とあるif 評価。 【黒猫のウィズ】御坂美琴(とあるコラボ)の評価

とある魔術の禁書目録の評価と感想 アニメの続き(3期)はどんな展開!?

とあるif 評価

EOS R5カメラの熱停止問題が大きなニュースとなる中で、逆に動画機としてのS1Hの放熱設計が宣伝になってしまったと言う現象が発生しています。 これに関してはいろいろ思いがありますので、書いてみたいと思います。 (お前何様だよと言われると思いますが、単なる週末ビデオグラファーなサラリーマンです。 ハイ) 熱問題の記事 最初に書いておきますが、熱停止するカメラがあっても使い方次第では十分と言う撮り方も出来ますし、8Kや4K120pはチャレンジングで素晴らしい事だと思います。 出来ることならEOS R5はS1Hを補完する機材として欲しい位です。 特に4K120pは映像の表現できる幅が大きく広がりますしね。 ネットの評判を見ていると普段スチルを撮影しているカメラマンからは評価が高いと言う印象、一方で動画を普段撮っているカメラマンからは「見せかけスペックで8Kは撮れるけど運用は実際には無理」など厳しい評価を受けている様です。 特に問題視されているのは4Kの運用でさえオーバーヒートすると言う点なのだと思います。 確かに私もメイン機として、撮り逃しの出来ない状況でEOS R5を使うのは結構リスキーだと思いますし、映像を生業にしている方で、EOS R5動画のメイン機として導入すると考える方は希少だと思います。 EOS R5は記録制限がありながら超高精細な8Kや4K120pの動画がスチル機のスタンスとして撮れるというもので、ガチに排熱設計されているS1Hとは、そもそもの設計思想が違うという認識です。 つまりガチガチの動画専用機ではないので世間的にそこまでアレコレ言われる筋合いはないはずです。 とは言え、動画界隈でこれだけ厳しい評価・反応があるされるとは正直思ってもいませんでした。 おそらくは事前のテザー広告で8Kや4K120pの動画をウリにしてしまった事による、動画界隈の期待度を集めすぎた反動かなと推測しています。 それと多くのカメラマンが熱停止を経験してきており、これに対してこの数年厳しくなってきたという事もあるのかもしれません。 熱であれこれ言われてしまっていますが、私は8Kや4K120p画質を体験したい思いは非常に強いです。 さん是非デモ機貸して頂ければ幸いです。 (ここ見てるとは思えないし、ガチに書くブログなので絶対無理かと思いますが。。 ) 余談ですが fpのデモ機お借りした時もアレコレ書いて怒られるかとドキドキしましたが。。。 以前書いたようにワークフローはちょっとどうすりゃいいのかわからない Cinema RAWですが、Premiere Proでどうにかなりそうなので素材が入手できれば触ってみたいと思います。 話が少しそれますが、以前 fpをお借りして撮った時の映像を改めて見返しましたが、やっぱRAWえなぁと。。。 でも、いきなり8KのRAWなんてものが扱える人が、どれだけいるかはちょっと謎です。 その機能をウリにするというのは私的には非常にワクワクしたものですが、今思えば結構意外なアピールの仕方だったと思います。 実はS1Hも当然の事ながら、S1でさえ熱停止を経験した事が有りません。 展示会でS1Hの排熱機構は凄いけどS1も止まった事ないですけど?と伺ったところ熱で止まる可能性はあるがS1も「そう簡単には熱停止しない」様には設計されてるとの事です。 実際のところ S1は4K60pで録画して本体制限の29分59秒で停止後に再度録画をしたとしても通常の温度範囲内であれば次のカットも普通に29分59秒回ります。 