ソーシャル ディスタンス ゲーム。 密ですビート・ストリート

ソーシャルディスタンスを守って楽しむ!新コンテンツ「脱3密運動会」をご紹介

ソーシャル ディスタンス ゲーム

ソーシャルディスタンスとは? ソーシャルディスタンスは、ざっくり言うと「ある程度の距離」です。 まず、コロナウィルスの感染経路は2つあります。 それはこちらの2つです。 ・飛沫感染 コロナにかかっている人のくしゃみや咳から感染る ・接触感染 コロナにかかっている人に触れ、殺菌をせずにそれを体内に入れてしまう 逆に言えば、 空気感染をすることは無いです。 つまり、 人と人の距離を空ければ理論上は感染を防げるという事です。 そこで 「人と人との距離を空けましょう」というのが 「ソーシャルディスタンス」です。 「social」は「社会的な」 「distance」は「距離」ですので 直訳すると「社会的な距離」です。 つまり距離自身の事を表していると思われるので、 「距離をとる」は「ソーシャルディスタンスをとる」になるかと思われます。 造語なのであくまで予想ですが... とにかく距離を空ける事が大事という事です!.

次の

ソーシャルディスタンスを守って楽しむ!新コンテンツ「脱3密運動会」をご紹介

ソーシャル ディスタンス ゲーム

ソーシャルディスタンスとは? ソーシャルディスタンスは、ざっくり言うと「ある程度の距離」です。 まず、コロナウィルスの感染経路は2つあります。 それはこちらの2つです。 ・飛沫感染 コロナにかかっている人のくしゃみや咳から感染る ・接触感染 コロナにかかっている人に触れ、殺菌をせずにそれを体内に入れてしまう 逆に言えば、 空気感染をすることは無いです。 つまり、 人と人の距離を空ければ理論上は感染を防げるという事です。 そこで 「人と人との距離を空けましょう」というのが 「ソーシャルディスタンス」です。 「social」は「社会的な」 「distance」は「距離」ですので 直訳すると「社会的な距離」です。 つまり距離自身の事を表していると思われるので、 「距離をとる」は「ソーシャルディスタンスをとる」になるかと思われます。 造語なのであくまで予想ですが... とにかく距離を空ける事が大事という事です!.

次の

話題の「密ですゲーム」が更に進化!?今度の都知事は空の上からソーシャルディスタンスを徹底させる!?

ソーシャル ディスタンス ゲーム

1 誰でもビンゴゲーム ビンゴは子供が好きなゲームの一つです。 定番の数字を入れたゲームから他にお題を変えてみると楽しくなります。 コンビニあるよ、警察署あるよということで建物名を入れて楽しみます。 是非クラスでやってみてください。 2 消えた人物ゲーム 本当に消えるわけではなく、廊下に隠れてもらうゲームです。 下の写真は教室の図になります。 前の緑が黒板、そして座席に子供たちが座っています。 すぐに分かるような気がしますが、なかなか難しいです。 6年生のクラスでもやってみましたが、いなくなった人を探すのはけっこう大変です。 補足です!ずっと同じ位置で座っていると分かってしまうので、何人かは適度に席替えすることで難易度が上がって楽しむことが出来ますよ。 3 生き物描いてゲーム お題は生き物です! 先にペンと紙を用意して、先生がお題を出します。 ウサギと言ってしまうと簡単に描けてしまうので、意外な生き物を出してください。 例えばアルパカ!アルパカと聞いて、アルパカって何だ?と考えます。 描いてもらうと、羊だったりロバだったりします。 中には、生き物でないものを描く子もいます。 最後に正解は写真で見せながら、アルパカはラクダの仲間だよと教えて共有します。 他にも・・・ 他にもドラゴンフルーツも面白いです。 知っていると言いながら、パイナップルを描いたり、ボールがとげとげしている物を描いたりします。 先生の方で用意できるなら、実物を見せてあげて共有するのも楽しいです。 ポイントは、正解も褒めてあげますが、不正解でも面白いものを描いた子には、創造してこんなふうに描けたんだと褒めてあげることが重要です。 答えを出した子には先生がどんどん褒めてゲームを盛り上げましょう! ソーシャルディスタンスは学校の中で守るのは難しいですが いろいろ工夫をして休み時間も楽しく遊んでくださいね。

次の