えきねっと 事前 予約。 えきねっとトクだ値で新潟と東京を事前予約新幹線を格安で利用とは?

えきねっとの事前予約は先着順?座席指定方法がない!?

えきねっと 事前 予約

いわゆる早いもの勝ち。 もしそういう人気指定席を予約したいと思ったら、販売開始時刻の10時に合わせて待機して購入するのが従来の購入方法です。 でも10時にパソコンやスマホを操作できるように待機しておくのは大変ですよね?そこで事前受付です。 事前受付を申し込んでおけば 販売開始時刻にえきねっとシステムがあなたの代わりに指定席の購入をおこなってくれるのです。 ただし、 事前受付はお座席を確実にご用意することをお約束するものではありません。 満席などによりお座席をご用意することができない場合もありますので、ご了承ください。 引用: 競合が発生しなかった場合は発売開始日時にそのまま購入が成立しますが 競合が発生した場合は抽選が行われます。 購入成立可否(抽選結果)は発売開始日時にメールで届きます。 事前受付も先着順? ちなみに 事前受付は先着順を保証しておりません。 抽選なので事前受付申し込み開始日時に少しでも早い時間に申し込みしたからといって確保できるかはわかりません。 JR公式サイトでこの抽選基準についての明記はありません。 一部のネット情報で早く申し込んだほうが確率が良かったというものも見かけましたが真意は不確かです。 ただ、もし事前受付が先着順優先だとしたら本末転倒ですよね。 事前受付のキャンセル料 事前受付は、乗車日1ヶ月前の発売開始日の午前9時54分までは払戻手数料なしで取消すことができます。

次の

指定席券の「事前申込」と「10時打ち」は、チケット確保の裏技|新幹線旅行研究所

えきねっと 事前 予約

スポンサーリンク えきねっとは事前予約ではなく、事前受付! JRの指定席は乗車日の1ヶ月前の午前10時ちょうどから発売されます。 事前受付はそのさらに1週間前から受け付けしてくれるシステムです。 繁忙期の割引商品などは、上記の販売開始時刻からすぐに売り切れることも多くあります。 早いモノ勝ちなんすよね。 なので今までは販売開始時刻の10時に合わせてスマホやパソコン前で待機し、時間とともに購入ボタン押す~!!(いわゆる10時打ち)的な方法が主流でした。 あとは10時ぴったりに駅窓口で購入するとかね。 でもやっぱり10時ぴったりに駅窓口に行くのは大変だし、スマホ&パソコン待機してたけど忙しくて、気付いたら10時の販売開始時刻を過ぎてしまった…完売してる~!ってこともあります。 そんな大変なことを代わりにやってくれるのが、事前予約…じゃない「事前受付」なんですね。 事前受付とは 上述した通り、乗車希望日の1ヶ月と1週間前の午前5:30から乗車希望日の1ヶ月前の午前9:54まで受付してくれます。 前もって指定席を登録しておけば、事前受付のシステム内であなたの代わりに販売開始時刻に購入処理を行ってくれる便利なシステムなんです。 が、これは閑散期などの場合は便利なんですが、繁忙期となると話は別。 繁忙期は乗車希望の人も多く、ライバルがたくさん発生します。 希望した席に事前受付が殺到した場合は、購入の成立も抽選となります。 つまり、 事前受付を申し込んでいても人数が多ければ抽選となり、申込が不成立になってチケットが取れないという結果もありうるのです。 事前受付の申込の結果は、販売開始日の午前10時以降にわかります。 えきねっと事前受付で成立する確率は? 繁忙期はえきねっとで事前受付しても予約が成立しない場合もあると言いましたが、ではどのくらいの確率で予約が成立するのか気になりますよね? 事前受付とはいえやっぱり早く申し込んだ方が確率が高いんじゃないか?なんて意見もありました。 が、申し込んだ順番は関係なく、予約成立する申込はランダムで決められるとのこと。 実際に、同じ列車を申し込んで、保険をかけてあとで申し込んだ方が予約成立した人もいたそうですから、申込順は無関係ということがわかりますね。 前述のとおり、繁忙期の事前受付分はランダムに選ばれるので、成立するのはくじ運次第ということになります。 また、繁忙期のトクだ値でチケットが絶対欲しい!という場合は、えきねっとでの事前受付をした上で、販売開始日に10時打ちもするという人も多いようです。 事前受付で予約成立後のキャンセル料は310円なので取れないよりマシと思う人はダブルで狙うみたいですね。 人気のある列車の場合は特に、事前受付はダメ元でもしておいた方がよさそうですね。 えきねっと事前受付のキャンセル料は? えきねっとの事前受付を利用して申し込んだチケットは、乗車1ヶ月前の発売開始日午前9:54まではキャンセル料なしで取り消すことができます。 事前受付で予約が成立する前まではキャンセル料はかからないということです。 ただし、事前受付をしていて販売開始日の午前10時を過ぎて予約が成立した場合は、キャンセル料がかかります。 キャンセル料というか払い戻し手数料ですね。 払戻手数料は下記の通り。 「えきねっと特典」適用の場合・・・指定席1席につき310円 「えきねっと特典」対象外の場合 乗車日前々日23:40までに払い戻す場合・・・指定席1席につき330円 乗車日前日~出発時刻前までに払い戻す場合・・指定券の30%(ただし指定席1席につき最低330円) 乗車日前日または当日の変更があり払い戻す場合・・指定券の30%(ただし指定席1席につき最低330円) まとめ えきねっとの事前受付は予約ではないので不成立になる場合もあります。 事前予約と勘違いしないでくださいね。 事前受付の予約成立の確率は、繁忙期の人気のある列車になればなるほど低くなると思われます。 事前受付分から予約成立する分はランダムに選ばれているので、もはやくじ運ですね。 どうしてもその列車のチケットが欲しい場合は、キャンセル料覚悟で事前受付と10時打ちでダブって申込するのが一番いい方法なのかもしれませんね。

