三橋 貴明 まとめ。 コロナ禍に乗じた全体主義・強権政治に注意【三橋貴明】

コロナ禍に乗じた全体主義・強権政治に注意【三橋貴明】

三橋 貴明 まとめ

御指摘の内容は全て事実です。 頂戴した質問状にある内容がそのまま20年前の私の姿です。 あまりにも愚かで、いくら反省してもしきれません。 お相手の女性には、雑誌の取材に答える形ではありますが、改めて謝罪します。 申し訳ありません。 実母の死去や生活に追われ出頭することができないまま、司法機関や相手方からの強い要請もなく、裁判が収束に向かったと合点しておりました。 なお、DVおよびハラスメントについては、自分の至らなさを痛感することがあり、認知行動療法などのプログラムを受けております。 詳細な資料が手元にないため、どのような法的手続を踏んでいくべきかについていますぐ判断を下すことができず心苦しいばかりです。 今後は弁護士の指導のもと、急ぎ米国のしかるべき機関等に問い合わせ、詳細を確認した上で、謝罪と刑事手続を誠実に履行してまいります。 上記コメントのとおり、20年前のこととはいえ、あまりにも愚かであり、反省の弁すらありません。 また、この20年、本事案について真摯な対応をとってこなかったことは、実母の死や実家の零落、その後の経済的浮き沈みなど様々あったにせよ、正当化できるものではありません。 この20年のあいだに、記憶が薄れてしまっている部分があることも、加害者としての傲慢さのなせるものであり、痛烈な自己批判を加えるところです。 まずなによりも、雑誌取材起因ではありますが、被害者女性に心底からの謝罪を申し述べます。 申し訳ありませんでした。 この20年、出頭要請や被害者側からのコンタクトが一切なかったために、司法手続きが収束したものと勝手に合点していたことも、当方の過誤でしかなく反省するところです。 今回、週刊現代の取材をうけて気づきを得たため、この点に関しては、週刊現代編集部に感謝するところです。 週刊現代が指摘するところの未完了となっている司法手続きに関しては、改めて向き合いなおし、清算に取り組んでまいります。 なお、すでに、テキサス州現地の司法手続きで何が必要かどのような対応が必要かを確認するために、専任の弁護士と契約を新たに結び、清算手続きを前に進めております。 この手続きの進捗や見通しに関しましては、進展あり次第、ご報告申し上げます。 さて、ご存知の方もおられるように、私は、20年前の本件や、6年前に発生した事案(週刊金曜日が伝えた件)など、とりわけ女性に危害を加える対人トラブルを発生させています。 自分の加害癖、ハラスメント癖を痛感したのは、5年前のことでした。 自分の子供さえを含む自分の周りにいる「自分より弱い人」「自分より立場の悪い人」に対して、自分は極めて横暴に振る舞い、相手の尊厳や自己決定権を踏みにじる行為に及ぶことが往々にしてあることを、痛感したのです。 その認識に立ち至り、38年間の人生(5年前当時)を振り返ると、女性に対してのみならず、友人関係や、職場や、あらゆるところで同じような加虐に及んでいることも、痛烈に認識せざるをえませんでした。 【ドメスティック・バイオレンス被害者が 被害を受けていくプロセスの検討】 米 田 弘枝 DV 被害者は、暴力を受けて も、結婚に対する、本人のさまざまな価値観や考 え、夫に対する願望、期待などが、暴力による恐 怖心や不安感、不快感を否認し、生活を維持する 方向に、自ら努力している過程が明らかになった。 本人の考えが、変容するには、不快感が、身体 症状として表出されるまでに至る時、長期間の夫 の行動観察の結果、変化しないばかりかどんどん ひどくなる、とわかる、あるいは、異常であると 認識できることが必要である(図 2 )。 本人の考え方の変化がない間は、夫から離れる のではなく、接近する方向で努力が続けられる。 この間に長い時間が経過すれば、理不尽さを容認 することで、本人の方に、問題があるかのような 劣等感や自責感も生じかねないし、本人の自己肯 定感や、自尊心にも影響を及ぼす。 当然ながら、手錠をしたわたくしは良い被写体ということで、パシャパシャとフラッシュの音が鳴り響きました。 これまでも色々と経験しましたが、手錠をしたままカメラのフラッシュにさらされることになるとは、さすがに想像もしていませんでしたよ。 幸いなことに、寛容なる妻がすぐに被害届を取り下げてくれたため、わたくしは本日、拘留不要ということで釈放されました。 何も話さない。 ・お詫びもそこそこにマスコミ攻撃。 『「マスコミの連中にこれだけ言ってやる! くそくらえ!」と、中指を立てて追い払いました。 (9日時点調べ)ブログ虚偽記載疑惑。 常識的に考えて起訴猶予(被疑事実が明白)と推察されるが触れず。 逃げ切りなるか? 結論:夫婦げんかであって世間で言われるところの【DVとされることは三橋的に認めることは断じて出来ない】奥様に問題が有る、マスコミは悪、ボクは悪くない、ボクかわいそお、ボクの暴力はDVにはならない、【過去の逮捕歴については絶対に語らない】.

