藤原千花 ハゲ。 藤原千花の日本誕生

『かぐや様は告らせたい』のかぐや様、EDの再生回数で藤原書記に圧倒的な差をつけられる

藤原千花 ハゲ

プロフィール 誕生日 血液型 O型 家族構成 父・母・姉・妹・ぺス 犬 身体的特徴 ゆるふわ 所属 私立秀知院学園高等部2年B組 部活動 TG(テーブルゲーム)部 あだ名・呼び名 藤原書記、書記ちゃん、不治ワラちゃん CV 演 概要 本作の。 (はと共に主人公扱い) 私立秀知院学園高等部2年B組での。 かぐやと白銀が高度な恋愛頭脳戦を繰り広げていることに全く気がついておらず、それゆえに2人の計算・策略を引っ掻き回す的存在である。 原作カラー版とアニメ版で著しく色彩が違う人物であり多くのイラストにあるピンク髪はアニメ版である。 黒くてカサカサ動き回るGを素手で捕まえられる豪の者。 基本的に脳内お花畑であり、果肉の「果」の字を間違える( 書記なのに)、見当外れの食レポを繰り広げる(しかも 2回も)などなど抜けているところが多く、アホの代名詞となりつつある。 (「藤原千花でもここまでアホじゃねえぞ!」かぐや「脳みそからっぽにして誘えばいい……藤原さんみたいに」) しかしそれ故に、時に付き合いの長いかぐやでさえ予想もつかない行動に走ることも少なくない。 小4で全国大会金賞を受賞したほどのの腕前の持ち主で、こと芸術の表現に関しては一家言を持つ。 ピアノ以外もギターや等も演奏可能で、校歌斉唱の際は指揮者を務めている。 しかし、が吹けなかったり、に関しては全くの無知であり、後に白銀に教わって習得するなど、音楽であれば万能という訳でもない。 なお、ピアノは引退して久しく、進路相談で教師から話を振られた際も「趣味くらいがちょうどいい距離」と語っている。 母親が外交官である影響で、五ヶ国語を操るマルチリンガルである。 また偏差値77を誇る秀知院学園高等部において定期試験で中くらいの成績をとれる程度には頭もよく(かぐやと白銀の足の引っ張り合いに巻き込まれ順調に順位を落としていっているが)、なんだかんだかなりの優等生である。 ちなみに IQ3とは作中に1回出てきただけ、それもかぐやの脳内における一方的なイメージでしかないのだが、のおかげで広く印象付けられてしまった 先生によれば実際はだとか。 過保護な家庭で育ち、ゲーム等の娯楽には父からの厳しい検閲が入っていたため、かなりディープな趣味を持つ。 部に属しており、生徒会でも腕相撲やNGワードゲームから自作ボードゲームまで様々なゲームをしようと度々提案してくる。 嘘をつくこと自体は嫌いであるが、ゲームとなればガンガンやをかけてくる勝負師である。 他にも電子書籍で父の検閲を逃れたり、祖父から裏金 内緒のお小遣い を貰ったりと、小ズルい真似に定評がある。 ただし、勝負の場で使うと大概すぐにバレて石上になじられるのがオチである。 しかし一度イカサマがバレた後で別に仕掛けたイカサマを逆手に取られて負けた様を詰られようが、落ち込みはしてもイカサマ自体は反省しない神経の太さを持つ。 「 どこで買えるのその図太さ!?」by石上 人当たりの良い性格からか交流の幅は広いようで、後輩たちから話を聞きだし噂の検証をしたりなんかもする。 ただTG部に所属していることもあって危険人物認定されていたりもする。 クラスの違うとも仲が良く、藤原がかぐやの家に来たりする時にはハーサカの正体がバレないよう男装している ハーサカ君。 恋バナと謎解きが大好物で、恋バナの気配を察すると探偵帽を被り と名乗り恋の悩みを解決しようとする。 だがまともなアドバイスができたことは少ない。 また、白銀とハーサカ君がと勘違いした際は鼻血を出すなど、の素養もあるものと思われる。 