花より男子 二次。 新たな道へ 15

新たな道へ 15

花より男子 二次

<此の二次小説『人間恐怖症…<つかつく> 49.』は、一部の言葉に、不快に思わ れるやも知れない言葉が入って居ます。 了承の程、宜しくお願い致します。 > 司は、道明寺HD 日本支社 支社長に就任する事に成り、日本へ凱旋帰国して、帰って来たのだった。 実は、司が、『1年』と考えて居た日本への帰国が、半年遅れた理由は、別の所に有ったのだ。 実は、司には、気が付いて居なかったのだが、プロジェクトの引継ぎが上手く行って居ないかの様に、司には、魅せ掛けて居たのだった。 実は、此の件に関与して居たのは、他でも無い司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 所謂、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保の指示の下だったのだ。 司の父親で在る 道明寺HD 会長の保が、此の件に関与した理由は、古菱社長への配慮の為だったのだ。 古菱社長は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保の建前上…。 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の事を許した様に、魅せ掛けて居たのだが…。 実は、本心から、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の事を許せて居ないし…。 また、信用もして居なかったのだ。 其れは、進にしても、同じ事だったのだ。 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓が、「今後、一切、口出ししない。 」と、古菱親子(古菱社長 と 進)に、約束した事から…。 取り敢えず、許した様に、魅せ掛けて居たのだった。 実は、其れには、古菱親子(古菱社長 と 進)にも、思惑が在ったのだ。 其れは、古菱社長の妻で在り、古菱姉弟(美桜 と 進)の母親で在る 古菱夫人が、娘と成った美桜(=『牧野つくし』)を、自身から、引き剥がす事等、出来る筈が無いのだ。 其の事が分かっている古菱社長は、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓が、約束した「今後、一切、口出ししない。 」と、言う約束事が、本心で在るの成らば、取り敢えず、様子を観ようと、企んで居たのだった。 其の件に関しても、進は、了承して居るのだ。 だから、古菱社長の目線だけで、進は、古菱社長の思惑を理解したのだった。 だが、古菱親子(古菱社長 と 進)が、自身の妻で在る 道明寺HD 社長の楓の今回の約束事が、果たして、守られるのか? 不安に思って居るだろう事は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保とて、分かり切って居たのだ。 自身の妻で在る 道明寺HD 社長の楓の今回の約束事が、本心では無い事は、何と無くでは在るのだが、分かり切って居た司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 何故なら…。 」と、言う約束事を、守れる筈等無い。 其れは、何故なら…。 椿の嫁ぎ先で在る 夫の企業にも、口を出して居るからだったのだ。 其の為には、司の仕事を盤石なモノにする必要性が有ったのだ。 其れは、司の為で在り、強いては、道明寺HDの将来の為だったのだ。 だが、1年の先延ばしでは、司自身…。 気持ちが持たない事も、分かり切って居た司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 なので、司の日本への帰国を、半年、先延ばしにした司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 そして、其の間に、まだ、取得に至って居なかったMBAの取得を、司に、目指させたのだった。 そんな処から…。 此の期間の間に、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保は、取り敢えず、古菱社長との融和を図ろうと、考えたのだった。 其れは、今後の道明寺HDの発展に繋がると考えての事だったのだ。 其れに、古菱社長に関しても、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の思惑等…。 百も承知だったのだ。 だが、取り敢えず、古菱社長は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保 と 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓に宣言する事で、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の企みを企てられない様にする思惑を打ち立てたのだった。 