お 使い の iphone が ハッキング。 「iPhoneは安全」とは限らない!? iPhoneがウイルスに感染されないための7つの対処法

iPhoneのおすすめ遠隔操作アプリと使用上の注意点を解説

お 使い の iphone が ハッキング

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の 頭金0円で断然お得!• > 読了時間:約 2 分 iPhone XR、iPhoneXS、iPhoneXS Maxが話題となっていますが、ハードだけでなくソフト面も忘れてはいけません。 新型iPhoneの発売に先んじて公開された iOS12はいったいどんな機能を持っているのでしょうか。 特に気になるのが セキュリティ関連のアップデートについてでしょう。 Appleは自社製品のセキュリティに関して非常に強いこだわりを持っており、アップデートの際は毎回ブラッシュアップを加えることで有名です。 今回はそんなAppleが力を入れているセキュリティ関連のアップデートの中でも特に話題性の高い「 ソーシャル・パスワード管理」をテーマにiOS12が前OSと比べてどのように進化をしたのか見ていきます。 欲しかった機能が詰まった『iOS12』 画像引用元: iOS12の前バージョンであるiOS11はAR機能など革新的な機能を搭載してはいたものの、総合的には 評価の低いOSと言わざるを得ない出来でした。 最もiOS11の足を引っ張ったのは バグに関する問題でしょう。 様々な機能を追加した弊害からか、iOS11は公開当初からいくつかのバグを抱えていました。 例えば「 ロック中のiPhoneから簡単に画像が取り出せる」、「 QRコードの誤認」などは有名です。 そんな苦い経験をしたこともあって、iOS12ではiOS11で確認されたバグを 徹底的に修正したことに加え、 新機能の安定性にも重点を置いたデザインが為されています。 最も注目すべきなのは後述する セキュリティ関連の機能とSiriの進化でしょう。 Siriはこれまで単なる音声補助ソフト程度の認識しかされてきませんでしたが、iOS12ではSiriの機能が強化され、「 ショートカット機能」などのユニークな機能が追加されています。 また、遂に 日本語翻訳が追加された点も重要です。 Siriによる翻訳はiOS12よりも以前に導入されていた機能ですが、長らく日本語に対応していませんでした。 海外への旅行を控えているという方や、英語を勉強している方にとって日本語翻訳機能の追加はまさに 待望のアップデートと言えるでしょう。 iOS12で追加された機能をおさらい iOS12で追加された機能はSiriのショートカット機能や日本語翻訳機能だけではありません。 ソーシャル・パスワード管理の使い方や安全性をご紹介する前に、 iOS12で追加された機能をおさらいしてみましょう。 パフォーマンス向上• FaceTimeのグループ通話対応• デジタルデトックス機能の追加 細かなものを合わせるとiOS12の変更点は他にもたくさんありますが、特に注目されているのはこの辺りでしょうか。 パフォーマンスの向上に関しては、新型iPhoneのユーザーだけでなく 旧機種を使っている人にも恩恵があるため絶賛されています。 セキュリティ関連の機能をはじめとして様々な機能が追加されたにも関わらず、旧機種のパフォーマンスも向上するというのはユーザーにとってかなり恩恵のあるアップデートと言えるでしょう。 FaceTimeのグループ通話対応はユーザーの強い要望に応えた形です。 iOS12では最大 32人でのFaceTimeが楽しめるようになりました。 iOS11で追加された アニ文字や自分に似たキャラクターを作り出せる ミー文字を通話中に使うことも出来ます。 デジタルデトックス関連は日本ではまだあまり浸透していないものの、アメリカを中心とする先進国では数年前から話題となっており、「 メーカーはスマホの使いすぎを規制するべきだ」という主張が盛んでした。 iOS12では予め設定した時間以上アプリを使用すると「 規定時間を超えた」という通知を出してくれる機能が追加されています。 ついついスマホを使いすぎてしまうという方にとっては今後必須の機能となるでしょう。 