日立 ヘルス ケア 売却。 パナソニック、ヘルスケア事業の全株を1650億円でKKRに売却

巨大・日立グループが解体加速、名門子会社“切り”か…中国企業へ売却なら日本企業の脅威に

日立 ヘルス ケア 売却

は31日、約5300億円を投じ、上場子会社で医療装置などを手がける日立ハイテクノロジーズを完全子会社化すると発表した。 日立ハイテクは医療装置や半導体装置を手がける。 日立の小島啓二副社長は「(完全子会社化でハイテクの)すべての事業で最適化を進める。 聖域は設けない」と述べ、日立本体とのシナジーが見込めない事業を売却する可能性なども示唆した。 主なやりとりは次の通り。 「デジタル化の時代に日立ハイテクと連携するうえで、意思決定のスピードを高める必要があった。 完全子会社化で医療分野など連携を強化していく。 最初に日立ハイテクに意向を伝えたのは約1年前。 妥当性をどう考えますか。 「ファイナンシャルアドバイザー(FA)とも検討し、ハイテクの事業計画などを考慮した上で判断した。 「半導体はボラティリティー(変動率)が下がっている。 今は半導体で『微細化』など技術が進歩しているので、汎用品化する分野ではない」 「日立ハイテクは、半導体大手メーカーの米インテルや台湾積体電路製造(TSMC)と取り組んでいるので、状況を見た上で強化策をつくっていく。 「基本的な技術は日立ハイテクの分析技術になる。 それとルマーダを組み合わせて、どうシナジーを出せるか総合的に判断している。 半導体に限らず、すべての事業で最適化を進める。 「日立ハイテクの人材は現場に強く、市場の開拓力がある。 部材の調達など日立とハイテクで共通している部門は一緒にする。 「(完全子会社化の案は)日立ハイテクの取締役会を通った。 第三者委員会を設立するので(少数株主の利益を損なう)懸念はない」 (佐藤雅哉).

次の

日立製作所、ヘルスケア事業拡大に向け国内事業を再編

日立 ヘルス ケア 売却

渡部眞也 氏 (執行役常務ヘルスケアビジネスユニットCEO) (株)日立製作所は2016年6月1日(水)に開催された「Hitachi IR Day 2016」において,ヘルスケア事業における2018年度の売り上げ収益目標を4400億円(2015年度比132%)とする事業戦略を発表した。 この発表は,5月18日に公表された「2018中期経営計画」に基づくもの。 同社は2015年に行われたHitachi IR Dayにおいて,2018年度の売り上げ収益目標を6000億円としていたが,今回発表された事業戦略では下方修正された形となる。 これは,従来の事業区分を変更したことなどが影響したほか,成長性と収益性を重視したポートフォリオの変革,投資計画の見直しなどによる。 同社は,2014年にヘルスケア社を設立して,ヘルスケア事業を強化。 2015年度の売り上げ収益は,前年比104%となる3326億円に上り,堅実に伸びている。 特に,2015年は,粒子線治療施設の受注が6件,また超音波診断装置の新製品投入があったほか,インフォマティクスにおいて,国立病院機構のデータ集積基盤の構築などを行った。 さらに,2016年4月には,(株)日立メディコと日立アロカメディカル(株)を日立製作所に統合するなど,活発な動きを見せている。 この3分野の2015年度の売り上げ構成は,診断・臨床が45%,検査・試薬が41%,インフォマティクスが14%で,企業別に見ると,日立製作所ヘルスケアビジネスユニットが53%,(株)日立ハイテクノロジーズが35%となっている。 また,海外の売り上げ収益は64%(北米16%,欧州35%,中国・アジア13%)であった。 このような状況の中,今後同社では,クリニカルイノベーションと医療イノベーションによる医療の質向上と効率化を図り,顧客のバリューチェーンを支えるパートナーをめざすとしている。 事業の推進体制としては,同社のヘルスケアビジネスユニットがフロント組織として事業全体を牽引し,バイオ・メディカル事業の日立ハイテクノロジーズ,ライフサイエンス事業の日立化成(株)などの各企業の総合力を発揮するように,IoTを活用していく。 イノベーションを提供していく上では,同社のIoTプラットフォームである「Lumada」を活用する。 これについては,すでにMRIの故障予兆診断サービスや検診車の医用画像転送サービスなどの実績がある。 さらに,医療イノベーションとしては,医療機関の放射線部門などを支援する「運営サービス」,社会イノベーションの手法を用いた「病院経営改革」,診療データの共有をシームレスに行う「デジタルヘルス」,茨城県の笠間市などで提供されている「地域包括ケア」がある。 また,クリニカルイノベーションとしては,東京女子医科大学と共同で開発を行っている「スマート手術室」や「診療科別ソリューション」, Aiによる画像診断支援などの「クリニカルデータ利活用」,高度な保守サービスや診療所経営のコンサルティングなどの「ライフサイクルサポート」が挙げられる。 これらのイノベーションの提供に基づく2018年度に向けた成長戦略として,「診断・臨床」においては,超音波診断装置と粒子線治療ともに世界シェア1位をめざす。 「インフォマティクス」については,地域包括ケアシステムにおける顧客の課題解決,北米での事業基盤構築を進める。 このほか,新たな領域として,再生医療やロボティクスの研究開発,先行投資を推進するとしている。 特に,放射線治療においては,粒子線治療システムにとどまらず,治療計画システムやアナリティクス,先端研究,X線治療などのトータルソリューションを提供して,海外市場の開拓,拡大を図っていく。 超音波診断装置については,循環器科・産婦人科・放射線科の診療科別アプリケーションの強化や乳がん診断・治療における協業,point-of-care(POS)・新興国市場向け製品の提供に取り組むとしている。 Hitachi IR Day 2016当日は,同社執行役常務ヘルスケアビジネスユニットCEOの渡部眞也氏がこれらの説明を行った。

