブルドッグ 病気。 フレンチブルドッグの寿命は?かかりやすい病気の症状と予防法

図鑑:フレンチブルドッグ 特徴・性格、飼う時の注意点など

フレンチブルドッグ 病気

糖尿病は肥満やストレス、適切でない食事などが主な原因で膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンが不足することにより発症します。 インスリン不足により、細胞が糖をうまく取り込めず、血液中にあふれ出て尿に排出されます。 多くは6歳以上にみられ、高齢犬の場合、メスはオスよりも発生率が高くなっています。 症状としては喉が渇くので水をたくさん飲む、尿の量が増える、たんぱく質も排出される為、食欲増加のわりに痩せてくるなどです。 糖尿病で注意すべきことは様々な合併症があることです。 代表的なものには白内障があり、ひどくなると失明することもあります。 また、ケトアシドーシスを引き起こすと昏睡し、死に至ることもあります。 症状が重くなると毎日インスリン注射をして食餌療法で合併症の予防と病状の悪化を防ぎます。 犬回虫・犬鉤虫・コクシジウムなど消化器官内寄生虫の感染は犬が虫卵を水や食物と一緒に摂取する事や、寄生虫を体内に持った中間宿主を摂取することが原因です。 体力の無い子犬に大量に寄生すると下痢を起こし、元気が無くなり、痩せてきます。 パベシア症・フィラリア症などの血液内の寄生虫は吸血性のダニや蚊などの昆虫によって媒介します。 大量に寄生されると貧血を起こし、死に至ることもある怖い病気です。 寄生虫症の感染は飼い主が高い意識を持つことで予防が可能です。 子犬は母犬からの感染も考えられるので1カ月おきに2~3回検便することが大切です。 その後も蚊の発生する時期のフィラリア予防はもちろん、血液検査は毎年行うと良いでしょう。