新型iPhoneで使ってこそ真価を発揮する 旧機種のポテンシャルを高める機能を持つiOS12ですが、その真価は 新型iPhoneで使ってこそフルに発揮されます。 特にマシンパワーを必要とするAR機能などを古いiPhoneで動かすのは難しいでしょう。 というのも、新型iPhoneのひとつであるiPhoneXSに搭載されているA12チップはひとつ前の端末であるiPhoneXに搭載されたA11に比べて 30%も総合性能が向上しているのです。 CPUだけでなくメモリやストレージ容量を比較するだけでも旧機種と新型iPhoneの差は一目瞭然。 同じOSを使ったとしても 動作の安定性や速度に格段の違いが出るのは間違いありません。 とは言え、ソーシャル・パスワード管理等のセキュリティに関する機能は旧機種でも充分に扱うことが出来ます。 例え新型iPhoneを持っていないとしても、 iOS12に対応する古いiPhoneを持っているのならiOS12を入れるべきでしょう。 特にクレジットカード情報をiPhoneに登録している人や仕事用のスマホとしてiPhoneを使っている人は iOS12を導入してセキュリティを高めておくことをおすすめします。 iOS12で大幅に強化されたセキュリティ ハッキング防止機能 元々iPhoneのハッキング防止機能は FBIが総力を持ってしてもロックされたiPhoneの中身を見ることが出来なかったということもあるほど強固なものです。 ただ、従来のOSには致命的な弱点がありました。 それは ロックから1週間以内であれば特別な知識や技術が無くとも簡単にロックを解除してしまえるという点で、盗難にあった場合iPhone内のデータを盗まれてしまうことが多々あったのです。 iOS12では物理的な手段を用いてのデータ抽出が不可能になるまでの時間が 1時間にまで短縮され、例え盗難にあったとしてもiPhoneに保管しているクレジットカード情報や個人情報が盗まれにくくなりました。 FaceTimeの暗号化 FaceTimeに関するアップデートでは32人でのビデオ通話が可能になったことが大きく話題となっていますが、 やり取りが暗号化された点に関しても注目しておきたいところです。 これまではFaceTimeだけに限らず公共Wi-Fiなどでアプリを用いてビデオ通話をした場合、 会話が盗聴されてしまう危険性がありました。 しかし、iOS12ではFaceTimeの暗号化に大きくてこが入れられ、例え盗聴を目的としたWi-Fiを使って通信を行ったとしても 通話内容やビデオをのぞき見することが出来なくなったのです。 ソーシャル・パスワード管理が目玉機能のひとつ 既にご紹介した通りiOS12では既存の機能のブラッシュアップだけに留まらず、たくさんの新しい機能が追加されました。 その中でも最も多くの人に関係する機能は「 ソーシャル・パスワード管理」でしょう。 ソーシャル・パスワード管理自体は真新しい機能ではないものの、iOS12では様々な機能が追加されたために 使い勝手が大きく向上しました。 具体的にはどのような機能が追加されたのでしょうか。 じっくり見ていきましょう。 ソーシャル・パスワード管理とは ソーシャル・パスワード管理とは簡単に言うと「 Webサイトやアプリで使うパスワードをiCloudやSafari等に保存しておく機能」のことです。 これはiPhoneだけに限らずAndroid端末等でも使われている機能ですが、セキュリティ上の不安を気にする声が多々ありました。 確かにすべてのWebサイトがSSL通信など外部からのハッキングに強い耐性を整えているわけではないことを踏まえると、どんなサイトでも即座に登録されたパスワードを呼び出せてしまう機能は便利な反面、 危うさの残る機能と言えるでしょう。 特にクレジットカードの情報を登録していたり、クレジットカード情報が登録されたアカウントのパスワードを入力したりする際は入力するサイトが安全かどうか充分に確認しておかなければいけません。 実際にiOS11以前はこれらのリスクを嫌って サードパーティ製のパスワード保存アプリを使いセキュリティを万全にしている人が非常に多くいました。 つまり、これまで「ソーシャル・パスワード管理」機能は 単体で充分なセキュリティ能力を発揮してくれるものではなかったのです。 