ご飯 きのこ。 特集「きのこ料理」│キリンレシピノート

業務スーパーのきのこミックスは超便利!炊き込みご飯やアヒージョレシピ

ご飯 きのこ

きのこダイエット料理のメリットは? きのこがおいしい季節になってまいりました。 あなたはどんなきのこが好きですか? しめじ、しいたけ、えのき、まいたけ、なめこ、エリンギなど一般的なスーパーで売られているきのこは季節問わず買えるものがほとんどですね。 しいたけやまいたけは香りが強く、苦手という人もいるかもしれませんが、それ以外のきのこは比較的食べやすいのではないでしょうか? さらに、ちょっと前に私がハマったのが「ブナピー」という白くてかわいらしいきのこです。 傘の部分が白い「しめじ」だということなのですが、見た目がかわいくて、味もきのこっぽい独特の苦みなどが抑えられているので、しめじが苦手という人にはオススメのきのこです。 プルンとした食感が新しいですよ。 さらに、遠藤憲一さんのユーモアあふれるCMでおなじみの「霜降りひらたけ」。 食べてみたのですが、本当においしいんです。 「マツタケも焦る!」というだけのことはあって、歯ごたえから香りからとても高級な感じがしました。 ひらたけというきのこは古くから日本で食べられているきのこで、それと西洋の美味しいヒラタケ属を交配して生まれたものなんだとか。 バターソテーなどシンプルな料理でいただくと美味しさがわかりますよ。 なぜ、今きのこダイエットなのか?と言いますと、きのこにはいろいろなメリットがあるのです。 スポンサーリンク きのこの気になるカロリーは?食物繊維の量は?効果的な食べ方は? きのこは低カロリーと言われているけれど、いったいどれくらいのカロリーなのかということはあまり把握していないという人もいるのではないでしょうか? 一般的なスーパーで売られているきのこのカロリーをご紹介します。 きのこのカロリー えのき・・・1袋(125g) 約23kcal しめじ・・・100g 約18kcal エリンギ・・・1パック107g 約24kcal まいたけ・・・100g 約16kcal しいたけ・・・50g 約9kcal これだけ見てもわかるように、ものすごくカロリーが低いですよね。 ビックリしてしまいます。 白米100gで約168kcalなので、きのこのカロリーの低さがよくわかります。 きのこをメニューに積極的に取り入れることで、カロリーカットができますよね。 ちなみに食物繊維の量は・・・ きのこの食物繊維の量 100gあたりの量 松茸 4. 7g 生しいたけ 4. 1g まいたけ 3. 5g えのき 3. 2g しめじ 3. 0g ひらたけ 2. 6g マッシュルーム 2. 2g なめこ 1. 6g 一位は、きのこの王様「松茸」なんですね。 松茸を毎日100gも食べることはできませんが、一般的なしいたけやまいたけ、えのきやしめじといったきのこの食物繊維の量も多いことがわかりますね。 食物繊維には、便秘解消、腸内の有害物質を体外へ排出する働きなどがありダイエットだけでなく、身体の中から綺麗になることを助けてくれるのです。 一日に20g~25gの食物繊維を摂ることが理想と言われていますので、毎食きのこを積極的に摂るようにしたいですね。 きのこがダイエットにいい食材と言われる所以は、食物繊維が豊富であるということだけではありません。 きのこにはキノコキトサンと言われる栄養素が含まれています。 