ドキドキ する 言葉。 ドキドキする言葉【男性編】6つ

キュンとする言葉ランキング!女子がキュンしちゃう言葉1位は?

ドキドキ する 言葉

「私のにの腕ってすごいぷよぷよしてるんだ。 触ってみて」「髪の毛がサラサラになったの。 触ってみる?」とか、こんな言い方で女性の体を触らせます。 女性からの誘いは男性としてはとても嬉しいもので、「会いたい」という言葉は、その中でもドキっとする言葉です。 ただし、まだ知り合って間もない男性に言うと「軽い女」と思われてしまうため、ある程度仲良くなってから言うようにしましょう。 スポンサードリンク 男性をドキドキさせる言葉:相談したい 女性から「 相談したい」と言われると、男性からすると「俺を頼りにしてくれている」「俺の好意があるかも」と思うので、ドキっとします。 相談からそのまま意気投合し、付き合うパターンが結構多いです。 自分のことを信頼してくれているから、相談してくれるんだと思うのですね。 これを聞くと男性は「羨ましがられているということは、この子は俺のこと好意に思ってくれているのかな」と思い、ドキドキします。 男性をドキドキさせる言葉:一緒にいると落ち着く こちらは彼氏にも彼氏ではない好きな人にも言える言葉です。 女性にその気がなくても、このような言葉を使うと、男性は勘違いしてしまうので、どうでも良い男性の前では使わないようにしましょう。 まとめ 「男性をドキドキさせる言葉」についてご紹介しました。

次の

「ドキドキする」の類義語や言い換え

ドキドキ する 言葉

女性をドキッとさせる言葉【7選】 1. 1「2人だと時間が経つのが早いね」 好きな人と一緒にいれば、時間はあっという間に過ぎていくもの。 それは誰もが知ってることですよね。 となれば、彼女の前で 「もうこんな時間かぁ。 A子と2人だと時間が経つのもあっという間だね」 と口に出して伝えてあげましょう。 ほかにも 「これさ、俺とA子の2人でやろうよ」 と言ってみるのもアリ。 「2人」というフレーズを強調することで、秘密めいたニュアンスとなり、より彼女の心を揺さぶることができますよ。 【参考】 1. 2「こういうのは男の仕事だから」 通常、女性はまわりの男を恋愛対象として見ていません。 よって彼女に「男」を意識させたい時は、こんなセリフを口にしてみましょう。 「こういうのは男の仕事だからさ、俺にまかせてよ」 主に職場で使えるフレーズですが、彼女が力仕事をしてる時に伝えることで、「この人男らしいな」と感じさせることができます。 と同時に、 「僕はあなたを女性として見ているよ」というメッセージにもなるので、一石二鳥ですね。 3「きっとお母さんも相当綺麗なんだろうね」 狙っている女性が「美人」である場合、必然的にその家族も「美形」であると考えられます。 多くの男性は「相手の容姿」だけを褒めちぎりますが、そこはあえて視点をずらし、 「きっとA子のお母さんも相当綺麗なんだろうね」 と伝えてあげましょう。 彼女自身ではなく、彼女の「母親」を使うことで、間接的に相手の「容姿」を褒めてあげるのです。 するとどうなるか? 彼女は 親を褒めてもらえた「嬉しさ」と、生まれ持った容姿に対する「喜び」の両方を感じとってくれるのです。 当然、あなたへの印象も「相当」良いものに変わっていくでしょう。 相手が美人であるほど効果を発揮するので、ぜひ試してみてください。 4「大切な人にだけ教えてるんだ」 女性と親しくなれば、食事に行く機会も増えますよね。 もちろんお店の選び方も重要ですが、店に入る前にぜひ言ってほしいセリフがあります。 それがコチラ。 「ここさ、大切な人にだけ教えてるお店なんだ」 まだ関係性が曖昧な状態で、このように含みを持たせたセリフは絶大な効果を発揮します。 