剣盾 問題点。 ポケモン剣盾 オフ大会配信の課題と解決策|Aomi|note

【ポケモン剣盾・ポケモンHOME】改造産ポケモン蔓延問題とポケモンHOMEの様々な問題

剣盾 問題点

ジャイロボールを活かすために素早さは下降補正+逆Vが理想。 特殊も受けることを想定する場合は、Bを削ってDに回そう。 ミラーを意識した型 この型はやどりぎのタネではなく、たべのこしを持たせて、のろいとはたきおとすを採用している。 この型のメリットは ミラーに勝てること。 のろいで積んで、はたき落とすで相手のたべのこしを無効化する。 サブウェポンの炎技に注意 ソードシールド環境初期はナットレイが流行した。 その影響とアーマーガアの流行もあり、サブウェポンに炎技を持つポケモンが非常に多い。 ドラパルトやサザンドラ、ニンフィアなどからは炎技が飛んでくることを前提に立ち回ろう。 元々素早さがかなり低いため、最遅するにはほぼメリットしかないと言っていいだろう。 やどりぎをうまく使う やどりぎのタネを使うことで相手にダメージを与えつつこちらは回復できる。 交代を読んで連続で使用したり、攻撃を読んでまもるで時間を稼いだりしよう。 くさタイプ相手には無効され、ノーリスクで交代を許すので注意。 やどりぎとも相性がいいが、相手に読まれやすい選択肢であることは覚えておこう。 この型はミラーには勝てない… ナットレイ同士のミラーでは のろいとはたきおとしを持っている方が有利。 やどりぎも効かないため、この型だと勝機はほぼない。 相手の手持ちにナットレイが見えたら選出しないか、ほのお技を使えるポケモンと一緒に選出しよう。 それを逆手にとり、意表を突いたアタッカーとして運用する型だ。 攻撃種族値自体は高いわけではないが、一致のメインウェポンの威力が高く、ハチマキを持たせることで高火力を期待できる。 技は1枠自由 メインウェポン2種+はたきおとすは確定。 タネマシンガンはみがわりやばけのかわの貫通、じならしならSを下げて後続に繋げられる。 だいばくはつは、大ダメージを与えつつ自主退場が可能。 ゴーストタイプにスカされる点には気をつけよう。 過去作よりもやや動きづらい 鉢巻ナットレイは、過去作から活躍している型。 しかし剣盾ではタイプ上有利なフェアリータイプがほのお技のマジカルフレイムを取得したケースが多く、素のSとAの問題で、ハチマキの効果が消えるダイマックスも使いにくい。 水や地面タイプとの対面を意識して選出しよう。 ほのお技が使える特殊アタッカーなら比較的に楽に倒せる。 はたきおとすを使えると楽になる はたきおとしで道具を無効にするとかなり有利に戦えるようになる。 ゴリランダーははたきおとすを覚えるうえに、くさタイプなのでやどりぎも無効だ。 等倍で通る非接触技のじしんも使える。 交代読みで技を出す ナットレイは交代技がないので だいばくはつは例外 、交代するなら1ターン使って入れ替えるしかない。 その交代を読んで技を出せば後続にも有利を取れる。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾・ポケモンHOME】改造産ポケモン蔓延問題とポケモンHOMEの様々な問題

