ヤンキー 座り できない。 【素朴な疑問】ヤンキー座りをしたい

足首が硬い?ヤンキー座りができなくて困っている方へ!理由・原因・解決策!

ヤンキー 座り できない

テレビやWEBサイトで色々試してみたけれど、うまく出来なかったという声はよく伺います。 このワークショップでは、それらの改善をするための身体の知識を知って、それを元に、身体をチェックしながら改善していきます。 改善方法を知ってヤンキー座りができるようになりませんか? こんな方におすすめ• ヤンキー座りが全くできない方• しゃがむことはできるが、身体が安定しない方• 股関節や膝関節、足首が硬いと感じる方• 脚の形が気になる方 カリキュラム (当日の参加者の状況によってアレンジする場合があります。 実際のチェックなどの参考はこちら あわせて読みたい 日程・料金など 日程:6月22日より毎月第4土曜日 15:00~17:00 (参加人数が2名以下の場合は、時間を1時間に短縮する場合があります。 ) 料金:4,320円(税込み) 定員:6名 お申込み方法 rsv studio-aun. comに下記の内容を記載のいただいてメールまたはLINEにてお申し込みください。 件名:ワークショップ(希望の日付:6月22日なら0622になります。 ) お名前: ご連絡先: 折り返し申込完了メールをご返信いたします。 お支払いは当日フロントでお願いします。 複数人でお申し込みされる場合は、代表の方のお名前とご連絡先をご記載ください。 また、参加予定人数を合わせてご連絡ください。

次の

ヤンキー座り(便所座り)は健康にとても良い!