ほほ告白のようなものですが、もし「大切ってどういう意味ですか?」と聞かれても、「大切は大切だよ」と適当に流しましょう。 実際に告白するまでは、「常に男として意識させておく」ことが重要です。 ちなみに男を意識させる方法については、コチラの記事でも解説していますよ。 5「彼氏が好きになったのもわかるよ」 好きな子に彼氏がいても、諦めきれない人は多いはず。 ただそんな状況でも、相手の心を掴むことは十分可能です。 たとえば飲み会などで、彼女のふとした気遣いに感動したら、「気が利くんだね」と言った後にこう伝えましょう。 「彼氏がA子のこと好きになったの、わかるよ」 この短いフレーズを口にするだけで、彼女はドキドキしながら「今のってどういう意味…」と考えるようになります。 格闘技でいえば「ジャブ」程度の一撃ですが、「僕は彼氏と同じくらい君の良さを理解しているよ」というメッセージにもなるのです。 6「一緒にいると幸せな気分になれるなぁ」 好きな人と2人きりになれば、自然と幸せな気持ちになれますよね。 そして、それを「言葉」にして伝えることで、 彼女に「ストレートすぎない好意」を伝えることができます。 いきなり「好きだよ」では引かれる可能性もありますが、 「A子といると幸せな気分になれるなぁ」 という言い方であれば、重すぎないベストなニュアンスで気持ちを伝えられます。 もちろん告白ではありませんが、彼女を一瞬「ドキッ」とさせるには十分な効果があるでしょう。 7「君のそういうところ、好きだな」 異性から「好き」と言われ、ドキッとしない女性はいません。 普段の会話でも• 「A子さんの入れたコーヒー飲むとさ、すごく落ち着くんだよね」• 「A子さんの書類はいつもキレイにまとまってるね」• 「A子さんの声は聞いてて癒されるよ」 仕事中さりげなく使ってみてください。 ただし、あまりに多様すると言葉の重みが薄くなるし、他の社員からのやっかみの元にもなるため、注意しておきましょう。 好きな女性を『完全』に惚れさせるには? 上記の言葉を伝えれば、顔を真っ赤にするほど相手をドキドキさせ、意識させることができるでしょう。 ただし、それはあくまで 「相手との関係性」がきちんと出来上がっている場合の話。 彼女に「知り合い」や「友達」としか思われていない状態では、十分な効果を得ることはできません。 それができないと、一生「友達どまり」で終わる可能性もあるので、知らないでは済まされません。 やり方はコチラの記事にまとめてあるので、彼女がほしい方はぜひ目を通してみてください。 「2人だと時間が経つのが早いね」• 「こういうのは男の仕事だから」• 「きっとお母さんも相当綺麗なんだろうね」• 「大切な人にだけ教えてるんだ」• 「彼氏が好きになったのもわかるよ」• 「一緒にいると幸せな気分になれるなぁ」• 「君のそういうところ、好きだな」 といった内容でしたね。 たった一言でも、女性をドキドキさせたり惚れさせることは十分可能です。 今あなたに狙った女性がいるのなら、ぜひ「ドキッとさせる言葉」を使ってみてくださいね。 あと余談ですが、 彼女よりも『セフレ』を作る方が、リスクも少なく簡単です。 僕もかつては 「25年間彼女ナシ」の非モテな童貞野郎でした。 そんな僕が経験人数50人越えを果たせた『秘密』や、モテるために行った事を、余す所なくお伝えしていこうと思います。 1 人気記事• 118,219件のビュー• 61,681件のビュー• 56,283件のビュー• 53,869件のビュー• 50,503件のビュー• 48,562件のビュー• 41,297件のビュー• 40,586件のビュー• 32,333件のビュー• 31,112件のビュー.

