ソフト ボール ピッチャー ルール。 知っておきたい野球ルール集:投手(ピッチャー)のルール

【ソフトボール】ブラッシングの方向

ソフト ボール ピッチャー ルール

バットの長さ 86. 金属バットが主流。 安全グリップ バットのグリップエンドから25. 4~38. 1cmの範囲で滑り止めのテープを巻くことがルールで定められている。 ボールの大きさ・色 円周12インチ 30. 2~30. 5 ~7オンス 177. 5~198. 2002年から国際大会では、黄色に赤ステッチ 革の部分が黄色で縫い目の部分が赤色 のイエローボールが使用されている。 JSA 公益財団法人日本ソフトボール協会 では、2004年から日本女子ソフトボールリーグ1部、2007年から日本女子ソフトボールリーグ2部、2009年から日本男子ソフトボール東日本・西日本リーグでイエローボールが使用され、2010年から男女の日本リーグだけでなく、革ボール使用の全日本大会でもすべてイエローボールが使用されている。 競技場• 本塁から外野フェンスまでの距離 国際ルールでは、従来、女子が200フィート 60. 96m 以上、男子が225フィート 68. 58m 以上と規定されていた外野フェンスまでの下限の距離が、2002年から女子が220フィート 67. 06m 以上、男子が250フィート 76. 20m 以上に改正された。 JSAでは、既存施設の問題などがあり、改正を留保している。 また、野球のように右中間・左中間のふくらみや左右両翼と中堅との距離の違いはなく、すべて本塁から外野フェンスまでの距離は一定である。 投・捕間の距離(投手板から本塁までの距離) 女子が40フィート 12. 19m 、男子が46フィート 14. 02m であったが、2002年の国際ルール改正で、女子のみ43フィート 13. 11m に改正された。 また、投手板には半径8フィート 2. 44m のピッチャーズサークルがあり、平坦でマウンドはない。 19m から43フィート 13. 11m に改正され、これに伴い2011年からJSAでも高校女子の投・捕間の距離 投手板から本塁までの距離 が、従来の40フィート 12. 19m から43フィート 13. 11m に改正された。 ダブルベース• ソフトボールは塁間が短いため 18. 29m 、一塁でのクロスプレーが多く、守備者と打者走者の接触が起こりやすく、衝突により大ケガをすることなどもあった。 1987年の国際ルールの改正で、カナダから一塁での接触プレーによる事故防止を目的として「セーフティーベース」の名称で、一塁にダブルベースを置くルールが提案され、可決された。 1994年の第8回世界女子ソフトボール選手権大会から使用され、1997年からJSAルールにも採用され、現在に至っている。 このダブルベースは、38. 2cmの大きさで、白色の部分 白色ベース をフェア地域に、オレンジ色の部分 オレンジベース をファウル地域に固定する。 打者が内野ゴロを打ったり、一塁でプレーが行われるときは、打者走者は原則としてオレンジベースを走り抜け、守備者は白色ベースを使用することによって、一塁での打者走者と守備者の接触する危険を回避することができる ヒットを打って、一塁をオーバーランしたり、長打を狙って一塁を回るときや、いったん走者となって一塁ベースに帰塁するときは、白色ベースのみを使用する。 投法(ウインドミルとスリングショット)• ウインドミルは、もっともポピュラーな投げ方で、風車のように腕を大きく1回転させ、その遠心力を利用して投げるため、大きなスピードを得ることができる。 腕の回転は1回に制限されており、打者を幻惑させるために何回転も腕を回すことは禁止されている。 ゴムのパチンコ スリングショット の動きに似ているのでこう呼ばれている。 変化球を投げるには不向きであり、ボールの握りが常に打者に晒されてしまうため、現在ではほとんど見られなくなった。 離塁アウト• フォーメーション上、三塁手がベースに戻るのか、遊撃手がベースカバーに入るのか、右打者・左打者によってもフォーメーションが変わりミスが生じやすい。 タイブレーク• これは文字通り、勝敗を早く決定するためのルールである。 ソフトボールの正式試合は7回と定められており、同点の場合、8回の表からは前回最後に打撃を完了した選手を二塁走者とし、無死二塁の状況を設定して、打者は前回から引き続く打順の者が打席に入る。 その裏も同様に継続し、勝負が決するまでこれを続けていく試合方式である。 なおタイブレークの二塁走者に代走を送ることは、ルール上問題ない。 ソフトボールでは投手戦になることが多く、これを解消しようとタイブレークというルールが生まれ、国際ルールが、1987年からこのルールを採用したのに準じ、同年、JSAルールにも採用され、当初は延長10回からタイブレークが採用されていたが、2002年のISFのルール改正で8回からタイブレークが採用されたのに合わせ、JSAルールでもすべての種別で8回からタイブレークが採用されている。 DP 指名選手・DESIGNATED PLAYER• また、DHはスターティングプレーヤーであってもリエントリー 再出場 は認められなかった 、JSAルールにも1980年から採用されていた。 これが2002年の国際ルールの改正で、DP 指名選手・DESIGNATED PLAYER に改正されたことにより、守備につくこともでき、スターティングプレーヤーであれば、リエントリー 再出場 もできるようになった。 DPを採用する場合には、その人数は常時1名に限られ、試合開始から終了まで継続しなければならない。 また、DPはどの守備者につけてもかまわないが、その試合中は同じ打順を継続し、DPを採用した場合には10人で試合を行うことになる。 ただし、DPもFPもスターティングプレーヤーであれば、いったん試合を退いても一度に限りリエントリーすることができ、「攻撃だけ」「守備だけ」に限定されることはない。 DPは、基本的には攻撃を重視して起用されるプレーヤーだが、FPの守備を兼ねて守備につくことが可能である。 この場合には、DPが打撃・守備ともに行うことになり、試合に出場しているプレーヤーは10人から9人になる DPがFPの守備を兼ね、攻撃・守備共に行う場合には、FPはいったん試合から退いたことになる。 逆に、FPがDPの打順に入って打撃を行うことも可能で DPが塁上にいる場合にFPがDPに代わって走者となることも可能 、この場合にはFPが打撃・守備ともに行うことになり、DPがリエントリーしない限り、試合に出場しているプレーヤーは10人から9人になる FPがDPの打撃を兼ね、攻撃・守備ともに行う場合には、DPはいったん試合から退いたことになる。 ただし、DPとFPが完全に入れ替わり、DPが守備のみ、FPが攻撃のみを行うことは認められず、これに違反するとDP違反 不正交代 となる。 DPルールを正しく理解し、活用することができれば、戦術的な選択肢が増えるだけでなく、少人数編成のチームでもその限られた人員をフルに活用することができるというメリットもある。

