黒髪 グラデーション。 市販カラーでできる 髪の毛をグラデーションカラーにする方法4選

黒髪グラデーションヘア18選|毛先のカラーも/ボブ/ミディアム

黒髪 グラデーション

最近のヘアの流行と言えば、ずばり黒髪です。 有名人や芸能人などにはスタイリストさんなどがついていて、きれいな女優さんなどのヘアメイクをしていますが、流行に敏感で時代を先取りするスタイリストさん達が、有名人に黒髪をおすすめしているということは、やはり今のトレンドということです。 ヘアカラーやブリーチで明るくした髪に、いろいろな色でグラデーションをつけるというのをごぞんじでしょうか?こちらは芸能人でもやや少ないかもしれませんが、ファッションショーなどでモデルさんがやっているのをときどき見かけます。 髪の毛にグラデーションをつけるわけですが、ショーモデルさんのように極端でなくても良いのです。 あまり悪目立ちしない程度のグラデーションをつけると、とてもきれいですよ。 毛先のほうだけ入れたり、全体に、立体的に見えるように入れたり…と、入れ方もさまざまなのです。 最近は、黒髪にボブというスタイルが人気ですが、ボブでも長さは色々ですよね。 ショートボブでもかわいいのですが、ショートボブだと、髪が短いので、グラデーションが効果的に見えない場合もあります。 なので、もう少し長め…せめて顎ぐらいの長さはある、ミディアムボブがおすすめです。 ミディアムボブは、どこまでの長さをミディアムと言うかという決まりのようなものははっきりとはありませんので、おおざっぱに言うと「ショートでもロングでもないボブ」です。 なので、顎ぐらいの長さから、肩にかかるぐらいまでがミディアムボブと言えるでしょう。 このぐらいの長さのミディアムボブの黒髪にグラデーションカラーを入れると、色がちゃんと見えますので、効果的です。 このような理由から、グラデーションにはミディアムの長さをおすすめします。 では、黒髪にグラデーションカラーを入れる方法ですが、まぁ当然ですが、美容院に行って下さい。 間違っても、自分で適当にやってみようとは思わないでくださいね。 美容師の免許を持っていて、ちゃんと技術を持っているという人以外は、美容院に行って、「グラデーションカラーできますか?」と尋ねて下さい。 できないなら、他の美容院に行きましょう。 というのは、同じ美容師さんでも、常に勉強会や研究会などに行って、最新の技術や知識を身に着ける努力をしている人と、していない人がいるからなのです。 グラデーションカラーというのは比較的新しい技術と言えますので、ちゃんと勉強・研究していないと、正しいやり方を知りません。 正しいやり方を知らない人にやってもらうと、失敗することは目に見えています。 失敗してお金を払うなんて嫌ですよね。 ですから必ず、グラデーションカラーがちゃんとできるかどうかを確かめましょう。 通常、ヘアカラーというのは、ブリーチと染色のふたつの段階を経て、髪に色を染めつけます。 市販されているヘアカラーを使う場合、先にブリーチで明るくしてからでないと、ヘアカラー本来の色が出ないというのはご存知ですよね?黒髪にグラデーションを入れる場合も、基本的には、グラデーションを入れたい部分をブリーチした方が、入れた色がきれいに見えます。 ですが、黒髪だからといって、入れた色が全く見えないわけではありません。 ブリーチなしでヘアカラーを使ったことがありますか?ブリーチなしでも、ある程度、ヘアカラーの色はつきます。 あまり目立たせたくない場合、わざとブリーチなしでヘアカラーを使うという手もあります。 せっかく黒髪に戻したのだから、ブリーチは使いたくない…という人、ブリーチなしでもグラデーションカラーは入れられますので大丈夫ですよ。 むしろ、ブリーチなしのほうがシックな仕上がりになって、黒髪の魅力が引き立ちますので、美容院でブリーチをされそうになったら、「ブリーチなしで」とお願いしてみましょう。 お客様に「ブリーチなし」をお願いされても強引にブリーチをすすめる美容師さんもいるかもしれませんので、そこは店頭に行く前に電話などで確認しておきましょう。 黒髪に入れるグラデーションカラーですが、まずは人気のピンク系はいかがでしょうか?ピンクというと、薄めの甘い色味のピンクを想像すると思いますが、黒髪などのダークな髪に入れると、ピンクというより赤っぽくなり、落ち着いたイメージのピンクになります。 また、毛先だけに入れるのか、頭のてっぺん付近以外の全体的に入れるのかなど、どのあたりにどう入れるかでも雰囲気はかなり違ってきます。 ブリーチなしでピンクを入れるととても落ち着いた色になり、あまり目立ちませんので、「ちょっとだけ試してみようかな」程度の場合は、毛先に少しだけピンクを入れてみて下さい。 ピンクを入れる部分をブリーチすると本来の色が出て目立ってしまいますので、ブリーチなしで入れるのをおすすめします。

