終末のワルキューレ 5回戦。 『終末のワルキューレ』ゼウス・神々の闘士のプロフィールまとめ

『終末のワルキューレ』8話ネタバレ!想定外

終末のワルキューレ 5回戦

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作) 月刊コミックゼノン連載中! このマンガがすごい!2019オトコ編 第5位! 『終末のワルキューレ』前回(第7話)のあらすじは・・・ 全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!! 地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。 その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。 「さァ、予想外な漢の登場に、さすがの神々もいろんな意味で騒然!! そして…、この人類の始祖と真っ向勝負するのは…、第一回戦目『北欧神話最強』に続くー…、『印度神話最強』のコイツだ!!」 ヘイムダルが神側の登場口を示すが、誰も現れない。 その時、ヘイムダルに、急遽順番変更の知らせが入った。 G線上のアリア 突然空が暗くなり、夜の空にバイオリンが鳴り響く。 「この曲…!!バッハ先生の…」 いち早くその音に気づいたのは、神童・W・A・モーツァルト。 …しかし、こんなに美しい演奏は、生涯聴いた試しがない…ッ」 音楽の父・バッハは、その演奏に涙を流していた。 それは、まさに天上の調べ!!それを弾いていたのはヘルメスだった。 「次の相手はヘルメス様…?でも、出場リストに名前はなかったスよね…、お姉さま」 ゲルがそう言うと、ブリュンヒルデは、 「…まさか」 と、蒼ざめた。 ゼウス登場 「えー、みなさま、大変失礼しました…。 改めて、第二回戦の闘士を紹介するぜッ!! 漢の中の漢・アダムと真っ向勝負するのは、このお方だー!!」 ヘルメスの隣から登場したのは、なんとゼウス。 神側の観客席では、 「うそだろ…!?ゼウス様が第二回戦から!?」 と、どよめき、人類側の観客席では、 「な…、なんだ、あのよぼよぼのじいさんは?神…なのか?」 と、騒めいていた。 全宇宙の父・ゼウス 「ヘルメぇス、カモぉン!!」 ゼウスの指示で、ヘルメスは再びバイオリンの演奏を始めた。 「ふ~、やれやれ、何万年ぶりでしょうね…。 やはりこの曲はアガるの~」 ゼウスもご満悦のようだ。 「アダムを全人類の父と呼ぶならば、この御方はこう呼ばざるをえないだろう。 神々の父…、否!!『G』『F』『O』『C』、『全宇宙の父』と!!」 神側の観客は、 「G・F・O・C!!」 と、叫び続けた。 そこに、ゼウスがやって来て、シヴァの肩を叩く。 「どうした、ジイさん?わざわざ激励に来てくれたのか?」 「ワシの番じゃ」 「あんたの出番は最後だろ?譲れってんなら断るぜ。 こっちも数千年ぶりに滾ってんだ…」 しかし、結局シヴァはゼウスのオーラに圧倒され、あっけなく順番を譲ってしまったのだった。 ヴェルンド アダムとゼウスが対峙した、その時、アダムの頭上にペガサスが舞い降りた。 「始祖・アダムにふさわしいワルキューレは彼女です」 ペガサスに乗って現れたのは、ワルキューレ七女・レギンレイヴ。 レギンレイヴとは『神々の残された者』の意。 レギンレイヴは、 「アダム!手を!大切なのは心を通わせること。 そうすれば、私はあなたの一部となる!!」 と、叫び、アダムと手を合わせた。 誰もが驚く中、アダムだけは、 「へぇ…、こいつは良いや」 と、ニヤリと笑った。 『終末のワルキューレ』9話ネタバレ! 無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで300P貰える。

次の

終末のワルキューレのネタバレ5巻!あらすじ!第三戦の決着がつく!