iOS12のソーシャル・パスワード管理 セキュリティ上の不安から重要なアカウントのパスワードやクレジットカード情報を保存することが難しかったソーシャル・パスワード管理機能ですが、iOS12ではセキュリティや使い勝手が向上し、 ビジネス上のやり取りに使えるまでに進化しました。 iOS12で追加された機能は、• Password Manager API機能のブラッシュアップ• Safariのセキュリティ向上• Face IDとの連携強化 などです。 これらの機能が追加されたことによりどのような恩恵が受けられるのかじっくり解説していきます。 使っているiPhoneのセキュリティを高めたい人は是非目を通してみて下さい。 Password Manager API機能のブラッシュアップ 最も注目しておきたいのは Password Manager API機能のブラッシュアップについてでしょう。 Password Manager APIは1Passwordなどの他社製のパスワード保存アプリとSafariを紐づけるための機能です。 従来のiOSではパスワードをiCloudに保管しており、iCloudのセキュリティが懸念要素となっていたためにサードパーティ製のパスワード保存アプリがもてはやされていました。 今回のアップデートではiCloudのセキュリティを高めるだけでなく、既存のハッキング対策等が充分なサードパーティ製アプリとの連携を取ることで 更にパスワードの安全性が高まったのです。 今後は 徹底したセキュリティの元保管されているパスワードを必要に応じてSafari上に呼び出すということが出来るようになります。 重要なアカウントのパスワードは手打ちしていた、という人にとっては非常に有難い機能と言えるでしょう。 Safariのセキュリティ向上 Safari側のセキュリティ向上もソーシャル・パスワード管理の利便性を高めるために必要不可欠なことでした。 なぜなら、Password Manager APIを使ってパスワードを呼び出しても、 Safari上でパスワードが盗難にあってしまっては意味が無いからです。 iOS12におけるSafariのアップデートではPassword Manager APIの パスワードの自動入力機能や セキュリティ関連に力が入れられています。 例えばSafariで頻繁に入力されるパスワードの安全性に問題がある場合、 自動でパスワードを変更するよう促してくれるようになったり、ユーザーの動向を追跡する トラッキングの防止によってプライバシーを保護する機能が追加されたりしました。 追加された機能の中で一番セキュリティ向上に役立つのは「 ワンタイムパスコード」機能に関するものでしょう。 SMSや指定のメールアドレス宛に時間制限付きのパスコードを送信してくれるワンタイムパスコードはとても便利なものです。 しかし、従来は送信されたワンタイムパスコードをいちいちコピーしたり手打ちしたりしなければいけませんでした。 実際、安全性が高くなるのは分かっていても 、面倒なワンタイムパスコードはあまり使いたくないと考えていた人は少なくないでしょう。 iOS12ではソーシャル・パスワード管理機能の一環として ワンタイムパスコードの自動入力機能が追加されたため、セキュリティを高めつつ、スムーズなログインが可能となりました。 Face IDとの連携強化 強力なセキュリティを求めるユーザーにとって Face IDによる認証は最も重要な機能のひとつと言えるでしょう。 実際、Face IDと通常のパスワードを使っての2ファクタ認証を導入しておけば、例えパスワードが外部に知られたとしてもデータの安全性は保つことが可能です。 今回のアップデートではFace IDの使い勝手が向上し、通常のパスワード入力に比べて面倒な手順が必要になる2ファクタ認証を行う際でも スムーズにロックを解除することが可能になります。 これまでのFace ID機能はセキュリティを気にするあまり、一度認証に失敗すると一旦ロック画面に戻ったり、パスコードを入力したりする必要がありました。 iOS12では 画面を上にスワイプするだけで再度認証を行えるようになります。 小さな変更点ですが、暗い場所や光の点滅が激しい場所等でFace IDを使って認証する際の利便性が高まったことは間違いないでしょう。 