アドリブ 2018 dvd。 AD

ティモシー・シャラメ、『君の名前で僕を呼んで』アドリブ&キスシーンの裏側を赤裸々告白 /2018年9月13日 1ページ目

アドリブ 2018 dvd

映画『君の名前で僕を呼んで』予告編 本作は、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた感動作。 舞台は、1983年の北イタリアの避暑地。 17歳のエリオ(ティモシー)は、アメリカからやってきた24歳の大学院生のオリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。 彼は、夏の間、家族と共にその地に暮らすことになっていた。 二人は、引きつけあったり、反発したりしながら、やがて激しい恋に落ちていく。 しかし、夏の終わりと共にオリヴァーが去る日が近づき…。 オーディオコメンタリーでは、本編が進むと同時にエリオ役のティモシーとエリオの父親役のマイケル・スタールバーグが様々なシーンで当時を振り返り、あるシーンでは「すべてアドリブのセリフだ」や、「裸足で砂利道を歩いてるが実際は足が痛かった」「サッカーをしてる場面はボツに」など、撮影時のエピソードやカットされた未公開シーンについても言及。 キスシーンについてティモシーは「顔を舐めないテイクもあった」など赤裸々に明かしている。 (C)CALL ME BY YOUR NAME また、ティモシーは「役者としてかエリオとしてかわからないけど、何事も性急にすすめたくないと感じた。 これはアンドレ・アシマンの原作にも書かれているけど、最初の頃のエリオは無関心だが、心の中ではオリヴァーの自信に動揺している」と自身の役作りについて明かし、「何かを意識して演じる必要がなかった」と振り返る。 さらに、エリオがオリヴァーに惹かれるシーンでは「演技に迷いもあった。 本では数ページを割いて描写しているからね」と話す。 さらに、エリオが即興でピアノを弾くというシーンでは、ティモシーは1ヵ月半スタジオに通ったことを明かし、「演じる僕は必死に練習した。 本に書かれている半分でも表現できるように」と撮影秘話やその時の感情を語っている。 (C)CALL ME BY YOUR NAME 発売されるブルーレイ&DVDには、日本公開時に話題となった入野自由と津田健次郎など豪華声優陣による吹替版も収録。 セル版には、主演のティモシーと、父親役のマイケル、そして製作スタッフが和気あいあいと話すコメンタリー映像も収められている。 映画『君の名前で僕を呼んで』ブルーレイ&DVDは、9月14日よりTSUTAYAにてレンタル開始。 9月21日には、サマー・トートバッグやスペシャルブックレット[オリジナルコミック付](32P)等がついたブルーレイ・コレクターズ・エディションも発売される。 映画『君の名前で僕を呼んで』ブルーレイ・コレクターズ・エディション(右) (C)CALL ME BY YOUR NAME この記事の写真を見る•