終末のワルキューレ 5回戦

【注意】お届け予定日はあくまでも目安です。 配送状況により1~2日の遅れが生じる場合がございます。 また、返送代金もお客様負担となります事を予めご了承くださいませ。 もともと作品自体、伏線を張り巡らせて物語を深化させるようなタイプではなく、ライブ感を重視している作品ではありましたが、人類側の心理描写が深まったことでかなり良くなった気がします。 今までは、無機質で圧倒的な神側の参戦者に対する人類側の参戦者の背景や心理描写があっさりしすぎていて(今まで全力を出したことがないという豪傑や、神以上に感情を見せない最初の人)、その上一戦一戦が長いのでしんどかったんですが、3回戦は戦いそのもののテーマもありきたりながら熱いですし、小手先の異能ではなく、積み上げた技術で人類側が神側に縋り付いていく描写がとても丁寧に描かれていました。 4回戦はこれまでとは真逆で人類側の悪と神側の善との戦いです。 人類側の参戦者は今巻ではその全貌を見せるところまではいかず、ただただ不気味で底の見えない存在として描かれています。 この辺の「謎」の部分が4回戦のテーマになってくるでしょう。 素直に次巻が楽しみです。 2巻で読むのをやめてはいけませんね。 良かったです。 人類側の参戦者は現在巻ではその全貌を見せるところまではいかず、ただただ不気味で底の見えない影響として描かれています。 四回戦が開幕。 人間の光と闇を表したような、まさしく正反対の両者が相見えます。 神に成った正義の英雄ヘラクレスと人類歴史上最凶の悪党ジャックザリッパー。 この辺の「謎」のところが4回戦のテーマになってくるでしょう。 実際までは、無機質で圧倒的な神側の参戦者に対する人類側の参戦者の背景や心理描写があっさりしすぎていて(現在まで全力を出した事がないという豪傑や、神以上に感情を見せない一番目の人)、その上一戦一戦が長いのでしんどかったんですが、3回戦は戦いそのもののテーマもありきたりながら熱いですし、小手先の異能ではなく、積み上げた技術で人類側が神側に縋り付いていく描写がとても丁寧に描かれていました。 4回戦はこれまでとは真逆で人類側の悪と神側の善との戦いです。 こちらの本格的な戦闘は次巻に持ち越しですが今から待ちきれません!。 この漫画は2017年度4月から小説家になろうで発表された、終末のヴァルキュリアのパク りです。 小次郎の千手無双、萬手無双は終末のヴァルキュリアの四章ザメハの笑みで主人公佑月が覚醒した能力、ロストテクノロジーのパク リです。 空間を読み相手の攻撃を避ける能力で、ロストテクノロジーは佑月のヴァルキュリア、メリッサから偶然ダウンロードされた死んだ戦士の戦闘経験を脳にダウロードし相手の動きを解析して動きを先読みする能力です。 また、ジャックはその時の敵、エインヘリャルのザメハの殺人鬼という設定から持って来ているのでしょう。 ただしザメハの能力は敵のエインヘリャルが気配を察知するのを避け、自分の気配を隠匿し、暗殺技で敵をいたぶるという快楽殺人者です。 詳しく説明すると元ネタはヴァルキュリアが相手のエインヘリャルの気配を察知するという能力があります、それを敵に悟られないようにするためにヴァルキュリアの察知能力を無効化し、エインヘリャルに察知されないようにするという能力です。 エインヘリャルに気配を察知されないという能力をこの漫画に持って来ても意味が無いので、袋から神器を出すというつまらない設定に変えたのでしょう。 そもそもエインヘリャルは古ノルド語で、ワルキューレはドイツ語です。 古ノルド語にあわせるならヴァルキュリャ、もしくはヴァルキュリアが正しいです。 タイトルが重なると著作権違反になるので先に発表されていた終末のヴァルキュリアからワルキューレに変えた苦肉の策でしょう。 また、エインヘリャルとヴァルキュリアとタッグを組んでラグナロクを戦うという設定もそのままです。 ちがうのは闘技場で一対一で戦うのと、元ネタはヴァルキュリアが能力を与えて武器をつくるのですがヴァルキュリアが変身することです。 また、エインヘリャルとヴァルキュリアが一心同体で負けたら死ぬという設定も一緒です。 素人が無料でやっていた小説になろうから設定を引用し、またタイトルもわざわざ一緒にしているのは悪意としか思えません。 あんなにポセイドンに追い詰められた小次郎が二刀流でおまけに覚醒して初の勝利をもぎ取りました! 勝利後の彼の台詞は過去の積み重ねから出た言葉で良かったです。 …次はジャック・ザ・リッパーとギリシャの大英雄ヘラクレスの凶悪対正義の対決ですが…。 …とここでこの作品を読んでいる方。 つい、fate作品などの聖杯戦争をお題目にして終末のワルキューレを槍玉に挙げて批判していますが、これは別作品です。 fate作品とかでも独自の解釈をしていて正しい訳ではございません。 終末のワルキューレだって独自の解釈をして話が進んでます。 批判している方々、一度。 各世界の神話や伝承を軽くでもいいから見て、その上で楽しんで下さると嬉しいとわたしは思います。 …長文失礼しました。

