ハウス クリーニング フランチャイズ 比較。 ハウスクリーニングのフランチャイズ店を経営するメリットとデメリット

ハウスクリーニング開業資金はどれくらい?内訳は?

ハウス クリーニング フランチャイズ 比較

コンビニ• 買取・リサイクルショップ・古着屋• 雑貨・アパレル・デザイン• 中古車・自動車・自転車• その他・各種小売• サービス• ハウスクリーニング• 学習塾・個別指導塾・家庭教師• 幼児教育・保育園• 各種スクール• 買取販売(ブランド・貴金属)• 介護・デイサービス・訪問看護• 修理(リペア)・クリーニング• 理美容・整体・リラクゼーション• IT・通信・情報・携帯電話• フィットネス・ジム・スポーツ• コインランドリー• 不動産• その他・各種サービス• 海外FC サービス• ファーストフード・ハンバーガー• 居酒屋・バー• ラーメン• うどん・そば• カレー• お弁当• カフェ・喫茶店・レストラン• たこ焼き・お好み焼き• キッチンカー・移動販売• パン・スイーツ• その他・各種飲食• 海外FC 飲食• 北海道• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 北信越• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県.

次の

おすすめのハウスクリーニングフランチャイズ比較ランキング

ハウス クリーニング フランチャイズ 比較

daiohs. 一人で開業できる、店舗不要(土地代、建設費)といった参入のしやすさも魅力のひとつです。 また、ビル・オフィス内清掃が仕事現場なので、一般家庭の年末大掃除のような汚れの溜まったお掃除はないため、同業他社の業務よりもラクに作業が行なえます。 ダイオーズカバーオールの募集要項 開業資金 加盟金:430万円 ロイヤリティ• 本部経費:27. ロイヤリティ:18. 保険料(賠償責任保険):0. osoujitai501. 清潔な環境づくりが売り上げに直結する商業施設にとって、クリーニングは必要不可欠なため、便利屋業(一般家庭)と、ビルメンテナンス業(大型施設)の隙間にある膨大な市場を対象にできることが、大きな魅力です。 また、基本的には人手仕事であるため、設備・機材の投資が少なく、低資金での開業が可能なのも嬉しいポイント。 本人のやる気、努力次第では 高い利益を上げることができるでしょう。 おそうじ隊501の募集要項 開業資金• 250万円• 加盟金:70万円• 教育費:30万円• 資機材費:150万円• 自己手配費用(目安)• 車輌費:約 80万円• 必要備品(パソコン、FAXなど):約 50万円• 経営利益:81万円• 月間粗利益:142. 5万円(月間売上150万円、材料原価7. 5万円)• 月間経費合計:61. osoujitai501. 最近では自宅の掃除を専門業者に委託するケースが増えており、ハウスクリーニングの業界は順調に成長している業種と言えるでしょう。 今後も、より付加価値の高いクリーニングサービスがでてくる可能性が期待できます。 ハウスクリーニングのフランチャイズのメリット・デメリット メリット• 比較的誰でも簡単にできる• 低資金で独立が可能• 年齢に関係なく、夫婦で開業できる• 自宅で開業できる デメリット• 競合他社との差別化の難しさ• 繁忙期が集中している• 加盟店オーナー自身が業務を行なう場合、体力的・肉体的・年齢的に限界がある ハウスクリーニングの将来性 低資金で開業でき、年齢に関係なく比較的誰でもできるのがハウスクリーニングのメリットです。 おそらくハウスクリーニング事業で成功している個人の方も多いことでしょう。 もちろん需要もありますし、 2020年に向けて需要が見込めます。 ただ、大手企業も参入している業界ですし、独立する方も多く競合性が徐々に高くなってきています。 また集客が難しいジャンルで、コネや人脈がないとなかなか安定した収入が見込めません。 繁忙期は限られてしまうため、年間通しての安定収入も難しいです。 そして定年後などに始める方もいますが、自身も業務を行うのなら何十年も続けられるものでもないでしょう。 安定した需要のある事業ではあるものの、大手も参入し競合性も高くなっている事業ですから、個人では難しい面はあります。

次の

ハウスクリーニングの口コミの良いおすすめ業者ランキング!料金相場とサービスを徹底比較!

