スキーゴーグル。 スノボゴーグルは初心者も必要?スキー場での曇りや日焼け対策法 [スノーボード] All About

古いスキーゴーグルのスポンジ交換!

スキーゴーグル

雪を被った山々と白銀のゲレンデで非日常な空間を楽しめる「スキー」や「スノーボード」。 そんな楽しい空間をより快適に過ごすためにはゴーグルが欠かせません。 サングラスでも代用できるのではと思われるかもしれませんが、吹雪や強風が隙間から入り込んでしまうので、やっぱりゴーグルが便利。 しっかり装着できるので、転倒しても紛失する恐れもありません。 また、 UVカット機能の付いたゴーグルで、目へのダメージを軽減することも可能。 スキー場は、雪への反射や標高の高さから紫外線量が多いため、サイドも防御できるものが安心です。 スキーやスノーボードでのゴーグルの装着は、見た目以上に安全面で重要。 視界を確保するための機能もいろいろありますので、ぜひチェックして思いっきり滑れるアイテムを見つけてくださいね。 オールマイティに使うのであれば、「可視光線透過率」が50%前後の商品を選んでおくと安心できますよ。 可視光線透過率とは、ゴーグルのレンズ外から中に入ってくる人が見える光の割合のこと。 低すぎると視界が悪く、高すぎると眩しくなってしまいます。 50%前後の可視光線透過率のレンズは、晴れた日だけでなく曇りの日にも対応が可能。 天気に合わせてゴーグルのレンズをわざわざ交換する必要もありません。 ただし、昼間の使用に適した数値なため、 毎回ナイターでスキーをする方は、90%ほどの可視光線透過率の製品を選ぶのがおすすめです。 日中とナイターでは選ぶレンズが変わりますので、時間を問わず楽しみたい方は両方とも用意しておきましょう。 滑走中にレンズが曇って視界が遮られると大変危険です。 そのため、曇りにくい「ダブルレンズ」タイプのゴーグルを選ぶのがおすすめ。 2枚のレンズの間にある空気層が断熱効果を発揮し、ゴーグルの内部と外部の間に気温差が生じにくいため、曇りにくい構造になっています。 価格は少し高めですが、一旦曇ってしまうと都度ゴーグルを外す必要があるため、急な吹雪などに対応できない場合も。 どのゴーグルにも基本的に曇り止め効果はありますが、 より安全に楽しむためにもダブルレンズタイプを選びましょう。 ただし、 機能よりも価格重視で選ぶなら「シングルレンズ」もあり。 安価なものであれば2000円台から購入することもできます。 中級者コース以上での利用はあまりおすすめできませんが、麓の初心者コースで滑る方や雪遊びをする方にはおすすめですよ。 レンズの色は見た目だけではなく見え方にも関わる部分なため、天候や時間帯などを考慮して選ぶのがおすすめ。 快晴でカンカン照りの日や 明るい時間帯の場合は、コントラスト比が高いブルーや、眩しさを抑えてくれるグレーなどの濃色系がぴったりです。 晴れ間があって明るい場合でも見やすいので、オールマイティに使う方のチョイスとしておすすめですよ。 完全な曇天やナイターには、暗い場所でも視界の確保がしやすい無色のクリアやイエローなどが適しています。 レンズの色は、天候や時間帯にあった色でないとゲレンデの凸凹が見にくくなって危険です。 スキーを楽しむ時間帯に合わせて、レンズの色を選んでくださいね。 視界を広くして安心した方におすすめなのが本製品。 今まで見えなかった視界までも捉えることができ。 周辺の状況を的確に判断できますよ。 また、スミス独自の「クロマポップレンズ」採用により、鮮明なコンストラクトも実現。 雪面の凸凹がとても把握しやすく、スムーズなライン取りや危険把握もお手のもの。 「調光レンズ」採用で、天候や時間帯の変化に合わせて30%から50%の間で可視光線透過率を自動調整してくれる優れものです。 レンズ交換をする手間が省けますよ! また、 合わせてクロマポップレンズも採用し、現在いる状況での最高の視野を提供してくれるのが嬉しいポイント。 もちろん雪面の凸凹も把握しやすく、ストレスフリーで快適なスキーやスノボーを楽しむことが可能です。 可視光線透過率 30%~50% レンズ種類 ダブル レンズ形状 球面 レンズ色 Photochromic Rose Flash(調光) UVカット - その他の機能 調光レンズ コスパ重視でお探しの方は、こちらを選ぶと満足できますよ。 UV400カットやメガネ対応にダブルレンズなど、必要な機能が揃いながら安価なのが最大の魅力。 旅行でスキーやスノボーをするという方や、とりあえず購入するという方にもぴったりです。 また、 安価でありながら、4種類のレンズ色を選べる点も嬉しいところ。 友達と一緒に購入しても、それぞれで個性を出すことができますよ。 球面レンズ採用で耐久性が高く、転倒しても壊れにくいのも特徴です。 とてもコスパが良いので、初心者の方には特におすすめのスキーゴーグルです。 9%以上カット) その他の機能 メガネ対応 調光レンズ - メガネ対応・フレームレス メガネ対応・フレームレス - - 偏光レンズ・メガネ対応 - 偏光レンズ・メガネ対応(小型のみ) 商品リンク• スキーゴーグルはメンテナンスが必要不可欠!まず大前提として、 スキーゴーグルを保護するためにハードケースに入れることが重要。 単体でバッグに入れてしまうと、圧力でフレームが歪んでしまうことがあるため注意しましょう。 スキーやスノボーを楽しんだら、できればフレームからレンズを取り、1日間ほど乾燥をさせます。 水洗いできるレンズの場合は、乾燥させる前に軽く水洗いを行いましょう。 水滴は、専用のクロスで優しく拭き取ります。 雑巾やタオルなどで拭いてしまうと、レンズの色が剥がれてしまうので注意してくださいね。 乾燥剤は100円ショップなどでも売られていますので、事前に準備しておきましょう。 湿気対策をすることで、曇り止め効果をより長持ちさせることができますよ。