次の

年末年始の新幹線の指定席をえきねっとを使って確実にゲットする方法。

えきねっと 事前 予約

対象列車・価格 東北・山形・秋田・北海道新幹線 上越・北陸新幹線 JR東日本の特急列車(在来線)JR北海道の特急列車(在来線) 予約・購入方法は? 「お先にトクだ値」を予約・購入するには、「えきねっと」への会員登録が必要です。 「えきねっと」は無料で会員登録することができ、年会費も無料。 新幹線のチケットを購入するには、決済用クレジットカード登録が必要です。 「お先にトクだ値」の購入期間は、乗車日の1ヶ月前から13日前の午前1時40分までが基本。 この期間中に、空席があれば購入することができます。 なお、設定がある列車と空席状況はえきねっと「空席案内・予約」で新幹線を利用する日時・区間を指定すれば簡単に調べることができます。 「お先にトクだ値」の割引率・料金は? 「お先にトクだ値」の割引率は 10%・15%・25%・30%・35%。 列車によって割引率が違い、25%で設定されているのは「はやぶさ」の一部区間。 その他は30%または35%割引ですが、列車ごとに割引率が違います。 そして、通常期の料金以外に繁忙期・閑散期の料金があります。 例えば、 新潟駅ー東京駅間 普通利用料金・・ ¥10,570 モバイルSuica・・ ¥9,670 予約するための知っておくべきこと!! 予約するためにいくつか知っておくと便利な事がありますので、しっかりとそれを 押さえておくといいでしょう。 乗り遅れると自由席にも乗れない! 「お先にトクだ値」を利用する時には乗り遅れにも注意が必要です。 乗り遅れた時には、料金券(特急券)部分は無効になります。 そして、乗車券部分のみ当日に限って有効なので、別途特急券を購入すれば、後続列車に乗ることもできます。 基本的には「お先にトクだ値」は指定列車の座席以外への乗車は不可。 乗り遅れた場合、そのまま後続列車の自由席に乗ることはできません。 往復割引・学割は併用不可 「お先にトクだ値」が使える区間では、往復割引や学割が使える区間もあります。 しかし、「お先にトクだ値」は特急券・乗車券が一体なので、往復割引や学割と併用することはできません。 どちらかを選んで利用することになりますが、往復割引は乗車券のみ1割引、学割は乗車券のみ2割引。 同時に利用できる学生なら乗車券は3割近く割引になります。 ところが、「お先にトクだ値」の場合、乗車券・特急券の両方が30%割引になるので、基本的には「お先にトクだ値」の方が安いです。 途中下車に注意 「お先にトクだ値」を利用する時、どうしても途中で降りなければならない場合は下車することもできます。 しかし、途中で下車すると、その時点できっぷは無効。 払戻しもなければ、その先の分は無効なので使えません。 年末年始・GW・お盆期間中の制限 「お先にトクだ値」は年末年始・GW・お盆など混雑する期間には一部設定がされません。 設定が除外されるのは、連休が始まる時期の東京方面からの下りと、連休終盤の東京方面行きの上り。 これらの期間には「お先にトクだ値」の販売がありません。 キャンセル・変更に注意 「お先にトクだ値」はきっぷ受取り前なら、出発6分前まで変更することができます。 そして、「トクだ値」の販売期間内であれば、「お先にトクだ値」「えきねっとトクだ値」への変更も可能です。 ただし、「お先にトクだ値」は完売が早いので、一度変更すると、空席がない可能性も高いです。 そして、キャンセルする時には払戻手数料がかかります。 まず、基本的に払戻しができるのは、きっぷ受取り前の出発6分前まで。 当日までに払戻しをすれば払戻手数料は1席310円です。 しかし、きっぷ受取り後に払戻しをする場合、きっぷの割引率と同じ割合の払戻手数料がかかります。 「お先にトクだ値」が30%割引なら払戻手数料は30%。 割引率が高いと払戻手数料も高くなります。 「えきねっとトクだ値」は料金比較を! 「えきねっとトクだ値」は区間・列車によって割引率は違いますが、多くの区間では10%または15%割引。 「お先にトクだ値」が買えない場合、「えきねっとトクだ値」を購入してしまいそうですが、その時には空席状況を見ながら料金を比較しましょう! もし、トクだ値10とグリーン車のお先にトクだ値35が空いていた場合、お先にトクだ値35でグリーン車に乗った方が安いです。 モバイルSuica特急券とは 新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)がチケットレスで利用できるモバイルSuica特急券。 その便利なサービスを紹介します。 モバイルSuica会員(EASYモバイルSuica会員を除きます)が、モバイルSuica特急券を利用するためには、まず最初に利用登録を行ってください。 えきねっとで上越新幹線を事前に予約すると格安のまとめ 座席の制限が有りますのでなるべく早い段階で予定が決まっていたら一か月間に直ぐ予約しないと埋まってしまい予約できない状態になってしまいます。 なかなか難しいのですが、格安で利用できるので助かります。 是非、ご旅行の際はご利用ください。 ************************ 最後まで読んでいただきありがとうございました。 akkiiiyより.

次の