ヤンキー 座り できない

Contents• ヤンキー座りができない人の特徴 まず最初に、 ヤンキー座りができない人の特徴について説明していきます。 理由はものすごく簡単で、できない方の共通点は下半身の筋肉が固くなってしまっているからなんです。 日本を始め、アジア諸国は地面に座ったりしゃがむ生活が基本でした。 その為、柔軟な筋肉を持っていたのでヤンキー座りができていたのです。 しかし、現在は椅子を使った生活でしゃがむ動作が少なくなってしまったため、できない人が増えました。 では、下半身の中でもどこが固いとできないのか詳しく説明していきます。 理由1:足首が硬い まず、 足首が固いとヤンキー座りはできません。 理由は簡単で、足首が固いとかかとを地面につけることができないからです。 固い状態で無理に地面につけようとすると、バランスを崩して転んでしまうのです。 理由2:ふくらはぎや太ももの筋肉が硬い 次に ふくらはぎや太ももの筋肉が固いとヤンキー座りはできません。 こちらも、理由は簡単で、筋肉に柔軟性が無いとバランスを崩してしまうためうまく座ることができません。 無理にヤンキー座りをしようとすると、怪我をする可能性もあり危険なので一度ストレッチをして筋肉をほぐしてからチャレンジする事をおすすめします。 理由3:腹筋が鍛えられていない 下半身の筋肉が固いと、ヤンキー座りはできないとずっとお伝えしてきましたが実は腹筋が弱いとできないのです。 意外だと思われそうですが、これも理由はとても簡単で、前屈みになるときにその体制を維持するのが腹筋だからなのです。 そのため、腹筋を鍛えておかないとヤンキー座りはできないのです。 ヤンキー座りをすることでの健康や身体へのメリット ヤンキー座りをすると、ぱっと見るとガラが悪い人の様に見えてしまいますが、実は健康的な座り方なんです。 では、いったいどんなメリットが体にあるのか説明していきます。 メリット1:腰痛改善 まず最初に、ヤンキー座りには腰痛を改善する効果があります。 意外に思えるかもしれませんが、ヤンキー座りをすると、背中にある筋肉の一種を使います。 その筋肉が固くなることで腰痛が起きるのですがヤンキー座りは その筋肉をほぐしてくれるので腰痛が改善するのです。 スポンサーリンク メリット2:血行が良くなる ヤンキー座りをするためにはふくらはぎを使います。 ふくらはぎは、第2の心臓と呼ばれるほど重要な体の箇所です。 ヤンキー座りをすることによって、無意識に屈伸をしてふきらはぎが鍛えられるので、血行が良くなるのです。 メリット3:下半身の筋肉が柔軟になる ヤンキー座りをするための必須条件が、最初に理由を説明した柔軟な筋肉です。 足首からふとももにかけて筋肉が柔らかいことによって、足がつったり、こむら返りを起こすのを防いでくれます。 ヤンキー座りに必要な要素 何度か説明している通り、ヤンキー座りには必要な要素が複数あります。 その中でも重要な要素についてさらに詳しく説明していきたいと思います。 ヤンキー座りに必要な筋肉 ヤンキー座りに必要な筋肉の鍛え方を説明していこうと思います。 必要な筋肉とは腹筋を含めた下半身の筋肉のことで、やる気さえあれば誰でも簡単に鍛えることができます。 例えば、腹筋を鍛えるために必要なトレーニングは腹筋やレッグエイズという仰向けに寝た状態で、足を垂直に上げたり下げたりする筋トレがあります。 ふくらはぎや太ももを鍛えるのに、簡単なのは屈伸をすることで1日30回行うだけでもかなり変わってきます。 スポンサーリンク ヤンキー座りに必要な柔らかさ ヤンキー座りを行うには、筋肉や筋の柔らかさももちろん重要です。 柔らかくするのはとても簡単で、例えば筋トレの前後にストレッチをしてあげるだけでもかなり変わってきます。 また、足首を柔らかくしてあげるのには少し時間がかかるので意識してストレッチを行うのをおすすめします。 足首が柔らかくなると、捻挫をする確率も減るのでオススメです。 ヤンキー座りができるようになるストレッチ 先程、簡単に説明したヤンキー座りに必要な柔らかさはストレッチを行うのがオススメと言いましたが、具体的にどんなストレッチが良いのか紹介していきます。 足首のストレッチ まず最初に 足首の筋がよく伸びるストレッチを紹介します。 始めに、椅子か地面に足を伸ばして座ります。 次に右足のふくらはぎを左足の太ももの上に乗せます。 右足首を右手で掴んで左手で右足の爪先を掴み足が伸ばされているのを感じるように優しく回してあげます。 それが終わったら左足に変えて行ってください。 これでかなりストレッチの効果があります。 ふくらはぎのストレッチ ふくらはぎのストレッチは、まず右足を前にして足を前後に開きます。 前後に開いた状態で、手は壁につくか目の前に壁がない場合は右足の膝に手を置きます。 そして、背筋を曲げずにゆっくりと体重を右足にかけてあげます。 うまくできていると、左足のふくらはぎが伸びる感覚がします。 それを左右同じ様にしてあげればストレッチができます。 スポンサーリンク 太もものストレッチ 太もものストレッチも意外と簡単なものがあり、きちんと できていれば足がつることもなく気持ちよく行えます。 まず、仰向けに寝ます。 両足の膝裏に手をいれ、胸の方に引き寄せます。 限界まで引き付けたら、20秒ほど深呼吸をしながらキープしましょう。 その後ゆっくりと楽なところまで体勢を戻します。 まとめ ヤンキー座りをするために、特別なトレーニングはありません。 ガラが悪く見えてしまう座り方ですが、健康にはとてもよく定期的に行うことで体のバランス管理の基準にもできます。 健康に気を付ける目安として、ぜひ試してください。

次の

ヤンキー座り(便所座り)は健康にとても良い!