次の

スキーゴーグル(キッズ・ジュニア)ならスキー用品通販ショップ

スキーゴーグル

スキーやスノーボードにかかせないアイテムのひとつがゴーグル。 種類も機能も数多くあり、選ぶのに悩んでしまいますね。... スキーのゴーグルが曇る原因 スキーのゴーグルは何故曇ってしまうのでしょうか?その原因について、詳しくご説明します。 ゴーグルの中の温度と外の空気の温度差 まずスキーをしているときの ゴーグルの中の温度と外の空気の温度差、これがスキーのゴーグルが曇る原因として考えられます。 外の空気中の水蒸気が、ゴーグルのレンズ表面に付着して曇ってしまいます。 一般的なゴーグルは、ダブルレンズにする等でこの原因による曇りを避ける対策をしていますが、全ての曇る原因に対応できるわけではありません。 曇り止め用のコーティング剤をふき取ってしまった 次に、上記ダブルレンズのよる対策のほかにも、最初から曇り止め用のコーティング剤をレンズに吹き付けてあるゴーグルも販売されています。 が、濡れなどによりレンズを布でふき取ったときに、 この曇り止め用のコーティング剤も一緒にふき取ってしまうこともあります。 そうなると、ゴーグルはだんだん曇りやすくなってしまいます。 顔にフィットしないゴーグルを使っている 顔にフィットしないゴーグルを使っていると、顔とゴーグルのすき間から雪が入ってしまい、ゴーグルのレンズ内部が曇ってしまう原因にもなります。 経年劣化によるもの 最後に、ゴーグルの経年劣化によって、レンズの表面に傷がついてしまい、曇りやすくなるといったケースもあります。 スキーのゴーグルが曇る状況 それでは、スキーのゴーグルはどういったときに曇ってしまうのでしょうか?ゴーグルは外側・内側、それぞれが曇る状況があり、1つだけの場合/複数パターンが組み合わさった場合があります。 その状況について、詳しくご説明します。 ゴーグルの外側が曇るのは、寒い場所から温かい場所へ移動したとき ゴーグルの外側が曇ってしまうのは、寒い場所(気温が低いゲレンデ)から、温かい場所(レストランなど)へ移動したときです。 急な温度差によって起きる現象です。 ゴーグルの内側が曇るのは、自身の汗やゴーグル内に入った雪が溶けて水分になったとき ゴーグルの内側が曇ってしまうのは、自分自身の汗や、ゴーグル内に入った雪が溶けてしまい、水分になったときです。 このゴーグル内部の水分は、 水蒸気になりレンズを曇らせたのちに、レンズ内に付着し凍ってしまい、長い間ゴーグルの曇りがとれないといった原因にもなってしまいます。 なお顔にフィットしないゴーグルを使っている場合も、こちらと同じ現象が起きてしまいます。 スキーのゴーグルの曇り止め対策 それでは、スキーのゴーグルの曇り止め対策にはどんな方法があるのでしょうか?これから詳しくご説明します。 曇り止め剤を使う まずはもっとも一般的な曇り止め対策に「曇り止め剤を使う」といった方法があります。 ゴーグルの曇り止め・・・と考えると、多くの人がまず考えるのが曇り止め剤を使って、ゴーグルのレンズをコーティングする方法ですよね。 どんなに布でふき取っても曇ってしまうゴーグルレンズには、 もっとも有効な方法となりますよ。 スキーへいくときは準備しておくと安心なアイテムですね。 顔にフィットしたゴーグルを選ぶ スキー用のゴーグルを購入する際に、 顔にフィットしたゴーグルを選ぶようにすると、曇り止め対策にもなります。 顔にフィットしないゴーグルを使っていて、そのすき間から雪が入ってしまうと、ゴーグルのレンズ内部が曇ってしまう原因の1つとなります。 より自分の顔にぴったりフィットしたゴーグルを選ぶようにしましょう。 曇り止め用の代用品として、台所洗剤や歯磨き粉などを使う ゴーグル用の曇り止め剤の代用品として、 「台所洗剤」「歯磨き粉」などを使うといった方法もあります。 最初から曇り止め効果のあるゴーグルを購入したり、曇り止め剤を準備しておく方法ももちろん有効なのですが、「今すぐになんとか曇り止めしたい!」といったときに、持っているものから曇り止め剤の代用品として使えたら便利ですよね。 台所洗剤(中性洗剤)は、ちょっとだけ原液を指に乗せて、ゴーグルのレンズ内側に塗ってみましょう。 その後すぐに水で濡らし、軽く絞ったコットン等で軽くこすって付着させてから、レンズ全体をよく水ですすいでください。 その後、乾いてしまう前にゴーグルを装着すると、曇り止めの効果があります。 なお ベビーオイルでも同様の使い方ができますよ。 また台所洗剤で効果があまり感じられない場合、もともと最初から吹き付けてあったコーティング剤が中途半端にとれてしまい、その油分で曇っている可能性も考えられます。 この 古いコーティング剤を完璧に落としてからでないと、台所洗剤を使った曇り止めに効果は期待できません。 まずは古いコーティング剤を「歯磨き粉(研磨剤が入っていないタイプ)」を使って落としてください。 その後台所洗剤で曇り止めの対策をしてみましょう。 手の甲で顔の表面の熱をとってから、ゴーグルをつける ゴーグルが曇ってしまうのは、結局のところ、ゴーグル内部と外部の「温度差」が原因となります。 ということは、温度差無く、ゴーグルを装着するように気をつけると、曇ってしまうのを防ぐことができるのではないでしょうか。 特に滑り始める前や休憩が終わったあとは、温かいところにいるために体温や顔の温度も上がっていますよね。 