6Kからのオーバーサンプル4K30pに関しては無制限に撮影が可能で、メーカーページには熱停止する事があると明記はされてますが、今のところ熱停止の経験が有りません。 S1でさえこんな排熱設計なのでS1Hは言ってしまうと、「過剰とも思える排熱機構を持ってして絶対にカメラを止めさせない」と言う思想が備わっているとも言えます。 そもそも撮れない事自体が有りえない そもそも民生カメラ、一般工業製品として、 「撮りたい時に撮れない、撮り続けられない」 と言うのはカメラとしてあり得なく、クソ暑い条件下でも 「いつでも撮れる、撮り続けられる」 と言う思想を実現している唯一無二(4つあるけど)のミラーレラがGH4、GH5、GH5S、S1Hと言う事が言えます。 カメラは「撮る」ための道具ですので、「撮影が発熱で出来ない事がある」と言う事自体有りえない。 言うのがGH4から続くのいわば「H」の変態思想だと言う理解です。 でも、考えてみて下さい。 それって動画をウリにしている以上、当たり前の事なのかもしれません。 (開発者の方々は凄い苦労してると思うのに、こんな書き方ですいません。 ) 少し負荷の高い計算すると電源が落ちるPC、とか、高速運転したらその都度停止する車とか、30分に1回切れるエアコンとかは工業製品として普通には考えられないわけです。 なので、動画はちょいちょい撮るから停止してもOKなんて考えはなく、ぶっ通しで撮っても止めさせない。 と言うのがGH4から脈々と続いている思想な様です。 少し懐かしい動画になりますが、当時パナチューバーとして有名になりつつあったアンさんがGH4を紹介をした時の動画にも、その事が触れられています。 余談ですが見返したら私の映像も紹介頂いた動画だった事を思い出しました。 「業務用のビデオカメラを作っているメーカーとしてビデオカメラが撮影の最中に止まるなんてありえない」 おそらくそれを語ったのは、このブログでも何度か紹介したミスターGHこと香山氏だろうと言うのは想像に想像に難くは有りません。 同氏は当時様々なインタビューでGHの熱設計に関する話を文字通り「熱く」語っていたと記憶しています。 この時から既にGHの熱停止を絶対にさせないと言う異常なまでの執着心があったと想像しています。 実はS1Hを手にしてから本格的な夏を経験していませんが、おそらくS1Hも止まる様な設計はされていないと思われます。 あのファンを内蔵してるくらいですしねぇ。。。 趣味だから止まっても大丈夫か? カメラが「撮れない」というシチュエーションで私の撮影経験の中で「一番ゾッとするシチュエーション」を想像してみました。 昨年のこの時期に撮った一生に一度あるか無いかのこの映像。 もし、この映像の最中にもし、カメラが熱停止したとしたら。。。。 多分一カ月は立ち直れないと思います。 下手すりゃ一生撮影を辞めるレベル。。。 他にもブライダルとか一生撮り直しが効かない場面ってのは結構あります。 趣味で撮るというシチュエーションでさえ後悔する事があり得るのは確かです。 子供の学芸会で撮影中に熱で止まって大後悔したという知人もいます。 その時、恐らく私はカメラを一生恨むかもしれませんし、止まるカメラを選んだ自分に後悔するかもしれません。 経験を積めばどのくらいで止まるというのは判断できるようになりますが、普段長尺を撮らない人ほど止まるリスクがある機種をメイン機に使うのは危険な事だと思います。 熱設計だけじゃ無いS1Hの凄さ GH4以降のHの系譜は熱設計の歴史でもあるわけですが、実はHの思想はかなりぶっとんだところにまで踏み込んでいます。 今時使うの?と疑問に思ってしまうカラーバー表示、本体内でベクトルスコープ、波形モニタ表示、外部LUT取り込みが可能であったり、スポット輝度メータが表示出来たり、とにかく撮影現場から有りとあらゆる意見を詰め込んだと思われるのがS1Hになっています。 