次の

フレンチブルドッグの病気と怪我|フレンチブルドッグ情報サイト フレブルパーク

フレンチブルドッグ 病気

実年齢 人間に換算した年齢 6ヶ月 7歳半 1歳 15歳 2歳 23歳 3歳 28歳 4歳 32歳 5歳 36歳 6歳 40歳 7歳 44歳 8歳 48歳 9歳 52歳 10歳 56歳 11歳 60歳 12歳 64歳 13歳 68歳 14歳 72歳 15歳 76歳 16歳 80歳 17歳 84歳 18歳 88歳 19歳 92歳 20歳 96歳 この表からわかるように人間が10歳の時には、犬はもう56歳です。 この時点で5倍以上の差がありますので、犬の方が断然、成長スピードが早いのが分かりますよね。 一般的にフレンチブルドッグは 6歳からがシニア期、 11歳からが高齢期です。 シニア期からは• 徐々に視力や聴力の低下• 筋力や体力がなどの低下• 歯周病の口臭 フレンチブルドッグは、とても活発的なので飼い主の方がしっかりと コントロールをする必要があります。 興奮してしまい 激しい運動をさせてしまうと気道を圧迫してしまい、呼吸が苦しくなってしまいます。 長時間の運動は必要ない犬種なので、室内で遊ばせるのと、散歩は、 1日に1~2回を30分程度で十分です。 夏の散歩は熱中症のリスクもあるので、朝や夕方など 暑さのピーク時はなるべく避けるようにしてください。 年齢とともに体力や呼吸器官は低下しますので、年齢に合ったペースと距離にしてくださいね。 また、室内でもおもちゃの 誤飲やテーブルのカドに 激突するトラブルも起こしやすいです。 眼が少し飛び出ている顔の構造しているので、眼球を傷つけてしまう可能性があります。 時々、何をしているか確認して安全を守ってあげましょう。 フレンチブルドッグは、場の空気を読んだり飼い主の態度や関係性をよく見ています。 なので、家族同士でケンカしていたり、誰もかまってくれないと すごくストレスがたまってしまいます。 ストレスが行動であらわれることもあります 以下のような行動はストレスがたまっているサインです。 震える• しっぽが下がっていて足の間に巻き込む• 生あくび ストレスがたまらないように スキンシップを増やしたり、 犬用のガムも効果的です。 また、毛が短いのでやらない飼い主の方もいますが、ブラッシングやなどを毎日してあげましょう。 ブラッシングやは血行促進や犬のストレス発散だけではありません。 特にフレンチブルドッグの 皮膚が弱い傾向があります。 ケアを怠るとアレルギー性の 皮膚炎になる可能性もありますから、ブラッシングをしてダニや花粉などの アレルゲンをとってあげましょう。 顔のしわなども汚れや食べかすがたまりやすいです。 ぬれタオルで拭いてあげて清潔にしてあげましょう。 また、かわいがる時は、ただ触るだけでな くマッサージもしてあげましょう。 皮膚の状態や 骨肉腫などの腫れも確認できるのでおすすめです。 犬は呼吸を用いて体温調整を行いますが、フレンチブルドッグはそれが苦手です。 一般的には パンティングと呼ばれる呼吸を用いて体温を調整するのですが、マズルが短いフレンチブルドッグにはそれが難しいのです。 そのため、飼い主の方が適度な 温度調節をする必要があります。 クーラーや扇風機を使い、室内の温度を一定に保ちましょう。 外の気温が高いと散歩の後は 体温が上昇しているので、室内では冷やしてあげる必要があります。 ほかの犬種に比べてどっしりとした体型なので、より注意深く体調管理をしてあげる必要があります。 毎年、熱中症に関してのペット保険に請求されるケースが増えています。 夏場は散歩の 時間・コース・ペースなどに気を遣うようにしましょう。 フレンチブルドッグは、 短頭種なので特有の病気になりやすいです。 なので、早期発見・早期治療のためにも、 定期的な健康診断を受けさせるようにしましょう。 成長期までは、年に1回で良いのですが、6歳以降の シニア期からは年に2回の健康診断がベストです。 老化とともに病気のリスクはどうしても上がってしまいます。 場合によっては、 レントゲン検査や 超音波検査なども血液検査のほかにやってあげるのも良いのかもしれませんね。 今の愛犬の状態を飼い主と獣医師が把握することで、病気になってしまった時も、適切に病気を絞り込み処置ができます。 愛犬の健康にも重要ですが、仮に病気になってしまった時に治療費が高額であるケースや長期的に費用がかかるケースが多いのです。 万が一、病気になってしまった場合も、ペット保険に加入することで一部を補償してくれるので、 加入していない方は加入をご検討ください。

次の

フレンチ・ブルドッグ ‐ かかりやすい病気・ケガ

フレンチブルドッグ 病気

愛犬が下痢や軟便をした時、それが急性なのか慢性なのかはとても重要です。 急性下痢の8割は自然に治ってしまう事があります。 ライフスタイル、フード、おやつ、サプリメントの見直しで薬を色々と使用しなくて治るものもありますが、数週間から数ヶ月続く下痢は、寄生虫感染や病原性細菌感染、内臓の疾患、アレルギー、免疫性疾患、腸内の腫瘍などなど本当にたくさんの疾患を考えなくてはいけません。 そして、フレンチブルドッグの場合は、他の犬種と違い、腸にタンパクが漏れ出てしまう蛋白漏出性腸炎や、アレルギー性腸炎などが多い一方で、単純な「繊維反応性腸症」という疾患も多いのです。 今回は、「繊維反応性腸症」についてお話をしましょう。 人気ランキング• 何倍も大きな猫…でも負けない! フレブルぶーはまだポテッとしたパピー。 しかしとても勇敢なところがあり、どうや... 12,600ビュー• プール遊び開始! 早速ですが、フレブルがプールの中に入りました。 これくらいのサイズであれば怖がる子は少ないも... 4,200ビュー• おもちゃを取り合っている2頭 まずはこちらの動画から。 お気に入りのおもちゃを取り合っている2頭のフレブルたち... 3,400ビュー• カッパを着て準備万端! オーナーさんと雨の日のお散歩へ出かけるフレブル。 目立つ黄色のカッパを着て準備はバッチ... 3,200ビュー• オーナーさんのお客さん。 迎えにいくのは… フレブルと暮らすと起こる「あるある」1つ目は、「オーナーのお客さん... 3,100ビュー.

次の