次の

三橋貴明の逮捕の原因が酷い!妻は10代?韓国や安倍政権を批判?

三橋 貴明 まとめ

【今週のNewsピックアップ】 日本で語られたことがない 権利・権力・国家・政治の話 責任政党の姿ではない 「自民党の消滅」を書いたこともあり、 「政治制度」について考える機会が増えています。 ちなみに「政治制度」であり、 現実の「政局」がどう動くのか、 という話ではありません。 三橋に政局の話をさせると、 大抵、間違えます(何しろ、知らない)。 特に、最近、 注目すべきと考えているのは、 1.政治権力のバランス 2.中間組織 になります。 何度も書いていますが、 我々の持つ日本国における主権は、 わずかに一億分の一未満。 一億分の一未満の主権を行使し、 何か、変えられるのか? 「清き一票」というのは、 確かにその通りですが、現実には無理ですよ。 逆に、毛沢東じゃあるまいし、 一億分の一未満のはずの主権で 政治を変えられるとしたら、そちらの方が危険です。 というわけで、 中間組織が重要になります。 ビジネスの世界において、 一人一人では小さすぎる消費者、 労働者、農家などの購買力、交渉力、 販売力をまとめ上げ、大資本に対抗するべく 生まれたのが「組合」です。 世界初の消費者組合である、 ロッチデール先駆者協同組合。 19世紀中ごろ、大資本の小売りサービスが、 イギリス産業革命の中心地である ランカシャー、マンチェスターの 消費者を「搾取」していました。 消費者側には 「他から買う選択肢」がなかったため、 品質が悪い製品を高く買わされていた。 というわけで、ロッチデール協同組合は、 消費者の販売力を束ね、大資本と 無関係な店舗を開設したのです。 そして、政治において極小な有権者の 政治力を束ね、政治に影響力を与えるのが、 連合、農協、医師会、企業、業界団体などの中間組織でした。 かつては、日本における 政治的中間組織の力が強く、 しかも「バランス」していました。 ところが、1980年代以降に 「経団連」というグローバリズム推進の 中間組織のパワーが肥大化し、他の組織を、 「既得権益!」 とのレッテルで糾弾し、 政治的パワーを削いでいくことになります。 いや、既得権益云々言うんだったら、 経団連にしても立派な既得権益ですよ。 単に、経団連=グローバリズムにとって、 農協や医師会、連合、業界団体といった 「相対的に国民の利益を追求する組織」 が邪魔だっただけの話です。 中間組織の政治権力のバランスが崩壊し、 国民は分断され、国家とダイレクトに 結びつくようになります。 となると、国民とのダイレクト・チャネル、 すなわち「マスコミ」を影響下に置く 経団連=グローバリズムが求める政策ばかりが 推進されるに決まっています。 最終的に、 「しがらみのない政治、サイコーッ!」 といった幼稚な考え方が蔓延り、 国家と有権者を「ダイレクト」に繋ぐ マスコミ情報のみで「いかなる政治」も 可能な状況に至ります。 ポピュリズムというか、 ナチズムに近いです。 さて、どうしましょう。 別に、経団連を潰せ、 と言いたいわけではありません。 経団連が無くなったところで、 別の「グローバリズムの政治勢力」が誕生し、 パワーが肥大化すれば、結局は同じことになります。 大事なのは 「政治的中間組織の政治力のバランス」 なのであるという真実に、 多くの国民が気が付く必要があると思うのです。 なかなか道は厳しいですが、 「恐らく正しい答え」が明確である以上、 少なくともそちらの方向に進むことはできますよね。 今回は「エネルギー分野」の 生産性向上に焦点を当てました。 ゲスト講師は元北海道議会議員 ・チャンネル桜北海道キャスター、 小野寺まさる先生でした。 インターネット受講の皆様は、 しばらくお待ちください。 三橋経済塾ご入塾はこちらから。