白銀がの特訓をしていたところをたまたま見かけてしまったのが運のツキで、それ以来白銀の苦手分野の特訓に度々付き合わされるようになる(通称:特訓回)。 白銀が「ちょっと苦手なだけ」といって藤原に教えを請うが、その出来なさは壊滅的で、その度に おにハチマキを巻いてボロボロになりながら白銀を数日に渡って朝夕しごくというのが様式美。 精神的にも肉体的にも疲弊させられる事から毎度苦言を呈している上に、人に物を教えるのがトラウマになってしまったのだが、人の良さと他人が白銀を教えようとするのは我慢できない事もあって、なんだかんだで放っておけず付き合っている。 人間関係• 中等部からの大親友。 当時のかぐやは「氷のかぐや姫」と呼ばれ、周りから人が離れていく中、藤原だけが唯一離れずずっとかぐやの傍にいた。 また、かぐやが隠れて課した試験にも合格している。 このことからかぐやは白銀と同じくらい藤原のことを大事に思っている。 ただしや白銀関連などで度々呪われていたり、人ではない何かに向けるような眼で見られているが、おそらく気付いていない。 なお、藤原の好感度をかぐやちゃんに聞いた時は白銀どころか石上よりも下で、新生徒会の構想でも忘れられていた。 クラスメイトで生徒会の仲間。 異性としては産業廃棄物級その1 最初の頃は尊敬していたが、前述の特訓回を重ねる中で母性が芽生え、今では手のかかる子供をしつける母のような心境であるとか。 (ただし藤原自身も子供のようなわがままで周りを振り回すことが多いので、自分のことを棚に上げている。 ペットのペス(犬)に特徴は一致しているが、誰かに似てるよーな?と思いつつも気づいてない。 生徒会の後輩。 異性としては産業廃棄物級その2 互いの非常識な行動を容赦なく突っ込んでくる天敵あるいは互いにやり込めあうライバルのような関係である。 割と忌憚なく図星・急所を互いに突きまくっており一周回って遠慮がないが多少は気にしているらしく「奴のつける傷はやけに治りが遅い」とのこと。 「正論で殴ってくるDV男」「心が狭くて上げ足を取ってくる」「暴言の銃口が常に私に向いている」などと言っているが、なんだかんだ憎からず思ってはいる模様。 なんちゃってダイエットを行っては正確にカロリーと糖質を計算されて現実を突きつけられる。 (たまにかぐやとの挟撃にもあう。 ) 彼からの評価は「ワニワニパニック」• 生徒会の後輩。 ピアノ繋がりで面識のなかった頃から尊敬されているが、当の藤原は新品のおもちゃを手に入れたように思っている。 その様相たるやDV被害者と加害者の共依存。 もっとも、いじり過ぎが祟って好感度が徐々に下がっており、ご機嫌取りに走るようになっている。 彼女の恋心を察した時も 面白そうという理由だけで応援を決めた。 同学年の友人。 早坂が四宮家の使用人であることは知らず、早坂からは幾度もミッションを失敗に追い込んだ脅威「対象F フジワラ 」として警戒されているが、やはり藤原はそれを知らない。 白銀の妹で、妹・萌葉の親友。 たまに藤原邸に泊まりに来るため、姉妹のように仲が良く「千花姉ぇ」と呼ばれ、慕われている。 家族構成 政治家の父と外交官の母を持ち、3姉妹の次女。 曾祖父が元総理大臣で叔父が現職の省大臣であるなど、政治家一家である。 長女・豊実 CV: は千花以上のでクリスマスツリーを勝手に門松に改造する、三女・萌葉 CV: はサイコパスじみた言動が見受けられるなど上から下までアクの強い姉妹である(千花曰く「うちの家族私以外ちょっと変なんです!」)が姉妹仲は良好であり、夏休みには3人で海外旅行に出かけていた。 イラスト左側から順に豊実、千花、萌葉。 ちょうど放送期間が被っていたため、も見受けられる。

