スノー ベンガル。 ベンガル猫専門ブリーダーショップのBENLOVE

ベンガルの人気毛色ランキング。毛色の種類や模様の変化も解説! | みんなの子猫ブリーダー

スノー ベンガル

6、トリコロール ベンガル猫は色の組み合わせによって進化しています。 先進国のアメリカでは現在トリコロールが主流となっています。 柄の色に関しては同色もしくは薄くなり濃くなることはほとんどありませんがベースカラーは若干濃くなり鮮やかになる場合が多いです。 また猫には珍しく 水 を怖がりませんので一緒にお風呂に入っることも出来ます 鳴声: おしゃべり好きが多く、一般の猫とは 鳴き声 が少し違います 運動量: 1歳位までは活発に動き回りますが徐々に落ち着いてきます。 馴れればハーネスを付けて犬のように お散歩 も出来ます 環境: ベンガル猫は ストレス に弱いので特に運動できる環境が必要となります。 ベンガル猫はゴージャスな柄と歩き姿など小さな豹のようで、ベンガル猫が家に居るだけで高級感をもたらします。 また猫科最強の毛皮を持つオセロットに酷似しており光沢のある毛質と柄・毛並みなどベンガル猫は家猫最強と言えます。 ベンガル猫を飼った人達は、皆さんこの美しさに魅了され全世界で人気なのも、一度ベンガル猫をご覧頂ければご理解いただけると思います。 ベンガル猫の誕生ストーリー 原産国はアメリカ。 1970年代、イエネコと ベンガルヤマネコの交配で生まれたネコが、後のベンガルの基礎になったといわれています。 ベンガルの創始者はジーンミルさんでベンガルを世界で初めて発表したのが娘のジュディーさんです。 ヤマネコのほかに、インド、アメリカの短毛の土着ネコ、アビシニアン、アメリカン・ショートヘア、エジプシャン・マウ、シャムネコ等が交配に使われました。 特徴は 短毛種で頭は比較的小さく、丸みのあるくさび型をしています。 鼻は幅広。 目は少しつり目気味の丸い目。 脚の長さは普通で、力強く筋肉質。 尾は太い。 被毛 は密集していて、柔らかめです。 凛としつつ愛らしい顔をし、 ヒョウや ジャガーのように濃淡のある 斑点(ロゼット)といったスポテッドが人気です。 服に限らずヒョウ柄人気は永遠ですので廃れることはありません。 性格は大人しく、温厚で猫としては珍しく水に濡れることを嫌がらず水遊びを好む固体が多くても知られています。 毛色もブラウン・シルバー・ブルー・スノー・プラチナと柔らかで 光沢があり気品溢れる毛色をし、目の色も毛色に合わせたかのような美しい色彩を持ちます。 とても頭が良いのでトイレなどの躾もしやすく、人に対し愛情深いので家猫として最良の パートナーになってくれるでしょう。 1度は誰しもがお家でヒョウやジャガーのようなヒョウ柄の野性味溢れるネコ科動物を飼ってみたいと思ったことはあると思います。 その憧れの 夢の気持ちを叶えてくれるのもベンガル猫ちゃんです。 模様はスポッテッド(豹柄のブチ)とマーブル(クラシック・タビーに似た渦巻状の縞模様)の2種類があります。 このスポッテッドのなかでもヒョウやジャガーのように濃淡のある斑点模様のロゼットがよく、簡単に言うと2色の異なるカラーを持ったスポットのことです。 全種の猫のなかでもこの異なる2色のスポット、ロゼットを持つ猫はベンガル猫だけです。 現在、世界のベンガル猫から比べて日本のベンガル猫はまだまだ遅れていて世界レベルのベンガル猫ブリーダーは少数です。 黒い点のペットショップなどで見かける一般的な模様でベンガルキャット誕生の初期の柄です。 ブルーは澄み切った色ではなくスモークがかかったような色です。 プラチナベンガルは世界でもとても希少なシールシルバーのベンガルです。 シールシルバー系 通称:プラチナベンガル シールシルバーセピア、シールシルバーミンク、シールシルバーリンクスというカラーがありますがこれらの色は通称スノーとあまり変わらずベースが白です。 柄にはベージュとシルバーがあります) シールミンク、シールリンクス、シールセピアの素シール系との違いは鼻や耳の色が濃いポイントが無く柄がハッキリしていて綺麗なところです。 更に素シールと違いシャム遺伝子を持っていないブラウンとの交配でもプラチナベンガルが産まれるのも特徴の一つです。 日本でシールシルバー系の猫を繁殖できるのは当舎だけです。 当舎ではトリコロールの子が数多く産まれています。