次の

「化成」手放す日立 選択と集中狙いさらなる「売却劇」も?: J

日立 ヘルス ケア 売却

近時、日立製作所の子会社売却・事業売却に向けた動きが加速しています。 2018年3月の日本経済新聞において、 「日立製作所は子会社数を900社(当時)から500社程度に絞り込む方針」と報道されました。 その後、日立製作所はカーナビ製造のクラリオンを売却するなど事業の選択と集中を着々と進めています。 直近では日立の優良子会社と言われてきた 日立化成を昭和電工に、 画像診断事業を富士フィルムに売却することを決めました。 2020年2月には、日立製作所の東原社長が日本経済新聞のインタビューに対して、 「改革はまだ6合目。 会社を最終形に変える作業がまだ残っている」と述べており、さらなる事業再編も視野に入れているものと思われます。 近時注目を集めている売却案件(日立化成の売却、日立製作所の画像診断機器事業のカーブアウト、日立金属の売却)の動きをまとめました。 Contents• 日立製作所 日立金属の売却手続きを進める可能性 日立金属の売却案件概要 日立製作所は日立金属の保有株式52. 来年以降、売却手続きが始まる可能性がある。 日立金属に先立って、日立金属の子会社で北米で鉄キャスティングを行う ワウパカ・ファウンドリー Waupaca Foundry の売却を行う可能性も指摘されています。 売却額は10億ドル 1,080億円 と一部で報じられておりますが、コロナショックの影響もあり、売却手続きが進まない可能性もあります。 2019年10月29日、日立金属は2020年3月期の連結最終損益を下方修正を発表し、 従来予測の285億円の黒字から470億円の赤字に修正しました。 佐藤社長は「非中核、低収益事業の売却も前倒しで判断したい」と語っており、日立金属そのものの業績改善も待ったなしの状況となっています。 また2020年4月27日には、日立金属が主力の磁性材料の検査で不正を行っていたことを発表しました。 日立化成も不祥事により、親会社である日立製作所が一気に売却に傾いたというケースが有り、日立金属によるこの不祥事も日立製作所による株式売却を加速させる可能性があります。 日立製作所 次なる売却は日立建機の可能性 日立建機の売却案件概要 日立ハイテクノロジーズに対して、日立製作所がTOBをかけ完全子会社化を進めたことで、残る上場子会社は日立金属と日立建機のみとなっています。 日立金属の業績悪化に伴い、次に売却プロセスを進めやすいのは日立建機ではないかという見方が浮上しています。 とはいえ、直近はコロナウイルスの影響もあり、日立製作所が早期に日立建機の売却に踏み切るかは微妙なところだと言えると思います。 日立製作所 日立化成を売却 日立化成の売却概要 日立製作所は保有する日立化成の株式51. 日立化成の売却に関するこれまでの動き 2019年8月9日 :日立製作所保有の日立化成株式売却の1次入札が締切。 カーライル、ブラックストーン、KKR、ベインキャピタル、ブルックフィールド、日本産業パートナーズなどのPEファンド勢、三井化学、住友化学、日東電工、ロッテケミカル、昭和電工などの化学メーカーが日立化成の1次入札に参加。 2019年10月上旬:日立化成株式の売却候補先として、ベインキャピタル、日本産業パートナーズ、カーライル、日東電工、昭和電工などが一時入札を通過したと報じられる。 2019年11月26日:日本経済新聞の報道により、日立化成株式の売却先として、昭和電工が優先交渉権を獲得との報道。 