次の

かぐや様は告らせたい153話感想 天然で聖域を踏み荒らす女

藤原千花 ハゲ

かぐや様は告らせたい 最新153話 ネタバレ! 生徒会室にやって来た白銀。 そこにはハゲ頭をさらして呆然とした表情の藤原千花が。 千花の手にはバリカンとハサミが握られており、床には無数の髪が散乱している…。 無言で見つめ合い、震える白銀と千花だったが…。 千花「ドッキリ大成功~~~!!」 千花のハゲ頭はヅラであり、かぐやへの誕生日サプライズとして用意したものだった。 すでにかぐやに誕生日プレゼントを贈っていた白銀だったが、千花の案に乗って再度かぐやの誕生日をお祝いすることに。 かぐやを驚かせるドッキリについて話し合う白銀と千花。 千花は自分と白銀が付き合ったことにしてかぐやを驚かせようと言い出す。 かぐやと付き合い始めたばかりの白銀にとって、そんな浮気まがいのことはドッキリとはいえシャレにならない、と青ざめる。 そこへ石上がやってくる。 千花はハゲヅラを装着した上で白銀の腕に寄り添う。 千花「えっとね…私と会長…冬休みから付き合い始めたの…」 石上「そんなハゲヅラ女と付き合う男が居てたまるか」 的確で辛らつな批評コメントを続ける石上。 話の流れで今度は石上と千花が付き合ったという設定に切り替えることになり… 今度はミコが生徒会室にやって来る。 千花「ねぇねぇミコちゃん、石上君に彼女ができたの知ってます?そ・れ・は~私です!」 ミコは沈黙した後、真っ暗な瞳で答える。 ミコ「相手がつばめ先輩だっていうなら、私だって応援してあげようっていう気にもなるよ。 でも石上、これは本当に無理。 普通に幻滅した。 もう世話とかいいから、しばらく私に話しかけないで」 ミコの反応が予想外に重かったため、即座にドッキリだとバラす千花。 ミコはぱっと笑顔になって安心するが、石上を彼氏にする設定は問題がありそうなので却下することに。 かぐやを驚かせる計画にミコも加わるが…なぜか自分が白銀にビンタされることでかぐやを驚かせよう、というDVじみた案を出して、当然のようにこれも却下される。 そこへついにかぐやが生徒会室へ現れる。 千花「ねぇねぇかぐやさん!会長に彼女ができたの知ってます?相手がだれかわかります~?」 ノリノリでドッキリを仕掛けようとする千花だったが… かぐや「ええ勿論、知ってますよ」 かぐやは頬を染めて白銀に寄り添う。 かぐや「私がこの人の彼女です。 私と会長は冬休みからお付き合いしています」 一瞬目を白くしてから、 「どえーっ!!」と大声を上げて驚く千花。 かぐや「キッスだってもう何度もしていますよ」 千花だけでなく、石上とミコも声にならない叫びをあげて驚く。 みんなが驚いたことを確認したかぐやは、机に置かれていた 「ドッキリ大成功!」と書かれたプレートを掲げて見せ、千花たちを安心させる。 白銀はこっそりかぐやに話しかける。 白銀「俺まで驚いたぞ…」 かぐや「私たちの関係はまだしばらく内緒の方がいいでしょう。 でも…少しだけ皆に自慢したかったんですもの」 嬉しそうに笑うかぐや。 白銀「まったく…このいたずら好きめ」 かぐや様は告らせたい 最新153話 感想と考察レビュー! 1ページ目の千花の坊主頭はかなり衝撃でした…! ヅラだったとはいえ、ハゲ頭をさらすヒロインって、なかなかいない気がします。 そしてさり気なく石上・ミコの関係がやばくなっていることも描かれつつ、最後のかぐやの可愛らしさに心が癒されました。 かぐやはドッキリ大成功、というプレートを見せただけで、白銀と付き合っていることやキッスのことなどを否定しているわけではない、というのも良かったです。 千花とミコは本当にドッキリだったと信じていそうですが、石上は気づいているんじゃないかな…と思います。

