エクセル シート ショートカット。 ショートカットキーでワークシートを削除する

ノートPCで使えるエクセル技、キーボードの操作だけで一瞬で表の末尾、先頭、最終行、最終列、別シートへの移動する技

エクセル シート ショートカット

エクセルシートコピーの基本手順 まずはエクセルでシートをコピーするための基本手順を見てみましょう。 エクセル画面下部で現在選択中のsheet名が表示されたタブにポインタを当て、右クリックします。 表示されたメニューの中から、「移動またはコピー」を選択します。 ダイアログボックスで、コピーしたシートを挿入したい場所を選択します。 今回はsheet2の後、一番後ろに挿入したいので「末尾へ移動」を選択します。 次に「コピーを作成する」にチェックを入れます(このチェックがないとシートはコピーされず、sheet1が末尾へ移動しただけになってしまいます)。 あとはOKをクリックすれば、コピーされたシートがsheet1 2 として作成・挿入されます。 シートコピーのショートカットキー シートを簡単にコピーしたいときはショートカットキーを使うと便利です。 方法は簡単です。 まずコピーしたいシートをクリックします。 次にCtrlキーを押しながら、コピーしたい位置までドラッグします。 別ファイル(別ブック)にコピーする 次に同じエクセルファイルの中ではなく、別のエクセルファイルにシートをコピーする方法についてみてみましょう。 「コピー元」というタイトルのファイルと、「コピー先」というタイトルのファイルがあるとします。 「コピー元」のシートsheet1を「コピー先」にコピーしてみましょう。 まずは基本操作で見たように、sheet1タブを右クリックし「移動またはコピー」を選択します。 表示されるダイアログボックスの「移動先ブック名」のボックスをクリックし、「コピー先. xlsx」を選びます。 そのため、ダイアログボックスには「移動先のブック」というタイトルがついているのです。 これは「移動先のファイル」と読み替えて構いません。 「コピーを作成する」にチェックを入れてOKを選択すると、「コピー先」ファイルにsheet1のコピーが作成されます。 このような手順をとれば複数ファイル間でシートをコピーすることができます。 複数シートのコピーを作成するには 複数シートをコピーするのも基本的には同じ手順です。 まず、コピーしたいシートを複数枚ShiftもしくはCtrlキーを押しながら選択します。 その後、右クリックし、「移動またはコピー」を選択します。 コピーしたシートを挿入したい場所を選択し、「コピーを作成する」にチェックを入れてOKをクリックします。 例ではsheet1とsheet2がsheet1 2 、sheet2 2 という名前で同時にコピーできています。 エラーが出てシートのコピーができないときは 便利なシートのコピーですが、エラーが出てうまくコピーできない場合があります。 その対処方法を見てみましょう。 この原因はセル範囲につけた名前が無効になっていることです。 通常セル範囲の名前はA1:B3など決まっているのですが、数式バーの左のボックスを使えばセル範囲に自分の好きな名前を付けることができます。 例えば、A2のセルを選択して、ボックスに「氏名」という名前を入力します。 別のセルに「=名前」と入れることで、A2の内容をそのまま反映させることができるのです。 しかし、この状態でA2の「氏名」セルを削除してしまうと、F2ではセルの参照先を失った状態になってしまいます。 つまりこのシートにはエラーが存在することになります。 解決方法は、使わなくなってしまったセルの名前を消すことです。 「数式」タブの「名前の管理」を選択し、定義されている名前の一覧を表示します。 一覧が表示されたら、使わなくなっている不要な名前を削除しましょう。 「排他モードで開いてください」と表示される シートをコピーしようとしたら、「このコマンドは、共有ファイルで実行することはできません。 排他モードで開いてください。 」と表示されることがあります。 これはエクセルファイルを共有モードで編集している場合に出るエラーです。 共有モードでは他の人と一緒に1つのファイルを編集できますが、一方でシートのコピー等の機能は制限されているのです。 設定を共有モードから排他モード(1人だけが編集可能な状態)に切り替えれば解決します。 「校閲」タブの中から、「ブックの共有を解除」をクリックすれば、「排他モード」に切り替わり、コピーができるようになります。 「シートを移動先またはコピー先のブックに挿入できません」と表示される シートを別のファイルにコピーしようとしたとき、 「移動先またはコピー先のブックの行列数が元のブックの行列数よりも少ないため、シートを移動先またはコピー先のブックに挿入できません」 と表示されることがあります。 このメッセージは最新のExcelブック形式である. xlsxファイルから旧式のエクセルブック形式xlsファイルにコピーを行おうとするときに表示されます。 実は最新のxlsxファイルに比べ、旧式のxlsファイルでは行数、列数ともに非常に少ないのです。 コピー元のxlsxファイルのシートに入力されているデータの量がxlsファイルのシートに収まらないため、エラーが出てしまうというわけです。 またExcel2019ではコピー自体は可能ですが、保存を使用としたときに以下のようなメッセージが現れてそのまま保存ができないことを教えてくれます。 解決方法は簡単です。 コピー先であるxlsファイルを「名前を付けて保存」し、保存画面で最新のxlsx形式を指定します。 これでコピー先も最新のファイル形式になり、シートのコピーが可能になります。 エクセルのシートコピー機能を使えば、最初に作ったひな型をどんどん増やすことができるので非常に便利です。 ショートカットキーを使えば、コピーは一瞬で終わります。 使いこなして事務作業を効率化しましょう。 動画の解説 シートのコピー具体的操作方法 その1 【1】シートのコピーの仕方 「シート名」部分を右クリックします。 【2】「シートの移動またはコピー」の設定の仕方 「シートの移動またはコピー」の設定画面の「挿入先」下の「11月」を選択します。 設定画面下に表示されています。 エクセルのシート名を見ると「11月」のシートの同じ内容のシートがコピーされて表示されていますので確認してみてください。 エクセルのシート名を見ると「11月」のシートの同じ内容のシートが移動した場所にコピーされて表示されていますので確認してみてください。 エクセルのシート名を見るとシートの移動した場所に表示されていますので確認してみてください。 分かりやすい動画解説 その2.

