テコンドー 会長。 テコンドー協会、新体制が発足 金原前会長らは総辞職

選手が一斉ボイコット…テコンドー協会の“異常な独裁支配”、金原会長に逆らうと永久追放

テコンドー 会長

スポンサー リンク このパターンは日本ボクシング連盟会長だった山根明がボクシング騒動を起こしたのと良く似ています。 金原昇は2008年からテコンドー協会会長だが、2012年にJOCから報酬不正が指摘されていた。 五輪種目であるためコーチ報酬の3分の2は国の補助金だが、国から受け取った半分以上を上納金として納めさせていた。 ここで登場するのがテコンドーの母国である韓国で、金原は上納させた補助金を韓国からコーチを招へいするために使ったと説明している。 このままでは罪に問われるので公益社団法人認定を返上し、テコンドー協会を一般社団法人に格下げした。 全日本テコンドー協会は公益性のない金原個人の所有物になり、反金原派を除名させたり独裁体制を強化させている。 金原会長はアマチュア大会の開催や判定にも口を出し、自分の息子が出場する大会で審判を威圧して勝たせているとも指摘されている。 デイリー新潮の記事によると金原昇は在日韓国人で、長野県松本市で父親は土木作業員をやっていたが家庭は貧しかった。 (ヤクザに銃撃されても死ななかったテコンドー協会「男・金原」会長の「血と骨」人生 デイリー新潮) 上京して喫茶店や金融業で働いたあと長野に戻り、韓国クラブを経営しマキシムグループを創業する。 長野の帝王からテコンドー界乗っ取り ミナミの帝王という高利貸しの映画があったが、「長野の帝王」として金貸しをしながら夜の商売に手を広げていった。 少年時代は中学時代は野球部、高校時代は柔道をしていたがテコンドーをやった事は一度もなかった。 テコンドーは戦後韓国が独立後に誕生した新しい競技で、もともとは空手から分派したものでした。 その空手は元々は柔道を含む柔術から分派したもので、最初は相撲を含む総合的な格闘術だったようです。 古事記・日本書紀にある最初の相撲の記述ではパンチ・キック・投げなど何でもありで、倒れた相手にキック連打で勝敗が付いたと書かれている。 それ以前は刀を使っても良かったようで、神々が剣で戦ったという事が記述されている。 最初はルール無用で何でもありだったのが、素手で戦うようになり、次に投げ技とパンチキックに分かれた。 空手のキックだけに特化したのがテコンドーで、韓国以外で普及したのは1988年ソウルオリンピック以降でした。 開催国は独自種目を追加できるので韓国はテコンドーを追加し、以来五輪種目として継続されている。 テコンドー未経験の闇金屋が協会会長 日本でテコンドーが普及したのは1990年代で早い人でも80年代という非常に新しいスポーツでした。 新しい競技ではまだ選手や指導者、組織運営者が育っていないので、金原昇のような素人が入り込む余地がありました。 このパターンはバスケットボールでも見られ、サッカーの川渕元チェアマンが日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザーに収まっている。 バスケット界にはまだバスケ出身の人物が育っていないので、資金集めや各界に影響力を持つ人が外部から入ってくるのです。 日本でテコンドーをする人はイリオモテヤマネコより希少なので指導者や組織もなく、闇金業者に乗っ取られてしまいました。 今もボクシングやプロレスや格闘技会場では、他では見かけない怪しげな会社がスポンサーになっている場合が多い。 金原昇もテコンドー大会のスポンサーになったり大会運営に参加しながら協会を支配していったのでしょう。 集金にこまっている組織を金集めの能力で乗っ取る手法は、創価学会の池田大作にも通じている。 新潮によると金原昇は父が在日韓国人なのだが本人の国籍は良く分からず、五輪選手ではないので会長が日本国籍である必要はない。 競技未経験者で国籍不明で非合法組織の関係者が、五輪代表組織を乗っ取っているという現実はおぞましい。

次の

金原昇会長をwikiる。国籍は韓国人?経歴は内紛続きのテコンドー協会3代目!

