牛肉 ごぼう。 (レシピ)栗原はるみさんの牛肉とごぼうの煮物

(レシピ)栗原はるみさんの牛肉とごぼうの煮物

牛肉 ごぼう

ごぼうのささがきは鉛筆を削るように 今回は、ごぼうをできるだけ薄く 「ささがき」にします。 ささがきとは、笹の葉の形に似ているところからこう呼ばれます。 野菜を回しながら包丁で削るように薄く切っていくことを言います。 ごぼうは空気に触れると、すぐに酸化して黒くなってしまいます。 ですので、ささがきを始める前に、端っこの切り口の黒くなった部分を落とします。 そして、 ナイフで鉛筆を削る要領で薄くそいでいきます。 ごぼうのアク抜きは水にさらす 先程も触れたように、ごぼうはあっという間に酸化して黒ずんでしまうので、ささがきをする際には、 ボールに水を張って、そこに直接落とすように削っていきます。 酢水にする必要はありません。 ごぼうに酢のにおいが残ってしまいます。 ただの水でも十分アクが抜けて、酸化を防ぐこともできます。 アクの色なのでしょうか?? すべて切り終わったら、 ザルにとって、何度か流水で洗います。 これで、ごぼうの下ごしらえはOKです。 薄くてきれいな白色のごぼうのささがきが完成! 生姜の千切りはできるだけ細く 次に生姜の下ごしらえです。 まず生姜の皮をむきます。 これを千切りにしていきます。 生姜を切るときは、繊維を断ち切る方向できると、とても切りにくいです。 繊維の方向に沿うように切ると、サクサクと切れますよ。 鍋にすべての調味料(醤油、料理酒、みりん、砂糖をすべて大さじ3)を入れて、そこに生姜の千切りも加えます。 生姜は細ければ細いほど、他の素材と馴染みますよ。 煮汁がなくなるまでじっくり火にかける 煮汁に日をかけて沸騰したら牛肉を加えます。 ごぼうのささがきも加えます。 あとは煮汁がなくなるまで中火でじっくり火にかけます。 ほぼ煮汁がなくなった状態。 これで完成です! 飴色になったごぼう、しっかり味の染みた牛肉、そこにピリッと生姜の風味が効いています。 おいしいですよ~!.

次の

【牛肉とごぼうのしぐれ煮】生姜が効いた絶品! 簡単に作れる常備菜レシピ

牛肉 ごぼう

ごぼうのささがきは鉛筆を削るように 今回は、ごぼうをできるだけ薄く 「ささがき」にします。 ささがきとは、笹の葉の形に似ているところからこう呼ばれます。 野菜を回しながら包丁で削るように薄く切っていくことを言います。 ごぼうは空気に触れると、すぐに酸化して黒くなってしまいます。 ですので、ささがきを始める前に、端っこの切り口の黒くなった部分を落とします。 そして、 ナイフで鉛筆を削る要領で薄くそいでいきます。 ごぼうのアク抜きは水にさらす 先程も触れたように、ごぼうはあっという間に酸化して黒ずんでしまうので、ささがきをする際には、 ボールに水を張って、そこに直接落とすように削っていきます。 酢水にする必要はありません。 ごぼうに酢のにおいが残ってしまいます。 ただの水でも十分アクが抜けて、酸化を防ぐこともできます。 アクの色なのでしょうか?? すべて切り終わったら、 ザルにとって、何度か流水で洗います。 これで、ごぼうの下ごしらえはOKです。 薄くてきれいな白色のごぼうのささがきが完成! 生姜の千切りはできるだけ細く 次に生姜の下ごしらえです。 まず生姜の皮をむきます。 これを千切りにしていきます。 生姜を切るときは、繊維を断ち切る方向できると、とても切りにくいです。 繊維の方向に沿うように切ると、サクサクと切れますよ。 鍋にすべての調味料(醤油、料理酒、みりん、砂糖をすべて大さじ3)を入れて、そこに生姜の千切りも加えます。 生姜は細ければ細いほど、他の素材と馴染みますよ。 煮汁がなくなるまでじっくり火にかける 煮汁に日をかけて沸騰したら牛肉を加えます。 ごぼうのささがきも加えます。 あとは煮汁がなくなるまで中火でじっくり火にかけます。 ほぼ煮汁がなくなった状態。 これで完成です! 飴色になったごぼう、しっかり味の染みた牛肉、そこにピリッと生姜の風味が効いています。 おいしいですよ~!.

次の

(レシピ)栗原はるみさんの牛肉とごぼうの煮物

牛肉 ごぼう

ごぼうのささがきは鉛筆を削るように 今回は、ごぼうをできるだけ薄く 「ささがき」にします。 ささがきとは、笹の葉の形に似ているところからこう呼ばれます。 野菜を回しながら包丁で削るように薄く切っていくことを言います。 ごぼうは空気に触れると、すぐに酸化して黒くなってしまいます。 ですので、ささがきを始める前に、端っこの切り口の黒くなった部分を落とします。 そして、 ナイフで鉛筆を削る要領で薄くそいでいきます。 ごぼうのアク抜きは水にさらす 先程も触れたように、ごぼうはあっという間に酸化して黒ずんでしまうので、ささがきをする際には、 ボールに水を張って、そこに直接落とすように削っていきます。 酢水にする必要はありません。 ごぼうに酢のにおいが残ってしまいます。 ただの水でも十分アクが抜けて、酸化を防ぐこともできます。 アクの色なのでしょうか?? すべて切り終わったら、 ザルにとって、何度か流水で洗います。 これで、ごぼうの下ごしらえはOKです。 薄くてきれいな白色のごぼうのささがきが完成! 生姜の千切りはできるだけ細く 次に生姜の下ごしらえです。 まず生姜の皮をむきます。 これを千切りにしていきます。 生姜を切るときは、繊維を断ち切る方向できると、とても切りにくいです。 繊維の方向に沿うように切ると、サクサクと切れますよ。 鍋にすべての調味料(醤油、料理酒、みりん、砂糖をすべて大さじ3)を入れて、そこに生姜の千切りも加えます。 生姜は細ければ細いほど、他の素材と馴染みますよ。 煮汁がなくなるまでじっくり火にかける 煮汁に日をかけて沸騰したら牛肉を加えます。 ごぼうのささがきも加えます。 あとは煮汁がなくなるまで中火でじっくり火にかけます。 ほぼ煮汁がなくなった状態。 これで完成です! 飴色になったごぼう、しっかり味の染みた牛肉、そこにピリッと生姜の風味が効いています。 おいしいですよ~!.

次の