ソーシャル・パスワード管理の何がスゴイ? 少し前のことを思い返してみれば分かりますが、ほんの数年前までログインに必要なIDやパスワードを入力するためにはわざわざそれらの情報をキーボードで打ち込まなければいけませんでした。 そのため、出来るだけ入力の手間を省こうと数字だけ、アルファベットだけのセキュリティの低いパスワードを使っている人は多く、 簡単に悪意を持った第三者の不正ログインを許してしまっていたのです。 しかし、ソーシャル・パスワード管理を使えば自分でも覚えきれないような 複雑なパスワードをタップするだけでブラウザに入力することが出来ます。 更に今回のアップデートで パスワード自体の安全性も高まりました。 上記の点をまとめると、ソーシャル・パスワード管理の凄さは「 利便性と安全性を両立している点にある」と言えるでしょう。 ビジネスユースでiPhoneが必要な人や、オンライン決済を頻繁に行う人にとって、ソーシャル・パスワード管理は 必要不可欠なものです。 ソーシャル・パスワード管理の使い方 iCloudを使う方法 iCloud上でパスワードの自動入力や保存を行うためにはまずパスワードを入力するサイトへ行かなければいけません。 例えばFacebookにログインしたい場合は、 一度Facebookにて自分でパスワードを入力する必要があるのです。 パスワードを入力すると、パスワードを保存するかどうか質問されるので、iCloud上にパスワードを保存したい場合は保存を選択しましょう。 パスワードが保存されているサイトへ再度アクセスすると、 以降は自動でパスワードが入力されるようになります。 サードパーティ製アプリを使う方法 まずはセキュリティの高いサードパーティ製のパスワード保存アプリをダウンロードしましょう。 ソーシャル・パスワード管理に対応していて、尚且つ日本での普及率が高いのは「 1Password」などのアプリです。 今回は1Passwordを使った方法をご紹介します。 1Passwordのダウンロードが終わったら「 設定」を開き、「 パスワードとアカウント」、「 パスワードを自動入力」へ進みましょう。 次に「パスワードを自動入力」を オンにして、 1Passwordにチェックを入れます。 後は表示される小窓に従って通知を許可し準備完了です。 次に1Passwordを起動し 、保存したいパスワードを入力していきます。 iCloud上にパスワードを保存している場合は同期を行うことでパスワードの情報を移すことが可能です。 Safari上での1Passwordを用いたパスワード入力はiCloudからパスワードを呼び出す際と似たような方法で行うことが出来ます。 まずはSafariでパスワードの入力が必要なサイトまで行き、 入力欄をタップして下さい。 そうすると、1Password内に保管されたパスワードを使うか問われるため 使用を選択します。 その後、パスワードが自動で入力されログインが可能な状態となります。 ソーシャル・パスワード管理で安全性と利便性が高まる パスワードを保存しておけるソーシャル・パスワード管理はiOS11以前も非常に便利なものでしたが、 セキュリティが万全とは言い切れない部分がありました。 しかし、今回のアップデートでサードパーティ製のパスワード保存アプリとの連携が取れるようになったため、 今後は安心してパスワードの自動入力機能を使うことが出来ます。 重要なデータが保存されたアカウントのパスワードやクレジットカード情報は必ずキーボードを使って入力していた、という人はこれを機に ソーシャル・パスワード管理の自動入力機能を試してみると良いでしょう。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 9月13日にAppleよりiPhoneファンにとって待ちに待った2018年モデルの発表がされました。 最新機種は「iPhone X」の後継機である「iPhone XS」、大型ディスプレイを搭載した「iPhone XS Max」さらに廉価版の「iPhone […]• 廉価モデルのiPhone […]• ミドルクラスの廉価モデルiPhone […]• iPhone好きな人ならワクワクする時期になりました。