其の古菱社長の思惑とは…。 其れは、司に会う事で、美桜に関しての一切の主導権は、「『古菱家』に有る。 」と、司に思わせる為だったのだ。 だからこそ、古菱社長は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保 と 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓に、宣言したのだ。 『美桜の件に関しては、かなり、(司君には)注文を付けさせてもらうがな。 』と…。 そして、其の後の司は、古菱社長から、呼び出しを受けて居たのだった。 そして、古菱親子(古菱社長 と 進)は、司と会ったのだった。 実は、司には、古菱社長 と 自身の父親で在る 道明寺HD 会長の保 と 自身の母親で在る 道明寺HD 社長の楓との間には、そんな駆け引きが有った事等、思っても視なかったのだ。 だから、素直な気持ちで、司は、古菱親子(古菱社長 と 進)と、向き合って居たのだった。 そして、司は、古菱社長から、注文を受ける事に成るのだった。 「司君…。 美桜の事だが…。 君が、美桜に会う事で、美桜が、『牧野つくし』としての記憶を取り戻したのでは、 『古菱家』は、破滅に向かうんだよ。 だから、君が、美桜に会いたい気持ちも分かるんだが…。 会わないという選択肢も有るんじゃ無いのかな? 例えば…。 会わずとも、外側から、美桜をサポートして遣るとか…。 」 だが、司は、美桜と会って、美桜と話しして、自身の心を満たしたいと思って居るのだ。 高校生当時の司が、『牧野つくし』と会う事で、心が満たされた様に…。 だからこそ、司が、美桜と会わずして、陰から、サポートだけすると言う事は、司にとっては、有り得ないのだ。 だから、司は、古菱社長に言えた言葉だったのだ。 「古菱社長の仰る不安な気持ちは、私にも、理解して居ます。 ですが…。 美桜さんと会わずして、陰からサポートだけに留める事は、私には、出来兼ねます。 其れなら、一層の事、会わずに終わりたいです。 其の方が、辛さは半減します。 ですが…。 今の私は、美桜さんに会えない方が、辛いです。 美桜さんの声が聞きたいし…。 美桜さんに触れたい。 こんな話しを、美桜さんの父親で在る 古菱社長にお話しすべきでは無い事も、存じ上 げています。 ですが…。 今の私には、美桜さんが生き甲斐、何です。 如何か、お願いします。 美桜さんに会わせて下さい。 美桜さんの記憶が戻らない様に、私は、配慮するつもりです。 そうは言っても…。 私に会う事で、美桜さんの記憶が戻らない共限りません。 ですが…。 本来の『牧野つくし』の性格は、『人たらし』で、『他人(ひと)の話しを、直ぐに、 鵜呑みにする。 』…所が在ります。 其れに、『一度、信用した相手に対して、他人(ひと)を裏切らない。 』…所も在りま す。 また、『自分の事より、相手の事』…。 所謂、『牧野つくし』という女は、『自分自身の幸せより、他人(ひと)の幸せを優先 しよう。 』とする様な女です。 其の事で、高校生当時の私と『牧野つくし』は、何度と無く、喧嘩を繰り返して来まし た。 だからこそ、私には、言える事、何ですが…。 もし、美桜さんが、『牧野つくし』の記憶を取り戻したとしても、決して、『古菱家』 を裏切る事は有りません。 其れは、私にも、断言出来ます。 ましてや、美桜さんの母親を裏切る様な事はしないと思います。 ですから…。 私を信用して頂けないでしょうか?」 其処まで言われた古菱社長にとって、噂だとしても、『牧野つくし』が、如何いう女性で在ったのか? 知って居るのだ。 だが、不安だけは、付き纏って居た古菱社長だったのだ。 何故なら…。 美桜の対応次第では、自身の妻で在る 古菱夫人に、多大な影響を及ぼす事は、分かり切って居るからなのだ。 だから、今直ぐ、司を、美桜に引き合わす事を躊躇う古菱社長だったのだ。 なので、究極な事を話しし始めた古菱社長だったのだ。 「だが、司君が、美桜に会った事で、また、過呼吸を引き起こす原因に成る共限らないの だ。 其の時には、如何するつもりなのだ?」 なので、司も、考えて居た事なので、古菱社長に、話しし始める司だったのだ。 「分かって居ます。 ですので、私も、過呼吸について、勉強しました。 美桜さんにとって、私が、悪影響を及ぼす人間に成らない様に務めるつもりです。 如何か、お願いします。 美桜さんに会わせて頂けないでしょうか?」 だが、古菱社長は、主導権を『古菱家』側に持って来る為にも、司に、伝えるのだった。 「分かった。 じゃあ、期限を区切ろう。 其れで、美桜が、司君を受け入れられなかった時は、潔く、美桜から、離れてもらお う。 其れで、如何だ?」 なので、司は、了承したのだった。 「承知しました。 」 なので、古菱社長は、期限を伝えるのだった。 「分かった。 では、期限は、3ケ月としよう。 」と…。 其の期限の短さに、司だけじゃ無く、進も、驚愕するのだった。