この、 キノコキトサンには脂肪を分解し、中性脂肪を減少させる効果があるのです。 血液内の糖質、コレステロールを減らすということなので、ダイエットには強い味方なんですね。 スポンサーリンク ダイエット効果を引き出す「きのこの正しい食べ方」 きのこダイエットをするには、ただきのこを食べるというのではダメなんです。 まず、糖質であるご飯などを食べる前にきのこを食べること。 きのこを先に食べることによって、糖質の吸収を抑えることができるのです。 「まず、きのこ」を合言葉に、きのこダイエットをはじめてみましょう。 どれも簡単で、私はきのこ料理のおかげでたったの1ヶ月で3kgも痩せることに成功しました! このレシピはダイエットに効果的なものばかりなのでぜひチャレンジしてみてくださいね。 一つ目は、えのきご飯です。 そこにみじん切りしたえのきを入れます。 お水は2合のところに合わせるかやや少なめにします。 このえのきごはんを主食にすることでいつもよりもカロリーが抑えられます。 白米の量を調整し、半分をしらたきにするとよりカロリーダウンを狙えます。 しらたきはえのき同様みじん切りにして入れてくださいね。 私は何よりも炭水化物大好きなので、とにかく白米を食べないで生きていくことは無理!なのですが、このえのきごはんにしてからいつもと同じようにご飯を食べることができて満足です。 炭水化物抜きダイエットに失敗してしまった人は、このえのきごはんを試してみてくださいね。 ダイエット中に食べられるものではありませんよね。 しかし、車麩を使えばカロリーを抑えられるのです。 車麩を水で戻し、卵とパン粉をつけて少なめのフライパンで揚げ焼きをします。 玉ねぎの代わりにたくさんのきのこを用意しましょう。 玉ねぎは身体にいいですが、カロリーはやや高めなので、きのこで代用します。 めんつゆにちょっと砂糖を加え、水を加えて沸騰させます。 そこにお好みのきのこを入れてしんなりしたら、揚げ焼きした車麩を入れてしばらく煮ます。 最後に溶き卵でとじて完成! きのこのうまみを車麩がたっぷり吸ってとってもおいしいんです。 ぜひ、えのきごはんの上に乗せて楽しんでくださいね。 えのき、しめじ、エリンギ、まいたけ、しいたけなどがオススメ。 このきのこを好きな大きさにカットしてレンジでチンします。 ゆでてもいいのですが、せっかくのうまみがお湯に出てしまうのでもったいないです。 もしゆでる場合は、そのゆで汁をスープにしたりして活用しましょう。 チンをしたら、きのこが温かいうちにマリネ液に漬け込みましょう。 酒 大さじ2 醤油 大さじ1 酢 大さじ1 量はお好みで調節してください。 お酒は白ワインでもOK。 お酢は、ワインビネガーやバルサミコ酢、リンゴ酢などでも代用できます。 お好きなもので作ってみてくださいね。 きのこを炒めてから漬け込む方法もあるのですが、ダイエットしたいならチンしてしんなりさせたところに漬け込むのがオススメ。 このきのこのマリネは、ご飯を食べる前に前菜としていただきます。 それだけじゃなく、ちょっと味をつけて豆腐の上に乗せたり、ご飯に混ぜたり、 パスタの具として使ったり、みそ汁に入れたりといろいろな料理に変身するのです。 先日、ハンバーグのきのこソースとして使ってみましたがとても便利でした。 常に作ってストックしておくことで、手軽にいつでもきのこを食べることができますよ。 今日のまとめ.