つまりS1Hは動画も撮れるカメラではなく、 スチルも撮れる動画機なのです。 なので 動画も撮れるカメラとは一線を画しているというのが私の感想です。 私が のH機を使い続ける理由がこの様な、手にしてはじめてわかるカメラ設計者の「魂」を感じるからに他なりません。 とまぁ、若干大袈裟になっちゃいましたが、他のカメラでは触れたことの無い思想がそのボディから伝わってくる、使えば使うほどによく考えられていると感心するのです。 の証明 話は時間無制限記録に戻ります。 8Kやフル画角の4K60pこそ撮れませんが、時間無制限に確実に撮れる事を前提に制作現場でも使える、業務で使えるカメラとしてメーカーが世に出した結果がS1Hです。 と言うか記録時間制限がある時点での認定門前払いなると思われます。 S1Hはスチルカメラでは無く、ガチの動画機として認められたというのがこの事から証明されていると思います。 私が普段使っているからと言うから贔屓目に書いたわけではなく、実際にすげーよコレと言うのを使う度に思うのでした。 とは言えパーフェクトでは無い 画質や多くの機能性こそ、個人的にはパーフェクトだと思いますが、全ての人の要望を満たすパーフェクトなカメラなんてこの世に存在しえないわけですが、一般に言われている事として「デカい・重い」と言うのは有ります。 箱型のシネマカメラに比べると圧倒的に小さく、街中でも使える大きさでは有りますが、流石に気軽に散歩には持ち歩け無いです。 そこは時間無制限とのなわけです。 私は結構気にせず持ち出しますが、カフェでおもむろに取り出して動画を撮る様なカメラでは無いわけです。 そう言った意味ではS1H画質・機能で小型化されるなら、もう他に何も言う事は有りません。 (もとい、引き続き言わせて頂きます。 ) 可変NDフィルタの内蔵 これは多くの人が言っている事ですが、もしも画質劣化なしに可変NDが実現できるのであれば是非搭載頂きたいものです。 というか超広角のレンズにフィルタ付かないので可変じゃなくND8だけでもあると嬉しいんですが。。 AFの改善 これに関しては正直かなり改善されたと言う認識ですし、一時期のGH5から比べるとウォブリングは全く分からないケースが多いです。 ストAFだけでよくこの領域に到達したものだと逆に感心させられます。 ですが、一定距離よりも寄るとボケ量からえられる情報が得にくいためかウォブリングはそれなりに発生してしまいます。 私自身は昔ながらのワンプッシュAF派なので撮影で困る事は無いですが、AFに頼り切ったユーザー層の「まぬあるフォーカスってなんですか?」と言う人が使うと最初は戸惑うかもしれません。 とは言えBMPCCがあれだけ受け入れられている事を考えると画質が落ちる位なら今のままでの良いのかもしれん。。。 ちなみに次世代にToFセンサが搭載されると言う噂が囁かれていますが、個人的には有り得ないと思っています。 そもそもToFって至近距離までしか測距出来ないですし、光軸上に赤外発光源を入れられる余地は無いと言う認識です。 光軸外に入れるとしても長玉を始めとするレンズの影になるわけですしそもそも長玉でAFが必要な距離は100mオーバーとなります。 どこからこの噂が出てきたんでしょうね。。。 純正レンズのラインナップ拡充 以前、下記の記事に記載した通り、ネイティブレンズはかなりの本数になったもののF1. 8とかの気軽に使えるレンズがまだまだ少ない印象です。 ロードマップ上は今年何本かのF1. 8レンズが出てくるので期待しています。 でも個人的にはちょっと安めの超望遠が欲しい。。 こんなユーザーがいるからメーカーも苦労するわけだ。。。