次の

新たな道へ 15

花より男子 二次

<此の二次小説『人間恐怖症…<つかつく> 49.』は、一部の言葉に、不快に思わ れるやも知れない言葉が入って居ます。 了承の程、宜しくお願い致します。 > 司は、道明寺HD 日本支社 支社長に就任する事に成り、日本へ凱旋帰国して、帰って来たのだった。 実は、司が、『1年』と考えて居た日本への帰国が、半年遅れた理由は、別の所に有ったのだ。 実は、司には、気が付いて居なかったのだが、プロジェクトの引継ぎが上手く行って居ないかの様に、司には、魅せ掛けて居たのだった。 実は、此の件に関与して居たのは、他でも無い司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 所謂、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保の指示の下だったのだ。 司の父親で在る 道明寺HD 会長の保が、此の件に関与した理由は、古菱社長への配慮の為だったのだ。 古菱社長は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保の建前上…。 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の事を許した様に、魅せ掛けて居たのだが…。 実は、本心から、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の事を許せて居ないし…。 また、信用もして居なかったのだ。 其れは、進にしても、同じ事だったのだ。 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓が、「今後、一切、口出ししない。 」と、古菱親子(古菱社長 と 進)に、約束した事から…。 取り敢えず、許した様に、魅せ掛けて居たのだった。 実は、其れには、古菱親子(古菱社長 と 進)にも、思惑が在ったのだ。 其れは、古菱社長の妻で在り、古菱姉弟(美桜 と 進)の母親で在る 古菱夫人が、娘と成った美桜(=『牧野つくし』)を、自身から、引き剥がす事等、出来る筈が無いのだ。 其の事が分かっている古菱社長は、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓が、約束した「今後、一切、口出ししない。 」と、言う約束事が、本心で在るの成らば、取り敢えず、様子を観ようと、企んで居たのだった。 其の件に関しても、進は、了承して居るのだ。 だから、古菱社長の目線だけで、進は、古菱社長の思惑を理解したのだった。 だが、古菱親子(古菱社長 と 進)が、自身の妻で在る 道明寺HD 社長の楓の今回の約束事が、果たして、守られるのか? 不安に思って居るだろう事は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保とて、分かり切って居たのだ。 自身の妻で在る 道明寺HD 社長の楓の今回の約束事が、本心では無い事は、何と無くでは在るのだが、分かり切って居た司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 何故なら…。 」と、言う約束事を、守れる筈等無い。 其れは、何故なら…。 椿の嫁ぎ先で在る 夫の企業にも、口を出して居るからだったのだ。 其の為には、司の仕事を盤石なモノにする必要性が有ったのだ。 其れは、司の為で在り、強いては、道明寺HDの将来の為だったのだ。 だが、1年の先延ばしでは、司自身…。 気持ちが持たない事も、分かり切って居た司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 なので、司の日本への帰国を、半年、先延ばしにした司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 そして、其の間に、まだ、取得に至って居なかったMBAの取得を、司に、目指させたのだった。 そんな処から…。 此の期間の間に、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保は、取り敢えず、古菱社長との融和を図ろうと、考えたのだった。 其れは、今後の道明寺HDの発展に繋がると考えての事だったのだ。 其れに、古菱社長に関しても、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の思惑等…。 百も承知だったのだ。 だが、取り敢えず、古菱社長は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保 と 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓に宣言する事で、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の企みを企てられない様にする思惑を打ち立てたのだった。 