その状態の温かい場所でゴーグルを装着すると、ゲレンデの気温(=ゴーグル外側)と顔の温度(=ゴーグル内側)の温度差が大きくなり、曇りやすくなってしまいます。 よってゴーグルの曇りを防ぐには、 一旦ゲレンデに出て、(手の内側は体温が高いため)手の甲で顔の表面の熱を取ってから、ゴーグルを装着するようにしてみましょう。 フェイスマスクを着用するときは、鼻の上の生地を外側に折り曲げる ゴーグルの下にフェイスマスクを使うときは、 鼻からの空気がゴーグルの中に入らないように気をつけることで、ゴーグルが曇ってしまうのを防ぐことができます。 通常はゴーグルの下側でフェイスマスクの生地を挟んでズレないように装着するケースが多いと思いますが、この方法だと鼻からの温かい空気がゴーグルの内部に入ってしまい、ゴーグルのレンズ内側が曇ってしまいがち・・・。 よってフェイスマスクをつけるときには、鼻の上の生地を外側に折り曲げる(ゴーグルの下側でフェイスマスクの生地を挟まない)など、鼻から出る空気がゴーグルに入らないよう調整して、ゴーグルを装着してみましょう。 またフェイスマスクがズレないようにするためには、耳かけゴムがあるフェイスマスクを利用したり、後頭部にマジックテープで止めるときにゴーグルのバンドに生地を挟むなど、他の方法で対応するようにしてみましょう。 ダブルレンズのゴーグルを使う ゴーグルには「ダブルレンズ」というレンズが2枚ある商品も販売されています。 レンズが2枚あることで、 ゴーグル外側と内側の温度差を押さえやすくなり、レンズが1枚の商品よりは曇りやすくなる利点があります。 要するに、ゴーグル内側のレンズが外側の空気に直接ふれることがないため、ゴーグル内部のレンズ付近の温度と、内側と外側のレンズ間の温度差を小さくできる仕組みとなります。 最近のゴーグル商品は、ある程度の品質のものを選ぶとダブルレンズになっていますが、ダブルレンズでない商品も販売されているため、ゴーグルを購入する際にチェックするようにしましょう。 スキーのゴーグルの曇り止め剤 先ほど、スキーのゴーグルの曇り止め対策には「曇り止め剤」が一般的だとご紹介しました。 やはりゴーグルの曇り止めに特化した専用の商品なので、それなりに効果も高く、長持ちしますよ。 それでは曇り止め剤にはどういったタイプの商品があるのでしょうか?ここではまずそれぞれのタイプの特徴をご説明します。 スプレータイプ 一番使いやすいのが「スプレータイプ」の曇り止め剤です。 曇り止め対策をしたいゴーグルに、シュッ!とスプレーを吹きかけるだけで手軽に使えるのが魅力的。 手袋をしたままでも、広範囲に使えるのが便利ですよ。 ただし、エアゾールを使ったスプレー缶タイプは注意が必要です。 というのも、暖房の近くなど温度の高い場所では破裂の恐れがあります。 もしストーブのそばに置く可能性が少しでもあるのなら、エアゾールを使っていないミスト形式のスプレー商品を選ぶようにしましょう。 もし曇り止め剤の商品を使って対策するときは、レンズの加工に対応している商品かどうか?必ずチェックして使うようにしましょう。 曇り止め機能のあるスキーのゴーグル スキーのゴーグルの曇り止め対策にもいろいろな方法がありましたが、「最初から曇り止め機能のついたスキーのゴーグルってないのかな~」と考える人も多いのではないでしょうか? 確かに最初から曇り止め機能が付いていれば、どういった対策をしたらよいか?など面倒なことを考えずに滑りを楽しむことができて、気分的にも楽ですよね。 そんな方のために、ここでは曇り止め機能のあるスキーのゴーグルについて、ご紹介します。 ヒートレンズがついたゴーグル ゴーグル商品の中でも、 曇り止め対策としてもっとも有効なのが、ヒートレンズがついたゴーグルです。 こちらの商品には、レンズ部分に、非常に強力なファンの曇り防止機能(換気機能)がついており「曇ったな」と感じたときにスイッチを入れると、すぐに曇っているのが防止できる仕様となっています。 またこの機能付きのゴーグルのほとんどの商品では、 センサーによる感知システム付きで、ゴーグルのレンズ内の温度が高くなると、自動的に発動し、レンズの曇りや凍結を自動的に防止できるのも魅力的ですよ。 ヒートレンズがついたゴーグル商品は、他の一般的なゴーグル商品と比べて、かなり高価なものばかりなのがデメリットですが、曇り止め対策としてはそれなりの価値が感じられるはず。 ぜひ一度試してみてくださいね。 曇り止め加工を施したゴーグル そしてゴーグルのレンズ内側に、特殊な曇り止め加工を施したゴーグル商品も販売されています。 ゴーグルのフレーム内にあるベンチレーションとの相乗効果によって、クリアな視界を実現してくれるのはとっても魅力的。 スキー場でも販売しているような安価なゴーグル商品との違いとしては、基本的にこの特殊は曇り止め加工がされているかどうか?が関係しています。 なお、曇り止めの中に、水分を多く保持できる機能を持つものがやはりより高価で、安い商品だとその許容量が少ないために曇ってしまうのもあっという間・・・。 やはりゴーグル商品の値段はそれなりの品質に比例しているものだと考えましょう。 なお曇り止め加工は ゴーグルのレンズの内側にコーティングされていますので、その部分はできるだけ触らないようにして使ってくださいね。

