フランス語 単語 基本。 すぐに役立つフランス語の基本単語集

入門〜初級フランス語単語おすすめの本4冊

フランス語 単語 基本

ここではフランス語で「黒」を表す単語やフレーズ、また「黒」というフランス語の単語を使ったさまざまなフレーズについて紹介していきます。 フランス語で「黒」を表す単語は「noir」ですが、日本語読みで「ノワール」というと「あ、聞いたことある!」となる方も多いのではないでしょうか。 その「黒」という色に対して「かっこいい」「大人っぽい」という印象を持っている人がいる一方、「黒」という言葉に対しては、どこかネガティブな印象も持つ人が多かったりするのではないでしょうか。 その証拠として、実際にはネガティブな意味や表現で使われるケースが多く、それは日本だけでなくフランスにおいても同じであるかもしれません。 しかしファッションやデザインという分野における「黒」という色はフランスの、特にフランスの女性にとって欠かせない「色」だといってもよく、普段のファッションの中で「黒」という色をとても上手に、重くなりすぎないよう、シックに着こなしています。 このようなフランスにおける「黒」という色、「黒」という言葉に対する認識も含めて覚えていきましょう。 フランス語で「黒(ノワール)」を表す単語とその発音、読み方 ここではフランス語で「黒」を表すさまざまな単語について、日本語の意味からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方について紹介していきます。 黒 フランス語で noir ノワールフ という男性名詞の単語になり、「黒色」や「黒い服」「(黒い)汚れ」「ブラックコーヒー」などを表現するときにも使われます。 また修飾する名詞の性が男性名詞なのか、女性名詞なのかによって下記のように変化します。 【形容詞 noirの変化】• noir(ノワールフ) 男性形 男性名詞を修飾する形• noire(ノワールフ) 女性形 女性名詞を修飾する形 男性形と女性形で単語のスペルは異なりますが発音は同じであるため、文章で使うときに変化に注意しましょう。 カーボンブラック フランス語 noir de carbone ノワールフ ドゥ キャルボンヌ という表現になります。 「carbone(キャルボンヌ)」はここでは「炭素」という意味の男性名詞となります。 黒髪 フランス語で cheveux noirs シュヴ ノワールフ という表現になります。 「cheveux(シュヴー)」は「髪の毛」という意味の男性名詞の単語になります。 「chat(シャ)」は「猫」を表す名詞となります。 「lunette(リュネットゥ)」はここでは「めがね」という女性名詞の単語となり、基本的には「lunettes(リュネットゥ)」という複数形で使われます。 紅茶は英語で「black tea」と表現するのと同じ表現になります。 「chanteur(シャントゥールフ)」は「歌手」という意味の男性名詞で男性歌手を表すときに使います。 【名詞 chanteurの違い】• chanteur(シャントゥールフ) 男性形 男性歌手を表すときの名詞の形• 「pinot(ピノ)」は赤ワインを作るためのブドウの品種の1つで、ブルゴーニュ地方原産のブドウの品種です。 「nuit(ニュイ)」は「夜」という意味の女性名詞の単語になります。 ここでは形容詞「noir(ノワールフ)」が修飾する名詞「nuit(ニュイ)」が女性名詞であるため、女性形「noire(ノワールフ)」に変化しています。 「magie(マジィ)」は「マジック」「奇術」「魔法」という意味の女性名詞の単語になります。 ここでは形容詞「noir(ノワールフ)」が修飾する名詞「magie(マジィ)」が女性名詞であるため、女性形の「noire(ノワールフ)」に変化しています。 「caisse(ケス)」はここでは「現金」「資金」という意味の女性名詞の単語になります。 ここでは形容詞「noir(ノワールフ)」が修飾する名詞「caisse(ケス)」が女性名詞であるため、女性形の「noire(ノワールフ)」に変化しています。 「film(フィルム)」はここでは「映画」という男性名詞の単語になります。 「humour(ユムール)」は「ユーモア」という意味の男性名詞の単語になります。 「liste(リストゥ)」は「一覧表」「リスト」「名簿」という意味の女性名詞になります。 ここでは形容詞「noir(ノワールフ)」が修飾する名詞「liste(リストゥ)」が女性名詞であるため、女性形の「noire(ノワールフ)」に変化しています。 「trou(トロホ)」はここでは「穴」「くぼみ」という意味の男性名詞の単語になります。 また「trou noir(トロホ ノワールフ)」は「精神的な落ち込み」を表すフレーズとしても使われます。 「blanc(ブロン)」は「白」という意味の男性名詞となり、ここでは「白黒はっきりする」という意味の表現になります。 イル フェ ノワールフ という表現になります。 「fait(フェ)」はここでは「(天気や気候など)〜である」という意味の動詞になります。 トォン ノワールフ という表現になります。 「temp(トォン)」はここでは「天気」「天候」という意味の男性名詞の単語になります。 フランス人も「黒」という言葉に対して、ネガティブなイメージを抱いているという点では同じですが、色としての「黒」に対しては、ファッションや生活、デザインの中にカッコよく、シックに取り入れ、使いこなしています。 また注意して見てみると、私たちの生活の中で目にするものの中にも、フランス語で「黒」を表す「ノワール(noir)」という言葉が思ったよりも多く使われていることに気づくのではないでしょうか。