次の

祝10周年! 櫻井孝宏さん、前野智昭さん出演回の、『アドリブ2018』をレポート

アドリブ 2018 dvd

毎回人気を博している90分間をアドリブで紡ぐ、唯一無二の舞台劇。 10月7日(横須賀芸術劇場)の出演は櫻井孝宏さんと前野智昭さん、そして総合プロデューサーでありストーリーテラー役の鈴村健一さんです。 そのハチャメチャドタバタ劇の模様をお届けします! 舞台はとある洋館。 「ハッピーミレニアムイベント」を祝うため招待され……? インターホンが響き渡るとある洋館。 櫻井さん扮する乾正一は、ピシッと整ったタキシード姿。 招待されたにもかかわらず誰もいない洋館を不審に思います。 すると、クローゼットの中から煙とともに前野さん扮するマルオが登場! 薄紫のボブにメガネ、一般的なシャツにズボンという少し不思議な姿で正一と顔を合わせます。 マルオを警戒しつつも、弟に招待されたと状況を説明する正一。 正一は「(株)LIFE~今を生きる~」の支配人として身辺整理をしていると話します。 そして、マルオは宇宙から来たと話し、乾はよりマルオへの苦手意識を高めることに。 さらにマルオは、正一の弟、寅一をマルオの星で保護していると打ち明けます。 続けてマルオは自身の星のことを正一に語ります。 地球を征服しようとしているマルオの星、惑星ダーウィン。 その名は地球人が勝手に命名したもので、本当の名は「シャツキング」だと話すマルオ。 正一はというと、「クリーニング屋みたいだね」と突っ込んだり、弟のパリピ感をダンスで表現したりするなど、不審に思っていながらもちょっとごきげんな様子でした。 マルオのねらいは……? その時、ポルターガイストのような現象が! 急にラジオが流れ、10年後、惑星ダーウィンが地球に衝突し、地球が滅亡するというのです。 そこで地球人の移住計画を考えているというマルオ、もといマルス・シャツキング。 有能な地球人をシャツキング星人にする計画があると打ち明けます。 そして、弟の寅一は、惑星シャツキングで保護していると付け加え、正一もマルオに勧誘されることに。 「正一・シャツキング」という名を不満に思いながら、10年後に地球がなくなることをまだ信じることができない正一。 シリアスな流れが続く中、シャツキングという言葉が会場の笑いを誘います。 とりあえず、10年後にまたこの洋館で会う約束をし、正一とマルオは別れます。 そのときの合言葉は「あー、尊い尊い尊い」(笑)。 一体10年後はどうなっているのでしょうか? 二人の主人公が去ると、ストーリーテラーの鈴村さんがシルエットで登場。 今までのストーリーを綴った小説家を褒め称えます。 そんな鈴村さんの姿はというと、赤バンダナに銀のジャケットという特撮オタク。 ずっと陽気な受け答えをしていました(笑)。 先に現れたのは、マルス。 さらに紫が濃くなった長髪に、謎の角がついたような不思議な髪型、カラーコンタクトに黒の学ランのような衣装に、会場もざわめきます。 すると、窓から正一が登場! 以前の凛々しいタキシード姿は見る影もなく、ボロボロのシャツに傷だらけの顔、さらに銃を構えてマルオに向かい合います。 どうやら、会社もダメになり、恋人に逃げられ、最低の人生を送ってきたよう。 諦めなければ魔法使いになれるとおかしな元気づけ方をするマルオですが、正一はマルオに銃を向けます。 途中で犬塚寅一という弟と苗字違いの寿司職人を呼び出したり、正一が薬を飲み一度死に、マルオが謎の薬で助けたりという、とんでもない展開が繰り広げられます。 果たして結末は……!? 最後のごあいさつ 意外と最後は感動的な終わり方で幕を閉じた本公演。 最後のあいさつでは、一人ひとり舞台裏の慌ただしさや、心情を話してくれました。 本公演のリードは櫻井さんだったのですが、前野さんが思っていた以上にめちゃくちゃやってきていた、と話し、とても大変だったようです(笑)。 世界で一番「シャツキング」という言葉をこの公演で発しただろうと話す鈴村さん。 リュックの文字にコンプライアンス問題を起こしてしまったことを謝る櫻井さん。 自身のことを「コスプレおじさん」と称する前野さん。 不思議な展開の中で彼らのアドリブが光り、とても賑やかな公演となりました。 チケット発売中!! 予めご了承下さい。