テコンドー 会長

テコンドー協会・金原昇会長(写真:アフロスポーツ) 「 テコンドー協会でこのような事態が起きたのは、一度や二度ではありません。 かつては派閥争いから、協会分裂の危機もあったほどです。 ただ、今回は協会の態度に見かね、選手たちが行動を起こしたことで問題が大きくなりました。 実績がある指導者たちは、そのほとんどが弾き出されて協会には選手に寄り添った考えができる人は少ないのが現状です。 協会は会長に私物化されており、異議を唱えようものなら、すぐに外されることはみんな理解しています。 現在の幹部も、大半が金原派で固められています」(テコンドー協会関係者) 昨年から続く、スポーツ界の不祥事。 その新たな系譜に、テコンドーが加わることになった。 事の発端は、選手たちの選手生命をかけた勇気ある告発だった。 テコンドー協会では、9月17日から強化選手を対象とした合宿が予定されていた。 だが、招集された28人中26人が強化体制に対する不満から不参加を表明している。 協会は参加表明をした2選手のみを対象に合宿を行うと発表するという、前代未聞の事態に発展している。 全日本選手権8連覇中の 江畑秀範(スチールエンジ)は報道陣の取材に対して、次のように語った。 「岐阜合宿3泊4日で4万円、韓国合宿4泊5日で10万円など、自己負担がある。 昨年は自己負担額が年間約100万円。 合宿は義務で『参加できないなら強化選手から外します』と言われた」 また、金銭的な理由によって、参加できない選手が常に数人いるが、「『お金がなくて合宿に参加できないなんてあり得ない。 そんな高いお金じゃないだろ』と電話で言われました」と明かした。 テコンドー協会を私物化する金原昇会長 これに合わせて、指導者の改善を訴える声も聞かれるなど、協会の体制がいかにずさんなものかが明らかになった。 テコンドー協会では、金原昇会長が10年以上会長に居座り続けるという長期政権が続いている。 金原会長とは、どんな人物なのか。 全国紙運動部記者は、こう説明する。