次の

黒髪グラデーションはミディアムがいい!人気のアッシュカラーは赤?

黒髪 グラデーション

黒髪が昨今の流行の主流になってきていて、待ちゆく人にも、黒髪の人が増えています。 もともとヘアカラーをしていなかった人にとっては「私の時代が来た」というところでしょうか。 とにかく今、時代は黒髪です。 日本人は生まれつき美しい黒髪を持っているのに、無理やりヘアカラーで明るくしていたのが不思議でもあります。 黒髪でも、カットやアレンジひとつで軽い印象になるのですから、肌に似合わない明るい色にする必要はないのです。 でも、とても髪の毛の量が多く、どうやっても黒髪だと重い印象になるという人もいますよね。 元の毛量が多い人というのは、シャギーを入れてもあまり軽くならなかったりしますので、そのためにヘアカラーで明るい色にしていた…という人もいるでしょう。 とにかく、色の主流は黒髪にうつりつつあります。 そして長さですが、こちらはミディアムが主流になっているようですね。 理由として、ロングほど手間がかからないことなどが挙げられます。 ロングにすると、家で髪を洗うのもトリートメントなどのお手入れをするのも大変ですし、ドライヤーで乾かすのも時間がかかります。 そういう手間を省きたいからといって、ショートにすると今度はアレンジのバリエーションが乏しくなるので、ショートはちょっと…という人も多く、結果的に、ロングほど手間がかからず、ショートよりヘアアレンジのバリエーションが豊富なミディアムに人気が集中しているという状態になっています。 黒髪にミディアム、それが今人気の髪の色と長さですね。 グラデーションという言葉はもちろんご存知ですよね?アイメイクで、アイシャドウをぼかしたりしてグラデーションを作ったりしますが、それと似たようなことを髪の毛にもすることができるのです。 ベースが黒髪の場合、頭に近い方は黒髪で、毛先の方を明るい色、もしくは、黒ではない色にして、その色と地色の黒髪とでグラデーションを作るのです。 上の画像のように、毛先をとても明るくすると、グラデーションがはっきりとわかりますが、下の画像のように、微妙に毛先が明るいグラデーションだと、とても自然に見えます。 頭の方が黒いと、黒髪の印象がちゃんと残せますので、頭近辺は黒髪で、顎の下あたりから…もしくはもっと下からグラデーションを入れると良いでしょう。 黒髪ミディアムのグラデーションをする前に、まず、髪型を決めておきましょうか。 恐らくですが、何も手を加えていないナチュラルな状態ですと、多くの人がややウエーブなどがあるのではないかと思われます。 完全にストレートという人は意外に少ないものなのです。 街を歩いている、ストレートヘアがきれいな人も、矯正パーマをかけている人が多いのですよ。 グラデーションが良く見えそうだからストレートにしたい…という人は、矯正パーマやストレートパーマをかけて、ストレートにしましょう。 ミディアムストレート、すてきな髪型ですよね。 どんな色でも、グラデーションが効果的に見えそうな髪型ですね。 ちなみに、下の色は、赤系のアッシュです。 黒髪グラデーションにおすすめの色ですので、覚えておいてくださいね。 では、実際グラデーションを入れていくわけですが、どんな色がいいでしょうか?初めてグラデーションを入れる人は、どんな色が良いのかわからないかもしれませんね。 まず、おすすめしたいのが赤系のアッシュカラーです。 アッシュというと、アッシュブロンドなどのように、とても明るい色を想像するのではないかと思いますが、そんな明るい色ばかりではありません。 色味も色々で、特に赤系のアッシュは、目立たないけど目立つのです。 つまり、悪目立ちはしないけれど、ちゃんと「グラデーションを入れている」とわかる程度には目立つということです。 ウエーブヘアの毛先に赤系のアッシュを入れると、とても軽やかな感じになりますし、ストレートヘアの毛先に赤系のアッシュを入れると、髪の毛の流れがとてもきれいに見えて、こちらも毛先が軽やかな印象になります。 目立ちすぎないというのが魅力の赤系アッシュ、初めてのグラデーションにおすすめです。