次の

ゴーグルの選び方とおすすめブランド|スキー・スノボ研究所

スキーゴーグル

ALL ITEM• メンズ• レディース• ジュニア• スキーゴーグル• 7日以内にご入金が確認できない場合にはご注文を取り消しさせて頂きます。 その為、ご注文のタイミングによりましては売り切れの場合もございます。 万が一、ご注文の商品が完売の際にはメールにてご連絡致します。 ご了承下さい。 実店舗とは別事業部のショップですので、価格・決済方法等が異なります。 予めご了承下さい。 免責事項について 商品掲載には細心の注意を払っておりますが、商品名・商品説明・価格等の誤記載がある場合、 大変申し訳ございませんが、ご注文を取り消しさせていただく場合がございます。 予めご了承ください。 実店舗販売価格とWEB販売価格は異なります。 同梱について 追加でご注文されたい場合は、追加のご注文時、通信欄に最初のご注文の受注番号をご記入頂き【同梱希望】とお書き下さい。 もしくはキャンセルフォームより、先のご注文をキャンセルして頂き、再度ご注文下さい。 (*受注配送のタイミングによりご希望に添えれない場合があります。 ) 通信欄に記載が無い場合、別々で発送される事もございます。 異なるモールからのご注文、異なるお支払い方法でのご注文の場合も同梱は出来ませんのでご了承下さい。 オンラインショッピングについてよくある質問•

次の