次の

テコンドー金原昇会長の素顔 父は在日で闇金で財を成した

テコンドー 会長

千葉ジェッツの前社長で現会長の島田慎二さんは、全日本テコンドー協会の副会長に就任した。 撮影:今村拓馬 バスケ男子・Bリーグの強豪チーム「千葉ジェッツふなばし」で敏腕経営者として知られた島田慎二さんが、2019年8月に千葉ジェッツの社長退任・会長就任した後、次々と新たな挑戦をし始めている。 9月に日本トップリーグ連携機構のクラブ経営アドバイザー就任、10月にBリーグのクラブ経営アドバイザー就任、11月にはBリーグ2部(B2)に所属する「ライジングゼファー福岡」のクラブ経営アドバイザー就任、そして12月末には全日本テコンドー協会 の副会長就任が決まった。 これまで築いたスポーツビジネスの哲学、東京五輪に向けて盛り上がる日本のスポーツ界に対する期待と課題を直撃した。 千葉ジェッツの社長に就任した米盛勇哉氏(写真左)と前社長の島田慎二氏。 2019年8月撮影 撮影:大塚淳史 旅行会社やコンサルティング会社を起業・経営してきた島田さんは、2012年2月、当時破産寸前だったチームの社長に就任。 黒字経営に転換させ、事業規模も拡大させていった。 破産寸前だったチームは、約7年間で年間売上高が約17億6000万円、最終利益を約1億円を出すまでに成長させた。 千葉ジェッツは、Bリーグトップの1試合平均観客動員数は5000人超の人気チームになり、天皇杯でも3連覇と実力を高めていった。 また、チームの攻撃の要で日本代表の富樫勇樹を、Bリーグ日本人選手初の1億円プレーヤーにし、独自のアリーナ建設を発表するなど、話題も振りまいていった。 島田さんの経営手腕は、Bリーグだけでなく、日本のスポーツビジネスの観点でも注目された。 7年半にわたり、チームの経営を引っ張ってきたが、2019年8月に米盛勇哉社長にバトンタッチをした。 「完全に離れることも考えましたが、さすがに影響が大きすぎるので、会長としてとどまりました。 米盛社長という若い経営者が自走できるようにサポートしています。 ただ、出過ぎないように、 (裏から仕切る)ドン感をださないように気をつけています。 だから、ジェッツのオフィスにもほとんど行っていません」(島田さん) 誰もがやりたがらないからこそ楽しい 千葉ジェッツ、日本代表で活躍する富樫勇樹。 日本人初の1億円プレーヤーとなった。 撮影:今村拓馬 社長退任となった後、島田さんの力を借りたいという引き合いがいくつもあったという。 さまざまな依頼があり引き受けたのが、財政問題を抱えてB1(1部)からB2(2部)に降格したBリーグ・ライジングゼファー福岡のクラブ経営アドバイザーと、トラブル続きの全日本テコンドー協会の副会長だった。 「世間的にはジェッツの会長ですが、 ライフワークとしてスポーツ界全般にやれることやるべきことがあれば活動していこうとは思っていました。 今は会長となって、少し動けるようになったので、福岡チーム再建の経営アドバイザーや今回のテコンドーの件も引き受けました」(島田さん) 2016年リオオリンピックのテコンドー競技で、国旗を掲げて応援する金原昇・全日本テコンドー協会会長(当時)。 選手と協会の対立、理事会での紛糾、金原昇会長(当時)のインパクトもあって、一時は連日ニュースで報道されていた。 なぜ火中の栗ともいえるテコンドー協会の職を受けたのか。 「火中の栗系、あまりよろしくない感じのところは好きですし、意外と得意です。 (破産寸前だった)ジェッツも当時まさにそうでした。 改善、改革、ゼロをイチにする、上げるしかないものをやる方が楽しいですよね。 上がっているものを微増するより、苦しいものをワッと上げた方がダイナミズムもやりがいもあります」(島田さん) テコンドー協会に限らず、日本のマイナー競技団体は、選手強化費を捻出できない、協会のトップが長年変わらないといった課題を抱えているところが少なくない。 島田さんが参画したのには、ここで手腕を発揮できれば、他でも応用できるのではないかという考えもあったからだ。 「 日本の競技団体、マイナースポーツは、補助金で存続している団体、マイナーながらも少ない競技者登録料で維持継続している団体がほぼじゃないでしょうか。 オリンピックの時だけ盛り上がり、その後はシーンとするの繰り返しとなっているようなマイナーな競技団体は、2020年の東京オリンピック以降、どこも苦しくなると思います」(島田さん) 「テコンドーも、ガバナンスの改善、成長、マーケティング視点の取り入れと、 マイナースポーツでも改善していけたら、横展開できるんではないかと思いました。 スポーツ界の大半はマイナーですから。 そこに応用できることも想定して関われば、自分にとっても意味があることだと思いました」(島田さん) 大事なのは「所帯に合った分だけ稼ぐ」こと 千葉ジェッツの前社長であり現会長の島田さん。 マイナー競技はマイナーなりのやり方があると説く。 