其の古菱社長の思惑とは…。 其れは、司に会う事で、美桜に関しての一切の主導権は、「『古菱家』に有る。 」と、司に思わせる為だったのだ。 だからこそ、古菱社長は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保 と 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓に、宣言したのだ。 『美桜の件に関しては、かなり、(司君には)注文を付けさせてもらうがな。 』と…。 そして、其の後の司は、古菱社長から、呼び出しを受けて居たのだった。 そして、古菱親子(古菱社長 と 進)は、司と会ったのだった。 実は、司には、古菱社長 と 自身の父親で在る 道明寺HD 会長の保 と 自身の母親で在る 道明寺HD 社長の楓との間には、そんな駆け引きが有った事等、思っても視なかったのだ。 だから、素直な気持ちで、司は、古菱親子(古菱社長 と 進)と、向き合って居たのだった。 そして、司は、古菱社長から、注文を受ける事に成るのだった。 「司君…。 美桜の事だが…。 君が、美桜に会う事で、美桜が、『牧野つくし』としての記憶を取り戻したのでは、 『古菱家』は、破滅に向かうんだよ。 だから、君が、美桜に会いたい気持ちも分かるんだが…。 会わないという選択肢も有るんじゃ無いのかな? 例えば…。 会わずとも、外側から、美桜をサポートして遣るとか…。 」 だが、司は、美桜と会って、美桜と話しして、自身の心を満たしたいと思って居るのだ。 高校生当時の司が、『牧野つくし』と会う事で、心が満たされた様に…。 だからこそ、司が、美桜と会わずして、陰から、サポートだけすると言う事は、司にとっては、有り得ないのだ。 だから、司は、古菱社長に言えた言葉だったのだ。 「古菱社長の仰る不安な気持ちは、私にも、理解して居ます。 ですが…。 美桜さんと会わずして、陰からサポートだけに留める事は、私には、出来兼ねます。 其れなら、一層の事、会わずに終わりたいです。 其の方が、辛さは半減します。 ですが…。 今の私は、美桜さんに会えない方が、辛いです。 美桜さんの声が聞きたいし…。 美桜さんに触れたい。 こんな話しを、美桜さんの父親で在る 古菱社長にお話しすべきでは無い事も、存じ上 げています。 ですが…。 今の私には、美桜さんが生き甲斐、何です。 如何か、お願いします。 美桜さんに会わせて下さい。 美桜さんの記憶が戻らない様に、私は、配慮するつもりです。 そうは言っても…。 私に会う事で、美桜さんの記憶が戻らない共限りません。 ですが…。 本来の『牧野つくし』の性格は、『人たらし』で、『他人(ひと)の話しを、直ぐに、 鵜呑みにする。 』…所が在ります。 其れに、『一度、信用した相手に対して、他人(ひと)を裏切らない。 』…所も在りま す。 また、『自分の事より、相手の事』…。 所謂、『牧野つくし』という女は、『自分自身の幸せより、他人(ひと)の幸せを優先 しよう。 』とする様な女です。 其の事で、高校生当時の私と『牧野つくし』は、何度と無く、喧嘩を繰り返して来まし た。 だからこそ、私には、言える事、何ですが…。 もし、美桜さんが、『牧野つくし』の記憶を取り戻したとしても、決して、『古菱家』 を裏切る事は有りません。 其れは、私にも、断言出来ます。 ましてや、美桜さんの母親を裏切る様な事はしないと思います。 ですから…。 私を信用して頂けないでしょうか?」 其処まで言われた古菱社長にとって、噂だとしても、『牧野つくし』が、如何いう女性で在ったのか? 知って居るのだ。 だが、不安だけは、付き纏って居た古菱社長だったのだ。 何故なら…。 美桜の対応次第では、自身の妻で在る 古菱夫人に、多大な影響を及ぼす事は、分かり切って居るからなのだ。 だから、今直ぐ、司を、美桜に引き合わす事を躊躇う古菱社長だったのだ。 なので、究極な事を話しし始めた古菱社長だったのだ。 「だが、司君が、美桜に会った事で、また、過呼吸を引き起こす原因に成る共限らないの だ。 其の時には、如何するつもりなのだ?」 なので、司も、考えて居た事なので、古菱社長に、話しし始める司だったのだ。 「分かって居ます。 ですので、私も、過呼吸について、勉強しました。 美桜さんにとって、私が、悪影響を及ぼす人間に成らない様に務めるつもりです。 如何か、お願いします。 美桜さんに会わせて頂けないでしょうか?」 だが、古菱社長は、主導権を『古菱家』側に持って来る為にも、司に、伝えるのだった。 「分かった。 じゃあ、期限を区切ろう。 其れで、美桜が、司君を受け入れられなかった時は、潔く、美桜から、離れてもらお う。 其れで、如何だ?」 なので、司は、了承したのだった。 「承知しました。 」 なので、古菱社長は、期限を伝えるのだった。 「分かった。 では、期限は、3ケ月としよう。 」と…。 其の期限の短さに、司だけじゃ無く、進も、驚愕するのだった。