次の

「ドキドキする」の類義語や言い換え

ドキドキ する 言葉

ドキドキとワクワクとハラハラの違い ドキドキとワクワクとハラハラの違いを分かりやすく言うと、 ドキドキとは心臓が激しく鼓動することで、ワクワクは期待や希望で落ち着かないことで、ハラハラとは不安や恐怖で落ち着かないことを意味しているという違いです。 三つの言葉はどれも擬音語で、ドキドキは色々な意味で使われますが、ワクワクとハラハラは比較的使い方が限定される言葉です。 一つ目の「ドキドキ」は「心臓の激しい鼓動」を意味する言葉です。 ドキドキという言葉は身体の生理的な現象を指します。 緊張や興奮、不安などを表現するためにドキドキという言葉が使われますが、厳密に言えば感情を表現しているのではありません。 ドキドキという言葉は、激しい感情と結びついた身体感覚を表現している言葉です。 もちろん感情と感覚の間に厳密な境界線はありませんが、ドキドキは身体的なレベルの言葉だということは覚えておくべきです。 ドキドキは身体レベルの言葉なので、感情とは関係のない使い方をされることがあります。 運動後に心臓が激しく鼓動することもドキドキですし、動悸の激しさを擬音で表す時にドキドキやドクンドクンなどが使われることがあります。 二つ目の「ワクワク」は「期待や希望などで落ち着かないこと」を意味する言葉です。 この言葉は身体感覚ではなく、感情や様子を表現しています。 ワクワクはある種の心地よさ、浮遊感として経験される、ポジティブな感情や様子のことです。 三つ目の「ハラハラ」は「不安や恐怖、緊張などで落ち着かないこと」を意味する言葉です。 ワクワクと同様に感情や様子を表現していますが、意味は大きく異なり、ネガティブです。 また同じ「はらはら」と読む言葉が二つあります。 まず、花弁などがゆっくりと静かに落ちることを意味する「はらはら」です。 この意味の時にはひらがなで表記される傾向があります。 例えば「頬を涙がはらはらと流れる」などのように使われます。 次に「ハラ・ハラ」と表記されるもので、これは「ハラスメントハラスメント」の略語です。 パワハラやセクハラなどが社会問題となって久しいですが、「ハラ・ハラ」とは他人の些細な言動をパワハラ認定し、委縮させる行為のことです。 ドキドキの意味 ドキドキとは、 心臓が激しく鼓動することを意味しています。 ドキドキは、例えば「好きな人にドキドキする」のように用いられるので、何らかの感情を表現することが出来ます。 ドキドキという言葉は色々な感情を表現することが出来ます。 「好きな人にドキドキする」以外に、不安や恐怖を表現する「見つからないかドキドキする」や緊張が混じった期待を表現する「審査結果の発表を前にしてドキドキする」というような使い方もあります。 なぜこのように多くの感情を表現することが出来るかというと、それは「ドキドキ」という言葉が元々は身体のレベルの言葉だからです。 ドキドキには感情とは関係のない使い方がいくつかあります。 例えば激しい運動の後に心臓が跳ねることをドキドキと表現することが出来ます。 また動悸の程度を医者に伝える時に、ドキドキやドクンドクンなどの言葉が使われることがあります。 ドキドキとは「胸がドキドキすること」です。 ドキドキは元々は心臓の動きを表すもので、感情を表現する用法は二次的なものです。 激しい心臓の動きが色々な感情と結びつくので、ドキドキも色々な感情を表現出来るのです。 ドキドキは感情というよりも、身体感覚を表現していると言うことが出来ます。 ドキドキの類語・類義語としては、心臓の鼓動が激しいことを意味する「バクバク」などがあります。 ドキドキよりもバクバクの方が激しい鼓動という意識の強い言葉です。 というのも、バクバクには「ばくばく食べる」や、最近はあまり使われませんが「服のサイズが大きすぎて合わない」という用法があり、「サイズが大きい、頻度が高い」という意味があり、鼓動を表現する時には「心臓が破けそうな」という意味合いがあるからです。 ワクワクの意味 ワクワクとは、 期待や希望で胸を膨らませて落ち着かないことを意味しています。 ワクワクという言葉の語源は「湧く」(読み方:わく)だと考えられています。 感情が内側から激しく現れる様子を表している言葉です。 ワクワクはポジティブな感情、言わば心が躍るような気持ちを表現します。 例えば「サーカスの演技にワクワクする」や「結果の発表をワクワクしながら待つ」などのように使われます。 ワクワクは楽しい心持ちのことですが、その反面「落ち着かない」という意味を持つ言葉です。 例えば「明日の遠足にワクワクして寝付けない」というような状況を想像してみて下さい。 ワクワクの類語・類義語としては嬉しくて落ち着くことが出来ないことを見する「ウキウキ(浮き浮き)」、気持ちがはやって落ち着かないことを意味する「そわそわ」、動作がはずむように速いことを意味する「いそいそ」などがあります。 ハラハラの意味 ハラハラとは、 不安や恐怖や緊張などで気が休まらないこと、落ち着かないことを意味しています。 ハラハラはネガティブな感情です。 胸が締め付けられるような心地であることもあります。 ハラハラはワクワクと「落ち着かなさ」という点では共通しています。 ただし、ワクワクは今にも身体が動き出しそうなイメージを連想させますが、「ハラハラ」は「うろたえる」というイメージで、むしろ身体が思うように動かないことと結びつきます。 「はらはら」と読む言葉は、他に二つあります。 一つは、花や葉などの小さなものがゆっくり静かに落ちることを意味する「はらはら」です。 この意味ではひらがなで表記される傾向があります。 例えば「桜がはらはらと散っていく」のように使われます。 「雨がぱらぱら降る」の「ぱらぱら」や「バラバラにまき散らかす」の「ばらばら」と語源的に近い意味だと考えられています。 次に「ハラ・ハラ」と表記される、「ハラスメントハラスメント」の略語です。 普通はハラスメントにならないような他人の些細な言動をハラスメントだとそしり、相手を委縮させることが「ハラ・ハラ」と考えられています。 若手社員が上司や先輩の言動に対して「それはハラスメントです」と指摘することが、「ハラ・ハラ」の典型例です。 「ハラ・ハラ」はジェネレーションギャップから生じているものだと考えられています。 ドキドキの例文と使い方.

次の