次の

ベンガルファミリーとベンガル猫とは

スノー ベンガル

ラブラードルの子犬にべったりとくっつくスノーベンガル。 ニャンついてます。 ニャンつき盛り! 乗っかっちゃう程にニャンつくスノーベンガル。 子犬も満更ではない御様子ね! スノーベンガルの値段・価格 ざざっと検索したところ、おおよそ10万後半~30万程度でした。 血統や模様などで販売価格は大きく変わるのは他の犬猫と同じ。 私が買っていた犬は2~3kgにしか成長しない小型犬だったのに6kgになった。 血統書もついていたし結構なお値段だったのにな。 血統が悪かったのかな。 でもまあ可愛かったからな。 仕方ないな。 笑 スノーベンガルの里親さんやブリーダーも日本に結構いらっしゃるようですし子猫生まれたよ情報もたくさん見つかりました。 なので入手はさほど困難では無さそうな感じです! あーこんなコと一日中遊びたいぜ! イイナと思ったらシェア・ツイートしてもらえると管理人が凄く喜びます。 ぜひ!.

次の

●ベンガルとは

スノー ベンガル

ベンガルの特徴 ベンガル猫とは 近年、ベンガル猫は数ある猫種の中でもトップクラスの人気となりつつあります。 国内のペットショップでも、最近見かける機会が増えてきたのではないでしょうか。 ヒョウ柄の独特な見た目が特徴の猫種ですが、最近ペットショップでも見かけることが多くなってきたのではないでしょうか。 ベンガル猫は、もともと猫の白血病の免疫を持つ、ベンガルヤマネコからワクチンを作ることを目的として誕生した交配種です。 そのワイルドなルックスとは裏腹に、非常に甘えん坊で賢い猫種で、そのギャップも人気の秘密でしょう。 種類は、毛色が「ブラウン」「シルバー」「スノー」の3色、また、柄が「スポッド」「マーブル」「ロゼット」の3種類があります。 現在では世界最大の血統登録機関であるTICAでのベンガルの登録数は6万頭を超えると言われています。 そのような経緯からベンガル猫は 猫白血病にかかりにくい猫種とされます。 家の中にベンガルがいるだけでも、ゴージャスな雰囲気をかもしだします。 基本的に短毛なのでブラッシングはあまり必要なく、手ぐし程度で大丈夫です。 また独自の特徴としては猫にしては珍しく水に濡れることも嫌がらず水遊びが出来るという事です。 ベンガル猫の価格は何で決まる? 【月齢】 月齢が若ければ若いほど高くなります。 これはベンガル猫に限ったことではなく、他の猫でも犬でも同じことがいえます。 猫の年のとり方は人間とは大きく違います。 1年ほどで一気に成猫になります。 そこからはゆるやかに年をかさねていきます。 そんな猫たちの子猫の時期はあっという間にすぎてしまうというわけです。 しかし猫を飼いたいと思う人は、小さなころから育てたいと考える人が多くいるため、小さな子猫たちに人気が集中してしまうのです。 また、3か月くらいまでの子猫たちは、環境に慣れるにも柔軟な時期であるということもポイントです。 逆に1歳を超えた猫たちは、子猫に比べ比較的安く手に入れることができるようです。 【血統】 血統書にはその猫の出生について書かれています。 人でいう場合の戸籍ともいえるでしょう。 血統書でわかることはその猫の特徴や血縁関係です。 被毛の色、目の色、生年月日、繁殖した人の名前などの他に、両親の名前や兄弟のこともわかるようになっています。 そこからその猫が種の純血であるかどうか、近親で交配されていないかなどを確認することができます。 つまり血統書は証明であり、その証明があるかないかで価格が大きく変わってくるのです。 【被毛の色】 ベンガルの被毛の色は3種類あります。 スポッドの中でもヒョウやジャガーのように濃淡のある斑点で、それぞれの模様が円形になっていることが特徴です。 このロゼット模様が人気であり、綺麗な模様になればなるほど高価となる傾向があります。 また、毛のツヤは最も高級感があるビジュアルと言われ、ベンガル猫特有の光沢は「グリッター」と呼ばれる金色の毛質で、手触りはシルクのようで猫の中でNo. 1と愛好家は言います。 ベンガル猫の価格事例 基本的にベンガルのスタンダードとよばれる、ベンガルの基準 目の形や色、耳の形、骨格 近ければ近いほど価格があがります。 また、模様のでかたによっても価格は大きく変わってきます。 子猫たちが健やかに成長できるように、ストレスをためない生活づくりをこころがけましょう。 毎日の食事 一般的な猫と同様、欠かすことのできない食事。 