次の

JSA ソフトボールの基礎知識|公益財団法人日本ソフトボール協会

ソフト ボール ピッチャー ルール

<目次>• ソフトボールの投法の中でもダイナミックなピッチングフォームであり、スピードボールを投げやすく、変化球にもキレ生まれやすいため、多くのピッチャーがこのフォームで投げています。 日本代表の上野由岐子投手もこの投法ですね。 腕は回転させません。 ウインドミルに比べ球速が出ないので、スリングショットで投げるピッチャーは少ないですが、その分、ウインドミルに慣れていないバッターにとってはスリングショットはとても打ちにくい投法のようです。 バッターにとっては、タイミングがとり難く大変打ち難い投法です。 難易度が高い投球法のためエイトフィギュアのピッチャーは最近ではめったに見られません。 ウィンドミル投法のコツ ウィンドミルはソフトボールの投法の中でも最もポピュラーな投げ方です。 一流選手の多くもこの投げ方をするため、自分もマスターしたい!と思う方も多いでしょう。 私が教えている初心者の大学生も、見よう見まねで腕を回転させて投げようとしますが、すぐにはマスターできません。 しかし、幾つかのコツをつかむとそれなりに上達します。 そうならないためにはまず、ボールを持った腕の力をしっかり抜いて、手をブラブラとさせます。 そして、腕の力を抜いたまま、肩を中心に腕を一回転させる。 ウィンドミル(windmill)とは、英語で「風車」(ふうしゃ)を意味しますので、肩が風車の中心のイメージで、大きく強い風を起こしましょう。 ここでは各局面ごとにピッチングのプロセスを確認してみましょう。 ピッチャーズプレートに立ち投球準備動作が完了したら、軸足を半歩前に出して上体を少し前傾させてセット。 頭を下げていったんキャッチャーから目線を切ります。 プレートを踏んだ軸足のつま先に体重をかけながら、腕を後ろに引き上げて勢いをつけます。 この時、引き上げた肘はやや曲がっているようにしましょう。 腕をスウィングして前に出しながら、大きくステップして身体を前に送り出します。 この時、足はキャッチャーの方に向かって真っすぐ踏み出すこと。 より速いボールを投げるためには、大きく胸を張って軸足でピッチャーズプレートを強く蹴り、踏み出した前足を強く踏み込みましょう。 キャッチャーに対して半身になった状態(腰を中心に身体は3塁の方に向いている)で、身体の正面で両腕で円を描くように、両腕を振り上げます。 ステップした足を着地させると同時に腕を一気に振りおろす。 この時、踏み出した前足の内転筋を強く締め、下半身にひねりを加えるイメージです。 腰に腕の内側をぶつけるようにして、手首のスナップを利かせながらボールをリリースします。 ボールを離した後は、力を抜いて自然な形で手首を返しましょう。 手の甲は自然にキャッチャーの方へ返ります。 ソフトボールのピッチングの基本で重要なのは手からボールを離すタイミングです。 上投げのキャッチボールとは全く感覚が違うため、はじめはゴロになったり(離すタイミング早い)、フライになったり(離すタイミングが遅い)すると思います。 下投げのキャッチボールでボールが手から離れるタイミングを練習すると次のステップにスムーズに移れるでしょう。 【関連記事】•