撮影:今村拓馬 島田さんはテコンドー協会での 自分のミッションは、シンプルに「お金を稼ぐこと」と掲げる。 「強化は(コーチなど)専門家がたくさんいますのでお任せして、私はどちらかというとマーケティングをやらないといけないという立場だと認識しています。 いかにテコンドーでお金を集められるか。 お金を集められたら、ある程度強化費用に回せます。 マイナーでいかに稼ぐかがテーマ。 お金がないと問題はたくさん起きます。 ありすぎても問題は起きますけど(笑)。 資金集めのところをまずやって、3つのバランス、経営、普及、強化をやっていこうと。 まずは選手の人たちが困らず強化にできるようにしたいです」(島田さん) テコンドーでも千葉ジェッツの時のようにうまく成長させることができるのか。 ほんの数年前まで同じくマイナースポーツの域を出なかったバスケットボールがうまくいった理由を聞くと、島田さんは、コンパクトさにあるとした。 「バスケットボールが12人だったからです(ベンチ入り含めた試合登録選手数)。 試合会場であるアリーナは小さいので、収益力はどんなに頑張ってもたかがしれています。 ただ、事業採算性が努力によってなしえるのは、選手が12人しかいないから。 選手やフロント、社員を含めた人件費が低いので、損益分岐点が野球サッカーに比べて極端に低い。 野球、サッカーに比べて客は入らないし、スポンサーも少ないけど経営努力で採算があいます」(島田さん) 事業採算性という観点で、テコンドーも十分に改善できる余地があると見ている。 「プロ野球だと(1球団の)事業規模が何百億円といわれるますが、バスケは5、6億円で成り立つ。 大事なのは、事業規模や人気ではなく、その所帯に合った分だけ稼げればいいだけです。 では、テコンドーいくらなんですかと。 年間経費なんてとても低いですよ。 物の例えですが、(プロ野球の)巨人で数百億円を稼ぐより、テコンドーで数億円を稼ぐほうがたやすい。 マイナーならマイナーなりの生き方がある」(島田さん) 千葉ジェッツは天皇杯3連覇するほどの強豪となった。 撮影:今村拓馬 一方、バスケットボールもテコンドーも東京オリンピックの競技であり、それぞれ活躍が期待されるが、半年後に迫ったスポーツの祭典をどう見ているのだろうか。 「 オリンピックに向けて盛り上がると思うが、その後が心配。 千載一遇のビッグイベントに向けてやるんではなくて、これを利用してその先どうするのかという視点を持たないといけない。 一方で、日本ラグビー協会の清宮克彦副会長の下で進めているプロリーグ構想は遅れている。 現在は2021年秋のスタートなりそうだが、その時にはワールドカップ熱も冷めているかもしれない。 スポーツビジネスとは別に、一般事業、コンサルタント業や講演なども行っている。 基本的には仕事量は7:3で、スポーツビジネス中心だそうだ。 撮影:今村拓馬 なかなか手厳しいが、それもスポーツの持つ力を知っているからこそ。 島田さんがスポーツ界に関わる源泉には、中小企業の活躍を通して、地方創生に貢献したいという想いがある。 日本の多くの地方が人口減など衰退の一途をたどっている。 そこにスポーツチームが役立つのではないかと考える。 「日本には今、バスケ、サッカー、野球、バレー、卓球含めて、各地に400から500のなんらかのスポーツチームが点在しています。 スポーツチームは、地域を活性化できるすごいコンテンツ。 スポーツ界にいて発展に寄与することが、結果的に日本の中小企業を助けることであり、地方創生に関わることに寄与するではないかと思っています」(島田さん) その体験を千葉ジェッツを通して味わった。 試合で観客がくることで地元の店や交通機関は収益が上がり、また、移住してきたブースター(バスケではファンやサポーターのことをこう表現する)もいたそうだ。 千葉ジェッツを軸として、地元千葉の経済が活性化していった。 「千葉はまだ関東圏で厳密に地方とは言い切れないかもしれませんが、スポーツクラブ経営の肝は、(千葉ジェッツの本拠地である)船橋だろうが秋田だろうが岩手だろうが変わらないと思います。 再現可能だと思っている。 そこを横展開していけて、そのクラブが盛り上がってきて、地元が元気になってきた、という状況になったらいいなとは思っています」(島田さん) サッカーチームにも興味あり? 島田さんはサッカー強豪・日大山形高校サッカー部出身。 FWとして全国大会での活躍を夢見たが、全国大会に出る機会はなかった。 「補欠、試合に出れない悔しさとか当時抱いた反骨心は今に活きています」(島田さん) 撮影:今村拓馬 バスケ、テコンドーとスポーツ界での活動の幅を広げつつあるが、今後、サッカー界に関わることはないのか。 特に千葉ジェッツと同じ、千葉県を本拠地にしたジェフ千葉は、歴史が長い名門でありながら、長年J2(2部)で低迷している。 島田さんは冗談っぽく笑いながら、こう続けた。 「ジェフは本来、経営力や財力がある。 経営規模だけみたら、J1の中位にも入れるはず。 (文・大塚淳史).

次の