次の

iPhoneを遠隔でハッキングする方法 (5つのシンプルな方法)

お 使い の iphone が ハッキング

ハッキング調査 現在パソコンや携帯端末(iPhone、Android系端末、携帯電話系端末Windows Phone、LUNIX系端末)の普及によりハッキングによる情報漏洩やシステムの改ざん、データ改ざんなどでハッキング調査に関するお問い合わせが急増しています。 それらの件数以上に実際の被害件数は大小関係なく著しく拡大していく一方です。 著しいスマートフォンの拡大で、ユーザーが自己防衛と言う必要条件の意識下行う準備も普及のスピードに負け、ハッキングやクラッキング等の問題によりエンドユーザーの情報漏洩が拡大、ストーカーやいじめ等も問題も拡大に歯止めがありません。 今までもパソコンやスマホ夏の端末からの情報漏洩、盗聴・盗撮による情報漏洩はありましたが、最近ではパソコンやスマホを専用ソフトやウィルス・スパイウェア等を使い遠隔操作したりや自動送信させ盗聴や盗撮を行う被害が急増しています。 MAMOtech securityではご依頼者様と真摯に向き合い、ハッキング調査や様々な角度から諸問題解決のお手伝いをさせて頂きます。 まずは大きな問題に発展する前にまずはご相談ください。 ハッキングは難しいことでは無く、雑誌などを読めばハッキングは簡単に出来てしまいます。 対策においても市販のソフトをデフォルトでお使いの場合はソフトの60%ほどの能力しか機能していません100%能力を発揮していると思っても実際は使用していくうちにセキュリティレベルが低下して簡単にハッキングされてしまいます。 簡単にハッキングと言っても不特定多数によるハッキングプログラムやクラッキングプログラム、トランスウェアなどによってハッキングしてくる場合と、特定対象者がハッキングしてくる場合があります。 不特定多数によるハッキングトラブルはループがかかり無限に情報漏洩、システムトラブルなどが起きる等の場合があります。 特定対象者によるハッキングになると、情報漏洩は当然の事、ハッキングで手に入れた情報で陰険ないじめや、ストーキング、企業問題等、重要かつ緊急を要する問題が起こってきます。 まずは自分のパソコンや携帯端末(i Phone、Android系端末、携帯電話系端末Windows Phone、LUNIX系端末)がどのような状態なのか調べることが重要です。 被害にあってしまった、もしくは被害にあっている場合は詳細の調査、必要な対策をご提供します。 相手の特定や相手の詳細情報を調査することも可能です。 調査項目 期間 料金 PCハッキング調査(持込) 4日~ ¥50. 000~ PCハッキング対策(持込) 3日~ ¥45. 000~ 携帯端末ハッキング調査(持込) 3日~ ¥55. 000~ 携帯端末ハッキング対策(持込) 3日~ ¥50,000~ ネットワークハッキング調査 3日~ ¥75. 000~ ネットワークハッキング対策 3日~ ¥65. 000~ 迷惑メールアドレス追跡調査 4日~ ¥50. 000~ 迷惑メールアドレス追跡対象特定調査 4日~ ¥155. 000~ ネットストーカー追跡調査 3日~ ¥50. 000~ ネットストーカー追跡対象特定調査 4日~ ¥155. 000~ SNSストーカー追跡調査 5日~ ¥50. 000~ SNSストーカー追跡対象特定調査 5日~ ¥155. 000~ 迷惑掲示板調査 6日~ ¥35. 000~ 迷惑掲示板対象特定調査 6日~ ¥155. 000~ オークション詐欺調査 6日~ ¥35. 000~ オークション詐欺対象特定調査 6日~ ¥175. 000~ その他対象特定調査 6日~ ¥155. 000~ 迷惑メールアドレス対象情報調査 3日~ ¥165. 000~ 画像データ調査 4日~ ¥35. 000~ 動画データ調査 4日~ ¥35. 000~ 音声データ調査 4日~ ¥35. 000~ その他データ調査 4日~ ¥35. 000~ その他特殊調査 3日~ ¥35. 福井から全国に安心できるサービスを! 対応地域 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 沖縄県 鹿児島県 千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 狛江市 調布市 町田市 多摩市 稲城市 武蔵野市 三鷹市 府中市 小金井市 立川市 国立市 国分寺市 小平市 東村山市 西東京市 東久留米市 八王子市 姫路市 神戸市 尼崎市 明石市 西宮市 加古川市 札幌市 仙台市 盛岡市 水戸市 宇都宮市 横浜市 金沢市 甲府市 名古屋市 高松市 松山市 那覇市.