次の

野球とソフトボールの違いって?ボール・グラウンド・ルールなど9つのポイントを解説

ソフト ボール ピッチャー ルール

ソフトボールの特徴的なところと言えば、やはりその投球方法ですよね。 野球の場合は投げ方にいくつかの種類はありますが、上手投げが基本です。 ボールを投げる場合は通常であれば上から投げた方が、一般的には力強い球が投げることができますよね。 ですが、ソフトボールの場合は下手投げでもかなり早いので、本当に凄いなあと思ってしまいます。 そんなソフトボールの投手の投球フォームにはいくつか種類があります。 また投球の際のルールもいくつかあります。 今回はそんなソフトボールの投球についてフォーム・投法のルールから20秒ルールまでまとめてみました。 ルールを知れば、ソフトボール観戦がもっと面白くなると思いますよ。 スポンサーリンク 目次• 投球フォームにルールはあるの? ソフトボールの投球フォームのルールは、 まず投球動作に入るとき、体の前か横でボールを持って2秒以上5秒以内、体を完全に停止しなければいけません。 そして投球をはじめるのですが、一度投球をはじめたら途中でやめたりできません。 また 投球方法は下手投げと決まっています。 また、 手と手首が体の横を通過しながらボールを離さないといけないルールになっています。 なので野球の下手投げ(アンダースロー)は手と肘が体から離れているとペナルティをとられてしまいます。 他にも 投球するときはプレートに必ず触れていないといけません。 主な投法について 続いて投法について紹介していきます。 ウインドミルについて ウインドミル投法はソフトボールの投手では最も多く行なっている投法です。 投げ方としては、プレートの上で両手でボールを持って立ち、踏み込む足を前に出しながら投球腕を体の前から頭の上、体の後ろ側を通して体側へ回します。 そして軸足でプレートをける勢いで球をリリースする投法です。 ですので、 ボールに勢いをつけやすい投球方法になっており、 現代のソフトボールではスタンダードになっています。 日本のエース上野投手もこの投球方法ですよね。 スリングショットについて スリングショットは、ボールを持った手を後ろに大きく振り上げてその反動で前にもどして投球するフォームです。 前に記載したウインドミル投法とは違い、 腕を1回転させないというところに違いがあります。 ソフトボールの投球に慣れていない人などは、比較的コントロールをつけやすい投球方法になっています。 スポンサーリンク 20秒ルールとは? 20秒ルールというのは投球の際に用いられているルールです。 ピッチャーが キャッチャーから返球されてから20秒以内に投球しないと1ボールをとられるというルールです。 このルールの導入の目的は 試合進行をスムーズにすることを目的に出来ました。 どこで20秒を確認するかというと、センターの後ろのバックスクリーンの箇所に秒数の表示がでています。 意識していないとペナルティの1ボールがとられるので、リズムを体に覚えさせないといけないですよね。 まとめ ・ソフトボールの投球の際のルールは下手投げで投げないといけません。 また、野球とは違い手首と肘を体から離して投球することもできません。 ・一番スタンダードな投球フォームは腕も1回転させて投球する「ウィンドミル投法」です。 女子日本代表の上野投手もこの投法で投球しています。 ・20秒ルールとは、ピッチャーがキャッチャーからの返球を受けて次の投球までに投げないといけない時間のルールです。 20秒以上経過するとペナルティとして1ボールをとられてしまいます。 関連記事 管理人のつれボーです。 野球をこよなく愛する一般人代表を自負しております。 野球の面白さや魅力を伝えるべく、私、つれボーに加えて複数の野球仲間と共に楽しく記事を執筆しています。 当サイトを通じて野球への興味が更に深まって頂けると大変嬉しく思います。 カテゴリー• 197• 246• 111• アーカイブ•

次の