次の

【とある婦人の秘密交際】口コミと評価

とあるif 評価

キャラ タイプ 属性 評価 バトル 9. 5 バトル 8 バトル 8 バトル 9 バトル 9. 5 バトル 8 バトル 9 バトル 8. 5 バトル 8 バトル 9 バトル 8. 5 バトル 9. 5 バトル 8 アシスト 7. 5 アシスト 8. 5 アシスト 8. 5 アシスト 9. 5 アシスト 9 アシスト 9. 5 アシスト 9 アシスト 8. 5 アシスト 8. 5 アシスト 9. 5 アシスト 8 アシスト 8. 5 アシスト 9. 5 アシスト 8. 5 バトル 9. 5 バトル 8. 5 アシスト 6 バトル 8. 5 バトル 8. 5 アシスト 8 アシスト 8 バトル 9. 5 バトル 8 バトル 8 アシスト 8. 5 アシスト 8 バトル 8. 5 バトル 8. 5 バトル 9 アシスト 9 アシスト 8 バトル 8 アシスト 8 バトル 9 アシスト 9. 5 アシスト 7. 5 バトル 8. 5 アシスト 6. 5 バトル 9. 5 バトル 9. 5 アシスト 8. 5 バトル 8. 5 バトル 8 バトル 8. 5 バトル 9 アシスト 8. 5 アシスト 7. 5 バトル 8. 5 バトル 8 バトル 8 アシスト 8. 5 バトル 8. 5 バトル 8. 5 アシスト バトル 8 アシスト 8. 5 バトル 10 バトル 9. 5 アシスト 9 バトル 8. 5 バトル 8. 5 バトル 8. 5 アシスト 8. 5 バトル 8. 5 アシスト 8. 5 アシスト 8. 5 バトル 8. 5 バトル 9 アシスト 9 バトル 8. 5 アシスト 8 バトル 8. 5 アシスト 8 バトル 8. 5 アシスト 9 アシスト 8 バトル 9 アシスト 8. 5 バトル 10 バトル 10 アシスト アシスト 8 バトル 9. 5 バトル 8 バトル 8 アシスト 8. 5 アシスト 7. 5 バトル 8. 5 バトル 9 アシスト 9 アシスト 9 アシスト 8. 5 アシスト 8. 5 バトル 8. 5 バトル 9. 5 バトル 8. 5 バトル 9 バトル 9 アシスト 8. 5 アシスト 8 アシスト 8. 5 バトル 8. 5 バトル 9 アシスト 9 バトル 9 バトル 8. 5 アシスト 8. 5 バトル 9 バトル 9 バトル 10 アシスト 10 アシスト バトル 9. 5 バトル 10 アシスト 9. 5 星2キャラ 画像 キャラ名 声優 上条当麻 阿部敦 御坂美琴 佐藤利奈 一方通行 岡本信彦 打ち止め 日高里菜 白井黒子 新井里美 初春飾利 豊崎愛生 佐天涙子 伊藤かな恵 御坂妹 ささきのぞみ 月詠小萌 こやまきみこ 黄泉川愛穂 甲斐田裕子 芳川桔梗 冬馬由美 カエル顔の医者 仲野裕 風斬氷華 阿澄佳奈 結標淡希 櫻井浩美 土御門舞夏 福圓美里 吹寄制理 藤村歩 アレイスター =クロウリー 関 俊彦 麦野沈利 小清水亜美 "フレンダ =セイヴェルン" 内田真礼 絹旗最愛 赤﨑千夏 滝壺理后 洲崎綾 垣根帝督 松風雅也 食蜂操祈 浅倉杏美 婚后光子 寿美菜子 湾内絹保 戸松遥 泡浮万彬 南條愛乃 固法美偉 植田佳奈 鳴護アリサ 三澤紗千香 心理定規 井澤詩織 番外個体 加隈亜衣 魔術サイドのキャラ一覧 画像 キャラ名 声優 インデックス 井口 裕香 ステイル =マグヌス 谷山紀章 神裂火織 伊藤静 姫神秋沙 能登麻美子 アウレオルス =イザード 杉田智和 サーシャ =クロイツェフ 寺崎裕香 闇咲逢魔 中田譲治 シェリー =クロムウェル 渡辺明乃 土御門元春 勝杏里 海原光貴 岸尾だいすけ アニェーゼ =サンクティス 釘宮理恵 ルチア 伊瀬茉莉也 アンジェレネ 榎あづさ オルソラ =アクィナス 遠藤綾 リドヴィア =ロレンツェッティ 佐久間レイ 五和 茅野愛衣 建宮斎字 鳥海浩輔 オリアナ =トムソン 柚木涼香 ローラ =スチュアート 川澄綾子 キャーリサ 真堂 圭 ヴィリアン 原田彩楓 騎士団長 子安武人 レッサー 高田憂希 フロリス 鈴木みのり ベイロープ 藤原夏海 ランシス 田辺留依 レイヴィニア =バードウェイ 大地葉 オティヌス 瀬戸麻沙美 とあるIF攻略ガイドおすすめ記事.