剣盾 問題点

こんにちは、ワジです。 今回紹介するのは、使用していて使い勝手の良かった「 オボンのみ持ちのHAベースいかくギャラドス 」になります。 紹介する型のコンセプト 現在ギャラドスは、ダイジェットをタイプ一致で使えるポケモンとして主に抜きエースでの運用が主流だと言えます。 特性「 じしんかじょう」を活かして相手を倒して攻撃力を上げるというコンセプトは、ダイジェットとの相性も良く、ダイマックスを用いたエースポケモンとして非常に人気が高いです。 使い勝手がいいという点も評価が高いですね。 しかし、ギャラドスは 持ち前の技威力の低さ(メインウェポンの「たきのぼり」など)から、抜きエースとして運用するためにはダイマックスを切ることが前提条件となることが多く、ダイマックスをギャラドスに扱えない場合に選出時の汎用性が大きく欠けてしまうという弱点があります。 そこで今回は、 特性「 いかく」を活かした サイクル戦も戦えるタイプのギャラドスを紹介したいと思います。 ・特性「いかく」 誰もが認める強特性で、 場に出すだけで相手の攻撃ランク(A)を1段階下げることが出来ます。 ギャラドスといえばまずはこれです。 ギャラドスは一見高耐久高火力のポケモンと思われがちですが、特防は高いものの、防御方面の耐久値は一概にも高いとは言えません。 (種族値H95B79は無振りFCロトムよりも少し高い程度) そこで、特性「いかく」を用いることにより、相手の攻撃を下げ、 防御方面の耐久を疑似的に上げることが出来ます。 これによって相手の物理・特殊技に対してもある程度の効力を持つことができ、サイクル戦に参加することが出来るようになります。 ・オボンのみ( ) ギャラドスは上記の通り、サイクル戦に参加できる性能を持っているのですが、自身で高速回復できる技(はねやすめ、じこさいせいなど)を持ち合わせていないため、サイクル戦を続けるとギャラドス側がジリ貧になってしまいます。 そこで、オボンのみを持つことによって HPを疑似的に上昇させてサイクル戦に参加できる回数を増やしています。 たべのこしではなくオボンのみである理由は、相手との撃ち合いに強くなれるからです。 このギャラドスは相手のダイマックスエースである「ギャラドス」や「トゲキッス」と後投げから撃ち合うことも想定しているため、瞬間的なHP回復の方が役に立つ場面が多いと考えているからです(オボンで相手の攻撃の確定数をずらせる)。 ・「りゅうのまい」と「ダイジェット」 ここまでサイクル戦においてのギャラドスについて説明してきましたが、もちろんダイジェットを駆使した抜きエース運用もできます。 それでは型の詳しい紹介に入ります。 なんと S1段階上昇後は最速ガブリアスと同速の調整です。 技構成 ・ たきのぼり ギャラドスのタイプ一致メインウェポン。 技威力が80と控え目ですが命中安定で怯みの追加効果も狙えるので扱いはしやすいと思います。 ・ とびはねる 基本的にはダイジェットを扱うために入っている技なので、素で打つことは少ないです。 ラスイチ対面では使ったりすることもありますが、命中85と不安定なので積極的に打つことはないでしょう。 もちろん必須。 ・ パワーウィップ ここは選択技ですが、サイクル戦になった時に対峙しやすいウォッシュロトム(ミトム)や、ラプラス、アシレーヌ、ヌオーなどをはじめ、この技を入れていると入れていないとでは見れる相手の範囲が大きく変わってきます。 優先度高め。 ・ りゅうのまい 特性「いかく」によって物理方面の相手も「りゅうのまい」の起点にすることが出来ます。 コンセプトとの相性も良く、「りゅうのまい」を使用する機会も多いので必須です。 選択技 ・ ちょうはつ 相手のカビゴンの「あくび」や「のろい」、カバルドンの「あくび」「ふきとばし」、ナットレイの「やどりきのタネ」「てっぺき」などを防いで起点にすることが出来ます。 ギャラドス対策を変化技で行っているポケモンも多いので、挑発から全抜きを狙える展開も多いです。 パワーウィップと選択。 その他にも、パッチラゴンやウオノラゴンに刺さる「げきりん」や、パッチラゴンなどのデンキに刺さる「じしん」などの技も候補には上がりますが、基本的には挙げたこれらの技から選択してあげるといいと思います。 「パワーウィップ」と「ちょうはつ」の枠はどちらも強力な4枠目となり得るので、構築と相談して決めるといいかと思います。 ダメージ計算 ・ たきのぼり B4振りドリュウズ:117. 8%~ (確定1発) H4振りトゲキッス:47. 2~56. 8~104. 4% (低乱数1発) ・ ダイストリーム(たきのぼりベース) H252ミミッキュ:87. 6%~ (化けの皮ダメージ込みで確定) HB特化カビゴン:41. 5~49. 4% (次の雨ダイストリームで確定) ・ ダイジェット(とびはねるベース) B4ドラパルト:90. 7~107. 3% (中乱数1発) H4トゲキッス:77. 0~91. 3% (ダイマ状態に対して確定3発) ・ ダイソウゲン(パワーウィップベース) B4ラプラス:99. 5~117. 0% (最低乱数以外1発) ・被ダメ(物理技はすべていかくによるA1段階下降込み) A252いのちのたま持ちギャラドスのダイジェット:59. 6~71. 7% A252いのちのたま持ちミミッキュのダイフェアリー:47. 6~57. 0% A252ドラパルトのダイホロウ:44. 5~53. 4% C252トゲキッスのダイジェット:54. 9~64. 9% (こちらもダイマックスで確定4発) C特化ラプラスのダイサンダー(かみなりベース):140. 3~165. 4%(こちらもダイマックスで確定耐え) C特化FCロトムの10まんボルト:152. 8~182. 1% (ダイマックスで確定耐え) C特化ドラパルトの10まんボルト:92. 1~108. 9% さすがにダイマックス技に後出しからは厳しいですが、対面でのダイマックスであれば抜群を突かれない限りかなり強気に撃ち合うことが出来ます。 この型のデメリット ここまでサイクル戦への適応力と、抜きエース運用も可能な器用さを取り上げてきました。 一見この型が非常に優秀なように見えますが、もちろん話はそう簡単ではありません。 器用なゆえに、 器用貧乏な点が少し見受けられてしまいます。 サイクル適正ではHBに寄せた方が優秀ですし、抜きエース運用であればASの自信過剰型に「いのちのたま」や「ラムのみ」などを持たせた方が優秀です。 これはしょうがないですね…。 そのため、このポケモンをフルに活かすためには、周りを相性のいいポケモンで固めてあげることがオススメです。 それに関してはこの後の項目にて記述していきたいと思います。 運用方法 基本的にはサイクル内で有利な相手に繰り出していきます。 刺さっていれば初手に投げても強いポケモンです。 サイクルを回しつつ相手のポケモンの型を見極めていき、ギャラドスが刺さっていると分かればダイマックスから全抜きを狙っていきましょう。 逆に、選出したがギャラドスでは全抜きを狙えないと判断した場合は少し雑に扱っても大丈夫です。 ただ、特性「いかく」はHPが1でも残っていれば発動できる強特性なので、クッションとして残しておくといったプレイングも時には重要になります。 相性のいいポケモン ナットレイ いわゆるギャラナットと言われる並びです。 ギャラドスが抜群を取られてしまう電気、岩技をナットレイで受け、ナットレイが苦手な炎格闘をギャラドスで受けます。 ナットレイの技「やどりきのタネ」によってギャラドスの繰り出し性能も上昇するため回復技を持ち合わせていないギャラドスとの縦関係は抜群です。 ヒートロトム(ヒトム) ギャラドスが苦手な電気技を受けることが出来る電気枠です。 このポケモンはトゲキッスのメイン技を軒並み半減にできるため、トゲキッスに強いという点が非常に評価が高いです。 相手のウォッシュロトムに一貫を取られてしまうので気を付けましょう。 それこそ上記のナットレイとの組み合わせも非常に強力です。 いわゆるヒトムナットと言われるサイクル構築ですね。 おわりに 今回はHAベースのオボンギャラドスを紹介させていただきました。 抜きエース運用だけでなくサイクル戦にも適応したこの型は使い方は若干難しいものの、非常に汎用性が高く強いと思っています。 Sをもう少し早くしたり、あるいはAを削ってもう少し耐久に回したりと色々と器用に調整もできると思いますので、構築によって数値をいじって採用を検討してみてください。