次の

グラデーションカラーはストレートでも変じゃない!人気カラーから黒髪ベースまで一挙に紹介|MINE(マイン)

黒髪 グラデーション

毛先だけピンクのセルフでの染め方の手順1つ目は、ピンクにしたい部分をブリーチしていきます。 暗めのピンクグラデーションにしたい場合はブリーチの工程はいりません。 少し濃いピンクグラデーションにしたい人は、ブリーチは必須です。 まず、どの位置からグラデーションにしたいのかをしっかりイメージして決めましょう。 グラデーションカラーのイメージが固まったら、ブリーチを作り毛先から塗っていきます。 毛先から塗るというのがポイントです。 グラデーションしたい中間部分から塗布してしまうと、境界線がハッキリとしてしまいキレイなグラデーションカラーにする事が出来ません。 ですので、毛先から徐々にブリーチを塗りましょう。 ブリーチを毛先から上に向かって塗っていくのですが、グラデーションしたいポイントの少し下で1回止めます。 このままでは、境界線が出てしまうので、指で髪の毛を挟んで境界線をぼかすように髪をしごきます。 そうすることで、毛先はカラー剤が多く上は少なくというようになり、自然なグラデーションカラーに近づきます。 根元付近にカラー剤がついてしまうと、その部分まで染まってしまいます。 そうならない為にも、毛先からカラー剤を塗布するのを忘れないようにしましょう。 また、通常のカラー剤でなくヘアバターを使う場合には、ヘアバターは黒髪部分にはあまり染まらないのでその心配は多少なくなります。 その為にも、ダブルカラーのグラデーションカラーをする時には、ヘアバターの方がセルフで表現しやすいと思います。 ピンクの中でも人一倍透明感が強く、外国人風の髪色が好きな人にはおすすめの髪色です。 赤味が強過ぎないので、透け感がとてもキレイです。 アッシュが混ざっているので、赤過ぎるピンクは苦手…という人にもぴったりです。 また、アッシュでくすませてはいますが赤味もしっかり残っているので、髪の毛のツヤ感もそのままキープする事が出来ます。 ツヤもしっかり欲しい人にもおすすめのヘアカラーになります。 こちらの記事では、ピンクの中でも人気色なピンクアッシュの髪色を、明るい色から暗い色まで沢山ご紹介しています。 ブリーチなしで出来るピンクアッシュの髪色画像もありますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。 透け感が出るとパーマスタイルにも立体感がプラスされ、光をかざせば透けるようなキレイなピンクの色合いが出ます。 角度によって様々な表情が楽しめるのもピンクベージュが人気のひとつです。 ぜひチャレンジして、気分転換してみてはどうですか。

次の