次の

きのこご飯(炊き込みご飯)のレシピ/作り方:白ごはん.com

ご飯 きのこ

まずは「きのこの炊き込みご飯」を楽しんで ダントツでたくさんのレシピが寄せられたのが「きのこ」を使った炊き込みご飯のレシピ。 秋はどのきのこもおいしくて、何を使うか迷ってしまいますよね。 しめじや舞茸などお手軽に手に入るものから、贅沢松茸ご飯まで。 きのこの旨味がご飯に染み渡って、お箸が止まりません! 「きのこの炊き込みご飯。 きのこ、酒、醤油で味付け。 おこげができて美味しい」( 44歳/主婦) 「きのこと豚肉の炊き込みご飯。 豚肉の脂が程よく食欲をそそります」( 25歳/主婦) 「きのこたっぷりの炊き込みご飯。 もち米で炊くとモチモチして美味しい」( 41 歳/主婦) 「きのこと塩昆布の炊き込みご飯を作ったら、塩昆布だけの味付けなのに味が見事にきまり、おいしかった」( 47歳/主婦) 「舞茸やしめじ、ちくわと根菜類をたっぷり使い、塩麹と醤油で味付けするシンプルな炊き込みご飯」( 54歳/総務・人事・事務) 「まつたけご飯。 醤油とみりんと酒で味付けして炊く。 香り豊かでおいしい」( 44歳/主婦) 甘い「栗ご飯」で子どももニッコリ 甘~い秋の味覚のひとつが栗。 そんな栗をたくさん使った「栗ご飯」は、お子さんにも大人気ですよね。 細かく切ってご飯に混ぜ込んでも、大きめにザクザク入れてもおいしい! コーンや牛肉と合わせる、という声も。 「栗ご飯。 栗を細かく刻んで出汁と塩と一緒に炊く」( 41歳/主婦) 「栗ご飯。 栗は大きめのものを圧力鍋で下茹でして皮をむき、鰹と昆布でしっかりととった出汁と醤油で味付けして炊き込む」( 29歳/主婦) 「いつもの炊き込みご飯に、甘栗を入れて即席栗ご飯」( 48歳/主婦) 「栗の炊き込みご飯に、甘辛牛肉をのせる。 ご飯を薄味にすると、うまくマッチして美味しい」( 34歳/主婦) 「栗とコーンの炊き込みご飯。 バターで味をつけてさっぱりと美味しい」( 31歳/主婦) 簡単「さつまいもご飯」で秋を堪能 ホクホクの「さつまいも」をご飯に入れるという方も多数。 切って炊飯器に入れるだけなので、簡単にできるのが嬉しいですよね。 バターを足してコクをプラスするのもおいしそう。 想像するだけでお腹が減ってくる~! 「さつまいもご飯。 一口サイズに切ったさつまいもと白だし、醤油、塩など味付けを炊飯器に入れてスイッチを押すだけ」( 32歳/主婦) 「さつまいもと一緒に白米を炊いただけのご飯が意外と受けが良かった」( 38歳/その他) 「さつまいもとバター醤油の炊き込みご飯」( 21歳/主婦) 「さつまいもと枝豆の炊き込みご飯。 塩コンブをいれたらおいしい」( 47歳/主婦) 「シンプルに、鳴門金時のさつまいもご飯。 ホクホクで甘くて夫もおかわりしていました」( 35歳/主婦) 脂たっぷり旬な「秋鮭ご飯」 お魚とご飯の相性は抜群。 そんな中でも、鮭は炊き込みご飯にしたいお魚のひとつです。 鮭の味がご飯に染み込んで、もう最高に贅沢なおいしさ! しかも、この時期出回る秋鮭は、いつもよりもぐんと脂がのっていて、旨味が一味違います。 「鮭と塩昆布の炊き込みご飯。 シンプルで飽きずに食べられる」( 56歳/主婦) 「鮭の炊き込みご飯。 バターを隠し味に入れる」( 37歳/その他) 「鮭とまいたけとゴボウの炊き込みご飯」( 30歳/その他) 「秋鮭と大葉の炊き込みご飯」( 34歳/主婦) 「鮭ときのこ類の炊き込みご飯。 カルピスバターと醤油味で美味しい」( 46歳/その他) 秋の味覚王者「さんまご飯」を贅沢に この時期のスーパースターといえば「さんま」。 そんなさんまを贅沢にもご飯に混ぜるという方がたくさんいらっしゃいました。 今年はちょっと手が届きにくいけれど……少し余裕があるときに、秋を感じられるさんまご飯はいかがですか? 「さんまの炊き込みご飯。 生姜を効かせる」( 43歳/主婦) 「さんまの炊き込みご飯。 子どもが魚好きなので、普段は食べないしいたけも入っていたがおいしいと食べてくれた」( 31歳/デザイン関係) 「さんまの混ぜご飯。 焼いた秋刀魚と大葉、ごまをふり、醤油で軽く味を整えるとおいしい」( 39歳/その他) 「さんまと里芋の炊き込みご飯」( 28歳/公務員) 「さんまをグリルして、昆布で炊いたご飯にまぜる」( 54歳/その他) 「鶏肉ご飯」秋の味覚の名引き立て役 野菜やきのこや油揚げ……それらの具材に鶏肉を入れると、鶏から出る出汁と程よい脂で、ご飯にとぐっ旨味が加わります。 食べ応えも抜群なので、お腹いっぱい大満足してもらえそうです。 秋の味覚にプラスしてみてはいかがですか? 「鶏とごぼうの炊き込みご飯」( 49歳/主婦) 「鶏五目ご飯」( 32歳/その他) 「鶏肉ときのこと油揚げを入れた炊き込みご飯は、醤油で濃いめに味付けして好評」( 27歳/主婦) 「鶏ときのこの炊き込みご飯。 出汁と醤油で味つけ。 鶏の出汁がおいしさの決め手」( 48歳/主婦) 「鶏むね肉としいたけを出汁で炊く」( 30歳/主婦) 以上、「炊き込みご飯」のレシピをご紹介しました。 秋は素材自体がおいしいので、調味料を少なくしても、優しい味付けのおいしいご飯が完成します。 今回ご紹介したおいしいレシピを、ぜひ次の炊き込みご飯の参考にしてください!.