次の

【ポケモン剣盾】ソードシールド 厳選環境の変更点、夢特性について

剣盾 問題点

消えてしまったポケモンについては、 公式サポートの対象外で復元などの対応が一切されないため、該当作品をプレイされているユーザーの方々はご注意ください。 このWikiについて• 2019年11月15日に世界同時発売されたシリーズ最新作 『ポケットモンスター ソード・シールド』。 実際にプレイしてみると、大なり小なり「不満」を覚えた方もいらっしゃるのでは? このWikiは、そんな人々の意見をまとめたWikiです。 小さな気になる点から、決定的に受け付けない点まで、幅広くどうぞ。 当Wikiでは記事に客観性を持たせるために良点も扱います。 初めに まずはこちらの内容をご覧ください。 当サイトの利用に関して• 所謂「アンチ活動」が目的ではなく、ポケモンが大好きであるが故に今後の改善を願って 事実に基づき問題点及び不満点をまとめているという事をご理解下さい。 以上のことから、本作『ソード・シールド』が嫌いではないが不満点がある…という本作ファンのユーザーの方々からの良点・問題点・不満点の投稿なども歓迎しています。 中にはファンの方が問題点・不満点と捉えないものがあるかもしれませんが、不満に思う人も居るという事を理解して頂ければ幸いです。 編集の際、作品に対する憤りが強いと感情的になり易いですが、読む人が気持ちよく読める文章を心掛けて下さい。 利用上の注意• 耐えられなくなったら閉じましょう。 あくまでも悪い点も良い点も個人の感想です。 自分がそう考えていないなら決して共感する必要はありません。 大事なのは自分の意見です。 読んでも分からないことは?.

次の