次の

藤原千花(容姿A胸S財力A会長との相性S)←こいつがかぐやに負けた理由ωωωω

藤原千花 ハゲ

オムニバス形式で主要キャラそれぞれの冬休み期間が描かれた前回のかぐや様。 特に大きな動きがあったのはかぐやで、スタンフォードへの留学準備を進めたり、白銀父から実家へ挨拶へ来るよう促されたり、白銀とプレゼントを送りあうなど、密度の濃い冬休みを過ごす。 石上も白銀に恋愛相談し、つばめ先輩から告白されるために努力する方向で行くことに。 そして冬休みが明け、秀知院学園は三学期を迎える。 suzuco. 藤原は両手にバリカンと鋏を持ち、さらには髪が床に散らばっており、いかにもたった今髪を切り落としたかのように見えましたが…。 「どっきり大成功~!」 藤原のハゲ頭はカツラであり、パカッとズラを外すと元通りの髪が出てきます。 ドッキリに引っかかってしまった白銀に対し、女の子が突然丸刈りにするわけないじゃないですか、とバカにする藤原でしたが…。 藤原書記ならやりかねないと思って、と白銀は真顔で言います。 そもそもなぜ藤原がこんなドッキリを仕掛けたかというと、少し遅くなってしまったものの、かぐやの誕生日を祝うサプライズとして用意してきたのでした。 【かぐやを驚かせるためにイチャイチャする?】 誕生日サプライズ、という趣旨は理解したものの、ハゲズラで驚かせるという趣向には疑問を抱く白銀。 しかも白銀は先週すでにかぐやに誕生日プレゼントを贈っているのですが…まあ何度祝ってもいいだろう、と白銀も乗り気になります。 白銀と藤原は、ハゲズラで驚かせる以外に良いドッキリがないか話し合いますが、なかなか良い案が浮かびません。 話し合いの末、藤原は自分と白銀が付き合ったという設定でイチャイチャすることでかぐやを驚かせよう、と提案してきますが… 実際にかぐやと付き合い始めたばかりの白銀にとっては、そんな浮気まがいのドッキリはシャレにならない、と焦り始めます。 そもそもかぐやと付き合っていることを生徒会メンバーにちゃんと話すべきだろうか…と白銀が悩んでいると、生徒会室に石上がやって来ます。 【石上とミコの反応】 石上が生徒会室のドアを開けると、ハゲズラの藤原が白銀と腕を組んでいる異様な光景が。 「冬休みから付き合い始めたの…」と頬を染めながら言う藤原でしたが、一発で嘘だとバレてしまいます。 石上は「ハゲと交際どっちかに絞ってください」と的確なツッコミを入れると、登録者数1000人のユーチューバーでももっとマトモにできますよ、と辛らつなコメントをします。 そもそも白銀が藤原と付き合う、というのがリアリティゼロだと指摘された藤原は、今度は石上と付き合ったという設定でドッキリを仕掛けることにします。 丁度そこへミコがやって来て、さっそくドッキリを仕掛ける藤原。 石上と藤原が付き合い始めた、と聞かされたミコの反応はというと… つばめ先輩が相手なら応援しようという気にもなるが、これは本当に無理、幻滅した、と真っ暗な表情で淡々と言います。 慌ててドッキリだと教えると、ミコは打って変わって安心した笑顔になります。 ミコの機嫌は直ったものの、石上を彼氏役にするには問題がありそうなので、かぐやへのドッキリ計画は白紙に戻ってしまいます。 【かぐやの逆ドッキリ】 かぐやを驚かせる良い案がないか、白銀がミコに聞いてみます。 ミコは自分がミスをして白銀にビンタされるというとんでもない案を持ち出し、白銀に拒否されます。 ミコ自身は「別に構わないのですが」と謎のDV耐性を見せつけて石上に呆れられるのでした。 そうこうしていると、計画がまとまらないうちにかぐやが生徒会室へやって来てしまいます。 藤原は当初の案に戻り、白銀と自分が付き合った、というドッキリを仕掛けようとかぐやに詰め寄ります。 「会長に彼女ができたの知ってますか?」と聞かれたかぐやは、「知っていますよ」と答えて白銀にすっと寄り添います。 「私がこの人の彼女です。 私と会長は冬休みからお付き合いしています」 どえーっ!と声を上げて驚く藤原。 さらにかぐやは、「もう何度もキッスしてます」とまで言い出し、ミコや石上もたまらず赤面します。 かぐやはそこで、テーブルに置かれていた「ドッキリ大成功!」と書かれた看板をかがげて見せ、藤原たちをほっとさせます。 自分たちの関係はしばらく秘密にしておきましょう、と白銀にそっと話すかぐや。 ただ、少しだけ皆に自慢したくて、今回の計画に便乗し、ドッキリという形で白銀との交際やキッスのことを打ち明けたのでした。 嬉しそうにくすくす笑うかぐやを見て、「このいたずら好きめ」と白銀はあきれつつもまんざらでもない様子を見せるのでした。 『かぐや様は告らせたい』最新話【第153話】の感想・考察 今回はとにかく最初の一ページ目の、ハゲ頭の衝撃がすごかったです…! 藤原書記ならやりかねない、と白銀も言っていましたが、呼んでいるこちらも、本当にハゲ頭にしたのかな?と一瞬思ってしまいました。 藤原のドッキリに付き合わされた白銀や石上が、全く照れたりしている様子がなく、ただただ迷惑そうな表情をしているところもおかしかったです。 そんなギャグっぽいエピソードの中、石上と藤原が付き合った、と聞かされた時のミコの反応がちょっと闇が深すぎて、テンションの振れ幅が大きすぎて、ハゲ頭とは別の意味でびっくりしました。 そして最後に逆ドッキリを仕掛けるかぐやは、普通に可愛くて最後はほっこりできました。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 600円分のポイントを使えば『かぐや様は告らせたい』を今すぐ無料で読むことができるというわけですね。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。

次の