次の

きのこダイエットは効果あるの?実際に私が痩せたきのこの種類はコレ!

ご飯 きのこ

「きのこ」の基礎知識 「きのこ」って野菜じゃない? もちろん「きのこ」は野菜ではありませんが、植物でもありません。 では何なのかというと、実は菌類という、かびの仲間。 つまり、小さな菌が集まって大きくなったのが「きのこ」です。 世界には約1000種もの食用きのこがあり、世界中で食べられています。 カロリーはゼロに近く、食物繊維がたっぷりと含まれている健康的な食材です。 おいしい時期と目利きのポイント しいたけ 春は3月〜5月、秋は9月〜11月がおいしい時期。 肉厚でしっかりしたもの、カサが開きすぎずしっかり巻き込んでいるもの、軸が太くて短いものを選びましょう。 しめじ 9月〜10月がおいしい時期。 袋の上から軽く押したとき弾力があるもの、カサが開きすぎず、軸の長さがしっかりしているものを選びましょう。 えのきだけ 通年おいしくいただけます。 しっかりと軸にハリがあってきれいな乳白色のもの、カサの粒がそろっていて小さめなものを選びましょう。 まいたけ 秋冬の季節がおいしい時期。 パリッとしていてさわると折れそうなものが新鮮です。 カサにしっかりとハリがあって肉厚なものを選びましょう。 マッシュルーム 10月〜12月がおいしい時期。 カサが開きすぎず、軸が太いものを選びましょう。 エリンギ 通年おいしくいただけます。 カサのすぐ下の白いヒダがはっきりとしているものが新鮮。 カサが開きすぎず、軸が太くてしっかりとした弾力のあるものを選びましょう。 調理のポイント なるべく水では洗わない! きのこは水洗いすると水分を吸収しておいしくなくなりますので、水洗いはなるべくさけるようにしましょう。 ふきんやペーパーでさっと拭くことでたいていの汚れは落とせます。 どうしても洗いたい場合には、手早く流水の下で洗いすぐに水気をふき取るようにしましょう。 炒めるときは強火で手早く! きのこ類を炒める際は強火で手早く加熱するのがポイント。 弱火で加熱すると水分が出て水っぽく仕上がってしまい、旨みも流れ出てしまいます。 また、油の吸収がよいので、使う油脂はなるべく上質なものを。 きのこは冷凍保存がおすすめ! けっこう傷みやすく、保存のしづらいきのこ類。 実は冷凍保存がおすすめです。 「しいたけ」は、買ってきた状態そのままで冷凍が可能。 冷凍してもカチカチに固くはならないので、凍ったまま石づきを切り落としたりスライスすることができます。 「しめじ」や「えのきだけ」は、石づきを切り落とし、小分けにして冷凍。 使うときは凍ったまま加熱調理できます。 「なめこ」は、袋入りのまま冷凍できます。 使うときも凍ったまま加熱調理すればOK。 そのほかのきのこ類もたいていは冷凍保存することができます。 きのこは色々な種類のものを食べやすい大きさに切って、ジッパーに入れて冷凍保存しておきます。 煮物や炒め物など使いたいときに冷凍庫からササット出して使います。 きのこミックスって美味しくて見栄えもよくお薦めですよ。 干し・生しいたけ共に使用する前に日光に当てるとビタミンDが増えてカルシウム吸収に役立ちま〜す。 我が家では、ハンバーグにいろんなキノコ類を細かく刻んで、豆腐と一緒に入れて、ボリュームアップして作ってます。 経済的だし、ヘルシー!• きのこ類大好き一家です。 歯ざわりが残るように、短時間でさっと仕上げるようにしています。 母から教わったオリジナル下ごしらえは最初にさっと氷水に浸すことです。 秋と言ったら、マツタケですよね。 とは言うものの、高くて食べれない我が家では、なんちゃってマツタケご飯をたのしみます。 