次の

AD

アドリブ 2018 dvd

概要 [ ] Web番組 から誕生したオリジナルコンテンツの舞台劇。 プロジェクト名が指す通り、ほぼ全編即興劇(アドリブ)を主体としている。 に初公演を行いから多数のが参加している。 企画のきっかけとなったのが、上記番組でドラマCDのイベントで、面白くするという理由で舞台を企画したことである。 舞台上のルール [ ] 決められているのは、世界観の設定とストーリーの進行に必要な最小限のプロットのみ。 アドリブ舞台では世界観が設定されているだけでなく、例えばあるタイミングで電話に着信があったり宅配便で荷物が届くなど、要所にはストーリーの進行に必要なプロットが組み込まれている。 その上で、出演者の設定は日程ごとに毎回異なったものとなっており、出演者がどんな設定のキャラクターなのか、事前に知ることなく舞台に上がる。 本番で初めて共演者のキャラクターを知るため、そのキャラクター設定に適応しながらアドリブ芝居を展開しなければならない。 予想できない共演者のキャラクターに対してどう対応するのか? というのがアドリブ舞台の見どころである。 一部の舞台ではキャストの他、案内役のストーリーテラーも舞台に上がることがある。 演者の裁量 [ ] アドリブ舞台では一般募集したキーワードをセリフとして使うことができる。 ただし、それらはひとまとめにアドリブバッグに詰めこまれた状態となっているため、どんなキーワードが出るかは本人もわからない。 また、一度引いたキーワードの引き直しは出来ず、必ずセリフに込み込まなければならない。 場面にマッチした奇跡のようなキーワードを引くか?あるいはデタラメなキーワードを引くか?といった具合で出演者同士を動かす。 ここでも出演者のアドリブ能力が試される。 舞台設定 [ ] 2008 「惑星ダーウィン」が地球に衝突する日に偶然出会った2人を描く。 2011 「惑星ダーウィン」衝突後の地球が舞台。 「リチギー星人」によって惑星衝突は回避された代わりに人類が支配されることとなり、彼らがTV番組で企画したとあるゲームに巻き込まれる2人を描く。 2012 ロボットが店長を務めるコンビニを舞台に、店員・強盗・他の客というそれぞれの立場で3人がストーリーを進めていく。 2014 2008年の設定を踏襲し同じく「惑星ダーウィン」が地球に衝突する日に偶然出会った2人を描く。 舞台が二面構成になっている。 2015 テーマは「友達」。 友達作りを斡旋する会社「トモダチファクトリー」を舞台に、トラウマを抱えた2人が様々な試練を乗り越え友情を育む。 鈴村は2人を見守るスタッフ役として全公演に出演。 2016 テーマは「」。 深層心理を舞台に「ベルソン社」が開発した「マインドダイブ」で心を閉ざしたり、植物状態にある相手の心の中に入り込む。 2017 テーマは「秘密」。 キャラ設定、2人の関係、相手の知らない「キャラに関する秘密」と最後の行動が決められた上で、全12公演それぞれ違う舞台設定、脚本の下、「彩-LIVE」と称したアンサンブルキャストと共にストーリーを進めていく。 途中、前述の「ヒミツ」が明らかにされる。 2018 テーマは「究極のアドリブ」。 「惑星ダーウィン」の発見記念パーティーを第1幕、ダーウィンが衝突する直前の10年後の地球を第2幕とした2部構成。 第2幕ではストーリーテラーの鈴村が舞台に直接結末の行動以外の演習指示を出せるようになる。 2019(AD-LIVE ZERO) 事前の世界観やギミックを定めず、人物設定・ギミック・世界観など全てをくじで決定する。 また、くじによるそれらの設定は本番直前で行う。 2020 テーマは「脱出」。 の制作・運営を手掛けるとコラボ。 豪華客船を舞台に、謎解きをしながら即興劇を進めなければならない。 主な出演者 [ ] (出場10回) 本企画の発案者であり、2015年より総合プロデューサーを務める。 (出場6回) 2008年の企画立ち上げから参加。 舞台経験者として黎明期のAD-LIVEを支えた。 役柄として女装をすることが多い。 (出場6回) 岩田と同じく2008年の企画立ち上げから参加。 抜群のトーク力、フォローや切り返しの上手さから「業界一のレシーバー」とも云われる。 2014年から鈴村が社長を務める事務所に移籍している。 (出場6回) 鈴村曰く「ミスターAD-LIVE」。 2014年夜の部や2017年夜の部など出演した公演はファンの中でも語り草となっている。 2019年のAD-LIVE ZEROでは「クリエイティブプロデューサー」として演出部も兼任した。 (出場5回) 声優活動の他、劇団「ハイブリッド・アミューズメント・ショウ bpm」を立ち上げ、舞台役者に留まらず、脚本や演出も手掛ける。 2016年から参加し鈴村や(SUGARBOY)とともに演出部を兼任していたが、2019年以降は出演者のみとして参加している。 (出場5回) 自他共に認める「AD-LIVE好き」「AD-LIVEのスペシャリスト」。 ストーリーの構築とレシーブの上手さに定評がある。 後述の「AD-LIVE TV」にも出演。 (出場4回) 出演者として参加するほか、ドキュメント作品「MATSU-LIVE」、映画「ドキュメンターテイメント AD-LIVE」の監督を務めた。 