ヤンキー 座り できない

足の裏とスネの骨の角度で評価します。 チェックリストでチェックしてみましょう。 90度に行く前にふくらはぎに強いハリを感じないか• 90度に行く前に足首の前に詰まりを感じないか 90度より小さくなった場合は、足首には問題はないので、ヒザのチェックにいきましょう。 改善方法 チェック法と同じ態勢で、かかとが上がらないようにゆっくりと体重をかけてふくらはぎの筋肉をストレッチして柔軟性をアップしましょう。 足首の前につまりを感じる場合の改善方法 足首の前につまり感を感じて、膝が前に倒れにくい場合は、 足首の部分にある距骨という骨が上手く動いていない可能性があります。 赤い部分が距骨です。 詰まりを感じる場合は、距骨の動きを出してあげることで足首の動きがよくなります。 改善方法 ご注意 デリケートな部分なので、グイグイ押さえつるけるのではなく優しく骨の動きを誘導してあげるようにしてみてください。 ヒザの動きチェックと改善方法 足首に問題がない場合は、次はヒザの動きです。 ヒザで起こる原因は• 太ももの筋肉が固い場合• ヒザが安定していない場合 の2つです。 ヒザのチェックと評価 では、チェックしてみましょう。 ヒザのチェックは、スクワットのようにゆっくりとしゃがんでいきます。 ヒザの評価は、しゃがんでいく途中でヒザの動きを見ます。 わかりやすいように鏡の前などで行ってみましょう。 ヒザ同士がぶつからないか• ヒザの前が強く張って伸びにくいか まっすぐしゃがめた場合は、ヒザには問題ないので股関節のチェックに行きましょう。 また、ヒザ同士がぶつかってしまう場合は、O脚やX脚の可能性があります。 こちらも、原因は股関節の方が大きいので股関節のチェックに行きましょう。 ヒザの前が強く貼る場合の改善方法 ヒザの前が強く張って伸びないのは、太ももの前の筋肉が固くなっていて、 ヒザを曲げるときにブレーキになってしまっているからです。 改善方法 太ももの前は、歩き方や立ち方などで固くなりやすく、固くなると ストレッチなどではなかなか伸びにくくなっています。 ストレッチポールなどに乗って太ももの部分で転がすように動かしましょう。 動かしていくうちに、痛みや張りが強い部分が見つかったら、 その部分で10秒から30秒程度止めて筋肉が伸ばされるのを感じてみてください。 身体の癖もあるので、なかなか柔らかくなりませんが、 毎日継続することで筋肉の柔軟性が戻ってきますので、根気よく続けましょう。 また、長期間バランスが崩れた状態が続くとヒザの痛みにつながりますので、気になる方は早めに改善してくださいね。 股関節のチェックと改善方法 最後に股関節です。 意外に思われるかもしれませんが、股関節が原因というのが実はかなり多いです。 特にしゃがみ込もうとするとバランスが取れず後ろにひっくり返るという場合は、股関節がうまく動いていないことが考えられます。 股関節で起こる原因は、• 骨盤の前後傾の動きが悪い場合• 股関節の周りの筋肉が弱い場合 です。 股関節のチェックと評価 では、チェックしてみましょう。 股関節のチェックは、実際にヤンキー座りをしてみます。 骨盤の評価は、しゃがんでみたときの骨盤の角度を見ます。 あわせて読みたい ヒザをくっつけるようにしゃがむ場合の改善方法 ヒザの原因でもありましたが、ヒザをつける場合はお尻周りの筋肉がうまく使えていません 改善方法 お尻の後ろや横の筋肉を鍛えることで改善する場合があります。 ヒップアブダクションや、ブルガリアンスクワットなど、色々なトレーニングがありますが、うまく使えていない人がトレーニングをすると、他の筋肉を使って動かしてしまうため、できれば、トレーナーなどに相談することをおススメします。 また、ピラティスやマスターストレッチで股関節の動きを調整して、ヤンキー座りができたという方は意外に多いんですよ。 まとめ ヤンキー座りができない原因を順番にチェックしながら、改善していく方法をご紹介していきましたが、いかがでしたか? もし、足首をストレッチしても効果を感じられないのであれば、ぜひヒザや股関節にも注目してみてください。 すんなり座れるようになるかもしれませんよ!.

次の