次の

三橋貴明の現在の消息や評価や評判は?病気と事故の真相は?

三橋 貴明 まとめ

容疑を否認しているという。 高輪署によると、逮捕容疑は5日午後7~9時ごろ、自宅で10代の妻を転倒させて腕にかみついたり、顔を平手で殴ったりして約1週間のけがを負わせたというもの。 口論が発端になったといい、妻が110番通報して発覚した。 三橋容疑者は2010年の参院選比例区に自民党から出馬し、落選した。 ・経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 10代の妻と口論、腕にかみつき暴行の疑い 警視庁 2018. 7 19:23 10代の妻に暴行し、けがをさせたとして、警視庁高輪署が傷害の疑いで、経済評論家の三橋貴明容疑者(48)=本名・中村貴司、東京都港区港南=を逮捕していたことが7日、同署への取材で分かった。 同署の調べに「何もしていない。 何も話さない。 弁護士を呼んでほしい」などと話しているという。 逮捕容疑は、5日午後5時ごろ、妻と自宅マンションで口論になり、妻に足をかけて転ばした上、両腕にかみついたり、顔を平手でたたいたりし、腕に軽傷を負わせたとしている。 同署によると、同日夜に妻から「夫から暴力を振るわれた」との110番通報があり、同署が妻から被害届を受理するとともに、事情を聴いていた。 平成29年にも2回、夫婦げんかをめぐって同様の通報があったが、その際は被害届は出されなかったという。 三橋容疑者は大学卒業後、民間企業勤務を経て、経済評論家として独立。 テレビや雑誌などのメディアで活発な評論活動を展開していた。 22年の参院選では自民党から出馬し落選した。 サディストどころか、柔和で誠実な人物像そのものに、さらには「少し気の弱い人」に見えたりもする。 なぜだろうか。 実は彼、この公の場において、穏やかな笑顔や挨拶を周囲にふりまきながら、内心に巨大な負の感情をつのらせているのである。 つまりは「なぜ俺がこんな馬鹿ども相手に頭を下げなきゃならないんだ」という憤懣の鬱積である。 そして鬱積が最高潮になった状態で、彼は帰宅する。 密室であり傍観者は誰もいない今、彼は、本日のすべての鬱憤を弱者にぶつける・・・ さて数時間後、彼の気持ちは晴れやかだ! 目の前にはボロ雑巾のような生き物が横たわっているが、 水と餌を与えておけば明日にも治っているだろう、と彼は考える。 7月23日から行方不明だった三橋貴明が8月3日の午後5時にブログを更新した。 03 実は7月23日に大怪我をしてしまい療養生活を送っていたのですが、 このほどやっと抜糸も済み、とりあえずホッとしているところです。 無数のガラス片が突き刺さるなどして、 下肢全体と二の腕に計30弱の傷を負ってしまいました・・・ 特に大きい傷に関しては、中からガラス片を洗い流して、 ぱっくり開いた切創を縫合したため、 なんだかフランケンシュタインかブラックジャックみたいになってます。。。 しかも私、体調不良の続いていたせいか出血の止まるのが遅く、 異常に多く出血してしまって、我ながら真っ青でしたわ。

次の