ハウス クリーニング フランチャイズ 比較

ハウスクリーニングのフランチャイズで開業するにあたって、最初に決めるのが「どの本部に加盟するか」ということです。 フランチャイズに加盟する場合、最初に本部に開業資金を支払わなければなりません。 開業資金は高額ですから、 支払ってから後悔しないように、しっかりと自分に合った本部を選びたいものです。 しかしハウスクリーニングのフランチャイズ本部は複数ありますから、どこを選ぶべきなのか分からないという方もいるでしょう。 そこで今回はそんな方のために、ハウスクリーニングの主なフランチャイズ本部を挙げたうえで、それぞれの開業資金やロイヤリティの額、研修期間や特徴について紹介していきます。 集客面で優位に立ちたいならおそうじ本舗 おそうじ本舗の開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…259万円• ロイヤリティ…60,000円• 研修期間…15日間 毎月支払う費用には、ロイヤリティのほかに月20,000円の「広告分担金」もかかります。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 おそうじ本舗のフランチャイズ加盟店オーナーの年収はどれくらい? おそうじ本舗の特徴 おそうじ本舗のメリットは、知名度が高いという点です。 おそうじ本舗は、新聞やテレビなどのメディアでもたびたび取り上げられているため、ハウスクリーニング業界で屈指の知名度を誇ります。 加盟するフランチャイズ本部の知名度が高ければ、それだけで集客が期待できます。 おそうじ本舗は、運営本部の安定感も抜群です。 せっかくフランチャイズに加盟しても、本部が倒産するようなことがあれば、加盟店オーナーも共倒れとなってしまいます。 その点おそうじ本舗の運営母体である「HITOWAグループ」は、20期連続で増収している成長企業で、2017年の売上は426億円に達しています。 これだけ安定した企業が母体にあるなら、おそうじ本舗がなくなる心配も当面ありません。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 充実した研修を受けたいならおそうじ革命 おそうじ革命の開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…258万円• ロイヤリティ…60,000円• 研修期間…45日間、または1年間 毎月支払う費用には、ロイヤリティのほかにシステム手数料や広告金、合わせて39,000円もかかります。 おそうじ革命の特徴 おそうじ革命のメリットは、研修が充実している点です。 おそうじ革命の研修は45日間の短期プランと、1年間の長期プランの2種類があります。 他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部では、研修期間が2週間程度のところがほとんどですから、45日間でも充分長いと言えます。 また1年間の長期プランの場合、日当をもらいながら研修を受けられるため安心です。 開業前にしっかりした技術を身につけたいという人には、おそうじ革命がおすすめです。 ただしおそうじ革命は、おそうじ本舗に比べると、本部に毎月支払う料金が高くなっています。 毎月の支出を抑えたいという人には、不向きだと言えるでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 資金を安く抑えたいならハウスコンシェルジュ ハウスコンシェルジュの開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…197万4千円• ロイヤリティ…30,000円• 研修期間…5日間 料金は公開されていませんが、毎月支払う費用には、ロイヤリティのほかに広告分担金がかかる場合もあるようです。 ハウスコンシェルジュの特徴 ハウスコンシェルジュのメリットは、開業資金とロイヤリティが安いという点です。 ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟する場合、開業資金の相場は200~300万円程度ですが、ハウスコンシェルジュは200万円未満で開業できます。 またロイヤリティの相場は6万円ですが、ハウスコンシェルジュは半分の3万円です。 開業資金や毎月の支払いを抑えたいという人には、ハウスコンシェルジュがおすすめです。 ただしハウスコンシェルジュは、研修期間が5日間しかありません。 しっかり技術を身につけてから開業したいという人は、別のフランチャイズに加盟したほうがいいでしょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ゆくゆくは店を大きくしたいならおそうじ隊501 おそうじ隊501の開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…250万円• 研修期間…約3週間 おそうじ隊501のロイヤリティは固定ではなく、売上に応じた額となっています。 おそうじ隊501の特徴 おそうじ隊501では、本部が加盟店オーナーに対し、店舗の組織化のサポートもしてくれます。 ハウスクリーニングは一人でも開業できるのがメリットですが、それでは大きな利益は見込めません。 大きな売上を上げるには、スタッフを雇って、組織を大きくする必要があります。 おそうじ隊501では、スタッフの募集や教育、組織の運営などのノウハウも教えてくれるため、ゆくゆくは自分の店を大きくしたいという人におすすめです。 ただしおそうじ隊501に加盟するためには、2名の専業スタッフが必要です。 そのため一人で開業したいという人は、別のフランチャイズ本部に加盟しましょう。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 営業なしで安定した売上をあげたいならダイオーズカバーオール ダイオーズカバーオールはハウスクリーニングではなく、オフィス清掃のサービスです。 ダイオーズカバーオールの開業資金やロイヤリティ、研修期間は以下のとおりです。 開業資金…関東:310万~/関西・中部:420万円~• ロイヤリティ…関東:売上の27. 研修期間…10日間 このようにダイオーズカバーオールでは、出店エリアによって、開業資金とロイヤリティの額が異なります。 ダイオーズカバーオールの特徴 ダイオーズカバーオールのメリットは、加盟店オーナーが営業をする必要がないという点です。 ダイオーズカバーオールでは、新規顧客の獲得を本部が担当してくれます。 そのためダイオーズカバーオールは、営業が苦手だと言う人にうってつけのフランチャイズ本部です。 ただしダイオーズカバーオールは、開業資金とロイヤリティが高額だというデメリットがあります。 開業資金は最安でも、関東で310万円、関西と中部では420万円もかかります。 ロイヤリティも関東なら27. 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 法人での加盟ならダスキン ダスキンもフランチャイズの展開をしていますが、加盟できるのは法人のみです。 ダスキンには、ハウスクリーニングのほかにオフィスや店舗清掃などもできる「ホームペッケージ」と、ハウスクリーニングのみができる「ホームパッケージ」の2種類のプランがあります。 どちらのプランで契約するかによって、開業資金やロイヤリティの額が以下のように異なります。 店舗業務システム使用料…月22,000円~• 情報連携システム使用料…月5,000円• クレジットカード決済システム使用料…月2,000円 このほかに、毎年56,458円の損害賠償保険料も支払わなければなりません。 ダスキンの特徴 ダスキンもおそうじ本舗同様、 一般知名度が高いため、集客面で優位に立てるというメリットがあります。 ただしダスキンは他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部と違って、開業に実店舗が必要です。 そのため開業にあたって、本部に支払う開業資金のほかに、店舗の賃料や改装代なども用意しなければなりません。 もしもダスキンを選ぶ理由が知名度の高さにあるのなら、同じように知名度が高く、なおかつ実店舗がいらないおそうじ本舗を選んだほうが経済的です。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ ハウスクリーニングのフランチャイズ本部は複数あり、それぞれに特徴があります。 ニーズ別の、おすすすめのフランチャイズ本部は以下のとおりです。 自分のニーズに合ったフランチャイズ本部が見つかっても、デメリットが許容できるものか確認してから加盟するようにしましょう。 その点、おそうじ本舗には大きなデメリットがありません。 知名度が高く、集客面で優位に立てるというメリットもあるので、迷ったらおそうじ本舗を第一候補にしておけば、間違いないと言えるでしょう。

次の