次の

第5回戦の対戦カード決定!ブリュンヒルデが選んだ人類代表とは?『終末のワルキューレ』31話

終末のワルキューレ 5回戦

『終末のワルキューレ』アジチカ(画)梅村真也(作) 月刊コミックゼノン連載中! このマンガがすごい!2019オトコ編 第5位! 『終末のワルキューレ』前回(第4話)のあらすじは・・・ 全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!! 地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。 その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。 それは、全知全能の神々さえもが初めて見る光景であった…!! 「死ぬなよ」 そう言って、トールはミョルニルを振りかざした。 ミョルニル、その魔力故に、百投して一度も外すことなしー。 そして、丸腰のトールに迫ろうとする。 しかし、ここでミョルニルが独りでに戻って来て、今度は背後から呂布を狙っている。 すると、呂布は自らが回転し、回転しながら迫るミョルニルを、回転で往なした。 伝説には、記録されていない先がある。 この試合でトールが見せた、最高の人類礼賛(笑顔)に、呂布もまた最凶の殺意(笑み)で返した。 そして、ゲイルロズハンマーがドゴオオンという爆音と共に決まった。 しかし、 「た…、耐えた~ッ!!呂布…ッ。 この漢…、トールの全てを受け止めやがる~!!」 なんと、呂布はゲイルロズハンマーを決められてもなお耐えたのだ。 「ヨルムンガンドをお願いします。 葬った技だぞ…」 「何なんだ。 あの人間は…」 観衆も、激闘から目が離せない。 しかし、次の瞬間、呂布の足首が砕け散った。 「なんてこったー!!トール神渾身の一撃が、ついに呂布奉先の強靭な肉体を粉砕したー」 呂布敗北か…? 「ヘルメスよ…。 やっぱりええのう…。 ガチンコは…。 しかし、トールのアレを正面から受けるとは…。 面白いもんを見させてもらったわ…。 だが、あの身体では今度こそ…、ここまでじゃの」 ゼウスも激闘を見守っていた。 「殿…。 ああ…、私は…、再び殿を…、目の前で…」 陳宮も悲痛な表情を浮かべている。 赤兎乱入 トールが、再びゲイルロズハンマーを構えた、その時、 「ヒヒィ~ンッ」 なんと、赤兎が乱入してしまった。 「陳宮殿…、せ…赤兎が…」 「あ、ああ…、赤兎…。 赤兎は…、あきらめていない…ッ!!誰が何をあきらめた!?我らが殿は、天下無敵の飛将。 呂布奉先なるぞ!!」 呂布に寄り添う赤兎を見て、陳宮は自らを律し、声を上げた。 張飛も再び声をかける。 「何の冗談か知らんが、誰も笑っちゃくれねえぞ。 最強の漢がいつまで休んでいやがるつもりだー!?呂布奉先!」 再び立ち上がる、呂布 そして、群衆の声援を受け、呂布は再び立ち上がる。 「立ったァー!!この漢はまだ終わっていねぇぞー!!」 自らの足で立ち上がった呂布は、赤兎に跨る。 「いよッしゃ!!やっぱり呂布は赤兎に乗ってこそだぜ」 と、張飛。 劉備は、董卓に、 「一度はあの背に乗っていたそなたからは何か?」 と、問った。 董卓は微笑んでこう言った。 「赤兎の背には、呂布奉先が一番似合う」 『終末のワルキューレ』6話ネタバレ! 無料300Pで漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで300P貰える。

次の