次の

新型iPhone XS/XRで使えるiOS12のソーシャル・パスワード管理|使い方と安全性

お 使い の iphone が ハッキング

ライトニングケーブルでハッキング OMGケーブルとは この遠隔からハッキング可能なLightningケーブルは通称 OMGケーブル と呼ばれています。 8月に開催されたハッカーの祭典「Def Con」で発表されました。 よく似た製品は今までも裏の世界ではあったようですが 公に発表されるのは初めての事です。 ハッキング方法 「Hak5」 というサイトで紹介されている説明文には 「この OMGケーブルを接続した途端、 内部のワイヤレスネットワーク・インターフェースを 通じて デバイスをコントロール可能にする。 最大90M離れた場所からデバイスにアクセスが可能。 また周辺のワイヤレスネットワークのクライアントとして設定すればアクセスできる距離は無制限になる」 と明記されている。 接続するだけで簡単にハッキング可能な様だ。 OMGケーブルの恐ろしい所 このOMGケーブルの恐ろしい所を福助個人的な見解でいくつか出してみます。 簡単にハッキング可能 誰でもネット上で購入が可能な上、 接続するだけでハッキング可能。 この誰でもネット上で購入が可能な点が一番恐ろしいですよね。 その筋の海外のとある場所へ行かないと購入できないとかそんなんだったら良いのですがネット上で購入が可能だという事はすごいスピードで普及 してしまう可能性が非常に高いという事です。 友達や来客者に注意をする必要がある。 例えば悪意を持った友達や来客者が自宅を訪問した場合。 飲み物を準備している間 トイレに行っている間 等、ちょっとした隙に自分のLightningケーブルを OMGケーブルに取替えられていたら。 私は気付く自信がありません。 見た目は全く一緒ですしそこまで注意して見ていないので。 無料配布に要注意!! 例えば街中でイベントが有り、 ライトニングケーブルを無料でお一人様1つお渡ししておりまーす と声が聞こえてきたら その声の元まで小走りで向かってしまうでしょう。 中には二周目を行ってしまう方もいるかもしれません。 ライトニングケーブルは高いですし 無料で貰えるなら是非ほしいです。 もしそれがOMGケーブルだったら・・・。 拡散させる事はいとも簡単に可能です。 ハッキングされるとどうなる? ではハッキングされるとどうなるのか? ですが ・写真や動画データの流出 ・LINE等のトーク履歴の流出 ・電話帳に登録されている情報の流出 ・カメラを勝手に起動され盗撮・盗聴 ・iPhoneが使えなくなる ・課金処理 他にもたくさんの事が可能です。 まるで自分のiPhoneの様になんでも出来てしまいます。 これぐらい大丈夫かといったレベルでは全くもってないです。 まとめ 世の中にはOMGケーブルという とてつもなく恐ろしいものがあるという事を認識しておくべきです。 また他にも知らないだけで情報が簡単に抜かる可能性がある事もです。 俺の情報なんて漏れても何にもならないよ という人もいますがそんな訳ありません。 ただセキュリティ意識が低いだけです。 実際にどうなるのか・・・ 考えただけでも恐ろしいです。 この記事を読んで頂いて少しでも頭の片隅に残ってもらえれば幸いです。 福助独り言 また機会があればこのOMGケーブルを購入して一度試してみたいと思います。

次の