次の

フランス語単語帳を200%使い倒す暗記方法

フランス語 単語 基本

フランス語の基本知識 フランス語学習ネット講座 フランス語の基本知識 フランス語を学ぶにあたり、フランス語の使用地域や歴史、フランス語の名詞、冠詞、フランス語の動詞、否定文・疑問文の作り方、フランス語の発音など、フランス語の基礎知識を紹介します。 フランス語とは フランス語の歴史と使用地域 フランス語は俗ラテン語から変化した、フランス北部のオイル語が発祥とされてます。 そのため、フランス語文法やフランス語の語彙は、ラテン語から受け継いだものが多く、同じ語源のイタリア語・スペイン語・ポルトガル語などとは文法や語彙が類似しており、フランス語をマスターすればこれらの言語を習得するのもかなり楽になります。 かつてフランス語の方言には、大きく分けて、北部で話されるオイル語と、南部で話されるオック語と2種類ありました。 次第に、経済的に豊かな北部が南部を圧倒するようになり、オイル語はフランスの国民言語としての地位を確立しました。 現在のフランス語というのは、このオイル語を受け継いだものです。 フランス語の使用地域 フランス語はフランス共和国はもとより、フランスの4つの海外県(グアドループ、マルティニーク等)、4つの海外領土(仏領ポリネシア、ニューカレドニア等)をはじめ、ベルギー、スイス、カナダ、北アフリカや西アフリカの諸国等で多くの国で話されてます。 フランス語の話し手は約9,000万人います。 およそ7,000万人がフランス語を母語とする人々です。 フランス語は世界で2番目に多くの国で使用されている言語ですので、頑張ってフランス語を勉強する価値はあります。 フランス語の学習法 ランス語は、発音、文法ともに規則がはっきりしており、いかに始めにしっかり基礎を身に付けるかが、上達のカギとなってきます。 ただ「駄弁る」だけの会話レッスンでは習得は難しいでしょう。 フランス語をマスターするには、正しい学習法で教えられる、FLE講師(外国人のためのフランス語教授法)から適切なレッスンをうける事が大切です。 当教室では、バイリンガルFLE講師による効果的な個人レッスンを行っております。 安心して発音からしっかり学べるオンラインレッスン開講中(1レッスン3,990円〜)• 安心安全オンライン個人レッスン 3,990円から 発音からしっかり指導• フランス語の名詞と冠詞 フランス語の名詞はすべて女性名詞と男性名詞に分れてます。 人や動物だけではなく、物にも性別があります。 文の中で名詞を使うには、冠詞、指示形容詞、数形容詞などを前につけるのが原則です。 冠詞も男性・女性によって変化します。 名詞と冠詞を一緒に覚えるようにすれば、自然に性別も覚えられます。 フランス語人称代名詞 私 君 彼 彼女 人は 人々は 私達 口語 etc 私達 貴方 貴方達 君達 彼ら 彼女ら je j' tu il elle on nous vous ils elles フランス語の動詞 フランス語の動詞は人称によってそれぞれ変化(活用)します。 je 「私は」、tu「君は」、il「彼は」、elle「彼女は」、on 「私達は(口語)、人は」、nous「私達は」、vous「あなたは」、ils「彼らは」、elles「彼女らは」の9つですが、il , elle, on と ils, ellesの活用は同じですので、je, tu, il, nous, vous, ils の6つのパターンを勉強しましょう。 フランス語の否定文 動詞を「ne」 と 「pas」 ではさみます。 (動詞が母音または無声のhで始まっている動詞の前は「n'」となります。 ) <例> Je suis Japonaise. フランス語疑問文の作り方 疑問文を作りかたは3つあります。 意味は同じですが、倒置疑問は格調の高いイメージで、日常会話ではそのまま語尾を上げるだけで充分通じます。 平叙文の最後に「? 」をつけて語尾を上げる。 -Vous avez des croissants? 平叙文の文頭に「est-ce que」をつける。 -Est-ce que vous avez des croissants? 平叙文の主語と動詞を倒置する。 -Avez-vous des croissants? フランス語の文の作り方 肯定文は英語と同じように「主語+動詞」で始まります。 フランス語基本構文については当サイトの【ネット講座・文法】の【フランス語基本構文】コーナーをご参照下さい。 フランス語の発音と綴り字 フランス語の発音と綴り字の関係は規則的で、初めに規則を覚えてしまえば、ほとんどの単語が簡単に読めます。 発音を大人になってから学ぶ場合は、ただフランス人の音のまねをするだけではなかなかできるようにはならず、舌の位置など音声学、発音の仕方を熟知しているフランス語講師から適切な指導をうけることが重要です。 初期の段階できちんと指導をうければ、難しいと思われるフランス語[r]の発音もマスターできます。 フランス語発音については当サイトの【ネット講座】の【フランス語発音】コーナーをご参照下さい。