次の

とある魔術の禁書目録の評価と感想 アニメの続き(3期)はどんな展開!?

とあるif 評価

白井黒子のプロフィール 『とある科学の超電磁砲』の世界に出現した黄金の禍要柱によって、天華百剣の世界へ転移させられた常盤台中学の1年生。 『大能力者』の『空間移動能力者』であり、治安維持機関『風紀委員』に所属しています。 同じ中学の2年生、御坂美琴をお姉様と呼び、敬愛しています。 愛情表現が少々過激なため美琴から電撃をくらうことが度々あるが、彼女の力になりたいと思う気持ちは本物。 CV(声優): 新井里美 天華百剣 白井黒子 基本情報 レア度:SR 属性:智 タイプ:遠当 天華百剣 白井黒子 ステータス 体力 25(LvMAX200) 攻撃力 36(LvMAX363) 防御力 38(LvMAX時88) 剣技 56 運 51 移動速度 75 得意技:空間移動 属性:物理 効果:背後に空間移動(テレポート)して敵を急襲 奥義:風紀ノ戒 属性:金属 効果:弾帯の金属矢を転移で打ち穿ち尽くす リーダー効果:瞬速ノ心得 巫剣の移動速度を僅かに上昇する 天華百剣 白井黒子 評価・特徴 総合評価: 3点(5点満点中) 遠当タイプのSRキャラです。 SRキャラのためステータスは他の遠当タイプのURキャラと比べると全体的に低いです。 ただし、他の遠当タイプのSRキャラと比べると若干高めになっています。 得意技は背後に空間移動(テレポート)して敵を急襲する技です。 キックをすると吹き飛ばし攻撃になり、吹き飛んだ敵に当たった敵はダメージを受けます。 奥義は弾帯の金属矢を転移で打ち穿ち尽くす技です。 前方に対して広範囲の攻撃になっています。 リーダー効果は巫剣の移動速度を僅かに上昇する効果です。 以上、上記のポイント等を考慮して総合 3点にさせてもらいました。 白井黒子 プレイ動画 香水 得意な依頼 巡回・調査 白井黒子 刃こぼれ画像(イラスト) 白井黒子 声優( 新井里美) ここからは白井黒子の声優の 新井里美 さんのご紹介します。 新井里美 プロフィール 生年月日:1980年7月4日 埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身。 人物 声優になった理由は、大学進学を断念した際、小さい頃から「声が変だ」と言われていた事から、その声を生かして何か大きな事を成し遂げようと思ったから。 専門学校東京アナウンス学院に進み、卒業後ゆーりんプロに所属し、上述の『私はケイトリン』でデビュー。 初期は洋画・外国テレビドラマの吹き替えがメインだったが、2004年に『アークエとガッチンポー』(ジャスミン役)に出演して以降は、アニメ・ゲームに活動の場を移す。 2008年から2009年にかけて『とある魔術の禁書目録』『とある科学の超電磁砲』で白井黒子を演じ、その名が知られるようになった。 新井里美 アニメ出演(メインキャラクター) アニメ キャラクター 画像 とある科学の超電磁砲 白井黒子 生徒会役員共 畑ランコ 咲-Saki- シリーズ 花田煌 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 早乙女乙女 Re:ゼロから始める異世界生活 ベアトリス 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 カナデ.

次の