キャットフードひとつとってもさまざまなタイプのものがあります。 ウェットタイプのものやドライタイプのもの。 子猫の月齢や成長にあわせて、その子猫に合った食事をさせてあげてください。 キャットタワー ベンガル猫はとても遊び好きで体力もあります。 一緒にたくさん遊んであげることが重要です。 運動不足ではストレスもたまってしまいます。 キャットタワーを設置することも効果的です。 運動好きのベンガル猫には、高低差のあるものをおすすめします。 トイレ 食事同様に必要なものです。 ベンガル猫は賢いのでしつけがはいりやすく、トイレもすぐに覚えてくれます。 必ず教えてあげましょう。 食器 キャットフードを入れて食事するための入れ物です。 重さのあり安定感があるものが、食事中に動かずに使いやすいです。 爪とぎ 爪とぎは用意してあげることで、家や家具を守ることができます。 ベンガル猫に限らずに必要なものとなります。 おもちゃ 遊び好きで賢いなベンガル猫は一人遊びも上手です。 専用のおもちゃがあれば、暇がない時でも一人で遊び運動不足を解消できます。 ブラッシング用品 短毛ですが、ブラッシングをしてあげることできれいな被毛を保つことができます。 屋内飼育では汚れることもありませんが、コミュニケーションのひとつしてブラッシングを習慣づけてあげましょう。 ケージ 自分の居場所としてケージを用意します。 来客や災害のときにケージに慣れていると、猫自身も落ち着いていられます。 キャリーバッグ 動物病院や外出時に必要となります。 突発的な事故を防ぐだけでなく、猫自身にも安心感を与えることができます。 ペットショップとブリーダーどっちがお得? ペットショップで子猫を迎え入れる場合とブリーダーさんから譲ってもらう場合、どちらがお得と言えるのでしょうか。 ペットショップは、気軽に見に行くことができ、手に入れられるというメリットがありますが、もともとペットショップもブリーダーから買い付け価格を上乗せしていますので、一般的にはブリーダーから直接購入するよりは割高になります。 親やほかの兄弟との関係性をみることができないこともデメリットのひとつになるかもしれません。 一方、ブリーダーから譲ってもらう場合は、キャッテリーの見学が一般的ですので、自分の目で親や飼育されている状況などを確認することができますし、実際に飼育されているブリーダーに子猫について話を聞くことができるのは大きなメリットです。 わからないことは説明をしてもらえますし、心配なことにも答えてくれるでしょう。 これからの猫と生活をするにあたって、良き相談相手になってくれます。 また、ペットショップを挟まずに直接購入をするので、価格も比較的安く抑えることができます。 一般的に、お迎えしたい猫種が決まっている場合には、ペットショップで子猫を探すのではなく、ブリーダーを探した方がメリットは大きいと言えます。 ブリーダーさんは、子猫たちの幸せを重要視しますので、購入される飼い主さんの適正によっては売ってくれない場合もありますが、とはいえ、そんな気難しい人ばかりというわけでもありませんので、是非見学に行かれることをお勧めします。 マーベラスキャッツのベンガル子猫たち マーベラスキャッツはTICA認定キャッテリーで健康で元気に育ったベンガル子猫たちがいます。 以下、現在お迎え可能な子猫たちをご紹介いたします。 食欲旺盛で元気なハンサム男子です。 4兄弟の末っ子として生まれてきました。 一番小さく86グラムでしたが現在は体重も他の兄弟達に追いつきました。 離乳食を始めてからは一番食欲があります。 ロゼットは大きくありませんが体中にしっかりとあります。 将来はとても綺麗なベンガルに成長すると思います。 -価格: 270,000 円(税込) -お渡し予定日:2018年1月12日 可愛い顔したロゼットガールです。 両親の良い所を受け継いで素晴らしいコントラストと大きなロゼットがバランス良く入っています。 -価格: 320,000 円(税込) -お渡し予定日:2018年2月4日 まとめ ベンガル猫は人気の高い猫です。 様々な模様と色があり、希少価値の高い種類になるととても高価になります。 さまざまな種類がいますので、ブリーダーさんのところで自分に合ったベンガル子猫をさがしてみてください。 人懐こく遊び好きなベンガル子猫は、一緒に生活していくうえで、あなたの素敵なパートナーになってくれることでしょう。

次の