次の

人間恐怖症…<つかつく> 49.

花より男子 二次

<此の二次小説『人間恐怖症…<つかつく> 49.』は、一部の言葉に、不快に思わ れるやも知れない言葉が入って居ます。 了承の程、宜しくお願い致します。 > 司は、道明寺HD 日本支社 支社長に就任する事に成り、日本へ凱旋帰国して、帰って来たのだった。 実は、司が、『1年』と考えて居た日本への帰国が、半年遅れた理由は、別の所に有ったのだ。 実は、司には、気が付いて居なかったのだが、プロジェクトの引継ぎが上手く行って居ないかの様に、司には、魅せ掛けて居たのだった。 実は、此の件に関与して居たのは、他でも無い司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 所謂、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保の指示の下だったのだ。 司の父親で在る 道明寺HD 会長の保が、此の件に関与した理由は、古菱社長への配慮の為だったのだ。 古菱社長は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保の建前上…。 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の事を許した様に、魅せ掛けて居たのだが…。 実は、本心から、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の事を許せて居ないし…。 また、信用もして居なかったのだ。 其れは、進にしても、同じ事だったのだ。 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓が、「今後、一切、口出ししない。 」と、古菱親子(古菱社長 と 進)に、約束した事から…。 取り敢えず、許した様に、魅せ掛けて居たのだった。 実は、其れには、古菱親子(古菱社長 と 進)にも、思惑が在ったのだ。 其れは、古菱社長の妻で在り、古菱姉弟(美桜 と 進)の母親で在る 古菱夫人が、娘と成った美桜(=『牧野つくし』)を、自身から、引き剥がす事等、出来る筈が無いのだ。 其の事が分かっている古菱社長は、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓が、約束した「今後、一切、口出ししない。 」と、言う約束事が、本心で在るの成らば、取り敢えず、様子を観ようと、企んで居たのだった。 其の件に関しても、進は、了承して居るのだ。 だから、古菱社長の目線だけで、進は、古菱社長の思惑を理解したのだった。 だが、古菱親子(古菱社長 と 進)が、自身の妻で在る 道明寺HD 社長の楓の今回の約束事が、果たして、守られるのか? 不安に思って居るだろう事は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保とて、分かり切って居たのだ。 自身の妻で在る 道明寺HD 社長の楓の今回の約束事が、本心では無い事は、何と無くでは在るのだが、分かり切って居た司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 何故なら…。 」と、言う約束事を、守れる筈等無い。 其れは、何故なら…。 椿の嫁ぎ先で在る 夫の企業にも、口を出して居るからだったのだ。 其の為には、司の仕事を盤石なモノにする必要性が有ったのだ。 其れは、司の為で在り、強いては、道明寺HDの将来の為だったのだ。 だが、1年の先延ばしでは、司自身…。 気持ちが持たない事も、分かり切って居た司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 なので、司の日本への帰国を、半年、先延ばしにした司の父親で在る 道明寺HD 会長の保だったのだ。 そして、其の間に、まだ、取得に至って居なかったMBAの取得を、司に、目指させたのだった。 そんな処から…。 此の期間の間に、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保は、取り敢えず、古菱社長との融和を図ろうと、考えたのだった。 其れは、今後の道明寺HDの発展に繋がると考えての事だったのだ。 其れに、古菱社長に関しても、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の思惑等…。 百も承知だったのだ。 だが、取り敢えず、古菱社長は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保 と 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓に宣言する事で、司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓の企みを企てられない様にする思惑を打ち立てたのだった。 