次の

PC画面をコピーするプリントスクリーン「PrintScreen」|エクセルドクター

エクセル シート ショートカット

ブックやシートを切り替えて作業するのが面倒! 普段の業務でExcelをよく使うという人でも、Excelだけをパソコンで開いて作業しているという人は少ないですよね。 多くの人は、Excel以外にもメールやWebブラウザーなど、さまざまなアプリを起動した状態で仕事をしていると思います。 また、複数のシートが保存されたブックで、それぞれのシートを行ったり来たりしながら作業をすることも多いのではないでしょうか。 普段Excelのブックやシートを切り替える際にマウスを使っているなら、今回の記事は必見です! 今回は、Excelのブックやシートを簡単に切り替えられるショートカットキーを3つ解説します。 この3つを覚えておけば、表示したいブックやシートにすぐに移動できます。 いちいちマウスに手を伸ばす必要がなくなるので、作業のスピードが落ちることはありません。 さっそくこれらのショートカットキーを使ってみましょう。 このように[Ctrl]キーを押したまま[PageUp]キーを押していくと、先ほどとは反対に、アクティブシートを右から左へ順々に切り替えることができます。 その場合は、[Ctrl]+[Fn]+[PageUp]や[Ctrl]+[Fn]+[PageDown]というように、[Fn]キーも押す必要があります。 [Fn]キーはノートパソコンや横幅の狭いキーボードにあるキーで、他のキーと組み合わせることで、1つのキーの2つの機能を切り替えられるようになっています。 ただし、[Fn]キーがない機種や、[Fn]キーと組み合わせて使う機能が違っている場合もあるので、説明書などで確認してみてくださいね。 このように[Ctrl]+[Tab]キーを押すと、開いているExcelのブック間で表示を切り替えることができます。 ところで、「別のブックに表示を切り替える」と聞いて、[Alt]+[Tab]キーを思い浮かべる読者も多いかもしれません。 確かに[Alt]+[Tab]キーでも別のブックに切り替えることはできます。 ただし、この[Alt]+[Tab]キーはWindowsのショートカットキーで、起動しているすべてのアプリ間で表示を切り替えることができるキーです。 したがって[Alt]+[Tab]キーを押した場合は、Excelだけでなく起動している他のアプリもすべて切り替えの対象になります。 Excelのブック間だけで表示を切り替えたい場合は、今回解説したショートカットキーを使ったほうがスムーズに行えますよ。

次の

ノートPCで使えるエクセル技、キーボードの操作だけで一瞬で表の末尾、先頭、最終行、最終列、別シートへの移動する技

エクセル シート ショートカット

Excel2013で一番右のシートへ移動する方法:エクセル2013基本講座• Excel2013で一番右のシートへ移動する方法• Excel2013で一番右のシートへ移動する方法、シート見出しの右端のワークシートをアクティブシートにする方法についていろいろな方法を書いています。 スポンサードリンク• 下図のようにこのブックには Sheet1,Sheet2,1月〜12月のワークシートが有ります。 現在は シート「3月」が選択されています アクティブになっています。 [Ctrl]キーを押した状態で[PageDown]キーを押し続けると、一番右のシートが選択されます。 [Ctrl]キーを押した状態で[PageUp]キーを押し続けると、一番左のシートが選択されます。 シート見出しに右端のシートが表示されていないときは、シート見出しの右端に「・・・」が表示されます。 このような状態の時、シート見出しのスクロールボタンを [Ctrl]キーを押した状態でクリックします。 一番右のシート見出し「12月」をクリックします。 シート見出しのスクロールボタンを 右クリックすると、シートの選択ウィンドウが表示されます。 一番右のシート 「12月」をダブルクリックします。 12月をクリックして、[OK]ボタンをクリックする操作と同じ結果になります。 ワークシートの数は Worksheets. Count で求めることができます。 下表のコードで一番右のワークシートへ移動することができます。 Sub test Worksheets Worksheets. Count. Ativate Range "A1". Select End Sub スポンサードリンク |||Excel2013で一番右のシートへ移動する方法.

次の