まず、マツタケの代わりに、エリンギをマツタケっぽくきり、炊飯器で普通にご飯を炊くようにセットします。 そこに、マツタケ味のお吸い物の素、切ったエリンギを加え、ご飯を炊くと、あら不思議、なんちゃってマツタケご飯の出来上がり。 香りはマツタケ、エリンギの歯ごたえがよく美味しくいただけます。 炊き上がったときに、三つ葉をくわえると見た目もいいですよ。 我が家ではブナピー(白しめじ)を使ってグラタンをつくります。 材料はいつものグラタンの材料のマカロニのかわりにブナピーを入れてチーズを載せてこんがり焼きます。 ブナピーのプルンとした食感がホワイトソースとチーズにぴったりできのこを食べていると思えないほど美味しいですよ!• カレーにエリンギを入れると最高に美味しくなりますよ!• きのこは「バター」との相性がいいですよ。 しいたけ、しめじ、マッシュルームなど、きのこ類その他お好きな具を適当な大きさに切って炒め、ゆでたパスタとからめて、塩こしょうする。 皿に盛ってその上にミートソースをかける。 チーズはお好みで。 きのこの保存する場合、「かさ」部分を上にして保存すると、栄養分の損失が少ないですよ。 鶏の唐揚げを作るとき、残った衣に小麦粉としょうゆを足し、ありあわせのきのこ(舞茸がおすすめ)を揚げる。 そのままで食べられるし、お弁当のおかずにもよい。 キノコ料理といえるかどうかですが、簡単炊き込みご飯です。 なめたけ(キノコです)の瓶詰めとシーチキンの缶詰(油も一緒に)をお米3合と一緒に炊くだけ。 水加減は普通に。 これだけで、ちょっとつやつやのピラフっぽい炊き込みご飯になります。 超簡単!!• きのこの王道を行くのは、やっぱりシイタケ。 シイタケは洗わずに、濡れ布きんでさっと拭いてから、火であぶって食べます。 シイタケ本来の味がしっかり味わえ、ビールのおつまみには最高です(カロリーも低いので二重に嬉しい)。 山に住む友人から採れたてのしいたけをよくいただきます。 さっと汚れを落としよく熱したオーブントースターに並べお醤油をちょろ、マヨネーズをぐるっとで5分ほど焼きます。 おつまみでもおかずでもどちらでもOK!• 【豆知識】とまでは行きませんが、椎茸やシメジなどは日干しにして乾燥させますと、コリコリした食感が楽しめ、大変美味しく頂くことができます。 天気のいい日に直射日光を浴びるようにしますときのこ菌が発酵しますので健康にも良いと思います。 皆様も是非、お天気の良い日は試してみて下さいね。 瓶詰めになっているエノキ茸が味付けされたもの(なめたけ)を丸ごと炊き込みご飯に入れて炊くとおいしいです。 その他の具材はお好みのものを入れます。 最近、「エビマヨ」が流行っていますが、きのこ類をマヨネーズで焼く「きのこマヨ」も美味しいですよ。 バター、ニンニク、塩コショウでソテーするのが一番好きです。 キノコは色々な種類を混ぜるとおいしい。 鮭と一緒にホイル焼き!バターと醤油でいいおつまみになります。 きのこ炒めにバルサミコ酢はとてもあいます。 まいたけはお味噌汁にするのがイチバン味がでておいしいと思います。 きのこはいろいろな野菜、ソースと相性が良いので重宝しています。 豚肉&しめじ(もしくはえのき)&玉ねぎを塩こしょうで炒めて仕上げに市販の焼肉のたれで味付けするのが我が家のスピードメニューです。 しょうゆ味の焼きうどんの具としてしめじを入れるのも好きです。 えのき茸のてんぷら、おいしいですよ。 束のまま根のほうだけ少し切って広げててんぷら粉をつけて揚げます。 ビールにぴったりです。 やっぱりきのこ鍋でしょう。 ありったけの種類のきのこを鍋に、様々なきのこのだしが出て絶対おいしいはず。 何種類入れられるか、さあ挑戦。

次の