次の

初級から抜け出たよ〜!わたしの初級の頃のフランス語勉強法

フランス語 単語 基本

<目次>• 発音も簡単ですし、とっても覚えやすい単語ですよね。 それは、eの上にくっついている2つの「てんてん」。 フランス語では、例えばaiという綴りは「アイ」という風に母音を別々に発音するのではなく、1音で「エ」と読むというふうな読み方の規則があります。 この決まりに関してはまたの機会に詳しくご説明したいと思いますが、そうした母音の重なりに、この「トレマ」がくっついていると、母音を1音づつ切って発音することになります。 たかが、「てんてん」されど「てんてん」ですよ。 フランス語におけるノエルがらみの基本単語 それでは、早速ボキャブラリーの増加に努めてまいりましょう。 以下、簡単にノエルがらみの単語をまとめてみましたので参考になさってください。 その他の名詞に関しては(m)が男性名詞(f)が女性名詞を表します。 ノエルがらみの単語は、まだまだいろいろありますが、辞書をお持ちの方は、まずは上記の単語の細かい意味を調べてみられるとおもしろいですよ。 フランス人はどんな風にノエルを過ごすの? では、フランス人はいったいどんな風にノエルをお祝いしているのでしょうか?結論から言えば、家庭や宗教によって異なります。 あたりまえといえば、あたりまえですよね。 ここで、ご紹介するのはあくまでも私の友人に教えていただいたクリスマスの過ごし方ですので、一例として読んでいただければと思います。 「catholique(カトリック)の家庭では、普通クリスマスイウ゛の日に、la messe(ラ メッス/ミサ)にでかけます。 普通は夜中に行われるミサですが、19時頃から開始されるenfants(アンファン/子供)用のミサもあります。 ミサから帰った後、ツリーの下におかれたles chaussures(レ ショスュール/靴下)の中にあるles cadeaux(レ カド/プレゼント)を開けます。 子供がサンタクロースを信じているかどうかは家庭によって異なります。 それから、食事。 もちろん、おいしいdessert(デセール/デザート)も忘れてはなりませんよ」 と、まずはクリスマスイヴの過ごし方をご紹介しましたが、完璧に日本の大晦日パターンですね。 フランスのノエルは日本のお正月 それでは、今度はクリスマス当日の過ごし方をみてみましょう。 これまた、日本のお正月パターンを思わせる内容です。 「24日は、基本的には家族だけで過ごすのですが、翌日はgrands-parents(グラン パラン/祖父母)や親戚一同が集まります。 プレゼント交換をした後で、またまた大食事会。 お祝いは1日中続き、食事も長時間おこなわれます」 この家族の間で行われるプレゼント交換が、おそらくは、日本とは一番異なるところでしょう。 先日パリに滞在したときも、ちょうどノエル前ということもあって、それはそれはものすごい量のプレゼントを買い込むフランス人たちに遭遇しました。 大人も子供もみんなでプレゼント交換。 さすがに、ものすごい金額になるらしく、最近は大人同士のプレゼント交換はやめようという決定をする家庭もあるようです。 お金がかかるという点でも、フランスのノエルと日本のお正月は似ているかもしれませんね。 それでは、最後にみなさんへのメッセージをかねて、大事な一言、「メリークリスマス」をフランス語で覚えていただきましょう。 ジュワイユー ノエル.

次の