現在、昭和電工は日立化成のTOBに向け、各国での独禁法対策のプロセスを進行中。 TOBによる統合に際しては、昭和電工・日立化成それぞれの不採算事業、非中核事業について、事業売却を積極的に実施する意欲を示している。 日立化成はライフサイエンス、畜鉛電池、自動車ブレーキなど非中核事業が多く、昭和電工とのシナジーが少ない事業も存在するため、今後一部事業を切り出しての売却なども考えられます。 一方2020年2月から日本ではコロナショックにより、日経平均株価が大幅に下落しておりましたが、昭和電工は予定通りの価格で公開買付を行い、2020年4月21日にTOBが成立しました。 日立製作所 画像診断機器事業をカーブアウトにより売却 売却案件概要 日立製作所は、ヘルスケアBUの全売上の4割を占める 画像診断機器事業のカーブアウトによる売却を検討中。 同事業のEBITDAは100億円弱と見られ、売却金額は1000億円超レベル。 検討の結果、 富士フィルムへの売却を決定 売却手続きの状況 日立製作所は売却の検討を開始し、ヘルスケア領域に強い英ファンド ペルミラ、富士フィルムが関心を示しているのではないかと報道されるなか、2019年12月、富士フィルムが日立の画像診断事業を1790億円で買収することを正式に発表しました。 富士フィルムの古森重隆CEOは 「世界の最先端を行く画像処理技術とAIを日立の機器と組み合わせるのが、買収の一番の狙い」と語り、自社が強みを持つシステムと日立の装置を組み合わせることで、規模と開発力の双方を同時に高める狙いです。 コメント 日立製作所のヘルスケアBUは、全社構造改革の一環として、 低利益率の事業は売却もしくは短期の成長戦略を進めることを義務付けられているようです。 画像診断機器事業がカーブアウトによる売却方向で進んでいるというのは、同事業の市場が既に成熟期に入っており中国・韓国との価格競争が厳しくなっている中、成長戦略を描くのが難しいという判断なのだろうと思います。 日立製作所は当事者として液晶事業や半導体事業の盛衰を経験していますので、画像診断機器事業の将来性を見据えた上で売却判断を下したというのは、日本を代表する企業としてポジティブな動きと思います。 一方、富士フィルムは事務機器やデジタルカメラ市場が縮小傾向にある中、 医療機器や再生医療領域の売上を2020年台半ばに1兆円に伸ばすことを目標として掲げており、日立製作所の画像診断事業は補完的なパーツとしてうまくはまったということだと考えられます。 なお、日立製作所の事業売却においては、売却先としてPEファンドの名前が浮上することも多いです。 以下の記事で、国内の主要なPEファンドの格付けを公開しておりますので、ご関心ある方はご覧いただければと思います。 過去30日間の上位人気記事• 1,850ビュー• 610ビュー• 607ビュー• 377ビュー• 302ビュー• 285ビュー• 249ビュー• 183ビュー• 179ビュー• 175ビュー• 155ビュー• 143ビュー• 143ビュー• 141ビュー• 130ビュー• 123ビュー• 121ビュー• 114ビュー• 106ビュー• 105ビュー• 105ビュー• 94ビュー• 91ビュー• 89ビュー• 87ビュー• 85ビュー• 82ビュー• 80ビュー• 78ビュー• 75ビュー• 72ビュー• 71ビュー• 68ビュー• 68ビュー• 66ビュー• 64ビュー• 64ビュー• 62ビュー• 61ビュー• 58ビュー.

次の