其の古菱社長の思惑とは…。 其れは、司に会う事で、美桜に関しての一切の主導権は、「『古菱家』に有る。 」と、司に思わせる為だったのだ。 だからこそ、古菱社長は、司の父親で在る 道明寺HD 会長の保 と 司の母親で在る 道明寺HD 社長の楓に、宣言したのだ。 『美桜の件に関しては、かなり、(司君には)注文を付けさせてもらうがな。 』と…。 そして、其の後の司は、古菱社長から、呼び出しを受けて居たのだった。 そして、古菱親子(古菱社長 と 進)は、司と会ったのだった。 実は、司には、古菱社長 と 自身の父親で在る 道明寺HD 会長の保 と 自身の母親で在る 道明寺HD 社長の楓との間には、そんな駆け引きが有った事等、思っても視なかったのだ。 だから、素直な気持ちで、司は、古菱親子(古菱社長 と 進)と、向き合って居たのだった。 そして、司は、古菱社長から、注文を受ける事に成るのだった。 「司君…。 美桜の事だが…。 君が、美桜に会う事で、美桜が、『牧野つくし』としての記憶を取り戻したのでは、 『古菱家』は、破滅に向かうんだよ。 だから、君が、美桜に会いたい気持ちも分かるんだが…。 会わないという選択肢も有るんじゃ無いのかな? 例えば…。 会わずとも、外側から、美桜をサポートして遣るとか…。 」 だが、司は、美桜と会って、美桜と話しして、自身の心を満たしたいと思って居るのだ。 高校生当時の司が、『牧野つくし』と会う事で、心が満たされた様に…。 だからこそ、司が、美桜と会わずして、陰から、サポートだけすると言う事は、司にとっては、有り得ないのだ。 だから、司は、古菱社長に言えた言葉だったのだ。 「古菱社長の仰る不安な気持ちは、私にも、理解して居ます。 ですが…。 美桜さんと会わずして、陰からサポートだけに留める事は、私には、出来兼ねます。 其れなら、一層の事、会わずに終わりたいです。 其の方が、辛さは半減します。 ですが…。 今の私は、美桜さんに会えない方が、辛いです。 美桜さんの声が聞きたいし…。 美桜さんに触れたい。 こんな話しを、美桜さんの父親で在る 古菱社長にお話しすべきでは無い事も、存じ上 げています。 ですが…。 今の私には、美桜さんが生き甲斐、何です。 如何か、お願いします。 美桜さんに会わせて下さい。 美桜さんの記憶が戻らない様に、私は、配慮するつもりです。 そうは言っても…。 私に会う事で、美桜さんの記憶が戻らない共限りません。 ですが…。 本来の『牧野つくし』の性格は、『人たらし』で、『他人(ひと)の話しを、直ぐに、 鵜呑みにする。 』…所が在ります。 其れに、『一度、信用した相手に対して、他人(ひと)を裏切らない。 』…所も在りま す。 また、『自分の事より、相手の事』…。 所謂、『牧野つくし』という女は、『自分自身の幸せより、他人(ひと)の幸せを優先 しよう。 』とする様な女です。 其の事で、高校生当時の私と『牧野つくし』は、何度と無く、喧嘩を繰り返して来まし た。 だからこそ、私には、言える事、何ですが…。 もし、美桜さんが、『牧野つくし』の記憶を取り戻したとしても、決して、『古菱家』 を裏切る事は有りません。 其れは、私にも、断言出来ます。 ましてや、美桜さんの母親を裏切る様な事はしないと思います。 ですから…。 私を信用して頂けないでしょうか?」 其処まで言われた古菱社長にとって、噂だとしても、『牧野つくし』が、如何いう女性で在ったのか? 知って居るのだ。 だが、不安だけは、付き纏って居た古菱社長だったのだ。 何故なら…。 美桜の対応次第では、自身の妻で在る 古菱夫人に、多大な影響を及ぼす事は、分かり切って居るからなのだ。 だから、今直ぐ、司を、美桜に引き合わす事を躊躇う古菱社長だったのだ。 なので、究極な事を話しし始めた古菱社長だったのだ。 「だが、司君が、美桜に会った事で、また、過呼吸を引き起こす原因に成る共限らないの だ。 其の時には、如何するつもりなのだ?」 なので、司も、考えて居た事なので、古菱社長に、話しし始める司だったのだ。 「分かって居ます。 ですので、私も、過呼吸について、勉強しました。 美桜さんにとって、私が、悪影響を及ぼす人間に成らない様に務めるつもりです。 如何か、お願いします。 美桜さんに会わせて頂けないでしょうか?」 だが、古菱社長は、主導権を『古菱家』側に持って来る為にも、司に、伝えるのだった。 「分かった。 じゃあ、期限を区切ろう。 其れで、美桜が、司君を受け入れられなかった時は、潔く、美桜から、離れてもらお う。 其れで、如何だ?」 なので、司は、了承したのだった。 「承知しました。 」 なので、古菱社長は、期限を伝えるのだった。 「分かった。 では、期限は、3ケ月としよう。 」と…。 其の期限の短さに、司だけじゃ無く、進も、驚愕するのだった。

次の