舞台経験が豊富であることから、2018年通常公演のトリを浅沼とともに務めた。 (出場4回) 子役出身であり、声優業のみならず舞台経験も豊富なことから常連として名を連ねている。 (出場3回) 過去3回の出演全てで同一のキャラを演じた。 特技の即興ソングも披露している。 23に参加。 浅沼晋太郎 - 2020年6月6日 (東京都) - 「 PRESENTS 」として開催 客演:川尻恵太、 AD-LIVE 2020 2020年9月5日 大ホール (千葉県) 森久保祥太郎 - 2020年9月6日 津田健次郎 2020年9月12日 オリンパスホール八王子 (東京都八王子市) 鈴村健一 2020年9月13日 小野賢章 2020年10月24日 メルパルク大阪 (大阪府大阪市淀川区) 仲村宗悟 2020年10月25日 浅沼晋太郎 2020年11月21日 (神奈川県) 蒼井翔太 浪川大輔 2020年11月22日 鳥海浩輔 吉野裕行 サブキャスト(2017年より「彩-LIVE」と呼称) 2012年 - 山村真也、横島裕 2014年 - 向山智成 2015年 - 向山智成 2016年 - 、、()、、(親族代表)、西山宏幸、廣瀬詩映莉、、()、、(拙者ムニエル)、、向山智成 2017年 - 猪狩敦子()、小山めぐみ、渋木のぼる、()、()、廣瀬詩映莉、向山智成、矢部遼平、浅沼晋太郎 2018年 - 猪狩敦子、砂川禎一郎、辻本耕志、青地洋、原彩弓、小山めぐみ、向山智成 2019年 - 鈴村健一、森久保祥太郎、足立信彦(順風男女)、向山智成 関連番組 [ ] MATSU-LIVE [ ] MATSU-LIVE ジャンル 出演者 津田健次郎 製作 プロデューサー (監督) 制作 、、 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 後述 放送時間 を参照 放送分 30分 回数 1 概要 [ ] が2016年度公演の舞台裏を撮影した。 出演 [ ]• スタッフ [ ] 制作プロダクション: 監督: 放送日程 [ ] 2017年1月22日 19:00 - 19:30 2017年1月22日 25:35 - 26:05 2017年1月25日 25:00 - 25:30 AD-LIVE TV [ ] アドリブティービー AD-LIVE TV ジャンル 出演者 製作 プロデューサー 、瓜生恭子 制作 、、 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 後述 放送時間 を参照 放送分 30分 回数 1 概要 [ ] 池袋本店で開催された「AD-LIVE展」会場を舞台に、鈴村と梶が繰り広げる"AD-LIVEな"トークバラエティ。 出演 [ ]• (MC)• スタッフ [ ]• ナレーター:• 構成:• 撮影:遠山眞史(Zeta)• 照明:根建勝広(PROGRESSO)• 音響効果:安原裕人、三濱徹也• オンライン編集:和田玄太郎、佐藤佑美• MA:日比野倫啓、小倉彩乃• ラインプロデューサー:上林健治• 制作アシスタント:中山佳介• チーフディレクター:東久保栄太• ディレクター:島田健作、兒玉佳恵• キャスティング協力:桑原敦• 制作協力:、Karte• 企画協力:鈴木明秀、アシストポート、、ヴィムス• 宣伝:金谷好• アシスタントプロデューサー:井上めぐみ• プロデューサー:、瓜生恭子• 総合プロデューサー:• 制作著作:AD-LIVE Project 放送日程 [ ] 2018年2月18日 20:00 - 20:30 2018年2月19日 23:30 - 24:00 2018年2月22日 27:15 - 27:45 映画 [ ] ドキュメンターテイメント AD-LIVE 監督 脚本 津田健次郎 製作 池田飛鳥 AD-LIVE Project 出演者 他 音楽 主題歌 鈴村健一 「たのしいのうた」 撮影 橋本清明 関森崇 編集 熊谷涼花 製作会社 配給 ライブ・ビューイング・ジャパン 公開 2019年2月2日 上映時間 90分 製作国 言語 2019年に映画化。 鈴村は実写映画初主演、監督を務めるにとっても監督デビュー作となる。 ストーリー [ ] AD-LIVEの打ち合わせや本番直前、AD-LIVEの原点に還る旅の様子など、普段は見られないAD-LIVEの裏側に密着した映画になっている。 キャスト [ ]• スタッフ [ ]• 撮影:橋本清明・関森崇• 照明:高橋雄一郎・本田祐介• 録音:井筒康仁• 美術:橋本昌和• 振付:CHINO• 演出補・編集:熊谷涼花• 音楽:宮崎誠• 音楽プロデューサー:鈴木めぐみ・十河大和• 音楽ディレクター:福井健吾(VERYGOO)• 音楽制作:アニプレックス• プロデューサー:・中村卓郎• 助監督:川崎明子• 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン• 制作担当:池田飛鳥• 制作プロダクション:• 製作:AD-LIVE Project• 監督・脚本:津田健次郎 脚注 [ ] [].

次の